ちょいマジ掲示板

この掲示板は、門真市及び守口市ネタを中心に各地の議会や自治体ネタなどを、「比較的穏やかに」意見・情報の交換をする所です。詳しくは「掲示板のルール1」「掲示板のルール2」を読んでそれに従って下さい。 この掲示板では戸田の命令が絶対であることをくれぐれもお忘れなく。
内容的に関連がある投稿の場合は(先の投稿への)「返信」の形を取って投稿して下さい。
●ただ、「Re:○○」形式の元タイトルの繰り返しタイトルは厳禁です。必ず「内容が伺える独自のタイトル」をつけて下さい。
◆約10年間完全自由投稿制を維持してきましたが、荒らし・妨害投稿頻発のため、やむなく投稿者登録制に移行しました。投稿される方はこちらにアクセスし、所定の手続きを行なってください。 ◆投稿者のメールアドレスは戸田が把握しますが、掲示板では非表示にできます。 ◆投稿者名・メールアドレス・パスワードは登録時のものを使わないと投稿できません。 登録・投稿についての分かりやすい説明はこちらです。うまくいかない場合の問い合わせは戸田事務所まで問い合わせてください。 (09年4/8改訂記)   これまでの管理者命一覧(必読)

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
5093 / 9657 ←次へ | 前へ→

「広報かどま」ってなかなかいいよな、と1月号を見てしみじみ思った
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 11/1/29(土) 6:02 -
  
 だいぶ投稿が遅れたが、門真市の紙の広報、「広報かどま」について書く。

 2011年1月号 http://www.city.kadoma.osaka.jp/osirase/osirase-k.html
を手にしてまず引きつけられたのがその1面。
   http://www.city.kadoma.osaka.jp/osirase/pdf/new/P01.pdf
 「あなたにとって理想のまちとは?」というテーマでそれぞれの思いを書いた紙を持った老若男女18人(家族)が並んでいる。みんないい顔をしている。
 非常にほのぼのとした温かさを感じた。

 それをきっかけに、「広報かどま」のことをいろいろ考えてみた。

1:他市では「タウン誌風」のしゃれた感じの冊子で出している所もあるが、門真市では
 ダブロイド版12ページ。1面と12面だけカラーであとはモノクロ。中身としては必要
 不可欠な各種情報をマジメに載せている感じ。

2:(カラー面以外では)派手さはないが、質実剛健という感じでこれはこれでいいので はないか。
  ダブロイド版だから冊子と違って多くの情報を一覧出来る、というメリットがある。
 費用も安く上がるし、重量も軽いから配布・運搬もしやすい。

3:モノクロのページは見やすいとは言い難いが、フォントや網掛け、イラストや写真な
 どのデザイン面で工夫して少しでも見やすくしようとの努力が感じられる。

4:しかし、2009年6月号までは、2面〜11面は黒と赤の2色印刷で、今よりずっと見
 やすかった。
  それがモノクロに変わってしまったのは、調べて見たら、園部市長が2期目に当選し
 た2009年6月市長選直後の7月号から。
  つまり、園部市長の行革・経費削減政策の「新たな進展」として2面〜11面のモノク
 ロ化=印刷経費削減がなされた、という事になる。

5:従来「月2回発行」だったものが、経費節約のために「月1回発行」となったのは、
 園部市長初当選(2005年6月)の約2年後の07年度からだった。↓
  http://www.hige-toda.com/x/c-board/c-board.cgi?cmd=one;no=3228#3228
  月1回化については、戸田は「市民への情報伝達が遅くなる部分が出て不便になる」
 との考えで反対だったが、実際にはさほど問題は生じていないようだ。

  月1回化で、作成発行する側としては、じっくり考えて作成出来るようになったろう
 し、配布するのも楽になっただろう。今はもう、「1月に2回発行配布するなんて事は 絶対に無理!」という感覚と業務体制になってしまったことだろう。

6:「広報かどま」に広告が載るようになったのも、モノクロ化と同時の園部市長2期目 開始の2009年7月号から。
  ただ、門真市広報での広告は、12面最下段に1つか2つ、マジメな広告が載っている
 だけで、そのささやかさが良い。

  他市ではやたらと広告が多い広報も見受けられるが、たかだかの金のために行政の品
 格を落としている感じがして好きになれない。
  広告主にとっても「広報かどま」形式の方が、目立って広告価値が高いだろう。

7:門真市では「広報は全戸配布する」という事を2007年5月号から「広報かどま」に明
 記するようになった。(12面最下段欄外)
  また2002年頃から「店舗・事業所も含めての全戸配布」という原則も確立してきた。
 (これは戸田の追及の成果)
     ↓↓↓
 ◎広 報 配 布 と 自 治 会 問 題 大 特 集
  「広報未配布約1000世帯」の異常を根本改善させた戸田の闘い
   (2001年6月〜2003年1月)
    http://www.hige-toda.com/_mado10/kouhou/index_kouhou.htm

 こうなっていない自治体も結構あるので、この点では門真市はレベルが高くなった。

7:広報の配布を2008年6月号からシルバー人材センターに委託しているが、
   http://www.hige-toda.com/x/c-board/c-board.cgi?cmd=one;no=5069#5069
 これも大変先進的で良い事である。
  大阪府内では箕面市に次ぐ2番目で、しかも07年度に自治会委託から業者委託に切り
 替えた翌年の6月からシルバーに切り替える、という果敢な決断をして、高齢者活力の
 活用、シルバー人材センターの質向上に大きなプラスとなっている。

  ※この件については、別途詳しく書いていくので、次の投稿を読んで欲しい。

■こうして考えてみると、門真市の広報はかなり良いレベルにある、と言える。
 経費を削られる中で担当職員や印刷関係者、配布役、市民の協力者等、それぞれが頑張
 っている事が感じられる。
  これからも頑張っていって欲しい。

 ひとつ望むとすれば、2面〜11面を黒赤の2色印刷に戻して欲しいのだが・・・。

引用なし
3,003 hits
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6; .NET CLR...@i58-94-104-45.s04.a027.ap.plala.or.jp>

「広報かどま」ってなかなかいいよな、と1月号を見てしみじみ思った 戸田 11/1/29(土) 6:02
★広報の全戸配布をシルバーに委託して2年半。市とシルバーの頑張りを高く評価する 戸田 11/1/30(日) 8:59
一般紙で取り上げてもいいと思います 岸和田町民 11/2/2(水) 9:09

5093 / 9657 ←次へ | 前へ→
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
ページ:  ┃  記事番号:   
1,341,530
(SS)C-BOARD v3.8(とほほ改ver2.1) is Free