ちょいマジ掲示板

この掲示板は、門真市及び守口市ネタを中心に各地の議会や自治体ネタなどを、「比較的穏やかに」意見・情報の交換をする所です。詳しくは「掲示板のルール1」「掲示板のルール2」を読んでそれに従って下さい。 この掲示板では戸田の命令が絶対であることをくれぐれもお忘れなく。
内容的に関連がある投稿の場合は(先の投稿への)「返信」の形を取って投稿して下さい。
●ただ、「Re:○○」形式の元タイトルの繰り返しタイトルは厳禁です。必ず「内容が伺える独自のタイトル」をつけて下さい。
◆約10年間完全自由投稿制を維持してきましたが、荒らし・妨害投稿頻発のため、やむなく投稿者登録制に移行しました。投稿される方はこちらにアクセスし、所定の手続きを行なってください。 ◆投稿者のメールアドレスは戸田が把握しますが、掲示板では非表示にできます。 ◆投稿者名・メールアドレス・パスワードは登録時のものを使わないと投稿できません。 登録・投稿についての分かりやすい説明はこちらです。うまくいかない場合の問い合わせは戸田事務所まで問い合わせてください。 (09年4/8改訂記)   これまでの管理者命一覧(必読)

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
64 / 9657 ←次へ | 前へ→

<生活保護基準引き下げ違憲訴訟の2/22大阪地裁判決>に関して【1】
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 21/3/23(火) 15:40 -
  
≪1≫木村君(豊中市議)からの「被告の12市に控訴するなという申入れを出そ
  う」、という提起を受けて、いぶ遅れて3/5 (金)午後に下記のような申し入れ書
  を門真市に出しました。
  (文章は堺市の長谷川議員達のものを参考にして)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

≪2≫で、案の定、被告の政府と12市は控訴期限の3/8(月)前の3/5 (金)に控訴し
 てしまいました。
 ニュース:生活保護訴訟 大阪地裁の判決に大阪府内の全自治体が控訴
 :3月5日 20時56分
  https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210305/k10012900491000.html
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

≪3≫文章を作る中で、「被告市の議員(だった者)としての責任」の事も考えた。
 「生活保護費引き下げ」の開始が2013年からで、裁判の対象となったのが「2013
  〜15年の分」なので、丸々戸田が門真市議だった時代の事だ。
  (2019年4月選挙で落選)

  「極めて不当な引き下げだ」と認識していたが、それを議会で追及したり、
 担当課を追及したりする事はなかった。
  「門真市民の原告」が何人いて、どういう状態かに関心を持つ事もなかった。

  その理由を整理してみると(門真市での場合)

 (1)「生活保護の制度的問題」や「生活保護裁判」については、共産党系の
  「生活と健康を守る会」(略称「生健会」)と共産党が「一手にやっている」
   感じ。
    門真市共産党の週刊機関紙「門真民報」(戸田は1992年から定期購読)
   にも原告市民の人数や状況が記載されていた記憶は無い。

   また、「裁判支援集会」の呼びかけや「裁判支援傍聴」の呼びかけがされた
  記憶も無い。
   少なくとも「門真市内での公然たる裁判支援集会」は無かったと記憶する。

 (2)「門真生活と健康を守る会」(今は「門真・守口生活と健康を守る会」にな
  っているが)は、結構閉鎖的団体で、足かけ20年の戸田市議に対して何かの
  案内をよこした事が無い。(と記憶する)
  (極くまれな「議会全会派への要請」の一環として戸田に要請に来た事はあるが)

   また、数年前の「大阪府警の生健会弾圧」で門真生健会が不当ガサ入れされ
  た時も、全く無言無発信のままだった。

 (3)戸田は5期18年間の市議(2年間は権力弾圧失職)の全てで生活保護を所管し
  ない「文教委配属」であり、本会議の質問時間も20分制限なので、議会質問で
  生活保護を取り上げるのは極くまれで、
  取り上げる場合は
  ▲生活保護バッシングの抑制やそれへの対抗、(「まじめな行政を守る」意味
    も含め)
  ▲重要問題は「不正受給」ではなく「捕捉率2割という異様な制度的怠慢」の
   行政の改善、
    (「不正受給問題」を騒いで点数稼ぎしようとする議員や「市民」への
     カウンターも含め)
  ▲当事者市民からの相談(→改善)を市行政の改善として公然化し確定させる、
    (線維筋痛症患者からの苦情相談の解決という全国的先進事例もあり)

  などである。

   面白い例では
  ◆街宣車軍団使って執拗に行政介入し、市役所・議会に大手を振って乗り込ん
   で来る門真の右翼ボスについて、
   「あいつは生活保護受けてる」、というタレコミ電話を端緒にして、
   「実は生保不正受給して生保廃止・返金請求されているのに返金せず」、
    という情報をつかみ、

  ▲そんなヤツが役所に乗り込んで「税金浪費ケシカラン」とは、厚かましい
   にも程がある!
    (役所内での生保情報秘匿主義が行きすぎて、右翼と対面する職員幹部は
     それを全然知らず!)
 
  と考えて、「生保個人情報には全く抵触しない当てつけ質問」を本会議でして
  やって、その結果、その
  「門真の右翼ボス」が表立って行政攻撃・街宣車活動をする事が無くなり、
   返金もした、との成果を導いた。

   これが「右翼&維新&アホウな門真市共産党が一体となって門真市長を攻撃
  した「トポス補償非難謀略宣伝」事件(2013年末〜2016年)の中での事だ。
    ↓↓
   http://www.hige-toda.com/_mado01/2015/topos29okuenmondai.htm

  ◎右翼の門真市行政介入と戸田攻撃問題
   http://www.hige-toda.com/_mado04/uyuku/index.htm

  ちなみに、その時の本会議質問の傑作な内容(2014年9月議会)は、以下の通り
   ↓↓
 <1:右翼と生活保護の関係や不正受給返還の問題について>

 「生活保護受給者が右翼や左翼の活動をするのは自由である」という事を当然の
  前提として、
  ・右翼団体幹部が生活保護受給している場合の要観察点について
  ・不正受給で保護廃止になると返還請求がされずに放置されてきた「行政の
    矛盾」について
    http://www.hige-toda.com/_mado05/2014/gikai/09situmon01.htm
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
----------------------------------------------------------------------
「生活保護基準引き下げ違憲訴訟」の2/22大阪地裁判決で敗訴した門真市に、
地裁判決を受け入れて従来の生活保護費の減額処分を反省し、いて控訴しない
よう求める申し入れ

 門真市市長 宮本一孝 殿 
                 2021年3月5日 (金)午後 FAXにて送信
              「門真市民オンブズ調査隊」代表: 戸田ひさよし 

 自公政府が2013年8月から開始した生活保護費引き下げの取り消しなどを求
めて、大阪府内の生活保護利用者42人が国と府内12市
 (大阪市・豊中市・吹田市・東大阪市・守口市・門真市・寝屋川市・枚方市・
  堺市・高槻市・松原市岸和田市)
を「被告」として提訴した「生活保護基準引き下げ違憲訴訟」の大阪地裁判決が
2月22日(月)にあり、

「生活保護費の減額処分は違法である」として、被告12自治体に
「保護費引き下げの決定(保護変更の決定)を取り消すこと」を命じる判決が出
された。

 この判決においては、
(1)国及び本市を含む処分庁が引き下げの名目とした「デフレ調整」は、原油等
   の価格が高騰した2008年 を算定起点 として下落幅を大きくしていること。
(2)総務省が公表する消費者物価指数 (CPI)ではなく、生活扶助の対象ではない
   家賃や医療費を除いた厚生労働省の独自指数を用いたこと。
(3)これらが客観的な数値との合理的関連性や専門的知見との整合性を欠くこと

が指摘されている。

 「保護費引き下げの決定(保護変更の決定)を取り消すこと」を命じられた
「被告12自治体」の中に門真市が含まれていることから察するに、
 原告42人の中に門真市民も含まれており、門真市がその市民に対して、大阪
地裁判決が「違法」と断じた「保護費引き下げの決定」を行っていた事がうかが
えるが、実に残念なことである。

 この2/22大阪地裁判決は、原告や生活保護制度利用者の厳しい生活実態に即した
、ごく当たり前で妥当な判決であるし、現在のコロナ禍において生活保護制度利用
者の生活環境は厳しさを増しており、
 控訴をして訴訟を長引かせることは、原告はじめ生活保護制度利用者を今以上に
苦しませるものである。

 国における自公政権と大阪における維新行政の中で、生活保護バッシングが長年
様々に扇動されており、
 また門真市自体も2016年から維新市政になっており、門真市行政として「政府に
よる生活保護費の減額処分の指示や指導」に服従しない行政を行なう事が極めて困
難である事は十分推察できるが、

 そうであったとしても、ここは「健康で文化的な最低限の基準を保障する」憲法
と法律の基本に立ち返って、今回の大阪地裁判決の意義を重く受け止め、処分庁と
して控訴せずに判決を確定させてもらいたい。

 併せて、国及び本市以外の処分庁に対しても同様の措置を取るよう働きかけても
らいたい。

 「2/22(月)地裁判決」の控訴期限2週間=3/8(月)が控訴期限であり、水面下で
既に控訴方針が決まっていて、今さら何を言っても遅いのかもしれないが、

 門真市議を1999年から2019年までの5期足かけ20年に渡って務め、住民福祉の
向上と温かみのある適正な行政を求めてきた者として、我が門真市が「冷血な控訴
で原告住民らを苦しめる」ことに手を染めてもらいたくない気持ちから、
この申入れをする次第である。                                                             以上
------------------------------------------------------------------------- 
 2021年3/9 (火) 02:54 戸田ひさよし 拝

引用なし
231 hits
<Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko@i118-17-162-120.s42.a027.ap.plala.or.jp>

<生活保護基準引き下げ違憲訴訟の2/22大阪地裁判決>に関して【1】 戸田 21/3/23(火) 15:40
<生活保護基準引き下げ違憲訴訟の2/22大阪地裁判決>に関して【2】 戸田 21/3/23(火) 15:46
門真市へ3/12質問!<2/22大阪地裁判決と3/5控訴>に関して→市長ほか数部署にメール 戸田 21/3/23(火) 16:05
▲質問項目番号に間違いがあったので訂正補正します。(お恥ずかしい) 戸田 21/3/23(火) 19:18
↑門真市からの3/19 (金)回答:保護課回答だけで内容も極めて不誠実:Q&A式で紹介 戸田 21/3/23(火) 19:43
門真市各部署へ:●3/12質問への「無回答」の部分にちゃんと答えて下さい!3/24 戸田 21/3/24(水) 17:09

64 / 9657 ←次へ | 前へ→
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
ページ:  ┃  記事番号:   
1,334,248
(SS)C-BOARD v3.8(とほほ改ver2.1) is Free