ちょいマジ掲示板

この掲示板は、門真市及び守口市ネタを中心に各地の議会や自治体ネタなどを、「比較的穏やかに」意見・情報の交換をする所です。詳しくは「掲示板のルール1」「掲示板のルール2」を読んでそれに従って下さい。 この掲示板では戸田の命令が絶対であることをくれぐれもお忘れなく。
内容的に関連がある投稿の場合は(先の投稿への)「返信」の形を取って投稿して下さい。
●ただ、「Re:○○」形式の元タイトルの繰り返しタイトルは厳禁です。必ず「内容が伺える独自のタイトル」をつけて下さい。
◆約10年間完全自由投稿制を維持してきましたが、荒らし・妨害投稿頻発のため、やむなく投稿者登録制に移行しました。投稿される方はこちらにアクセスし、所定の手続きを行なってください。 ◆投稿者のメールアドレスは戸田が把握しますが、掲示板では非表示にできます。 ◆投稿者名・メールアドレス・パスワードは登録時のものを使わないと投稿できません。 登録・投稿についての分かりやすい説明はこちらです。うまくいかない場合の問い合わせは戸田事務所まで問い合わせてください。 (09年4/8改訂記)   これまでの管理者命一覧(必読)

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
1223 / 1575 ツリー ←次へ | 前へ→

保育園民営化問題での行政のやり方に??? 浜町保育園保護者会 岡本 07/5/23(水) 19:25

▲保育士年齢の再ウソ記載で謝罪・訂正を徹底要求!「検討会」のデタラメさ! 戸田 07/6/1(金) 5:20
■実は「市民意見への回答せずに基本方針決定する」と決めていた市の大ペテン! 戸田 07/6/1(金) 6:22
★6/4長野部部長が明らかにした苦肉の訂正文案 戸田 07/6/4(月) 23:35
★6/4づけで、「戸田への報告」という体裁で謝罪文も提出。非は非とする姿勢で 戸田 07/6/5(火) 0:02

▲保育士年齢の再ウソ記載で謝罪・訂正を徹底要求!「検討会」のデタラメさ!
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 07/6/1(金) 5:20 -
  
 「門真市立保育所民営化基本方針(案)に対する市民意見等」で「公立保育園の保育士
は50才代40.8%」という大ウソ(実際は「50才代保育士は23.5%」!)をまたしても書い
た事につては、5/30に北村室長と話をした時に徹底糾弾し、「5/31に北村室長・長野部部長
名で謝罪と訂正の文書を出し、配布文書とHP掲載記事の訂正をせよ!」と要求。
 室長は自分らの非を認めつつ「検討する」と回答。

 しかし5/31(木)3:40〜に両名と話をした時、自分らの非を認めつつも、それが用意され
ていなかったので、再度要求し6/4(月)にはこのウソ記述問題にケリをつけることを約束さ
せた。配布文書とHP掲載記事の訂正も順次早急に行なうことも約束させた。

 このウソ記載の「市民意見等」文書は、「いつ」・「誰の責任で」・「誰が文章作成して」
作ったのか、については、5/30の北村室長との話で次の事実と問題点が判明した。

1:「市民意見等」文書は5/8と5/14に行なわれた「検討会」で検討され、認可された。
  「検討会」を開いた時間は各2時間程度で、そのうちの一部分が「市民意見等」文書
  の検討にあてられた。
  ◆そしてこのウソ記述は、何ら問題にされること無く「検討会」を通過した。

2:「検討会」は、「門真市立保育所民営化基本方針の作成にあたり、市民の意見を反映す
 ることを目的として募集した意見等の取り扱いについて検討する」ことを目的として設
 置されたもので、その構成メンバーは、
  ◎久木元:副市長(旧助役)、◎南:健康福祉部長、◎長野:健康福祉部部長、
  ◎北村:子ども育成室室長、◎西浦:健康福祉部・福祉政策課長、
  ◎小倉:健康福祉部・保育課長、◎大下:健康福祉部・保育園民営化推進担当参事
 の7人。
   (この「西浦課長」は「説明会録音拒否の悪質役人=西浦光男」前参事とは別人)

3:◆「検討会」に提出した「市民意見等」文書案は、全て「民営化推進担当」が作った。
  つまり、大下参事と係員のたった2人だけで作成した(!)
  「子ども育成室」の中で分担して文書作成したかと思ったら、他人に聞くことは多少
  あっても、文書作成はこの2人だけで行なった。  
  ■従って、実際にウソ記述を作ったのは大下参事である! 

4:市民意見を意見文や説明会での発言起こしなどから集約し、「市の見解」文を作成して
 いく、という作業を(種々の作業を抱えながら)参事と若い職員のたった2人でやった、
 という事は、既成のあれこれの文書から「使える部分」をいっぱい「コピー」して作っ
 た、つまり深く考えることなく「カンニング手法で書いていった」に違いない。

  ■つまり「カンニング先にあったウソをそのまま使った」のだが、これは昨年12月に
   戸田にウソを暴かれて反省した時に、ウソ記述部分をちゃんと訂正するなり注釈を
   つけるなりしなかったから、こういう「ウソ引用事故」が起こったのだ!
   これは、ウソ記述の非を認めたはずの北村室長・長野部部長の事後対応に手抜きが
   あったから(ウソ記述部分の訂正や注釈追加をちゃんとしなかった)起こった事だ。
    ※市の文書管理の問題としても、システム的に改善すべき問題。

 この他、「市民意見に対する市の見解の公表の仕方自体」に大問題がある事が判明した
が、それは別記する。 

 なお、問題の再ウソ記述部分をどう訂正すべきかについて、戸田は改訂文案を示しておい
たので、それを以下に紹介しておく。

  「門真市立保育所民営化基本方針(案)に対する市民意見等」(PDF)
     http://www.city.kadoma.osaka.jp/osirase/pdf/hoiku/qa.pdf
      市民からの意見の概要 5
    民間は効率的な運営というが運営費が安くなれば質が落ちるのではないか。

◇再ウソ記述を含んだ「本市の考え方」

    市立保育所では、運営経費の約9割を職員の人件
   費で占める状況にあります。
    これは保育士の平均年齢が平成18年4月1日現
   在43.9歳であり、特に50歳以上の者が40%
   を占めるため、公務員の給与体系上、私立保育所に
   比べ人件費の割合が極めて大きくなっております。
   保育の質は日々直接保育にかかわる職員の資質・
   技術によるところが大きく、運営費が安くなること
   が保育の質の低下に直接つながるものではないと考
   えています。
 ↓↓        
◆再ウソ記述を削った「本市の考え方」

    市立保育所では、運営経費の約9割を職員の人件
   費で占める状況にあります。
    平成18年4月1日現在、アルバイト73人とパー
   ト54人の保育士がいるとはいえ、公務員保育士68
   人を擁しており、公務員の給与体系上、私立保育所に
   比べ人件費の割合が極めて大きくなっております。
   保育の質は日々直接保育にかかわる職員の資質・
   技術によるところが大きく、運営費が安くなること
   が保育の質の低下に直接つながるものではないと考
   えています。

※ もちろん戸田は市がこういう見解を持つ事には大反対だが、再ウソ記述を削った必要
 最小限の訂正を同じ文書スペースでするならば、こうなるだろうという事で例示した。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98)@i222-150-202-94.s04.a027.ap.plala.or.jp>

■実は「市民意見への回答せずに基本方針決定する」と決めていた市の大ペテン!
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 07/6/1(金) 6:22 -
  
 5/30に市民意見反映の「検討会」に関する文書の提供を受けたが、これを読んでみると
驚くべき事が書いてあった。

 この文書の表題は
  「門真市立保育所民営化基本方針(案)に対する市民意見等の取り扱い方法」だが、
そこにはこんな記述があった。
  ――――――――――――――――――――――――――――――
  4 公表
   (1) 略
   (2) 公表は、意見等の概要を類型化して行うものとし、意見等の提出者への個別の
    回答は行わないものとする。
   (3) 公表の機関は、門真市立保育所民営化基本方針の決定時から移管計画の公表
    時までとする。
   (4) 略
  ―――――――――――――――――――――――――――――――

 これはつまり、
●1:質問や意見を出した保護者には(直接)回答はしない!
    ※ 説明会で簡単に回答できる事だけ回答し、それ以外は回答しない!
    ※ 説明会で回答に困った事には元々回答する気が無かった!

●2:説明会で回答した事以外は、「民営化基本方針」を決定する(5月後半)までは公表
   しない!!

●3:4月の第2回説明会で回答しなかった・できなかった事にはもはや回答せず、市民
  の疑問には答えずに、後は勝手に「民営化基本方針」を決定する!

という事を最初から決めていた、という事である!

 だから、岡本さんが「以前、2月28日締め切りで各園から集めた質問・意見に対して
も未だに内容の開示・返答もして頂いておりません。」と疑問の思ったことは、市の「計画
的犯行」だったのです。

 そして「いつ返答があるのか問い詰めると、まだできていないそうです。」と市が答えた
のは意図的なウソをついていたのであって、本当は
   ・第2回説明会で回答しなかった質問・意見にはもう回答しないのです。
   ・あとは「民営化基本方針」を決定した後に、市の見解を公表するだけです。
   ・それも個別の回答ではなくて、概要を類型化した回答だけです。

というのがホンネだったのです! なんというペテンか!!

 「2月28日締め切りで質問・意見を各園から集めた」というのは、市が保護者に説明
会や個別対応でちゃんと答えるためのものではなく、実は「説明会の場でも個別にも答え
ない」・「民営化基本方針勝手に決定してから類型的な回答を公表する」ためのペテンだっ
たのだ!

 こんな酷い対応は到底許されない。
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98)@i222-150-202-94.s04.a027.ap.plala.or.jp>

★6/4長野部部長が明らかにした苦肉の訂正文案
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 07/6/4(月) 23:35 -
  
 本日6/4(月)夕方5:35頃、長野部部長、北村室長と会って、「保育士年齢構成の再
ウソ記載」問題の文案提示を求めたところ、以下の文案が示された。これをもってHP
記事や配付資料の訂正をしていこうと思っているという事だった。

 「正職員では50歳以上の者が半数近くを占めている」というのは、当局が意図的に正
職員採用を中断させてきたために発生した事であるが、今ある現象の記述としては「ウソ
とは言えない苦肉の表現」である。
 きっと市内部で「戸田に指摘されて訂正する」にあたって、ああだこうだ、といろんな
論議があったのだろう。

 戸田として気に入った記述ではないが、「ウソとは言えない」記述なので、この訂正文案
で了承する事にした。
 この上は、市としてHP記事や配付資料の訂正を大至急やっていく事を求めることにした。
 保護者や市民のみなさんには、その「苦肉の訂正記述」をいち早く以下に紹介する。
 これも戸田HP以外では知ることのできない情報だ。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「門真市立保育所民営化基本方針(案)に対する市民意見等」(PDF)
     http://www.city.kadoma.osaka.jp/osirase/pdf/hoiku/qa.pdf
      市民からの意見の概要 5
    民間は効率的な運営というが運営費が安くなれば質が落ちるのではないか。

◇再ウソ記述を含んだ「本市の考え方」

    市立保育所では、運営経費の約9割を職員の人件
   費で占める状況にあります。
    これは保育士の平均年齢が平成18年4月1日現
   在43.9歳であり、特に50歳以上の者が40%
   を占めるため、公務員の給与体系上、私立保育所に
   比べ人件費の割合が極めて大きくなっております。
   保育の質は日々直接保育にかかわる職員の資質・
   技術によるところが大きく、運営費が安くなること
   が保育の質の低下に直接つながるものではないと考
   えています。
 ↓↓        
◆再ウソ記述を削った苦肉の6/4訂正文案

   市立保育所では、運営経費の約9割を職員の人件
   費で占める状況にあります。人件費には、正職員
   と臨時職員分が含まれてますが、とりわけ正職員
   では50歳以上の者が半数近くを占めていること
   などから、公務員の給与体系上、私立保育所に比
   べ人件費の割合が極めて大きくなっております。
    保育の質は日々直接保育にかかわる職員の資質
   ・技術によるところが大きく、運営費が安くなる
   ことが保育の質の低下に直接つながるものではな
   いと考えています。


◆再ウソ記述を削った戸田の提案文案

    市立保育所では、運営経費の約9割を職員の人件
   費で占める状況にあります。
    平成18年4月1日現在、アルバイト73人とパー
   ト54人の保育士がいるとはいえ、公務員保育士68
   人を擁しており、公務員の給与体系上、私立保育所に
   比べ人件費の割合が極めて大きくなっております。
   保育の質は日々直接保育にかかわる職員の資質・
   技術によるところが大きく、運営費が安くなること
   が保育の質の低下に直接つながるものではないと考
   えています。
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98)@i222-150-202-94.s04.a027.ap.plala.or.jp>

★6/4づけで、「戸田への報告」という体裁で謝罪文も提出。非は非とする姿勢で
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 07/6/5(火) 0:02 -
  
 訂正文とともに求めていた「再ウソ記述事件への謝罪文」についても、同じく6/4(月)
夕方に長野部部長から提示された。

 体裁としては、健康福祉部部部長長野氏と子ども育成室室長北村氏が戸田にあてた「報
告」という形をとっているが、その中でお詫びの言葉もあり、戸田としては再ウソ記述事
件発生の内容や事実経過を詳しく書いていない、という不満はあるが戸田からの指摘があ
った事に触れていること、「非は非とし、正すべき所は正す」姿勢で最大限努力した事を
評価し、これをもって謝罪文として受け入れることにした。
 文章全文については「武士の情け」でHPでは公表しないでおく。

 昨年12月に戸田から為された「ウソ記述批判」について「注意不足」(=無反省!)だ
ったために(なぜなら、06年の懇話会提出資料として最初それを作成した当事者だか
ら!)、今回このような「再ウソ記述」をしてしまった、「保育園民営化推進担当」部署
(管理職は大下参事ただひとり)は、これ以上室長や部部長が謝罪しなくてもよいように
、重々に反省して今後注意を払ってもらいたい。

 西浦参事がこの部署に在職していた時から、この「保育園民営化推進担当」部署は、
「市役所の中で最も上司を謝罪させてしまうような過ちと市民のい猛反発を買う」行為をし
てきた部署である。
 所管の久木元副市長にも厳しく注意を喚起しておきたい。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98)@i222-150-202-94.s04.a027.ap.plala.or.jp>

1223 / 1575 ツリー ←次へ | 前へ→
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
ページ:  ┃  記事番号:   
1,309,852
(SS)C-BOARD v3.8(とほほ改ver2.1) is Free