ちょいマジ掲示板

この掲示板は、門真市及び守口市ネタを中心に各地の議会や自治体ネタなどを、「比較的穏やかに」意見・情報の交換をする所です。詳しくは「掲示板のルール1」「掲示板のルール2」を読んでそれに従って下さい。 この掲示板では戸田の命令が絶対であることをくれぐれもお忘れなく。
内容的に関連がある投稿の場合は(先の投稿への)「返信」の形を取って投稿して下さい。
●ただ、「Re:○○」形式の元タイトルの繰り返しタイトルは厳禁です。必ず「内容が伺える独自のタイトル」をつけて下さい。
◆約10年間完全自由投稿制を維持してきましたが、荒らし・妨害投稿頻発のため、やむなく投稿者登録制に移行しました。投稿される方はこちらにアクセスし、所定の手続きを行なってください。 ◆投稿者のメールアドレスは戸田が把握しますが、掲示板では非表示にできます。 ◆投稿者名・メールアドレス・パスワードは登録時のものを使わないと投稿できません。 登録・投稿についての分かりやすい説明はこちらです。うまくいかない場合の問い合わせは戸田事務所まで問い合わせてください。 (09年4/8改訂記)   これまでの管理者命一覧(必読)

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
5090 / 9657 ←次へ | 前へ→

★広報の全戸配布をシルバーに委託して2年半。市とシルバーの頑張りを高く評価する
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 11/1/30(日) 8:59 -
  
 広報の全戸配布を2008年6月号からシルバー人材センターに委託して2年半。
 ほかと違って、単なる経費削減措置ではなく、高齢者活力の活用、シルバー人材センタ
ーを通しての市民参画人材の育成という確固としたポリシーを持っての委託事業だと思う。

 これを決断した市も立派だし、市の期待に見事応えて奮闘を続けたシルバー人材センタ
ー(しっかりした全戸配布体制の維持、それも高齢者集団による、というのはそれほど簡単ではない。絶えざる工夫と努力を要する事業だ)も立派だと思う。
 この意義について、2008年3/6の戸田投稿を再録するので読んで欲しい。
-----------------------------------------------------------------------------
◎質問準備(3)広報配布をシルバーにすれば市民の意識向上含めて効果絶大!肝要点は
         戸田 - 08/3/6(木) 13:24 -
  http://www.hige-toda.com/x/c-board/c-board.cgi?cmd=one;no=3228#3228
 「瓢箪から駒」というか何というか、07年度から月1回発行にして配布を業者委託にし
た門真市広報について(それまでは基本が自治会委託)、08年度からシルバー人材センタ
―に委託する案が市で検討対象に上っている。
 シルバーもまた、広報配布業務を獲得する事を目指して、この1年をかけて内部で真剣
に検討と体制づくりをしてきたようだ。

 戸田としてはこの動きを全面的に歓迎し支持賛同する。それは以下のようにメリットが
多岐に渡って非常に大きいからだ。

1:経済的には、営利を目的とせず、配布会員の労賃+社会奉仕+センターの統括手数料
 という考え方でやれば、絶対に業者よりも安い値段で委託できる。
  ・・・行革・効率化路線的な「大義名分」も成立する。

2:「広報の確実で継続的な配布」と「各戸変動の常なる把握」というのは、決して簡単
 な仕事ではない。
  社会奉仕的熱意を持った、住民として地域に密着したシルバー会員であればこそ、
 業者よりも安いコストでそれが果たせる。

3:登録人口13万人の門真市で事業所も含めた確実な全戸配布をするためには、配布要員
 は120人かそれ以上、補填予備要員も含めれば150人近く、おおよそ130人前後が必要
 になる。
  そしてこの130人前後の配布要員に求められる事は、「配布効率・労力の受け持ち
 地区による不平等に対して絶対に不平不満を言わない事!」なのだ。

4:なぜならば、マンション密集地区と文化住宅地区や家が閑散とした地区とでは、仕事
 の苦楽が全然違うからだ。同じマンションでも各戸入れの建物と下の集合ポスト入れや
 まとめ置きとでは全然労力が違う。
  しかし、それでも広報1部あたりの配布単価は同一で受けてもらい、受け持ち地区の
 変更もしない、というやり方でやらないと全戸配布業務が成り立たない。
  (例外として、マンションのみ地区とそれ以外、という2本立て単価違いはあり得る
   かもしれないが、それ以上には複雑化できない)

  これは、門真市全域を何度もビラ入れして、地区ごと、建物種別ごとの労力の違いを
 熟知している戸田の経験からしてハッキリ言える事だ。

  広報のシルバー配布をしている箕面市でもそういう考えでやっている。面積広大で山
 あり谷ありの箕面市に比べたら狭い平地の門真なんて楽なもんだが、幅広いビラまき体
 験のない・使命感の薄い素人だと必ず不満が出てくる。

5:シルバーによる広報配布実施とは、要するに、「労力の不平等を承知の上で、文句を 言わずに配布を受け持つ使命感の高い130人前後の高齢者部隊」を形成育成する、とい
 うことなのだ。
  そして高齢者の自発自主の組織であるシルバー人材センターが、そういう意識の高い
 会員部隊を統括指揮する能力を持っていく、という事なのだ。

6:これは決して簡単な事ではない。特に門真のシルバーのこれまでの経過・体質からす
 ればかなり難しい課題だ。
  しかし!この課題にシルバー一丸となって取り組む事が、シルバーの内実を高め、
 ある意味生まれ変わらせる事になるはずだ。
 
  広報配布業務受託を市に望むに当たって、シルバー事務局と各会員にはそういう認識
 と覚悟が厳しく求められる。それを強く自覚してもらわなければならない。
  行政もその事を、事前にシルバーに方々よく説明して事前教育をしておかなければな
 らない。  
  
7:そうした前提の上で、シルバーによる広報配布体制ができれば、それは門真市で
 「市民参画」・「市民協同」を前進させるためのひとつの強力な土台になる。
  なぜなら、それらを本当に実現していくためには、一定レベル以上の見識と責任感を
 持った市民が一定数以上、目に見える形で立ち現れて来る必要があるからだ。
  130人前後のしっかりした高齢者部隊が毎月市内全域で活動していく事の意味は、
 その事において大きいのだ。

8:こういう市民の動きが動き出せば、08年度中に予定している「地域通貨」発行・
 NPO立ち上げとも連動して良い効果が出てくるだろう。
  また、行政業務を可能な部分は地域住民に分担して、地域雇用(地域にお金を落と
 す)と住民参画を進めていく(財政救済の一助にもなる)方策の一端を担う先駆例にも
 なる。

9:「広報の業者委託」まではどこでもよくある話だが、最初の年の途中からシルバー
 委託の可能性も検討した、という所は門真市行政のヒットだと戸田は高く評価する。
  シルバーもまた自らの脱皮もかけてこの課題に正面から挑戦したのが偉い。
  入札価格でも絶対に業者に勝てるはずだが、それ以外の面でこれだけのメリットと効
 果がある(難しさ・求められるレベルの高さもある)事を、市の見解として表明し、
 もって市民参画・市民協同の途に先鞭をつけるべきだろう。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

引用なし
3,402 hits
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6; .NET CLR...@i60-35-89-122.s04.a027.ap.plala.or.jp>

「広報かどま」ってなかなかいいよな、と1月号を見てしみじみ思った 戸田 11/1/29(土) 6:02
★広報の全戸配布をシルバーに委託して2年半。市とシルバーの頑張りを高く評価する 戸田 11/1/30(日) 8:59
一般紙で取り上げてもいいと思います 岸和田町民 11/2/2(水) 9:09

5090 / 9657 ←次へ | 前へ→
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
ページ:  ┃  記事番号:   
1,341,530
(SS)C-BOARD v3.8(とほほ改ver2.1) is Free