「自由・論争」 掲示板

★この掲示板は戸田が「革命的独裁」をする所である。
この掲示板はジャンルを問わず、論争・口ゲンカ・おチャラけ・ボヤキ等、何でもOKだが、「掲示板のルール1」「掲示板のルール2」を読んで必ずそれに従うこと。
●ここのルールを守らない荒らし的文句付け屋に対しては、「何で稼いでいるのか、どんな仕事や社会的活動をしているのか」等を問い質し、悪質な者には断固たる処置を取り無慈悲にその個人責任を追及していく。
★戸田の回答書き込みは多忙な活動の中では優先度最下位である。戸田の考えを聞きたい人は電話して来る事。
●「Re:○○」形式の元タイトル繰り返しタイトルは厳禁!!必ず「内容が伺える独自のタイトル」をつけること。
◆約10年間完全自由投稿制を維持してきたが、荒らし・妨害投稿頻発のため、投稿者登録制に移行した。投稿する方はこちらにアクセスし、所定の手続きを行なうこと。
◆投稿者のメールアドレスは戸田が把握するが、掲示板では非表示にできる。
◆投稿者名・メールアドレス・パスワードは登録時のものを使わないと投稿できない。 登録・投稿についての分かりやすい説明はこちら。うまくいかない場合の問い合わせは戸田事務所まで。(冒頭記:2009年4/8改訂)   これまでの管理者命一覧(必読)

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
47 / 2533 ツリー ←次へ | 前へ→

堺・生駒・高槻で、ザイトクの「従軍慰安婦は捏造だ展」に施設使用許可を出した問題 戸田 14/7/9(水) 9:30

★「7/26反ザイトク講演会」大盛況!◆自治体に反ザイトク施策を採らせる2つの手法 戸田 14/8/13(水) 17:43

★「7/26反ザイトク講演会」大盛況!◆自治体に反ザイトク施策を採らせる2つの手法
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 14/8/13(水) 17:43 -
  
件名:
 ★「7/26反ザイトク講演会」大盛況!◆自治体に反ザイトク施策を採らせる2つの手法
   など3題(8/11戸田)
本文:
 卑劣ファシスト=ザイトクと断固闘う戸田からのザイトク問題メールです。
    (拡散、コピー紹介大歓迎!)(BBC送信 重複の節はご容赦を)
(「ザイトク」とは、民族差別の集団暴力犯罪を得意がる、卑劣ファシスト=
「在特会」や「主権回復会」などの団体・個人の総称。戸田の造語)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 
 「7/26集会」前日に発信して以来16日も過ぎてしまった。集会作業での疲労困憊と溜ま
っていた諸作業片づけ故の遅れだが、申し訳ない。
 今回の配信内容は以下の通り。

【1】「7/26反ザイトク前田先生講演会イン門真」70人結集(うち議員が14人)で大盛
   況!その映像もアップ!
【2】自治体に反ザイトク施策を採らせる2つの手法:戸田流=同和人権行政適用と前田
   流=国際人権法適用。〜その2つの手法の違いと連関
【3】戸田と門真市が8/10東京新聞1面の特集・「排外主義の底流」に登場!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【1】「7/26反ザイトク前田先生講演会イン門真」70人結集(うち議員が14人)で大盛
   況!その映像もアップ!

  戸田HPトップ http://www.hige-toda.com/
  現在のザイトク特集(パート4)
          http://www.hige-toda.com/zaitoku/zaitokukai_4.htm
  7/26前田朗先生講演集会イン門真:

1:戸田の挨拶:58秒 https://www.youtube.com/watch?v=8yfPNloJV-0 
2:特製DVDの上映と解説1:30分13 
   特製DVDで「4/25の法務役人への追求ダイジェスト」を解説。
    https://www.youtube.com/watch?v=z0lrK3h3XlQ 
3:特製DVD上映と解説2:14分
   特製DVDで「6月議会でのザイトク問題質問答弁」を解説。
        https://www.youtube.com/watch?v=RO4X5zLH8pE 
4:前田先生講演:87分22秒
         https://www.youtube.com/watch?v=mvsYHnxnraU
5:堺・生駒・高槻3市報告と戸田・前田の総括:22分43 
       https://www.youtube.com/watch?v=_LGADEh9YRE
 
 (いずれも「戸田の門真市動画コーナー」
    https://www.youtube.com/user/todanokadomasidouga/videos
  に収納されている) 
  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
☆70人超(8市13議員1職員、ミニコミ2社)で大盛況!
 外に連帯旗、内にゲバラ旗    戸田 - 14/7/28(月) 10:16 -
http://www.hige-toda.com/x/c-board/c-board.cgi?cmd=one;no=7475;id=01#7475

 猛暑の中だったが「ザイトクに公共施設を使わせない論理と倫理〜7/26前田朗先生講演
集会イン門真」(略称「7/26反ザイトク行政施策・前田朗講演会」)は総勢約70名結集で大盛況だった。

 文化会館玄関前には警備にあたった連帯労組員が掲げる連帯労組旗2竿がたなびき、ホ
ール内には連帯労組旗1竿が壁に、ステージ上には「ザイトクに公共施設を使わせない論
理と倫理〜7/26前田朗先生講演集会イン門真」の飾り幕、そして戸田の名前旗と「ファシ
スト在特会糾弾!ヤツラを通すな!」というメッセージのセットと大ゲバラ旗が掲示される、という華やかさの中で講演集会が進行した。

 参加人数は、連帯労組支援参加が15名で、53名が市民・議員・職員、報道関係が「うず
み火」と「人民新聞」のミニコミ2社だった。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆市民の参加は、門真市6人、高槻市10人を筆頭に、寝屋川市、茨木市、大阪市、堺市、
 八尾市、生駒市、京都市、京田辺市、さらには兵庫県香美町(門真市と姉妹都市!)か
 らバイクで駆けつけた人までいた。(3府県11市町)
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆議員・職員の参加は、以下の8市13人、1職員に及んだ。
  1:戸田ひさよし(門真市議・無所属「革命21」)
      (連帯ユニオン議員ネット代表)(反原発自治体議員・市民連盟)
  2:山下けいき(茨木市議・新社会党)(連帯ユニオン議員ネット)   
                     (反原発自治体議員・市民連盟)
  3:高木りゅうた(高槻市議・無所属)(連帯ユニオン議員ネット)
  4:川口洋一(高槻市議・社民党)(連帯ユニオン議員ネット)
  5:二木洋子(高槻市議・無所属)(反原発自治体議員・市民連盟)

  6:中道しげる(門真市議:自民党!)
  7:土山重樹(門真市議:自民党!)
  8:木津英之(門真市議・民主党)

  9:木村まこと(豊中市議・無所属)(連帯ユニオン議員ネット副代表)
  10:三浦たけお(守口市議・社民党)(連帯ユニオン議員ネット)
  11:光城としお(大東市議・無所属)(連帯ユニオン議員ネット)
  12:杉谷伸夫(向日市議・無所属) (反原発自治体議員・市民連盟)
  13:伊木まり子(生駒市議・無所属)
  14:豊中市職員(人権部署)

 なお、集会後の懇親会には戸田と生駒市議の伊木さんの他に、
 ◆新たに和田たかお(高槻市議・無所属)(連帯ユニオン議員ネット)の参加もあっ
  た。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■前田先生からはヘイト問題に関わる9点もの提供資料があった。
 戸田からは、
 1)2014年2/21研修会での戸田講演資料:
      「反ザイトク施策を議会で表明してきた門真市の歩み」
 2)2014年5/19発行の戸田パンフ:
      「ザイトク企画取り消しでスッタモンダした実践の記録」
 3)2014年6/22発行の戸田パンフ:
   「門真市を戸田が鍛え直し、6月議会で反省総括させ前進させた議会記録」
 
 の3資料の提供と特製DVD
   <門真市の「反ザイトク先進施策」を創り上げた戸田の議員活動!>
 の一部上映と特価200円での販売があった。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
   講演集会の進行は以下の通り。
     ↓↓↓
2:00 開会 (司会:戸田ひさよし)
【1】特別動画上映:「門真市でのザイトク企画への許可取り消しはこうして実現し、
           発展した!」
  ◆戸田流:法務役人への追及と指導!2014年4・25(20分28秒)
   ◆ザイトク問題での戸田の本会議質問と市答弁2(2014年6月議会:10分55秒)
 
   ※この2つに「ザイトク問題での戸田の本会議質問と市答弁1(2013年9月
    議会)を加えた「門真市の反ザイトク施策形成の特製DVD」(全43分)
    を受付で会場特価1枚200円で販売した。
    ◆現在は「通常価格1枚300円」で販売中!(申し込みは戸田まで)

   ※機械不調で数分ごとに停止するので、その間戸田が解説を入れ、全部で44分を要
    した。その分わかりやすくはなった。
 
【2】前田朗先生の講演(87分) ・・・・・・ここまでで4:15 
    トイレ休憩して4:25あたりに再開
【3】堺市・生駒市・高槻市の3市各1人からの報告。
   〜ザイトク企画やその宣伝の実態や、行政への許可取り消し運動の現状、
  「言論の自由のため、使用許可取り消しは出来ない」という、3市共通のとんでもな
  い対応の実態、今後の方策など。

【4】3市報告を受けての、戸田の総括提起と前田先生の助言やまとめ。
 4:45 閉会。→片づけ開始。〜5:00に全て撤収。

【 懇親交流会 】
  門真市駅そばの居酒屋で、前田先生ご夫婦と市民9人、議員3人で盛り上がった。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

★前田先生の講演は、資料が膨大だったが、参加者が「ヘイト問題をそれなりに知って考
 えている人達」だという実状を踏まえての、分かりやすい説明だった。
 「ヘイト問題と国際法の関係では弁護士や憲法学者の圧倒的多数が『素人』に過ぎな
 い」、「そんな素人に判断を仰いでも何にもならない!」、と断言するだけの研究見識
 の蓄積が前田先生にはある。

 「日本では浦和レッズの『ジャパニーズオンリー』旗がなぜ人種差別か分からない人が
 多いが、それは国内事情だけしか視野に無いから。『ホワイトオンリー』という旗だっ
 たらすぐに有色人種差別と分かるでしょ。」、という説明などは「なるほど、そう
 か!」と腹に落ちる説明だった。

 「外国籍住民だって住民税を払っている。だから自治体が公共施設をヘイト集団に使わ
 せたら、『納税者の一部に対する差別扇動に自治体が加担した』として税金返還訴訟だ
 って起こせる」、という指摘も新鮮だった。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【2】自治体に反ザイトク施策を採らせる2つの手法:戸田流=同和人権行政適用と前田
   流=国際人権法適用。〜その2つの手法の違いと連関

1:7/26講演集会では、自治体に反ザイトク施策を採らせるにあたっての「2つの手法」
 が示された。
  その第1は、戸田流=「同和人権行政の横滑り的適用」であり、
  その第2は、前田流=「国際人権法(国際人権規約・人種差別撤廃条約等)
        の適用(+憲法+自治体の条令)」、である。

2:「国際人権法(国際人権規約・人種差別撤廃条約等)の適用」は、事実と論理におい
 て全く正しい。
  また、この方式を自治体で採用させていく事は、国際人権法適用に一貫して後ろ向き
 で国内啓発もさぼってきている政府・官僚・裁判所に対して「地方からの良き圧力」を
 かけていくもので、大変望ましい。
  これはまた、マスコミや国民全般に対しても非常に良き啓発となる。

3:●しかし「論理的に正しい事をいくら論証されても、政府・国家官僚が採っている
 一線を越えた施策は採らない」のが自治体の圧倒的多数の実態である。

 ●そして「国際人権法からしてヘイトスピーチ勢力に公共施設を使わせてはならない」
  という法理論は、現段階では護憲リベラル派の憲法学者・弁護士の中でも「圧倒的少
  数派の論理」でもある。
   (それらの圧倒的多数派は「言論の自由があるので使用禁止出来ない」派)

  ●従ってこの方式は、実現させていくのに長い時間と多大な労力を要する。
  
4:「同和人権行政の横滑り的適用」方式は、それ自体は、何ら新しい法理論をうち立て
 るものではなく、国際人権法と日本社会との関係性についての理解や行政施策を進展さ
 せるものではない。
  政府・官僚の「国際人権法への後ろ向き姿勢」を改善させるものでもない。

5:しかし「同和人権行政の横滑り的適用」方式は、
  ★「行政が絶対に拒否できず」、
  ★「政府・官僚の意向にも自治体議会多数派の意向にも気兼ねせずに」
  ★「今すぐに実施出来る即効性があり」、
  ★「自治体全域・全住民対象の恒常的システムとして安定して継続出来る」

 という素晴らしいメリットを持っている!

6:これらを総合すると、「自治体に反ザイトク施策を採らせる」=「自治体レベルでヘ
 イト勢力の動きを封じていく」ための最良の戦略戦術は、

 1)「国際人権法をザイトク封じに適用していく」事の正当性・必要性を自治体行政や
  議員、市民に啓発宣伝していく諸活動を長期的視野に立って進めていきつつ、

 2)■当面の・絶対的課題として、自治体行政に対して「ザイトク行動に対して同和人
  権行政を適用して、『悪質で深刻な差別・人権侵害行為』と認定し、そういった行動
  を規制禁止せよ!」と迫っていく事である!
  
 ▲そのために、「自覚せる議員と市民」は、行政に対して、

 1:過去10年程度の、部落差別等の差別事件の発生状況と、それへの行政の対処実践を
   明示させるべし! 
 2:「ザイトクの差別怒号・扇動・襲撃行為」の映像を電子データで行政に渡し、人権
   担当部署の職員や市幹部に必ず見させるべし!
   (※単に「ネットで見ろ」と求めるだけでは、絶対にダメ!)

 3:この「ザイトクの差別怒号・扇動・襲撃行為」について、「悪質で深刻な差別・
   人権侵害行為であると認識する」との見解を文書で出させるべし!
     (議会でも答弁させるのが一番有効。他の項目も同じ)

 4:「このまちで同様のザイトク行動が起こったら、悪質で深刻な差別・人権侵害行為
   と認定し、厳しい姿勢で臨む」との言明を文書でさせるべし!

 5:★「住民の安全と尊厳を守る事は行政の当然の責務であるはずだが、どうか?」、
   と文書で問い質し、文書で「住民の安全と尊厳を守る事は行政の責務であ」との
   回答を出させるべし!
    (これが全ての土台になる!)

■必読!「2/21門真市の反ザイトク施策研修会」戸田提出資料(10ページ)
    (門真市で反ザイトク施策を進めた2011年9月議会からの歩み)   
    http://www.hige-toda.com/zaitoku/img4/2.21date.pdf
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【3】戸田と門真市が8/10東京新聞1面の特集・「排外主義の底流」に登場!

 8/10夜に東京にいる知人2人からそれぞれ「反ザイトクの件で戸田と門真市が東京新聞
朝刊の第1面に載ったよ」、との連絡が入った。
 
 昨年8月に戸田の反戦沖縄訪問ツアーの事が琉球新報に大きな写真付きで載って以来の
新聞登場である。↓↓
 http://www.hige-toda.com/_mado03/2013okinawa/okinawa_tour2013.ht

 特集「変質する平和:第5部:住民投票と外国人」という記事で、茅ヶ崎市、ニセコ
町、さいたま市、山形県。門真市の事が載っている。

 戸田については、コラージュで写真が載り、記事としては、
  大阪府門真(かどま)市議、戸田ひさよし(58)は、6月議会で施設貸し出しをめぐ
 って市と議論した。
  「『行政の責任は住民の安全と尊厳を守ること』という概念は共有できた。
   尊厳には差別されない権利、罵倒されないということも含まれる」。
 地方自治の砦はそこにあると信じる。

と最後尾に記されている。

 7月初旬に戸田事務所に記者が来訪取材した事が基になっているが、非常に優れたまと
め方だと感心した。

※残念ながらこの東京新聞記事は、ネットでは見ることが出来ない。
 記事の上半分は、東京の三鷹市議が添付送信してくれたので、それを添付するが、はた
 してみなさんの側でちゃんと伝わるかどうか?

 戸田HPで8/13夜に記事全体を画像アップするので乞うご期待!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 本日8/11中に、次の反ザイトクメール情報を発信する予定です。
 それではとりあえず。

    8/11(月)13:07発信 戸田ひさよし 拝
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.5; YTB730...@i60-35-23-28.s04.a027.ap.plala.or.jp>

47 / 2533 ツリー ←次へ | 前へ→
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
ページ:  ┃  記事番号:   
833,045
(SS)C-BOARD v3.8(とほほ改ver2.1) is Free