「自由・論争」 掲示板

★この掲示板は戸田が「革命的独裁」をする所である。
この掲示板はジャンルを問わず、論争・口ゲンカ・おチャラけ・ボヤキ等、何でもOKだが、「掲示板のルール1」「掲示板のルール2」を読んで必ずそれに従うこと。
●ここのルールを守らない荒らし的文句付け屋に対しては、「何で稼いでいるのか、どんな仕事や社会的活動をしているのか」等を問い質し、悪質な者には断固たる処置を取り無慈悲にその個人責任を追及していく。
★戸田の回答書き込みは多忙な活動の中では優先度最下位である。戸田の考えを聞きたい人は電話して来る事。
●「Re:○○」形式の元タイトル繰り返しタイトルは厳禁!!必ず「内容が伺える独自のタイトル」をつけること。
◆約10年間完全自由投稿制を維持してきたが、荒らし・妨害投稿頻発のため、投稿者登録制に移行した。投稿する方はこちらにアクセスし、所定の手続きを行なうこと。
◆投稿者のメールアドレスは戸田が把握するが、掲示板では非表示にできる。
◆投稿者名・メールアドレス・パスワードは登録時のものを使わないと投稿できない。 登録・投稿についての分かりやすい説明はこちら。うまくいかない場合の問い合わせは戸田事務所まで。(冒頭記:2009年4/8改訂)   これまでの管理者命一覧(必読)

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
59 / 2538 ツリー ←次へ | 前へ→

このままでは阪神間にも「維新の風」が吹き荒れる! 在特会研究所 12/3/20(火) 20:41

他に汚染を広げてはならない-という倫理的発言を非国民扱いする村社会 K 12/4/28(土) 16:00
◇kさん情報に感謝。思想腐敗議員、正論気弱議員、仲間見捨て議員、議論無きお仲間村 戸田 12/4/29(日) 2:04

他に汚染を広げてはならない-という倫理的発言を非国民扱いする村社会
←back ↑menu ↑top forward→
 K  - 12/4/28(土) 16:00 -
  
(この人も、みどりの未来会員である-みどりの未来は抗議すべき)

[神奈川県]
真鶴町議 村田知章ブログより


議員辞職決議 可決
2012/4/28(土) 午後 1:09

私に対する議員辞職勧告案が賛成多数で可決されました。

議員辞職勧告された経緯は、4月25日の神奈川新聞の記事を参照いただければ幸いです。

■神奈川新聞(4月25日)「ツイッターに「放射能が拡散」、真鶴町議が焼却灰の県外搬出で/神奈川」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120425-00000010-kana-l14

再三の申し入れにも関わらず弁明の機会を与えられませんでした。
残念なことです。

多くの方から応援のメッセージをいただき、とても励みとなりました。
引き続き、この問題に対して誠意をもって対応して行きたいと思っております。
どうぞよろしくお願いいたします。


ツイッターでの発信は、今回の件で厳重注意という処罰と合わせて中止処分を受けており、当面の間は休止させていただいております。

ブログでの発信は、中止処分の対象ではありませんが、慎重な対応が必要と考えたうえで、自粛しておりました。
今回は、弁明のために緊急を要するものと判断し、ブログでの発信を行います。


私の弁明を下記に掲載いたします。

議員辞職勧告決議に対する弁明

真鶴町議会議員 村田知章  

弁明に先立ち、ツイッターでの発言をした背景を説明させていただきます。

真鶴町は、3.11に伴う福島第一原発事故の影響による放射能汚染対策において、全国に先駆けて先進的な施策を行ってきた町です。
早い段階から放射線簡易測定器の導入や貸出しを行ったり、小学校の給食の放射線測定を自治体独自に行ったり、日々幼稚園・小学校・中学校施設での放射線測定を行ったりと、真鶴住民の健康や命を守る町の姿勢にわたくしは大変誇りを感じておりました。
そんななか、 3月2日の神奈川新聞の記事で、湯河原町真鶴町衛生組合の焼却灰が、奈良県の民間業者に搬出されているという事実を知りました。また、湯河原町真鶴町の両町のホームページに、湯河原町真鶴町の焼却灰から、飛灰で642〜1516ベクレル、主灰で165〜257ベクレルであるという測定結果が公表されています。当該の焼却灰は最大490ベクレルです。
これは国の定める放射性物質汚染対処特別措置法の基準である8000ベクレルよりははるかに低いものの、一般ゴミとして処理することができるとされる国のクリアランスレベルの100ベクレルをはるかに超えるものです。
確かに私は、真鶴町の住民代表として、真鶴町のみなさんの健康と安全をどの自治体の住民よりも優先的に配慮する使命があります。
しかし、今全国各地で起きている放射性物質で汚染された焼却灰受け入れに反対する住民感情を考えたとき、この事実を黙認することが、将来的に奈良県民から真鶴町民に対する恨みをかうだけでなく、奈良県住民、特に焼却灰の持ち込みによる土壌汚染を心配する奈良県の農家の方たちからの真鶴町に対する、損害賠償請求の危険も生じることもありうるのではないかと危惧しました。
そこで、こうした将来起こりうるかもしれない事態を懸念し、ツイッターという場を借りて自らの議員としての一意見を述べさせていただきました。

次に、辞職勧告決議文に対して、私の弁明を述べさせていただきます。(太字は決議文の一部です)

「カナロコの掲載記事直後の発信であり、関東の焼却灰という発言が、あたかも湯河原町真鶴町衛生組合の焼却灰と誤認されたことにより、大きな影響を受けた。これは、配信後の影響を考慮しない行為であった。」についてですが、湯河原町真鶴町の焼却灰も、関東の焼却灰であり、「誤認」という言葉の意味が理解しかねます。
また、「大きな影響」についてですが、この大きな影響というのが「奈良県業者からの焼却灰受け入れ拒否」ということをさすのでしたら、奈良県業者がそもそも私のツイッター発言だけで受け入れを拒否した場合にのみ、この表現は成立すると思います。
しかし焼却灰受け入れを奈良県民が知ったきっかけは、そもそも神奈川新聞で公になっていた事実からです。
「配信後の影響を考慮しない行為」については、反対に私としては、将来的に奈良県民から真鶴町が恨みをかう危険性、さらには半永久的土壌汚染をもたらしたという理由で損害賠償請求を受ける危険性があることを危惧し、そのことを事前に防止したいと行った発言行為であり、軽率な発言というよりも、むしろ事後の将来にわたる影響を十分に考慮した上でのものであります。
また、私の発言は「関東の焼却灰は関西に比べ放射能汚染度が高い」と一般論を述べているもので、虚言には当たらないものと考えます。

「議員として、住民生活に必要不可欠な処分場の検討をせず、安易に緊急避難的な措置を否定した。」についてですが、たしかに、議会や委員会では自らの発言が、実際の町政の方向性にただちに影響を与えるもので、その表現内容や表現方法については一般人よりも表現の自由にある程度の制限が生じうることも理解しています。しかし憲法21条で保障された表現の自由の場の提供というツイッターの社会的性質からは、その表現方法や表現内容については、守秘義務に逸脱するなどの場合をのぞき、公人にも個人と同様、表現内容や表現方法は発言者の自由にゆだねられるものであるという認識です。それに対する制限を加えることにつながるツイッター発言に基づく辞任勧告決議案提出行為そのものが、表現の自由の侵害という重大な憲法違反行為と考えます。

公人としての議員にも、ツイッターの場での表現の自由が保障されることは、住民の知る権利に資するものだと思っております。
私はこの奈良県への焼却灰搬出を黙認することこそ、真鶴町住民を代表する真鶴町議員としての責務を果たしていないものと考えました。

以上をかんがみまして、議員の皆様に今回の辞任勧告決議の再考をお願いしたい所存です。

以上

http://blogs.yahoo.co.jp/manaduru_love/30099783.html
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; YTB730; BTRS75...@hprm-37844.enjoy.ne.jp>

◇kさん情報に感謝。思想腐敗議員、正論気弱議員、仲間見捨て議員、議論無きお仲間村
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 12/4/29(日) 2:04 -
  
 kさん、事実に基づいた貴重な情報をいろいろとありがとうございます。
 「う〜〜ん・・・・・・?」投稿で紹介してくれた
「みどりの未来に期待してる奴って馬鹿なの?」記事
  http://sgwse.dou-jin.com/Entry/407/
が載っている<スーパーゲームズワークショップエンターテイメント>ブログ
  http://sgwse.dou-jin.com/
は最近戸田も別個に発見して(たしか阿修羅掲示板のコメント欄で)興味を引かれたブログです。

 「みどりの未来」およびそれに類する「緑派」については、戸田は「権力弾圧と闘う気概無きママゴト集団」として見切りを付けてます。
  参考↓↓↓
■BB氏反発メールへの戸田回答(1)警察司法への対処という公的問題は公的に・・
         戸田 - 09/10/22(木)
   http://www.hige-toda.com/x/c-board/c-board.cgi?cmd=one;no=6271;id=01#6271
■BB氏反発メールへの戸田回答(2)日本社会の中での「警察司法」問題の重大さ
          戸田 - 09/10/22(木)
  http://www.hige-toda.com/x/c-board/c-board.cgi?cmd=one;no=6272;id=01#6272
 ――――――――――――――――――――――――――

 「みどりの未来の加盟議員を見ていくと、
   http://site.greens.gr.jp/category/875263-1.html
何人かは反権力の骨のある議員もいるんですが、桂むつこ氏(今見たら「みどりの未来の加盟議員」からなぜか消えている!)やその仲間のような思想的腐敗議員、橋下に怒りも恐怖も持たない「統治者仲間感覚議員」を良導する事はできない様子です。
・・・川田龍平が好き勝手やってみんなの党に身売りしたのを防げなかったように、そうした不祥事を何ら総括出来ないように・・・。

 「西日本にまで汚染を広げてはならない」とツイッターに書き込んだ事で町議会で辞職
勧告案可決されるというとんでもない弾圧を受けた「みどりの未来議員」の村田知章町議
さんは、ガレキ問題では正論を言ってますが、弾圧に対する闘い方や姿勢が弱腰過ぎ!
 アホウな弾圧派議員に気兼ねしてツイッターを停止したり、議会弁明を見ても。

 そして十中八九、「みどりの未来」はこの弾圧に反対運動をしないでしょう。
 神奈川県や首都圏の「みどりの未来」ですらこの弾圧に反対運動をしないでしょう。
 たぶん「村田議員の個人的な問題」とか「ネット発信に脇の甘さがあった」なんて言い訳しながら・・・
 
 これはかつて桂むつこ氏が華やかにリーダーの一角を努め、戸田も加盟していた(!)「虹と緑」が1999年当選の戸田への懲罰問責辞職勧告攻撃について、最初は反対運動をしてくれたものの、やがて全体的には「懲罰など受ける方に問題あるのでは?」というアホウな感覚の議員(民主的な都市部議員に典型)の意向に流れにいき(それに呆れ怒って戸田は「虹と緑」を脱退した)、結局議会内弾圧との闘争ノウハウが全然蓄積されないで「みどりの未来」に至ったからでしょう。

 一方の戸田は議会内弾圧と断固闘い抜いて闘争ノウハウを磨いたので、「議会懲罰問題の権威」となって全国の被害議員から頼られるようになった。

 根底にある問題は、市民派だとか謳いながらも公開的論議、検証論議を厭う日本的な旧来の「ムラ体質」を一歩も脱していない事だと思います。

 kさん、今後もいろんな情報をよろしくお願いします。
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.3; .NET C...@i220-221-36-157.s04.a027.ap.plala.or.jp>

59 / 2538 ツリー ←次へ | 前へ→
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
ページ:  ┃  記事番号:   
839,286
(SS)C-BOARD v3.8(とほほ改ver2.1) is Free