ちょいマジ掲示板

この掲示板は、門真市及び守口市ネタを中心に各地の議会や自治体ネタなどを、「比較的穏やかに」意見・情報の交換をする所です。詳しくは「掲示板のルール1」「掲示板のルール2」を読んでそれに従って下さい。 この掲示板では戸田の命令が絶対であることをくれぐれもお忘れなく。
内容的に関連がある投稿の場合は(先の投稿への)「返信」の形を取って投稿して下さい。
●ただ、「Re:○○」形式の元タイトルの繰り返しタイトルは厳禁です。必ず「内容が伺える独自のタイトル」をつけて下さい。
◆約10年間完全自由投稿制を維持してきましたが、荒らし・妨害投稿頻発のため、やむなく投稿者登録制に移行しました。投稿される方はこちらにアクセスし、所定の手続きを行なってください。 ◆投稿者のメールアドレスは戸田が把握しますが、掲示板では非表示にできます。 ◆投稿者名・メールアドレス・パスワードは登録時のものを使わないと投稿できません。 登録・投稿についての分かりやすい説明はこちらです。うまくいかない場合の問い合わせは戸田事務所まで問い合わせてください。 (09年4/8改訂記)   これまでの管理者命一覧(必読)

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
382 / 1588 ツリー ←次へ | 前へ→

6月議会第2スレッド:沢山の重要な事が書けていないので順次投稿していきます 戸田 14/7/3(木) 23:48

●6/16戸田所管質問3:コンプライアンス破壊を悪化させる体育協会の問題について(1) 戸田 14/9/6(土) 18:20
△6/16戸田所管質問3:コンプライアンス破壊を悪化させる体育協会の問題について(2) 戸田 14/9/6(土) 18:45
▲6/16戸田所管質問3:コンプライアンス破壊を悪化させる体育協会の問題について(3) 戸田 14/9/6(土) 20:31

●6/16戸田所管質問3:コンプライアンス破壊を悪化させる体育協会の問題について(1)
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 14/9/6(土) 18:20 -
  
 所要42分間の長丁場質問なので、これも3分割して紹介する。
 維新の宮本一孝府議を会長に戴き、吉水議員ら緑風クラブや最近では門真共産党と仲良しの門真市体育協会が、如何に異様な「コンプライアンス破壊」状態にあるかが浮き彫りになった質問だ。

■こんな体育協会には補助金はもちろん、使用料減免や優先使用などの「公的補助の全面
 停止」の日が近い!
  体協関係者や各種スポーツ団体関係者は、この戸田質問に注目されたい!
    ↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 

【戸田の所管質問3】

 次、3番目の「コンプライアンス破壊を悪化させる体育協会について」の質問に移ります。
 これは18項目までありますね。
 まず、クエスチョンの1。
 吉水議員による議員政治倫理条例の違反と体協の責任に関する体協の対応や言い分について、2013年8月、吉水議員が審査請求されてから現在までの間でどうなっているのか?
 いつ、どこで、誰が、誰に対して、口頭か文書でか?
 教委とのやりとりなどをできるだけ詳しく述べてください。

◎丹路 スポーツ振興課長
  まず、2013年10月7日、田中体育協会理事長より、副会長を吉水議員から新しい方へ変更した平成25年9月1日付名簿が教育委員会に提出されました。

 同じく10月24日、26年度の事業及び諸手続の打ち合わせの中で新たな名簿に関し、スポーツ振興課長より田中体育協会理事長に対しまして口頭で、
  「吉水議員が体育協会理事についているということで問題はないのですか?」
ということを指摘させていただきました。

 これに対しまして、田中体育協会理事長は口頭にて、
  「議員個人の問題であるため、体育協会は関係ない」
旨の発言をなさいまして、その後、この件に関しましては、返答はございません。

 2014年4月11日、ルミエールホールで開催されました体育協会評議員会の場で、
宮本会長より教育委員会に対して、書面にて申入書が提出されました。
 同じく4月25日、教育委員会より体育協会に申入書に対する回答書を書面にて提出いたしております。

 同じく5月19日、教育委員会からの回答を受け、宮本会長、田中理事長が来庁されておりまして、そこで宮本会長より口頭で、
  「条例違反をしているのは議員個人であり、体育協会は関係がない。」、
  「理事を派遣しているのは各連盟である。」また、
  「教育委員会から条例違反の話は聞いていない」
旨の発言がございました。

 同じく5月23日、教育委員会より田中理事長に対しましてメールにて、26年度体育協会及び傘下団体の名簿の提出の依頼を行いました。
 なお、提出期限を5月30日金曜日に設定いたしております。

 提出された名簿につきましては、門真市議会議員政治倫理条例に係る審査のため、市議会の求めに応じて提供する場合があることから、
  提供可能な情報の範囲を示すようあわせて依頼し、
  また提供不可の情報がある場合は、その理由を明記するよう
あわせて依頼をしております。

 同じく6月10日、田中理事長よりメールにて、26年度の体育協会及び傘下団体の名簿が提出されました。
 記載内容は、各役員の役職及び氏名のみ、メール本文では、
  「6月4日の理事会において過去のような利用のされ方がなされないようにと、
   住所、電話番号については記載しないことにしたので、御了承ください」、
と記述がありました。
 以上です。

◆戸田 委員
  今のことでちょっと2点お聞きします。
 まず、宮本府議が体育協会会長としてわざわざ教育委員会に来て言ったところの2番目、
  「理事を派遣しているのは各連盟である」、
  「教育委員会から条例違反の話は聞いてない」
とはどういう意味なのか?

 これは、「体育協会の理事というのは、体育協会が選んだんじゃなくて、各傘下団体の
     会長らが自動的に上がってくるだけで、体協の会長や理事長には関係ない、
     責任ない」
と、こういうことを言いたいのか、どうでしょうか?

 それから、「教育委員会から条例違反の話は聞いてない」というのは、
「理事は条例違反だという話は聞いてない」とか、そういう言い分なのでしょうか?

 それと、もう1点は、今度出した役員名簿というのは、「会長も含めて全て住所無し」
なんですね。全く連絡先がないと。

 驚くべきことなんですけれども、この理由として挙げた、
   「過去のような利用の仕方がなされないように」
というのは、

 要するに、この3月に私が門真市の議員として、公的補助団体である体育協会及びその傘下団体の役員たちに郵便物を送って情報提供や質問、啓発したことを指しているんでしょうか?

 この2点についてお答えください。

◎丹路 スポーツ振興課長
  まず、1点目でございますが、「理事を派遣しているのは各連盟である」ということの内容でございますが、私といたしましては、

   「体協の理事は傘下の各連盟から派遣されているので、体協は関知するところでは
    ない」
というふうに受け取ったわけでございます。

 それと、「教育委員会からは条例違反の話は聞いていない」ということに関しましては、委員おっしゃっているように、
  
   「各連盟から派遣されているので、教育委員会からはそのような話は、委細は聞い
    ておらないという」
ことはおっしゃってはりました。

 最後でございますけれども、「過去のような利用のされ方がなされないように」ということは、戸田委員おっしゃったように、

   「戸田委員がその役員等に文書等を送付したことだ」
というふうに思います。

 以上です。

◆戸田 委員
  まあまあ驚くべき対応ですね。
  「理事は、下から勝手に上がってくるから体協の責任じゃない。」
  「体協の月1回やっている意思決定機関、理事会のメンバーですね。理事が役員じゃ
   ない。」、
 緑風クラブや共産党がこの前まで言っていたことと一緒のことを言っていることは、あきれますね。

 しかも、私は去年の5月にそういう問題点、吉水議員の問題点も指摘して、公の文書をちゃんと理事長に出してホームページも発表している。
 それでもこういうヌケヌケと言っているってことですね。

 それと、「過去のような利用のされ方」で、体協が4月に出してきた文書では、
   「戸田から文書を送られたので、精神的被害を受けた」とか、
   「非常に平穏を害された」
とか、そんなことを言っているんですが、一体どんな具体性があるのか?

 「不愉快である」ということと、「不当である」ということは、全く別ですからね。
 「もらって不愉快」ではあっても、「それは当然甘受するべき役員の職責であれば、
もらうべきものである」、ということをわきまえずに言っているんだとしか思えないし、

 そもそも一体何人の人が議員から文書をもらった、資料をもらったら、平穏を害されて、心の被害を受けたりしたのか?
 具体性は何かあったんでしょうかね?

◎丹路 スポーツ振興課長
  そのあたりにつきましては、我々教育委員会としてはちょっと、全く把握はしておりません。

◆戸田 委員
  私としては問いただしたいところだけれども、今のところ質問しても全く答えないから、言われっ放しですね、まさに私のほうがね。

 では、次の質問、2項目めに移ります。
 さて、過去の例を見ますと、2013年9月議会の9月24日文教常任委員会で教育委員会は、
   体協が条例違反に幇助している、そういう状態が続くのであれば、教育委員会とし
   ては補助や助成の見直しを検討する必要があると考えております
と答弁してます。

 また、2014年3月議会、3・19文教常任委員会では、教委は、私の質問に答えて、
   委員御指摘のとおり、団体のコンプライアンス意識は改善に向かっておらないと思
   わざるを得ないため、改めて団体に注意を喚起し、それでもなお改善の傾向が見ら
   れない場合は、教育委員会としましても重大な決断を検討せざるを得ないであろう
   と考えています、
と答弁してます。

 さて、なるほど6月10日提出の2014年度体協の役員名簿を見れば、「議員の政治倫理条例違反の形態」というのはなくなっています。吉水氏は理事を降りています。

 しかし、まず第1に、
  9月24日文教常任委員会時点で吉水議員を体協理事にしていることを隠して、
  ソフトボール連盟相談役にしていることも隠して、
  またはずっと柔道連盟顧問をしていることも隠して、
  それらを2014年度4月度新人事まで、ついこの前まで継続していた。

 過去にその役職問題が追及された今年3月の3・19文教常任委員会以降も、5月後半ころに多分2014年度新人事となったはずですが、議員政治倫理条例違反のその3役職を継続させていた。

(3)政治倫理条例違反の幇助責任について、2014年10月24日の協議の段階で、
  「個人の問題であり、体協は無関係」と口頭で答えて、それっきりでしたけれども、
 さらにことし、2014年5月14日に宮本会長、田中理事長が来訪した折には、

 「条例違反をしているのは議員個人であり、体協は関係ない」
ということに加えて、
 「理事を派遣しているのは各連盟である、教育委員会から条例違反の話は聞いてない」
として、
より積極的に責任不存在を主張するに至っています。

 つまりコンプライアンス無視の姿勢をより強く打ち出したということです。

 それまで重ねてきた条例違反幇助や、事実隠蔽の反省や謝罪は皆無であり、全くなく、より悪質化しているのが体育協会の昨今の実態であります。

 また、(4)教育委員会に対しては、居丈高(いたけだか)(※)に、「この文書に回答期限内に文書回答せよ」、とこの4月に突きつけて求める一方で、議員たる私からの質問に対しては、昨年の5・17公開質問状に対しては、田中理事長が個人的見解のみを出してきて正式回答をよこさず、

 さらにことしの「5・21公開質問状」に対しては、回答期限、約半月間待って──半月以上ですね、ほとんど一月待った回答期限の6月10日を過ぎても全く反応を示さず、無回答、無反応を続けております。

 つまり、団体の説明責任の履行について、ことしの3・19文教常任委員会以降に最低最悪のレベルになっておる。これが現実です。

 (5)しかも、6月10日に教育委員会に出した2014年度の役員名簿においては、体協本体もその傘下団体も、全ての団体で会長以下全ての役員の住所、電話、すなわち連絡先の記載がない言語道断の名簿になっております。

 それでは、議員のみならず所管する教育委員会自身も役員への問い合わせができないし、その人物が実在するかどうかも確認できないんですね。

 こういった事情、五つの点を見れば、体育協会は現在、政治倫理条例違反への幇助を形式的に中止しただけで、
  「コンプライアンス破壊を全く反省せず」、
  「政治倫理条例違反への幇助や関係責任は存在しないとうそぶき」、
  「公的補助はもらうが、市議会議員からの質問には答えない」。また、
  「教育委員会に対しても全役員の住所、連絡先を不明にする」という、

まさにブラックボックス団体と化しております。

 緑風クラブの今田議員が本会議で「ブラックボックス団体扱いするのはおかしい」と言っているが、まさにブラックボックス団体になっておりますね。

 つまり門真市の体育協会は、そのコンプライアンス破壊は最低最悪のレベルに落ちて、全く改善の可能性が認められない。
 こんな体育協会に対しては、直ちに全ての補助、援助を停止すべきだ思うが、どう考えますか?

◎丹路 スポーツ振興課長
  教育委員会といたしましては、現行の要綱等の整備が必要となりますので、庁内議論を踏まえた上で検討を重ねたいというふうに考えております。

◆戸田 委員
  そういう手段も一つの方策ではありましょうけれども、社会常識的に考えても、既に補助を受ける資格はないと私は思いますがね。

 次の質問に行きます。クエスチョンの3番目。
 ことしの3・19文教常任委員会答弁で、私が、
   体協のコンプライアンス破壊がひどいから、組織として真摯に反省し、謝罪文等、
   再発させないことの再発防止の誓約書を教育委員会に提出するまでは、一切の補助
   や優遇措置、減免などを停止すべき、
と求めたことに対して、

教育委員会は、
   委員御指摘の問題は、今後におけます検討課題とさせていただきたいと考えており
   ます、
と答えましたが、3月議会以降、教育委員会は何をどのように検討してきたのか?

 住所つき名簿を戸田に渡した件で体協に責められたことへの対応や、4月以降、ルミエールでのザイトク集会問題の対応で手いっぱいで、この件での検討は全くできていないのではないでしょうか?
 どうですか?

◎丹路 スポーツ振興課長
  教育委員会といたしましては、個人情報の問題等、諸問題の検討等で時間を費やしていたのは事実であります。
 しかしながら、先ほどの答弁とは重複いたしますが、庁内議論を踏まえて検討を進めてまいりたいと考えております。

◆戸田 委員
  教育委員会も裁判を掲げながら、府会議員様にいろいろ責め立てられて、うちも弁護士がついていると言われると、非常に困ってしまう面もそれはあったでしょう。
 しかしながら、断固たる姿勢を持ってほしいと思います。

 次に、そもそも論のことを聞きますね。
 このそもそもの、「根本的な社会常識」というのは大事なんですよ。
 緑風にしても共産党にしても、ちゃんと考えてください。

 まず、公的団体たるもの、一般市民からであっても、いわゆるクレーマー的質問ではなくて、真っ当な質問を受けたら、ちゃんと回答するのが当然ではないか?
 少なくともそうするのが望ましいことではないか?

 ついでにクエスチョン5も一緒に行きますが、
 ましてや市政チェックを職務として、市民の負託を受けた市議会議員が質問した場合、それにちゃんと回答する説明責任があるとみなすべきと思いますが、どうでしょうか?

◎丹路 スポーツ振興課長
  まず、最初の御質問でございますが、一般論で申し上げますと、望ましいと考えております。
 次の質問でございますが、一定の説明責任はあるものと考えております。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜(続く)〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

※「6/16文教委議事録56ページあたり」の戸田質問の中に、
  「唯々たけだけ」という言葉が書かれているが、戸田が言ったのは
  「居丈高(いたけだか)」(威圧するような態度を取る)であり、この誤記は議会事
  務局のミスによるものだ。
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.5; YTB730...@i60-35-95-249.s04.a027.ap.plala.or.jp>

△6/16戸田所管質問3:コンプライアンス破壊を悪化させる体育協会の問題について(2)
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 14/9/6(土) 18:45 -
  
◆戸田 委員
  それでは、クエスチョンの6。
 そもそも公的補助団体の説明責任というものについて、教委はどのように考えているのか?
 体育協会についていえば、教委からの質問にだけ答えればよいと思っているんでしょうか?
 市民や議員からの質問についてはどうなんでしょうか?

◎丹路 スポーツ振興課長
  公的補助団体は、市民の税金を補助金という形で受けておられるため、市民に対しての説明責任はあるというふうに考えております。

◆戸田 委員
  クエスチョンの7。
 私の場合、ことしの「5・21公開質問状」で、
  「市議会議員から貴協会の運営に関して質問を受けた場合に、誠実に回答するのが当
   然の責務だと思うがどう考えているのか、はっきり回答されたい」
と質問しても、全く無反応、無回答です。

 具体的にちょっと概要を言いますと、まず
 (1)市議会議員から協会の運営に関して質問を受けた場合、回答するのが当然の責
    務だと思うがどうか?
     どの議員からのどういう質問かによって、回答する、しないをより好みでき
    ると考えているのか?

 (2)昨年の5月17日付糾問と公開質問への対応を役員の間で検討したのか?
    検討したとすれば、いつ、どのような役員による協議を行ったのか?
    具体的に答えられたい。

 (3)貴協会は、この条例違反幇助──議員政治倫理条例のことですね──について、
    その過ちを認めて、猛省の、猛烈な反省の意思を表明し、再発防止を社会的に誓
    約するのが当然だと思うが、貴協会はどう考えるのか?

 (4)貴協会及び一部傘下団体が吉水議員の団体役員への就任について行ってきたこと
    は、議員政治倫理条例違反への幇助、それも意図的で継続的な幇助である。
    違うか?
     こういう行為は、公的補助団体として許されない。
     コンプライアンス、法令遵守の破壊であるが、貴協会はどのように考えている
    のか?

 (5)宮本会長名で市教委に対して出した4月11日付申し入れの中で、私、当職が貴
    協会役員たちに送った3月13日付「公的補助団体にあるまじきコンプライアン
    ス、遵法破壊を繰り返している体育協会への糾問と抜本改善要求」という文書を
    「政治色の強い文書」と歪曲して決めつけ、それを口実にして、当職から、私か
    らの批判指摘に真摯に向き合おうとしないことを正当化しているようだが、

     一体私の「3・13文書」を「政治色の強い文書」と歪曲して決めつける理由
    は何か?
     さまざま事実を列挙して、貴協会や宮本一孝会長を批判しているから、「政治
    色の強い文書」だと言うのか?

     そしてまた、貴協会が「政治色の強い文書」と決めつけてしまえば、真摯に検
    討や回答をしないでもよくなると考えているのか?

 (6)当職が再三指摘している門真市選出の大阪府議でもある宮本一孝会長の数々の不
    祥事、すなわち
    ・3年10カ月にわたる市議時代の看板を府議時代になっても続けてきた違法看
     板の意図的な使用。
  2、5カ月にわたる看板での政党偽装、自民党を離党したのにずっと自民党と記
      載。
    3、不正行為をしても、私からの質問に答えず、説明責任も果たさない。
      これは2011年3月に質問状を出して回答を求めても、全く無視している
      ということです。
    4、民族差別集団在特会の凶悪犯罪者荒巻靖彦との黒い交際。
    5、迂回寄附による税金還付、
      しかも「返納したいが税務署が受け取ってくれない」といううそ発言。

    これらは、いずれも2010年3月の貴協会会長への就任以降も長らく改められ
   なかったか、今も全く改めていないか、新たに発覚したかの不祥事である。

    スポーツマンシップを率先垂範すべき体協の会長として、宮本一孝会長は、これ
   らの不祥事について明確に陳謝や改善表明を行うのは当然ではないか?
    貴協会もそのように促すべきではないのか?

ということを出しました。
 これに対して全くの無反応であります。

 私は、宮本一孝会長や田中理事長の家や電話番号を知っておりますけれども、穏健に話を進めるためには、とりあえずは教育委員会から体育協会に対して、「体協さんは市議会議員から質問があった場合、回答しない考えですか?」、と問いただしていただきたい。

 「議員からの質問」という点では、何もこれは私だけの特殊事情ではありません。
 現に佐藤議員も、自分も体協に質問したいことがあると私に言っておるし、ほかにもそういう議員がいる可能性が高い。

 電話1本で済む話ですから、この文教常任委員会終了後、1日や2日以内に宮本会長か田中理事長に電話して、「複数の議員からはこれを体協に質問してほしいと要望されているんですが、体協は市会議員からの質問があった場合、回答しないという考えですか?」とか、
 「体協が議員に回答する場合は、何か条件があるのですか?」
 「質問状はどのようにして体協の誰に渡せばいいのですか?」
と、質問してもらいたいがどうでしょうか?

 こんな話、簡単な電話ができないはずがありません。
 また、この電話での質問は、体協の説明責任意識を測定する重要な機会であることも認識してください。

 教育委員会の職務の一環として、この電話質問は行うべきものと思います。
 これについての答弁を願います。

◎丹路 スポーツ振興課長
  体育協会に対しまして、そのような問い合わせを行うことはやぶさかではございませんが、それ以外の具体な内容につきましては、質問者がじかに行っていただきたいというふうに考えております。

◆戸田 委員
  もっとちゃんとした答弁を求めます。
  「質問者がじかに行って」って、家に行って電話かけて、また被害だ何だかと騒がれると、トラブルが拡大するだけですから。
 普通にファクスを送ろうが郵便を送ろうが、全く無反応なわけです。

 ですから、教育委員会は、戸田という1人の議員の代弁者としてではなくて、公的補助団体を所管する責任部署として体協に対して、
  「おたくの団体は市会議員から公的な質問状を出されても回答しないという見解をと
   っているんですか?」と、
こういうふうに体協に対して問いただしてほしいということなんです。

 私は一切回答をもらえない状態ですから、体協に問いただしようがないんですね。
この点についてどうでしょう?

◎丹路 スポーツ振興課長
  委員おっしゃられるようなことは十分理解はしておるんですけれども、内容については、またちょっと検討していきたいというふうには考えております。

◆戸田 委員
  ぜひ検討してください。
 「これこれの質問」じゃないですよ。
 とにかく超一般的に、
   「おたくは市議会議員からの職務としての質問があった場合に、これを答えないと
    いう見解なんですか?」
という、これだけ聞いてもらったら結構なんですね。よろしくお願いします。

 さて、次のクエスチョン8。
 「公的補助団体の役員への議員就任」というのは、その団体の団体意思決定によって初めて実現するものです。

 だから、団体役員個人が例えば勝手に団体役員の肩書をつけた文書を出したとか、団体役員の肩書を使って発表したとか、そういう事例とは全くわけが違います。

 「公的補助団体の役員への議員就任」は、その団体に関しては、
まず1番目、
   それが議員政治倫理条例の目的実現を阻害することを認識した上での行為であり、
   議員政治倫理条例の目的実現への意図的な敵対である。

 2番目、
   それによって当該議員が議員政治倫理条例の違反行為をすることになることを認識
   した上での役員選出であるのだから、

「議員政治倫理条例違反への幇助行為」であることは明白である。

 教育委員会は、これについて何か異論あるでしょうか。


◎丹路 スポーツ振興課長
  議員の就任している役職がすなわち議員政治倫理条例に抵触するものであるか否かは、あくまでも審査会の審議により判断されるものであり、役職の名称によっては、団体として即座に条例違反であるか否かの判断ができかねる場合もあろうかと考えております。

 しかし、委員御指摘のとおり、組織の役員は個人のみの発意でなるものではなく、組織の承認があって初めて成立するものであることから、
   仮に、団体が議員の条例違反を認識しながらも役員の就任を承認したならば、
そのようにみなされても仕方ないことであるとは考えております。

◆戸田 委員
  次の質問に行きますね。クエスチョンの9番。
 体協のコンプライアンス破壊がここまで悪化した一因は、もちろん緑風クラブや共産党がこれを容認して、おかしなことをずっとしてきたのもありますけれども、吉水議員への最初の政治倫理条例違反の認定、議長警告処分の段階で、体育協会に対して教育委員会が、
  「議員の役員就任は議員政治倫理条例の目的実現に敵対する行為」であり、
  「議員政治倫理条例違反の幇助に当たる」ので、
   議員は役員にしないでください、
という毅然たる姿勢で体協への説得、啓発に当たらなかったことにあると思うが、どうでしょうか?

 教育委員会側の理論武装が弱かったのではないのか?

 昨年10月段階で教委が口頭で、理事長が「議員個人のことだから体協は関係ない」、と言ったときに、論争することをいとわずにこの点を突っ込むべきだったのではないでしょうか?

◎丹路 スポーツ振興課長
  本来このような問題は、団体のコンプライアンスに対する姿勢が重要でありまして、倫理上、道義上の判断に委ねるべきものでありますが、その時点で条例抵触の事実があったことから、口頭での注意喚起を行ったところであります。

 その後、団体からの応答がないまま時間が経緯したことにつきましては事実であり、その間に方法は別として、何らかの働きかけを行う必要があったかもと考えております。

◆戸田 委員
  それは確かに不足でしたね。
 そういう働きをしなかったから、何と、3月に50周年記念式典をやって、そのカラーの冊子に体協の理事長吉水丈晴、これを書いて、恐らく何百部も配っていると思いますね。
 ヌケヌケとそういうことを、ことしの3月にきれいなパンフレットをつくって、一般の人たち、来賓、議員たちにまくようなものを渡しているわけですね。

 あそこに参席して受け取った議員も何にも文句言わなかったんでしょうけれども、やっぱり教育委員会のその都度その都度の、今までの体協との関係がいろいろあるにしても、「もう時代は変わってますよ」と、「コンプライアンスはしっかりしてもらわんとにっちもさっちも行きませんよ」、ということは、やっぱり強く言うべきだったということを指摘しておきます。

 さて、10番目。
 今現在は体協について、議員の役員就任はなくなってますけれども、5月19日の宮本発言にあるように、体協は、
   「議員政治倫理条例の違反は体協と無関係」
という暴論を吐いて居直ったままであります。

 再発防止のためにもこの際はっきりと、
   「議員の役員就任は議員政治倫理条例の目的実現に敵対する行為であり、同条例の
    違反の幇助に当たるので、公的補助団体はそういうことをしてはならない」と、
そういう見解を明らかにするべきであります。

 そういう見解をこの場で明言していただきたいですけれども、どうですか?

◎丹路 スポーツ振興課長
  門真市議会議員政治倫理条例は、議員個人が公的補助団体の役員に就任することを禁じているものであります。
 先ほども申し上げましたとおり、団体の役員への就任につきましては、個人の発意のみで成立するものではなく、団体側の承認もあわせて必要であることから、

  政治倫理条例に抵触することが明らかな場合であって、
  かつそれを容認した上で団体の役員に就任させることは、条例違反を容認していると
  みなされても仕方ないことであることから、

 公的補助団体につきましては、そのような誤解を招かないよう自助努力をすることが必要であると考えております。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜(続く)〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.5; YTB730...@i60-35-95-249.s04.a027.ap.plala.or.jp>

▲6/16戸田所管質問3:コンプライアンス破壊を悪化させる体育協会の問題について(3)
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 14/9/6(土) 20:31 -
  
◆戸田 委員
  クエスチョンの11番目。
 体育協会がこの6月10日にやっと教育委員会が出した──例年は5月中旬ぐらいに出しているはずなんですね──2014年度の役員名簿においては、全ての団体で会長以下すべての役員の住所、電話、連絡先の記載がない言語道断の名簿になっております。

 そこで、そもそもの話として聞きますけれども、まず
(1)体育協会の役員は何名か?
(2)体育協会の傘下団体の数は幾つか?
(3)体協傘下団体全部の役員の総数は何人か?
(4)教育委員会所管の公的補助団体のうち、体協及び体協傘下団体以外の団体の総数は
   幾つか?
(5)この体協傘下団体以外の団体で、全部の役員の総数は何人か?
(6)体協及び体協傘下団体以外の団体のうち、教育委員会に役員名簿を提出するに際し
   て、役員全員の住所を記載しない団体は幾つあるのか?
(7)体協及び体協傘下団体以外の団体のうち、教育委員会に役員名簿を提出するに際し
   て、会長もしくは代表、副会長もしくは副代表、事務局長などの上級の役員の住所
   を記載しない団体は幾つあるのか?

それぞれお答えください。

◎丹路 スポーツ振興課長
  まず、体育協会の役員は20名であります。
  この傘下団体は、14団体であります。
  また、傘下団体全部の役員は226人でございます。

  教育委員会所管の公的補助団体のうち、体育協会やその傘下団体以外は210団体で
ございます。
 体協及びその傘下団体以外の団体の全部の役員は、276名であります。
 
 体協及び体協傘下団体以外の団体のうち、教育委員会に役員名簿を提出する際に、役員全員の住所を記載していない団体は、11団体あります。
 体協及び体協傘下団体以外の団体のうち、教育委員会に役員名簿を提出するに際して、会長、副会長、事務局長などの上級の役員の住所を記載していない団体は、11団体でございます。

◆戸田 委員
  まず、ただいまの答弁で、体協がいかに異様な情報隠しを行ったのかははっきりしました。
 つまり体協関係以外の団体が210団体ある中で、会長、副会長、事務局長などの上級の役員の住所を記載しない団体というのは、210団体の中でたった11団体しかありません。

  私は、当初ほかに体協以外にこんなばかなことをする団体はないと思ったんですが、それでも少ないんですけれども、この11団体と。
 これはどういう団体なのか?
 また、なぜこういう状態になっているのか?

 これについて答えてください。

◎丹路 スポーツ振興課長
  各小学校区ごとでございますが、青少年育成協議会という団体であると考えております。
 また、どのようにということでございますが、各地区ごとの慣例によりまして、今現在そのような形になっておると考えているところでございますが、今後においては徹底してまいりたいというふうに考えております。

◆戸田 委員
  各小学校区ごとの青少年育成協議会、みんな顔も名前も知っている狭い範囲での団体だということを確認しておきます。

 体協の場合は、その役員というのは、全市にわたっていて、場合によっては、あるスポーツ団体の役員の中には、他市に住んでいる人もいると、こういうことなんですけれどもね。
 たった11団体とはいえ、しかしこれはちょっと不自然なことなので、今後の改善を望みます。

 同時に、体協が今回行ったことがいかに異様なことであるか。
 議員の皆さんも見たらびっくりしますよ。
 例えば、「私に知らせたくない」、「郵便を出されたくないから、戸田に開示するときにはこれとこれを隠してください」、というて出すもんだとばっかり思ってました。

 ところが、教育委員会に出した名簿自体に、もう役員の肩書、氏名だけで、あと連絡先一切ないんです。
 これがさらに情報開示請求を受けて出されますと、門真市の現在の判断がちょっとおかしくて、団体の会長の名前しか出さないんですね。

 そうすると、あと副会長が誰か、理事長が誰か、全部墨塗りで、開示請求の場合出されてます。これはちょっと行き過ぎだろうと思いますけどね。

 これは総務、法務のほうでちょっと検討課題ですけれども、今回、体協の出した役員が全く予想に反し、予想だにしないもんだったということですね。

 次、クエスチョンの12の2番目に行きますけれども、
 さてこういう役員の住所不明の状態では、議員のみならず所管する教育委員会自身が役員への問い合わせができないし、その人物が実在するかどうかも確認できないのではないか?

 実際に2013年度名簿で私が3月に発送したところ、三つの団体の3役員が宛て先に該当者なしで返送されてきました。そのうち1人は団体の代表でした。

 住所が名簿に書いてあってさえ体協提出名簿の信用性にはことほどさように疑わしいものがあるわけですね。
 住所を変更しても2年ぐらいはちゃんと転送しますから、今出して宛て先に該当者なしということは、ずっと住所が変わったままほったらかししているか、そもそもでたらめかのどっちかですね。
 それの確認のしようがない。「住所を書いてあってさえ」ですよ!
 
 仮に、今は教委側にまだ従前からの情報があって、架空人物ではないと。
 確かに名前さえわかれば、この人はどこに住んでいるというのがわかる、確認できるとしても、
 今後これが続いていけば、体協と体協傘下団体の役員の実態はどんどんわからなくなってブラックボックス化してしまい、公的補助団体としてあるまじき状態になると思いますけれども、どう考えますか?

◎丹路 スポーツ振興課長
  公的補助団体の役員の実態が明らかでないことは、望ましいことではないと考えております。

◆戸田 委員
  あと10分ちょいですから、お待ちください。13番目。
 そもそも「公的補助団体の役員にはなるが、教育委員会に対しても住所、電話を教えたくない」、というわがまま勝手は許されるのか?
 教育委員会はそれを許すのかどうか?

 お答えください。

◎丹路 スポーツ振興課長
  教育委員会といたしましても指導すべきと考えておりますが、個人情報の取り扱いは適切に行う必要があると考えております。

◆戸田 委員
  次、メモで書いていることは、さっきお聞きした、「過去の使われ方があったので住所を消しました」と。「私から文書が送られたから」という、これについてはダブるので省きますね。

 それで、14番の(3)から行きますけれども、なぜ削除したのか?
 これは「過去の例があったから」ということで、詳しいことは、実はまだ聞いてないだけなんですね。
 それですから、まず問いただしていない。

 これを早急に文書で体協側に問いただして、
   「なぜ理事会で全部の役員の住所や連絡先を出さないことにしたのか?」、
その詳しい理由を、回答期限をつけて文書での回答を求めるべきだと思いますけれども、どうでしょうか?

◎丹路 スポーツ振興課長
  団体みずからが決定されたことでございますけれども、教育委員会といたしましては、やはり公的補助団体であるため、緊急事態等の対応もあることから、連絡先は必要であると考えております。

 しかし、体育協会以外の団体も含めて、全庁的な実態の把握も必要であると考えております。

◆戸田 委員
  クエスチョンの15番目。
 現実問題として、会長などのトップクラスの役員については、教育委員会には住所、電話もわかっていて、連絡に当分不自由しない状態が続くでしょうけれども、そういうトップクラス役員以外の役員たちについては、連絡先もわからない、実在の人物かどうかも判然としない、という状況に年々なってきます。

 そうすると、教育委員会が団体役員全体に伝達したいと思っていることでも、実際には一部のトップクラス役員のところで情報が握り潰されていて、役員全体には伝達されていないということが起こり得ます。

 これは、また一部のトップクラス役員による独裁的で非民主的な運営を容認してしまい、健全な団体運営からほど遠くなってしまう。
 現に私がほとんど全部の役員に郵便物を送ったことでびっくり仰天して、精神被害を受けたの、生活の平穏を脅かされたの、そんなおかしなことまで言って抗議を申し込んできたわけですから、

 私が思うには、諸般の状況から考えると、一部の役員だけで事を進めて、ちゃんとした情報提供をやってない運営をしているんじゃないかという疑いが濃厚なんですね。
 こういう危険性について、教育委員会はどう考えますか?

◎丹路 スポーツ振興課長
  委員の御指摘は理解するところもございますが、団体の運営は団体みずからが決定されるところでありまして、社会教育法によります社会教育関係団体に統制的支配を及ぼすことはできないため、慎重に対応していきたいというふうに考えております。

◆戸田 委員
  こういう制約、慎重を要することはわかりますけれども、その団体が本当に独裁的、非民主的な運営をしているとしか思えないような、公的説明責任も果たさないということであれば、ちゃんと問題を指摘する、ないしは全部の役員に教育委員会から直接情報を送るということも考えるべきと思います。

 次、16番目。
 もうそろそろ終わりに近づきましたが、さらに
 「体協傘下団体にもしも不正や違法、いじめ、パワハラ、セクハラ等の問題が発生した
り」、
 または「そういう通報が教育委員会に寄せられて、教育委員会が調査する必要が生じた場合」、
 トップクラスの役員以外の連絡先がわからないと、一部のトップクラス役員に聞いたり処理を任せるしかなくなって、
 トップクラスの役員が真相を隠蔽したり、情報を握り潰したりしても、教育委員会は真相把握が全くできなくなってしまいます。

 そういうことが起こってもいいのか?
 裁判沙汰や警察沙汰を含めて何かあった場合、
   「教育委員会は役員たちの連絡先を全く知らせてもらっていません」、
   「役員の皆さんがどこに住んでいる人なのか、実在している人かどうかも把握して
    いません」、
で世間に通ると思うのか?

 教育委員会の見解を聞かせてください。

◎丹路 スポーツ振興課長
  スポーツ基本法では、団体は、スポーツに関する紛争は迅速かつ適正に解決に努める、また自治体はそれらに対して必要な措置を講じるものと規定いたしております。

 よって、議員御指摘の団体に問題が発生した場合におきましては、教育委員会といたしましては、その解決に向けて措置を講じる必要があるものと考えておりまして、やはり役員等の連絡先がわからなければ、解決に向けての措置を講じることは不可能であるため、連絡先は必要であると考えております。

◆戸田 委員
  最後から2番目です。17番目。
 以上のことを考えると、教育委員会は体協及びその傘下団体に対して、
   「全役員の住所記載なしの役員名簿では了承できないので、従前どおりの記述内容
    の名簿にして提出し直しなさい」、
という要請書を出すべきと思うが、どうでしょうか?

 仮に最も譲ったとしても、代表、副代表、会長、副会長、会計、事務局長、理事、監査の人ぐらいの住所は記載されるべきと思いますけれども、どうでしょうか?

◎丹路 スポーツ振興課長
  どこまでの役職に提出を求めるかにつきましては、その役職については議論を必要とするところであります。


◆戸田 委員
  最後です。
 この門真市体育協会の役員名簿の「新方式」ですね。
 「誰の住所も出さない」というこの「新方式」を放置してますと、安楽に役員をしていようという風潮が他の補助団体にも広がって、どんどんブラックボックス化が広まる危険性を非常に感じます。

 「何の説明責任も問われない」、「責任も問われない」、でも「補助はもらえる」。
 「その役員という肩書はつけて人にもしゃべれる」、けれども「住所は誰にも教えない」。
 そういうようなことでは、本当にブラックボックス化が進んでしまいますね。

 体協以外にそういうことを進める団体がおるとは余り思いませんけれども、そういう危険性はあります。

 この体協の「新方式」を放置してしまうと、他の団体がこの新方式を採用することをとめることはできないんですね。
 これについては、教育委員会の見解はどうでしょうか?

◎丹路 スポーツ振興課長
  公的補助団体の役員の実態が明らかでない状態は、決して望ましいことではないというふうに考えております。

◆戸田 委員
  最後に指摘と要望をしておきますけれども、今の質疑応答の中で、議員の皆さんも職員の皆さんも、本来スポーツマンシップにのっとってみんな楽しく明るく運営されているべき体育協会が、門真市の体育協会においてはとんでもないコンプライアンス破壊団体になっていると。

 これが非常に悪化し、劣化して、最低最悪の状態になっているということが本当によくわかったと思います。

 こういうことについては、やっぱり毅然たる対処をして、「こういうことをしたら補助はもらえないし、社会的信用ももう与えませんよ」、と。
 これをちゃんと立て直しして、このおかしなことをしている役員の座を追うか、考え方を根本的に改めて謝罪して、再発防止の誓約書をちゃんと出すか。

 いずれにしても、そういう対応を教育委員会が市民の常識、常識ある議員たちの意見を背景にして強く姿勢を示すということを望んで、私の質問等を終わります。
 どうもありがとうございました。

◎内海 委員長
    これをもって所管事項に対する質問を終了します。
─────────────────────────────────――――
※42分間に渡る体協問題の質問が終わったのが2:36.
 12:59から開始された、「戸田の所管事項質問3項目」が全て終了し、「議案審議は無
 いが、全委員(6人)が所管事項質問をした」、門真市議会50年史上初の文教常任委員
 会が終了した!

◆それにしても、門真市体協の「ブラック団体ぶり」は凄まじい!
 「市民の負託を受けている市議会議員からの質問にも回答しない!」
 「所管する教育委員会にすら全役員の住所や電話番号を秘密にする!」 

 維新の宮本一孝が会長をやり、「議員倫理条令常習犯の吉水議員」ら緑風クラブと、それと仲良しな門真共産党が応援する、門真市体育協会という団体はここまで我が儘勝手な腐敗を進めてきた!

■こんな団体への公的補助は、絶対に廃止すべきである!
  議員にも役所にも情報を閉ざして、説明責任を果たさずに、好き勝手にやりたいのな
 ら、公的補助をいっさい受けない、純粋な「任意団体」になれ!
  市民の税金から補助や減免を受けながらこの実態では、ド厚かましいにも程がある!
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.5; YTB730...@i60-35-95-249.s04.a027.ap.plala.or.jp>

382 / 1588 ツリー ←次へ | 前へ→
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
ページ:  ┃  記事番号:   
1,322,896
(SS)C-BOARD v3.8(とほほ改ver2.1) is Free