ちょいマジ掲示板

この掲示板は、門真市及び守口市ネタを中心に各地の議会や自治体ネタなどを、「比較的穏やかに」意見・情報の交換をする所です。詳しくは「掲示板のルール1」「掲示板のルール2」を読んでそれに従って下さい。 この掲示板では戸田の命令が絶対であることをくれぐれもお忘れなく。
内容的に関連がある投稿の場合は(先の投稿への)「返信」の形を取って投稿して下さい。
●ただ、「Re:○○」形式の元タイトルの繰り返しタイトルは厳禁です。必ず「内容が伺える独自のタイトル」をつけて下さい。
◆約10年間完全自由投稿制を維持してきましたが、荒らし・妨害投稿頻発のため、やむなく投稿者登録制に移行しました。投稿される方はこちらにアクセスし、所定の手続きを行なってください。 ◆投稿者のメールアドレスは戸田が把握しますが、掲示板では非表示にできます。 ◆投稿者名・メールアドレス・パスワードは登録時のものを使わないと投稿できません。 登録・投稿についての分かりやすい説明はこちらです。うまくいかない場合の問い合わせは戸田事務所まで問い合わせてください。 (09年4/8改訂記)   これまでの管理者命一覧(必読)

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
4 / 1597 ツリー ←次へ | 前へ→

戸田の闘病スレッド3:2020年11月から21年3月末までのFB記事で(第2スレは後日) 戸田 21/3/31(水) 15:26

12/3<縦割り分断を痛感した12/3関西医大診察〜高血圧は別途循環器科で> 戸田 21/3/31(水) 18:18
12/13<異常高血圧12/8医大:血管の硬さが80代後半!薬投与、今後も循環器内科へ> 戸田 21/3/31(水) 18:24
12/13<総合的な診察がされていないとは思うが、医者を変える事は難しい> 戸田 21/3/31(水) 19:04

12/3<縦割り分断を痛感した12/3関西医大診察〜高血圧は別途循環器科で>
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 21/3/31(水) 18:18 -
  
2020年12月3日:
https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=865544794200048&id=100022336052450

<縦割り分断を痛感した12/3関西医大診察〜高血圧は別途循環器科で>

1:「異常な高血圧事態」を予約電話で伝え、「報告書」(既報)持参で臨んだ
12/3関西医大:整形外科診察だったが、「科目縦割りで、患者をトータルで
  診断しない医療」を痛感させられた。

2:どういう事かというと、

(1)8/27初診察・精密検査以来、戸田を診てきた整形外科医師は、戸田の高血
   圧の事には関心を持っていなかった!

(2)血圧を下げる降圧剤を投与し続けていたのは、単に守口敬仁会での処方を
  そのまま続けていただけで、その薬が効果を上げているのか、いつ投薬中止
  にできるのか、については何の関心も持っていなかった!

(3)戸田は従来、「異常な高血圧」ではなかった。
  5月の蜂窩織炎(ほうかしきえん)での激痛20日間の時も、7/18入院診断の
  時も、血圧測定しており、「異常な高血圧」ではなかった。

(4)「異常な高血圧」は入院してから、激痛発生してから起こった事態で、
  8月に入った時点では降圧剤効果で「普通の高血圧」程度に収まって8/4退
  院を迎えた。

3:関西医大での「8/27初診察・精密検査」では血圧も当然測っているはずで、
 「異常な高血圧」ではなかったはずだ。

  だから、今回発覚した「異常な高血圧」は、
  「8/27以降のどこかの時点で、降圧剤を服用継続しているのに、再発生した
  もの」であり、
  「戸田の関節リウマチの痛み再発状態とどのような関係があるのか」、
  「降圧剤を服用継続しているのになぜ異常な高血圧が再発したのか」、
 が問われねばならない。

4:しかし12/3診察では、血圧測定がされる事なく、整形外科医が戸田の報告書
 を読み、話を聞いて、「別途12/8 (火) に循環器科での診察予約を設定する」事
 にとどまった。
 
  敬仁会入院の時は複数の専門科目医師が合同で戸田の診断にあたり、総合的に
 戸田の病状を考えてくれたが、関西医大では大丈夫なのだろうか、という心配が
 出てくる。

5:まあ、12/8の循環器科での検査と診察を経る事で、「総合的診察が開始される」
 のかもしれないが。まずはそれに期待したい。

▲本日の医療費:2300円。
 9月以降の「戸田の毎月の恒常的医療費」を計算してみると、
 (9/2の敬仁会での「睡眠時無呼吸症候群の検査入院」4万円を除外して)

 ・関西医大:関節リウマチ治療で、7000円前後
 ・敬仁会:睡眠時無呼吸症候群治療で、5000円
 ・眼科目薬等(強度のドライアイと時々見え方悪化)で、
   約1500円
  ・・・・以上合計で毎月約1万3500円

  虫歯治療をすると月に1万〜4万円計上(レントゲン、抜歯、入れ歯作りで)

▲関西医大・循環器科での12/8診察・検査での費用が加わり(1万円くらい?)、
 循環器科診察も定例化すると、定期的費用が増える事になる。

■ちなみに、敬仁会の入院費支払いは(睡眠時無呼吸症候群の検査入院も含めて)
 、あと14万円残っている(来年1月末までが支払い期限)
 
  総額約42万円に対して、「高額医療費の払い戻し」は、戸田の場合はゼロ
 である。
  今の制度で戸田の場合、「7月末までは月16万5000を超えないとダメ、
 8月以降は月3万6000円を超えないとダメ」(ひとつの医療機関あたり)、
 とされている。
 (8/5以降に門真市健康保険課を問い質して判明!)

 8/5までの時期には、門真市の健康保険課は戸田に対して「月2万1000円を超えた
 分は高額医療費で払い戻しされます」、と盛んに言っていたが、
 それは全くのウソ説明だった!

  そもそも、今の制度では(70才未満の場合は)
 「月2万1000円を超えた分は払い戻しされる人は存在しない」のだ!

 「どんな低収入の人でも月3万6000円を超えないと払い戻しされない」のが、
 「制度の現実」である。
 
 ※「月2万1000円」に「収入区分による各人の負担金額」をプラスした金額が
  「実際の払い戻し区分」になるので。

 ※9/2の睡眠時無呼吸症候群の検査入院(4万円強)では「個室」を使ったの
  で「保険の対象外」とされてるが、
  この「個室」は「検査実施のために選択の余地無く不可欠な個室」である
  から、「高額医療の払い戻し対象」とされるべきものだ。

  これについては、今後要求していく予定。
                     12/3 (水)23:55記
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
引用なし
<Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko@i118-17-162-147.s42.a027.ap.plala.or.jp>

12/13<異常高血圧12/8医大:血管の硬さが80代後半!薬投与、今後も循環器内科へ>
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 21/3/31(水) 18:24 -
  
2020年12月13日:
https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=872262763528251&id=100022336052450

<異常高血圧12/8医大診察:血管の硬さが80代後半って!薬投与、
 今後も循環器内科へ>

12/8 (火) の関西医大・循環器内科での検査診察の結果は以下の通り。
    (医療費1310円)

≪1≫血管が硬い。「80才代後半の硬さ」と出た!
  →「血管拡張剤」の「アムロジビン5mg錠」を朝食後に服用する。
  これで「毎朝食後服用薬」は7種類に増加。
  その他「金曜は起床後ゼリーと朝食後服用1種」、「日曜朝食後1種」が
  加わる。

≪2≫血圧は、右上腕:153ー97、左上腕:149ー89、右足首:208ー97、
   左足首:203ー93。
  戸田の手首測定器では、診察前:177ー123、
  
  診察後:181ー123、夕食後17:25で173ー102。

≪3≫「足首の血管の詰まり(ABI)」は、右足:1.36、左足:1.33で、
 「要注意(1.4以上)の一歩手前の正常範囲」。

≪4≫今後は、「投薬続けながら循環器内科でも継続治療」に。
  まずは12/24 (木)朝に採血採尿検査と診察
  (→昼は整形外科へ)

  次に1/5 (火) に末梢血管超音波検査
  ・・・毎月最低1回は通院する事になりそう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 12/8 (火) 以後現在までの手首測定値は以下の通り。( )内は脈拍数
12/9 (水) 10:10:199ー113 
12/11 (金) 7:00:200ー124(98)
12/12 (土) 8:00:204ー124(69)、16:30:162ー99(95)、
      20:45:163ー106(91)
12/13 (日) 9:00:197ー110(69)、14:15:184ー117(88)
      体重:88.7kg(久々に89kg台を割った!)

 12/13 (日)15:45 記
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
引用なし
<Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko@i118-17-162-147.s42.a027.ap.plala.or.jp>

12/13<総合的な診察がされていないとは思うが、医者を変える事は難しい>
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 21/3/31(水) 19:04 -
  
2020年12月13日:
https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=872276966860164&id=100022336052450

<たしかに「総合的な診察がされていない」とは思うのだが、医者を変える事
 は難しい>12/13 (日)午後記

 高比良君がチャットで指摘してくれた事だが、たしかに関西医大での診察は
「戸田という患者を総合的に診ていない」気がする。

 「整形外科は関節リウマチの病状だけ(検査の数値偏重で)」、
 「循環器内科は血圧の事だけ」診ていて、

・相互の関係がどうなっているのか、
・今年5月に突如発生した蜂窩織炎(ほうかしきえん)や両足各所激痛での17泊
  入院と、今の症状がどう関係しているのか、
・7月入院中に突如発生して降圧剤服用で治まった異常高血圧が、降圧剤服用続
  けているのになぜ再発したのか、

等々を総合的に診てもらっている気がしない。

 しかしだからと言って「病院を変える」気にはなれない。
 関西医大は、敬仁会病院が入院中の戸田を各専門医が総合的に診察した上で
、「こういう自己免疫性疾患は専門医に診てもらわないといけない」、と判断
して選択し、情報伝達をしてもらって行くようになった病院だ。

 「専門性と実績を持ち、戸田がバイクで行ける手近な病院」としては関西医
大しかなかった。
 (滝井の関西医大のほかに香里園の関西大もあるが、ちょっとだけ遠い)
 だから「病院を変える」決断はしにくい。

 当面は「疑問点をどんどん問い質して、総合的診察をしてもらうよう求めて
いく」方策を採ろうと思う。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
引用なし
<Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko@i118-17-162-147.s42.a027.ap.plala.or.jp>

4 / 1597 ツリー ←次へ | 前へ→
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
ページ:  ┃  記事番号:   
1,334,208
(SS)C-BOARD v3.8(とほほ改ver2.1) is Free