ちょいマジ掲示板

この掲示板は、門真市及び守口市ネタを中心に各地の議会や自治体ネタなどを、「比較的穏やかに」意見・情報の交換をする所です。詳しくは「掲示板のルール1」「掲示板のルール2」を読んでそれに従って下さい。 この掲示板では戸田の命令が絶対であることをくれぐれもお忘れなく。
内容的に関連がある投稿の場合は(先の投稿への)「返信」の形を取って投稿して下さい。
●ただ、「Re:○○」形式の元タイトルの繰り返しタイトルは厳禁です。必ず「内容が伺える独自のタイトル」をつけて下さい。
◆約10年間完全自由投稿制を維持してきましたが、荒らし・妨害投稿頻発のため、やむなく投稿者登録制に移行しました。投稿される方はこちらにアクセスし、所定の手続きを行なってください。 ◆投稿者のメールアドレスは戸田が把握しますが、掲示板では非表示にできます。 ◆投稿者名・メールアドレス・パスワードは登録時のものを使わないと投稿できません。 登録・投稿についての分かりやすい説明はこちらです。うまくいかない場合の問い合わせは戸田事務所まで問い合わせてください。 (09年4/8改訂記)   これまでの管理者命一覧(必読)

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
268 / 1597 ツリー ←次へ | 前へ→

3/29(火)消防議会:戸田の質疑メモ◆そうだ、守門消防にも「非関電の電気」を導入を! 戸田 16/3/27(日) 20:40

△12/25消防議会での戸田質問と消防当局答弁前半2項目を議事録から紹介:成果得た! 戸田 16/4/4(月) 7:02
▲12/25消防議会で澤井議員が不快を感じた「議事録や音声記録のネット公開」部分! 戸田 16/4/4(月) 7:09
●澤井議員の事実誤認や不見識の文句付け:守口市議への市議会テープや消防議会全協で 戸田 16/4/4(月) 7:32
△澤井議員:こわもてタカ派・合併推進・一時反維新市長の「月光仮面」・今は市長派に 戸田 16/4/4(月) 8:22

△12/25消防議会での戸田質問と消防当局答弁前半2項目を議事録から紹介:成果得た!
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 16/4/4(月) 7:02 -
  
 12/25消防議会での戸田の一般質問3項目の前半2項目について紹介しておく。
(紹介記事がだいぶ遅れたが) 
   ↓↓↓
 件名1:消防議員に対する決算報告書の配布を11月にすべきことについて

 件名2:守口市門真市消防組合それ自体を紹介するミニパンフ作成や消防議員へ
     新年度説明案内について
  要旨:
   ・かつては、消防議員になったら、施設案内や消防ヘリ搭乗などで、守口市門真市
    消防組合の内容紹介をしていたが、昨今は無くなったようだ。
     せめて、7月消防議会の前後に、施設案内説明会をするべき。 など。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

★ここでも「2016年度からは、決算報告書の配布を11月に行なう」、
  「2016年度からは、消防議員への新年度説明案内を7月消防議会終了後に行なう」
 との「明確な改善成果」が得られた。
  「パンフ作成や消防議員の消防ヘリ搭乗」については、「検討・調整していく」とい
 う「前向きな姿勢」が示された。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

 守門消防HP http://www.mkfd119.jp/
   ↓↓↓
 組合議会・執行機関 http://www.mkfd119.jp/soumuka/gikai/gikai-new2015.html
        (2015年度の分は、このページでないと見れない。▲改善点!)
   ↓↓↓
 組合議会議事日程及び会議録  
  平成27年12月25日(金)(定例会)
        http://www.mkfd119.jp/soumuka/gikai/gijirokuH27.12.25.pdf
   ↓↓↓
  (15ページ下段右から)
五番 戸田久和議員
  三項目にわたって、ちょっとみっちり質問します。
 答弁では必ず、西暦、元号の順でお答えください。

  まず件名の一、消防議員に対する決算審査意見書と決算書の配付を十一月にすべきこ
 とについて。
  クエッション一、以前の消防議会で私が、決算審査意見書と決算書ができたら速やか
 に議員に配付すべきことを要求し、そのように改善することが約束されたはずなんです
 が、それはいつの消防議会で、どのような質問答弁がなされたのか?
  詳しく述べてください。

久野隆博総務課長
   二千十三年、平成二十五年十二月二十五日の組合議会で戸田議員から一般質問の終
 わりに、
  「今年はもう十二月になってから配付されましたけれども、去年は確か十一月に配付
   されているわけで、それは二千十一年に私が市のあれと同じような、せめて十二月
   議会の前の十一月くらいには、配付しておいてほしいと。
    こういう要望があって去年はそうされたんですけど、今年はまた何かの用事で
   遅れてしまったということで、来年度の方は十一月くらいに議員に配付をしておい
   てもらうよう、これは強く要望して私の質問を終わります。」

 との発言がなされ、当時の立住議長が、「最後の件につきましては、要望として受け賜
 っておきます。」と引き取られました。

  その前々年の二千十一年、平成二十三年の戸田議員からの
   「十一月くらいに配付しておいてほしい。」との要望については、
  当時の議事録には載っていないことから、議会での質問や要望ではなく、十二月議会
 の告知や各種書類配付の段階での、個別面談の場での要望や改善回答であったものと
 思われます。

  そういった経過で、二千十二年、平成二十四年には十一月に決算審査意見書のみ配付
 いたしましたが、二千十三年、平成二十五年には不備があり、十二月配付に戻っていま
 した。
 
  また、昨年二千十四年、平成二十六年は、十二月頃決算審査意見書のみ配付しまし
 た。
  今後については、議員の方々にゆっくり確認していただくためにも、少ししでも早い
 告示に努めてまいります。以上です。

五番 戸田久和議員
  クエッションの二ですね。
  消防議会の議事録のホームページ掲載は、私が十二年ぶりに消防議員となった二千十
 一年の七月議会で要求した結果実現したことで、二千十一年度以降の議事録については
 ネットで見られるので、何かあったときには大変助かります

  さて、今回は、あるいは今回も、十二月議会直前になってから決算の書類が配付され
 たわけですが、
 (1)決算書や決算審査意見書の作成時期はいつか?
  (2)成後速やかに議員に配付したくない理由があるのか?
  (3)作成後速やかに配付するとしたら、その時期はいつになるか?
  (4)自の市議会の十二月議会を抱えている消防議員が、決算書に目を通す時間を保障
    することの意義をどう考えているのか?
  (5)早く配付するなとか、早く配付して欲しくないとかの意見を持つ議員はいるのか?
 
 以上、まとめてお答えください。

久野隆博総務課長
 戸田議員の(1)から(5)までの質問をお答えさせていただきます。まず、
  (1)決算書は、出納閉鎖後三箇月以内に調製しており、決算審査意見書は、九月から
    十月頃に監査委員から提出されるものです。

  (2)作成後速やかに配付したくない理由は、全くございません。
  (3)決算書や決算審査意見書を、作成後速やかに配付する場合の時期については、
    十一月には配付できると考えております。

  (4)消防議員が、決算書に目を通す時間を保障することについては、市民の安心安全
   を守るという意味でも、しっかりと決算書を確認していただく必要があると考えて
   おります
  (5)早く配付するなとか、早く配付して欲しくないとかの意見については、どの議員
   の方からもそのような意見は全く聞いたことはございません。
 以上です。

五番 戸田久和議員
  この項目の最後に、来年度からは十一月の遅くない時期に消防議員に配付することを
 約束してもらいたいのですけれどもどうですか。

久野隆博総務課長
  十一月の何日までにとまでは確定できませんが、来年度からは決算書、決算審査意見
 書を十一月の遅くない時期に議員の皆様に配付するようにいたしますので、よろしく
 御理解を願います。

五番 戸田久和議員
  大変良かったと思います。率直に言って、十二月市議会で非常にてんてこ舞いしてい
 て、消防の決算は、はっきり言いますけれども、ほとんど調べていません。
  私の能力ではそこまで手が回りません。
  来年にはその辺は早く配付されるということで期待しています。

 次の「件名2」にいきます。
 「件名の二、守口市門真市消防組合それ自体を紹介するミニパンフ作成や消防議員へ新
  年度説明案内について」です。 

 クエッションの一、
  かつては、私は千九百九十九年当選のその年に消防議員になり、それからは派遣議員
 から全部しばらく外されてたんですけども、その時に、
  かつてはですね、消防議員になったら、施設案内や消防ヘリの搭乗などで乗るという
 ようなね、守口市門真市消防組合の内容紹介をしていたが、昨今はなくなったようであ
 ります。

  ヘリ搭乗は予算とかいろいろあるんでしょうけども、それは無理としても、せめて消
 防本部の施設案内説明会くらいは、七月消防議会の前後にするべきと思うがどうでしょ
 うか?

久野隆博総務課長
  今後は、車両の資機材を含めた施設案内を、毎年度、七月の消防議会臨時会終了後に
 させていただきたいと思います。
  消防議員の消防ヘリ搭乗につきましては、諸般の事情により、千九百九十九年、平成
 十一年頃を最後に実施しておりませんが、今後は、消防ヘリを運営しております、大阪
 市消防局と調整させていただきたいと思います。
  以上です。

五番 戸田久和議員
  分かりました。その件はよろしくお願いいたします。
 クエッションの二、
  よその消防に視察に行きますと、ほとんどの所は、その消防自体の案内パンフレット
 があります。
  守口市門真市消防組合も、そろそろ守門消防を紹介するミニパンフか何かを作成すべ
 きと思うがどうか?
 
 「自分たちは分かっている」、「関係者は知っている」、「地元の人たちは知ってい
 る」、という古い感覚に安住してしまって、守門消防のごく基本的なことも知らない多
 数の市民の存在に鈍感になっていて、
  そういった市民たちに積極的に働きかけて、守門消防を市民と共に盛り立てていこう
 とする意欲が希薄になっているのではないか。

  守門消防を紹介するミニパンフ的なものの必要性について、どう考えているのか?
  なくても良いと考えているのか?あった方が良いと考えているのか?
 以上、お答えください。

池邨行弘予防課長
  戸田議員の御質問にお答えいたします。
  もちろん「あった方が良い」、と考えております。

  議員御指摘の「関係者は知っている等の古い感覚に安住する」とか、
  「多数の市民の認識実態に鈍感になっている」、また、
  「市民たちに積極的に働きかけて、守門消防を市民と共に盛り立てていこうとする意
   欲が、希薄になっている」
 というようなことはないものと自負しておりますので、御理解いただきますようよろし
 くお願いいたします。
  以上でございます。

五番 戸田久和議員
  分かりました。ぜひ前進で進めていただきたい。
 クエッション三、さて、そのミニパンフの具体的な作り方として、

 一、他の消防の参考にして、既に作成している高機能指令室などの紹介物なども大いに
   活用する。

 二、カラーで、写真やイラストなども大いに盛り込んで、分かりやすく親しみやすいも
   のにする。

 三、二年程度若しくは施設等に大幅変更があった段階で情報更新するものとして行う。

 四、来年七月の消防議会の前までには必ず作成するという段取りで。

 五、消防議員、構成市の議員や職員幹部、消防団や自治会、他市からの視察団などに配
   付できるだけの部数で。

 そういった五点で作成するべきと思うがどうでしょうか。

池邨行弘予防課長
 ただいまの御質問にお答えいたします。
  他市の消防本部のパンフレットを参考にしながら、庁舎整備などを実施後、幅広く市
 民に受け入れられるパンフレットを、今後検討してまいりたいと考えております。

  議員御要望の来年七月議会前までの作成につきましては、率直に申しまして困難であ
 り、現在の千石出張所と薭島出張所を統合して、門真団地内に千石・稗島統合庁
 舎が新設される二千十八年、平成三十年三月を一つのめどとして、パンフレットが発行
 できるよう検討をしてまいります。以上でございます。

五番 戸田久和議員
  二千十八年度でいうと、今が二千十五年ですから、来年、再来年、その次になってし
 まうし、ちょっと時間が掛かり過ぎかと思いますが、できるだけ急いで、よその市、
 広域消防のどこでも備えてるようなものを作っていただきたい。

  強く要望してクエッションの四に移ります。

  現在の守門消防のホームページは、毎年の組合議会議事録や構成議員の氏名などが
 載っている点では、大変優れています。
  少なくとも全国の広域消防のホームページで、こういう情報を載せている所は皆無
 に等しいようです。

  ただ、絵柄、図柄でいうと非常に地味で、市民から人気や関心が高い消防車両や訓練
 等の写真が表紙にないのが残念です。
  図柄をにぎやかにするくらいの作業は、バイト作業者に三万円も出せば十分に可能な
 ことだし、ボランティアでやってくれる人を見つけることも可能だと思います

  紹介パンフに歩調を合わせる形でもいいですから、ホームページの刷新をすべきと思
 うがどうでしょうか?

  ホームページの刷新が絶対にできないような、技術的、費用的な理由は存在しないと
 思いますが、何かあるのでしょうか?
 以上、お答えください。

池邨行弘予防課長
  ただいまの御質問にお答えいたします。
  当消防組合のホームページにつきましては、議員のお話のとおり、議事録や消防議会
 の構成を経年的に掲載しており、広域消防の中では数少ない内容となっております。

  ホームページの図柄につきましては、他の消防ホームページと比べますと、地味であ
 ることは否めない面がございますが、消防組合の限られたマンパワーの中で、一部の消
 防職員がホームページ作成に当たっているのが実情でございます。

  また、外部の専門家に委託する等、ホームページの作成方法を急激に変えることは、
 経費や情報管理等のいくつかの事情があって困難な部分があります。
 
  これらの事情から、ホームページの図柄を変更することは、現在のところは困難であ
 り、考えておりません。
  今後は、議員御提言のことも含めて前向きに検討させていただきますが、当面は限界
 がございますので、行事等のイベントなどを更新するよう努力していきたいと思いま
 す。

  なお、職員総体として多角的な能力育成をしていく一環として、IT方面の知識や作
 業技術を有する職員を増やしていく必要性は認識しており、消防ホームページの高度化
 も、それとの関連の中で進めていけるものと考えておりますので、御理解いただきます
 ようよろしくお願いいたします。以上でございます。

五番 戸田久和議員
  質問協議のやりとりの中で聞いてみますと、守門消防の場合は何事について自前主義
 ということをとっておると、自分たちで全部やっていこうと。
  そのことは結構なことなんですが、外部の人にちょっと委託するというのはちょっと
 なかなかしないという話であります。
 
  でも特救隊の図柄ぐらいは、もう少しにぎやかなものにしていただきたいと要望し
 まして、件名三に移ります。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜(続く)〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.5; YTB730...@i222-150-201-39.s04.a027.ap.plala.or.jp>

▲12/25消防議会で澤井議員が不快を感じた「議事録や音声記録のネット公開」部分!
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 16/4/4(月) 7:09 -
  
 消防組合議会議事日程及び会議録  
  平成27年12月25日(金)(定例会)
        http://www.mkfd119.jp/soumuka/gikai/gijirokuH27.12.25.pdf
   ↓↓↓
  (24ページ上段左から)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
戸田:
 最後の件ですね、件名三、消防議会の議事録や音声記録のネット公開についてです。
  クエッションの一、
 (1)守門消防組合議会の議事録が、消防組合ホームページに掲載されるようになった
    経過
 及び
   (2)守口市門真市消防組合議会の音声記録、録音テープが、希望議員にコピー渡しさ
    れる ようになった経過、さらに、
 (3)録音テープ渡しの手続き。
 以上について、それぞれ詳しく回答してください。

久野隆博総務課長
  二千十一年、平成二十三年七月十二日の組合議会で、戸田議員の一般質問の項目二、
  「市民への説明責任と消防組合ホームページでの議会議事録公表など」において、

  二千六年に開設された消防組合ホームページの組合議会の部分には、
   ・例年議会がいつ開催されているのか、いつ議会が開催されるのか、
   ・開催されたのか、
   ・議会でどういうことが審議され、何が決まったのか
  などの重要事項が全く公表されていない。

   当局者にちょっと聞いてみた感じでは、ホームページへの議事録掲載は全く考え
  ていないように感じて驚かされた。」

  「市民への説明責任や積極的情報提供の責任をないがしろにしているとの批判は免れ
   ない。」という問題意識の下に、
   「七月臨時議会の分から、議事日程と議事録の文字データだけの簡単なものを、
    九月頃にホームページに公表するのには何の困難もないはずだがどうか。」
 などの質問が行われたことを受けて、

  市民への説明責任をしっかり果たす立場から、二千十一年、平成二十三年九月頃に、
 同年七月の組合議会の議事録のPDFデータをホームページに掲載するようになった
 ものです。

 それより以前の議事録までは手が回りかねていますが、それ以降の議事録はホームペ
 ージにアップし続けており、年度ごとの議事録データを探すこともできるようにして
 おります。

  次に、守口市門真市消防組合議会の音声記録、録音テープが希望議員にコピー渡し
 されるようになった経緯についてお答えします。

  二千十一年、平成二十三年七月十二日の組合議会の時から、
  戸田議員が机の上に小型録音機を出して録音をする状態が議会の度に続き、
  誰も特段、問題にすることもありませんでしたが、

  二千十二年、平成二十四年七月五日の組合議会の後に戸田議員のホームページに議
 会音声がアップされたことが問題となって、
  七月十三日に当時の池嶋議長と亀井副議長が、消防組合の当時の児玉次長と総務課
 益井参事を同行して、戸田議員の自宅事務所を訪問して、
  議会音声のホームページからの削除を求めたところ、

  戸田議員の反発に会って紛糾した、ということが起こりました。

  この音声記録は、その後も戸田議員ホームページから削除されることなく今に至って
 いますが、
  こういう紛糾を解消するために、二千十二年、平成二十四年十二月二十六日の消防組
 合議会開催前に全員協議会が開催され、

  「議員が個人的に録音することをしないで、議会事務局が責任を持って議会の開会か
   ら閉会までを録音し、その録音テープを希望する議員に配付する」。
  「議会事務局はテープの内容に不穏等、不規則な発言がないか精査をし、議長の許可
   を得た上で事務局が当該議員に渡す」

  などのことが新たに決定されて、今日まで実行されているものであります。

  録音テープ渡しの手続きについては、希望する議員が本会議録音再録請求書により
 請求し、録音するため、カセットテープを議会事務局に提出することとなっておりま
 す。
  そして、議会事務局が議長の許可を得た上で議員持参の録音テープに音声を入れて、
 申請議員に手渡しております。

  これまでの場合、議会終了後、直ちにその場で本会議録音再録請求書が提出され、
 三日から五日程度後に録音テープを申請議員に渡しております。

  議員持参の録音テープにつきましは、申請時に提出される場合が多いですが、議会
 事務局作成の音声テープと引替えに空のテープが渡される場合もあります。
  以上です。

五番 戸田久和議員
  分かりました。今日もその申請書を早速出しております。
  今度、年内にテープを頂けるのでアップしていこうと思います。
 
  さてですね、消防組合の情報公開の取組姿勢については、少なくとも改善の要求が
 あればちゃんとやるという姿勢をかねてから持っているものと私は受け止めてきました
 が、ちょっと疑問を感じることが発生したので質問します。

  私が二千十四年二月に門真市共産党四議員を名誉毀損で賠償請求している裁判が続
 いていて、その中で、

  二千十二年十二月消防議会で、当時の門真市派遣の亀井副議長が、理由不明の「一身
 上の都合」で副議長職を辞職した事件の根源となった、
  「二千十二年七月消防議会直後に、消防議会の議長、副議長が、私に対してホームペ
   ージにアップした議会の音声動画を削除せよと求めた事件」
 が取り上げられております。

  この削除要求について、当時の消防職員がどのような考えで、どのように関わったの
 か、消防当局の情報公開姿勢に関わる問題なので、以下の項目で質問いたします。

  まず件名三のうちのクエッション二になるんですけれども、
  二千十二年七月消防議会が終わって数日後に問題とされる以前にも、消防職員は、
 私が自前の録音機で録音して、つまり、ここに机の上にこういうふうに置いてですね、
 録音機を置いて、そして、自分のホームページに音声動画としてアップしていたことに
 ついて、議長、副議長にいちいち報告していたのか?

 (2)もし報告していたとするならば、それはどのような立場、観点で報告していたの
  か?
  「戸田ホームページに会話音声をアップするのは良くないことだ」という立場、観点
  で報告していたのか?

 (3)また、その場合は、その時々の議長、副議長は、どのような判断をしたのか?
   私自身は誰からも全く何も言われることはなかったです。

 以上、まとめてお答えください。

久野隆博総務課長
  議員が自前の録音機を議場に持ち込んで録音すること自体、二千十一年、平成二十三
 年の七月組合議会の時に、戸田議員が行ったのが初めてのことであります。

  確かに満場の人の眼がある中で、議席の机の上に録音機を置いて録音操作をされてい
 たのでありますが、二千十二年、平成二十四年七月五日の組合議会の数日後に、議会音
 声の戸田議員ホームページアップ、形式としましては、ユーチューブへの投稿が一部職
 員から消防組合に報告されるまでは、

  二千十一年、平成二十三年七月、十二月、二千十二年、平成二十四年三月、七月の
 都合四回の組合議会において、戸田議員が議席の机の上に録音機を置いて録音している
 ことについて、職員は誰も気にとめず、また、他の議員からの指摘等もありませんでし
 た。

  したがって、「職員が議長、副議長にいちいち報告していたのか」とか、
 「もし、報告していたとするならば」とか、「その場合は」、とかの質問の前提事実
 が、そもそも存在しておりませんことを御理解いただきたいと思います。

五番 戸田久和議員
  事実関係詳しく述べていただきました。クエッションの三に移ります。

 (1)二千十二年七月五日消防議会終了後の七月十日に、私は七月消防議会の議会音声
   動画をユーチューブに投稿しそれを自分のホームページの戸田の門真市動画コーナ
   ーに組み込んで、掲示板でも紹介していきましたが、

   これに関して、消防議会の議長、副議長が私に対して、戸田ホームページにアップ
  した議会の音声動画を削除せよと求めた時は、
   消防職員は、誰が、いつ、どのような立場、観点で、こういう通報、報告をしたの
  か?

 (2)職員の中から、議会音声記録のホームページアップは問題があるということを当時の
   池嶋議長、亀井副議長に進言したのか?

 (3)そのような進言をしなかったと、職員側がそういうふうな進言はしなかったとすれ
  ば、「議会音声記録のホームページアップは問題がある」、「だから、戸田の所に行
  って、削除させるようにさせよう」と判断したのは、当時の池嶋議長が主導したの
  か?
   それとも亀井副議長が主導したのか?。

 以上、まとめてお答えください。

久野隆博総務課長
  一から三までを一括して答弁させていただきます。
  時期につきましては、定かではありませんが、議員の指摘や事実経過に基づいて考え
 ると、二千十二年、平成二十四年七月十日以降、七月十二日までの間で、
 消防本部司令課の職員だったように記憶しております。

 「議会内容の録音がユーチューブにアップされている」、との事実報告がありました。

  これを受けまして、当時、私、総務課長の久野は、守口市門真市消防組合議会会議規
 則では、録音機持込みの禁止の規定はされていませんが、
 「当時、守口市議会や門真市議会では録音機持込みが禁止されていること」と、
 「消防議会での合意形成がない段階での個人的録音とホームページアップであること」 を懸念し、
  当時の池嶋議長、亀井副議長に、私の考えも含めて七月十二日に報告させていただき
 ました。

  当時の私、久野の認識としては、
   「形式的な不備があるので、一旦削除の申出をしていただき、協議会で決められる
    のが良いのではないか」
 と考え、議長、副議長に相談したものであります。

「戸田議員の自宅事務所を七月十三日に訪問して、音声記録のネット削除を求めること」
 については、最終的には当時の池嶋議長、亀井副議長の判断でございますが、
 どちらか一方がというようなことはなかったようにも思いますが、
 どちらが主導的であったかについては、私としては、今は記憶に残っておりません。

 以上です。

五番 戸田久和議員
 「記憶に残ってない」、というのは仕方がないんで、次のクエッション四に移ります。

  二千十二年、平成二十四年七月五日消防議会といえば、消防服入札談合疑惑、行政用
 語でいうと防火服ということになるんでしょうが、これが大問題になって、長時間審議
 がされた議会であります。

  私が、議席の机上に録音機を置いて録音し、それをユーチューブやホームページに
 アップして自分のホームページの掲示板や消防議会特集で公表、紹介するのは、それ自
 体は二千十一年の七月消防議会以降、毎回続けたことであり、誰一人、問題とする職員
 も議員もいませんでした。

  そして、消防職員の少なからぬ数の職員が、私のホームページで守門消防がどう書か
 れているか、関心を持って見てきたことは絶対に間違いありません。
  それなのに、二千十二年七月消防議会の音声記録アップが突如として、何か問題であ
 るかのように職員からの通報があったというのは、非常に不自然なことであります。
 
  消防服入札談合事件の存在が、ネットで広がることを嫌悪しての行動ではないかとし
 か思えないですがどうでしょうか。

久野隆博総務課長
  職員からの報告については、決して何か、意図があってのものではございません。
  たまたまユーチューブで知って、何となく気になるので、一応、総務課に報告したも
 のに過ぎず、ネットに広がることを嫌悪したわけではございません。

五番 戸田久和議員
  「たまたま、何となく」ということですが、今となっては調べようがないですね。

  門真市とかであれば誰が報告して、どういう内容か文書記録を全部出させるところで
 すけれども、消防に対してはそこまではちょっとしませんので次の質問に移りますが、
 クエッションの五番ですね。

  既に過ぎ去った過去であり、守門消防は、一貫して情報公開を進めていく姿勢を続け
 ているので、あまり根ほり葉ほり非難しようとは思いませんが、
 「情報公開とは何ぞや」、「積極的情報公開を通じた市民利益の拡充とは何ぞや」、
 というような本質的な問題を、守門消防がしっかり認識しておくために、必要と思いま
 すで、最後に怒りの若干の質問をします。

 (1)誰かが行なった行為について、その行為が法律や規則において、何ら禁止されてい
  ないにもかかわらず、その行為の取消し作業を行為者に強要する、そういうことは、
  およそ法治主義の原則に反することで、「義務なきことを人に強要するもの」だと思
  うがどう考えるか?

 (2)私が行った「消防議会の音声を録音し、ネットに公開するという行為」は、
   誰かに迷惑や被害を与えたか?
   何か公共の利益を害することがあったか?
   具体的に何も反論、指摘できないはずだがどうか?

   逆に、市民に消防議会の審議内容を公表するという点において、市民への説明責任
  を積極的に果たす行為であり、市民利益に合致する行為であるはずだが違うか?

   せっかくアップされた議会音声を削除してしまうことは、市民に対して消防議会の
  審議内容を、一部当局者の判断によって隠してしまう、情報隠ぺいの反市民的行為に
  当たるはずだが違うか?

 (3)「門真市や守口市の議会では録音機持込みが規則で禁止されている」というが、
   両市とも、議員個人が録音せずとも議会事務局が録音テープを希望議員に配付する
   ことをずっと以前からやっているし、
    門真市ではそのテープ音声を議員ホームページで公表するということも、これは
   私ですが、ずっと以前から行っています。

    また、両市とも議会の動画記録を市議会ホームページで公表していくことも実行
   し、若しくは実行確実になっていた段階です。

   そういう事情を何ら考えずに、「両市議会の規則で禁止していることだから、消防
  議会の規則に規定がなくても録音機持込みはダメだ」とか、「ホームページアップは
  削除すべきだ」とかを考えること自体、余りにバランスを欠いた考えではないか?

   当時のことですけれども、こういったことについてまとめて答弁を願います。

久野隆博総務課長
  議長

大藤みつ子議長
 久野総務課長
  
(「理解を間違えている」「御意見はあるんですね」「あんたもっとちゃんと調べて言
  えよ」「何を調べるんですか」「これの件」「今言った話、反論しなさいよ。バラン
  ス欠いてるんじゃないのどう考えたって」と呼ぶ者あり)

十五番 澤井良一議員
  議長!暫時休憩!

大藤みつ子議長
  暫時休憩します

    ◇十一時五分休憩
     〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    ◇十一時十一分再開
大藤みつ子議長
   休憩を閉じ再開いたします。

久野隆博総務課長
  確かにこの二千十四年当時は、守口市も門真市も公開に向けてネット配信すると、
 録画配信するというふうに受けて協議を進めていた年でございます。
 
  法治主義への原則や消防議会規則の問題点と、議会の審議内容をネット公表すること
 の公益性とのバランスへの配慮などにつきましては、
  私、今にして思えば、いくつか不十分だと批判されても仕方ない面があったことは否
 めませんが、
  当時の消防幹部の考えには、何ら意図的なものはなく、単純素朴にそのように考えて
 しまっていただけでございます。

  そういうことをまず御理解いただきたく思います。

  議員の批判や指摘を受けて、今、捉え返してみると、議長、副議長に報告、進言する
 際には、
  消防議会音声がネットで公表されている自体は、公益に反するとは言えませんが、
  削除を要求する法的規則的根拠も薄弱であるが、
  消防議会規則のある意味での不備が引き起こした事態でもあるので、

  「消防議会規則をどうするのか」、
  「議会音声の公表や録音テープ渡しについてどうするか」などについて、
  今後、両市全員協議会を開いて審議するべきではないか、

   また、戸田議員に対しては、「職員から通報があって、若干の困惑が生まれている
  ことを連絡しておくのが良いのではないか」というような、
  今にして思えばこうした方が良かったというようなことをいろいろ考えております。

   ただ、いずれにしましても、守門消防組合は、議員もよくご存じのとおり、改善意
  見を積極的に受け入れて情報開示、情報公開について意欲的に取組続けており、議会
  視察報告をアップしていることも含めて、私どもの知る範囲では先進的に行っている
  ことなども、併せて御理解いただきたく思います。

  今後も、議員や市民への説明責任を果たしていくことにつきまして、職員の認識改善
 も含めて積極的に取り組んでまいりますので、よろしく御理解願います。

大藤みつ子議長
  戸田議員に申し上げます。再質問はありませんか。

五番 戸田久和議員
   はい。分かりました。

大藤みつ子議長
   これをもって戸田議員の一般質問を終了いたします
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.5; YTB730...@i222-150-201-39.s04.a027.ap.plala.or.jp>

●澤井議員の事実誤認や不見識の文句付け:守口市議への市議会テープや消防議会全協で
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 16/4/4(月) 7:32 -
  
 12/25消防議会でのやり取りを走り書きした部分を持つノートを1月のどこかで紛失し
てしまった事や、12/25消防議会の議事テープでは戸田と澤井議員の激しいやり取りが全く文字起こしされていなかったり、「暫時休憩」という事で録音されていなかったりして、
正確なやり取り記録が無い。
 (戸田も「紳士的に」、「独自録音」は全くしていないし)

 だが、議事録を読んで新たに思い出した事が2つある。

1:戸田が
  (3)「門真市や守口市の議会では録音機持込みが規則で禁止されている」というが、
   両市とも、議員個人が録音せずとも議会事務局が録音テープを希望議員に配付する
   ことをずっと以前からやっているし、・・・・
 と言った事に対して、

 澤井議員は、
   「守口市では議会事務局が録音テープを希望議員に配付することをずっと以前から
    やっている」、というのは間違いだ!
 と文句を付けた。

  しかし、戸田は盟友の守口市市議の三浦さん(2015年市議選で惜しくも落選!)か
 ら何年々も前にそう聞いているし、その録音テープを見せてもらった事もある!
  戸田はその例を挙げて反論したが、澤井議員は、あくまでも「守口市議会ではそんな
 事はしていない」、と言い続けた。
 
 ▲これって、単に「澤井議員は市議会録音テープを入手しようと思った事が無いので、
  実情を知らなかった」だけやろ。
  他の守口市議員も、共産党議員も含めて誰も「私は録音テープをもらった事がある」
 と言わない所を見ると、「市議会録音テープを入手して議会報告ビラなどに活用した」
 のは三浦さんだけだったのかもしれない。

  また、それはもしかして守口市議会事務局が「非公式に行なった事」なのかもしれな
 い。
  しかし、少なくとも三浦議員に対しては、「守口市では議会事務局が録音テープを
 希望する議員に配付していた」、という事実は厳然と存在するのだから、
  澤井議員が戸田に対して「そんな事実は無い」と文句付けるのは、それこそ間違いで
 ある。
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2:「消防議会の音声記録テープを希望議員に渡す、等の事は、2012年12月議会の全員
 協議会で話し合って決めた事だから、今さらこの議会(2015年12月消防議会)で蒸し
 返す必要はない」、
 ・・・という趣旨の文句付けも、澤井議員はしていたが、これは澤井議員の不見識ぶり
 を示すものでしかない。

 ■そもそも全協(議員全員協議会)は、「非公式のもの」であり、「議事録も取らず、
  録音もしないので録音記録もない」!

   だからこそ、戸田は2015年12月議会の一般質問という正式の場で、「2012年12月議
  会の全協では何が話し合われ、何が決まったのか」を「議事録に刻む」ために質問し
  たのである。

   そもそも、戸田のこの一般質問自体、
    「守門消防は(戸田が消防議員に復活した)2011年度以降、消防HPへの議事
     録掲載など数々の改善をしてきたし、副議長の突然辞職などの事件も発生した
     が、そういう事が、いつ、どのようにおこなわれたのかのちゃんとした記録が
     無いので、消防議会で節目節目を明らかにしておこう」 

  という問題意識の下で行なわれたものである。
   そんな事は、戸田の質問を聞いていればすぐに分かるはずの事だし、消防議員とし
  て当然持っておくべき問題意識である。

  ▲ところが澤井議員は、こういう「議員として当然持っておくべき見識」を持ち合わ
   せていない人だったから、「以前に全協で決まった事を今さら言うな」、という感
   覚を持って、戸田に反発したわけである。
    戸田としては「何を低レベルな文句付けをするのか」、と憤激した次第。 

  ▲さらに言えば、澤井議員は、「亀井問題」が起こった2012年度には消防議員をして
   おらず、詳しい事は何も知らないのだから、なおのこと、「2012年度の消防議会で
   何が起こったのか」を明らかにしていった戸田質問&答弁を謙虚に聞くべき立場の
   議員であって、「もう済んだ話や!」的に文句付けをするなど、もってのほかであ
   る。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.5; YTB730...@i222-150-201-39.s04.a027.ap.plala.or.jp>

△澤井議員:こわもてタカ派・合併推進・一時反維新市長の「月光仮面」・今は市長派に
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 16/4/4(月) 8:22 -
  
 「守口市議会で最古参=10期めの澤井議員」ってどんな人物なのか?
 
1:「守口市議会の議員紹介」
    http://210.189.171.43/shisei/moriguchishigikai/1450162334043.html
  で顔写真を見れば分かるとおり、
  「ちょっと怖い感じのするおじさん」である。
    (この顔写真は、それでもかなりソフトイメージにしているが)
  バリバリの保守派(たしか自民党に在籍した事もあったと思う)で、タカ派的な考え
 の人である。

  行政にとっては「うるさ型の議員」であり、言い意味でも悪い意味でも、決して
 「御しやすいタイプの議員ではない」ような感じがする。

2:2002年〜2004年の合併騒動の時
      http://www.hige-toda.com/_mado04/gappei/index_gappei.htm
 は、自民党の硲(はざま)議員(故人)と並ぶ「合併推進の急先鋒」だった。
  2人とも開けっぴろげな性格で(特に硲さんは)、合併絶対反対の戸田と何度もおお
 っぴらにやり合った。
  (今となっては懐かしい思い出だが)

3:合併不成立で収まった後、今の西端市長が「維新公認の市長」として当選してしばら
 くの間は、「反西端・反維新」の立場で社民党の三浦市議や共産党市議、民主党市議ら
 と共同歩調を取る事が多くなり、
  「古参保守議員で、行政の内情をよく知っている」事から、反維新陣営から「月光仮
 面」と呼ばれて「頼りになる存在」になったらしい。

4:しかし、西端市政の1期目後半あたりからは(現在は2期目)、西端市長への「同調
 与党議員」の立場に再転換した、と聞いている。
 
・・・結局は「市長与党でいたい議員」なのだろう。 
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 昭和25年(1950年)4月29日生まれだから、現在66歳、そのうち9期+1年=37年を守口市議をやって来たのだから、「議員でない年数」は29年しかない。
 人生の「非議員:議員」割合が「29:37」なわけだ。

 たしかにこれは「凄い事」ではある。
 現在の守口市市議の中で、10期めの澤井議員の次の「古参議員」は、
  共産党の真崎議員(8期目)、福西議員(6期目)、公明党の上田議員(6期目) 
 だけである。

※ちなみに「門真市の古参議員」としては、
     (8期32年間やって2010年度に引退した大本(だいもと)議員の後は)
  ・緑風クラブの吉水議員(7期目)
  ・緑風クラブの五味議員(7期目)
  ・悪質共産党の亀井議員(7期目)
  ・緑風クラブの今田議員(6期目)

 だけである。
  これに「5期目」の戸田と共産党福田議員が続いている。
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.5; YTB730...@i222-150-201-39.s04.a027.ap.plala.or.jp>

268 / 1597 ツリー ←次へ | 前へ→
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
ページ:  ┃  記事番号:   
1,348,301
(SS)C-BOARD v3.8(とほほ改ver2.1) is Free