ちょいマジ掲示板

この掲示板は、門真市及び守口市ネタを中心に各地の議会や自治体ネタなどを、「比較的穏やかに」意見・情報の交換をする所です。詳しくは「掲示板のルール1」「掲示板のルール2」を読んでそれに従って下さい。 この掲示板では戸田の命令が絶対であることをくれぐれもお忘れなく。
内容的に関連がある投稿の場合は(先の投稿への)「返信」の形を取って投稿して下さい。
●ただ、「Re:○○」形式の元タイトルの繰り返しタイトルは厳禁です。必ず「内容が伺える独自のタイトル」をつけて下さい。
◆約10年間完全自由投稿制を維持してきましたが、荒らし・妨害投稿頻発のため、やむなく投稿者登録制に移行しました。投稿される方はこちらにアクセスし、所定の手続きを行なってください。 ◆投稿者のメールアドレスは戸田が把握しますが、掲示板では非表示にできます。 ◆投稿者名・メールアドレス・パスワードは登録時のものを使わないと投稿できません。 登録・投稿についての分かりやすい説明はこちらです。うまくいかない場合の問い合わせは戸田事務所まで問い合わせてください。 (09年4/8改訂記)   これまでの管理者命一覧(必読)

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
431 / 1591 ツリー ←次へ | 前へ→

「門真市における対ザイトク先進施策の報告説明会」が2/21(金)2時〜市役所内で開催! 戸田 14/2/3(月) 11:24

◆経緯10:【2012年1〜6月、事件が多発!】(宮本府議とザイトク関係バクロも!) 戸田 14/2/5(水) 17:33
☆経緯11:【2012年6月文教委、初めて教委に質す】(ザイトク暴力や荒巻/宮本問題) 戸田 14/2/5(水) 23:32
●経緯12:【2012年6/23尼崎市議会ザイトク怒号事件:行政・議員の最悪事例!】 戸田 14/2/5(水) 23:50
●経緯13:【2012年7〜12月、領土熱、ヘイト拡大、12月衆院選で右翼安倍政権へ】 戸田 14/2/6(木) 14:20
●経緯14:【2012年12月議会】★施設を使わせない・職員研修の答弁!暴対逆手に! 戸田 14/2/7(金) 12:57
△補足:12/20本会議での暴対法関連議案への戸田の反対討論〜なぜ反対するのか? 戸田 14/2/7(金) 13:16

◆経緯10:【2012年1〜6月、事件が多発!】(宮本府議とザイトク関係バクロも!)
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 14/2/5(水) 17:33 -
  
   参考:戸田HPでのザイトク特集(2)
        http://www.hige-toda.com/zaitoku/zaitokukai_2.html
 2012年の1月〜6月にかけて、数々の重大事件が起こった。
 3月議会では「糸さん事件」に少しだけ触れ、6月議会で本格的に取り上げた。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    【 1月 】
■在特会長桜井の戸田と生駒市長・市民への馬鹿げた1/23告訴告発!(その事実関係)
   戸田 - 12/1/30
   http://www.hige-toda.com/x/c-board/c-board.cgi?cmd=one;no=6899;id=01#6899
 (抜粋)
 ザイトク会長の桜井が行なった荒唐無稽な告訴告発攻撃を知ったのが、愛知県視察中の
1/24で、翌1/25には緊急ビラhttp://www.hige-toda.com/zaitoku/12_1_25bira.pdf
を作って京都ザイトク処罰裁判傍聴に行って反ザイトクの人々に配布してきました。

<事実経過>
◆1/23に在特会会長の桜井が奈良地検に対して「地方公務員法違反」で戸田を告発した。
  同時に、生駒市長についても「地方公務員法違反」で告発した。
 ■さらに、生駒市長と(在特会らが自宅襲撃街宣をかけた)韓国籍女性市民については
  何と、「強要未遂罪」で刑事告訴した!

◆1/24に在特会奈良支部で桜井らが記者会見して、1/23告訴告発を発表した。
  記者会見には奈良支部長の中野井や朝鮮学校襲撃・徳島教組襲撃で有罪執行猶予中
 の荒巻や西村斉も同席。
  ※奈良地検は告訴状・告発状を受け取ったが、それが「正式受理」かどうかは不明。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●桜井会長が乗り出した生駒市では市長文書で身動き取れず成果ゼロ。
  桜井メンツ丸潰れ   戸田 - 12/1/31
   http://www.hige-toda.com/x/c-board/c-board.cgi?cmd=one;no=6901;id=01#6901

■西村斉が全くのデッチ上げで戸田を1/30告訴した!こりゃ「虚偽告訴・名誉毀損」だ
    戸田 - 12/2/13(
  http://www.hige-toda.com/x/c-board/c-board.cgi?cmd=one;no=6907;id=01#6907
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
      【 2月 】
★「2/15連帯ユニオン議員ネット大会」で、
  ☆在特会問題特別
    報告資料 1(全13ページ)
       http://www.hige-toda.com/____1/09giinnettaikai/2012/zaitoku01.pdf
    報告資料 2(全6ページ)
       http://www.hige-toda.com/____1/09giinnettaikai/2012/zaitoku02.pdf
  ☆在特会糾弾の特別決議!
   各自治体に「門真市モデル」を広め、ザイトク暴力の締め出しと社会的包囲を!
          http://www.hige-toda.com/____1/09giinnettaikai/index.htm
   (前文・前略)
  ・・・こういう警察の擁護を受けながら在特会らは2010年4月に徳島県教組事務所
  を襲撃し、2011年には民族差別の枠さえ踏み越えて部落差別怒号までも常習化させ、
  反原発運動などありとあらゆる民衆運動を襲撃するようになったし、あらゆる分野で
  口実をつけて各地で自治体行政への攻撃を巨大化させている。
   それによって民衆運動や行政、議員の中に萎縮や保身によって差別攻撃と闘わず、
  人権侵害を黙認荷担する悪しき傾向が生まれている。
        
   しかしこれと断固闘い跳ね返す力強い動きも生まれてきている。
   民衆運動においてはもちろんだが、大阪の門真市当局は、
  在特会らの蛮行動画を見て「差別を助長し人権を侵害しかねない行為だ」、「門真市
  住民の人権を守り差別を許さない立場に立つ」との見地を市議会答弁において表明し
  (2011年9月)、実際に在特会らから2通の「質問状」攻撃があったものの、「三行
  半回答」のみで毅然と跳ね返している。(門真市モデル)

   また奈良県の生駒市長は、それまでの生ぬるい対応を変更して在特会に謝罪要求文
  を出し、謝罪なくば面談拒否の姿勢を貫き(2011年10月)、これによって在特会の
  行政攻撃や住民・議員への直接攻撃はなくなった。
   以上の事を踏まえて、我々は以下を決議する。
 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1:我々は、「在特会」らの差別蛮行を根絶するために奮闘する事を、自らの良心に賭け
 て宣言する。 我々は決して「ナチス時代の臆病な牧師」の例には陥らない。
            
2:我々は、警察検察が「在特会」らの蛮行を黙認擁護し、連中の荒唐無稽な刑事告訴を
 利用して民衆側を不当に規制・捜索・逮捕・起訴している現実を厳しく批判する。
  警察検察は本来の職責に則り、在特会勢力の暴力行為や脅迫・名誉毀損行為を厳しく
 取り締まれ。
  
3:我々は、政府機関や各地の自治体当局が、「門真市モデル」、「生駒市長対応」に倣
 って「在特会」らの蛮行を差別人権侵害事件と認定し、批判見解を広く表明し、指導・
 啓発を社会的に展開する事を強く求める。
  それが差別暴力集団への社会的な包囲規制網を作る事になる。
  また我々自身が、自分のまちの行政がそのような見解表明をするよう、質問要請状を
 出したり情報提供をするなどの努力を重ねる事を宣言する。
   
4:我々は、人々が在特会らの差別怒号を耳にし目にする事自体が、人間の尊厳と安全を
 脅かしている状況に他ならない事を強く認識し、そのような恥ずべき日本の状況の根絶
 を目指す。 
                                     以上。
   大会賛同者(2012/2/21段階)(ここでは字数都合で略)
 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
参考:◆在特会会長桜井による戸田と生駒市長・市民への1/23荒唐無稽な告訴告発
    (奈良地検へ)を糾弾する2/22緊急ビラ(pdf)
    http://www.hige-toda.com/zaitoku/12_02_22bira.pdf
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
      【4月 】
◎「ネットと愛国 在特会の「闇」を追いかけて」出版。(4/24)
    http://www.ikedahayato.com/index.php/archives/19216
  この本に、ザイトク凶悪犯荒巻靖彦が門真市出身である事が書かれていた!
  (そして、この荒巻と門真市選出府議の宮本一孝(維新)が懇意だという証拠動画を
   戸田は2011年秋に入手していて、5月に満を持して公表した!)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
      【 5月 】
   ★1:ごろつき荒巻・西村ら4人が企業脅迫で5/10逮捕!
   ★2:戸田が「門真の宮本府議とザイトク荒巻の黒い関係」の証拠動画をアップ!
 ザイトク特集(2)http://www.hige-toda.com/zaitoku/zaitokukai_2.html

★メシうま!5/10ザイトクごろつきの西村・荒巻・ブレノら4人が企業に強要罪で
  逮捕! 戸田 - 12/5/10
   http://www.hige-toda.com/x/c-board/c-board.cgi?cmd=one;no=7157;id=#7157

★維新の宮本一孝府議が凶悪犯罪者荒巻と親密関係、違法風営店に出入り!
  証拠動画だ!   戸田 - 12/5/11(金) 10:48 -
   http://www.hige-toda.com/x/c-board/c-board.cgi?cmd=one;no=7162;id=#7162

 ・・・凶暴犯罪常習者の荒巻靖彦(元在特会・チーム関西(前代表・四天王、北新地で
 キャバレー経営)と門真市選出の大阪維新の会府議の宮本一孝
  ●不正看板府議=宮本一孝(門真市選出・維新の会)糾弾!(戸田HP内特集)
    http://www.hige-toda.com/_mado04/miyamoto/index.htm
がとても親密な関係にあり、平成20(2008)年2月から風営法違反営業容疑のある北新地の荒巻の店「BRICKBLACK」(ブリックブラック、現在は閉店)によく行って(しかも警察・公安も引き連れて?)、荒巻と語らって仲良し関係を持っていたのだ!

■その証拠動画を「戸田の門真市動画」コーナーに昨夜アップした!
    http://www.youtube.com/user/todanokadomasidouga 
   ↓↓↓
 ◎犯罪者新巻が維新の宮本一孝府議との親密さを語る証拠動画!1分40秒..
   http://www.youtube.com/watch?v=YoUJpyN_8gE

●荒巻靖彦は門真の中学高校を出た門真市の恥だった!今も本籍は門真市との情報も!
     戸田 - 12/5/19
  http://www.hige-toda.com/x/c-board/c-board.cgi?cmd=one;no=7174;id=#7174
 たしかに『ネットと愛国〜在特会の「闇」を追いかけて』(安田浩一著、講談社)の
 122ページから123ページにかけて以下の記述があります。
1:高校生の頃までは在日コリアンが多く住む門真市(大阪府)に住んでいた。
2:高校時代には無政府主義を賛美するアナーキー系のパンクバンドで活動していた。
  そのことが原因で一時期は父親とも絶縁状態になっている。

3:高校卒業後は東京に出てミュージシャンを目指す。
  だが、結局はうまくいかず、大阪に戻る。
4:父親の薦めで警察官の採用試験を受けたが(!!)、当時の規定により軽度の色覚異
 常で不採用となった。
5:その後、飲食店などで働き、2003年から3年間は中国の上海に渡ってラウンジを経
 営していたという。
  このときの体験が、荒巻を「愛国主義」に近づけた。
   (中略)
 「1:高校生の頃までは門真市に住んでいた」との事だから、荒巻靖彦は
  ◆1980年か1981年に門真市のどこかの中学校を卒業した!
  ◆1983年か1984年に門真市内のどこかの高校を卒業した!
                            という事になる!
   (後略)
★超特ダネ!宮本一孝は3/9荒巻の店捜索逮捕の時もその店にいた!
     凶悪犯と超親密!? 戸田 - 12/5/20
  http://www.hige-toda.com/x/c-board/c-board.cgi?cmd=one;no=7175;id=#7175
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
      【 6月 】
   ■6/3新宿駅南口でのザイトクが老人集団暴行
   ★6/12建設文教常任委員会でザイトク問題を初めて教育委員会に質す!
        http://www.hige-toda.com/_mado05/2012/06kennbunn_q_a.htm#02
   ■6/26尼崎市6月市議会でザイトク集団が傍聴市民に差別暴言罵声
    ザイトク特集(2)http://www.hige-toda.com/zaitoku/zaitokukai_2.html

★6/3新宿駅南口での老人集団暴行に全国で憤激広がる!
    ザイトク特集(2)http://www.hige-toda.com/zaitoku/zaitokukai_2.html

 ▼ 在特会の本質、生活保護事件で高齢者へ暴行 在特会研究所 12/6/4(月)
  http://www.hige-toda.com/x/c-board/c-board.cgi?cmd=one;no=7076;id=01#7076
 ★戸田が暴行証拠動画に解説編集入れてアップした!誰か桜井達を刑事告発してくれ!
    戸田 12/6/6(水)
  http://www.hige-toda.com/x/c-board/c-board.cgi?cmd=one;no=7079;id=01#7079
☆門真市では「ネットと愛国」やザイトク証拠動画が職員必見資料になった!(議会質問)
  戸田 12/6/6(水)
  http://www.hige-toda.com/x/c-board/c-board.cgi?cmd=one;no=7080;id=01#7080
   youtube動画
 ◎新宿事件の重要部分!3分25:桜井先頭にザイトクが老人に集団暴行
   http://www.youtube.com/watch?v=GJwld5SDREQ&feature=plcp
 ◎6・2新宿事件:桜井先頭にザイトクが老人に集団暴行!の証拠動画6分
   http://www.youtube.com/watch?v=Tks1CQDixDE&feature=context-chv
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
★6/12建設文教常任委員会でザイトク問題を初めて教育委員会に質す!
  所管事項質問2:日の丸暴力集団の拡大と教育行政について
     http://www.hige-toda.com/_mado05/2012/06kennbunn_q_a.htm#02
  (これについては「経過11」に別記する)
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■6/23尼崎市6月市議会でザイトク集団が傍聴市民に差別暴言罵声事件を起こす!

◎尼崎市議会傍聴の在特会が在日の女性に差別暴言 在特会研究所 - 12/6/29
  http://www.hige-toda.com/x/c-board/c-board.cgi?cmd=one;no=7100;id=01#7100
 ・・・6月26日の本会議に於いて、これまたトンでもない事件が起きた。
  在特会反主流派を任ずる「おつる」の「誘導」によって尼崎市議会傍聴に参加した数
 人の在特会の連中が、こともあろうに傍聴参加の在日コリアンの女性を取り囲み「チョ
 ンコウ」「チョンコウ日本から出て行け」「お前ら生きている価値がない」など暴言を
 浴びせたのだ。
  そして彼らは他の傍聴者に対しても「日の丸が嫌いだったら日本から出て行け」「無
 人島に行け」「お前らチョンコウか」「ジジーははよ死ね」「お前日本人か、それでも
 日本人か」「ハゲ髪の毛抜くぞ」など暴言を吐きまくり、侮辱を重ねたのである。
  ・・・・・
◎(尼崎の「市民派市長」の)稲村和美さんこれで人権が守られるって言うの
  在特会研究所 - 12/7/4(水) 10:51 -
  http://www.hige-toda.com/x/c-board/c-board.cgi?cmd=one;no=7112;id=01#7112
 (前略:尼崎市の回答文)
 ・・本市におきましては、「尼崎市人権教育・啓発推進基本計画」を策定し、同和問題
を始め、あらゆる人権問題への教育・啓発を推進し、「人権文化の息づくまち・あまがさき」をめざして取組みを進めているところであり、現在策定中の「尼崎総合基本計画」におきましても、お互いの生活や文化を理解・尊重し、ともに生きる社会を築く多文化共生への取組みをより一層進めることとしております。

 こうした取組みを進めるなか、今回のような事象が発生することは、お互いの人権を尊重するという人権教育・啓発の取組みが未だ十分ではないということであり、人権を尊重する意識を醸成することの難しさ、また更なる取組みの重要性を改めて痛感いたしております。
 今後も「基本計画」に基づき、人権教育・啓発の取組みを粘り強く継続し、お互いの人権が尊重される、住みよいまちづくりに取り組んで参ります。
   尼崎市市民協働局人権課
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 以上が今回の事件発生から7日後、尼崎市長当て調査と対処問合せから5日後に送られて来た回答メールである。
 市役所の中心部、議会棟の中の入り口で発生した、本会議傍聴者に対する在特会・排外主義グループが行なった、決して許されない民族差別暴言、女性差別に対し、事実を知っていた市の人権担当部署が、確認・再調査しての回答である。

 公の、傍聴の人の自由と尊厳が絶対的に守られるべき場所でこの事件は起こり、20分藻の長い間続けられた。被害者の女性は今でもその時の悔しさと恐怖に打ち震えている、このショックは決して彼女の記憶からは消えないだろう。

 在特会のメンバーは、議会入り口だけでなく、本会議の中でも、日の丸条例に反対の議員に対しても野次を飛ばし、威嚇のパフォーマンスを行い、職員も止めに入っている。
彼らは傍聴席で思わず条例反対のポーズを取った傍聴者に対しても、執拗に威嚇を繰り返したという。
 そうしてこの結果報告を聞いた「おつる」は、自分のホームページで「日の丸条例可決おめでとうございます」「正義は勝つ!」と書きなぐっている。

 この様な事件が起こった時、事件を目撃し、発言を聞いた職員はどう対処すべきなのか、どうして事件を見過ごしてしまったのか、実際どう対処したのか、事後事件は誰にどのように報告されたのか、このような明確な人権侵害に対し尼崎市は今後どう対応して行こうとしているのか。

 また少なくとも自分の持分・自分の職場を荒らされた議員、その場に居合わせた議員はどう対処したのか。
 また他の傍聴者もなぜこの事件を他人事のように見過ごし、傍観してしまったのか。
 民主主義や自由は、自らが守らなければ砂上の楼閣のように消えうせてしまうしかない。
 そして当局は、実際これら差別暴言と行動を行なった当事者・犯人の調査・確認を行なったのか、何か警告でも行なったのか。
 これらは市民・住民の安心と安全を担うべき尼崎市当局が果たすべき、必要最低限の事柄である。

 今回の回答なるものは尼崎市がお題目のように取り上げ、基本計画に組み込んでいる人権問題が、現実に複数の人物や、グループによって侵害されたにも拘らず、全く機能せず、また市当局にやる気がないことの証明書であると思わさせるを得ない。
 今後私たちは、あらゆるルート、方法でこの問題を徹底追及することを決めている。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■目前の差別暴力被害を見捨てる「在特会を相手せず」方針の非人間性と無策無能に
 怒り      戸田 - 12/7/11
  http://www.hige-toda.com/x/c-board/c-board.cgi?cmd=one;no=7123;id=01#7123

◎まるで現代のマルティン・ニーメラーを尼崎職員に見た 在特会研究所 - 12/7/24( 
  http://www.hige-toda.com/x/c-board/c-board.cgi?cmd=one;no=7129;id=01#7129

↑↑この2本は重大だが、6/12建設文教常任委後の話なので、詳しくは別記する
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.5; YTB730...@i60-35-93-190.s04.a027.ap.plala.or.jp>

☆経緯11:【2012年6月文教委、初めて教委に質す】(ザイトク暴力や荒巻/宮本問題)
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 14/2/5(水) 23:32 -
  
参考:2012年6月議会特集 http://www.hige-toda.com/_mado05/2012/06gikai.htm
   6/12建設文教委・所管事項質問2:日の丸暴力集団の拡大と教育行政について
     http://www.hige-toda.com/_mado05/2012/06kennbunn_q_a.htm#02
    (「建設文教常任委員会」は2013年度からは「文教常任委員会」に改編された)
 
 ここでの重要ポイントを以下に列挙する。

1:ザイトク問題を初めて常任委員会で取り上げた。
  戸田の所属が教育委員会と都市建設部を所管する「建設文教常任委員会」だったか
 ら、
 ◆初めて教育委員会に対してもザイトク問題を問い質す(啓発する)機会になった。
  (「糸さん事件」http://www.hige-toda.com/_mado04/itosan/index.htm を6月議
   会の本会議でも建設文教委でも全面的に問い質す事とやったので、労力的には大
   変だったが)

2:これまで(本会議質問も含めて)教育委員会を相手にザイトク質問をしなかったの
 は、まずは「市長部局」から答弁を引き出して対ザイトク施策の土台を固めた方が、
 「全庁的な対応体制を作るには良い、と戦術的に判断したからだ。
  (庁舎管理・不当要求排除を担当する総務部や、人権政策課を持つ市民部)

3:◆そしてそろそろ教委相手に議会質問する頃合いにもなった。
   常任委員会所管事項質問では時間制限無く一問一答式で出来るから、じっくり問い
  質す事が出来る。
  (事前に「答弁すり合わせ」して良い答弁に近づけるのは、本会議と同様)

4:◆そして、市議会の教育所管としてで取り上げるにふさわしい身近で重大な材料が
 次々に出てきた!↓
  4月:「ネットと愛国 在特会の「闇」を追いかけて」出版。
    http://www.ikedahayato.com/index.php/archives/19216
    ■この本に、ザイトク凶悪犯荒巻靖彦が門真市出身である事が書かれていた!
    ■そして、この荒巻と門真市選出府議の宮本一孝(維新)が懇意だという証拠動
     画を戸田は2011年秋に入手していたので、2人まとめて議会で取り上げ、議
     事録に刻める!

  5月★ごろつき荒巻・西村ら4人がロート製薬脅迫で5/10逮捕!
  6/3:新宿駅南口でのザイトクが老人集団暴行。
    ■まさに「日の丸暴力集団の跋扈」であり、「日の丸は暴力集団の旗となってい
     て、これに恐怖や嫌悪を感じるのは当然!」という現物証拠になっている。
      ⇒卒入式での日の丸・君が代強制に反対する事の正当性の証左

5:これに加えて、議員失職中の2010年に吹田市の中学校の3年生が、戸田HPの動画
 コーナーに市民派女性議員への殺人教唆書き込みをし、また自分のブログに、「在日朝
  鮮人を皆殺ししろ」という差別・殺人扇動もしていました問題を捉えて、「門真の子
  ども達の中でもあり得る事(大人にも)」、という警鐘を鳴らす機会に出来る。

6:◆質問準備の段階で、教委に対して「ネットと愛国」の本を渡し、またザイトクの集
 団暴行の動画(6/3新宿駅事件ほか)や、「ザイトク荒巻が宮本一孝府議との仲を自慢
 している動画」も(USBで)渡して、「事前学習」をさせた。
  こういう情報や映像は、教委としては初めて見るものだったはずだ。

 ※こういう「ためになる本や動画を職員に渡して見識を持たせる」という手法は、2011
  年6月議会で反原発の本を渡して読ませた事に端を発している。
  (この時は図書館で10冊など購入させ、全職員に学習推奨する通達を出させた) 
        http://www.hige-toda.com/_mado05/2011/gikai/06q&a.htm#02

7:「教委としては率直に答えられない事が多い」=「答弁としての成果の部分は少な
 い」事は折り込み済みである。
 ★「成果」として引き出す事を意図し、実際に成功したのは、 
  「ネットと愛国」を読んで得た認識を3点挙げよ、と求めて、
 
 1)在特会の活動内容については、そういうことが事実とすれば、人権上大きな問題が
   ある。
 2)委員御指摘の特定団体(=ザイトク)が差別を助長し、人権を侵害しかねない行為
   を繰り返している。
 3)日常生活の中で感じる不安や不満が過激な行動に結びつく場合があり、現代社会で
   一部の人たちがネットを通して承認され、人との関係を結べるような場が在特会の
   広がりの背景にあった。
 と認識した、という趣旨の答弁をさせた。・・・★これは大成果だ!

8:「日の丸・君が代強制問題」については、どんなにこちらの追及論理が正しくても、
 教委は非論理的な正当化論を崩そうとはしない事は先刻承知だが、それでも「在特会ら
 の差別排外主義暴力の拡大は行政による日の丸・君が代強制が助長したと言える」現実
 まざまざと示す(〜議員達にも聞かせる)事は意味がある。
  ザイトク暴力・差別罵声のおぞましさを生々しく示す事も同様である。

    私は「日本の歴史の中で日の丸、君が代を最も多くの国民が、形の上とはいえ、
   とにかく崇拝し、尊重し、やってきた時代というのは、最も多く他の国を虐殺し、
   破壊し、支配してきた国の事実があるじゃないか」ということを指摘してきまし
   た。
    このように現実に日の丸を掲げ愛する人間がふえること、つまりあなた方の教育
   現場の指導によって、日の丸、君が代にみんな従うという人間が増えれば増えるほ
   ど、日の丸を掲げて民族差別の扇動、デマ宣伝、暴力行為を行なう輩が現に増えて
   いるじゃないですか。

  という戸田の指摘は痛烈であり、誰もこれには反論出来ない。

9:荒巻の事や宮本一孝府議の事について、ほとんどまともな答弁が無かったのは、ある
 意味で仕方が無い。
  この件では、戸田による具体的で詳しい事実の指摘が「公開情報・永久保存である議
 事録に記載される」という事が実際の狙いである。

  ◆宮本一孝が府議という公職者であり、遵法・人権擁護を旨とすべき立場でありなが
   ら、違法看板・ザイトク凶悪犯との交友を持ち、門真市体育協会の会長に収まって
   いる事に関して、教委が答弁で

   ・・・行政は干渉すべき立場にありませんが、各団体につきましては・・・、常に
   自らを律した上で、市民の皆様の公益につながる活動、よりよい地域社会づくりに
   寄与する活動を目指していただくべき立場にあるものと認識いたしております。

 と答えたのは、「あんまり道に外れた行動を重ねたら容認できないよ」、という事を
 匂わせたものとして考えてもいいだろう。・・・・これもひとつの「成果」である。

10:総じて教育委員会としては、ザイトク(ヘイトスピーチ勢力)の問題を「自分達の足
 下にもある存在」として突きつけられ(=門真市で小中高を過ごした荒巻、ザイトクに
 かぶれて「朝鮮人殺せ」とネットに書き込む中学生、ザイトク暴力暴言の実態など)、
 非常に考えさせられたと思う。
  ・・・・答弁を作る側としてはしんどかったと思う。

参照:6/12建設文教委・所管事項質問2:日の丸暴力集団の拡大と教育行政について
  (質問と答弁の全文)
     http://www.hige-toda.com/_mado05/2012/06kennbunn_q_a.htm#02
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.5; YTB730...@i222-150-201-121.s04.a027.ap.plala.or.jp>

●経緯12:【2012年6/23尼崎市議会ザイトク怒号事件:行政・議員の最悪事例!】
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 14/2/5(水) 23:50 -
  
 参考:2012年6月議会特集 http://www.hige-toda.com/_mado05/2012/06gikai.htm
 「6/23尼崎市議会ザイトク怒号事件」について、非常に重要な2本の投稿を最紹介する(「自由論争掲示板」から)
   ↓↓↓
■目前の差別暴力被害を見捨てる「在特会を相手せず」方針の非人間性と無策無能に怒り
      戸田 - 12/7/11
  http://www.hige-toda.com/x/c-board/c-board.cgi?cmd=one;no=7123;id=01#7123
 (前略) 
1:この件で戸田が一番強く怒っているのは、(ザイトクの愚劣さ、それへの怒りはも
 う言うまでもない)「議会という公共の場で、議員にとっては『自分の職場』で」、
 「ザイトクが老人や在日住民に差別暴力を振るっている(あの罵声怒号は「暴力」と
 認定すべき)のに、その被害者を助けず、「知らん顔」をし続けた「在特会を相手に
 せず派」の「人権派」の連中のアホウさ加減だ。

2:もしも「在特会を相手にせず」論が正しいとすれば、それは唯一「自分がザイトク
 の罵倒攻撃されても相手にしない=直対応・反撃しない」事で集会などの進行をスム
 ーズに行なう場合だけだ。

3:しかし自分以外の一般市民が、ましてや老人や在日女性が、自分の目の前でザイト
 クの差別暴力に襲われている時に、差別暴力の被害者を助けずかばわず、自分の身を
 挺して守ることもせず、その場の管理者に暴力加害者の排除や処罰を求める事もしな
 い・・・・、つまり「自分の目の前の暴力被害者を見捨てる」事を正当化出来るもの
 では絶対にない!

4:犠牲になっているのは「自分」でも「自分と同じ意志一致をした仲間」でもなく、
 一般市民ではないか!
  ある種の覚悟を決めてデモや座り込みに参加した人ではなく、議会という公共の、
 民主主義の場に来た一般市民ではないか!

  自分の目の前で無辜の女性や老人が暴漢共に襲われているのに、助けもせず声も出
 さないとは、いったいどういう神経をしているのか!
  それでも人間か! 人権を語ってきた者のやる事か!
  ましてや「市民を守る責務」を持っている議員がそれをするとは何事か!

5:こういった非人間的な感性を正当化するのは、いわゆる日共的な「挑発に乗るな」
 論である。
  その根底にあるのは「権力・右翼の暴力に対する恐怖感を土台とした保身主義」、
 有り体に言えば「我が身かわいさ」と、自分らの企画をつつがなく進めたいという静
 謐主義、言い換えれば「事態の混乱を活力に転化できない己の無能さの隠蔽」である。
  だからこそ「我が身」ならぬ「他人」に差別怒号が襲いかかっても平気だったのだ。
 「人の痛みは3年でも我慢出来る」と言うからね。

6:尼崎市議会で日の丸反対側の対応を仕切ったのは尼崎市議達である事は間違いな
 い。
  共産党の議員達はザイトク問題にほとんど無知だから(共産党やその企画がなぜか
 ザイトクの襲撃対象にならないのは非常に不思議だが)、実際に「在特会を相手にせ
 ず」論で取り仕切ったのは、社民党も含めたいわゆる「市民派議員」達であるはずだ。

  これらの圧倒的多数(全部?)は、「口先だけでの人権派」であり、ザイトクと対
 決せず、ザイトク襲撃の被害者を助けようとせず、ザイトク問題を行政の課題とせず
 (まさに人権施策への破壊攻撃なのに!)、ザイトクの差別暴力を批判する声明に署
 名する事すら嫌がる議員達である。
  分かりやすく言えば「自分はザイトクに目を付けられたくない!」一心なのだ。

7:実は、今回の「ザイトクが尼崎市に来る!」事件は、ザイトクを取り締まり封じる
 絶好の機会でもあったのだ。
  ザイトクにどうやってタガをはめたらいいかは、2011年9月の門真市議会答弁で示
 された「門真市モデル」に明確に示されている!

  ある議員が市当局に文書質問や議会質問をして、「差別を許さない人権行政」を再
 確認させ、ザイトクの差別怒号の動画を見せて、そういう行為が「差別と人権侵害に
 該当する(可能性が高い)」と認定させ、市内で差別怒号事件が起こった時の見解表
 明や公共施設にザイトクが来た時の対応や庁舎管理の徹底を約束させればよかったの
 だ。
  
  戸田は彼らにその事を何度も何度も情報提供し提起してきた。
  しかし彼ら彼女らはそれを全くやろうとしなかった!
  今年の1月2月には尼崎市役所にザイトクがイチャモンつけに来ていたようだか
 ら、3月議会で取り上げればよかったのにしなかった。
  日の丸問題でザイトクが押し掛ける事が分かりきった6月議会で取り上げて、行政
 にザイトク対策・反差別人権擁護の対策を取らせていれば、こんな酷い事件は起こら
 なかった!

 ◆こういう「住民の人権や安全を守るためにやるべき事をやらない」無能無策さ、効
  果的な対処方策(門真市モデル)が明示されているのに取り組まない無能無策さ
  が、今回の「市役所・議場内での差別怒号事件」を許してしまったのだ。

8:こういった「自分はザイトクに目を付けられたくない一心の議員達」に同調して
 「在特会を相手にせず」方針に賛同した市民運動側にも大きな責任がある。
  その中には在日コリアンの人々や団体もあるが、その判断は全く間違いだったと
 戸田は厳しく批判する。
  あなたがたにも尼崎市議会市役所内の差別怒号被害者を見捨てた責任があるのだ。

 ◆在日コリアンも含めたこれらの運動団体の中心的な人々の多くは、いろんな集会で
  戸田からのビラを受け取り、反ザイトク闘争の「門真市モデル」を知っていたはず
  だ。
   それなのになぜ、尼崎の議員達をつついて尼崎行政にザイトク対策を取らせよう
  としなかったのか?

   ザイトクが市役所や議会に来て人々に差別怒号攻撃をかける事を、なぜ行政に阻
  止させる手立てを考えなかったのか?
   (門真市の成功モデルが戸田から何度も提示されてきたのに!)

 ◆いくら「現地議員の指揮には従わざるを得なかった」とはいえ、目の前で在日コリ
  アン女性や一般老人がザイトクに罵倒暴力を受けているのを見て、やめさせよう、
  かばおう、と声や体を使わなかったのはおかしくないか?

 ◆これほど酷い差別怒号暴力が市役所や議場内で行なわていながら、それを放置=容
  認した議長や施設管理者に怒りを向けて対処を求めないのはおかしくないか?

9:■今回の事件は、「役所や議会内で差別怒号やり放題の悪例を作ってしまった」事 
 を意味する。
  2010年3月に生駒市・市議会の無策によってザイトク乱入暴れ放題事件が起こった
 が、2011年になって9月に門真市で「門真市モデル」の策定がされ、生駒市でも在日
 コリアン住民宅への襲撃街宣を契機に10月に「市長名での在特会への謝罪要求と、謝
 罪しない限り面談拒否」施策が実行されて、全国の自治体が進むべき方向がしめされ
 たのに。

 ■少なくとも尼崎市では、市長や議会がザイトク暴力排除の厳しい姿勢を示して、今
  までと違う新たな対処策を作らない限り、ザイトクは今後もやりたい放題だ!

10:今回ザイトクの被害に遭った人達は、「市役所・議会という、安心できるはずの場
 所でいきなりあんな酷い罵声暴力を受けた」、「あんな酷い被害に遭っているのに誰
 も助けてくれなかった!」、「市の職員も議員さん達も、みんな知らん顔だった!」
 事に酷く傷つけられたはずだ。

  それを周りで見ていた一般市民達も職員達にも「日の丸掲揚に反対したらあんな怖
 い目にあってしまうんだ、誰も助けてくれないんだ」という恐怖感が強烈に刻み込ま
 れてしまったのは間違いない。

11:尼崎で「在特会を相手にせず」論を提唱した者達、それに従ってしまった人達は、
 これらの被害や損害への責任をどう取るのか?!

12:「日の丸掲揚反対・尼崎市議会闘争」に参加した全ての人々の間で、この戸田の指
 摘が真摯に検討されるべきである。
  在特会研究所さんやピース君らのみなさんは、ぜひこの戸田指摘を関係者に渡して
 いって欲しい。

 ■ザイトクの差別暴力を行政・議会に公認させ、目の前の被害者を見捨て「沈黙の容
  認」をするに等しい、愚劣な「在特会を相手せず方針」を2度と使わせてはならな
  い。
   全国各地で似たような問題が次々と起こっていく状況にあるのだから、一刻も早
  くこんな愚劣な「方針」を粉砕し、ちゃんとザイトク暴力を封じ込めて排除できる
  方針を作っていかねばならない。  

 ★端的に言えば、「門真市モデルの途か、差別容認の尼崎市事例の途か」である。

 ■「総括とは次によく闘うための智恵の結集」なのだから、「闘う気持ちの無い者」
  からは「総括の名を借りた言い訳」は生まれても、真の総括は出て来っこない。

  特に一般人はいざ知らず、「護民官」たる責務を持つ議員という地位にありながら
 「自分だけはザイトクに目を付けられたくない一心」の「口先だけ人権派」の連中の
 心根は少なくともここ当分は直りそうにないから、こういう連中が持ち出す「在特会
 を相手せず方針」は徹底的に論破粉砕していかねばならない。

  まずは人権や差別の問題、日本の戦争や植民地支配の問題を真剣に考えて、差別を
 居直る者達に真剣に怒る人達を中心にして、「尼崎市議会・ザイトク差別怒号事件」
 の総括論議がなされるべきである。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

◎まるで現代のマルティン・ニーメラーを尼崎職員に見た 在特会研究所 - 12/7/24( 
  http://www.hige-toda.com/x/c-board/c-board.cgi?cmd=one;no=7129;id=01#7129

 委員会否決された議員提案の尼崎市の「日の丸条例」が、6月26日本会議で逆転可決されてからもうすぐ一ヶ月である。
 そしてこの日傍聴に来た在日の女性が、傍聴妨害の在特会のメンバーから「チョンコ」とか「お前なんか生きている価値ない」などの差別暴言を浴びせられ、尼崎市という地方自治体の民主主義と自由が根本的に問われてから一ヶ月となる。

 この事件の報告を聞いて私はさっそく、ジェンダーと人権擁護の姿勢を強調する稲村和美市長に宛てに、苦情と市政の根本的改善を求めるメールを送った。

 だが一週間後に送られて来た「人権課」からの回答書は、問題があったことを知っていたこと、そして尼崎市としてこれら人権問題についての対応規則があるだけを強調したなおざりなものだった。

 現実に議会棟前で、また本会議で問題が発生したことに対し、反省もしていなければ、今後どうするかなどにほとんど触れない、典型的なお役所仕事、机上の回答書だった。
 このあと私たちのグループが送った改善申し入れ書についても、今日現在、回答は届いていないし、確認の問合せすらまだ来ていない。

 今日7月23日、私は「もういい加減にしろよ」との思いを抱きながら、事件発生現場である尼崎市議会の議会事務局を訪問した。
 当日、事件発生のとき職員がどんな対応を取ったのか、どう対応したか確認したかったからである。
 ところが私の期待は見事に裏切られた。

 私に対応したふたりの職員のうち、若い男の職員は事件発生時、議会棟内におり、現場を見ていた。在特会の連中が本会議に来ることも予想していた。
 だが現実に彼は何もしなかった、なぜなら彼の仕事はこれから始まる本会議の傍聴が上手く行くかどうかだけだった。それが全てだ。

 議会棟の前で在特会が何を喚こうが、在日の女性が20分間も取り囲まれ、彼らから差別暴言を浴びせられようとも、彼には何の関係もない他人事であり、他の職員がする仕事だったのだ。

 私がこの職員に「あなたは自分の職場でこんな人権侵害が行なわれているのに平気だったのか、傍観者でいたのか」と聞いたところ、この男は平然として「私は担当部署の人間ではないから仕事をしながら、現場を見ていただけだ」挙句「あなたの来るところは違う。担当しているほかのところで聞いてくれ」と当然のように言い放ち、「これ以上何回聞かれても、わたくしの答えは同じです」と答えたのである。

 この対応はまさに現代の「マルティン・ニーメラー」であり、尼崎市版のマルティン・ニーメラーではないだろうか。

 電話で案内された市役所本庁舎8階の「保全課」の担当者の対応はまだましだった。
 彼は私の話を聞き、また「他からも文書が回って来ているのでこの事件のことは知っている」「市役所ないではいろいろな対応を行なっている、ただ今回は在特会が多く来たので対応し切れなかったと思う」などと話した。

 だが今回、傍聴妨害に来た在特会(反主流派)は、西村斉や荒巻など逮捕されている先鋭部隊不在の、おとなしい10人位の仕業である。

 保全課の職員は「インターネット情報でいろいろ知っている」と言っていたが、生駒市のことも神戸で起こったことも知らなかったし、そもそも「在特会とは数人が来て無理難題を言う」位の認識しかなかったようだ。

 ともかく尼崎市の基本的な姿勢と体制の改善が急務だと感じた。
 このままでは「在特会の皆さん尼崎にどうぞ」と誘導しているようなものだ。
 稲村和美さんの人権感覚、ジェンダーに対する認識の甘さを感じてしまった。

 私たちは私たちの「会」からの改善申入れに対する正式回答の到来を見て、もう一度基本的な対応を考えたいと思う。
 それにしても尼崎市、あまりにもお粗末である。

 なお、今回の尼崎市議会傍聴嫌がらせを煽り旗振りした「おつる」は、自身のホームページで「日朝友好」を旗頭として全国的に展開されている「金剛山歌舞団」の公演に関して、これまで後援を行なってきた各地方自治体や教育委員会に対し、後援の取り消し、ストップを呼びかけており、既に川西市市長あてに後援取り消しの申入れを行なっている。
 この運動は右翼筋で、全国的な規模で展開されているようだ。

 尼崎市議会も当然その対象となる。そのため保全課の担当には「おつる」の文書をコピーして渡した。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.5; YTB730...@i222-150-201-121.s04.a027.ap.plala.or.jp>

●経緯13:【2012年7〜12月、領土熱、ヘイト拡大、12月衆院選で右翼安倍政権へ】
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 14/2/6(木) 14:20 -
  
参考:戸田HPでのザイトク特集(2)
        http://www.hige-toda.com/zaitoku/zaitokukai_2.html
   2012年9月議会特集
     http://www.hige-toda.com/_mado05/2012/09gikai.htm
   「自由論争掲示板」
     http://www.hige-toda.com/x/c-board/c-board.cgi?cmd=tre;id=01

1:この時期は民主党政権最後で最悪の野田政権(2011年9月成立)の終盤であり、
  釣魚島・独島(いわゆる尖閣・竹島)問題対応で「領土排外主義」を高め
      (右翼全般とザイトクに大きな追い風)、
    脱原発運動への敵対を深め(「全原発停止」になったが、再稼働策動やガレキ
       問題で弾圧あいつぐ)、
    消費税値上げ3党合意ー11/16「やけくそ解散」でなだれ込んだ
    12/16衆院選挙で、自民・維新・みんなの右翼改憲勢力圧勝、公明党も大勝利とな
     り、政権再交代」ー安倍右翼政権樹立
 に行き着く過程だった。

2:こういう状況の中で、ザイトクは「脱原発活動を襲撃する、罵倒し妨害する」事にも
 より力を入れるようになった。

3:■また、ヘイトスピーチデモが増大しただけでなく、その中で「朝鮮人殺せ!」など
 今までは少しははばかられていた言葉が公々然と叫ばれ、プラカードに書かれるように
 なった。「差別殺人扇動」がネットにも街頭にも公然とあふれ出てきたのである。
   ↓↓↓
 ◎在特会など排外主義ヘイトスピーチにどう立ち向かうべきか
   在特会研究所 - 12/12/5(水) 1:33 -
http://www.hige-toda.com/x/c-board/c-board.cgi?cmd=one;no=7223;id=01#7223
  このところ、在特会のヘイトスピーチがますますエスカレートしている。
  11月11日の「韓国粉砕国民大行進in新宿」では300人近いデモ参加者が「朝鮮人
 を皆殺しにせよ」「朝鮮人を叩き殺せ」「朝鮮人を焼き殺せ」などと新宿の街中を大声
 をあげ練り歩いた。
  同じ日の立川の「特別感謝自衛隊応援国民行動in立川」では「ゴキブリ左翼を撃ち
 殺せ」「反日左翼を焼き殺せ」などと喚きまわっている。

  これまで「朝鮮人殺せ」などはもっぱら会長桜井誠の「専売特許」だった。
  社会的経験の薄い若者が多い在特会と言え、その言葉が社会的常識に反すると感じ、
 かろうじて使用を躊躇していたに違いない。
  それが今回、これまで「禁句」化した言葉が急速にオープン化し、エスカレートした
 のである
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

4:少し前の時期になるが、4月からザイトクが「はだしのゲン」を排除する運動も始め
 ていた。(⇒これが2013年8月になって全国問題となる)
    ↓↓↓
 ▼ 「はだしのゲン」を「有害図書」にしろと迫る在特会の悪行
     在特会研究所 12/5/8(火) 10:13
   http://www.hige-toda.com/x/c-board/c-board.cgi?cmd=one;no=7037;id=01#7037
  ・・・山陰の在特会が、この4月以降、西村斉など関西の支援の下、松江市教育委員
  会に「はだしのゲン」にはウソが一杯書かれており、反日左翼の「有害図書」だか
  ら、学校の図書室や、各図書館から取り外せ、展示貸出をするなと脅しをかけてい
  る。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

5:領土排外主義の噴出という事では、各地の6月議会、9月議会で北朝鮮だけでなく韓
 国・中国も標的にする「意見書」の採択が自民党主導で拡大した。

 ※この動きに対して戸田は6月議会・9月議会で断固として反対して、「釣魚諸島(尖
  閣列島)は中国のものであり、独島(竹島)は韓国のものである」との大論陣を張
  り、10月にはそのパンフまで作って公表した。
   ↓↓↓
 ★戸田の領土問題渾身パンフ「そこは日本領土にあらず!」がついにネットでも
   公開!   戸田 - 12/10/29
   http://www.hige-toda.com/x/c-board/c-board.cgi?cmd=one;no=7171;id=01#7171
 
 ▼ 独島、釣魚台と戦争責任で噴出する排外主義と対決を 『未来』読者 12/10/29(月)
  http://www.hige-toda.com/x/c-board/c-board.cgi?cmd=one;no=7174;id=01#7174

 ▼ ザイトクの妨害蹴散らし、12/23反天皇集会・デモに戸田も参加する!
    講演もします! 戸田 12/12/21
  http://www.hige-toda.com/x/c-board/c-board.cgi?cmd=one;no=7243;id=01#7243
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

6:こういう右傾化激しき中でも、反ザイトクの運動は勇気を持って進められたし、司法
 でも刑事裁判で有罪、民事裁判で賠償命令が出るようになった。
   ↓↓↓
 6月:◎川東に150万円の損害賠償判決! 在特会研究所 - 12/6/29
   http://www.hige-toda.com/x/c-board/c-board.cgi?cmd=one;no=7098;id=01#7098
 7月:
   ◎徳島教組襲撃のおつる等ザイトク19人を起訴へ!徳島地検への起訴要望運動に
    協力を!戸田も参加した「7/24徳島集会」で
        http://www.hige-toda.com/zaitoku/zaitokukai_2.html
   ◎京都朝鮮第一初級学校襲撃事件民事裁判いよいよ佳境へ
       在特会研究所- 12/7/12(木
   http://www.hige-toda.com/x/c-board/c-board.cgi?cmd=one;no=7124;id=01#7124

 8月・9月:
  ▼ 早急に徳島検察庁に「徳島教組襲撃ザイトク19人への起訴要望書」を出そう!
      戸田 12/8/27(月
  http://www.hige-toda.com/x/c-board/c-board.cgi?cmd=one;no=7142;id=01#7142
   ◎「起訴を求める要請書」の提出、ありがとうごじざいました。
         徳島県教職員組合 - 12/9/4
   http://www.hige-toda.com/x/c-board/c-board.cgi?cmd=one;no=7151;id=01#7151

 12月:◎ロート製薬事件、西村斉に3年6ヶ月の実刑判決!
        在特会研究所 12/12/18(火) 20:52
   http://www.hige-toda.com/x/c-board/c-board.cgi?cmd=one;no=7239;id=01#7239
    ◎西村斉、実刑判決後控訴、保釈される 在特会研究所 12/12/2
  http://www.hige-toda.com/x/c-board/c-board.cgi?cmd=one;no=7241;id=01#7241
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

7:脱原発・ガレキ拡散反対運動やそれへの弾圧としては、
   ↓↓↓
  ▼ 11・4 大飯即時停止・パナソニック包囲デモのお知らせ 吉岡力 12/10/27(土
   http://www.hige-toda.com/x/c-board/c-board.cgi?cmd=one;no=7168;id=01#7168

 ●11/13ガレキ反対市民逮捕糾弾!4人逮捕と大阪市試験焼却決定がシンクロする異常
     戸田 12/11/16
  http://www.hige-toda.com/x/c-board/c-board.cgi?cmd=one;no=7190;id=01#7190
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

8:そして12/16衆院選挙で、「政権再交代」ー安倍右翼政権樹立となった
   ↓↓↓
  ■クソッ!自公圧勝、維新大勝、未来社共惨敗で右翼勢力圧勝とは腹立たしい現実だ
     戸田 - 12/12/16
   http://www.hige-toda.com/x/c-board/c-board.cgi?cmd=one;no=7232;id=01#7232

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
9;戸田の議会質問での最大の追及課題は、「糸さん事件」=「中央小解体工事疑惑事
 件」http://www.hige-toda.com/_mado04/itosan/index.htm
 だった。
  6月議会以降、本会議でも常任委員会(建設文教常任委員会)でも、ものすごい勢力
 を費やした。
 
 ・・・・しかし、2013年度からは3常任委員会の所管範囲が与党賛成多数で替えら
 れて、「建設所管」が「総務建設常任委員会」に移行され、戸田の所属は文教問題だけ
 を所管する「文教常任委員会」になってしまう。
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.5; YTB730...@i60-35-89-116.s04.a027.ap.plala.or.jp>

●経緯14:【2012年12月議会】★施設を使わせない・職員研修の答弁!暴対逆手に!
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 14/2/7(金) 12:57 -
  
参考:2012年12月議会特集
        http://www.hige-toda.com/_mado05/2012/12gikai.html
     <暴対法からみで市施設の各条例を改定する議案の質疑・答弁の集約>
         〜都市建設部:公園、教育委員会:文化会館・学校施設・公民館
          ・運動広場・テニスコート・教育センター〜
       http://www.hige-toda.com/_mado05/2012/12gikaiboutaihou_q_a.html

★2012年12月議会では反ザイトク施策で画期的進展をさせた。
  即ち、★1:ザイトクには会館・公園・道路など市の公共施設を使わせない!
        (使用申請があっても不許可にする)
        (許可を出した後でザイトクと判明したら許可を取り消す)
     ★2:そういう判断が出来るように、市直営でも民間委託でも、公共施設の管
        理運営をしている職員や団体に対し、ザイトクについての研修をやる!

 という内容の答弁を引き出したからだ!
   ★これで門真市では、ザイトクが差別罵倒デモや暴力的襲撃・威迫の出発地点や到
    着地点や公園を使ったり、その手の集会場所に公園や会館を使ったりする事が抑
    止・禁止される事になった!(市道についても同じ)
 (この重要部分が「ザイトク特集」に不記載なのは、戸田のミス。今後追加)

  この事について、以下に説明していく。

1:この時期、ザイトクが従軍慰安婦問題などの集会場所の会館の別の部屋を借りて集会
 設定をすることで妨害混乱を図る、という事例が発生していた。
  考えてみれば、ザイトクがヘイトの集会・デモ・街宣が出来るのも行政が公共施設た
 る会館や公園、道路をザイトクに使わせているからだ。

  言い替えれば、自治体行政がザイトクに公共施設を使わせなければ、ザイトクの活動
 はその大半を封殺する事が出来る! その事に戸田は気が付いた!
  
2:本来、差別・人権侵害・暴力行為を常習しているザイトクのような「反社会的集団」
 に公共施設を自由に使用させる方がおかしいのだから、ザイトクを利用している警察は
 ともかくも、「同和人権行政」を長年続けてきた自治体行政は、「ザイトクの使用を許
可しない」施策を行なうべきだし、そうすることが十分に可能なはずだ。

3:しかし実際には、議員が厳しく突き上げないと、行政はそれを正式な施策にはしな
 い。
  それが実現できるのは、まずは戸田のいる門真市だから、門真市で先例をつけよう。
 (部落解放同盟が大きな影響力を持ってきた大阪市などが、全く対応しないのは、解放
  同盟本部派やその協賛議員達が如何にザイトク問題に不甲斐無いか、の証左であ
  る。ちなみに門真市には部落も解放同盟も無いが、反ザイトクで頑張っている。)

4:そう思っている所に、12月議会で「暴対法がらみの条例改訂議案」が続々出てきた。
  これは全国どこの議会でもこの時期に出されたのだが、戸田だけは「住民情報の無限
 定な吸い上げと法治主義の否定、警察利権の肥大化による警察管理国家への策謀=暴対
 法体制断固反対!」の立場を堅持しつつ、(暴対法問題については別記)

 ★「暴対関連条例改訂議案を逆手に取って、ザイトクの公共施設使用禁止施策を市に答
  弁させる」手法を考えついた!
 ★しかも暴対関連条例改訂議案のほとんどが、戸田所属の「建設文教委」にかけられる
  事を利用して、本会議質問でも委員会所管事項質問でもなく(それらは他の重大案件
  に使って)、「議案への質疑」を活用して答弁させる、という効率的手段も発案し
  た!

5:これは我ながら実に見事な頭脳作戦である!こんな発想と実行が出来た議員は全国で
 戸田ただ一人だ。だてに「プロの左翼活動家」を30年以上やってるわけじゃない。
  そして戸田のその作戦は見事に成功した!

  まずは2011年9月議会で「ザイトクの差別罵声デモ・街宣の実態に対する明確な批
 判姿勢」を出させて「反ザイトクの基本姿勢の表明」をさせ上で、
 ★今度は「行政の日常業務の中での反ザイトクの具体行動」を約束させたのである!

6:もちろん、「議会答弁」の事だから、直接に「ザイトクには施設を使わせない」とい
 う言葉が使われているわけではない。しかし答弁の論理と中味において、まぎれもなく
 「ザイトクには施設を使わせない」という事が確約されている。
  委員会での質疑・答弁の実際を以下に紹介していく。

 双方の原稿紹介は戸田HPの「2012年12月議会特集」内(12/13建設文教委)
  <暴対法からみで市施設の各条例を改定する議案の質疑・答弁の集約>
    〜都市建設部:公園、教育委員会:文化会館・学校施設・公民館・運動広場
     ・テニスコート・教育センター〜
       http://www.hige-toda.com/_mado05/2012/12gikaiboutaihou_q_a.html
にあるが、さらに詳しく、門真市議会HP議事録から紹介する。
         ↓↓↓
(議案第81号:門真市都市公園条例の一部改正について:議事録46P、戸田質疑から)
http://www03.gijiroku.com/kadoma/CGI/voiweb.exe?AC【URL短縮沸:C-BOARD】;
 (分かり易くするために一部に行整理や「 」付与。※〜※部分は戸田の解説。)
         ↓↓↓
◆戸田委員
  では、次の質問に移ります。次、少し見方を変えますが、2011年9月議会と12
月議会で取り上げたように、近年、公衆の面前で差別怒号を行ったり、集会や個人を襲撃する排外主義差別暴力集団が横行しています。
 近年では、朝鮮人を殺せ、たたき出せ等と怒号して、大都市でデモをするというのが頻発している。そこまで悪化していますね。

 他市でそういう集団、グループが市の公園を利用して、差別怒号のデモの出発点や到着点にしたり、またよそさんの集会企画に対する差別怒号を伴った妨害行為への出撃場所としたりする事例が多々発生しております。

 このような、まさに彼らは「集団的に、または常習的に人権侵害の差別怒号や暴力的襲撃を行う集団、グループ」なわけなんですけれども、こういった集団、グループに対して、門真市は公園の使用を認めるべきでないと考えます。
 それは、門真市の住民に対する人権侵害、名誉侵害、平和平穏に暮らす権利の侵害になるからと思うわけですけれども、この点について市の見解はどうでしょうか。

◎真砂 土木課長
  門真市都市公園条例の第6条において、公園施設等を損傷、汚損するなど公園の管理に支障がある行為や、公園を用途以外に利用することを禁止しており、このような行為を発見したら、毅然とした指導を行うべきものと考えております。
 また、委員御指摘の「人権侵害をうかがわせる差別怒号など人に恐怖感を与えるような行為」は、明らかに「周辺住民の平穏を阻害するような行為」として含まれるもので、警察と連携して対応すべきものと考えております。

◆戸田 委員
  今の条例の範囲でもちゃんと対応するという見解がありました。
  ※ 戸田が「公園の使用を認めるべきでない」と述べたのに対して「差別怒号などは
   は明らかに周辺住民の平穏を阻害する行為だ」として、「そういう平穏阻害行為は
   警察と連携して対応すべき」という2段論法で答えている。
    直接には「差別怒号集団には使用許可を出さない」とは答えていない。

  ※★だが、元々門真市都市公園条例(2012年12月改訂)第4条(行為の許可)に
    4 市長は、第1項各号に掲げる行為が次の各号のいずれにも該当しない場合に
     限り、第1項又は前項に規定する許可を与えることができる。
     (1)公衆の公園の利用に支障を及ぼすと認めるとき。
     (2)集団的に又は常習的に暴力的不法行為等を行うことを助長するおそれが
        ある組織の利益になると認めるとき。

   とあるのだから、「差別怒号・暴力行為」常習のザイトクは、この(1)にも
   (2)にも該当し、★「市長が使用許可を与えてはいけない対象」になる!
                               〜※ 
  さて、そのような差別怒号、暴力集団の実態や組織の名前、名の知れた活動家につい
て、市は、「人権を守り住民の安全・安心を守る責務」を強く自覚して、情報収集や研修をしっかり行って、それを判別して毅然たる対応をとるべきと思いますが、どう考えますか。

◎真砂 土木課長
  平成23年9月議会にて市民部長より御答弁申し上げたとおり、「差別を助長し、人権を侵害しかねない行為であると危惧するもの」であり、「人権、民族、門地など、人が生まれながらにして持ち、みずから選択する余地のない点や国籍などの属性をとらまえての差別行為は、許されるものではない」との考え方に基づき、市の立場として毅然とした対応をとるべきものと考えております。

◆戸田 委員
  そのようにぜひお願いしたいと思います。
 続いて、使用申し込みのときにはそうと知らずに使用許可した場合、よそから通報があって、実はそういう集団であることが判明したり、当日の行動で差別怒号の行為が判明したりしたら、使用許可を取り消して強制排除も辞さずと、毅然と対応すべきと思いますが、どうでしょうか。

◎真砂 土木課長
  条例第4条により許可をした場合でも、第6条に違反する行為が明らかになった場合は、第15条に基づき毅然とした処分を行うとともに、さきに御答弁申し上げたとおり、「明らかに周辺住民の平穏を阻害するような行為」が判明すれば、警察に通報し、連携して対応しているところでございます。

 ※★まだるっこしい言い方をしているが、条例規定からからして、「使用許可後にザイ
  トクと判明したら許可を取り消す」ものであり、なおかつ「平穏阻害行為が判明すれ
  ば警察に通報してやめさせる」、という意味である。

  ※第6条(行為の禁止)
    (12)公園を用途以外に利用すること。
   第15条(監督処分)
      市長は、次の各号のいずれかに該当する者に対して、この条例の規定によっ
      てした許可を取り消し、その効力を停止し、若しくはその条件を変更し、又
      は行為の中止、原状の回復若しくは公園からの退去を命ずることができる。
   ・・・(4)第4条第4項各号のいずれかに該当することとなったと認められた者

    2 市長は、次の各号のいずれかに該当する場合においては、この条例に規定す
     る許可を受けた者に対し、前項に規定する処分をし、又は同項に規定する必要
     な措置を命ずることができる。
    ・・(2)公園の保全又は公衆の公園の利用に著しい支障が生じた場合
      (3)公園の管理上の理由以外の理由に基づく公益上やむを得ない必要が生
         じた場合
               〜※
◆戸田 委員
  次、9番目の質問です。条例の使用許可の対象外なる規定の中に、「集団的に又は常習的に人権侵害の差別怒号や暴力的襲撃を行う組織の利益になると認めるとき」、という一文を加えるべきと思いますが、この点についてはどうでしょうか。

◎真砂 土木課長
  委員御提案の条例に加えるべき内容に関しては、さきに御答弁申し上げたとおり、現行の条例で対応できるものと考えております。

  ※★戸田の提起を否定したように聞こえるが、実際には「人権侵害の差別怒号や暴力
   的襲撃」という文言を加えなくとも、それは市が出している「暴力的不法行為等を
   行う」という文言の中に含まれていると考えて対応するから大丈夫ですよ」、とい
   う事である。 〜※

◆戸田 委員
  条例の文案は変えないということでなんですが、それでは、公園の使用規則や申請者への説明文の中に、「差別や人権侵害に該当すると思われる企画には貸さない」旨を加えること、これは十分に可能ではないでしょうか。どうでしょうか。

◎真砂 土木課長
  委員御提案の公園使用規則等に「差別や人権侵害に該当すると思われる企画には貸さない」旨を加えることにつきましては、現行の条例及び許可条件等を遵守させるよう努めてまいります。
  ※ これも「市が出している条文にそういう趣旨は含まれているから大丈夫ですよ」
   という意味。 〜※

◆戸田 委員
  それでは、ここに書いてあります条例案には、「集団的に又は常習的に暴力的不法行為等を行うことを助長するおそれがある組織の利益になると認めるとき。」とありますが、この認める主体は誰でしょうか。
 市であるはずですけれども、もう一遍確認します。どうですか。

◎真砂 土木課長  認める主体は、市であります。

  ※★これ、実は極めて重要な事!
   「認める主体は市だ」というのは、「警察ではなく、門真市が独自に判定する」と
   いう事だから、「ザイトクに甘い警察の意向に囚われない」主体性を市が持つとい
   う事だ!
    ちなみに暴対法においては、「集団的に又は常習的に暴力的不法行為等を行うこ
   とを助長するおそれがある組織の利益になる」と認める主体は警察のみであり、警
   察が認定しない限りは、たとえどれほど客観的証拠があろうとも、極端に言えば本
   人が自認していようとも、それは認められないのである。
                            〜※
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 議案第83号:「門真市立文化会館条例等の一部改正について」
  戸田質疑(議事録50ページ)

※■「施設担当職員へのザイトク研修」については、所管施設が多く、民間による指定管
  理も多い教育委員会への質疑として行なった。
   なお、答弁するのが市長部局であろうが教育委員会であろうが、議会で答弁された
  事は市長部局と教育委員会を総合した「門真市としての答弁」となる。

※また、「民営も含めた市の公共施設全部」の担当職員を対象とした研修を求めたのも、
 「戸田のぬかりの無さ」の一環である。
  こうしておかないとザイトク規制の実効が上がらないのだから。  
                                 〜※
◆戸田 委員
  これは教育委員会や都市建設部とも協議はした上でのことなんですけれども、暴対法の関係、その言葉、条例改正案の文言ですね。
 その意味や位置づけ等について、そして差別怒号、暴力的襲撃をするような昨今の団体に対する対応については、答弁は全く同じと、こういうことで確認してよろしいでしょうか。同じかどうか、答弁をお願いします。

◎脊戸 地域教育文化課長
  委員御指摘のとおり、先ほどの答弁と全く同じでございます。

◆戸田 委員
  では、1点だけちょっと違う部分を聞きます。
 これは市の多くの施設が並べられております。そして、またここでは直営ではない指定管理の施設もこれは含まれております。
 この部分だけを別途聞きます。

 この今条例改定案の対象になっている中で、組織について、特に市の直営でない施設については、その管理者と施設の職員に対して、教育委員会が議会質問・答弁の全文や、私のほうから市に既に提供してある動画などの資料も渡して、認識と見識を市及び教育委員会と一体化させるようにする必要があります。

 それについて教育委員会は、具体的にいつからどのような方策をとっていくのか、回答ください。

◎脊戸 地域教育文化課長
  地域教育文化課では、指定管理施設を含め所管の各施設の館長会議を毎月開催しております。
 しかしながら、今回の条例一部改正では、スポーツ振興課あるいは、学校教育部所管の施設も対象となっていることから、教育委員会所管の指定管理者の職員に対しても、委員お示しの議会質問・答弁等さまざまな資料を含め、情報提供する機会を設けることについて考えていきたいと存じます。

 また、来年2月に警察による暴力団対策研修も実施が予定されていることから、その研修に関係職員を参加させていきたいと考えております。
 以上でございます。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.5; YTB730...@i222-150-200-208.s04.a027.ap.plala.or.jp>

△補足:12/20本会議での暴対法関連議案への戸田の反対討論〜なぜ反対するのか?
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 14/2/7(金) 13:16 -
  
 「暴対法反対」と言えば、「お前は暴力団に味方するのか!」という非難が浴びせられる。
 だから、共産党も市民派も、「暴対法と暴対法体制」には決して反対しない。
 しかし、キツネ目の男=宮崎学氏の弟子たる戸田はそうではない。「暴対法と暴対法体制」に対して当初から断固反対している。
 (連帯労組の関西地区生コン支部・武委員長も断固たる反対派である)

 なぜ反対なのか? その意味を戸田は12/20本会議での暴対法関連議案への反対討論で示しておいた。(こういう反対討論をしたのは、全国で戸田だけのはず)
       ↓↓↓
 (TITL_SUBT=%95%BD%90%AC%82Q%82S%94N%91%E6%81@%82S%89%F1%92%E8%97%E1%89%EF%81%7C12%8C%8E20%93%FA-02%8D%86&;SFIELD1=HTGN&SSPLIT1=+%2B%2F%21%28%29-&HUID=52826&KGNO=309&FINO=511&HATSUGENMODE=1&HYOUJIMODE=0&STYLE=0" target="_blank" title="http://www03.gijiroku.com/kadoma/CGI/voiweb.exe?ACT=200&KENSAKU=0&SORT=0&KTYP=1,2,3&KGTP=1,3&TITL_SUBT=%95%BD%90%AC%82Q%82S%94N%91%E6%81@%82S%89%F1%92%E8%97%E1%89%EF%81%7C12%8C%8E20%93%FA-02%8D%86&;SFIELD1=HTGN&SSPLIT1=+%2B%2F%21%28%29-&HUID=52826&KGNO=309&FINO=511&HATSUGENMODE=1&HYOUJIMODE=0&STYLE=0">http://www03.gijiroku.com/kadoma/CGI/voiweb.exe?AC【URL短縮沸:C-BOARD】;門真市議会議事録から)
    (分かり易くするために一部に行整理や「 」付与)
【 戸田 】
 さて、その他の議案の中で議案第78号、第80号、第81号、第82号については、全ていわゆる暴対法に関連する議案です。
 暴対法、暴力団対策法が施行されて、それが行政の隅々、いろんな市民生活の隅々に全部及んでいく、市の条例の中にどんどんそれに連携する条文を組み込んでいく、こういう流れの中で起こったものであります。

 ですから、これについては、まず一貫して暴対法との関係において、その反対の意味を述べていきます。

 これは、戦前においては、治安維持法体制、国家総動員法体制というのがあって、強権支配がされましたけども、今は全く、一応形の上では民主主義の社会ですが、警察が強大な権力でどんどん情報を握って、暴対法という形で暴力団対策だという錦の御旗のもとに国民の情報をどんどん吸い上げ、警察のみが判断をしていく。

 そういう体制をつくり、そしてそれを暴力団か否かを判断できるのは警察だけだということをもって、各民間団体、自治体にどんどん天下り先をつくっていく。
 こういう利権の構造、そして情報吸い上げの構造になっています。

 そして、また暴対法そのものは、法治主義ですね、何をしたか、行為によって裁かれるという、もう刑法の基本原則を踏みにじって、その人間の身分、その人間がどの団体に所属しているか、何をやったかじゃなくて、その団体に所属が否かということでその人間に不利益を課していく、その人間が生活しにくいように、活動しにくいようにしていくということで、刑法の大原則を犯しているという点があります。

 さて、今回の条例の絡みでいえば、例えば市営住宅の入居基準、入居についてですが、今まで市営住宅で暴力団が問題になったとかいうことは、聞いたところこの10年間全くない。
 これは、公園の条例でも一緒であって、特に暴力団のことで問題、トラブルになったということは一切ない。

 今現在、このような条文改正をやらなければならない必要性が全くない。
 それは、自治体の必要性は全く関係なくて、警察がそれを全国に及ぼしていくという中で、全国の自治体が右へ倣えをしているにすぎない、こういう問題点があります。

 そして、公園の使用にしろ、文化施設の使用にしろ、そして市営住宅、公営住宅の入居にしろ、あらゆる申請事項について、警察に個人情報を市が渡していくと。
 こういう仕組みになっていきます。
 市営住宅であれば、今の入居者はともかくも、これからの入居者、そして入居を希望する人、その氏名、生年月日、当然家族構成も含めてわかるわけですが、全部自動的に警察に流れていく。

 さて、「私は悪いことをしてないし、暴力団と関係ないんだから、警察に住所を知られたってどうってことないですよ」という多くの人の一般感覚の上に乗っかっていると思いますが、考えてほしい。

 今、市が保管している住民票の情報というのは、警察に自動的に行くことはありません。
 何か事件があり、捜査があるときにのみ提供していく。
 運転免許を申請するであれ、どこに泊まるであれ、どこの会館を借りるのであれ、何か事件性があると警察が判断したときにのみ情報は提供するのであって、自動的にやるということはありません。

 そして、じゃ、こういった、警察は自動的にどんどん、どんどん情報を収集していって、警察の中でどのようにそれが使われるのか。

 暴力団か否かだけを判定するためだけに使われるなんてことは、実際にはあり得ない。どうとでも使える。
 紙で出したとしても、電子情報に打ち込んでどんどんリンクさせていく。

 そして、氏名さえ、名前さえわかれば、ぱっと、例えば公営住宅に住んでいるか否か全部点検できて、例えば反原発運動でいろいろやっている。

 つい10月に大阪駅の北から南にプラカードを持ってみんなでわあわあと通り抜けた。 これが12月になって威力業務妨害だとこじつけられて10何人逮捕されている。10何人ですかね、数人逮捕されている。

 大学の准教授まで逮捕されて、その瓦れき受け入れ反対、脱原発のいろんな活動をしている准教授の自宅が襲われて、パソコンも全部持っていかれる。
 パソコンが全部持っていかれるということは、その人の交遊関係、思想、全てを警察が奪っていくということ、のぞき見していくということでありますね。

 そんなことがまち中で、「あ、誰それだ」と名前がわかれば、たちまちそういうことをやっていく。
 あるいは公務員が休日に一個人としてビラまきをする。これ自体が違法だと弾圧されてきた。
 その事件のときには、もうずうっと1カ月も尾行しておりました、警察がね。
 そういう尾行するための材料をどんどんつくっていくのがこの情報提供になってしまいます。

 一般の人はそこまでは考えてないかもしれないけれども、警察というのが犯罪を取り締まってくれる頼もしい機関だという面だけではなくて、その中で数々の得た情報を個々人の警官が悪用したり、組織として悪用したり、業者に売り飛ばしたり、ストーカーをしたり、弾圧のための情報にしたり、そういうことを現にやっていてあちこちで発覚しております。

 それだけじゃなくて、裏金のために情報提供者ということを捏造して、公文書の偽造、横領、これに該当するような犯罪を全国の組織でやっていて、それを改めてない。
 だから、ある意味でいうたら日本最大の犯罪集団は警察であると。

 こういうところに何の制約もできない。
 市の側が情報を次から次とどんどん上げていくということに対しては、物すごく危惧を覚えるし、これは協力するべきではない。
 しかも、それを今改正をしなくても、何ら誰も困らない。何の不都合も実は起こってないということです。

 最後に一つだけ言いますけども、この暴対法体制のもとで「暴力団並びに暴力団関係者」と認定できるのは警察だけなんです。
 極端な話、私は何々組の舎弟だって本人が言ってても、警察が正式に認定しない限りは、その人は暴力団でも関係者でもないというわけです。

 例えば、市のほうが何かを問い合わせたとしても、警察のそのときの胸先3寸で放っておかれれば、もう認定ができないから、それ以降の対策はできない。

 したがって、各自治体としては、警察に何か注文をつけるとか、警察にちょっとうるさがられるようなことをするとかいうことは、どんどん、どんどんできなくなります。
 いざというときに教えてもらえない。困ってしまう。認定できるのは、唯一警察だけだ。ブラックボックス。

 ですから、この条例がどんどん進んでいけばいくほど、例えば暴力団対策が進むのか。「暴力団、あ、これはおかしいぞ、この人間が介入してきたから」ということで進むのかというと、実は逆の面もたくさんあります。

 警察が認定しないから、市としても暴力団対策の条例をつくったところで、何も適用できない。
 誰が、ほとんど、十中八九、暴力団関係者だと思う人間、状況証拠があってもそうはできない。逆に足縛りになってしまう。

○議長(鳥谷信夫君)
  戸田議員、簡潔にお願いいたします。

◆14番(戸田久和君)
 という面もある暴対法体制のもとでの自治体支配、住民支配、情報収集、この問題が今回の条例の本質であって、これについては大きな危惧を持って反対します。

 どうか皆さんもそういう意識を持っていただきたい。
 暴力団対策といえば何でもいい、結構だというわけではないんだということをぜひ考えていただきたい。
 そのことを言って反対討論といたします。どうもありがとうございました。

○議長(鳥谷信夫君)
  これをもって討論を終了いたします。
 これより日程第1の諸議案の採決に入ります。・・・・・・
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.5; YTB730...@i222-150-200-208.s04.a027.ap.plala.or.jp>

431 / 1591 ツリー ←次へ | 前へ→
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
ページ:  ┃  記事番号:   
1,325,540
(SS)C-BOARD v3.8(とほほ改ver2.1) is Free