ちょいマジ掲示板

この掲示板は、門真市及び守口市ネタを中心に各地の議会や自治体ネタなどを、「比較的穏やかに」意見・情報の交換をする所です。詳しくは「掲示板のルール1」「掲示板のルール2」を読んでそれに従って下さい。 この掲示板では戸田の命令が絶対であることをくれぐれもお忘れなく。
内容的に関連がある投稿の場合は(先の投稿への)「返信」の形を取って投稿して下さい。
●ただ、「Re:○○」形式の元タイトルの繰り返しタイトルは厳禁です。必ず「内容が伺える独自のタイトル」をつけて下さい。
◆約10年間完全自由投稿制を維持してきましたが、荒らし・妨害投稿頻発のため、やむなく投稿者登録制に移行しました。投稿される方はこちらにアクセスし、所定の手続きを行なってください。 ◆投稿者のメールアドレスは戸田が把握しますが、掲示板では非表示にできます。 ◆投稿者名・メールアドレス・パスワードは登録時のものを使わないと投稿できません。 登録・投稿についての分かりやすい説明はこちらです。うまくいかない場合の問い合わせは戸田事務所まで問い合わせてください。 (09年4/8改訂記)   これまでの管理者命一覧(必読)

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
1164 / 1598 ツリー ←次へ | 前へ→

門真市青育協連合会の田中正幸会長の不正を戸田が市・教委・議会に11/2告発! 戸田 07/11/3(土) 7:40
◆「田中正幸」氏の不正を大阪府にも10/30に告発と調査請求!開示請求7通も 戸田 07/11/3(土) 8:34
◆田中会長が市にウソ回答をした証拠がこの「10/26教委から戸田への結果報告文」! 戸田 07/11/3(土) 9:20
◆教委報告文持参で市に田中氏の住民票確認をこの10/29文書で請求・入手! 戸田 07/11/3(土) 9:42
☆HP扉に大特集作って、田中氏不正の証拠動画・写真をアップしてます! 戸田 07/11/4(日) 13:02
以前は法律国家資格の看板もあがっていました! 元・野球少年 07/11/5(月) 15:11
☆11/5さらに「提出資料18項目」もアップしました!(日付更新忘れだけど) 戸田 07/11/5(月) 20:09
☆田中会長不正特集の通信27号配布中!市内郵送261通1万7千円!FAXも 戸田 07/11/6(火) 6:00
■東時代のヘドロ=田中会長を門真の全団体から絶縁・永久追放すべし! 戸田 07/11/6(火) 6:27
●鎌田副会長と遭遇激論、全く反省無しだったが、11/7緊急役員会では? 戸田 07/11/8(木) 5:11
★田中会長を「11/7辞任」に追い込んだぞ!戸田の追求の勝利だ!(住所変更も) 戸田 07/11/13(火) 17:45
◆「鎌田副会長は11/17非行防止大会終了後に辞任する」事も確認したぞ! 戸田 07/11/13(火) 18:11
●見解文提出無しで済まそうとする事に抗議し、戸田は非行防止大会をボイコット! 戸田 07/11/16(金) 7:09
◆「11/17青少年非行防止市民決起大会」への出席ボイコットの通知 戸田 07/11/16(金) 7:49

門真市青育協連合会の田中正幸会長の不正を戸田が市・教委・議会に11/2告発!
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 07/11/3(土) 7:40 -
  
 本日11/3から満を持して、「門真市に住んでもないのに門真市に住所偽装して『青少年
育成協議会連合会』会長を続ける田中正幸会長」の不正行為の暴露糾弾の大運動がHPに
おいても開始される。
 皮切りに、昨日11/2に戸田が市長・教育長・議長の3者宛てに資料を添えて出した
「告発と厳正対処の請求」文を掲示板に公表する。じっくり読んで欲しい。
  ※HP公表に際しては、住所や電話番号の一部を○○に置き換えた部分がある。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 青少年育成協議会連合会会長・田中正幸氏の不正行為
 についての告発と、厳正なる対処をする事の請求 

門真市 市   長  :園部一成 殿
   教育委員会教育長:下浦克明 殿
   市議会 議  長:大本郁夫 殿
                   2007年11月2日       

                 門真市市議会議員:戸田ひさよし
                  新橋町12-18-三松マンション207
                   電話:06-6907-7727  FAX:06-6907-7730

1:今年も例年通りに11月の「青少年非行防止市民決起大会」が17日に開催される予
 定で、青少年育成協議会連合会・会長の田中正幸氏から各方面に案内が発送されている
 が(資料1・2・9・10)、当職が田中氏の同会会長としての資質に疑問を抱いて深く調
 査したところ、驚くべき不正行為の事実が判明した。

2:市職員の多くが「田中会長は何年か前から枚方市に住んでいる」と思っていながら、
 役職との関係に何の疑問も抱かないで来たことも問題だが(資料4)、当職が調査した ところ、田中氏が「自宅住所」として住民登録している「門真市新橋町22番1号」には、
 数年前から居住実態が無く、少なくとも現在は全く居住実態が無く、この行為は、
 「公正証書原本不実記載」(刑法157条1項)という罪にあたり、「懲役5年以下、罰金
 50万円以下」に該当する。

3:同規定は仕事上住居が流動的にならざるを得ない日々雇用労働者など、一般市民に機
 械的に適用するのは不適切だが、事業を行ない、市からの公金を得ている公的団体の代
 表ともあろう者がこのような住所偽装をする事は許されるものではない。

4:当職が10/25木曜午後に現地を訪れて調査したところ、資料6の写真にある通り、現
 地建物には人の居住の気配のカケラもなかった。
  1階事務所に居住している様子もなく、数室の居室を持つ2階は廃墟同然の荒れよう
 だった。
  なおこれは、プライベートな事ではなく、「青少年育成協議会連合会の事務所は会長 宅に置く」との同連合会会則(資料5)に照らした公的事案の調査である。

5:しかしながら、田中氏は教育委員会生涯学習部からの問い合わせに対して、「自分は
 ずっと新橋町22−1に住んでいる」と、24日と26日の2度に渡って虚偽の回答をしてい
 る。(資料4)

6:また、当職が10/29に市民生活部・市民生活課長あてに「田中正幸氏(門真市青少年
 育成協議会連合会・会長)の住民登録の有無について」問い合わせをして(資料7)、
 田中氏個人の住民票を入手したが(資料8)、そこにおいても田中氏は「新橋町22−1」
 に今も虚偽の住民登録を続けている事が確認された。

7:当職が近所の住民数軒から聞き取り調査をしたところ、みな一様に「田中さんは数年
 前に引っ越しをして、もう小山運送の建物には住んでいない」、「枚方に移ったと聞い ている」、と述べている。

8:当職が10/29月曜夜に、01年に知っていた田中氏宅の電話「06−6909−○○○○」に
 電話したところ、田中氏が兄と同居し、枚方に居住しているようである事が判明した。
  ( 電話は、「転送します」とのアナウンスと共に転送され、お兄さんが出て当職と
    話をした。本人はその時外出中だった)  (資料13)

9:入手した住民票を見ると、田中氏は02年に「八幡市欽明台西○○番地○○」から
 「門真市新橋町22番1号」に転入して来たが、一方で、1978年から2004年までの26年間
 も「新橋町第3自治会」の自治会長を続け、1997年から現在まで10年間も「青少年育
 成協議会連合会」の会長を続けている。(資料17・18)
  同氏の挙動には不可思議な所があると言わなければならない。
   (門真市から八幡市に一度転出したという話もあるが詳しい事はまだ不明)

10:田中氏はまた、大阪府所管の介護保険に関わる団体の届け出において、
    ・「株式会社昭美会」の「代表者」であり、
    ・「医療法人昭征会・坂野病院サービスセンター」の「責任者」であるが、
              (資料11・12)
  枚方市に居住していると言われている(少なくとも住民票住所は虚偽である)にも拘
 わらず、「株式会社昭美会」の「代表者」住所に関して、当職の10/30の府庁に出向い
 ての調査によって、門真市新橋町の住所で届けたまま変更していない事が判明した。
   府職員が記録を調べた上で明言したのである。
   
11:これは、府に出した申請書の「代表者の住所」への虚偽記載にあたる。
  田中氏は他にも「代表者の住所」や「役員もしくは管理者の住所」の虚偽記載をして
 いる可能性が高いと思える。
   
12:また、居住地を偽っているということは、真の居住市は田中氏から本来得られる税を
 逃しているという事であり、その市に対して虚偽によって損害を与えている事になる。

13:そういったことを含めて当職は、10/30火曜に大阪府に対して「団体届け出に関わる
 田中正幸氏の不正の告発と回答・調査の請求」を行ない、また情報開示請求7通を行な
 った。  (資料13・14・15)

14:「門真市青少年育成協議会連合会」は毎年10万円、「青少年問題協議会」を通じて門 真市の補助金を受けている団体であり(資料16)、「青少年非行防止市民決起大会」は
 市教委と市の全面的協力を得て初めて開催され得るものである。 (資料9・10)

15:以上の事から、田中正幸氏の住民登録の虚偽は明白であり、この不正行為は許せない
 ものであって、到底青少年や広範な市民に「非行防止」を呼びかける資格など無い。
  一刻も早く会長を辞任して全市民全関係者に謝罪すべき人物である。住民票を正しく
 居住地に移すべきは言うまでもない。

     < 要 求 事 項 >

1:青少年育成協議会連合会に対して、「田中会長の即刻辞任・会長副会長の交代無くし ては、青少年非行防止市民決起大会への参加はあり得ない」事を申し入れること。
  (副会長の鎌田正義氏も田中氏と「長年のお仲間」であり、同氏の会長就任ではウミ
   は出せない)

2:市は直ちに田中氏を調査をして「職権消除」で田中氏の住民登録を抹消すること。
 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
      田中氏告発 資 料 一 覧

資料1:「11/17青少年非行防止市民決起大会」開催案内
       青少年育成協議会連合会会長・田中正幸氏から門真市の議員に対するもの
資料2:2007年(H19)度の「門真市青少年育成協議会連合会」の役員名簿

資料3:田中氏が「自宅住所」を詐称する「門真市新橋町22-1」を示す住宅地図
資料4:市教委・生涯学習部より「戸田への10/26報告文」
     < 門真市青少年育成協議会連合会会長の件について(報告)>
     (田中氏が教委に10/23と10/26にウソ回答をした証拠)

資料5:「門真市青少年育成協議会連合会」会則
資料6:「門真市新橋町22-1」建物には居住実態が皆無である証拠写真
                             (10/25(木)午後撮影)
  6−1:(上下とも)「小山運送」の看板のある2階建て建物の前面の様子。
  6−2:上:同建物の玄関奥の階段を上がった所から見た2階の様子。居住無し・廊
        下はゴミ山
      下:同建物前面右側のアップ。
  6−3:上:同建物2階の階段直近の2部屋のドア。
         右側ドアはきれいだがノブ無し。
      下:同建物2階の階段直近から奥の方の廊下の様子。ゴミの山で人通りの痕
        跡皆無。
  6−4:上:1階左手事務所玄関ドアとその横の2つの郵便受け。
          平日日中午後にも拘わらず、事務署内は真っ暗で人の気配なし。
      下:右側郵便受けの田中正幸・住所、「田中保険」・「新橋環境研究所」
        記載のアップ。

資料7:門真市あて、「10/29田中正幸氏の住民登録の有無について」。
     (門真市青少年育成協議会連合会・会長住所の確認として、田中氏の住民票を
       問うもの)
資料8:戸田に交付された「10/29段階での田中氏個人の住民票」
     2002年11/1に「京都府八幡市欽明台12番地2」 から「門真市新橋町22番1号」
     に転入したことを示す。
資料9: 07年(H19年)「第3回 青少年非行防止市民決起大会」プログラム
                              (市教委で作成)
  9−1:同表紙
  9−2:同2ページ(大会次第)
資料10:同市民決起大会の後援・協賛・案内配布先 (市教委で作成)

資料11:「医療法人昭征会・坂野病院サービスセンター」の紹介
                       (田中氏が「責任者」であること)
資料12:「株式会社昭美会・有料老人ホームふる郷」について
                       (田中氏が「代表者」であること)
資料13:戸田が大阪府に出した10/30「田中氏の不正の告発と回答・調査の請求」

資料14:「有料老人ホームふる郷」の事業者指定申請書の、法人代表者を記載する「様式
     第1号」

資料15:戸田が府に出した田中正幸氏に関わる情報開示請求(7通のうち2通を例示)
  15―1:「株式会社昭美会・有料老人ホームふる郷」の事業者指定申請書の「様式第
       1号」
  15―2:医療・介護の分野での事業者指定申請で田中氏が代表者に記載されている
      書類
資料16:「門真市青少年育成協議会連合会への補助金について」
        (市教委から戸田へのFAX回答文)
     「門真市青少年問題協議会」を通じてしからの補助金が、「門真市青少年育成
      協議会連合会」に毎年10万円出されていること。

資料17: 1976(S51)年から2007(H19)年までの田中氏の自治会役員就任年表
      (新橋町第3自治会・自治会会長や新橋町防犯支部長の就任期間を示す)

資料18:「門真市青少年育成協議会連合会のあゆみ」(市教委より戸田へのFAX回答文)
      田中氏が青少年育成協議会連合会会長に1997年より現在まで10年間就任し
      ている。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98)@i58-89-133-146.s04.a027.ap.plala.or.jp>

◆「田中正幸」氏の不正を大阪府にも10/30に告発と調査請求!開示請求7通も
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 07/11/3(土) 8:34 -
  
 10/30(火)、HPで「田中正幸・枚方」で検索して田中氏が枚方で関わっている団体を
調査。2団体だけ出てきたが、それぞれの「田中正幸」が同一人物かどうか、他にもない
かなどを調べるためにバイクで枚方市役所に行って調査。
 ズバリ同一人物で、医療福祉の担当部署では「田中正幸」氏はよく知られている人のよ
うだった。

 代表者・役員の氏名・住所などを書いている事業者指定申請書類は府が持っていて、枚方市にはない、ということなので次ぎにバイクを飛ばして大阪府に行って担当部署に田中
正幸氏の不正について訴え、いろいろ話をしてからその場で「告発と回答・調査の請求」
を書いて提出。
 そして5時半頃に府の情報センターに行って田中氏問題について7通の開示請求をした。
担当課職員との協議で時間がかかり、終わったのは夜7時。
 以下に、10/30の大阪府への告発文を紹介する。
   ※HP公表に際しては、電話番号の一部を○○に置き換えた。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
大阪府 健康福祉部 医務福祉指導室・事業指導課 殿
                           2007年10月30日

 団体届け出に関わる「田中正幸」氏の不正の告発と回答・調査の請求

                    門真市市議会議員 戸田ひさよし
  ― 記 ―

1:貴課所管の介護保険に関わる団体の届け出において、
    ・「株式会社昭美会」の「代表者」であり、
    ・「医療法人昭征会・坂野病院サービスセンター」の「責任者」である
 田中正幸氏は、枚方市に居住しているにも拘わらず、別紙資料で示すように、門真市
 教委の調査に対して「門真市新橋町22−1にずっと住んでいる」と虚偽の回答を行ない、
 また、住民票もそこに置いている。

2:これは、住民登録の不実記載という刑事犯罪を重ねていることであり、また、府に出
 した申請書の「代表者の住所」や「役員もしくは管理者の住所」へに虚偽記載にあた
 る。
  また、居住地を枚方市であると明らかにしていない場合は、枚方市に対して収めるべ
 き税を収めない「脱税」の可能性もある。

3:当職が、昨夜10/29夜に、01年に知っていた田中氏宅の電話「06−6909−○○○○」
 に電話したところ、田中氏が兄と同居し、枚方に居住していることが判明した。
  (電話は「転送します」とのアナウンスと共に転送され、お兄さんが出て当職と話を
    した。本人はその時外出中だった)

4:以上の事から、当職は田中正幸氏を、大阪府への申請書の虚偽記載で告発する。
  府は、至急に調査され、対処されたい。

5:この2団体につき、田中正幸氏の「住所」がどうなっているのか、回答されたい。

6:このようなウソを平気で重ねる人間が役職に就いている団体は、他に不正がある可能
 性が高いのではないかと危惧する。
 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 ※ 原本は手書き。 
   原本では田中氏の「兄」書くべきところを「弟」と誤記していたので、これをもっ
  て訂正する。
   なお、この誤記訂正は「医務福祉指導室・事業指導課」にも本日11/2(金)午後3時
  頃に電話とFAXで伝達した。
               ― 11/2 戸田記 ―
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98)@i58-89-133-146.s04.a027.ap.plala.or.jp>

◆田中会長が市にウソ回答をした証拠がこの「10/26教委から戸田への結果報告文」!
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 07/11/3(土) 9:20 -
  
 戸田は事前に小山運送建物「新橋町22-1」の様子を見ていて、「今もやはり誰も居住し
ていない」=「田中会長がもしも、今も新橋町に住んでいるとウソを言うのならば許せな
い」、と思っていた。
 (「枚方に住んでいる」と言うのならば、「そんな人がなんで門真市の青少年育成協議
   会連合会の会長をするのか?辞任すべき」と言おうと思っていた。)

 それで生涯学習部から田中会長に問い合わせてもらったのだが、その回答はなんと厚顔
無恥・鉄面皮にも「自分は門真市新橋町にずっと住んでいる」という大ウソ回答だったの
で、徹底追及・徹底糾弾の戦闘開始を決意した。
 公的問題についての役所からの問い合わせとそれへの回答結果については、文書できちんとしてもらう必要がある。
 そのために、教委に文書での報告を求めた結果がこの報告文だ。
 11/2夕方に市に告発するまでは、職員には戸田の「戦闘決意」は伝えずに、淡々と対応
してきたところ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
                            平成19年10月26日
門真市議会議員 戸田 久和様
                   生涯学習部
                        部長 東田保夫
                        課長 高橋勝保

門真市青少年育成協議会連合会会長の件について(報告)

 標記のことについて、平成19年10月23日(火)付け、連合会会長の門真在住の確認につ
いて、下記のとおり報告します。



 戸田議員から10月23日(火)に田中会長の住所について私どもに問い合わせあった時に
は、「枚方市にお住まいだと聞いていますが・・」とお答えしましたが、それは誰から
の情報で、いつからそのような話が広がっていたのか、判然としない情報でありました。

 連合会会長の住所については、数年前から枚方市の方にお住まいを移されているという
話がありましたが、生涯学習部としては事実確認をしておりませんでした。

 10月24日(水)午後3時過ぎ、高橋課長が(以前から教えていただいていた会長の携帯
電話にかけて)会長本人に、「何年か前から枚方にお住まいの人が門真市青少年育成協議
会連合会の会長をするのはおかしいのではないかと言う方がいるのですが、」とお聞きし
ましたところ、田中会長から「自分は門真市新橋町にずっと住んでいる。住所は変わって
いない」との回答がありました。

 連合会の会則で、「連合会の事務所は会長の自宅に置く」と決められており、従って現在までの連合会の事務所は、田中会長宅の「門真市新橋町22-1」であることになります。

 ※連合会田中会長にその旨、10月26日(金)に教育委員会事務局でお会いして確認をと
  りました。
   連合会の会則第4条(組織)では、平成18年6月の改正で役員の資格を、「運営委  員会の推選する者若干名」と定めており、従って、田中氏が校区の役員でなくとも、
  他の役員からの推選を受けて会長に就任している事には会則上何の問題もなく、会則
  に適合していると理解いたします。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98)@i58-89-133-146.s04.a027.ap.plala.or.jp>

◆教委報告文持参で市に田中氏の住民票確認をこの10/29文書で請求・入手!
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 07/11/3(土) 9:42 -
  
 他人の住民票の確認や交付は原則禁止で厳しくなっている。
 その壁を突破して事実を知るために、田中正幸氏の住民票確認が公的事案で公金支出団体の事務所の住所・その代表者の住所に関する調査である事を説明すると共に、「青少年育成協議会連合会」会長である田中氏が、正式に「自分は門真市新橋町22-1にずっと住んでいる」回答をしている事を示す教委の文書で補強した。
 「職務執行の正当性の根拠」が多ければ多いほど役人にとっては安心できる。

 住民票を扱う市民生活課は「検討の時間が欲しい」という事でしばし検討した後に、
戸田の言い分を了承して、戸田が田中氏の住民票の交付請求をして市が交付する形を取
った。
 このようにして田中正幸氏の住民票が入手され、田中氏の不正行為追求の土台となった
のだ。戸田ならではの頭脳プレーだろう。
 ――――――――――――――――――――――――――――――――――
門真市 市民生活部 市民生活課長殿
                  2007年10月29日
                          門真市議会議員 戸田ひさよし

田中正幸氏(門真市青少年育成協議会連合会・会長)の住民登録の有無について

       ―記―
1:田中正幸氏は上記連合会の会長であり、今年も「青少年非行防止市民決大会」を主催
 し、市長、議員はじめ市民各層に案内状を送って、同大会を開催する、という責任ある
 地位にある。

2:同連合会は、門真市から補助金を受ける団体である。

3:しかし、同氏については「何年か前から枚方市に住んでいる」という話があり、所管の
 教育委員会から、同氏に問いあわせしたところ「今も門真市新橋町に住んでいる」、
 「連合会の会長住所(事務所所在地)は新橋町22−1である」との回答がなされた。
                    (別紙提出の教委障害学習部回答文参照)

4:同氏の回答が正しいか否か、同氏が門真市新橋町22−1に住民登録をしているか否か
 は、公的な問題であると考えるのでここに同氏の門真市への住民登録の有無について、
 回答を求める次第である

5、文書での回答を求めます。
                    以上。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98)@i58-89-133-146.s04.a027.ap.plala.or.jp>

☆HP扉に大特集作って、田中氏不正の証拠動画・写真をアップしてます!
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 07/11/4(日) 13:02 -
  
 昨日午後から、戸田HP扉に田中正幸氏不正行為問題の大特集を作って、住民票を置い
ている「新橋町22-1」には全く居住者がいない、本人が「住んでいる」と言っているのは
大ウソであることの、決定的証拠となる動画と写真をアップしていますから見て下さい。

 市当局も、この特集をよく見て、直ちに田中氏を調査をして「職権消除」で田中氏の住
民登録を抹消して下さい。

 ※ 田中氏不正問題について、市民各方面のみなさんの意見や情報を求めます。
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98)@i58-89-133-146.s04.a027.ap.plala.or.jp>

以前は法律国家資格の看板もあがっていました!
←back ↑menu ↑top forward→
 元・野球少年  - 07/11/5(月) 15:11 -
  
昨日投函頂いたビラを拝見して思い出したことがあります。
出勤時、いつも「新橋町22-1」の前を車で通るのですが、以前こちらのポストのあるところには「行政書士事務所」の看板があがっていたのをはっきりと覚えています!最近その看板はなくなっていましたが、数年前は間違いなくありました(写メでもとっておけば、朝日新聞の誤報発見に続くお手柄?だったのに残念・・・)

いずれにせよ、この田中正幸さんとやらは他市に住んでいるにもかかわらず、住民票偽装(公正証書原本不実記載)をしながら門真市青少年育成協議会会長の公職を続けていることは良くわかりました。それだけでなく、小山運送、新橋自動車なる会社と保険代理店を経営する傍ら、環境研究所を主宰し・・・合格率数%の法律国家資格・行政書士試験にも合格し、大阪府行政書士会に登録している方のようですが

・・・いずれも実態について当局に調べてみる価値もあるかもしれません(特に行政書士会に登録もしていないのに堂々と看板を掲げていたとすれば、明らかな行政書士法違反でこれは、公正証書原本不実記載以上に大きな問題になりますよ)
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)@eaoska237103.adsl.ppp.infoweb.ne.jp>

☆11/5さらに「提出資料18項目」もアップしました!(日付更新忘れだけど)
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 07/11/5(月) 20:09 -
  
 本日、吉岡クンのバイト支援によって「戸田が市に提出した資料18項目」もアップし
ました。扉http://www.hige-toda.com/ から特集内を見て下さい。
    (・・・・と言って扉ページのアクセス数を稼ぐ) 
 日付更新忘れてますが。・・・・更新項目ごとに日付を入れて、HP扉内の特集部分にも更新日付を入れないといけませんね。
 いろんな作業が重なって忘れる場合もありますから、表の更新日付が変わっていなくても一応覗いて見ることをお勧めします。

 今後は「市への11/2告発文」を別途作成して、その文中の「資料○○」の部分に個別リ
ンクを張ってもらおうと思ってます。
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98)@i58-89-133-146.s04.a027.ap.plala.or.jp>

☆田中会長不正特集の通信27号配布中!市内郵送261通1万7千円!FAXも
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 07/11/6(火) 6:00 -
  
 田中会長不正問題を写真付きで取り上げた通信27号(アップは水曜日)を日曜午後に
完成し、日曜日に「新橋町第3自治会」区域に全戸配布、月曜朝は門真市駅前で配布
(6:35〜9:00)、月曜午後に新橋町の残り大半を配布し、本日朝は大和田駅南側で
6時台から配布する。
 あさって水曜日は古川橋駅前で早朝より配布予定。

 また、市内90件にFAXし、マスコミ30社にもFAX。郵便では市内に261通を発送(郵送
費1万6965円をつぎ込んだ!)し、電撃的宣伝戦を開始した。車での街宣も行ないたい。

 ただ、戸田は今年も韓国の労働者大集会に合わせた連帯ユニオンの訪韓団に入って
11/8(木)〜12(月)の間、韓国に行くので、その間の宣伝はできず、萱島駅や大和田駅北
での通信配布ができない。
 戸田が韓国から帰ってくる12(月)には状況が大きく変わっていて、通信27号では内容
がいい意味で遅れてしまう可能性が大きい。
 通信27号現物を見たい人は戸田事務所までご連絡下さい。

◆状況が変わらないのならば、11/17「青少年非行防止市民決起大会」に対して街宣車で
 乗り込んで「刑法犯=田中正幸会長とそれに加担する市当局糾弾!・エセ非行防止大会
 粉砕!」の実力行動を行なう!
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98)@i222-150-202-52.s04.a027.ap.plala.or.jp>

■東時代のヘドロ=田中会長を門真の全団体から絶縁・永久追放すべし!
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 07/11/6(火) 6:27 -
  
 教委が田中会長に問い合わせした時、実際には「ある議員さんの方から、何年か前から
枚方にお住まいの人が門真市青少年育成協議会連合会の会長をするのはおかしいのでは
ないかという疑問が出されているのですが・・・」と率直に言っている。

 つまり「議員からの疑問提出」であることを承知の上で大ウソ回答を2度に渡ってした
わけで、その悪質性は際だっている。
 戸田のみならず、全部の議員が怒るべき問題だ。

 こういう田中会長は東時代の地域ボス政治の中で大きな顔をしてきたヘドロ部分である。門真に住んでもいない人間が未だに門真の「顔役」の1人として偉そうに君臨してい
る事は断じて許されない。

 田中会長がやった事は、門真市と門真市民にドロを塗ったことであり、本人および連合
会としての真摯な謝罪・田中氏の会長辞任は当然の事だが、それだけでなく、田中正幸氏
を門真市青少年育成協議会連合会から永久追放し、「顧問」であれ「一会員」であれ、
一切関わらせないこと、田中氏の不正行為を(市当局はもちろん)連合会自身としても明確に処断することが絶対に必要だ。
 (住民票を正しい場所に変更すればそれで済む問題では全然ない。)

 田中氏のような人間は門真市内の全ての団体、とりわけ市と何らかの関係を持つ団体か
らは永久追放すべきである。門真市に住んでもいない刑法犯的ウソつき人間を門真市の団
体に関わらせる必要は全くない。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98)@i222-150-202-52.s04.a027.ap.plala.or.jp>

●鎌田副会長と遭遇激論、全く反省無しだったが、11/7緊急役員会では?
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 07/11/8(木) 5:11 -
  
 11/7、午後2時頃、上野口の鎌田副会長自宅付近でビラ入れいたら、同氏と遭遇し家の
前で激論。全然団体としての反省が無かった。
 その後、青少年育成協議会連合会は緊急役員会を開いて対策を協議したはずだが、田中
会長の不正事件をちゃんと反省することになるだろうか?

 韓国から帰る11/12午後に結果を見る。
 戸田の考えは、
  ↓↓↓
田中会長がやった事は、門真市と門真市民にドロを塗ったことであり、本人および連合
会としての真摯な謝罪・田中氏の会長辞任は当然の事だが、それだけでなく、田中正幸氏
を門真市青少年育成協議会連合会から永久追放し、「顧問」であれ「一会員」であれ、
一切関わらせないこと、田中氏の不正行為を(市当局はもちろん)連合会自身としても明確に処断することが絶対に必要だ。
 (住民票を正しい場所に変更すればそれで済む問題では全然ない。)

 田中氏のような人間は門真市内の全ての団体、とりわけ市と何らかの関係を持つ団体か
らは永久追放すべきである。門真市に住んでもいない刑法犯的ウソつき人間を門真市の団
体に関わらせる必要は全くない。
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98)@i222-150-202-52.s04.a027.ap.plala.or.jp>

★田中会長を「11/7辞任」に追い込んだぞ!戸田の追求の勝利だ!(住所変更も)
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 07/11/13(火) 17:45 -
  
 韓国―関空から帰ってすぐの11/12(月)の5:45頃、市役所内で中会長不正問題を市は
どう対応するのかの詰めを行なったところ(対応相手:辻中市長公室長、住民登録所管の柏木市民生活部長、東田・教育委員会生涯学習部長)、田中正幸氏が11/7に会長を辞任し
たこと、門真の青少年育成協議会連合会から完全に身を引くこと、住民票を実際に居住す
る八幡市に早急に移すつもりであること、などを「柏木・東田部長が田中氏から直に聞いた事」として説明を受け、報告文書も受け取った。

 田中氏本人のお詫び文や「青少年育成協議会連合会」という団体としてのお詫び文は出されておらず、住民偽装の言い訳も噴飯ものだが、不正の田中氏が11/7をもって会長を辞
任したという事実は画期的な改善である。
 以下に2部長から戸田宛に出された「報告文」を紹介する。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 
                           平成19年11月12日
   戸田議員様
                         市民生活部長 柏木 廉夫
                         生涯学習部長 東田 保夫
         
      門真市青少年育成協議会連合会会長の件について

標記の件について、11月7日に田中正幸会長から次の旨の申し出がありましたのでお知
らせいたします。
                 記

1.会長職については、私の住所地の件で青少年育成協議会連合会を始め関係各位にご迷
 惑をおかけしましたことから責任を感じ、11月7日の運営委員会において会長職を辞任
 した。                           (生涯学習部)

2.住所地の件については、教育委員会からの照会の時は連合会会長の職にあることから
 安易に門真市在住であると答えてしまった。
  しかしその後、市民課から住民基本台帳法の趣旨の説明を聞き又、今回会長職を辞す
 ることにより、その必要がなくなることから、現在の住所地に変更したい。
                               (市民生活部)
3.11月17日の決起大会は欠席します。(生涯学習部)

以上の申し出がありましたので、市といたしましても順次対応していきます。
 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98)@i222-150-202-52.s04.a027.ap.plala.or.jp>

◆「鎌田副会長は11/17非行防止大会終了後に辞任する」事も確認したぞ!
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 07/11/13(火) 18:11 -
  
 不正の田中会長と10年間ペアを組んできた副会長の鎌田正義氏についても、戸田は門真
市への告発・要求文で「会長副会長の交代無くして市の青少年非行防止市民決起大会への
参加はあり得ない」・「副会長の鎌田正義氏も田中氏と長年のお仲間であり、同氏の会長就任ではウミは出せない」、と処断してきた。

 11/12夜の市側の話では、「鎌田副会長については非行防止大会の実行委員長で実務的
な事もあるから、11/17の非行防止大会までは副会長を続け、大会終了後に辞任する意向
だと、鎌田氏が私達に言っていた」、「鎌田氏が大会終了後に副会長を辞任する事は絶対
に間違いない」、ということだが、2部長の報告文では鎌田氏のことは何も書かれていなかった。

 戸田は、「文書がなければ信用できない。創価学会の地域幹部で弁も立つ鎌田氏は後で前言を翻すかもしれない」として、「最低限、鎌田副会長退任の事を書いた市から戸田への報告文を明日13日中に出すこと」を要求して市側を合意させた。
 それによって作成された市側11/13報告文を以下に紹介する。
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――

                              平成19年11月13日
戸田議員様
                  生涯学習部長 東田保夫

鎌田副会長の件について

 門真市青少年育成協議会田中会長が11月7日付で会長職を辞任する旨の申し出があった
際に、鎌田副会長におかれましても、決起大会終了後に副会長の職を辞したいと、生涯
学習部長・市民生活部長・田中会長同席の中で言われておりました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98)@i222-150-202-52.s04.a027.ap.plala.or.jp>

●見解文提出無しで済まそうとする事に抗議し、戸田は非行防止大会をボイコット!
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 07/11/16(金) 7:09 -
  
 たしかに田中会長の辞任や鎌田副会長の「非行防止大会後の辞任意向表明」は大きな改善ではある。
 しかし、当然あるべき田中氏本人のお詫び文や「青少年育成協議会連合会」という団体
としてのお詫び文は出されていないのに、市や市教委は「もうこれ以上の改善要求はムリ」という態度を変えようとしない。
 
 市教委と市が「青少年育成協議会連合会」に全面的協力を行なう事によって、市長・議
長・警察署長初め市幹部・府議・市議、そして自治会連合会・PTA・校長会・子供会育
成連合会・民生児童委員協議会など数々の住民団体と広範な市民を数百人規模で結集させ
る「青少年非行防止市民決起大会」を成り立たせているのに、 (資料9・10)
  http://www.hige-toda.com/_mado01/2007/tanakajiken/shiyoru.htmの該当部分
その大会の呼びかけ者である「青少年育成協議会連合会」の会長の不祥事発覚―会長辞
任に関して、会長も連合会も謝罪見解の文書を全く出さず、つまり公的な市民説明を全く
しないままに、「11/17青少年非行防止市民決起大会」をそのまま開催するという事は、
どう考えてもおかしな話であり、戸田は到底納得できない。

 市教委や市も、そして田中会長辞任後の青少年育成協議会連合会も、これ以上の線を越
えようとしないという状況にあって、戸田は抗議の意志表明として「11/17青少年非行防
止市民決起大会への出席ボイコット」を宣言するものである。
 (田中氏辞任等の改善部分は評価し、会場に乗り込んでの抗議までは行なわないが)
 
 市や市教委幹部の発言には「民間団体に余りあれこれ強制はできないので・・」という
言葉が出てくるが、青少年育成協議会連合会はそこらの趣味サークルとは訳が違って、
市や市教委が毎年これだけ持ち上げて社会的信用を供与し、事務協力や動員協力を格別
に行なって来た団体なのだ。
 信用失墜行為に対して謝罪見解文を求めるのは当然の事ではないか。
 また「謝罪見解文の強要」ではなくて、「謝罪見解文を出さない限りは大会への後援は取り止めです」と言うだけの話ではないか。

 こういう簡単かつ当然な事ができない、という所に戸田は大きな問題を感じる。
 市民のみなさんはどう思うだろうか? 他の議員達はどうなんだろうか?
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98)@i222-150-202-52.s04.a027.ap.plala.or.jp>

◆「11/17青少年非行防止市民決起大会」への出席ボイコットの通知
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 07/11/16(金) 7:49 -
  
 以下の文書を本日朝、市にFAXで送りました。
―――――――――――――――――――――――――――――――
「11/17青少年非行防止市民決起大会」への出席ボイコットの通知 

門真市 市   長  :園部一成 殿
   教育委員会教育長:下浦克明 殿
   市議会 議  長:大本郁夫 殿
門真市青少年育成協議会連合会   殿
                   2007年11月16日       

                    門真市市議会議員:戸田ひさよし
                 新橋町12-18-三松マンション207          
                   電話:06-6907-7727  FAX:06-6907-7730

1:「門真市に住んでもないのに門真市に住所偽装して『青少年育成協議会連合会』会長 を続ける田中正幸会長」の不正行為を、当職が告発・追求したことによって、田中会長
 が11/7に責任を取って辞任し、今後は門真市の団体に関わらないことも確認されたし、
 鎌田副会長も11/17非行防止大会後に退任する事が確認された。
  (東田生涯学習部長・柏木市民生活部長・辻中市長公室長から戸田への文書報告およ
   び口頭説明)

2:たしかにこれらは大きな改善ではある。
  しかし、当然あるべき田中氏本人のお詫び文や「青少年育成協議会連合会」という団 体としてのお詫び文は出されていないのに、市や市教委は「もうこれ以上の改善要求は
 ムリ」という態度を変えようとしない。
  市教委と市が「青少年育成協議会連合会」に全面的協力を行なう事によって、市長・
 議長・警察署長初め市幹部・府議・市議、そして自治会連合会・PTA・校長会・子供
 会育成連合会・民生児童委員協議会など数々の住民団体と広範な市民を数百人規模で
 結集させる「青少年非行防止市民決起大会」を成り立たせているのに、その大会の呼び
 かけ者である「青少年育成協議会連合会」の会長の不祥事発覚―会長辞任に関して、
 会長も連合会も謝罪見解の文書を全く出さず、つまり公的な市民説明を全くしないまま
 に、「11/17青少年非行防止市民決起大会」をそのまま開催するという事は、どう考え
 てもおかしな話であり、当職は到底納得できない。
  青少年育成協議会連合会は、市や市教委が毎年持ち上げて社会的信用を供与し、事務
 協力や動員協力を格別に行なって来た団体であり、信用失墜行為に対して謝罪見解文を
 求めるのは当然の事ではないか。

3:市教委や市も、そして田中会長辞任後の青少年育成協議会連合会も、これ以上の線を
 越えようとしないという状況にあって、当職は抗議の意志表明として「11/17青少年非
 行防止市民決起大会への出席ボイコット」を宣言するものである。

4:市はこの出席ボイコット通知を本日中に「青少年育成協議会連合会」に届けられた
 い。
  
5:青少年育成協議会連合会は今後このような不祥事が無いように、これからは新しい体
 制で襟を正して進まれたい。
  市と市教委は民間団体行事への「後援」にあたってはその団体・役員の「法令遵守」
 に格段の注意を払い、問題があった場合はその団体や役員に報告や謝罪の文書を出さ
 せる事を当然の事として、適正な措置を行なう行政としての義務がある事を銘記され
 たい。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98)@i222-150-202-52.s04.a027.ap.plala.or.jp>

1164 / 1598 ツリー ←次へ | 前へ→
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
ページ:  ┃  記事番号:   
1,350,621
(SS)C-BOARD v3.8(とほほ改ver2.1) is Free