ちょいマジ掲示板

この掲示板は、門真市及び守口市ネタを中心に各地の議会や自治体ネタなどを、「比較的穏やかに」意見・情報の交換をする所です。詳しくは「掲示板のルール1」「掲示板のルール2」を読んでそれに従って下さい。 この掲示板では戸田の命令が絶対であることをくれぐれもお忘れなく。
内容的に関連がある投稿の場合は(先の投稿への)「返信」の形を取って投稿して下さい。
●ただ、「Re:○○」形式の元タイトルの繰り返しタイトルは厳禁です。必ず「内容が伺える独自のタイトル」をつけて下さい。
◆約10年間完全自由投稿制を維持してきましたが、荒らし・妨害投稿頻発のため、やむなく投稿者登録制に移行しました。投稿される方はこちらにアクセスし、所定の手続きを行なってください。 ◆投稿者のメールアドレスは戸田が把握しますが、掲示板では非表示にできます。 ◆投稿者名・メールアドレス・パスワードは登録時のものを使わないと投稿できません。 登録・投稿についての分かりやすい説明はこちらです。うまくいかない場合の問い合わせは戸田事務所まで問い合わせてください。 (09年4/8改訂記)   これまでの管理者命一覧(必読)

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
590 / 1598 ツリー ←次へ | 前へ→

自治基本条例について戸田意見等を書いていくツリーを開始!とにかく書かねば! 戸田 12/4/10(火) 12:01

総論3:人権が前文説明1ヶ所のみ、差別は皆無の異常さ!これも未熟な市民意識の反映 戸田 12/4/11(水) 16:06
▲その代わりに<お互いの立場を尊重し>という言葉があるのかな?説明部分2ヶ所だけ 戸田 12/4/11(水) 16:27

総論3:人権が前文説明1ヶ所のみ、差別は皆無の異常さ!これも未熟な市民意識の反映
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 12/4/11(水) 16:06 -
  
 いろいろ読んでみて、ふと気づいた事は、世界的に「人権」や「基本的人権」という言葉と概念がますます重要視され、種々の「差別」への反対や「差別を許さない」、「差別をなくしていく」事が重要視されているのに、門真市の自治基本条例にはそういう言葉や概念が皆無に等しい、という事だった。

 そこで、
  ▲「市民案」と「市の1/13第1次案」の比較表、
  http://www.city.kadoma.osaka.jp/shisei/gijiroku/pdf/kentoiinkai_siryo06.pdf
  ▲「市の1/13第1次案」と「市素案(2/8案)」の比較表
  http://www.city.kadoma.osaka.jp/shisei/gijiroku/pdf/kentoiinkai_siryo08.pdf

を開いて「言葉検索」してみた結果が以下である。
 やはりこれは驚くべき異常さだった。

◆<人権>という言葉の存在は?

●「2/8市素案」においては「(説明)部分の1ヶ所のみ!(条文での言及無し!)

  前文:(説明)そこで、市民、議会、市役所が協働して、総合計画の実効性を高め、
   持続可能な自治を推進し、自律発展都市を目指すことになります。
        そのためには、市民は相互の人格や<人権>を尊重し合うことを前提
       に、主体的に考え行動することが求められます。

・「1/13市案」においても(説明)部分の1ヶ所のみ!(条文での言及無し!)

  前文:(説明)そこで、市民、議会、市役所が協働して、総合計画の実効性を高め、
        持続可能な自治を推進し、自律発展都市を目指すことになります。
         そのためには、市民は相互の人格や<人権>を尊重し合うことを前提
        に、主体的に考え行動することが求められます。

・「市民案」においては(説明)部分の2ヶ所のみ!(条文での言及無し!)
     
  前文:(説明)そこで、市民、議会、市役所が協働して、総合計画の実効性を高め、
        持続可能な自治を推進し、自律発展都市を目指すことになります。
         そのためには、市民は相互の人格や<人権>を尊重し合うことを前提
        に、主体的に考え行動することが求められます。
  
  第7条(市民の役割)
   (説明)市民は、それぞれ人間の特性や個性があり、得手不得手があります。
      したがって、自分で可能な範囲で自助努力しなければなりませんが、不当な
     差別から守られ、お互いに<人権>を尊重し合い、不足している点は相互に補
     い合い、支え合って、生きていかなければなりません。
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆<差別>という言葉の存在は?

●「2/8市素案」においては全く無し!(条文でも説明文でも言及無し!)
・「1/13市案」においてもは全く無し!(条文でも説明文でも言及無し!)

・「市民案」においては(説明)部分の1ヶ所のみ!(条文での言及無し!)

 第7条(市民の役割)
 (説明)市民は、それぞれ人間の特性や個性があり、得手不得手があります。
     したがって、自分で可能な範囲で自助努力しなければなりませんが、不当な
     <差別>から守られ、お互いに人権を尊重し合い、不足している点は相互に補
     い合い、支え合って、生きていかなければなりません。
 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 つまり、
■<人権>という言葉については、
  当初の市民案では「前文」の(説明)で
      市民は相互の人格や<人権>を尊重し合うことを前提に
 と触れられ、「第7条(市民の役割)」の(説明)でも
       お互いに<人権>を尊重し合い、
 と触れられていたのに、

 その後の市の案(1/13案、2/8素案)では、「前文」の(説明)での
      市民は相互の人格や<人権>を尊重し合うことを前提に
 のみになってしまった!
            ●条文の中には<人権>という言葉そのものが無い!

■<差別>という言葉については、
  当初の市民案ではかろうじて「第7条(市民の役割)」の(説明)で
       お互いに<人権>を尊重し合い、
 と触れられていたのに、その後の市の案(1/13案、2/8素案)では全く姿を消した!

 ●「差別を許さないまちづくり」ウンヌンどころか<差別>という言葉そのものが無
   い!
 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 今の時代において、「人権」や「基本的人権」などの言葉が条文に全く無く、「前文」の(説明)部分に1ヶ所あるのみで、「差別」という言葉にいたっては条文にも説明文にも存在しない、という事で良いのだろか??
 戸田としては、これについては甚だ疑問に思う。

 まあ、こういう事も、「反差別の大衆運動」が微弱で、市民に人権や差別に関する意識
が定着していない「市民意識の未熟さ」を反映しているのだろうと思う。
 ある程度は仕方ないと思うが、「住民自治」の条例からこれほど「人権」や「差別」の
問題意識がはがれているのは、ちょっと是正すべきだろうと考える。
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.3; .NET C...@i60-35-87-103.s04.a027.ap.plala.or.jp>

▲その代わりに<お互いの立場を尊重し>という言葉があるのかな?説明部分2ヶ所だけ
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 12/4/11(水) 16:27 -
  
 「差別を許さない」という趣旨で、ただし「差別」という言葉を使わないために、
<お互いの立場を尊重し>という言葉が使われたのであろうか?
 検索して調べてみたら、以下のような事が分かった。

◆<お互いの立場を尊重し>という言葉について、

・「2/8市素案」では条文の中に2ヶ所ある。

 前文:
   ・・・。市民、議会、市役所は、<お互いの立場を尊重し>、それぞれの強みを活
      かし、足らずを補い合い、相互に「見える」形で持続可能な自治を追求する
      ことを決意しました。
       そこで、市民みんなが共有すべき自治の最高規範として、門真市自治基本
      条例を制定し、これをもって今、私たちは新たな自治の一歩を踏み出しま
      す。

 第7条(市民の役割)
    市民は、協働によるまちづくりの主役であることを認識し、自治の推進に努めま
   す。また、市民は、モラル(道徳)の向上及び自助努力に努めます。
  2 市民は、多様な価値観を知り、<お互いの立場を尊重し>、連携し合い、協働に
   よるまちづくりに責任と主体性をもって取り組むよう努めます。
  ―――――――――――――――――――――――――
・「1/13市案」においても条文の中に2ヶ所ある。

 前文:
   ・・・。市民、議会、市役所は、<お互いの立場を尊重し>、それぞれの強みを活
      かし、足らずを補い合い、相互に「見える」形で持続可能な自治を追求する
      ことを決意しました。
       そこで、市民みんなが共有すべき自治の最高規範として、門真市自治基本
      条例を制定し、これをもって今私たちは新たな自治の一歩を踏み出します。

 第7条(市民の役割)
     市民は、多様な価値観を知り、<お互いの立場を尊重し>、連携し合い、協働
    によるまちづくりに責任と主体性をもって取り組むよう努めます。
   2 市民は、門真の歴史や文化を学び、まちの誇りとして継承するように努めま
    す。
      (後略)
   ―――――――――――――――――――――
・「市民案」においておいても条文の中に2ヶ所ある。
 前文:
   ・・・。市民、議会、市役所は、<お互いの立場を尊重し>、それぞれの強みを活
      かし、足らずを補い合い、相互に「見える」形で持続可能な自治を追求する
      ことを決意しました。
       そこで、市民みんなが共有すべき自治の最高規範として、門真市自治基本
      条例を制定し、これをもって今私たちは新たな自治の一歩を踏み出します。

 第7条(市民の役割)
   市民は、個人の特性にもとづく能力の範囲内で、協働によるまちづくりの主役で
  あることを認識し、自治の推進に努めます。また、市民は、モラル(道徳)の向上及
  び自助努力に努めます。
 2 市民は、多様な価値観を知り、<お互いの立場を尊重し>、連携し合い、協働によ
  るまちづくりに責任と主体性をもって取り組むよう努めます。
      (後略)
    ―――――――――――――――――――――
※ただし、いずれも「市民の間での差別を許さないように」という趣旨のものは、 第7
 条(市民の役割)の規定の1ヶ所のみで、それとても「立場」という言葉では人権性、
 正当性、正義性の意味合いが希薄になってしまう。

  <お互いの人権を尊重し>であれば許されない事象が<お互いの立場を尊重し>であ
 れば許容されてしまう事が多々起こってくるだろう。

 「人権を尊重し差別を許さないまちづくり」というような原点に立ち返って考える事が 必要だろうと思う。「お互いの立場」などという言い換えではなく。 
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.3; .NET C...@i60-35-87-103.s04.a027.ap.plala.or.jp>

590 / 1598 ツリー ←次へ | 前へ→
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
ページ:  ┃  記事番号:   
1,350,676
(SS)C-BOARD v3.8(とほほ改ver2.1) is Free