「自由・論争」 掲示板

★この掲示板は戸田が「革命的独裁」をする所である。
この掲示板はジャンルを問わず、論争・口ゲンカ・おチャラけ・ボヤキ等、何でもOKだが、「掲示板のルール1」「掲示板のルール2」を読んで必ずそれに従うこと。
●ここのルールを守らない荒らし的文句付け屋に対しては、「何で稼いでいるのか、どんな仕事や社会的活動をしているのか」等を問い質し、悪質な者には断固たる処置を取り無慈悲にその個人責任を追及していく。
★戸田の回答書き込みは多忙な活動の中では優先度最下位である。戸田の考えを聞きたい人は電話して来る事。
●「Re:○○」形式の元タイトル繰り返しタイトルは厳禁!!必ず「内容が伺える独自のタイトル」をつけること。
◆約10年間完全自由投稿制を維持してきたが、荒らし・妨害投稿頻発のため、投稿者登録制に移行した。投稿する方はこちらにアクセスし、所定の手続きを行なうこと。
◆投稿者のメールアドレスは戸田が把握するが、掲示板では非表示にできる。
◆投稿者名・メールアドレス・パスワードは登録時のものを使わないと投稿できない。 登録・投稿についての分かりやすい説明はこちら。うまくいかない場合の問い合わせは戸田事務所まで。(冒頭記:2009年4/8改訂)   これまでの管理者命一覧(必読)

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
270 / 2575 ツリー ←次へ | 前へ→

「生コン関連業界危機突破!6/27総決起集会・デモ」に労使挙げて2300名が大結集! 戸田 10/7/1(木) 14:10
★マスコミひた隠し!関西の生コン関連産業で無期限ストが勃発拡大中!断固支持! 戸田 10/7/7(水) 11:09
◎御無沙汰!最もロクでもない参院選結果。圧送もスト突入で大阪周辺ゼネスト状態! 戸田 10/7/12(月) 12:20
※↑この記事読んで戸田にメールくれたYさん、誤削除してしまったので再送信願います 戸田 10/7/13(火) 12:40
☆ついに12(月)から生コン圧送も無期限スト突入!損賠攻撃の大資本との決戦へ! 戸田 10/7/13(火) 22:06
★無期限スト突入の「近圧労」が実は日本で唯一の圧送労働者の労組です! 戸田 10/7/13(火) 22:09
☆勝利的に展開!大阪の工事の8割強が停止!大阪駅ビル工事も!竹中・大林が敵対継続 戸田 10/7/20(火) 7:46
★歴史を知る経営者からは「中途半端にはしないでくれ」と労組ストに数多く期待! 戸田 10/7/20(火) 7:52
◎マスコミ尻叩きに確かな効果あり!戸田が各社に送った7/14FAXと7/20FAXがコレ。 戸田 10/7/20(火) 8:16
■生コンゼネストの7/16テレビ特集報道をYUチューブにアップ!広めて下さい! 戸田 10/7/23(金) 9:59
☆現着朝6時で炎天下終日阻止行動の日々、全て自腹、スト労働者達の奮闘を知って! 戸田 10/7/27(火) 17:59
★スト労働者の訴え:闘争カンパを!トクヤマ筆頭の権力弾圧阻む世論形成のためにも 戸田 10/7/27(火) 18:22
☆照準は敵対大手物件!劇的に変化させ主導的情報戦を活性化した生コン支部!HPでも 戸田 10/7/27(火) 18:34
当方のHPでも取り上げました  Re:■生コンゼネストの特集報道を広めて下さい! 砂川より 10/7/29(木) 8:10
スト情報第1弾 KU会スタッフ 10/7/30(金) 9:59
●共産党が突如7/28赤旗で「ストは業者の迷惑!出荷再開を」とスト破壊宣伝の愚挙! 戸田 10/7/30(金) 14:31
◎積年の横暴への業者職人の怒りが「ゼネコンざま見ろ・スト沈黙的支持」に? 戸田 10/7/30(金) 15:43
関西のスト情報第2弾 KU会スタッフ 10/8/1(日) 13:37
関西のスト情報第3弾 KU会スタッフ 10/8/1(日) 13:41

「生コン関連業界危機突破!6/27総決起集会・デモ」に労使挙げて2300名が大結集!
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 10/7/1(木) 14:10 -
  
参院選公示初の日曜6/27午前、大阪のナンバ繁華街の高層スイスホテル大ホールで
「生コン関連業界危機突破!6/27総決起集会」が開催され、労使挙げて2300名が大結集した!
 その後、スイスホテル前から近くの公園までデモ行進。
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
この歴史的・画期的な生コン関連中小企業労使大決起の様子は、
「アソシエ動画」 http://www.rentai-union.com/map/associe-map.html
にアップしてますので、ぜひご覧下さい。

 それでは。
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6; .NET CLR...@i222-150-202-254.s04.a027.ap.plala.or.jp>

★マスコミひた隠し!関西の生コン関連産業で無期限ストが勃発拡大中!断固支持!
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 10/7/7(水) 11:09 -
  
 阿修羅掲示板・政治経済90への戸田投稿をそのまま紹介する。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 マスコミひた隠し!関西の生コン関連産業で無期限ストが勃発拡大中!大企業支配を覆す高度な闘いに刮目せよ
  投稿者 ヒゲ-戸田 日時 2010 年 7 月 07 日 10:55:16 
    http://www.asyura2.com/10/senkyo90/msg/117.html

 政党や政治家の話を少し離れて、政治経済状況を変える根底的要因たるべき労働者民衆
の荒々しい決起についての報告を行なう。
 ほとんど全てのみなさんには全く知らされていないし、信じられない事だろうと思うが、実はこの7月から、関西では「全ての工事の土台」たる生コンとその関連産業において、大幅賃上げ等労働条件改善とその原資を作る業界改善=「2010春闘」の解決を求めて無期限ストライキが開始され、拡大しつつある。

 現在的には、大阪府一円と兵庫県の西宮以東の地域で多くの生コン工場が止まり、大手の建設現場のかなりの部分で工事がストップしている。
 また近畿2府4県で生コンの原料たるバラセメント(粉セメント)の輸送のかなりの部分が停止されている。

 具体的に言えば、
7/2(金):大阪広域生コンクリート協同組合に対して3労組(連帯ユニオン・生コン産     労・全港湾)が無期限ストを通告
             ・・・・・大阪府一円で生コン製造や出荷を停止させる。
7/5(月):阪神地区生コン協同組合に対しても、3労組が無期限ストを実施
         ・・・・・兵庫県西宮以東の地域で生コン製造や出荷を停止させる。

7/6(火):近畿バラセメント輸送協同組合に対して3労組が無期限ストを通告し突入
     ・・・近畿一円でセメントメーカーのSS(サービスステーション)からの出
        荷を止める。
   :近畿圧送経営社会に対して圧送労組と連帯ユニオンの2労組が、「春闘事態が打    開されなければ7/12(月)早朝から無期限ストに突入する」と通告。

   ※「圧送」とは、建設現場において生コンをポンプ車で受け取り、圧力ホースを使    って生コンの打設箇所に流し込む業務。
     従って「圧送スト」となったら、仮に生コンを運び入れたり建設現場製造した    りしても生コン打設が出来ない=工事が全く出来ない=生コンを廃棄しないとい    けない(生コンは「製造後90分以内に打設しなければならない」という品質規定    があるので)、という大変な事態になってしまう!

という展開になっている。

 労組側は、まずは大阪府一円と兵庫県の西宮以東の地域に力を集中して勝利妥結をもぎ取りつつ、順次他府県にもストを拡大するなり背景力として使うなりして近畿一円での勝利を目指している。

 「ストライキ」という言葉が死語に等しくされてしまっている日本社会において、これは凄い事態ではないか! 

 そしてこういう闘いは今年急に起こったわけではない。関西の生コン関連産業においては、連帯ユニオン関西地区生コン支部(略称「関生(かんなま)」・「関生支部」)を主軸に毎年闘いが継続され、無期限ストを何度も行なっている。昨年春闘では生コン業種で1万5000円、セメント輸送で1万円、圧送で6500円もの大幅賃上げを勝ち取ってもいる(!)
 参考:09春闘総括 http://www.kannama.com/new-news/09.5.14/09syuntousoukatu1.html

★しかもこれは「単純な労資対決」構図の労働運動ではない。新自由主義政治・大企業支 配を覆していくのに最も有効な闘いとして、高度な戦略に基づいて組み立てられた闘い なのだ。

 1:個別企業における闘争ではなく、最初から徹頭徹尾「産業別労組としての闘い」と   して組み立てられている。
   ・・・・日本的な「企業内労働運動」ではなくヨーロッパ型の「産別労働運動」

 2:最初から「主敵は大企業(セメントメーカーやゼネコン)」と位置づけ、「大企業
   による中小企業・協同組合支配をやめさせ、大企業に不当利得を吐き出させる」事
   を戦略目標とした闘いである。

 3:中小零細企業で働く自分らの「賃上げ等の原資(財源)は大企業の不当利得にあ    り!」という認識を徹底した闘いである。

 4:業界の中小企業が「個社どうしの過当競争」や労働者搾取強化の方向に向かうので   はなく、「大企業の不当支配・不当利得と闘って業界と自社の安定を図る」方向に   向かう事を促す、一貫した中小企業対策の下での闘いである。

    そのために中小企業による協同組合の結成拡大・機能強化を労組として積極的に   賛同支援しつつ、「協同組合として大企業に要求して賃上げ原資を出させ、業界改
   善を飲ませる」よう、個別企業と協同組合の「尻叩きをする」運動である。

 5:生コン関連産業の各社が存続し品質維持出来るためには、生コン価格1立米1万    8000円への適正化値上げが不可欠である。これ無しには生コン関連業界で大倒産の
   地獄が始まってしまう。
    この点は関西の業界労資の共通認識であり、現に「生コン関連業界危機突破!    6/27総決起集会」2300人の大結集で「行動実施」も含めて確認されてもいる。
     http://www.kannama.com/news3/10.6.28/toppasyuukai.html
     「アソシエ動画」 http://www.rentai-union.com/map/associe-map.html

   しかしそれを実現するには、労組が強烈に賃上げ圧力をかけて経営者をせっぱ詰ま  らせないといけない。
    そういう目的意識に裏付けられた大々的なストライキ闘争である。

★これらの情報は全てマスコミも承知している。「6/27総決起集会」の取材案内や動 画紹介も各社に送っているし、「生コン関連業界ゼネスト」が開始された事も企業筋や 警察筋から当然情報が入っている。
  しかし、業界新聞を除く一般のマスコミは、ただの一社もこれらの凄い事態を1行た りとも書かず、1秒たりとも放映しない!
  だから、今大阪を中心とした関西で「生コン関連業界ゼネストが開始」という大事件 が起こっているのに、一般市民は誰も知らない。議員や行政関係者もほぼ誰も知らな
 い。
  工事関係者だけが知っているに過ぎない。

■全マスコミがこういう「実質報道管制」状態なのは、彼らが新自由主義路線・大企業の 社会支配の手先であるゆえなのだが、当然その本家である大企業財界・公安権力にとっ
 ては「絶対に許されない事、絶対に知られてはならない事、拡大してはならない事」な
 のだ。
  まさに1980年代に当時の財界総本山日経連・大槻文平が「関生(かんなま)労働運  動」を評して「資本義の根幹を揺るがす運動だ」と述べ、大弾圧が発動されたように、
 (この時の大弾圧を契機に関生を指導しきた共産党が裏切り=弾圧容認・組織破壊に回
  って、関生が共産党と絶縁し「連帯ユニオン」結成にいたる)
  現在、公安警察・ゼネコン・セメントメーカーが労組への弾圧発動を狙って様々な策
 動をしている。
  (共産党系の労組「建交労」は、情けない事にその弾圧のお先棒担ぎを積極的に担っ   ている。)

◎補足して言うと、労組側から社会一般向けの広報宣伝もストライキ闘争に関しては、現 在までのところ無きに等しい。
  これは全く残念な事だが、一義的にはストライキ闘争の組み立て実施で手一杯で余裕 が無いことによる。
  ほかの事情としては、日々刻々様々な分野で情勢が複雑に流動していて書ききれな  い・書きにくい・書いて固定化する事で古くなった情報で誤解を生んでしまう、等々の
 面がある。
 
  が、一番の大きな広報阻害要因としては権力がウの目タカの目で弾圧ネタを監視して いる現実の中では、闘争が決着安定するまでは、「威力業務妨害」とか「共謀」とか
 「指令」とかにこじつけられる可能性のある報告や、こちらの手の内や「戦況把握」に
 関わるような記事は用心せざるを得ない、というやむを得ざる事情がある。

  参考:連帯ユニオン関西地区生コン支部HP
          http://www.kannama.com/index-2.html

  また、いわゆる「左派メディア」や「労働運動メディア」が弱体化している事や、
 4労組側とのパイプが弱い事も、「大ストライキ勃発なのに報道無し」状態を生み出し ている事も否めない。
 
■ 阿修羅読者のみなさんに呼びかける。
  「政党・政治家に依存せず、これを主体的に活用する立場」で、積極的に政治闘争を 行ない、新自由主義政治・大企業支配を覆していくのに最も有効な闘いを貫徹してい
 る、関西の生コン関連産業の中小企業労使の運動にぜひ賛同と注目をお願いする。

  そしてこれほど本格的な、旧来の業界秩序を刷新する闘いである以上は、権力弾圧が
 ほぼ間違いなく発動される危険性がある。
  セメントメーカーやゼネコンは血相を変えて各企業を脅し回り、あの手この手で締め
 上げ、個別分断・協同組合破壊をしようとしている。労組活動の写真を撮ったり様々な
 情報提供を権力に行なっている。
 
  公安権力は企業を脅しすかしして情報提供させたり「被害届」を出させたり、自ら監
 視や撮影するなど様々に弾圧ネタを作り出そうとしている。

  参院選挙公示すぐの6/27日曜、大阪ナンバの繁華街で「生コン関連業界危機突破!  6/27総決起集会・デモ」が労使2300人もの大結集で大成功した。
  今、参院選投票日7/11日曜の前に大阪で「生コン関連ゼネスト」が勃発し、投票日直 前の攻防が大きな決戦場と目されている。
  さすれば、世の人々が選挙結果に大騒ぎして目を奪われる週明けに、「デッチ上げ報
 道だけをかましての大弾圧」も十分に予想される。

  そうはさせない情況づくりを闘う労組側は当然目指しているけれども、これは悪辣な
 相手がいる事であり、必ずしも思い通りにはならない。
  もしも関西の生コン関連労組に権力弾圧があった時には、ぜひこの投稿を読み直し  て、不当弾圧糾弾の声を上げて欲しい。
  (この投稿を書き上げるのに、4時間ほどかかってしまった。現在7/7(水)午前10:
    50)                   

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◎戸田ひさよしHP http://www.hige-toda.com/
■他では見れない動画が満載!「戸田のYUチューブコーナー」
          http://www.youtube.com/user/todajimusho
■「中小企業の砦」=協同会館アソシエに関連する「アソシエ動画」
          http://www.youtube.com/user/ASSOCIE0911#p/u
■在特会や三井さん動画のまとめはこちらでも
   「絶対面白い動画コーナー」 http://www.hige-toda.com/_mado05/movie/
★連帯ユニオン関西地区生コン支部HP http://www.kannama.com/index-2.html
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6; .NET CLR...@i222-150-200-54.s04.a027.ap.plala.or.jp>

◎御無沙汰!最もロクでもない参院選結果。圧送もスト突入で大阪周辺ゼネスト状態!
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 10/7/12(月) 12:20 -
  
 「乗客解放キック」の後遺症での足の痛みと腫れが治らず、近所の整形外科に行って見
てもらい、1週間の病欠診断。
  http://www.hige-toda.com/x/c-board/c-board.cgi?cmd=one;no=5651;id=#5651
 足を降ろすと血が下がって腫れるので、ここしばらくはパソコンにも向かわず、寝たきり状態で読書してゴロゴロしてました。

 少しマシになってきたので、昨晩から起きて選挙結果報道を見たり、ネットを見たりしてます。投稿も少しずつ再開していきます。次は今晩遅くか明日に。

 それにしても、参院選挙は最もロクでもない結果になってしまいました。
 選挙に関しての分析や思う事を今後少しずつ書いていきます。

 また、関西の生コン関連業界においては、ついに本日7/12(月)早朝から「伝家の宝刀」
=生コン圧送業種での無期限ストライキに突入し(地域的には今のところは大阪府内限定の模様)、これで大阪府内+αにおいて、前代未聞の「生コン産業無期限ゼネスト」状態になりました。
 ストライキ関連の事は、今後「自由論争掲示板」の方に報告していきます。

 とりあえず。
 
参考:圧送労組、7/12(月)よりスト突入!
     http://www.kannama.com/news3/assou/assou.html
 ★マスコミひた隠し!関西の生コン関連産業で無期限ストが勃発拡大中!断固支持!
            戸田 - 10/7/7(水) 11:09
  http://www.hige-toda.com/x/c-board/c-board.cgi?cmd=one;no=6497;id=01#6497
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6; .NET CLR...@i60-35-87-131.s04.a027.ap.plala.or.jp>

※↑この記事読んで戸田にメールくれたYさん、誤削除してしまったので再送信願います
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 10/7/13(火) 12:40 -
  
 Yさん、大変すみません。
 毎日スパムを含めてどっさりメールが来るので(半分以上は商売スパム)、受信ポスト段階で不要メールを削除するのですが、さっきその作業をした時にYさんのメールも間違って削除してしまいまったようです。
 件名はたしかこの記事に関する事だったように思います。
 
 受信ポスト段階で削除してしまうと、もう影も形もなくなってしまい、こちらで発見する事は出来なくなってしまいます。

 大変お手数で申し訳ないのですが、メールを再送信していただけないでしょうか。
 どうかよろしくお願いします。
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6; .NET CLR...@i58-89-137-125.s04.a027.ap.plala.or.jp>

☆ついに12(月)から生コン圧送も無期限スト突入!損賠攻撃の大資本との決戦へ!
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 10/7/13(火) 22:06 -
  
 修羅掲示板への戸田投稿をそのまま紹介する。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◎ついに12(月)から生コン圧送も無期限スト突入!空前の産業スト関西で拡大!
  損賠攻撃の大資本との決戦へ!
        http://www.asyura2.com/10/senkyo90/msg/517.html
    投稿者 ヒゲ-戸田 日時 2010 年 7 月 13 日 20:30:19: Nk87MbMkz45iQ

   ◎マスコミひた隠し!関西の生コン関連産業で無期限ストが勃発拡大中!
            大企業支配を覆す高度な闘いに刮目せよ
       http://www.asyura2.com/10/senkyo90/msg/117.html
       投稿者 ヒゲ-戸田 日時 2010 年 7 月 07 日 10:55:16
の重大続報です。
 これもマスコミではひた隠しにされており、かつ当事者からのネット発信も不十分な事
なので、転送紹介ぜひお願いします。
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
★既報の通り、7月から関西では「全ての工事の土台」たる生コンとその関連産業におい
 て、大幅賃上げ等労働条件改善とその原資を作る業界改善=「2010春闘」の解決を求め
 て無期限ストライキが開始されてきたが、ついに12(月)早朝からから生コン圧送も無期
 限スト突入した!
  (スト主体は「近畿コンクリート圧送労働組合」=略称「近圧労」)
        ※近圧労のスト通告記事:
          http://www.kannama.com/news3/assou/assou.html
        ※近圧労HP     : http://blogs.yahoo.co.jp/daiatsurou
  生コン業界では「3段ロケット方式」とも言われる産業ストライキ方式である。
  すなわち、
 第1段:生コンストライキ=生コン製造工場と生コン輸送部門でのストライキ
     =生コンを作らせない・運ばせない。
        ・・・・「生コンミキサー車」がストップする

 第2段:セメントストライキ=生コンの原料たるバラセメント(粉セメント)の輸送部
       門でのストライキ
     =生コン業界を実質支配している大企業たるセメントメーカーのSS(サービ       ステーション)からセメント販売店や生コン工場などへの出荷を止める。
      ・・・・「バラセメント車」(タンクローリー型の大型車)がストップする

 第3段:圧送ストライキ=建設現場で生コンをポンプ車で受け取り、圧力ホースを使っ     て生コンの打設箇所に流し込む業務をストップする。
        ・・・・「圧送ポンプ車」がストップする。

■しかし実は、圧送労組のストは「抜かずの宝刀」とか「最終兵器」と言われ、これまで 実行にまで至った事はなかった。
  「生コン関連産業3段ロケットスト」は、実際には経営側への威圧力宣伝としてのみ
 使われ、現実には「2段ロケット方式スト」の実施のみで留まってきた。これまでは。
  なぜか?
  それは「圧送スト」の効果があまりにも甚大で激烈であるためだ。

  そもそも「生コン圧送」という業務は、生コンとその打設に関して高度な知識と技術
 を持つ労働者によって運転・操作されて担われるもので、こう言ったら何だが、生コン
 ミキサー車やバラセメント車のように大型車免許とそこそこの経験があれば何とか出来
 る、という種類の仕事ではない。
      ・・・・つまり、「スト破り要員」を用意しにくい業種だ。
  加えて、近圧労は近畿一円800数十台の圧送ポンプ車の約半数を(会員各社で)所有
 する「近畿バラセメント輸送協同組合」と集団的労使関係を持っているから、そのかな
 りの割合のポンプ車を止められる組織力を持っている。
  (大阪府とその周辺に限ればその比率はより高いだろう。)

  一方、生コンやセメント部門においては、「天下の関生(かんなま)」主軸3労組と 言えどもそれほどの組織力・影響力は持っていない。また「スト破り運転手」の調達も
 やりやすい。
  (労組非加盟運転手も多いし、また共産党系の「建交労」はスト参加していないので
   使いやすい)
  (近畿の圧送業界の労組としては「近圧労」に一本化されている。)

  会社に関しても、労組が集団的労使関係を持っている協同組合に加盟していない会社
 や加盟していても抜け駆けする会社が数多く存在する。「スト破り会社」の調達もやり
 やすい。
  また、昨今の「労働争議への警察権力の不当介入・不当弾圧」指向の中で、出荷車へ
 のピケット張り・実力阻止行動がすぐ弾圧対象にされる、という現実もある。
  (3労組員自身のストと会社やほかの運転手への説得宣伝行動がストライキ行動の主
   軸となる)

  つまり、生コンやセメント部門においては、3労組(連帯ユニオン関西地区生コン支 部・生コン産労・全港湾)が総力を挙げてストライキをしても、どうしてもいろいろ穴
 があいてしまう。(対象現場も非常に多数)
  しかし、いくらスト破りをして生コンを運んで来ても、圧送労働者がストライキをし
 てしまえば、工事が全く出来ない=生コンを廃棄しないといけない(生コンは「製造後
 90分以内に打設しなければならない」という品質規定があるので)、という大変な事態
 になってしまう。
   (全く合法的なストライキだから、それ自体の弾圧も出来ない)
  
  だから、圧送労組のストは「最終兵器」と言われるのである。
   これは、労働者や中小企業を踏みにじって社会秩序を維持しようとするゼネコンや セメントメーカーなどの大企業に対して(も公安権力に対しても)大打撃を与え粉砕す
 る決定打となる。
 
  そうであるが故に、大企業や公安権力は圧送労組のストを絶対に許し難いものと捉え
 て、圧送労組に対してあらゆる汚い手段を使って組織破壊弾圧を発動する衝動に駆られ
 る事必定である。

  連帯ユニオン関生(かんなま)支部が全面的に支援してきた兄弟労組とはいえ、結成
 まだ10年の近圧労が大弾圧を跳ね返して組織維持を出来るかどうか、敵が「会社ごと潰
 す」、「協同組合ごと潰す」という手段を打って来てもそれを跳ね返せるかどうか、非
 常にシビアな所に立たされていく。
  連帯主軸3労組と圧送労組の共同した防衛闘争が非常に重要になってくる。
  つまり、圧送労組スト=3段ロケット点火は、「あえて虎の尾を踏む」闘いに踏み出
 す事なのである。

★しかしついにルビコン川は渡られた! 「抜かずの宝刀」はついに抜かれた!
  それは「リスクを冒さず成果は得られない」情況についに立ち至った事と同時に、  「今が攻め時だ!この機を逃して勝利はない!」という状況判断を4労組のスト指導部
 が確立した、という事である。
  「ここがロドスだ。ここで飛べ!」、と。

  前投稿で説明しておいたように、このストライキ闘争の狙いは個別会社・各協同組合
 に春闘ストライキ圧力をかける事によって、彼らをせっぱ詰まらせ、その背後にいる・
 生コン関連産業を不当に支配搾取している大企業(ゼネコンやセメントメーカー)に立
 ち向かわせ、賃上げと業界建て直し・大倒産回避の原資(生コン価格1立米1万8000円
 への適正化値上など)を引き出させる事である。
 つまり「本当の敵」はゼネコンやセメントメーカーなどの大企業である。

  参考:生コン関連業界危機突破!6・27総決起集会
      http://www.kannama.com/news3/10.7.07/kekki.html
  会社大倒産を避けて業界建て直しをするために4労組は必死だが、「敵」も必死だ。
  既に「敵側」の一部では労組との妥結=原資放出を受諾する所も出てきた!そういう 「理性派」大企業との取引会社に対しては、会社からの奮闘回答を得てスト解除をして
  いる。

  しかしまだスト敵視に固執する「頑迷派」大企業も少なくない。彼らは原資放出・生
 コン価格適正化値上げを拒否する事で、取引会社に賃上げ原資を与えず解決不能状態に
 追いやって、会社ごとストライキ闘争を圧殺して乗り切ろうとしている。
  こういう「頑迷派」大企業を少数派に追い込み、ギブアップさせていかなければ春闘
 解決も大倒産回避・業界建て直しも成り立たない。

●一部大企業による「個別企業・協同組合への賠償請求」=協組潰しによるスト圧殺攻撃
 を許すな!
  
  そういう「頑迷派」大企業の何社かは、個別の企業や協同組合に対して居丈高に巨額 の「損害賠償請求」を突きつけたり(協同組合決定の新価格での生コンを認めない。安
 値販売を拒否されて損害を受けた)、「会社への貸付金を即刻全額返せ」と迫ったり、
 取引停止にしたりして強烈な圧力をかけている。
 
  弱小な中小企業やその協同組合に対して、公然的にも非公然的にも様々に恫喝や脅迫
 を行なって自分らの横暴をごり押ししようとしている。
  
  そういった大企業と関西での担当部門にとっては、「強硬姿勢で労組や協同組合から
 の要求を押しつぶす」事がその企業の体質であり、また東京の本社から叱責されない保
 身・出世の途なのだろう。
  企業丸ごと潰し、まともな協同組合をガタガタにして理事会クーデターなどを誘発し
 て自分らの手先を理事長などに据えて協同組合を乗っ取ってしまう、そしてもちろん公
 安警察による弾圧にも積極協力していく。
  そういう戦術である。
  こういう汚いスト潰し手段は絶対に許してはならない!

★「産業ストライキ闘争の勝利か、然らずんば大倒産・大量失業か」

  関西における生コン関連産業の無期限ストライキ闘争は、個別企業・協同組合を挟ん で4労組側と大企業(ゼネコンやセメントメーカー)側が総力を上げて押し合い、切り
 崩し合い、情報戦を闘い合ってガチンコで対決している。
  いくつかの大企業は4労組要求に沿う事を決めたが、いくつかの大企業は猛烈な敵対
 姿勢で逆攻勢をかけてきている。

  7/2(金)の生コンスト突入による開戦から7/13(火)の圧送労組スト2日めに至っても
 全体の解決めどはまだ見えない。
  勝利解決のめどを出していくために、ストの範囲は大阪府内+阪神地区から始まっ
 て、より拡大しつつある。
  公安警察の直接的弾圧はまだないが、少しも油断できない。
  
  今回の産業ストで勝利できれば、関西の生コン関連業界的にはもちろんのこと全国的
 全産業的にも、「大企業の不当利得粉砕、新自由主義政治粉砕、労働者と中小企業が主
 体の業界づくり」の大勝利となる。
  勝利の鍵は4労組の断固たる闘いと中小企業・協同組合の「労使強調で業界を守る毅
 然たる姿勢」、そして世論の声援支援の中にある。

  とりわけ「事実をひた隠すマスゴミ」挙げての情報封鎖情況の中で、世の人々に事実
 を知ってもらい共鳴してもらう必要性は限りなく大きい。
  みなさんの協力を強く呼びかける次第である。

◎本投稿の最後に。
  この大ストライキ闘争の主軸である連帯ユニオン・関西地区生コン支部のHPでの情
 報発信は、少しは改善されたとはいえ、まだ極めて不十分なままである。
  連帯ユニオン関西地区生コン支部HP http://www.kannama.com/index-2.html

  やっと先週末から ●「危機突破集会」と7月からの対応 という記事追加がなさ
 れ、 ●近畿圧送労働組合号外/スト突入 という記事が載り、 ●ストライキとは?
 という一般論が載っただけで、「堂々たるストライキ通告をしてやっている自分とこの
 ストライキ」について一言半句も報告がなされていない。

  仮に弾圧の関係で詳しい事を書きたくないとしても、「春闘解決求め、7/2より生コ ン関連無期限ストに突入!」とか「空前規模で生コン関連産業無期限スト!」などの見
 出しと簡単な経過報告や、スト通告文書などは最低限載せるべきでところである。

  しかしそうなっていない現実については、こう考えて欲しい。
 「連帯ユニオン・関西地区生コン支部に於いては、ネットでの宣伝扇動における司令塔
 がまだ確立されていない過渡期にある」のだと。
  別の言い方をすれば、連帯・生コン支部ではまだネット発信の『ジョン・リード』を
 輩出できていない」のだ。
  ※ジョン・リードは、1917年のロシア10月革命の傑作ルポルタージュ「世界をゆるが
   した十日間」の著者として有名なアメリカ人ジャーナリスト。激動の革命情況を革
   命の立場から生々しく感動的に描いた。

  春闘や業界建て直し問題でのビラは優れたものが沢山出されている。
  しかしそれらを機敏にネットアップしたり、ストの解説や宣伝扇動をネットで行なっ
 ていく機能が組織の中にまだ確立されていない。
  権力側からも種々の敵対側からもコピーされ様々に悪用されうるネットの特質を踏ま
 えつつ、自組織のみならず周辺団体・諸企業個人にも配慮した文言で、組織としての責
 任を負ってネット宣伝していく事はたしかに簡単な事ではない。
  また、種々の折衝・説得・情報入手・闘争運営・組織運営等々の事で各級役員活動家
 は目一杯で余力がない。

  そういう事情で、「もの凄いストライキ闘争をやっている主体の側から効果的なネッ ト発信がなされない」という情況が当分変わりそうにない事について、どうか寛容に受
 け止めてもらいたい。
  当面は、時々なされる戸田からの報道をもって事態の進行を知ってもらう他ないよう である。
  議員時代のようにHPスタッフを持てていれば、戸田HPで特集を組むなども出来た
 のだが、仕事に就きながらの現状では、阿修羅掲示板と戸田HP「自由論争掲示板」な
 どへの投稿、および知人達へのメール発信をもってする他ない事もご理解いただきた
 い。(大変歯がゆいけれいども)

  ほかに「人民新聞」とか「レイバーネット」、「市民ジャーナル」、週刊「金曜日」 などのメデアが積極的に取材報道してくれたらいいのだが。
  (何人かのブログで戸田メールを取り上げてストの紹介してくれている事に感謝しま
   す。)

△補足:共産党系の「建交労」は、こと関西の生コン部門に限って言えば、実質的に「連
 帯ユニオン主敵論」に立ってゼネコンやセメントメーカーなど大企業とつるみ、公安権
 力ともつるんで、それらの意を汲んで怪文書を出したり、労働運動・協同組合運動破壊
 の方向での策動をしてばかりいる。
  その姿勢があまりに酷いので、かつては建交労も含めた生コン5労組共闘していた事
 もあったが、現在は労組共闘から排除して問題追及し、反省を求めている。
 
   関西の建交労(生コン部門)の酷さにホンの一端は、(10春闘ニュース6/5号)
     http://www.kannama.com/new-news/seisaku/img2/10syuntounews%206.5.pdf    の下部にあり。
  
 それでは! 
 (ウーム。この投稿文を作成推敲するのに5時間を要してしまった。出来るだけの正確  さを分かり易さを期すと、どうしても時間がかかる。)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◎戸田ひさよしHP http://www.hige-toda.com/
★連帯ユニオン関西地区生コン支部HP http://www.kannama.com/index-2.html  
■他では見れない動画が満載!「戸田のYUチューブコーナー」
          http://www.youtube.com/user/todajimusho
■「中小企業の砦」=協同会館アソシエに関連する「アソシエ動画」
          http://www.youtube.com/user/ASSOCIE0911#p/u
■在特会や三井さん動画のまとめはこちらでも
   「絶対面白い動画コーナー」 http://www.hige-toda.com/_mado05/movie/
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6; .NET CLR...@i58-94-100-174.s04.a027.ap.plala.or.jp>

★無期限スト突入の「近圧労」が実は日本で唯一の圧送労働者の労組です!
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 10/7/13(火) 22:09 -
  
 これも修羅掲示板への戸田投稿
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◎無期限スト突入の「近圧労」が実は日本で唯一の圧送労働者の労組です!
  関西生コン業界の先進性が見えてくる

※近圧労HP http://blogs.yahoo.co.jp/daiatsurou

 さて、12日(月)から断固として無期限ストに突入した「近畿コンクリート圧送労働組合」(近圧労)ですが、実はこれ、「日本で唯一の圧送労働者の労組」なのです。
 言い換えると、近畿以外では日本のどこにも「コンクリート圧送業の労働組合」が存在していない、という事。

 なぜか?
 「コンクリート圧送業」は前述したように生コン工事において不可欠の重要業務だし、
専門知識技術を要する専門職なのだけれども、日本では不幸な事に長年「ポンプ屋」と呼ばれて軽く扱われ、下っ端扱いされてきた。

 ほとんどの業者が零細業者・一人親方で、重労働(生コンが通る重い圧力ホースを担ぎ回る)・長時間・低賃金で体がコンクリまみれになり、かつ責任はメチャクチャ重い、という大変な職人仕事である。
      参考:コンクリート圧送工事業と生コンポンプ車・
          http://www.cc.rim.or.jp/~zenatsu/concrete_pumping.html

 生コン関連産業において、生コンミキサー車やバラセメントの運転手、生コン工場職員の組織化は早くからあったが、圧送労働者(生コンポンプ車オペレーター)の組織化はずっと放置されたままだった。
 専門性が高かろうが何だろうが、未組織無権利状態に留めておく方が、資本にとっては得策。
 零細企業間での価格競争・過当競争の明け暮れ、建設業界の企業支配秩序なども影響したことだろう。

 しかし「日本で最も先進的な関西の生コン業界労働運動」=連帯ユニオン・関西地区生コン支部は、産業的闘争を拡大深化していく立場から、この圧送労働者の組織化の必要性・重大性に気付き全国に先駆けて圧送労働者の組織化支援に乗り出した。

 そういう支援活動が実って、10年前の2000年に大阪府・兵庫県・奈良県の圧送工事業で働く労働者によって、全国初の圧送労働者の労組=「大阪コンクリート圧送労働組合」(大圧労組)が結成されたのだった。

 その後「大圧労組」は着々と組織を広げ、昨2009年にはには近畿2府4県に組織員を持つ「近畿コンクリート圧送労働組合」(近圧労組)として名称変更を行なった。
 結成以来一貫して連帯ユニオン・関西地区生コン支部と共同歩調を取ってきた頼もしい兄弟組合である。

 そして近圧労組は「結成20周年までには、全国の圧送・建設労働者の砦、組合会館の建設を期す。全国の建設労働者を組織するぞ!のスローガンを掲げ奮闘します。」と謳っている。

 実に頼もしい労働組合ではないか。連帯ユニオンと共に、近圧労組を応援しよう!
 近圧労に対する権力弾圧なんか絶対に許すまい! 
   近畿コンクリート圧送労働組合
     〒552−0002 大阪市港区市岡元町3−6−20
    (TEL)06−4393−6630  (FAX)06−4393−6631

 関西の建設業・建設現場では、連帯ユニオン・関西地区生コン支部や近圧労組が「ゼネコンなど大企業と断固闘う労組」、「ちゃんと賃上げ・条件向上を勝ち取る労組」、「労働者が自分の仕事に誇りを持って自由にものが言える労組」として少なからぬ影響力・感化力を持っている。

 今後、鉄筋労働者や建設労働者、建築労働者の組織化も進めていきたいものだ。
 「闘ってこそ自分の労働条件を改善向上できる」という実例がすぐ身近にあるのだから。
 また「たったひとりの闘い」であっても、それを協力に支援する頼もしい労働組合が身近に存在するのだから。

 連帯ユニオン・近畿地本:大阪市西区川口2-4-28
             TEL 06-6583-5549 FAX 06-6583-5534
         http://www.rentai-union.com/
 連帯ユニオン・関西地区生コン支部:大阪市西区川口2-4-28 
       TEL:06-6583-5546   FAX06-6582-6547
         http://www.kannama.com/index-2.html
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◎戸田ひさよしHP http://www.hige-toda.com/
★連帯ユニオン関西地区生コン支部HP http://www.kannama.com/index-2.html  
■他では見れない動画が満載!「戸田のYUチューブコーナー」
          http://www.youtube.com/user/todajimusho
■「中小企業の砦」=協同会館アソシエに関連する「アソシエ動画」
          http://www.youtube.com/user/ASSOCIE0911#p/u
■在特会や三井さん動画のまとめはこちらでも
   「絶対面白い動画コーナー」 http://www.hige-toda.com/_mado05/movie/
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6; .NET CLR...@i58-94-100-174.s04.a027.ap.plala.or.jp>

☆勝利的に展開!大阪の工事の8割強が停止!大阪駅ビル工事も!竹中・大林が敵対継続
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 10/7/20(火) 7:46 -
  
 阿修羅掲示板・政治経済90への戸田投稿をそのまま紹介する。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◎生コンスト闘争勝利的に展開中!大阪の工事の8割強が停止!大阪駅ビル工事も!
  竹中・大林が敵対継続    ー2010 年 7 月 19 日 22:22:22:
    http://www.asyura2.com/10/senkyo90/msg/862.html

   ◎ついに12(月)から生コン圧送も無期限スト突入!空前の産業スト関西で拡大!
     損賠攻撃の大資本との決戦へ!(ヒゲ-戸田 2010 年 7 月 13 日 20:30:19)
     http://www.asyura2.com/10/senkyo90/msg/517.html
の重大続報です。

★既報の通り、7月から関西では大阪府内中心に「全ての工事の土台」たる生コンと
 その関連産業において、大幅賃上げ等労働条件改善とその原資を作る業界改善=
 「2010春闘」の解決を求めて、
   A:生コンストライキ=生コン製造工場と生コン輸送部門でのストライキ
      (作らせない・運ばせない)
   B:セメントストライキ=生コンの原料たるバラセメント(粉セメント)の輸送部
      門でのストライキ
   C:圧送ストライキ=建設現場で生コンをポンプ車で受け取りホースで打設箇所に
      流し込む業務のストを連続的に拡大する無期限ストライキを展開する、
 という戦後史上初の産業的大ストライキ闘争が爆発してきたが、ついに勝利の展望が見
 えてきた!

  前投稿で説明しておいたように、このストライキ闘争の狙いは個別会社・各協同組合
 に春闘ストライキ圧力をかける事によって、彼らをせっぱ詰まらせ、その背後にいる・
 生コン関連産業を不当に支配搾取している大企業(ゼネコンやセメントメーカー)に立
 ち向かわせ、賃上げと業界建て直し・大倒産回避の原資(生コン価格1立米1万8000円
 への適正化値上など)を引き出させる事である。

  つまり「本当の敵」はゼネコンやセメントメーカーなどの大企業である。
       参考:生コン関連業界危機突破!6・27総決起集会
           http://www.kannama.com/news3/10.7.07/kekki.html
★ゼネスト闘争の爆発によって、「週刊ダイヤモンド 7月9日号」では、「大阪府内の
 全生コン業者の7割が操業ストップ」、「大阪の工事が全面ストップの危機」と書いた
 が(業界紙以外では初報道!)、 http://diamond.jp/articles/-/8715
 実態として工事現場の8割以上が停止しているものと見られている。
  あの竹中工務店・大林組が請け負っている「大阪駅ビル工事」でさえ、ずっと工事停
 止なのだ!

★スト闘争の圧力を受けて、中堅ゼネコンの多くは白旗を揚げて「生コン価格引き上げ」
 に同意した!
  これによって、そこに生コン納入する会社に賃上げ原資が入って賃上げ環境が整うた
 め、労組側はそういう会社から今後ストライキを解除していくことになる。
  労組側戦術の大勝利である。

★7/12(月)から初の圧送ストに突入した近畿圧送労組は、経営側が要求受諾の姿勢を示し ため、ストライキを解除して回答を見守る体制に切り替えた。
  これもストライキ闘争の勝利である。

★スト労働者の圧倒的な決起と「ゼネコンに生コン価格値上げ了承してもらわないと大倒
 産になる」という生コン業界上げての危機感の中で、セメント輸送や生コンの製造・輸
 送におけるスト破りは、今回の闘争においては、一部で警官導入事態もあったものの、
 小規模に留まった。
  労組に敵対的な事で悪名高い「関西宇部セメント」でさえ、ストを受け入れた(強行
 出荷を断念した)ようである。

■ほとんど唯一頑強に敵対しているのが、大手ゼネコンの竹中工務店と大林組で、労組ス
 トを直接潰せないものだから、「生コン価格の値上げ適正化絶対反対!」の姿勢の下
 に、生コン製造の協同組合に対して「安い価格で生コンを売らないから損害を受けた。
 値上げ撤回しないと損害賠償訴訟を起こすぞ!」と脅迫して抵抗している。

  これは、生コンを製造・販売する中小企業の全体意思として決定した「企業存続のた
 め絶対に必要な値上げ」を大企業の優位な地位を利用してねじ伏せようとするもので、
 「不平等取引」そのものである。 
  中小企業支配、協同組合運動と労働組合運動への敵対、東京本社に対する保身のため
 に中小企業に対して「企業自殺」を強要するものだ、と言ってもよい。

▲しかし、そういう竹中・大林にしても、大阪での目玉工事たる「大阪駅ビル工事」は工
 事を停止せざるを得ず、今の態度を続ける限りは休日あけの7/20(火)からもずっと工事
 をすることが出来ないのだ!
  協同組合に対して「損賠請求の訴訟を起こすぞ!」と脅してはいるが、実際に提訴に
 は踏み切れないでいる。

■竹中・大林ら敵対的な大手ゼネコンは土俵際まで追いつめられている! あと一押し、
 二押しで大幅賃上げ&業界救済の勝利をもぎ取る事が出来る!
  しかし敵も必死だ。労組側だって苦しい。

  生コン業界では労組員でも日々雇用の労働者が大勢いる。そういう日々雇用労働者は
 ストで会社業務が停止されれば日給がゼロになってしまう。収入ゼロの状態で連日スト
 ライキ行動で現場動員に駆けつけているのだ。
  (補足:社員であっても日給月給労働者も多い)
  まさに決死の闘い、我慢合戦である。

■だから、みなさんに闘う労働者・労働組合に支援・声援を送ってもらいたい。この偉大
 なストライキ闘争の事を友人知人にどんどん知らせて欲しい。マスコミやジャーナリス
 ト達に取材と報道を求めて欲しい。
  ようやくにして「週刊ダイヤモンド 7月9日号」で衝撃的な報道がなされた。
  テレビ東京が取材に来て、先日は「テレビ関西」のニュースでも報道された。
 (大手ゼネコンの「たいした影響はありません」というウソ宣伝をそのまま流した代物
  だったが・・・)

  そして本日夜に、大阪の読売テレビから「戸田さんからのFAXで知ったんですが
  ・・・」と戸田に電話取材があり、「大阪駅ビル工事が今週も停止するんならテレビ
 で報道したい」との話があった。
  ストライキ闘争を報道したがらないマスコミも、今回のストライキ闘争の巨大さと長
 期化にあって、とうとう無視できなくなってきたのだ。この流れをもっと強めよう!

◎この闘争で「闘う労組」とは、連帯ユニオン関西地区生コン支部(通称:関生(かんな ま)支部)、全港湾(旧総評系)、生コン産労(旧同盟系!)、そして近畿コンクリー
 ト圧送労働組合の4労組である。
 (共産党系の「建交労」は全く関係していない。むしろ4労組にも協同組合にも敵対し
  ているのが実状。)

  以下に、「週刊ダイヤモンド 7月9日号」に関わるネット記事を紹介しておく。 
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<どうなる?建設業界★現場監督だった社長の建設ニュースウォッチング>
   2010年07月10日(土) 16時41分57秒
   ●生コンが、打てない  
    http://ameblo.jp/rise-iwai/entry-10586807919.html
 現場監督だった岩井です。
 生コン1m3当り、1万5千円で仕入れて1万円で売らされている。1万8000円で売らせて欲しい−−。
 最近では、あまり聞くことが無くなった「ストライキ」という言葉。大阪府内の生コン業者の7割がストをするというニュースです。

 生コンの流通ルートは入り組んでいて、私も現場監督になりたての頃、何故商社が請求に絡むのか不思議に思ったことがありました。
 
 これ、結構大きなニュースだと思うのですが、メディアであまり取り上げられていない気がします。やはり選挙前だからでしょうか。
 ストに関する労組のニュースも拾ってみましたが、ホント深刻です。
   (近畿コンクリート圧送労働組合ニュース)
    http://www.kannama.com/news3/assou/assou.html
  
■生コン業者がストライキに突入で、大阪の工事が全面ストップの危機
   週刊ダイヤモンド 7月9日  http://diamond.jp/articles/-/8715
 
 大阪府内で「すべての土木・建設工事がストップする」という異常事態が間近に迫っている。
 府内で営業する生コン業者・輸送業者が全面ストライキに突入しているからだ。
 すでに製造を担う生コン製造業者約90社が、7月5日までに無期限の出荷停止を宣言。
工場の操業をストップさせた。これは、大阪府内の全生コン業者の7割に相当する数字だ。
 
 さらに12日からは、生コンをミキサー車で工事現場に搬送する主要圧送業者のほぼ全社にあたる約60社までもが全面ストライキに入ると宣言した。
 このまま事態の打開が図られなければ、事実上、大阪府内の現場ではほとんどの工事が止まることになる。

 そもそもの理由は、生コン業界の窮状にある。
 生コン製造業者は、メーカーからセメントを買い、水や骨材などと混ぜ合わせて生コンを製造。それを商社などを通してゼネコンに販売する。
 そのほとんどが中小零細企業で、地域ごとに組織された共同組合を通じて仕事の受注および生コンの販売を行う。
 各地の共同組合は、組合員への仕事の分担およびゼネコンへの販売価格の交渉を担っている。
 
 ところが、最近生コン業者は「原価割れで生コンを出荷することを余儀なくされてきた」(連帯ユニオン関西地区生コン支部・高英男副執行委員長)という。

 例えば、大阪広域生コン共同組合の場合、組合員の生コン原料の購入価格は1立方メートルあたり1万4800円。これは、14年前と比較すると500円上がっている。
 ところが、販売価格は「ひどい時には1万円を切る価格で取引されている。このままでは大阪府内で生コン会社が大量に倒産する。存続をかけて最後の戦いに踏み切らざるをえなかった」(同)という。
 
 生コン産労・全港湾・連帯ユニオンなどの各関連労働組合は、ゼネコンとの価格交渉を行う生コン共同組合に対し、生コン業者が営業を存続できる1万8000円の納入価格を実現するよう要求。
 交渉が進展するまで無期限ストを行うと通告した。
 
 労働組合の通告を受け、現在、生コン商社、生コン協同組合、ゼネコン間での交渉が続いている。
 国内の建設投資が冷え込むなか、建設資材費の圧縮要求は年々強まっている。
 その末端に位置する生コン業界がついに翻した“反旗”ともいえる。
 「大阪で大規模工事を抱える大手ゼネコンの影響は免れない」(ゼネコン業界幹部)。
 
 市場縮小の痛みを下請けに回し続けたツケがついに回ってきた。
            (「週刊ダイヤモンド」編集部 鈴木洋子)
 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◎戸田ひさよしHP http://www.hige-toda.com/
★連帯ユニオン関西地区生コン支部HP http://www.kannama.com/index-2.html  
☆近畿コンクリート圧送労組HP   http://blogs.yahoo.co.jp/daiatsurou
■他では見れない動画が満載!「戸田のYUチューブコーナー」
          http://www.youtube.com/user/todajimusho
■「中小企業の砦」=協同会館アソシエに関連する「アソシエ動画」
          http://www.youtube.com/user/ASSOCIE0911#p/u
■在特会や三井さん動画のまとめはこちらでも
   「絶対面白い動画コーナー」 http://www.hige-toda.com/_mado05/movie/
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6; .NET CLR...@i58-94-98-42.s04.a027.ap.plala.or.jp>

★歴史を知る経営者からは「中途半端にはしないでくれ」と労組ストに数多く期待!
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 10/7/20(火) 7:52 -
  
 阿修羅掲示板・政治経済90への戸田投稿をそのまま紹介する。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◎歴史を知る経営者からは「中途半端にはしないでくれ」と労組ストに数多く期待!
 生コン支部HPの注目記事  ー7 月 19 日 22:42:32
   http://www.asyura2.com/10/senkyo90/msg/866.html

 ようやくにしてと言うか、満を持してと言うか、空前の生コン産業大ストライキ闘争の
主軸である連帯ユニオン関西地区生コン支部HPに、先週後半、ストライキ闘争の報告と
解説の記事が出たので、それを紹介する。
 業界事情や歴史的背景を解説している事に注目して欲しい。

 記事冒頭の生コン工場前での「スト決行中!集合写真」が印象的である。
 闘う労働者仲間の決意と団結心に満ちた笑顔を見て欲しい。
 
 写真の20数人の労働者の中に多くの日々雇用の労働者がいる。
 日々雇用労働者はストで会社業務が停止されれば、日給がゼロになってしまい大幅な収入減になるだけでなく、翌月以降の失業手当受給資格も吹っ飛んでしまいかねない。
 そういう損害と危険を冒しながら、連日ストライキ行動で現場動員に近畿一円から駆けつけている事を知っておいて欲しい。なまなかの決意で出来る事ではないのだ。生コンの
ゼネストは。
  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■連帯ユニオン・関西地区生コン支部HP 
●業界再建なるか、正念場(くさり7月号)  (写真あり)
    http://www.kannama.com/kusari/10.07/kusari10.7.html
 関西の中小企業と労働者が生き残りをかけた「闘い」に立ち上がった。
 7月2日、生コン産業政策協議会(生コン産労・全港湾大阪支部・連帯ユニオン)は
10春闘の解決を目指し、ゼネラル・ストライキ(ゼネスト)に突入。多くの建設現場が施
工休止状態になった。

 このゼネストの要求は、業界団体が『危機突破総決起集会』での決議≠遵守することであり、集会決議文通りに適正価格の収受と契約形態の変更を求めるものである。
 労使は、『第5回10春闘集団交渉』において、「生コン価格の値上げと出荷ベースへの
契約変更」を確認し、7月からの実施を約束した。

 しかし、商社・ゼネコン・セメントメーカーは損害賠償請求や納入代金の支払拒否を協同組合に通達するなど、中小企業と労働者の起ち上がりを封じ込めようとしている。

<10春闘の経過/建設現場は施工休止へ>

 7月2日より、生コン産業政策協議会は原価割れした生コンの適正価格収受と契約形態変更を求めてゼネストに突入した。以来、多くの建設現場がストップしている(7月14日現在)。
 政策協議会は10春闘集団交渉で、大阪兵庫経営者会に対して『大阪広域生コンクリート協同組合(以下、広域協組)』の事業改革(値上げ・出荷ベース)を強力に求めた。

 3月31日の第4回集団交渉は最終回答日に指定されていたが妥結に至らず、政策協議会は4月からの値上げと出荷ベース契約実現を最優先とするために「交渉決裂」を宣言(経営側は「中断」ととらえる。
 労組側は旗・腕章闘争を開始)。以後、独自にコンプライアンス遵守と過剰サービス撤廃の活動を継続してきた。

 しかし、経営側が一旦約束した適正価格1万8千円(/リューベ)の収受と契約形態の変更は4月〜5月の2ヶ月間で進展がみられず、事態を打開するために労使は第5回集団交渉を6月3日に開催。その席であらためて値上げと出荷ベース契約実現の具体的公約を労使は確認した。

 政策協議会との交渉結果をもとに6月8日、大阪広域協組は理事会を開催、第5回集団交渉で経営者会が政策協議会に約束した、業界再建の具体策(適正価格の収受と契約形態の変更および違反組合員企業への処分)を決議した。
 同日、阪神地区生コン協同組合も広域協組と同様の決議を行った。

<各協組が改めて新価格、出荷ベース決議>

 7月からの契約変更に向けて6月27日、生コン関連32団体は『危機突破総決起集会』を開催。  http://www.kannama.com/news3/10.6.28/toppasyuukai.html
 各協同組合代表は壇上に立ち、それぞれ業界再建への決意を表明し、決議を行った。この日、中小企業と労働者が主体となり、生コン関連業界再建に向けた大きなうねりを生み出した。

 これにより、各協組は関係取引先への説得期間猶予を6月末とし、7月1日より適正価格の収受と出荷ベース契約への変更を決定。
 一方、政策協議会は、協組の決定に従わない商社、販売店、ゼネコン等に対して適正価格の生コンを購入するように要請。
 同時に各協組には危機突破集会の決議通り、価格ダンピングを強要するゼネコンには生コンを納入しないように申し入れを行った。

<協同組合は中小企業の権益を守るもの>

 協同組合とは本来、大企業と比べて社会的な影響力や資本力に圧倒的な差がある中小企業が、大企業と対等に取引が出来るための弱者の結集体である。
 従って、協同組合は中小企業の権益を守るものでなければならず、組合員企業は相互扶助の精神で互いに助け合い、共生を図り、共に栄えるものでなければならない。よって、そこに大企業の思惑や支配介入を許すことがあってはならない。

 しかし、広域協組は結成されて以降の16年間で、「直系工場が分社化して加盟するなど、次第に結成当初の理念が崩れはじめている(広域協組組合員)」という。
 広域協組は94年の結成当初、メーカーのセメント拡販政策と過当競争で崩壊の危機にあった業界を救うために、生コン価格の大幅値上げに着手した。
 そこには、「お願い≠ナはなく、闘い≠ニして取り組んだ(広域協組初代理事長・
田中裕)」という歴史がある。

 今また、94年の広域協組結成時と同等か、それ以上の業界崩壊の危機を目前にしている。
 過去、東大阪地区生コン協組があいまいな内容でゼネコン・販売店と妥協した結果、値上げの約束が反故にされたばかりか、51社の生コン工場が倒産する引き金となった。
 私たちに求められているのは、94年当時と同様に労使一丸となり、事業改革にお願いではなく闘いでのぞむ≠ニいう精神と実行力である。

<中小企業経営安定へ圧送労組もスト突入>

 7月1日を迎え、商社・ゼネコン・セメントメーカー等は納入代金支払い拒否や損害賠償を匂わすなどして、協組内に混乱をもたらした。
 これを察知した3労組は2日よりゼネストに突入。
 近畿コンクリート圧送労働組合も12日よりストライキに突入した。

 歴史を知る経営者からは「中途半端にはしないでくれ」と、3労組の行動に数多くの期待が寄せられている。
 今回、大企業に対抗するために労働者が立ち上がったが、私たちの産業政策運動は中小企業の経営安定を図ろ
うとするものである。そのことを中小企業経営者は肝に銘じて欲しい。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◎戸田ひさよしHP http://www.hige-toda.com/
★連帯ユニオン関西地区生コン支部HP http://www.kannama.com/index-2.html  
☆近畿コンクリート圧送労組HP   http://blogs.yahoo.co.jp/daiatsurou
■他では見れない動画が満載!「戸田のYUチューブコーナー」
          http://www.youtube.com/user/todajimusho
■「中小企業の砦」=協同会館アソシエに関連する「アソシエ動画」
          http://www.youtube.com/user/ASSOCIE0911#p/u
■在特会や三井さん動画のまとめはこちらでも
   「絶対面白い動画コーナー」 http://www.hige-toda.com/_mado05/movie/  
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6; .NET CLR...@i58-94-98-42.s04.a027.ap.plala.or.jp>

◎マスコミ尻叩きに確かな効果あり!戸田が各社に送った7/14FAXと7/20FAXがコレ。
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 10/7/20(火) 8:16 -
  
 ストライキの闘いを無視したり封殺してしまおうとしたりするマスコミに対して、戸田
からFAXを送って啓発と尻叩きをしてきた。それを紹介する。
(関西の新聞テレビ関係、支局も含めて16箇所で、必ずしも十全なリストではないが。)
(また2回とも、「産経新聞本社」はなぜかFAX不通だった。) 
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<7/14FAX>
 報道機関各位 様     2010年7月14日(水) 

★関西での生コン関連産業無期限ストの大事件について
  
 現在、関西では「生コン関連産業無期限ストの勃発と拡大」という大事件が起こっていますので、別紙のように4本の「阿修羅掲示板」投稿記事をお伝えします。
ぜひ報道機関として然るべき取材と報道をお願いいたします。
   (4本計11枚を別紙FAX)
  
 この「関西での生コン関連産業無期限スト」大闘争については、ネットにおいてかなりの注目を集めています。

 7/7投稿の
◎マスコミひた隠し!関西の生コン関連産業で無期限ストが勃発拡大中!
  大企業支配を覆す高度な闘いに刮目せよ
    http://www.asyura2.com/10/senkyo90/msg/117.html
は、7/14朝6時半現在(7日め)で、1万1633アクセスを得ており、
   
 昨夜投稿の
◎ついに12(月)から生コン圧送も無期限スト突入!空前の産業スト関西で拡大!
  損賠攻撃の大資本との決戦へ!
は、投稿10時間半で488アクセス、
  
◎無期限スト突入の「近圧労」が実は日本で唯一の圧送労働者の労組です!
  関西生コン業界の先進性が見えてくる
は、投稿9時間半で128アクセス、
  
◎ありがとう!みなさんの反響のおかげで、テレビ東京が連帯労組に取材に来た
 とのこと -
は、投稿7時間半で219アクセス、を得ています
  
        戸田ひさよし 拝 ’7/14(水) 朝7:20発信 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<7/20FAX>
 報道機関各位 様     2010年7月20日(火) 

★関西での生コンストは、大阪府内の工事現場の約8割が止まり、大阪駅ビル工事も止ま る大闘争になってます!
  
1:7/14 FAXでお知らせした「生コン関連産業無期限スト」は、その後圧送労組が経営 側から前向き回答を得た事でスト解除されたものの、セメント輸送・生コンの製造輸送
 では3労組(連帯・生コン産労・全港湾)のストは継続され、影響が広がっています。
   
2:中堅ゼネコンでは生コン価格値上げを了承する所が多く、その系列の現場ではこれか らはストが解除されていきますが、中小企業泣かせの安値に固執して生コンの協同組合
 に対して「損害賠償請求をやるぞ!」と優越地位利用の不当な脅迫をしている大手ゼネ コン竹中・大林がやっている「大阪駅ビル工事」に対しては、今後もストライキ闘争を
 継続するので、「大阪駅ビル工事」は今週も工事停止が続きます。
 (竹中・大林の姿勢は労組にとって賃上げ原資拒否・会社倒産強要でもあるので)
    
3:一部報道で、大手ゼネコンの「ストはたいした影響がない」というウソ宣伝が垂れ流 されたようですが、それは事実に反します。正確な事実や今後の展開については、連帯
 ユニオン・関西地区生コン支部の「武洋一副委員長」・「柳副委員長」がマスコミ対応
 窓口になってますので、そちらに連絡して取材して下さい。
  生コン支部(電話)06−6583−5546 です。早朝でも対応してます。
   
4:昨夜段階までのスト情報については、以下の2本の「阿修羅掲示板」投稿記事を別紙
 FAXしますので、ぜひご覧になって報道機関として然るべき取材と報道をお願いいたし
 ます。(2本計5枚を別紙FAX)↓↓↓     (7/20(火)朝6時半 送信)
  
 ◎生コンスト闘争勝利的に展開中!大阪の工事の8割強が停止!大阪駅ビル工事も!
   竹中・大林が敵対継続 ー7 月 19 日 22:22:22
    http://www.asyura2.com/10/senkyo90/msg/862.html
 ◎歴史を知る経営者からは「中途半端にはしないでくれ」と労組ストに数多く期待!
   生コン支部HPの注目記事 ー7 月 19 日 22:42:32:
    http://www.asyura2.com/10/senkyo90/msg/866.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6; .NET CLR...@i58-94-98-42.s04.a027.ap.plala.or.jp>

■生コンゼネストの7/16テレビ特集報道をYUチューブにアップ!広めて下さい!
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 10/7/23(金) 9:59 -
  
 (戸田が7/23朝に各方面に発信したメール) 

 みなさまへ。長期戦に入った関西の「生コンゼネスト」について、大変貴重な全9分38秒に渡るテレビ報道が、7/16にテレビ東京・テレビ大阪で行なわれました。
 それを「戸田のYUチューブコーナー」
   http://www.youtube.com/user/todajimusho
にアップしましたので、ぜひ多くの人に広めて下さい。

 ◎生コンストの解説報道:テレビ東京・大阪9分半
  http://www.youtube.com/user/todajimusho#p/u/0/fBUYk0cBtc0 です。

戸田が付けた解説:
 史上空前の生コン関連産業ゼネストについて、戸田が阿修羅掲示板に
★マスコミひた隠し!関西の生コン関連産業で無期限ストが勃発拡大中!大企業支配を覆  す高度な闘いに刮目せよ  2010 年 7 月 07 日 10:55:16                http://www.asyura2.com/10/senkyo90/msg/117.html
  http://www.hige-toda.com/x/c-board/c-board.cgi?cmd=one;no... 
を投稿した事が波及して、「テレビ東京」が連帯ユニオン関西生コン支部に取材に来て、出来上がった7/16報道がこれ。(関西では「テレビ大阪」として報道)

 現在のマスコミのレベルにおいてはかなりよく調べて報道した労作だと思う。
 特に個別会社に対するストではなく「協同組合に対するスト」だという関西の特徴の図解など。
 またストライキ現場や指導の様子、組合員の声なども出たのも初めてだろう。

 経営者側で2人がゼネコン側が生コン価格18000円への値上げを受諾してくれないと会社が存続できない窮状を訴えているが、これはすごく勇気ある出演だ。
 ゼネコン側から会社を干されて潰されるリスクを負っての事だからである。

 なお番組中「生コンは12000円が十分だ」とか「協同組合に法的措置を考える」などの匿名傍論が垂れ流されているのは残念だ。これは大手ゼネコン側の発言だろうと言われている。
 その他詳しくは、
★ついに12(月)から生コン圧送も無期限スト突入!空前の産業スト関西で拡大!
  損賠攻撃の大資本との決戦へ!
 http://www.hige-toda.com/x/c-board/c-board.cgi?cmd=one;no... や
★勝利的に展開!大阪の工事の8割強が停止!大阪駅ビル工事も!竹中・大林が敵対継続 http://www.hige-toda.com/x/c-board/c-board.cgi?cmd=one;no... などを参照。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
補足: 
 欲を言えば、「協同組合」が大企業の横暴から中小企業を守って対等取引出来るようにするために設置されている法的な根拠や意義にも触れて欲しかったし、そういう協同組合
だから取引大手と「団体交渉を行なう資格を有している」し、大手企業は協同組合と「誠実に団体交渉に応じる義務がある」事にも触れて欲しかった。

 番組中の「(安値で生コンを売らないのは)信義違反だから法的措置を考える」という発言=実は単なる「建設会社」ではなく頑迷な竹中・大林などのスーパーゼネコンの脅迫発言を示しており、そうした法律に違反した大手の横暴である。

 また「生コンは12000円で十分だ」との発言は竹中のものらしいが、まさに生コンの品質維持や適正な業界維持を何も考えない安値競争・中小企業分断支配の考えを示している。

 現在、中堅ゼネコンは生コン値上げに理解を示す所が増えたようだが、竹中・大林などのスーパーゼネコンが頑迷に敵対し、協同組合に様々に圧力圧迫をかけて揺さぶっているために、適正値上げが貫徹できるかどうかが定まらず、そのためにスト解決の目途も定まらずに長期化しているようだ。

 労組・協組・ゼネコンの3者それぞれに必死の闘いをしている。
 労組員は炎天下の中で、自分の収入の途を自ら絶って、連日、終日のスト行動に参加して頑張っている。

 ゼネコンの横暴が幅を利かせてしまえば、労組・協組丸ごと、生コン業界は大倒産と破滅の途をたどってしまう。
 
 ゼネコンの横暴を指弾し、労組・協組を支援する声を高めていって欲しい。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6; .NET CLR...@i58-94-109-104.s04.a027.ap.plala.or.jp>

☆現着朝6時で炎天下終日阻止行動の日々、全て自腹、スト労働者達の奮闘を知って!
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 10/7/27(火) 17:59 -
  
 関西の生コンゼネストの続報です。
 世間では「ストライキ」の言葉さえ死語になってきた昨今、ましてや生コン関連
産業でのストなんて、どういう風に行われているのか業界関係者以外は全く知らない
と思うので、説明しておきます。
 ストライキ=仕事を休む(出勤せずに休む)、という単純なものでは全くありません。

 セメント輸送労働者のストは、SS(サービスステーション)からセメントを出荷したり、引き取りに来たりする車(バラセメント車
   写真例http://www.truck123.co.jp/ts/25.html)を阻止するために、SS現場に
朝6時には到着して夕方まで説得阻止行動をする。

 セメントの港湾部にあるSSは巨大なサイロ施設で、遠隔地のセメント製造工場で製造されたセメントがタンカーで運ばれ、機械でそのサイロの中に入れ込まれる。
(大会社たるセメント会社には戦闘的労組は存在しないので、「セメントのスト」と言えばセメントSSからの現地陸送に対するストになる。業界用語では「バラのスト」。
「バラ」と言っても焼き肉ではなく「バラ(粉)セメント」のこと。)

 このSSという港湾部の巨大施設は、回りにコンビニも何にもないガラーンとした場所にある。
 そこに朝6時結集するために、連帯ユニオンの労働者は大阪市西区にある連帯・生コン支部に朝5時前に結集して各所のSSに出撃していく。
 和歌山や滋賀の奥地の組合員なら自宅を朝3時台に車で出ないといけないだろう。
 高速代、燃料代は全て自腹。

 そしてこの猛暑の中、ずっと監視と阻止行動を交代で食事休憩を取りながら続ける。   (食事代も自腹)
 熱中症になりかねない炎天下での行動はものすごく体力を消耗する。
 現在まではセメント側が深夜出荷までは構えていないので、日曜祝日以外の夕方4時過ぎでスト行動を終えているが、場合によっては連日24時間の監視・阻止体制になる事もある。

 生コン労働者のストは、生コン製造工場からの出荷を説得阻止する行動になる。(出荷が出来なければ製造もされない。〜製造後90分以内に打設しないと廃棄せねばならない「生モノ」なので)
 これも今は朝6時に現場着で、日曜祝日以外の4時過ぎまでスト行動をやっている。
 後述する「生コン価格値上げ了承系列には出荷させる」7/23戦術転換までは、大阪府内と阪神地区で100工場超がこれで操業停止になった!
 (同地区での労組組織率2割のみでこの成果はこれまた凄い事だ!)

 生コン工場も、一部は普通の街中にあるが、たいがいは回りがもの寂しい所にある。生コン支部に集合して出撃するにしろ、現場直行にしろ、大阪阪神地区からかなり遠い組合員は自宅を朝4時頃に車で出ないといけない。
 高速代・燃料代、食事代自腹、炎天下で監視・阻止行動継続はセメントストと同じ。

■さて、スト労働者の収入やスト動員のローテーションの事も説明しましょう。
 セメント輸送も含めた生コン関連労働者には個別企業の「本勤」とあちこちの会社に派 遣される「日々雇用」の2種類の労働者がいます。

  「日々雇用」は、連帯ユニオン近畿地本が労働者供給事業の資格を取って組合員を各 社に派遣してますが、「2月合計で26日以上の就業印紙がないと翌月の失業保険が出 ない」という縛りの中で、毎月「就業による収入+仕事にあぶれた日の失業保険の収
 入」で生計を立てています。
  戸田も昔トラックで日々雇用をやっていた経験がありますが、「2月合計で26日以 上=1月平均13日以上就労」のラインを一度割り込むと「失業保険無し=大幅減収地獄
 からの脱却」が容易でありません。

  そこで連帯ユニオン関西生コン支部では、おおよそ次のようにスト動員を行なってい るようです。

 A:スト指定企業の本勤労働者 :労組のスト指令に従って連日スト決行。
                  (賃金カットされる)
 B:スト指定企業以外の本勤労働者:個々人が有給休暇を目一杯使って他企業他地域に
                 スト参加。有給が無くなったら欠勤してスト参加
                  (その分賃金カットされる)
            本勤は極力仕事を休んで日々雇用の人に穴埋め就労させる。
 C:日々雇用労働者     :スト指定企業以外の企業に就労し、個々人の印紙の最
                低ラインを確保する。
                (それを割り込んでしまう事も起こり得る)
                就業日以外はスト動員に参加

 この間、大阪府内+阪神地区でストをやって来ましたから(この地域への戦力集中によって勝利を勝ち取りそれを近畿全域に広げる戦術判断で)、近畿2府4県の労組員全てが、スト地域へのスト動員中心の生活になってきました。

 例えば、姫路や滋賀の会社の本勤だったら、(朝3時起き・4時起きで!)スト動員で大阪阪神地区まで出ていく、スト動員のない日はなるべく休んで日々雇用労働者に仕事を回す。
 姫路や滋賀に住む日々雇用労働者だったら、(朝3時起き・4時起きで!)スト動員で大阪阪神地区まで出ていく、スト動員のない日は(遠隔地の場合は朝4時起き・5時起きで!)ストのない地域に就労に行く。

  こういう感じです。
  そういったローテーション、スト現場で適切な人員構成になるような組み合わせ、
 企業や権力の動向を察知し踏まえて適切な行動が出来るような役員配置、指揮情報系統
 作り、等々を行なうわけですから、労組の役員・指導部の能力がかなり高い、という事
 が言えるでしょう。

■ストライキ欠勤による減収と交通費・食事代などのスト動員出費のダブルパンチに対し て、スト労働者はどう対処しているのか?
  ストが長引けば、「7月は収入ゼロとか半減」の労働者がボンボン出てくる。

  ひとつには分会(職場での組合単位の事)やブッロク(一定の地域の組合単位)で  「とうづみ」=闘争資金積み立てを自分らの金でしていて、連帯関生(かんなま)の場
 合は、「ストを2ヶ月やっても補填できる」ようにしている場合が多いようだ。
   (もちろんばらつきもある)

  減収と持ち出しで苦しいけれども、組織に対する絶対的な信頼があるから、そして
 自分らのスト行動の正義性に対する生活深部からの確信があるから、組合員は頑張れ
 る。
 (テレビ報道でしゃべっている労組員は役員でも何でもない普通の一般組合員です。)
   ↑↑  http://www.youtube.com/user/todajimusho#p/u/0/fBUYk0cBtc0
  (組合員に対する情勢説明、学習会活動や教育が熱心に継続されている。
    ここが連帯ユニオンの優位点)

  この炎天下、出費ばかりで「普段の3倍は体力を消費する」スト闘争の継続は労働者 にとって苦しい。
  しかし「自分らが苦しい時は敵も苦しいのだ」、「どちらがより頑張るかで勝敗が決
 まる」、「特に今回は敗けたら地獄だ。絶対に敗けられない!」」という気持ちでみん
 な頑張っている。
  どうか全国のみなさんの激励・支援をお願いしたい。

★「先日、帝国データバンクまでもが取材に来た」と役員が驚いていたが、この関西の生 コン関連ゼネストは、今やあの「三井三池闘争」に次ぐと言ってもよいほどの、
 「一地域での闘いだが『総資本対総労働の闘い』の質を持つ闘い」として日本の歴史に
 刻印されるものとなっています。
  関西の生コン関連労組はその「歴史的大闘争の当事者」であり、それを見ている我々 はその「歴史的大闘争の同時代者」となっています。

 ゼネコンの横暴を指弾し、労組・協組を支援する声を高めていって欲しい。
   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6; .NET CLR...@i58-94-92-85.s04.a027.ap.plala.or.jp>

★スト労働者の訴え:闘争カンパを!トクヤマ筆頭の権力弾圧阻む世論形成のためにも
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 10/7/27(火) 18:22 -
  
 戸田が生コンゼネストの情報を各方面に流して以降、「このストへの支援をしたい
が、どういうことをしたらいいのか?」との問い合わせがちょくちょく届いており、
ありがたく思っています。

 今までは、「スト闘争の情報をそれぞれに伝達し、各種メディア・ジャーナリストに
取材・報道を要請して欲しい」としか言えませんでしたが、先日連帯労組役員と話をし
た際に、「具体的にどういう支援を求めているか?」と聞いたところ、以下のようなこ
とでした。

1:やはり何と言っても闘争資金カンパがありがたい。労組側で闘争資金積み立てを
 しているとはいえ、これだけ長期の大規模ゼネストは関生(かんなま)も初めてであ
 り、資金力に圧倒的に余裕がある大資本を相手に組合員の士気を維持しながら闘うに
 は闘争資金の厚みが必要だ。

2:檄布やFAXなどでの激励メッセージも嬉しい。関西・全国の労働組合や運動団体
 からも、一般市民もぜひ寄せて組合員を激励して欲しい。
  (それがまた大資本から切り崩し屈服攻撃を受けている業者や協同組合理事らを
   励ます事にもなる)

3:各種の労働組合や運動団体の機関紙にこの生コンゼネストの報道や支援の記事を
 ぜひ載せて欲しい。
  各種メディア・ジャーナリストに取材・報道を要請もして欲しい。海外メディア
 も含めて。
   (連帯労組として、中央本部も含めてその努力はしているが)

4:■7/2生コン出荷スト突入を皮切りとした生コン関連ゼネストが既に3週間を経
 過し、労組要求との妥結(生コン価格値上げ了承)派が拡大する事を潰すために、
 労組敵視・生コン値上げ絶対拒否の強硬派がそろそろ権力弾圧を導入してスト圧殺
 を図るきな臭い動きも出てきた!

  もちろん公安権力は(自公時代と何ら変わらず)この生コンゼネストを何として
 も圧殺しようと、最初から狙っている。

  7/23からのスト戦術転換=全面ストップではなく「妥結・値上げ了承派系列に対
 してはスト解除」(=選別出荷)によって、労組側が「敵の分断」を図り、一方大
 資本側は協組加盟各社への圧力・労組への圧迫を通じて「値上げ実行勢力の分断」
 を図るという、今週からはより高度なレベルでの「決戦」局面に移行する。
 
  そういった中で、大資本・権力結託による「権力弾圧発動=スト労働者・指導部
 の逮捕・協組も含めた広範なガサ入れ弾圧」で、一挙に大資本に有利な「局面打開」
 を図る事が十分に考えられる!

  そういう権力弾圧発動を許さないためには、生コンゼネストに対する社会的
 支援・共鳴を起こしておかなければならない。
  05年1/13に端を発する連帯生コン支部に対する連続大弾圧
  (その第3波が戸田逮捕事件)
 http://www.hige-toda.com/____1/renntai_yunionn/2005_1_13/index05_01_13_b.htm  の当時は、そういう社会的任地がまだ弱かった。
  武委員長と生コン支部の闘いは業界内と一部労働運動・左翼世界にしか知られて
 いなかった。
  その後はだいぶ知られてきたとは言え、生コンゼネストの正当性と歴史的意味
 が広く社会に報道・認知されているとはまだ言えない。

  だからこそ、今この段階での世論喚起が決定的に必要である。
  日本労働者のこの画期的な大闘争を弾圧と業界破壊の海に沈没させてしまわない
 ために!

▲戸田が各方面から得た弾圧予測情報を総合して見ると、以下のような弾圧兆候があ
 るようだ。
 
A:セメントメーカー最強硬派のトクヤマセメントが、今週から自社のSS(サービ
 スステーション)に「ロックアウト」を出したばかりでなく、系列の生コン工場に
 も「ロックアウト」の指令を出したらしい。
  これは、労組員に対しては敷地に入れるな、トイレも貸すな、というもので、
 スト破りのセメント出荷強行や「敷地に入って建造物侵入をした」とこじつけての
 逮捕弾圧を(当日であれ後日であれ)狙ったものと思われる。

B:関西で仕切っているゼネコンの中での強硬派の竹中工務店や大林組は、資金力に
 ものを言わせて「工事が1ヶ月2ヶ月止まっても平気だ」との姿勢を誇示しつつ、
 出入り業者には何の保障もせずに「悪いのはスト労組と値上げ要求の協組だ」との
 扇動をしながらスト破り・弾圧発動の機会を伺っているようだ。

C:共産党系の建交労は、生コン関連業界存続のために生コン価格値上げ要求やスト
 については何のビラも出さないくせに、7/21頃に突如として「大阪兵庫生コン経営
 者会」に対して「生コンの出荷をさせろ」と求める文書を提出するという暴挙を行
 なった!
  これは生コンゼネスト対する「スト破り通告」である。

 「経営者側にストへの積極敵対を要求する」とともに、「建交労は積極的にスト破
 り出荷をする!」、「建交労はセメントメーカとゼネコンの味方です!」との宣言
 であり、「現場で揉めさせて権力弾圧を導入させますよ」との宣言でもある。

  全国の建交労労組員の名誉のために付言すると、関西の建交労(その生コン部会
 のトップが建交労関西支部の委員長を務めている)だけが、(一時期を除いて)
 権力・大資本と結託した連帯弾圧・スト破りに直接あからさまに手を染めてきたの
 であって、全国の建交労労組員がそういう意識をもっているわけではない。

   関西では05年連続弾圧の時も、
 http://www.hige-toda.com/____1/renntai_yunionn/2005_1_13/index05_01_13_b.htm
   09年の関西宇部生コン弾圧事件の時も                      http://www.labornetjp.org/news/2009/1236184255809staff01
 それに先行する建交労の「反連帯労組」の宣伝や策動が必ずなされている。
 
 まさに関西の建交労は「炭坑のカナリア」ならぬ、権力弾圧発動を進行させそそ
 のかす「弾圧予兆のカナリア」なのだ。

 「建交労が反連帯労組の文書宣伝をする時は水面下で権力弾圧準備が進行して
 いる」、というのは、関西生コン関連業界の「定説」になっている。
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※ 以上の事を踏まえ、心あるみなさんに関西生コンゼネストを担っている労働者
 へのカンパ・檄布・メッセージ・情報提供、世論喚起の支援を呼びかける。
  受け入れ窓口は、「連帯ユニオン・関西地区生コン支部」                          http://www.kannama.com/index-2.html
      〒550-0021 大阪市西区川口2-4-28
      TEL:06-6583-5546   FAX:06-6582-6547
      メール:web@rentai-union.com

 ※カンパ用口座はたぶんまだ作ってないと思うので、カンパは郵便か直接渡しで
  お願いします。
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6; .NET CLR...@i58-94-92-85.s04.a027.ap.plala.or.jp>

☆照準は敵対大手物件!劇的に変化させ主導的情報戦を活性化した生コン支部!HPでも
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 10/7/27(火) 18:34 -
  
 7/2生コンスト突入から実に3週間を過ぎた関西の生コン関連ゼネストは、7/23(金)
より全く新しい段階に入った。
 おおまかに言えば、これまでの全面ストップ戦術をやめて「妥結・生コン値上げ
了承派系列に対してはスト解除」(=選別出荷)を行なって安心を与える一方で、
「敵対・生コン値上げ拒否」の大手系列に対しては断固としてストを継続する戦術へ
の切り替えである。

 この新たな状況の中では、それぞれの思惑によって様々な情報が飛び交う。敵対大
企業・スト破り勢力は、「ストはもう終わった」、「ストしても何にもならい」、
「みんなスト破りしている」等々のデマを吹聴していくだろうし、ウワサがウワサを
呼んで多くの業者が疑心暗鬼にもなって混乱が広がるだろう。

 だからそうさせないために、「正しい情報を機敏に流す」事がスト側には絶対に
必要になってくる。
 「一律全面スト」の時のような単純な話ではなくなって来るのだから。

 そこで、ストの主軸である連帯ユニオン・関西地区生コン支部は、先週末から矢継
ぎ早に春闘ビラを出し、HP http://www.kannama.com/index-2.html にもどん
どん新しい情報を出していく事になった。
 スト当初とは打って変わった機敏な情報戦の開始である。これは大変良い事だ。

 戸田の方ではいろいろ業務や自分自身の課題がたまっていているため、今週平日は
よほどの重大事件(権力弾圧発生など)がなければ新記事投稿が出来ない見込みが高
いので、みなさんにはその分、生コン支部HPhttp://www.kannama.com/index-2.html
の方に注目しておいてもらいたい。

 さて、その連帯生コン支部HPの新記事をさっそく紹介しておく。現物にはカラー
ビラも掲載されているので、詳しい事はぜひそちらを見て欲しいが、テキスト文だけ
紹介しておく。
       ↓↓↓
●23日より選別出荷スタート:生コン産業政策協議会から「春闘速報ビラ」が発行
 されました。
    http://www.kannama.com/news3/10.7.24/10syuntounews.html
 1面:7月初旬より生コン産業政策協議会が行っているストライキについて新情報
   ○広域協組の新価格に対応する物件および工場に限り、生コンの出荷が行われ
    始めました。(選別出荷)

 2面:中小企業の団結を促進し、ストライキを継続
   ○この間、適正生コン価格(新価格)に合意する物件が続出しています。
    中小企業の経営と労働者の生活安定を勝ち取る為、協同組合の決めた新価格
    で適正価格を収受することが求められています
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 最後に、戸田がいろいろ聞きかじった関西の生コン関連業界の情報を以下に紹介す
るので参考にして欲しい。

1:今回3労組がスト対象とした「大阪広域生コンクリート協同組合」
       http://www.osaka-kouiki.or.jp/
   (個別企業に対するストではない事に注意。協組加盟会社であれば、労組員が
    いなくてもスト対象になる「集団的労使関係」が結ばれている)
 は、大阪府のほぼ全域と兵庫県の東端部の生コンクリート業者で構成される、
 国内最大級の規模の生コン協同組合で、その販売量は年間約260万立米。

2:その260万立米販売のうち住商・丸紅・三菱の3商社への販売が200万立米。
 住商だけで100万立米。
  住商からすれば、生コン価格の1立米あたり3200円(14800⇒18000円)の値上
 げは、100万立米で32億円の吐き出しをさせられる事になる。
  これくらいの不当利得吐き出しは当然なのだが、猛反発。

3:丸紅や三菱は、当初は値上げやむなし了承の方針だったらしいが、住商の姿勢や
 こういう商社からセメントを買っている竹中や大林の強硬姿勢に押されて、値上げ
 拒否で歩調を合わせ、結果同じ文言で広域協組に対して「値上げ拒否、従来価格で
 販売しなければ損賠賠償訴訟をする事を臭わす(法的措置を検討する)」文書を
 突きつけて広域協組を脅しつけたらしい。

4:本来「協同組合」というものは、大企業との対等取引を保障して中小企業の健全
 育成を図るために「独禁法」の適用を除外して価格決定や共同事業が出来るように
 した、「中小企業による中小企業のための組織」なのだが、日本の現実に於いては
 、全国に何万とある協同組合のほとんど全てが「大企業がその子会社・系列会社を
 中小企業として加入させ、理事長・理事のポストを占めて、大企業の手先として利
 用している」のが実態。

  全国的にはかなりマシになった部類の「大阪広域生コンクリート協同組合」でも
 、理事の過半数はセメントメーカーからの送り込みかその系列と言われており、
 今回であればいったん理事会で生コン価格値上げを決議して6/27業界危機突破集会
 で気勢を上げたものの、協同組合運動敵視のセメントメーカーやゼネコンからの圧
 力を受けると、かつての議決をひっくり返して「値上げ撤回議決」までやろうとす
 る動きがワラワラと出てくるようだ。
   
5:しかしセメント本社のロボットになってある意味お気楽なタイプの理事と違って
 、関西で骨を埋めていく生コン専業社の理事は、そんな逆流に流されたら自分の会
 社ごと破産してしまうから、中小企業主体の協同組合という本筋に沿わすように必
 死になって協組内で動いている。(労組からはストで厳しく叩かれながら)
 
  ストの嵐の中で、大阪広域協組の中では、中小企業自立・値上げ貫徹派と大企業
 言いなりの値上げ取り下げ派が激しく抗争している模様である。
  そこに大阪広域協組以外の業者の動きがまた絡んできて、事態は非常に複雑だ。

6:労組の今後のスト戦術は、敵対大手系列の工事物件、特に大型開発物件に照準を
 当ててスト攻勢を続ける事で敵対大手ゼネコンとそこを大口需要者として商売して
 いる広域協組に圧力をかけ、特に広域協組には「このまま大口の出荷阻止をされた
 ら潰れてしまう」という危機感を与えて労組要求受諾=原資としての生コン価格値
 上げの確立をさせようということだろう。

 ※大阪での大型開発物件といえば、大阪駅北の「梅田ヤード」や天王寺駅南側の
  「阿倍野再開発」など

7:セメントメーカーの事に触れると、欧米のセメントメーカーの利益率は25%くら
 いなのに、日本のセメントメーカーの利益率はわずか3%程度。その理由は、日本
 のセメントメーカーが低労賃・低価格競争にばかり走っているから。

  自社の労働者や販売先(生コン業界)の労働者や中小企業経営者を劣悪な状態に
 押しとどめて安値競争に走っていては、業界の品格が上がらないし生コンの品質向
 上や技術開発も「高品質=それに見合った価格」の社会的認知も進まず、結局企業
 利益をまともに確保する事もできない。

  欧米のセメントメーカーに較べたら無能な「タコの足喰い経営」としかいいよう
 がない。
  本来はセメント購入の「お客様」である生コン業界に対して、いまだに「殿様」
 のように支配しようと振る舞っているが、とんだ「バカ殿様」である。
  
  生コン業者に対して原料たるセメントの値上げは迫るくせに、製品になった生コ
 ンの値上げに対してはそのい購買者であるゼネコンと結託して妨害する・・・・、
 生コン業者は踏んだり蹴ったりである。
 
  普通に考えれば、セメント価格を値上げしたいならば、セメントメーカーは生コ
 ン価格の値上げを支援するべきである。
  ところが「中小企業やそこの労働者・労働組合が業界運営力をつける事を潰した
 い」との大企業エゴからゼネコンと結託して、お得意先であるはずの生コン業界の
 専業経営者や労働者をいじめる、というまことに歪んだ政策を実行しているのが、
 日本のセメントメーカーだ。

★関西の生コンゼネストは、そういういびつな大企業支配を覆して中小企業の労働者
 と経営者がまともな業界運営を計り、まともな生活が出来るようにする闘いである。
  それは関西の生コン関連業界にとどまらず、いまだに「エセ改革」=新自由主義
 =格差拡大収奪強化に苦しめられている日本社会全体に共通する闘いでもある。

  左翼的に言えば、あの「三井三池闘争」に次ぐと言ってもよいほどの、「一地域
 での闘いだが『総資本対総労働の闘い』の質を持つ闘い」だ。

  みなさんの支援・声援を呼びかける。
  日本史上初の生コン関連長期ゼネストに支援カンパと激励を!

  受け入れ窓口は、「連帯ユニオン・関西地区生コン支部」
             http://www.kannama.com/index-2.html
       〒550-0021 大阪市西区川口2-4-28
       TEL:06-6583-5546   FAX:06-6582-6547
          メール:web@rentai-union.com

※カンパ用口座はたぶんまだ作ってないと思うので、カンパは郵便か直接渡しでお願
いします
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6; .NET CLR...@i58-94-92-85.s04.a027.ap.plala.or.jp>

当方のHPでも取り上げました  Re:■生コンゼネストの特集報道を広めて下さい!
←back ↑menu ↑top forward→
 砂川より  - 10/7/29(木) 8:10 -
  
元国鉄が解体されたころから、日本の労働組合の凋落が始まったのでしょうか?
それから、
現在にいたり、
デモンストレーションやストライキなど民主主義国家での人々の当然の権利が強度に抑圧されるようになりました。
その表れとしてめったにストライキが見られなくなりました。

社会が豊かになったのでストがなくなったのでしたらよいのですが、
皆さんご存知のように
今の社会はどんどん暮らしにくい、ストレスを感じる社会になっているのにです。

その中で、
このストライキは高く評価されるべきでしょう。

当方のHP
http://www.asahi-net.or.jp/~ph6j-sngw/what_new.html
の中の
記事
2010年7月24日 先進ヨーロッパ的な ストライキ
です。
引用なし
<Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.0; ja; rv:1.9.2.6) Gecko/20100625 Firefo...@i243077.dynamic.ppp.asahi-net.or.jp>

スト情報第1弾
←back ↑menu ↑top forward→
 KU会スタッフ E-MAIL  - 10/7/30(金) 9:59 -
  
今、関西の地で何がおこっているのか。

<ストライキの始まり>
 セメント・生コン産業政策協議会(生コン産労・全港湾大阪支部・関西地区生コン支部)は、大阪広域生コン協同組合・大阪兵庫生コン経営者会に対し、7月2日(金)、停滞していた10春闘の解決に向けて、ストライキを通告した。同じく、7月5日(月)には阪神地区生コン協同組合に、7月6日(火)には近畿バラセメント輸送協同組合・交渉団にスト通告、さらに、7月12日(月)からは、近畿コンクリート圧送労働組合と関生支部が近畿圧送経営者会にスト通告した。業種の異なる300社以上の中小企業を網羅するストとなった。

 生コンの原料であるセメント輸送が滞り、建設素材の生コンが建設現場に供給されず、建設現場で生コンを打ち込むポンプ圧送車が現場に来ないという事態が発生した。ストの実施地域は、セメント輸送が近畿一円、生コン関連が大阪府下と兵庫県の一部となった。特に、大阪府下の多くの建設現場で工事が止まった。

 ゼネラル・ストライキとは、団体行動権の一形態であるストライキ(同盟罷業)が、一企業一地方などに限定されず、全国的な規模で展開されるストのことを指す。また、ある特定の地域や都市において、様々な産業・業種が一斉にストを展開することもゼネストという。

 今回ストライキは、様々な産業が結集してはいない。しかし、スーパーゼネコン(竹中工務店・大林組・大成建設・清水建設・鹿島建設)など建設独占が支配する建設産業の現場で、大都市大阪の建設工事が全面的に麻痺する事態を発生せしめている。

 7月30日(金)現在、生コン製造・セメント輸送のストライキは一貫して継続している。ポンプ圧送は7月12日から16日までストを展開後、一旦、中断したが、29日(木)の午後に再度スト通告した。30日早朝からスト突入となった。一ヶ月に及ぶストライキが闘われている。

(ブログ・KU会通信より>>http://blogs.yahoo.co.jp/ku_kai2006/50624025.html
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; YTB730; .NET CLR 1.1.4...@ntoska020081.oska.nt.ngn2.ppp.infoweb.ne.jp>

●共産党が突如7/28赤旗で「ストは業者の迷惑!出荷再開を」とスト破壊宣伝の愚挙!
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 10/7/30(金) 14:31 -
  
 阿修羅掲示板への投稿をそのまま紹介する。

◎共産党が突如7/28赤旗で「生コンストは業者の迷惑!」、「事態打開は出荷再開で」
  とスト破壊宣伝の愚挙!    ヒゲ-戸田 日時 2010 年 7 月 30 日 13:27:51
    http://www.asyura2.com/10/senkyo91/msg/604.html

 共産党と言えば、一般的には「労働者・中小企業の味方」、「大企業の横暴反対の勢力」、と思われている。たしかにそういう面もある。議会主義の左派国民政党としてよく
頑張っていることも認める。

 しかし、共産党の実態は、6全協・宮顕体制(1955年)以降、一貫して「民衆闘争が
爆発した時には必ず反動の側に組みする秩序派」であり、その時には「権力・大資本に
追随結託して弾圧加担する事に躊躇しない党」であり、「自分達以外に左派・戦闘的反
権力派が存在する事を絶対に認めない夜郎自大」であり、「複雑な事態が起こると全く
対応できない、単純な善玉悪玉論でしか情勢を語れない無能集団」でしかない。
 (60年安保を見よ。全共闘時代を見よ。つい最近の小沢攻撃加担・検察バンザイ姿勢
  を見よ。)

 さて、そうした共産党が、戸田からすれば「案の定」、世間一般からすれば「信じら
れな〜い!」スト破り扇動宣伝を、7/28赤旗の13面「近畿版」で大きな紙面を使って行
なった!
 これは「近畿圏内の赤旗読者にしか伝えられない記事」であると同時に、共産党の
「党としての確固たる見解」でもある。

 思うに関西の生コンゼネストの爆発・長期継続の情報が、大半のマスコミの隠蔽姿勢
にも拘わらず、だんだん広まってきて、「共産党・建交労は何をしてるんだ?」という
疑問が共産党・建交労周辺から出され、また「共産党・建交労と対立する部分主導で
『歴史的な産業ゼネスト』が爆発している」事実を隠蔽したい危機感に駆られて、こう
いう宣伝記事を出したのだろう。

 しかも姑息な事には、ストライキという言葉には必ず「 」をつけて極く一部で使う
だけで、起こっている事態を<出荷停止>とだけ表現して、決して<ストライキ>とは
認めようとしない。
 今関西の生コン関連業界で起こっているのは「正当なストライキなんかじゃない!
一部労組主導の身勝手な出荷停止なのだ!これはやめさせないといけない!」、と宣伝
したいわけなのだ。
 
 問題の7/28記事は、しかし「しんぶん赤旗」のネット
        http://www.jcp.or.jp/akahata/ では見れない。
 7/28号の内容紹介をしている
  http://www.jcp.or.jp/akahata/aik10/2010-07-28/index.html 部分でも、この
記事はタイトルすら載っていなくて見ることが出来ない。
 それ以外で検索しても、この記事全文がテキストで載っているものがネットに
(今のところ)存在しない。

■だから赤旗近畿版の読者以外は、一般市民はもちろんのこと、近畿以外では共産党の
 かなりの幹部以上の党員でないと共産党員ですら、「赤旗でこんな酷いスト破り宣伝 をしてる」なんて知らないままである。
  (関西の建交労以外の建交労の労組員も同様。共産党系の「民主団体」の人達も。
   近畿以外のマジメな共産員は「共産党がスト破り宣伝をしてるなんて、絶対にあ
   るはずがない!そんなの反共デマ宣伝だ!」と言うことだろう。) 

★しかし動かぬ証拠がここにあった! このブログにだけは、問題の7/28記事が画像で
 載っていた! 
 それが、共産党を批判し茶化す「日本共産党・民青同盟悪魔の辞典+キンピー問題」
 ブログ http://kinpy.livedoor.biz/ の7/28記事:
   自分たちがやると正当、他の組織がやると悲鳴だとw 
     http://kinpy.livedoor.biz/archives/51849521.html だ。
    (画像をクリックすると十分に文字が判読できるし、印刷もできる)
 まずは「論より証拠」・「実事求是」、問題の赤旗7/28記事の概要を文字で紹介して
 いこう。
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<7/28赤旗・13面近畿版の生コンスト破壊扇動の記事>

大見出し:・生コン出荷停止続く 大阪
     ・工事現場、悲鳴
     ・事態打開へ「見解」

中央に大きく写真:その説明文
      JR大阪駅北側の梅田北ヤードも生コン搬入が止まっています。=26日、
      大阪市北区

小見出しと記事概要:
 30万人に影響:・出荷停止の影響は、左官や土工、鉄筋工など大阪府下の建設業者お
           よそ30万人に及ぶ深刻なもの。
         ・業界紙の「建設さわやか新聞」も号外を出して「2週間も3週間も
           止められたら、現場は持たん。生死に関わる」、「職人が干上が
           ってしまう」との声を紹介するほど。

 「ストライキ」:・出荷停止の発端は、6/27の「生コン関連業界危機突破!総決起集           会」だった。ここで武健一連帯労組・関西地区生コン支部委員長
          が「交渉で決着しなければ出荷拒否を実行に移す必要がある」と
           述べた。
         ・2日から「ストライキ」が始まり、生産者の広域協も加わること
           で生コン出荷停止の事態になっている。

 社会的支持を:・この事態に対し、建交労関西支部とUIゼンセン(UIゼンセン同
          盟関西セメント関連産業労働組合)は、7/22に「見解」
         (「生コン業界の危機打開への道 問われる業界幹部・労組幹部の
          体質)を発表した。
        ・建交労関西支部の長島委員長は「社会的支持を得る進め方が大事。
          広域協はゼネコンなどと生コン価格などを精力的に協議すべき。
          私たちは、広域協には出荷再開を早急に行なうことを求めてい
         る」と語る。
        ・「見解」では、「このままいけば、広域協加盟企業の倒産の危機を
          引き起こす」と指摘。
        ・建交労とUIゼンセンの2労組は、「見解」を持って、22日は広域
          協に(出荷再開の)要請行動をし、23日には大阪広域生コン卸販
          売協組に要請行動をした。
        ・2労組は、今後ゼネコン各社にも要請行動をする予定。 
   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 どうだろうか、このストライキ破壊宣伝のおぞましさは。
 現実に起こっている事実は、投稿下段に一覧で上げてある戸田投稿の通りである。
 生コン関連産業の「業界上げての意思」は既に「生コン関連業界危機突破!6/27総決
起集会」への大結集と決議で示されている。

 その事実を尊重するのが「国民が主人公、労働者と中小企業が主人公の政治」ではな
いのか?
 (共産党系の建交労ら2労組は業界運動の害悪でしかないから6/27集会に参加させて
   もらえない)

 今までゼネコンにどんなにお願いしても生コン価格の安値強制が変わらないからこそ
、「合法的な実力行使」をせざるを得ない、そうしないと大倒産だ、という火急の危機
にあると言うのに、スト破壊・協組行動の破壊のためだけに、「出荷再開」(=武装解
除=唯一の抵抗手段を放棄)してゼネコンと交渉しましょう、などという絵空事・空理
空論を弄ぶ卑劣さよ!

 6/27危機突破集会で表明された経営者、労働者の悲痛な声と状況を、何ら真剣に受け
止めず、「役立たず政党・役立たず労組」となってしまっている自らを反省する事も
せず、党派エゴのために、「新自由主義政治・大企業支配を覆していくのに最も有効な
闘いとして、高度な戦略に基づいて組み立てられた、日本史上画期的なこの生コンゼネ
スト」を誹謗中傷し失敗させようとする醜さよ!

 やっと中小企業労働者がストライキでゼネコンを追いつめているのに、横から「私達
ゼネコンの味方です!公安権力の味方です!スト破壊勢力の味方です!」とばかりに
シャシャリ出て来て「出荷再開しよう!」と、協組に圧力をかけ、ゼネコンにすり寄り
要請する厚顔無恥さよ!

●ちなみに、共産党も建交労も、「建交労は共産党系労組なんかじゃありません!」と
 カマトトぶるが、建交労が共産党直系の労組である事は、業界の常識である。
 かつて関生(かんなま)労組が共産党直系の労組だったように。
  (84年に共産党支配から独立した)
 宮崎学氏流のジョーク的に言えば、
 「なるほど建交労と共産党は、公明党が創価学会と無関係なのと同じほど無関係であ
  る」!

  その建交労関西支部がスト破壊のための誹謗中傷扇動文書としてばらまき、HPで
 も宣伝している「7/22見解」(UIゼンセンと共同作成した形)なるものは、

▲連帯労組を「生コン業界を牛耳る悪者」と描き上げる誹謗中傷デマを主軸にし、
▲生コンストに対する数少ない報道であるテレビ東京・大阪などの報道
        http://www.youtube.com/user/todajimusho#p/u/0/fBUYk0cBtc0
  を偏向報道だと非難して、報道に圧力をかけることを宣言し、
▲「業界が求めている要求や政策は正しいが、今の手段が間違っている」というおため
  ごかしで、労組のストを否定し、協組には「積極的にスト破り=早急に出荷再開し
  て安値で売れ」と強要し、

▲「広域協組は連帯労組らのスト行動を事実上黙認している。それが問題だ」という
  ゼネコンと全く同じような決めつけをして広域協組を責め立て、

▲今価格適正化(値上げ)をしなければもうすぐ大倒産事態になってしまうのが、業界
 共通の認識なのに、平気の平左で「生コン価格改訂問題などは『通年的な課題』であ
 って、今解決しないといけない問題ではない」とウソ宣伝を行ない、

▲これまで再三の価格改定要請を無視して安値強要をし、不当な中小企業支配・協組支
 配をしてきたゼネコンへの怒りのカケラもなく、そういう不当支配を打破する何の具
 体策も示さず、
▲空理空論的に「国民的理解や国や地方の行政官理解を得られれば、価格改定問題の
 道筋は見えてくる」と語って、

ストライキ闘争を敗北させようとする謀略文書に他ならない。

 この間、戸田からの呼びかけも功を奏して、ストライキ労働者への外部からの支援激
励のカンパや檄布が寄せられるようになってきた。大変ありがたい事です。

 共産党・建交労が、積極的にスト潰し行動に躍り出て、それすなわち権力弾圧発動を
誘う状況が新たに生まれた中、外部のみなさんからの支援激励をより一層呼びかけます。
 7/2に開始されたストライキは、もう既に満4週間を向かえました。

■しかも、本日7/30(金)朝から、「圧送」のストが再開されました!(詳しくは別途に)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 支援受け入れ窓口は、「連帯ユニオン・関西地区生コン支部」
               http://www.kannama.com/index-2.html
       〒550-0021 大阪市西区川口2-4-28
       TEL:06-6583-5546   FAX:06-6582-6547
       メール:web@rentai-union.com
 ※カンパ用口座はたぶんまだ作ってないと思うので、カンパは郵便か直接渡しでお願
   いします 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【参考】:生コンゼネストに関する過去の戸田投稿(新しいものが上)

7/27★現着朝6時で炎天下終日阻止行動の日々、全て自腹、生コンスト労働者達の奮闘
   を知って!秀逸なテレビ報道も        
       http://www.asyura2.com/10/senkyo91/msg/436.html
7/26◎「照準は敵対大手とその物件!」スト状況を劇的に変化させ主導的情報戦を活性
    化した生コン支部!HPでも  
           http://www.asyura2.com/10/senkyo91/msg/364.html
7/26・長期化し煮詰まる関西の生コンゼネスト。海外メデアやネットメデアにもよろし
    く! 権力弾圧抑止のためにも 
           http://www.asyura2.com/10/senkyo91/msg/367.html
7/25・スト労働者から:闘争カンパを!檄布やメッセージも嬉しい。
    トクヤマ筆頭の権力弾圧阻む世論形成のためにも
        http://www.asyura2.com/10/senkyo91/msg/324.html
7/19・歴史を知る経営者からは「中途半端にはしないでくれ」と労組ストに数多く
    期待! 生コン支部HPの注目記事
http://www.asyura2.com/10/senkyo90/msg/866.html

7/19★勝利的に展開!大阪の工事の8割強が停止!大阪駅ビル工事も!竹中・大林が
敵対継続 http://www.asyura2.com/10/senkyo90/msg/862.html
7/13・ありがとう!みなさんの反響のおかげで、テレビ東京が連帯労組に取材に来た
    とのこと   http://www.asyura2.com/10/senkyo90/msg/523.html

7/13・無期限スト突入の「近圧労」が実は日本で唯一の圧送労働者の労組です!
    関西生コン業界の先進性が見えてくる  
         http://www.asyura2.com/10/senkyo90/msg/520.html
7/13◎ついに12(月)から生コン圧送も無期限スト突入!空前の産業スト関西で拡大!
    損賠攻撃の大資本との決戦へ!  
        http://www.asyura2.com/10/senkyo90/msg/517.html
7/7・報道されぬ歴史的事件:「生コン関連業界危機突破!6/27総決起集会・デモ」
   に労使挙げて2300名が!
     http://www.asyura2.com/10/senkyo90/msg/121.html
7/7★マスコミひた隠し!関西の生コン関連産業で無期限ストが勃発拡大中!
    大企業支配を覆す高度な闘いに刮目せよ!   
     http://www.asyura2.com/10/senkyo90/msg/117.html
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6; .NET CLR...@i58-94-98-238.s04.a027.ap.plala.or.jp>

◎積年の横暴への業者職人の怒りが「ゼネコンざま見ろ・スト沈黙的支持」に?
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 10/7/30(金) 15:43 -
  
 (阿修羅投稿の紹介)

◎積年の横暴に対する業者・職人の怒りが「ゼネコンざま見ろ・スト沈黙的支持」に?
 (業界関係者談)

 4週間を越えて続く生コンゼネストは、確かに工事関係者にとって、とりわけ零細
企業や親方職人さんにとっては、非常に辛い話である。
 事態の解決は、本当はゼネコンが労組要求・協組要求を受け入れて生コン価格
適正化(値上げ)、春闘妥結をすれば良いのであって、それ以外に零細企業や親方職人
さん達が救われる途はない。

 そうは言っても、目途も立たず、補償もない工事停止は辛い。
 「スト反対!ストやめろ!」の声が扇動しやすい状況は揃っている。昔、国鉄の
遵法闘争に対して権力側・右翼側の扇動が功を奏した「上尾暴動」のような事態が
いつ起こってもおかしくはない。
 共産党や建交労もそこを扇動しようとしている。

 しかし業界筋のさる人の話によると、「今回のストでは、空前の長期強力ストにも
拘わらず、スト破りの勢いはそれには比例してない感じだ」、と言う。
 もちろん、ゼネコン仕掛けのスト破り行動は日々強くなってはいるが、
「自分らはこの倍以上のスト反対・スト粉砕の動きが起こるのでは、と予想していた
が、その予想ほどではない」らしい。

 その理由について、この業界氏は、
 「ひとつには、業界全体で生コン値上げは絶対に必要だ、という共通認識が深くな
ったので、ゼネコンの方に折れて欲しい、という感情が各社にかなり広がっているの
ではないか」、

 「もうひとつは、生コン以外の建設関係業者も含めて、ゼネコンの積年の横暴に対
して怒りが貯まり貯まっていて、ストでゼネコンがあたふたと対処する様子を見て、
内心ザマ見やがれ、と思う気持ちを持っている人が多いのではないか」、
という分析をしていた。

 戸田なんかには「業界の雰囲気」や「建設現場の空気」は分からないが、業界事情
に通じた人には「今までとの違い」が感じられるのだろう。
 これは、
 ◎歴史を知る経営者からは「中途半端にはしないでくれ」と労組ストに数多く期待!
  生コン支部HPの注目記事  http://www.asyura2.com/10/senkyo90/msg/866.html
という話にも通じることかもしれない。

 ちなみに、この業界氏によれば、「共産党や建交労なんか、生コン業界ではほとんど
影響力はないなあ。建交労はセメントメーカーから1000万円もらって手打ちするような
組合で、闘争なんか全然しない事は誰もが知ってる事だ。赤旗や宣伝ビラなんかいくら
出しても関係ないよ。」という事だった。

 さて、4週間を越えようとするストで、まだ妥結や勝敗の見通しは見えない。
 ゼネコンは各方面に圧力をかけ、協組への恫喝や切り崩しを図り、スト破り=出荷
強行を広げようとしているし、スト破り・ゼネコン追随業者を組織的に強化して労組
や協組を少数勢力化しようとしている。
 そして「スト反対・出荷再開」の「世論」を作り出そうとしている。

 スト労組側は、そうはさせじとストで闘いつつ、協組がゼネコンに屈服しないよう
「自らの決議を守れ!」と尻を叩いている。「スト支援・ゼネコンは値上げ妥結せよ」
の声を高めようとしている。

 そして圧送労組が本日7/30朝から「第2波圧送スト」に突入し、経営者とその背後
のゼネコンへの圧力を再度高めた。
 ちょうど竹中・大林などのスパーゼネコンが生コン出荷強行・建設現場への搬入強行
のために多くの会社を従えて大規模なスト破壊作戦に打って出ようとした鼻先でのタイ
ミングに「偶然重なって」しまい、ゼネコンには大きな打撃になったようである。
(ザマミロ!)

 生コンストは、「どちらが主導権を取るか」、「どちらが多数派形成を図れるか」、「どちらが相手を押し切るか」、を巡って、組織戦・行動戦・宣伝戦の各分野において
熾烈な闘いが続けられている。
 ここでゼネコンやセメントメーカーなど大資本ストの不当利得・不当支配を奪えず、
成果を得られずにスト終結に押し込まれたら中小企業と労働者は悲惨な大倒産状況に落
とされてしまう。

 逆にこのストライキ闘争に勝利できれば、日本における新自由主義路線を粉砕して
中小企業と労働者が画期的な成果を勝ち取り、それは全国的な民衆の勝利につながる。

 まさに「天下分け目の関ヶ原」のような決戦局面へと、状況はこの炎天下で煮詰まり
つつある。
 心あるみなさんの支持支援を強く訴える。
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6; .NET CLR...@i58-94-102-235.s04.a027.ap.plala.or.jp>

関西のスト情報第2弾
←back ↑menu ↑top forward→
 KU会スタッフ E-MAIL  - 10/8/1(日) 13:37 -
  
<産業民主化闘争>

  労働組合の要求と言えば、賃上げや労働条件改善などが想定される。しかし、賃上げ一つとっても、大企業の産業支配の下では、ほとんどの中小零細企業の原資は限られる。大企業労働者と中小零細企業労働者の賃金・労働条件格差は歴然としている。だからといって、個別資本内部での制限のない労資対立は共倒れを生む。

 そこで、関生支部を中心として、関西の生コン産業では、産業の民主化を課題とする。以下、簡略に過ぎるかも知れないが説明する。

 日本の産業構造は、独占資本(大企業)が下請中小企業群を支配下に置く。独占資本が当該産業の価格・技術・品質管理・人材・資金などを独占的に掌握・決定し、中小企業を従属化に置く。少なくとも、建設産業においては典型的である。

 一方で、戦後改革・経済民主主義の一環として、中小企業等協同組合法の制定がある。法は(法律の目的)第1条「この法律は、中小規模の商業、工業、鉱業、運送業、サービス業その他の事業を行う者、勤労者その他の者が相互扶助の精神に基き協同して事業を行うために必要な組織について定め、これらの者の公正な経済活動の機会を確保し、もつてその自主的な経済活動を促進し、且つ、その経済的地位の向上を図ることを目的とする。」と定める。

 中小企業が団結して事業協同組合を結成し、大企業と対等取引できる環境を作るのだ。しかし、協同組合を作れば自動的に力を持つものではない。事業の理念や戦略・方針、団結やリーダーシップの質、事業の運営能力や実務力が問われる。そして、何より大企業や競合する協組に入らない同業他社との対決において、現行の法制度は協組に圧倒的に不利である。事業協同組合運動が成功するには、自助努力はもちろんだが、国家による擁護か、独占資本の販売戦略としての協組利用か、さもなくば、労働組合の実践力が不可欠である。

 中小企業の労働組合は、個別中小資本と一面において賃金労働条件をめぐって闘う。しかし、もう一面で、産業民主化、独占資本の産業支配を覆すために、弱者である労働者と中小企業が共闘する。労働者は団結して労働組合を作る。中小企業も団結して協同組合を作る。両組織の共闘の力が、大企業との対等取引を可能にする。

 たとえば、一生コン工場が、セメントメーカー(太平洋セメント、住友大阪セメント、宇部三菱セメント、トクヤマ、麻生ラファージュセメント)、実際は販売店にセメント代の値上げには応じられないといえば、セメントが入ってこないだけである。ゼネコン、実際は商社・販売店に、生コン販売価格はこれ以下では売りませんといえば、誰もその生コン工場の生コンを購入しないだけである。

 そこで、一地域の生コン工場100社が結集し、協同組合としてまとまった購入、まとまった販売をすれば、いくら大企業といえども無視できなくなる。対等取引条件が生まれる。しかし、そもそも中小企業のリーダーシップだけで、利害が錯綜する100社を結集できるのか、セメントメーカーが作った生コン工場が指導権を握らないか、ゼネコン・商社が工事物件を餌に一本釣りし分断してきても団結は保たれるのか。

 労働組合の指導性と実践力が求められる。関生支部は産業政策闘争と呼ぶ。中小企業への説得と行動を通しての結集、セメントメーカー・ゼネコン・行政に対する説得や行動、政党や世論にたいする宣伝や提案。それは生コン価格の適正化だけではなく、技術や品質や安全管理を担保する安全安心のコンクリート構造物を社会に提供する運動としてもある。

(ブログ・KU会通信より>>http://blogs.yahoo.co.jp/ku_kai2006/50632871.html
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; YTB730; .NET CLR 1.1.4...@ntoska020081.oska.nt.ngn2.ppp.infoweb.ne.jp>

関西のスト情報第3弾
←back ↑menu ↑top forward→
 KU会スタッフ E-MAIL  - 10/8/1(日) 13:41 -
  
<労働協約賃金>

 現在、ストライキしている労働組合(関生支部や近畿圧送労組など)の賃金・労働条件は、毎年の春闘で、集団交渉を通して決定している。生コン製造・輸送、バラセメント輸送、生コン圧送の3業種(職種)は、それぞれ集団的労資関係を基本にし、賃金・労働条件はもちろん、産業政策(産業構造のあり方、協組の事業方針まで範囲とする)も協議・交渉する。
 
 たとえば、建設資材の生コンの場合、労資関係のある生コン工場の経営者は経営者会に結集し、使用者団体として80人位が交渉に臨む。労組側は生コン産業政策協議会(生コン産労・全港湾・関生支部)に結集する労働者150名ほどが参加、200名を越える労資が大きなホールで交渉する。統一要求・統一交渉・(統一行動・)統一妥結となる。
 
 関生支部は、同一労働同一賃金・横断型賃金体系を基本とし、他産業・業種の中小企業労働者と比較すると、高賃金高労働条件となっている。

 妥結された賃上げなどは協約化される。この協約賃金は、生コン業界の賃金基準となる。協同組合内の労資関係のない生コン工場で、労組に加盟していない労働者もほぼこれに沿う。何故なら、労組を作られたくない経営者は沿わざるを得ないからだ。

 一方、協組に加入しない生コン工場(アウトという)は、同時に、労組もない。セメントメーカーの拡販用の安いセメントと粗悪で安価な骨材を購入し、低賃金の製造・輸送労働者を酷使すれば、驚くほど安い生コンを製造販売できる。薄利多売で安値競争をしかける。法令順守や品質管理は二の次である。しかし、多くのゼネコンはこれを買う。悪貨が良貨を駆逐するのである。安心安全なコンクリート構造物が担保されない。

 さらに、建設産業の下請専門工事業の一つであるポンプ圧送工事業については、近圧労組が集団交渉で賃金・労働条件を改善する。建設産業の構造は、発注者がゼネコンに「総価請負方式」「設計・施工一式請負」で発注し、元請たるゼネコンは受注機能に特化し、一次下請が施工管理・資材調達に特化し、二次下請の職長・世話役、その下の労働者が実際の工事を担うという重層的な下請構造となっている。特に、「材」(材料・資材費)「工」(労務費)共の総価請負方式は、ゼネコンの落札時でも、下請単価でも、材工が分離されないところに問題がある。労務費割合の大きい建設産業では、労務費を圧縮することによって低い工事単価が設定できる。総価請負方式は、下請単価を労務費削減によってたたける仕組みを生み出している。産別・業種別・職種別労働組合の企業を超えた横断的な賃金交渉で協約賃金を勝ち取ること、専門工事業の中小企業が事業協同組合に結集し、ゼネコンに対し、適正料金を収受することは連動する。

 下請専門工事業の技能者の減少、技術技能の継承の困難さの多くは、適正な賃金・労働条件が保障されていないことにある。技術技能の向上や安全施工の根幹は、働く者が安心して働ける条件の整備にある。圧送協同組合の共同受注・標準圧送料金の収受は、圧送労働者が圧送業界に未来を托せる職種別賃金の確立のための原資としてある。
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; YTB730; .NET CLR 1.1.4...@ntoska020081.oska.nt.ngn2.ppp.infoweb.ne.jp>

270 / 2575 ツリー ←次へ | 前へ→
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
ページ:  ┃  記事番号:   
868,127
(SS)C-BOARD v3.8(とほほ改ver2.1) is Free