ちょいマジ掲示板

この掲示板は、門真市及び守口市ネタを中心に各地の議会や自治体ネタなどを、「比較的穏やかに」意見・情報の交換をする所です。詳しくは「掲示板のルール1」「掲示板のルール2」を読んでそれに従って下さい。 この掲示板では戸田の命令が絶対であることをくれぐれもお忘れなく。
内容的に関連がある投稿の場合は(先の投稿への)「返信」の形を取って投稿して下さい。
●ただ、「Re:○○」形式の元タイトルの繰り返しタイトルは厳禁です。必ず「内容が伺える独自のタイトル」をつけて下さい。
◆約10年間完全自由投稿制を維持してきましたが、荒らし・妨害投稿頻発のため、やむなく投稿者登録制に移行しました。投稿される方はこちらにアクセスし、所定の手続きを行なってください。 ◆投稿者のメールアドレスは戸田が把握しますが、掲示板では非表示にできます。 ◆投稿者名・メールアドレス・パスワードは登録時のものを使わないと投稿できません。 登録・投稿についての分かりやすい説明はこちらです。うまくいかない場合の問い合わせは戸田事務所まで問い合わせてください。 (09年4/8改訂記)   これまでの管理者命一覧(必読)

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
1047 / 9484 ←次へ | 前へ→

門真市議会での「2/8議員定数問題勉強会」講師(削減派)への事前質問メールを紹介
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 17/1/31(火) 13:04 -
  
「議員達の意識進化著しい門真市議会」では、12月に「議員定数問題についての勉強会」を行ないました。
 それは「議員定数削減論って、こういう所がちょっとおかしいね」、という立場の先生によるものでした(!)が、

 今度は維新宮本市長派の緑風クラブ(4人)が強く求めた「議員定数削減派の先生」
=岡田順太教授(白鴎大学 法科大学院 副院長)による「2/8勉強会」です。
(どちらの勉強会も講師費用として「各議員1万円」の負担です。これでも「格安」)

 それで、戸田から「講師への事前質問」として、以下のメールの転送を議会事務局に依頼しました。

 岡田順太教授::http://researchmap.jp/junta/
       URL https://www.facebook.com/juntasemi
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜   

件名:議員定数問題勉強会講師への質問です(戸田)
本文:
 以下の質問を講師の岡田先生に送って下さい。
   ↓↓↓
=======================================

(自己紹介〜私の立場と見解を示すものとして)
 初めまして。
 私、戸田ひさよしは、1999年初当選以来5期連続で当選している、左翼の無所属議員
です。
 当選以来ずっと「議会の悪しき慣習を打破し、市民常識に沿った議会にする」、「議会の民主的運営と見える化を進める」事を一貫して、誰よりもダントツに鋭く行ってきました。

 「議員の実名を挙げた実態報告をHPやビラで行なう」事も行ない、そのために
「懲罰・問責・辞職勧告・怪文書の猛攻撃」も受け、それを全て跳ね返して来ました。
 そして「当局や関連業者、地元ボスの不正摘発と改善実績ダントツの議員」でもあります。
 HPの中の「懲罰問題特集」http://www.hige-toda.com/_mado11/mado11_index.html

 また、関西・全国の良質な議員達とのネットワークも持ち、各地の情報も豊富に得ております。
 私のHP→ http://www.hige-toda.com/
  その中で、「議員定数問題」に詳しく言及している
    「真の議会改革」特集
    http://www.hige-toda.com/_mado04/gikaikaikaku_sp/index.htm
  その中段の
    「真剣議員」=戸田が解き明かす重要論説集I
             議員・議会の実態とホントの改善方策
        http://www.hige-toda.com/_mado04/gikaikaikaku_sp/ronbun01.pdf

    「真剣議員」=戸田が解き明かす重要論説集II
           「議員ボランティア」論のまやかしを斬る
        http://www.hige-toda.com/_mado04/gikaikaikaku_sp/ronbun02.pdf

 そういう私から、岡田先生に以下の3点を事前質問をさせていただきます。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

Q1:私の感触では「議員定数を減らせ」と主張する議員の大半が、
  「理事者追及をせず、不正追及もせず、議会での質問や討論をほとんどせず、ビラや  HPブログでの情報発信もしないかしても僅か」の議員達であるのですが、
  これはどういう関連性があると、お考えですか?
  
   別の言い方をすれば、「理事者追及や不正追及を旺盛に行ない、議会での質問や討  論、およびビラやHPブログでの情報発信も旺盛に行なっている議員」の大半は
  「議員定数削減に反対である」、という事を私は体験上知っているのですが、
  これはどういう関連性があると、お考えですか?
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Q2:先生は、講演や面談で知り合った「議員定数削減派の議員達」について、その人達  の「議会での質問や討論の実施実態」
   (ちゃんと質問討論している議員であるか否か)
  や「市民への情報伝達の実施実態」などを把握しているでしょうか?
   把握しているとすれば、それはどのようにして、どの程度でしょうか?
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Q3:私はかねがね、「議員定数削減を求める市民」に対して、次のような説明をして
  います。
   ・例えば法律で「しかじかのキャパの施設には20人のガードマン配置が必要だ」
    と決められているが、ガードマンの仕事ぶりを調べたら、仕事サボリのガード     マンが多い事が判った場合、あなたは何を求めるか?
     「ガードマンがちゃんと仕事をするように管理をしっかりせよ」とか、
     「ちゃんと仕事をするガードマンを雇え」
     と求めるでしょ。
   
     決して「仕事サボリのガードマンが多いからガードマンの数を減らせ」とは
     求めませんよね。
     
    ・それなのに議員の場合はなぜ、
      「ろくに仕事をしていない議員が多いから議員の数を減らせ」、
     と求めるんですか?

    ・それはガードマンの場合は「どういう仕事をするものなのか」を知っていて、     「配置人数が少なすぎれば施設や市民の安全安心が守れない」という事も
     理解出来ているけれども、
     議員の場合は、「議員はどういう仕事をするものなのか」をよく知らないか
     ら、「議員の数が少なすぎたらどういう弊害が起こるか」知らない、考えた
     事も無いからですよね。

    ・「ろくに仕事をしていない議員が多い」のであれば、議員の数を減らすのでは     なく、「議員がちゃんと仕事をする(せざるを得ない)仕組みを作る」事
       (=各議員の仕事実態や改善実績の見える化)や、
     それを通じて「ちゃんと仕事をしなかった議員は議員にしない選挙にする」      ことが最も重要じゃないですか?

    ・「議員定数を減らせば減らすほど、当局追及をしない大政党や宗教団体議員が      のさばっていくだけですよ。例えば議員定数が5人になった場合を考えて
      ご覧なさい。当選出来るのはどんな議員ですか?」、
      あなたはそれでもいいんですか?
       
  こういう風に説明していくと、ほとんどの市民は「議員定数削減論のおかしさ」に
  気付いてくれますが、
  先生は、こういう私の説明に対して反論するとしたら、どのように反論されますか?
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 以上よろしくお願いします。
 門真市議会での「2/8議員定数問題勉強会」でお会いして意見交換出来る事を楽しみにしています。

 当日は、私の労作である  
    「真剣議員」=戸田が解き明かす重要論説集I
             議員・議会の実態とホントの改善方策
        http://www.hige-toda.com/_mado04/gikaikaikaku_sp/ronbun01.pdf
    「真剣議員」=戸田が解き明かす重要論説集II
           「議員ボランティア」論のまやかしを斬る
        http://www.hige-toda.com/_mado04/gikaikaikaku_sp/ronbun02.pdf

の2冊を持参して、先生に提供させていただきます。

 それでは。1/31(火)12:06 戸田ひさよし 拝

追伸:「議員定数削減はなぜダメか?」についての私の論説
   ↓↓↓
★遂に門真市議選分析で実証できた!議員定数を減らせば低レベルな組織議員の天下に!    http://www.hige-toda.com/_mado04/gikaikaikaku_sp/board01.htm

■有権者意識は少しずつしか変わらない。低レベル議員を淘汰する連立方程式は・・・
●削減害悪1:組織票無き新人の当選も真剣議員の会派形成も不可能に!ダメ議員安楽に
▲削減害悪2:「一念発起新人の当選不可能」は市民を白けさせ、投票率増加も望めない ■削減害悪3:低レベル議員と支持者への変革圧力を減じ、自己改革の動機も削ぐ 戸田
●削減害悪4:指標で明白!議会の行政チェック力量が減少し、行政にとっては楽チンに   ↑こららも http://www.hige-toda.com/_mado04/gikaikaikaku_sp/board01.htm

引用なし
342 hits
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.5; YTB730...@i118-18-31-66.s42.a027.ap.plala.or.jp>

門真市議会での「2/8議員定数問題勉強会」講師(削減派)への事前質問メールを紹介 戸田 17/1/31(火) 13:04

1047 / 9484 ←次へ | 前へ→
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
ページ:  ┃  記事番号:   
1,309,782
(SS)C-BOARD v3.8(とほほ改ver2.1) is Free