「自由・論争」 掲示板

★この掲示板は戸田が「革命的独裁」をする所である。
この掲示板はジャンルを問わず、論争・口ゲンカ・おチャラけ・ボヤキ等、何でもOKだが、「掲示板のルール1」「掲示板のルール2」を読んで必ずそれに従うこと。
●ここのルールを守らない荒らし的文句付け屋に対しては、「何で稼いでいるのか、どんな仕事や社会的活動をしているのか」等を問い質し、悪質な者には断固たる処置を取り無慈悲にその個人責任を追及していく。
★戸田の回答書き込みは多忙な活動の中では優先度最下位である。戸田の考えを聞きたい人は電話して来る事。
●「Re:○○」形式の元タイトル繰り返しタイトルは厳禁!!必ず「内容が伺える独自のタイトル」をつけること。
◆約10年間完全自由投稿制を維持してきたが、荒らし・妨害投稿頻発のため、投稿者登録制に移行した。投稿する方はこちらにアクセスし、所定の手続きを行なうこと。
◆投稿者のメールアドレスは戸田が把握するが、掲示板では非表示にできる。
◆投稿者名・メールアドレス・パスワードは登録時のものを使わないと投稿できない。 登録・投稿についての分かりやすい説明はこちら。うまくいかない場合の問い合わせは戸田事務所まで。(冒頭記:2009年4/8改訂)   これまでの管理者命一覧(必読)

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
62 / 2534 ツリー ←次へ | 前へ→

さあザイトク宮井に取り立て&控訴闘争だ!まず7万8千円の「苛烈な取り立て」通告! 戸田 14/1/12(日) 22:47

☆1/7自宅急襲で宮井が降参!8万円取り立て闘争報告1:勝利を生んだその戦闘方針 戸田 14/1/12(日) 22:49
★自宅急襲8万円取り立て闘争の報告2:あなたにも役に立つ自宅調査活動などの実際 戸田 14/1/12(日) 22:51
◆ザイトク宮井が降参!8万円取り立て闘争の報告3:【 1/7急襲闘争勝利の実際 】 戸田 14/1/12(日) 22:56

☆1/7自宅急襲で宮井が降参!8万円取り立て闘争報告1:勝利を生んだその戦闘方針
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 14/1/12(日) 22:49 -
  
 卑劣ファシスト=ザイトクと断固闘う戸田からのザイトク問題メールです。
      (拡散、コピー紹介大歓迎!)
(「ザイトク」とは、民族差別の集団暴力犯罪を得意がる、卑劣ファシスト=「在特会」
や「主権回復会」などの団体・個人の総称。戸田の造語)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

★2014年1/7(火)、戸田は京都地裁の執行官と共に眼鏡泥棒のザイトク宮井将の自宅を急
 襲した!
  平日の午後、父親とともにのんびりと在宅していた宮井はこの強制執行攻撃に顔面蒼
 白となり、「1月中に眼鏡代と利子と執行費用(合計約8万5千円)全額を書留で送金
 します」と執行官の面前で確約するに至った!
  この1/7大勝利について、その戦闘報告を3回に分割してお届けする。
  (ウソつき常習の宮井が確約を破る可能性も、その場合の追撃闘争の展開も十分に認
   識しつつ)

 戦闘報告第1便は、この大勝利を生んだ基礎として、戸田の戦闘方針と戦術を紹介する。全国の反ザイトクの人々は注目されたい。
  ↓↓↓
 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
☆1/7自宅急襲で宮井が降参!8万円取り立て闘争報告1:勝利を生んだその戦闘方針

1:「慰謝料も訴訟費用も全く認めない」というケシカラン内容を含んではいた
 が、11/29大阪地裁判決はそれでも当然にも「眼鏡実費と金利の支払いは命じ
 る」ものであり、それの「仮執行を認める」=強制取り立てを認めるものだっ
 た。
  これによって、戸田は「合法的に、苛烈に強制取り立てする」権利を得た。

2:日本の現実において、「民事裁判で賠償命令判決を得ても、相手に払う気が
 なく資産や所得が不明だとほとんど取り立て出来ない」のが実状だが、そんな
 泣き言は一般人がする事であって、ザイトクへの怒りに燃えた「プロの革命左
 翼活動家」である戸田にとっては、「だったらどうやって実際に取り立てして
 やるか」を具体的に考え、実行していけばよいだけの話である。

3:その基本方針は、(合法の範囲内で)
  (1)金と労力に糸目を付けずにやる(8万円取り立てに20万円使ってでも!)
  (2)(社会的な)「殲滅戦」としてやる、
  (3)「苛烈で無慈悲な懲罰・制裁」としてやる、
  (4)公然・非公然、公表・非公表の活動を有機的に組み合わせて行なう、
  (5)「最後の1円まで完全に取り立てる」ために執拗に、何度でも攻撃する
 というものである。

4:この基本方針の根底にあるのは、ザイトク輩(やから)に対する階級的な憎
 悪、人間的な憎悪である。
  いたいけな子どもまで襲撃し差別罵声を浴びせるザイトク、民衆仲間である
 マイノリティ大衆の虐殺追放を扇動するザイトクをどうして憎悪せずにいられ
 ようか。
  マンデラさんの「赦しの心」は偉大だと思うが、戸田は少なくとも現段階で
 はマンデラさんにはなれないし、なるつもりがない。
  ザイトク輩に「優しく接する」とすれば、それはヤツラが心底反省して差別
 罵倒してきた人々に土下座して更正を誓うようになってからだ。
  「俺の仲間に手を出すな!」、「手を出したヤツは容赦しない!」。
  これが戸田の確固たる姿勢である。
  
5:「革命左翼活動家を襲撃して愚弄したらどういう恐ろしい目に遭うか」とい
 うことを骨身に染みて、今後30年くらいは後悔の念が消えないくらいに、分か
 らせてやらねばならない。
  公安権力が基本的には庇護してくれているとはいえ、たかだか素人の分際で
 プロの左翼活動家相手に舐めたマネをしたら、個人的にどれほど痛い目を見る
 かを、宮井本人に起こる事を通じてザイトク輩共に周知させてやるべきである。
  
6:以上のような確固たる方針を持っていたから、戸田は11/29判決後すぐに大
 阪地裁で「執行文」(=強制取り立ての許可証)を発行してもらい、執行官室
 に行って強制執行の具体を根ほり葉ほり聞き出した。
  その結果、京都市在住の宮井に対しては、京都地裁に行って、そこの執行官
 によって執行してもらわないといけないことを知った。
  (もちろん弁護士からもいろんな知識を得ている)

7:宮井取り立て闘争の基本戦術を戸田は「玉ねぎの皮むき戦術」と呼ぶ。
  裁判所の人達は、しょっちゅうあるいろんな「危惧」を説明してくれた。

 ・宮井が裁判所に届け出た「京都市東山区今熊野剣宮町4−7」には住んでい
  ないかもしれない。
 ・住んでいたとしても、執行時に不在かもしれない。
   誰もいなかったら空戻りになる。
 ・強制開鍵も出来るが、その場合はあらかじめ戸田負担で鍵屋を呼んでおかね
  ばならない
 
 ・宮井が住んでいたとしても、差押え出来るものが全然ないかもしれない。
  (=「差押え不能」)
   (昔と違って「差押え不可な生活必需品」の範囲が拡大している)
 ・差押え出来たとしても、競売に掛けても売れないかもしれない。
   たとえ売れても極く少額にしかならないかもしれない。
                            等々。
  しかしそういう事は、戸田にとっては「次に進むステップ」でしかない。
  公式な踏む込みによって「その住所には住んでいない」とか「差押え物が無
 い」、「少額にしかならない」等々事が判明してこそ、その事実証明を基にし
 て「真の住所」や「使用金融機関」、「就労の実態」等々の正式な調査に進ん
 でいけるし、「ご近所への聞き込み調査」も含めた「公開的な情報収集」の正
 当な理由ともなる。

 「金と手間を厭わない懲罰制裁闘争」と位置づけているので、普通ならば執行
 断念原因になるものが、戸田にとっては「次に進むためのステップ」になるだ
 けだ。

8:12月議会の活動で余裕が無いので、12月中は宮井自宅の現地調査(12/23)
 ・京都地裁での相談と執行手続き(12/24)のみに留め、執行は新年早々の
 1/7(火)とする事を確定させた。
  この手続きで戸田が京都地裁に支払った「予納金」はなんと4万円!
  12/24時点計算で「利子も合計して7万7438円」を得るために、京都ま
 でV-MAXで往復2回8千円(1回高速3千円、ガソリン千円)+4万円も支出
 したのだ。 こういうのを「闘争三昧」という。

 ★こうして宮井自宅急襲の「Xデイ」は2014年1/7午後2時と確定された!
   (世間がクリスマスで浮かれ、戸田は12月議会激闘を終えて12/25消防議
    会前日となった12/24に!)

9:こうした作戦展開はいっさい非公然非公表にして、誰にも明かさずに、宮井
 将に発送し、年末に掲示板公表したのが、「12/25支払い請求書」である。
  こういう内幕を知って読むと、また味わい深いものがあると思うので、以下
 に紹介しておく。
          ・・・・・「8万円取り立て闘争の戦闘報告2」に続く。
   ↓↓↓

【 眼鏡窃盗破棄に関する賠償金の支払い要求書 】
   (金額誤記修正版)  2013年12月25日(水)
                      (配達証明速達郵便で郵送)

宮井将 殿 (京都市東山区今熊野剣宮町4−●)

        請求者:門真市議 戸田ひさよし
           〒571ー0048 大阪府門真市新橋町12−18−207
                電話:06-6907-7727 FAX:06-6907-7730

  請求金額:7万7438円  (12/24分までの金利を合計して) 
             内訳:眼鏡代金      =65300円
                本年12/24までの金利=12138円 ※
             
1:この7万7438円を、12/27(金)までに、全額、現金書留で、当方に送金せよ
2:分割、減免、支払い延期はいっさい認めない。
3:期限内に送金がない場合は、適法の範囲内で、最後の1円まで苛烈に、何度でも取り
  立てを行なう!

 貴殿は、さる11月29日に大阪地裁民事第24部で、当方の眼鏡窃盗破棄の件で、

   主文:1 被告は原告に対し、金6万5300円及びこれに対する平成22年4月
        7日から支払い済みまで年5分の割合による金員を支払え。
      3 この判決は、第1項に限り、仮に執行することができる

との賠償命令判決を受けたにも拘わらず、本日に至るまで当方に全く連絡を寄こさず、
支払いする意志のかけらも示していない。
 その態度は、司法の判決をないがしろにし、被害者原告たる当方の感情を傷つける
ものであり、不誠実極まりない。

 よって、上記の金額を上記の方法と姿勢で支払い請求するものである。
 なお、当方はさらに慰謝料50万円および訴訟費用の貴殿全額負担を求めて
12月6日に控訴しており、大阪高裁での控訴審でも貴殿に対して厳しい処断を
求めていく。
                                     以上。
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※2011年・2012年・2013年の各4/6までの3年分=3265×3=9795円              
 2013年4/7〜12/24までの262日分=3265×262/365=2343円(小数点未満切り捨て)

 ・1年あたりの金利:65300×0.05=3265円
 ・1日あたりの金利(非うるう年):3265×1/365=8.94円(小数点3位以下切り捨て)
 ・送金日が12/24から1日遅れる事に1日あたり8.94円(小数点3位以下切り捨て)が
  加算される。80 hits
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.5; YTB730...@i60-35-69-147.s04.a027.ap.plala.or.jp>

★自宅急襲8万円取り立て闘争の報告2:あなたにも役に立つ自宅調査活動などの実際
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 14/1/12(日) 22:51 -
  
★自宅急襲でザイトク宮井が降参!8万円取り立て闘争の報告2:
       【 あなたにも役に立つ、自宅調査活動などの実際 】     

※第1便で紹介した「1/7急襲に向けた12月の諸準備」は、宮井が「12/24・25支払い請求
 書」に従って「12/27までに書留送金」をしてくれば、全て「無駄」に終わる事だった
 が、それは「必要な無駄」であり、「最悪の事態を想定して最良の方策を講じる」もの
 としてあった。
  そしてやはり宮井は、戸田が95%の確率で想定していたように、傲慢にも「期限内に
 送金がない場合は、適法の範囲内で、最後の1円まで苛烈に、何度でも取り立てを行な
 う!」、という戸田の宣告を軽視して、全く支払いもせず、何の回答もして来なかっ
 た。  
  ならば良し!これで「苛烈な取り立て攻撃」をかける大義名分が出来た。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1:営業マンやある種の活動家にとっては体験上よく知っている事だが、「ター
 ゲットの調査」というのは大変楽しい仕事である。
  全て自分主導でゼロから組み立てていける事なので、下世話に言えば「舌な
 めずりして獲物を狙うような楽しさ」がある。
  戸田にとってはものすごく久しぶりに味わう楽しさだった。ある種感謝。

2:戸田は「調査部隊」を持っているわけではない。たった一人で非公然に行な
 う「ワンマンアーミー」としての「調査戦闘」であるが、今回のやり方は誰に
 とっても実行できる簡単なものだから、ザイトクから賠償金を取りたいと思っ
 ている諸団体諸個人も大いに参考にして欲しい。

3:宮井の自宅を探し当て、写真を撮り、自宅と周辺の様子を詳しく把握するの
 は、戸田自身のためであると同時に、それを裁判所・執行官に提出して執行先
 をよく把握してもらうためであり、それを通じてこちらの「やる気」を示すも
 のである。

4:住所自体は、ネットの無料地図でも分かるが、そこには世帯主の名前とかは
 書いていないから、出来ればそういうものも書かれた「精密住宅地図」が欲し
 い。
  小学校校区程度の狭い範囲を詳しく書いた地図なら(市全体の地図より安上
 がり)、戸田がいつも買っている寺田町の「日本特殊地図協会」に行けば買え
 ると思って、12月中旬に時間を作って行ってみたが、何とそこでは「大阪府内」
 の分しか作っていない事が判明。(会社名にそぐわないぞ!)

5:そこで、まずはネットの無料地図で何種類か倍率を変えて印刷したものを用
 意しつつ、12/23の現地調査日にV-MAXで京都に行って、京都駅そばの大書店で
 住宅地図を物色した。
  ところが、東山区全体の住宅地図の値段が8千円もして断念。
  宮井本人が「東山区今熊野剣宮(いまぐまのつるぎみのや)町」に住んでは
 いない可能性もある段階で、この金額は出せないと考えた。
  
6:◆門真から宮井自宅までは第2京阪と京都高速道を使って35キロ程度。V-MAX
 で高速道路を使えばわずか30分〜40分程度で行ける!
  これなら何度でも気軽に、V-MAX走行を楽しみながら行ける!
  (ほんの少し寒いけど、戸田にとっては大した事ではない)

7:ナビに従って東大路通りの「泉涌寺(せんにゅうじ)」交差点の次の信号を
 右折して上り坂を上って100M過ぎたあたりで「目的地です」のアナウンス。
  行き過ぎて周辺を走って地理状況を把握しながら、「剣(つるぎ)神社」そ
 ばにV-MAXを止めて、今度は徒歩で探索。
  完全な隠密調査であれば、戸田のV-MAXみたいな姿も音も超目立つバイクで
 自宅周辺を通る事はしないのだが、今回は「宮井に気づかれたら、それも警告
 効果として良し」と割り切っていたので、V-MAXで走った。

8:坂道の所々に「住居案内板」があって、神社から少し下った所のそれには、
  「4−▲ 宮井」という表示がバッチリあった!
  さっそくこれを写真に撮る。

9:その「住居案内板」の下り向かい側に宮井の家があった!
  道路に面した2階建ての細長い木造モルタルの古ぼけた1戸建て民家だ。
 ・道路とのわずかな隙間に黒の軽自動車が置かれている。
   もちろん写真撮影し、ナンバーも控えた。誰が使っているのか?
   普通車なら陸運局で所有者名を簡単に調べられるはずだが、軽自動車は区
   役所管轄なので簡単には調べられない。次のステップ課題だ。

 ・表札には「宮井将」の名前は無く、「宮井●」と別人の名前が一人書かれて
   いるだけ。
  (木が古くなって●の漢字が読みとりづらい)おそらく父親の名前だろう。
 ・大きな郵便受けには何も書かれていない。

 ・玄関上部には京都市水道局の「お客様番号」が掲示されている。これも何か
   の資料になるだろう。
 ・玄関の左奥手に青色の、ピザ屋が使うような屋根付き・荷物入れ付き3輪バ
   イクが止まっている。ただしナンバープレートはついていない。

 ・これという人の気配は感じられない。12/23(月祝)の午後3時過ぎ。不在か
   もしれないし、在宅かもしれない。 

10:ここに宮井将が住んでいるかどうか、近所に聞き込みする手もあったが、初
 回観察で全てを知る必要もない。1/7急襲で不在だった時に聞き込みすればい
 いと考えた。
  執行官と一緒に同時に、宮井将の住居状況を知った方がよいだろうし、こち
 らは門真から簡単に来れるのだか。

11:東大路通りの進入交差点から剣神社に至る範囲で30枚近く写真を撮り、解説
 動画も撮って、この日は久々に京都市内での集会に向かった。

12:翌12/24(火)に、写真を印刷し、説明も付け、ネット地図も添え、「12/24支
 払い請求書」や判決文等も持参して、京都地裁執行官室へ行って提出。
  ここで書類作成する時に、書記官が「12/24支払い請求書」での利子計算の
 誤りを指摘してくれたので、それを訂正。
 ・・・このため訂正版として翌日に「12/24支払い請求書」を配達証明で郵送した。

  請求金額:7万7438円  (12/24分までの金利を合計して) 
             内訳:眼鏡代金   = 65300円
                12/24までの金利=12138円 
  
13:執行実務についていろいろ説明してもらい、「予納金4万円」(!)を支払っ
 て手続き完了。高いが仕方ない。
  (種々の執行関係費用を差し引いて残った分は返金される。またその執行費
   用は宮井への請求に上乗せされる。)
  担当執行官の名前を教えてもらい、業務で外出中だったので、翌12/25(水)に
 電話連絡で「1/7(火)決行、集合は宮井自宅そばの某所で午後2時」と決まった。

14:送金締め切りにした「12/27書留発送」はやはり実行されず、宮井からは何
 の反応も無いまま2013年は終わった。
  よし!これで「1/7急襲作戦」が確定した!

15:12/24(火)は、京都龍谷大学に行って金教授に2/21の門真市役所での反ザイ
 トク施策勉強集会での講師を依頼し(詳しくは別記)、宮井自宅もサラッと再
 確認し、京都地裁に行って執行手続きをし、夕方5時過ぎには門真に帰って消
 防本部で翌日の消防議会質問のすり合わせをするという、超多忙な日だった。
  V-MAXで走り回ったのは楽しかったが、さすがに疲れた。

16:補足:
  宮井への「支払い請求書」発送に際しては、12/24も12/25も、A4でわずか
 1枚の文書なのに、A4版大型封筒に入れ、表書きにわざわざ赤文字で
   「眼鏡窃盗に関する大阪地裁賠償判決に基づく賠償金支払いの請求」  
 と大書した。
   http://www.hige-toda.com/zaitoku/zaitokukai_2.html
  これは本人や表札で表示している同居家族に事態の重大さにより注意を払っ
 てもらい、宮井将に誠実な賠償金支払いを促すための表示である。

17:この住所に宮井将が実は居住していない場合や、差押え該当物が無い場合な
 ど含めて「1/7急襲」が直接効果を挙げない場合もいろいろ想定してながら、
 戸田は2014年を迎えていった。ああワクワク!
  
  ・・・・・・・・・・・「8万円取り立て闘争の戦闘報告3」に続く。
                                  71 hit
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.5; YTB730...@i60-35-69-147.s04.a027.ap.plala.or.jp>

◆ザイトク宮井が降参!8万円取り立て闘争の報告3:【 1/7急襲闘争勝利の実際 】
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 14/1/12(日) 22:56 -
  
◆自宅急襲でザイトク宮井が降参!8万円取り立て闘争の報告3:
       【 1/7急襲闘争勝利の実際 】     

1:さあ「強襲決戦」の1/7(火)がやってきた!
  とても良い天気で絶好のV-MAX日 和。守口門真商工会議所の新年互例会を
 途中で切り上げて11:50に出発。
  宮井宅そばの東大路通り沿いをウロウロして駐車場所を探し、12:30過ぎに
 喫茶店に入って昼食休憩。
  執行官との待ち合わせは2時、付き添い知人のSさんとの待ち合わせが1時
 半なのでそこで時間を潰し、待合い場所へ。
  やはり京都は食べ物が「高くて量が少ない」
  「V-MAXを宮井に見られてもいいや」という判断は前回と同じ。

2:Sさんと一緒に1時半過ぎに宮井宅そばの執行官との合流場所に行くと、
 「執行立会を業務にしている民間人男性」が既に来ていた。
  京都地裁範囲内でこういう民間立会人と執行官がその時々の組み合わせで
 執行に回っているとのこと。
 
3:今日は宮井宅前の「黒の軽自動車」が見えない。その変わりに前回は見なかっ
 た原付スクーターが玄関横に停まっている。写真に撮りナンバーを控える。
  宮井のスクーターなのか、それとも宮井は軽自動車で出かけたのか。
 
4:2時前15分頃に○○執行官が東大路通りから徒歩で坂を上ってきた。
  あいさつを交わし、簡単に話をして宮井宅に4人で向かう。(ただしSさん
  は距離を置いて)

5:「『よしっ、行くぞ!』隊長の声が低く響いた。・・・」というのは昔の某
 党派「革命軍」の「軍報」記事でおなじみフレーズ(極く一部の業界人しか知
 らない)で、戸田はよくジョークのネタにしていたものだが、今回は「じゃ、
 行きましょうか」、とのんびりモードで宮井宅に足を向ける。
  執行官と立会人はこれまでの業務体験から、戸田らは軽自動車が無いという
 事実から、たぶん宮井将は不在で、それ以外の家人もいない可能性が高いと予
 測していた。

6:宮井宅は静まり返っている。「宮井●」の表札を3人で眺め回して、薄れて
 いる●の文字がなんという文字かをあれこれ言い合、一応の結論に達する。
  1:55頃、執行官が玄関のチャイムを押す。何も音がしない。
  やはり留守か、と皆が思ったその時に、老人男性が出てきた!
  執行官が来訪要件を告げ、相手を確認すると、宮井将の父親である事をすぐ
 に認めた。その名前は先ほど3人が同意した読み方だった。

7:執行官が「宮井将さんはいますか?」と問うと、父親と名乗った人は「ああ、
 いますよ」と回答。何と平日の午後2時に宮井将は在宅していた!
  ずっとこの家に同居している事も判った!  

8:執行官の求めに応じて父親が息子を玄関に呼んだ。
  ★そして宮井将が玄関に出てきた!!
   当初の予測を大きく上回る大成果だ!

9:出てきた宮井は裁判の時のバリッとしたワイシャツネクタイ、スーツ姿とは
 打って変わって、カウチポテト族みたいな、ダラッとした部屋着姿だった。
  裁判の時は不動産業界で仕事しているみたいな感じだったが、1/7急襲では
 平日の午後に家でダラダラしている暇人のように見えた。
  (こいつ仕事してるのか?40を越えても家で親のすねかじりか?それとも
   「室内ビジネスマン」か?)

10:色白で黒い山羊ヒゲの宮井は、強制執行に3人でやって来た事に驚きつつも、
 そこは「息を吐くようにウソをつく」ザイトク活動家、開口一番、
 「1月10日に送金する予定でいた」とか、
 「控訴したので取り立てはないと思っていた」
 とかをスラスラとしゃべる。

  しかし戸田は12月の24・25支払い請求文書で「12/27(金)までに、全額、現
 金書留で、当方に送金せよ」、「期限内に送金がない場合は、適法の範囲内で、
 最後の1円まで苛烈に、何度でも取り立てを行なう!」、と通告しているのだ
 から、http://www.hige-toda.com/zaitoku/zaitokukai_2.html

 「控訴したので取り立てはないと思っていた」は全くのウソだし、
 「1月10日に送金する予定でいた」というのも、このすぐ後に「1月末までに
 は必ず送金します」という言葉に変化するのだから、これもその場思いつきの
 ウソだった!

  ■「表情ひとつ変えずに平然とウソをつく」才能だけは豊富なようだ。

11:戸田が反論しようとするのを遮って(戸田もそれに従った)、執行官が執行
 事務の説明をしていく。

  最初は「今は差押え出来ない生活必需品の範囲が広くなっているので、よほ
 ど高額な非必需品でないと差押え出来ません」、とか「そういうものが無けれ
 ば差押え無効になります」、「差押えしても競売で売れなければ、それも無効
 になります」とか、宮井を安心させるようなばかり言っていたが、その次から
 は「執行官の立ち入りと差押えは拒否できない」、「拒否すれば警察官を呼ん
 で強制的に行なう事になる」とかの説明に移った。

12:結局、執行官と民間立会人の2人だけが宮井の個室に立ち入って、中を見る
 事になった。
  訴え当事者の戸田は宮井が許可しなければ屋内に立ち入り出来ないのだが、
 案の定、宮井が「戸田の立ち入りには同意しない」と言ったので、戸田は玄関
 の外で待つ事になった。

13:10分くらいして執行官らが出てきた。
  予測通り、「室内に差し押さえすべきモノは何もないので、差押え不能」と
 いう結論だった。
  パソコンはあっただろうが、今は個人データを尊重してパソコンの差押えは
 ダメだし、プリンターがあっても金銭価値無しと見なされるようだ。
  大型画面テレビがあっても、テレビは「生活必需品」扱いになるとのこと。

14:戸田としては、「それなら(預金調査や車調査などの)次の段階だ!」と意
 気込んだのだが、宮井が「1月末までに全額書留で送金します」と執行官に申
 し立てたため、執行官としてはそれを了承して解決する道を選択した。
  (本人が支払うと約束する以上、執行官はそれ以外の選択は取れないだろう)

15:ただし、支払い金額には12/24段階の合計7万7438円に加えて、12/25以
 降の利息(1日あたり8.94円:小数点3位以下切り捨て)と今回執行官らが出
 張って来た事の費用6944円が加算される。
  この事も執行官が説明して、戸田から数字メモも渡して宮井に確認させた。

  7万7438円+6944円=8万4382円、
  1/10段階の利子は、8.94×17日=151円(小数点未満切り捨て)
  1/20段階の利子は、8.94×27日=241円(小数点未満切り捨て)
  1/31段階の利子は、8.94×38日=339円(小数点未満切り捨て)

 だから、宮井の支払金額は、
  1/10段階で、8万4382円+151円=8万4533円、
  1/20段階で、8万4382円+241円=8万4623円、
  1/31段階で、8万4382円+339円=8万4721円
 になる!

16:宮井の父親は、宮井を玄関に呼んだ後は一度も顔を出さず、特段宮井を叱る
 様子も慌てる様子も無かった。
  我々が立ち去った後に家の中でどのような事になったか、執行官に家まで来
 られるような不始末をしでかした事を叱ったのか、それとももう何も言わない
 状態になっているのか、戸田らは知るよしも無い。

17:「何度も京都地裁に足を運び、いろんな調査攻勢をかけていかないといけな
 い」と考えていた「宮井からの8万円取り立て闘争」だったが、予想が全く外
 れて「1/7急襲で一挙解決」の運びになった!
  これは戸田の闘争の大勝利である!

18:しかし、相手はウソつき常習者の宮井の事だから、確約をたがえて、1月末
 になっても、「実際には支払わない」とか、「一部金額しか払わない」とかの
 事が十分に起こり得る、と戸田は踏んでいる。
  その場合は、再度京都地裁に申し立てを行ない、また宮井の経済状況につい
 て、「ご近所での聞き込み調査」を含めた公開的な情報収集・調査活動を展開
 して「最後の1円を取り立てるまで」宮井を徹底的に追及していく!

19:とりあえず現段階では、
   ★「1/7急襲」によって宮井が戸田に全面降伏して、8万4千円余の全額
    支払いを裁判所執行官の前で確約した!
 という、「戸田の大勝利、ザイトク宮井将の大敗北」を大々的に宣伝しておく
 ものである。

20:ザイトクウオッチャーの情報によれば、かつては「殺すぞ!」と騒ぎまくっ
 てザイトク活動にいそしんでいた宮井将は、戸田の賠償提訴以降、ザイトク活
 動に出てくることが無くなったという。
  完全にザイトク活動をやめたのかどうかは、戸田はよく知らないが、もの凄
 く大きな制約を与えた事は間違いなと思う。

21:部落差別街宣での川東にしろ、京都朝鮮学校襲撃の下手人共にしろ、民事賠
 償請求で賠償命令が出たザイトクに対しては、戸田の例のように「仮借無き取
 り立て攻撃」をかけて追いつめて行くべきだ。

  たった一人の戸田でさえ、こういう事が出来ているのだから、多くのメンバー
 や支援者を持っている諸団体にそれが出来ないはずがない。
  各方面の奮起に期待する次第である。

22:1月末で宮井将からの全額支払いが無い場合は、「仮借無き取り立て闘争」
 を再開し、みなさんに公知していくので、よろしく。

23:◆そうそう、宮井賠償請求控訴審の「控訴趣意書」を作っていかねばならな
 い。
 「50日以内」の締め切り日が1/25(土)になるので、1/24(金)に大阪高裁に提出
 する予定である。
  なんとこの日は、「戸田の生誕58周年記念日」ではないか!

  58才誕生日がザイトク宮井への控訴趣意書提出日とは、目出度いような、
 目出度くないような・・・・。

 それでは!        1/8(水) 4:50 戸田ひさよし 拝
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.5; YTB730...@i60-35-69-147.s04.a027.ap.plala.or.jp>

62 / 2534 ツリー ←次へ | 前へ→
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
ページ:  ┃  記事番号:   
834,144
(SS)C-BOARD v3.8(とほほ改ver2.1) is Free