「自由・論争」 掲示板

★この掲示板は戸田が「革命的独裁」をする所である。
この掲示板はジャンルを問わず、論争・口ゲンカ・おチャラけ・ボヤキ等、何でもOKだが、「掲示板のルール1」「掲示板のルール2」を読んで必ずそれに従うこと。
●ここのルールを守らない荒らし的文句付け屋に対しては、「何で稼いでいるのか、どんな仕事や社会的活動をしているのか」等を問い質し、悪質な者には断固たる処置を取り無慈悲にその個人責任を追及していく。
★戸田の回答書き込みは多忙な活動の中では優先度最下位である。戸田の考えを聞きたい人は電話して来る事。
●「Re:○○」形式の元タイトル繰り返しタイトルは厳禁!!必ず「内容が伺える独自のタイトル」をつけること。
◆約10年間完全自由投稿制を維持してきたが、荒らし・妨害投稿頻発のため、投稿者登録制に移行した。投稿する方はこちらにアクセスし、所定の手続きを行なうこと。
◆投稿者のメールアドレスは戸田が把握するが、掲示板では非表示にできる。
◆投稿者名・メールアドレス・パスワードは登録時のものを使わないと投稿できない。 登録・投稿についての分かりやすい説明はこちら。うまくいかない場合の問い合わせは戸田事務所まで。(冒頭記:2009年4/8改訂)   これまでの管理者命一覧(必読)

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
549 / 2575 ツリー ←次へ | 前へ→

我々が信用できる国会議員 考える葦 08/8/24(日) 21:52

世の中にはこんな信用できない奴もいる YUKI 08/8/25(月) 2:20

世の中にはこんな信用できない奴もいる
←back ↑menu ↑top forward→
 YUKI E-MAILWEB  - 08/8/25(月) 2:20 -
  
天木ブログより
-------------
http://www.amakiblog.com/archives/2008/08/post_880.html

野中広務という政治家


  毎日系テレビの朝の番組に時事放談と言う番組がある。

  いつも同じような政治家や評論家を交代で招いて文字通り時事放談を繰り返す番組である。

  八百長番組であるが、時として本音の発言を見つける事がある。

  24日の番組のゲストは亀井静香氏と野中広務氏であった。

  公明党矢野元委員長の国会招致問題に話が及んだ時である。

  亀井氏と野中氏の好対照の反応が注目された。

  亀井氏は、もし矢野元公明党委員長が言っているとおり、公党の委員長までやった人に、創価学会があそこまで言論封殺、人権抑圧をしていた事が事実であれば、やはりこれは大問題だから、そこのところを国会ではっきりさせる必要がある、と答えていた。

  これに対し野中氏は、公明党は矢野元委員長の国会招致を恐れてはいけない。堂々と受けてたてばいい。その時私もあわせて招致すればいい。私は矢野元委員長がそんなに立派な事を言えた人ではない事を知っているから、と言うような趣旨のことを言って、カメラに向かってニヤリと笑った。

  野中氏の真骨頂だ。

  国家公安委員長などを歴任した野中氏が、その情報力をちらつかせて、敵対する者を恫喝する。

  そういえば彼は日歯連の政治献金事件で一人村岡元官房長官をスケープゴートにして逃げ切った。

  世間の評価は知らないが、私は野中広務という政治家は稀代のワルだと思っている。

  その最大の理由は、彼が一貫して自民党を支えてきた政治家であるからだ。

  自民党を揺るがす言動を行う政治家を、ことごとくつぶしてきた。加藤紘一しかり。小沢一郎しかり。

  今度の件も自公政権を作ったのは自分だと言って、ここまで国民に背を向けてきた自公政権を徹底的に擁護している。

  しかし私が野中氏を信用しない最大の理由は彼の平和に対する偽善である。

  彼は政界を引退した後、「平和の語り部」と称して反戦政治家のごとく講演に奔走しているらしい。

  本当にそうだろうか。

  かつて私は土井たか子氏、野中広務氏らと一緒にイラク戦争反対のシンポジウムに出たことがある。

  それがきっかけで野中氏と私を引き合わせようとした人物がいた。

  私はこちらから面会を嫌うことはしない。

  たとえ立場が違っても、気に食わない人物であっても、こちらから面談を断ることはない。

  だからその人に答えた。やってみてください。しかし野中さんは断るでしょう。

  案の定返答は「NO」であった。

  その人を通じて届けられた私へのメッセージは、メディアには気をつけろ、という言葉であった。

  イラク反戦でメディアに一時的に取り上げられたからといって調子に乗っていると、そのうちはしごをはずされるぞ、という伝言である。

  しかし彼が私を避ける真の理由は反戦・平和について語るうちに正体がばれる事をおそれるからに違いない。

  いいみじくも24日の時事放談で、インド洋給油の継続を問われたとき、野中氏は、「今更やめるわけにはいかないでしょう」、と答えていた。

  日米軍事同盟に反対できない者に憲法9条や世界平和を語る資格はない。

  私の目をごまかすことはできない。
引用なし
<Mozilla/5.0 (Macintosh; U; PPC Mac OS X Mach-O; ja-JP-mac; rv:1.8.1.16) Gecko/...@118x240x206x101.ap118.gyao.ne.jp>

549 / 2575 ツリー ←次へ | 前へ→
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
ページ:  ┃  記事番号:   
867,255
(SS)C-BOARD v3.8(とほほ改ver2.1) is Free