「自由・論争」 掲示板

★この掲示板は戸田が「革命的独裁」をする所である。
この掲示板はジャンルを問わず、論争・口ゲンカ・おチャラけ・ボヤキ等、何でもOKだが、「掲示板のルール1」「掲示板のルール2」を読んで必ずそれに従うこと。
●ここのルールを守らない荒らし的文句付け屋に対しては、「何で稼いでいるのか、どんな仕事や社会的活動をしているのか」等を問い質し、悪質な者には断固たる処置を取り無慈悲にその個人責任を追及していく。
★戸田の回答書き込みは多忙な活動の中では優先度最下位である。戸田の考えを聞きたい人は電話して来る事。
●「Re:○○」形式の元タイトル繰り返しタイトルは厳禁!!必ず「内容が伺える独自のタイトル」をつけること。
◆約10年間完全自由投稿制を維持してきたが、荒らし・妨害投稿頻発のため、投稿者登録制に移行した。投稿する方はこちらにアクセスし、所定の手続きを行なうこと。
◆投稿者のメールアドレスは戸田が把握するが、掲示板では非表示にできる。
◆投稿者名・メールアドレス・パスワードは登録時のものを使わないと投稿できない。 登録・投稿についての分かりやすい説明はこちら。うまくいかない場合の問い合わせは戸田事務所まで。(冒頭記:2009年4/8改訂)   これまでの管理者命一覧(必読)

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
37 / 2533 ツリー ←次へ | 前へ→

都構想決戦不参加申し訳ない!5/17住民投票で大阪市廃止分割の反対多数を切望する! 戸田 15/5/17(日) 18:40
▲飯島勲なんて大嫌いだが、「大阪都構想・住民投票」についての批評は極めて正しい 戸田 15/5/17(日) 18:56
☆勝利したが冷や汗の辛勝!ナチス時代を思わせる「不満庶民の熱狂」の意味は深刻だ! 戸田 15/5/18(月) 1:08
▲急に「爽やか民主主義者」に化した橋下にこれまでの公金浪費と人権破壊の罪の追求を 戸田 15/5/18(月) 1:52
■「水に落ちたファシスト」=橋下維新を打て!掃討戦を徹底的に進めるべし! 戸田 15/5/18(月) 7:37

都構想決戦不参加申し訳ない!5/17住民投票で大阪市廃止分割の反対多数を切望する!
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 15/5/17(日) 18:40 -
  
 本日5/17(日)は言うまでもなく「大阪市廃止分割を問う大阪市住民投票」=いわゆる「大阪都構想住民投票」の日だ。

 橋下が初めて「政治の場に登場」した2008年2月の大阪府知事選の時から、「最も早くから橋下の危険性を訴え、最も早くから反橋下の共同戦線作りを訴えてきた」戸田としては(なお、2008年当時の橋下は「自公推薦候補」だった)、本来この「住民投票決戦」に断固参戦して闘うべきなのだが、それが「自分の業務を片づけていく事でヘトヘト」で、
どうしても参戦できなかった。

 この「5/17住民投票」こそ
 「橋下維新を倒せるか否か」、
 「大阪市の廃止破壊という『末代までの恥』を許してしまうか否か」、
 「門真市消滅の危機を解消できるかそれとも拡大させてしまうのか否か」
を決める、
 「言葉の本当の意味での歴史を決する決戦」
であると認識していながら、
 それでも「自分が片づけないといけない業務に心身とも目一杯」に陥ったまま、メール
やHPで見解表明したり呼びかけしたりする事さえ出来なかった。
 
 左翼活動家としてはもちろん、「地域のオピニオンリーダーの一員」としても、「大阪市住民投票決戦」については大変不甲斐無い状態だった。
 この事は反橋下・反維新の広範な人々に深くお詫びしておかないといけない。

 「ヘトヘト」が続いたのは2月頃からで、3月議会も抱えながら共産党と右翼へのそれぞれの提訴、右翼街宣・デマ宣伝についての被害届や街宣禁止仮処分、そして選挙と政務活動費報告に選挙会計報告、それがやっと終わったら「5/22共産党提訴2回め法廷」に向けて「5/15(金)締め切り」の書面作成・・・・、という連続がきつかったからだ。

 (特に2つの会計報告での疲れは絶大!とても苦手な事なので。
  さらに5/15提出締め切りの「準備書面1」は22ページびっしりの大作。)
      ↑↑↑
  ※自治会問題特集http://www.hige-toda.com/_mado08/kakikomi/20120908.htm 
   にただ今アップ作業中!

 まだ、選挙体制突入でいったん棚上げにしていた資料整理読み込みは、まだほとんど片づいていない。
 これを順次片づけていかないと「平常運転体制で6月議会に対処する」事が出来なくなってヤバイ。

 ・・・・というわけで、とにもかくにも今夜の大阪市住民投票で「大阪市廃止・分割案」が反対多数で粉砕される事を切望して止まない。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 「今さら」だが、とりあえず戸田HPの「橋下問題特集」
    http://www.hige-toda.com/_mado04/oosakafutijisen/hasimototo-ru.htm
に写真や動画を入れて更新した。
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.5; YTB730...@i60-35-92-56.s04.a027.ap.plala.or.jp>

▲飯島勲なんて大嫌いだが、「大阪都構想・住民投票」についての批評は極めて正しい
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 15/5/17(日) 18:56 -
  
「内閣参与」の飯島勲なんて自民党の悪質分子で、「人民の敵」でしかないが、こいつの「大阪都構想・住民投票」についての分析は非常にまっとうなので、阿修羅掲示板の記事を紹介しておく。
   ↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◎なぜ大阪から企業が逃げていくか/飯島 勲 「リーダーの掟」(PRESIDENT)
    http://www.asyura2.com/15/senkyo185/msg/114.html
   投稿者 gataro 日時 2015 年 5 月 17 日 09:35:25: KbIx4LOvH6Ccw Tweet      
なぜ大阪から企業が逃げていくか
  飯島 勲 「リーダーの掟」  PRESIDENT 2015年5月18日号
  http://president.jp/articles/-/15233

 大阪人は政策に興味がない
 橋下徹大阪市長が実現を目指している「大阪都構想」の是非を問う住民投票が5月17日に迫った。
 私は、この住民投票というものが、どうにも意味のないように思えてならない。
 この住民投票は、都構想の是非ではなく、お笑いタレント出身の橋下が繰り出す漫才をこれからも聞きたいか、聞きたくないかで、大阪の人は投票しようとしているように見えるからだ。

 そうでなければ、大阪経済が下降の一途を辿りながら、あれだけの恥ずかしい失敗を繰り返せるはずがない。
 橋下のスピーチは、自分の進みたい方向についてはメリットを強調し、相手の批判に対しては大した話ではないと繰り返しているにすぎない。
 それを受け手の予想を超える範囲で演出している。そんなことは、私に言われなくても、大多数の大阪人は気づいているはずで、わかっていて面白がっているのだろう。

 4月12日、住民投票の前哨戦ともいえる大阪府議選および大阪市議選が行われた。
 結果は、民主党が壊滅し、大阪維新の会は議席の過半数を取ることはできなかったが議会第一党だった。
 大阪という街は昔から東京に対抗心をむき出しにする街で、自民党は特に苦戦を強いられてきた地域だ。
 これまで強かったリベラルな民主党が壊滅し、右派の維新が議会第一党になるところをみても、大阪人は政策についてあまり関心がないのではないかと疑ってしまう。

 私は大阪に住んだことはないが、大阪経済が活性化すれば日本全体が活気づくので、経済効果のない橋下都構想は、ぜひご破算になってほしいと考える。

実際、橋下が府知事、市長の執政をしていても、大阪を本拠地としていた大企業の本社(および本社機能)の東京移転が止まらない。
 都構想が企業にとって魅力あるものではない証拠だろう。
 むしろ移転の動きは加速してしまった。大企業だけでなく、会社そのものがどんどん減っている。

 大阪維新の会が住民投票に向けて開設しているホームページにも「会社が逃げていく大阪」という項目があり、「大阪市は昭和61年度(1986年度)と比べて、事業所数が24%減少。全国より10%近くも少ない」というデータが紹介されている。
 維新の会としては、だからこそ都構想が必要といいたいのだろうが、事実は逆だ。

 同ホームページ上に大阪市の経済低迷の現状として「経済的豊かさを示すGDPが平成13年度(2001年度)から16%減少。全国と比べても、減少幅が大きい」というデータも出ている。
 ということは、橋下時代に、大阪経済は下り坂を転げ落ちていることにほかならない。

 「都構想が実現すれば、大阪経済が上向く」というようなことを大阪維新の会は繰り返し訴えてきた。
 しかし、肝心の橋下は「制度を変えたからといって、すぐに経済はよくなるとは思わない」(2012年8月第4回「大阪にふさわしい大都市制度推進協議会」)と発言している。
 都構想を進める張本人が、大阪経済の復活に直接の効果がないことを認めてしまっている。
 都構想を進めなければすべてがご破算になるかのような論法だが、ご破算になるのは橋下の野望だけだ。

 さらに残念なことに、「二重行政」の解消が新しいムダを生んでしまっている。
 かつて維新の会は「大阪都になれば年間4000億円削減できる」と主張していた。
 その後、どんどん金額が下がり、現在の大阪市役所の試算では年間わずか1億円だ。

 しかし、住民投票を前に「4000億円という効果はあながち間違いではありません。(中略)これまで何兆円とムダに使ってきた二重行政が今後一切なくなることや、大阪都が実現したことによる経済波及効果を考えると、プラスの効果額は計り知れません」(前出のホームページ)とし、最近の演説会では「財政効果は無限」と主張している。

 橋下都構想実現には、市内に新しく5つの特別区を発足させ、それぞれに議会、教育委員会、選挙管理委員会をつくる必要がある。
 維新の会側は、議員も委員も人数は市議会時代と同じだから人件費は変わらないという見解のようだが、議会や委員会を維持するための総務職員のコストは考えていないのだろうか。

効果1億円、コスト620億円

 大阪市の試算によるとこうした特別区発足のためのコストは約600億円で、さらに毎年20億円のコストがかかる。毎年1億円のメリットに比して、大幅なマイナスだ。

 意外と忘れがちなのが、住所変更に伴う出費だろう。大阪市○○町○○番地だった住所に、××区という文字を入れなければならない。
 町の住所表示はもちろんだが、一般企業、商店なども、パンフレット、封筒、名刺など、住所が記入されたものはすべて刷り直す必要が出てくる。
 一部の印刷業者は儲かるかもしれないが、市民にとっては迷惑な話だ。

 東京でも23区ができる際に、古くからの町名が失われて混乱が起きた。
 大阪の人々が自らの手で、特別区の区割りを決めたのであればまだ納得できるかもしれないが、今回、区割りを担当したのは、橋下が選んだ公募区長。
 市の既得権益と闘うために民間から広く募集するという当初の目的は否定されるものではないが、橋下のもとへ集まってくる人間は、所詮、橋下レベルだった。

 公募区長たちの前職は、経営コンサルタント、会社役員、報道記者、電力会社職員、他府県の職員などだが、12年度から採用された18人の公募区長のうち、すでに4人が退職。退職理由もセクハラ、職歴詐称、区の事業を担当する業者との癒着など、あまりにもお粗末だ。

 同様に橋下の肝いりで始まった公募校長制度も散々な結果に終わっている。
 こちらも11人のうちすでに6人が辞めた。辞職理由は保護者へのセクハラ、府職員へのパワハラ。「給料が安いから」と辞めた校長もいた。

 「浪速のエリカ様」こと上西小百合衆院議員が疑惑の国会欠席から除名になった騒ぎがあったが、彼女も維新塾出身で、橋下が選んで議員に引き上げた人間だ。

 LINEで女子中学生を恫喝した大阪府議も維新の会所属だったが、今回の選挙では当然のごとく落選した。
 飲酒運転でバイクと接触事故を起こしてそのまま逃げて逮捕された市議もいた。

 ここまでダメな人間が揃うと、橋下の描く構想に、きついスキャンダルがこれからもついてまわることを意味している。
 自分の意見に異を唱えることを許さず、イエスマンばかりを周りに置く組織の悲しい末路といえよう。

 橋下と同じお笑いタレント出身の東国原英夫でさえ、宮崎県知事在任中にマンゴーの売り上げ増加に貢献した。橋下はいまだに何の実績もない。
 彼の口から出てくる実績はすべてインチキが混じっている。

 2人は女性問題を起こしているという点では同じだが、現時点では東国原に軍配があがるだろう。
 大阪に住み、大阪の将来を真剣に考える良識ある人々が、私は不憫でならない。
(文中敬称略)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.5; YTB730...@i60-35-92-56.s04.a027.ap.plala.or.jp>

☆勝利したが冷や汗の辛勝!ナチス時代を思わせる「不満庶民の熱狂」の意味は深刻だ!
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 15/5/18(月) 1:08 -
  
 5/17住民投票は「大阪市廃止・分割」が反対多数となり、橋下維新の野望を粉砕したが、超冷や汗の辛勝だった。
 反対票70万5585票、賛成票69万4844票で、その差わずか1万741票!
  (投票率66.83%)
 途中は「賛成」が多い時が何度もあり、そのたびにこんなデタラメで大阪市廃止・維新勝利になってしまうのかと暗澹たる思いに駆られた。

 勝利したとはいえ、まさに「薄氷を踏む辛勝」。
 「賛成」側に維新の党組織と維新支持の財界人や右派団体が強力支援し、安倍官邸も「実質支援」しただけでなく、各種多様な「不満庶民」が「橋下支援で熱狂的に動いた」
事が、「あと一歩で大阪市廃止決定」にまで進んだ事がこの事態を作り出したと、戸田は考える。

 いくら行政や政治への不満があるとはいえ、こんなにもデタラメで自分らの生活の土台をも破壊するプランを支持する「不満庶民の熱狂」は、かの「ナチス時代」を彷彿させるのに十分だった。
 「橋下さ〜ん!」と橋下に駆け寄る「大阪のオバチャン達」は決して「やらせ」でなく、心の底から橋下を愛し信頼しているのだ。こんな「利権とペテン」と橋下を!

 その映像を見ると、ヒトラーに熱狂して駆け寄るドイツの女性達(老いも若きも)の記録映像がダブッてくる。
 
 これほどまでに大規模に「不満庶民の熱狂」が立ち現れてきた意味は深刻だと思う。

 今や存在しない「二重行政の無駄」を存在するものとして憎悪し、安倍政権・財界・アメリカには怒りを向けずに「公務員」や「労働組合」を「自分らの生活の敵」だと思って
憎悪し、今の行政や議会をまっとうに改善していく手法には目を向けずに「既存システムをブッ壊せ!」という焦燥に駆られる「普通の市民達」。

 「維新側の宣伝がウソである事実」をいくら証拠立てて説明されても、全く耳を貸さない「維新信者」と化してしまった老若男女達。

 「まっとうな労働運動」(階級的で戦闘的な労働運動)と「まっとうな市民運動」が飛躍的に拡大してそれらの人々を取り込んでいかない限り、「現状に不満を募らせる人々」はエセ「改革」、ファシズムの側に取り込まれ続け、社会全体としては「レミングの集団自殺」の様相を呈していくことだろう。

 反戦・反安倍・反原発等々の「闘う」側の奮起が求められている。
 安倍+橋下維新の「現在のファシズム運動」の粉砕を!
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.5; YTB730...@i60-35-92-56.s04.a027.ap.plala.or.jp>

▲急に「爽やか民主主義者」に化した橋下にこれまでの公金浪費と人権破壊の罪の追求を
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 15/5/18(月) 1:52 -
  
 住民投票での敗北が決まってからの橋下は、記者会見の場で「爽やかな民主主義者」、
「民主主義の素朴な礼賛者」に急変した。
 おそらくその映像で世間の「好感度」がかなりアップした事だと思う。

 しかしそれは「もう僕がやって来た悪事は追求しないでね」、という得手勝手な発信に過ぎない。

 いくら「爽やかな笑顔で民主主義の礼賛」をしようとも、橋下がこの7年半に渡ってやってきて公金の膨大な浪費(WTCビル購入で約100億円の損害、側近お仲間達の浪費、
都構想騒推進の行政経費、身勝手市議選での6億円浪費、今回の住民投票挙行等々)の責任を取らせないといけない。

 また膨大な人々の心をズタズタにし、不当な配転・処分などを強行したりした膨大な数の人権破壊への責任も取らせないといけない。

 やられた被害者達にとっては、「笑顔でさよならしたら済む話」ではないのだ。
 橋下による莫大な公金浪費と数々の人権破壊に対して鉄槌を!継続中の訴訟の勝利と更なる訴訟を!
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.5; YTB730...@i60-35-92-56.s04.a027.ap.plala.or.jp>

■「水に落ちたファシスト」=橋下維新を打て!掃討戦を徹底的に進めるべし!
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 15/5/18(月) 7:37 -
  
 中国の古いことわざに「水に落ちた犬は叩くな」というのがある。
 いわば「フェアプレイの精神」だ。

 しかし魯迅はあえて反語的に「水に落ちた犬は打て」、という言葉を発した。
 それは、「道義をわきまえない輩に対しては徹底的に叩かないと後でこちらがやられてしまう」、という現実意識に沿った言葉である。

 魯迅の言葉を抜粋引用すると、
  ↓↓↓
 ・・・・しかるに犬は、この例を当てはめて、対等の敵と見なすことができない。
 何となれば、犬は、いかに狂い吠えようとも、実際は「道義」などを絶対に解さぬのだから。
 まして、犬は泳ぎができる。
 かならず岸へはい上がって、油断していると、まずからだをブルブルッと振って、しずくを人のからだといわず顔といわず一面にはねかけ、しっぽを巻いて逃げ去るにちがいないのである。

 しかも、その後になっても、性情は依然として変わらない。
 愚直な人は、犬が水へ落ちたのを見て、洗礼を受けたものと認め、きっと懺悔するだろう、もう出てきて人に咬みつくことはあるまいど思うのはとんでもないまちがいである。
            
                 (「『フェアプレイ』はまだ早い」 魯迅 )
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 魯迅が例に引く「犬」のように、「道義」などを絶対に解さぬ輩。
 それが橋下徹という男であり、橋下の威光を借りて己の出世を図る「維新」の連中である。
 まさに「『フェアプレイ』はまだ早い」。
 憲法破壊政治粉砕の一環としても、橋下維新への掃討戦を徹底的に進めないといけない。

 門真市においては維新府議の宮本一孝や、「維新公認市議」の今田哲哉氏ら緑風クラブ、
宮本一孝が会長を務める体育協会の力をそぎ落としていく闘いを進める事である。
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.5; YTB730...@i60-35-92-56.s04.a027.ap.plala.or.jp>

37 / 2533 ツリー ←次へ | 前へ→
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
ページ:  ┃  記事番号:   
832,988
(SS)C-BOARD v3.8(とほほ改ver2.1) is Free