ちょいマジ掲示板

この掲示板は、門真市及び守口市ネタを中心に各地の議会や自治体ネタなどを、「比較的穏やかに」意見・情報の交換をする所です。詳しくは「掲示板のルール1」「掲示板のルール2」を読んでそれに従って下さい。 この掲示板では戸田の命令が絶対であることをくれぐれもお忘れなく。
内容的に関連がある投稿の場合は(先の投稿への)「返信」の形を取って投稿して下さい。
●ただ、「Re:○○」形式の元タイトルの繰り返しタイトルは厳禁です。必ず「内容が伺える独自のタイトル」をつけて下さい。
◆約10年間完全自由投稿制を維持してきましたが、荒らし・妨害投稿頻発のため、やむなく投稿者登録制に移行しました。投稿される方はこちらにアクセスし、所定の手続きを行なってください。 ◆投稿者のメールアドレスは戸田が把握しますが、掲示板では非表示にできます。 ◆投稿者名・メールアドレス・パスワードは登録時のものを使わないと投稿できません。 登録・投稿についての分かりやすい説明はこちらです。うまくいかない場合の問い合わせは戸田事務所まで問い合わせてください。 (09年4/8改訂記)   これまでの管理者命一覧(必読)

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
316 / 1587 ツリー ←次へ | 前へ→

トポス29億円裁判第2スレッド:最新情報:新体育館予定地と周辺の戸田解説の動画! 戸田 15/1/13(火) 13:44

■当初原告の竹内さんは「市の委託業者の代表をしながら市を提訴する」気骨の人!? 戸田 15/1/20(火) 5:19
△竹内さん代表の「玉木・脇田共同企業体」は「安値でゴミ収集!」で選定されたが・・ 戸田 15/1/20(火) 8:33
▲竹内さんが業者代表を辞めて4月市議選に「連続4度目出馬」をする可能性はどう? 戸田 15/1/20(火) 8:52
●意外!委託業者代表のまま市議選出馬は出来る!当選したら5日以内に退任すればいい 戸田 15/1/22(木) 2:12

■当初原告の竹内さんは「市の委託業者の代表をしながら市を提訴する」気骨の人!?
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 15/1/20(火) 5:19 -
  
 「市から金をもらって仕事している業者の社長が一個人として市を提訴する」なんて事は普通は起こらない。
 「我が社を選んで下さい!と市の委託業務入札に応募して、他社との競争選考の結果、仕事を落札できた業者の社長が、一市民として市長を提訴する」なんて事は、普通は起こらない。

 たとえ個人としての思いがあったとしても、委託業者の社長としては、市長や市当局に
睨まれるような事、不快に思われそうな事は避けるのが普通である。
 
 しかし「トポス賠償金裁判」を最初に1人で提訴した「当初原告」の竹内さんは違う。
 そういう「しがらみ」や「遠慮」には縛られずに「個人としての正義感」を貫く「気骨ある自由人」であるようだ。

■なぜかといえば、竹内さんは、2012年12月の入札選考で
  <家庭ごみの収集業務の一部を民間企業に委託する「一般ごみ等収集業務委託」>
 に当選した「玉木・脇田共同企業体」の「代表」(社長)だからだ!
 (「玉木・脇田共同企業体」によるゴミ収集業務は今も続いている)

 「市のゴミ収集業者の社長(代表)が一市民として市長(市)を提訴した!」なんて、
 この日本社会においてはずいぶんと「勇気ある行動」ではないか!
  業務の「しがらみ」や「遠慮」に縛られない、「気骨ある自由人」だと言えると思う。

 参考:門真市HP http://www.city.kadoma.osaka.jp/
  市政情報>入札>契約情報>入札結果>24年度入札>契約の過程
  >契約内容事項の公表(紙入札案件)
  >入札日:平成24年12月5日:一般ごみ等収集業務委託(6) (PDF:77KB)
http://www.city.kadoma.osaka.jp/shisei/nyusatsu/kohyo/kohyo_h24/pdf/si_241205.pdf
   総合評価一般競争入札結果
      4:落札者 玉木脇田共同企業体
               ※「玉木・脇田共同企業体」の代表者は竹内靖人さん!
   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■竹内さんは「選挙ポスター掲示板を設置する仕事」を市から請け負った事もある一方で
 東市長の時代から何回も市に監査請求したり、市を裁判提訴したりしてきた人だ。
  そういう意味では「筋金入りの気骨の人」だと言える。
  意地悪い見方をする人からすれば、「提訴好きの目立ちがり屋」だと言われるが。

 いずれにしてもユニークな人である。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
<参考> 
トポス29億円裁判:原告は竹内さん(弁護士3人)+共産党系市民12人(弁護士1人)
   戸田 - 14/8/4(月) 18:45 -
http://www.hige-toda.com/x/c-board/c-board.cgi?cmd=one;no=8651;id=#8651
   ・・・・・
1:最初に提訴した原告(第1原告):門真市民の竹内靖人さん。
  「竹内靖人」さんと言えば元新右翼で、門真市で自動車中古会社の社長や葬儀会社社
  長をしている人で、かつ戸田と協同して合併反対運動もやり、また市議選や市議補選
  にも出たことのある有名人だ。
      ↓↓↓
  @2005年門真市長選に伴う市議補選に出馬
  http://www.hige-toda.com/_mado04/2005sityousennkyo/index_sityousenkyo.html
   その時の竹内さんの事前ビラ↓↓
     http://www.hige-toda.com/_mado04/2005sityousennkyo/takeuti_pro.htm

  @2007年門真市議選にも出馬 ↓↓
     http://www.hige-toda.com/_mado02/2007/tsuushin_tokubetsu.PDF

  @2011年門真市議選にも出馬 ↓↓
    http://www.hige-toda.com/_mado05/2011/index.htm
   http://www.hige-toda.com/_mado05/2011/2011zenkouho.htm(ポスターあり)
 (後略)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.5; YTB730...@i60-35-92-207.s04.a027.ap.plala.or.jp>

△竹内さん代表の「玉木・脇田共同企業体」は「安値でゴミ収集!」で選定されたが・・
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 15/1/20(火) 8:33 -
  
 葬儀屋や中古車販売、選挙ポスター掲示板設置など、いろんな仕事を手がけてきた竹内さんが新たに挑戦したのが「市のゴミ収集の民間委託業者」で、そのために作ったのが
「玉木・脇田共同企業体」という「共同企業体」だ。

 で、「玉木・脇田共同企業体」の「売り」は、「低価格で仕事します!」という路線。

 戸田は市の業務において「低価格競争」に走らせるのは、いろんな弊害があって望ましくない事だと思っている。
    (「官製ワーキングプア」の発生、地域の労働相場引き下げ等々)
 市当局も「低価格競争が主軸になってしまうのは必ずしも望ましくはない」、と一応は考えてきた。

 しかし2012年12月のゴミ収集業者選定においては、「従来よりも少し価格に配慮する」ようになったらしい。

■昨年市から聞いたところによると、竹内さんは「うちが低価格なのは代表である自分の
 報酬を切り下げているから。(労働者にはちゃんとした金を払うから問題はない)」、
 という趣旨の説明をして選定委員の過半を納得させたようだ。

 ・・・うーん、「社長が超格安で働くから低価格で収まって、いいやろ」、というの
 は、市の側としては、経済的には「結構な事だ」と思える事だとも言えるが、それで良
 しとするのは総合的に見ればよろしくないと、戸田は思う。

 1)「社長報酬が超格安」というのは、「適正な企業経営」とは言えない。
   そんな「適正経営ではない企業」が入札で有利になる傾向を助長するのは、社会的
   には好ましくない。

 2)「滅私奉公的に働く社長」というのは、えてして従業員に低賃金労働を押しつけが
   ちになりそうだ。
    無意識にでも「社長である自分でさえこんなに安い金で我慢してるのに」、とい
   う気持ちが出てきてしまう可能性が高そうだ。
    従業員の待遇は長期的に見ても大丈夫か?

 3)人間誰しも急に病気やケガをしたり死んだりする可能性がある。
   「滅私奉公的に働く社長」がそうなってしまった場合、後継社長も先の社長と同じ
   にやってくれる保障は無いと思うべきで、「組織としての安定性」に欠けるのでは
   ないか?

 4)「社長としての儲けは無くても市の仕事を取る」という背景に「良からぬ野心」が
   潜んでいる可能性がないか?
    竹内さんの「本当の狙い」は何なのか?
    「ボランティア的低価格で市の業務をやってあげる事」か?

    「1円入札作戦」の会社が他社をけ落とすようなもので、「健全な入札」の破壊
   につながる危険性がある。
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 入札選考の実態を見ると、
   門真市HP http://www.city.kadoma.osaka.jp/
       市政情報>入札>契約情報>入札結果>24年度入札>契約の過程
       >契約内容事項の公表(紙入札案件)>入札日:平成24年一

▲2012年12月の入札選考・・・竹内さんの「玉木・脇田共同企業体」が当選したが、
http://www.city.kadoma.osaka.jp/shisei/nyusatsu/kohyo/kohyo_h24/pdf/si_241205.pdf

 応募社が総合得点順に、「玉木・脇田共同企業体」、「辰巳環境開発 株式会社」、
           「株式会社 住栄興業」、「株式会社 カンポ」の4社で、
 
 1:「玉木・脇田共同企業体」は、
   「技術点評価」では3位、「ヒアリング評価」では4位だったが、
   「組織の総合力の客観的評価」が1位、「価格点評価」でも1位(つまり一番安値
   入札)を取る事で、総合1位になって当選した。

 2:総合2位に終わった「辰巳環境開発 株式会社」は、
   「技術点評価」でも「ヒアリング評価」でも1位になったが、
   「組織の総合力の客観的評価」が3位、「価格点評価」が4位だったために、当選
   出来なかった。
     
●2012年11月の入札選考・・・竹内さんの「玉木・脇田共同企業体」が2位で落選。
http://www.city.kadoma.osaka.jp/shisei/nyusatsu/kohyo/kohyo_h24/pdf/si_241112.pdf

 応募社が総合得点順に、「株式会社 双葉化学商会」、「玉木・脇田共同企業体」、
            「株式会社 住栄興業」、「株式会社 カンポ」の4社で、

 1:当選した「株式会社 双葉化学商会」は、「価格点評価」では4位だが、
  「組織の総合力の客観的評価」も「技術点評価」も「ヒアリング評価」も全て1位。
   ◆つまり、「価格こそ高いが、他の部分がみな良い」という評価で当選した。

 2:「玉木・脇田共同企業体」は、「価格点評価」は1位だが、
  「組織の総合力の客観的評価」と「技術点評価」が2位、「ヒアリング評価」が3位
   だったので、総合点で2位にとどまった。
   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆「玉木・脇田共同企業体が11月の選定では落選し、12月の選定では当選した」のは、
 審査会の基準か審査委員の心理が「低価格重視」に少し変わったためかもしれないし、
 「玉木・脇田共同企業体」が、より「安値作戦」を強化したためかもしれない。  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.5; YTB730...@i60-35-92-207.s04.a027.ap.plala.or.jp>

▲竹内さんが業者代表を辞めて4月市議選に「連続4度目出馬」をする可能性はどう?
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 15/1/20(火) 8:52 -
  
 竹内さんは、2005年の「門真市長選に伴う市議補選」に出馬して以来、「全ての市議選に出馬」していて、今度出馬すれば、「連続4度目出馬」となる。
 ↓↓↓
  @2005年門真市長選に伴う市議補選に出馬
  http://www.hige-toda.com/_mado04/2005sityousennkyo/index_sityousenkyo.html
   その時の竹内さんの事前ビラ↓↓
     http://www.hige-toda.com/_mado04/2005sityousennkyo/takeuti_pro.htm

  @2007年門真市議選にも出馬 ↓↓
     http://www.hige-toda.com/_mado02/2007/tsuushin_tokubetsu.PDF

  @2011年門真市議選にも出馬 ↓↓
    http://www.hige-toda.com/_mado05/2011/index.htm
   http://www.hige-toda.com/_mado05/2011/2011zenkouho.htm(ポスターあり)
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 しかし、法的に「市と業務契約している企業の役員と市議の兼職は出来ない」ので、
もし市議選に出馬するなら、竹内さんは「玉木・脇田共同企業体の代表(社長)」の座を辞職しないといけない。

 ・・・・委託期間の途中で辞職さえすれば、市議選出馬の資格を得られるのかどうか、    正確な所は選管に問い合わせしてみないと分からないが、どうなんだろうか?

 で、もし「玉木・脇田共同企業体の代表(社長)」の途中辞職で出馬出来るならば、
竹内さんは4月市議選に出馬する意向なのだろうか?
 それとも市議選出馬はもうとっくに断念していて、考えていないのだろうか?

◆竹内さんは「トポス29億円補償問題を最初に監査請求し、最初に提訴した市民!」
 としての「功績・知名度ポイント」があって、市議当選を狙うには有利なのだが・・・

  さて、どうなるか?
  竹内さんの場合、こういう問題は本人に聞いてみても本心を言うとは限らない人なの
 で、法的な縛りと今後の推移を見ていくしかない。
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.5; YTB730...@i60-35-92-207.s04.a027.ap.plala.or.jp>

●意外!委託業者代表のまま市議選出馬は出来る!当選したら5日以内に退任すればいい
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 15/1/22(木) 2:12 -
  
 市に調べてもらった結果は、非常に意外なものだった。
 常識的な感覚で言うと、「市と契約して収益を得ている会社の社長が市議選に出馬するなら、社長を辞めてからでないとイカンやろ」と思うのだが、法的にはそうではなかった。

●委託業者の代表など「役員」のまま市議選出馬は出来る!
 当選したら5日以内に会社の「役員」を退任すればいいだけ!
  (「役員」は「社長」、「代表」以外の地位肩書もいろいろ含む。)

・・・・という事は、
■竹内さんは、市のゴミ収集業務をしている「玉木・脇田共同企業体の代表(社長)」の
 座を維持したまま、4月の市議選に出馬できる!

 ・「市のゴミ収集業務をしている会社の社長」という「社会的実績と信用」を活用した
   集票運動が出来る。
 ・「トポス賠償問題で市を最初に提訴した勇気ある市民」、という実績も活用できる。
   「共産党の人達とも一緒に追求してる正義派です!」、とも言える。

 ◆1週間の選挙期間中、選挙カーで、演説で、選挙のポスターや広報で、全てフルに使
  って「トポス賠償問題批判」やガンガン出来る!
   それに同調しない自公民議員や戸田についてもガンガン批判できる!

 ・・・・竹内さんにとっては、過去3回の市議選に比べて格段に「やりがい」のある選
  挙戦になるのではないだろうか?当選を度外視しても。 
   過去最高の「晴れ舞台」かもしれない。
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.5; YTB730...@i60-35-92-215.s04.a027.ap.plala.or.jp>

316 / 1587 ツリー ←次へ | 前へ→
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
ページ:  ┃  記事番号:   
1,320,012
(SS)C-BOARD v3.8(とほほ改ver2.1) is Free