ちょいマジ掲示板

この掲示板は、門真市及び守口市ネタを中心に各地の議会や自治体ネタなどを、「比較的穏やかに」意見・情報の交換をする所です。詳しくは「掲示板のルール1」「掲示板のルール2」を読んでそれに従って下さい。 この掲示板では戸田の命令が絶対であることをくれぐれもお忘れなく。
内容的に関連がある投稿の場合は(先の投稿への)「返信」の形を取って投稿して下さい。
●ただ、「Re:○○」形式の元タイトルの繰り返しタイトルは厳禁です。必ず「内容が伺える独自のタイトル」をつけて下さい。
◆約10年間完全自由投稿制を維持してきましたが、荒らし・妨害投稿頻発のため、やむなく投稿者登録制に移行しました。投稿される方はこちらにアクセスし、所定の手続きを行なってください。 ◆投稿者のメールアドレスは戸田が把握しますが、掲示板では非表示にできます。 ◆投稿者名・メールアドレス・パスワードは登録時のものを使わないと投稿できません。 登録・投稿についての分かりやすい説明はこちらです。うまくいかない場合の問い合わせは戸田事務所まで問い合わせてください。 (09年4/8改訂記)   これまでの管理者命一覧(必読)

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
3811 / 9657 ←次へ | 前へ→

白菊温泉の谷口です。9月28日、無事退院しました。
←back ↑menu ↑top forward→
 谷口 E-MAIL  - 12/10/4(木) 6:03 -
  
 35日間に及ぶ入院の末、退院しました。思い返せば、裁判の結審当時から精神的にも、また、只でさえ抵抗力のない体に、かなり無理を重ねていたと思います。8月始めから下痢が続き食事も不規則になりながら、抗がん剤を始め、痛み止めを数種類、下熱剤、胃薬等錠剤ばかり、決められた時間に飲んでおり、その結果大腸が感染症にやられての入院でありました。

 がんに体のブドウ糖を吸収され、免疫力が低下しているため、本来体内に持っている細菌に感染し、40℃近くの発熱、大腸に潰瘍ができ緊急入院となりました。血液検査の炎症反応が通常2.0までであるのが、23.0を超えていました。入院3日間は、生死をさまようがごとくの辛いもので、先生方に「大丈夫やで、もう少しがんばろね!」という呼びかけに、我に返ったものでありました。

 
 ■この35日というのは、自分を変えるのに十分な時間であり、延べ17日に及ぶ絶食も、食べる事ができないというのが、人生を変えるのに十分な試練でありました。そこで、先ずは裁判で闘った原告にお詫びの手紙を差し出し、それからも、裁判は自分の中で節目として終わっており、一人になり、また、病院で生死をさまよった後に考えたことは、この10年。あの人に言ったひとこと、また、あの時のことが、申し訳なかった、そのまま引き摺ってきている、自分の心にわだかまりがある、等々。

 起きては手紙を書き、消灯後も枕元の電気で、それを巡回の看護師に注意されれば、病院内にある24時間のコンビニの飲食コーナーで手紙を書き、その数40通を超えました。日常のなか、身近に会えるならできなかったことでありますが、いつ退院できるかも知れず、まさしく”所詮臨終只今にありと解りて”との心境でありました。ボールペンを切らしてはコンビニで、また、入浴の際、唯一点滴をはずしてもらえるので、早く風呂から上がりジャージに履き替え、近所の文房具店に便箋を買いにと、ボールペンだけでも4本を空にしました。

 ■はじめは、お詫びから始まった手紙も、疎遠になってる人への報告。はたまた、自分の心境の変化から、「自分でさえここまでこれたんだ、人はどんなことでも乗り越えられる」と確信を持ち、同じく病にまた、人生に悩む友人に激励の手紙へと変わっていきました。


 メールでご返事を頂いたり、また、妻に言付けお手紙を頂いたり、突然お見舞いに来ていただいたりで大変ありがたく、また恐縮もしました。きょう、退院後にお会いできたある先輩は、会うなり、”握手”をしていただき、「手紙読ましてもらったで、感動した」。「直ったら、とびきりうまい、焼肉たべにいこうな」。と言っていただきました。

 この先輩は、10年前自分の前後わきまえない一言で、いやな思いをさせ、それも大勢の前であるにもかかわらず、その場は、何も言わず立ち去られました。その時わかったのですが、先輩は立ち去るとき、足の不自由な友人といっしょだったのです。その人のためにあえてやったことに、自分はそうとも知らず・・・・・。それ以来、自分にとって悔恨の
10年でありました。

 そして、驚いたことに、後に妻から聞いた話が、その手紙。先輩が読み、先輩の奥さんが読み、奥さんが是非ともと、私は面識がないのですが、20代でしょうか、息子にも読ませたと言うのです。自分の心を、このような心を息子にもわかってもらいたかったと。思いもよらぬ光栄でありました。この人を思いやれること。これがあれば、病気など笑い飛ばせる。”心こそ大切なれ”と。そう確信しました。


 ■戸田さん。すみません。裁判から、入院。そして、私の心情のことばかりになり、申し訳ありません。判決言い渡し以降、裁判所とも何の連絡も取らず、今日に至っています。今後はこのスレにて、旧会館の売却に至るまでのことをアップしていきます。何卒ご了承のほど、お願いします。

引用なし
5,292 hits
<Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 9.0; Windows NT 6.1; Trident/5.0)@p27116-ipngn100101osakachuo.osaka.ocn.ne.jp>

【宮前町自治会裁判 その後】 谷口 12/7/13(金) 19:16
「嘘の上塗り」 なかやましげる 12/7/13(金) 21:11
『転移性脳腫瘍が見つかり、入院していました』 谷口 12/8/1(水) 18:17
『人生 “粘り”である』 谷口 12/8/1(水) 18:27
◇谷口さんの壮絶な闘病に衝撃。頑張れ谷口さん!どうかご無事に! 戸田 12/8/3(金) 17:23
◎ 戸田さん。自分にとって最大の激励です。 谷口 12/8/4(土) 7:34
◆8/27判決は自治会勝訴。判決理由は言われなかった。谷口さんは入院で出廷出来ず。 戸田 12/8/30(木) 8:54
谷口さんの法廷闘争 なかやましげる 12/8/30(木) 9:44
お久しぶりです。生きて一旦自宅に戻りました。 谷口 12/9/8(土) 17:09
白菊温泉の谷口です。9月28日、無事退院しました。 谷口 12/10/4(木) 6:03
◎35日もの入院闘病自省を経た帰還と投稿を喜びます。こちらこそ返信無しでゴメン。 戸田 12/10/4(木) 10:42
ボールペン4本分の手紙 なかやましげる 12/10/7(日) 11:00
『平成24年8月27日判決言渡』 遅くなりました、ようやくのアップです。 谷口 12/10/22(月) 12:58

3811 / 9657 ←次へ | 前へ→
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
ページ:  ┃  記事番号:   
1,340,826
(SS)C-BOARD v3.8(とほほ改ver2.1) is Free