ちょいマジ掲示板

この掲示板は、門真市及び守口市ネタを中心に各地の議会や自治体ネタなどを、「比較的穏やかに」意見・情報の交換をする所です。詳しくは「掲示板のルール1」「掲示板のルール2」を読んでそれに従って下さい。 この掲示板では戸田の命令が絶対であることをくれぐれもお忘れなく。
内容的に関連がある投稿の場合は(先の投稿への)「返信」の形を取って投稿して下さい。
●ただ、「Re:○○」形式の元タイトルの繰り返しタイトルは厳禁です。必ず「内容が伺える独自のタイトル」をつけて下さい。
◆約10年間完全自由投稿制を維持してきましたが、荒らし・妨害投稿頻発のため、やむなく投稿者登録制に移行しました。投稿される方はこちらにアクセスし、所定の手続きを行なってください。 ◆投稿者のメールアドレスは戸田が把握しますが、掲示板では非表示にできます。 ◆投稿者名・メールアドレス・パスワードは登録時のものを使わないと投稿できません。 登録・投稿についての分かりやすい説明はこちらです。うまくいかない場合の問い合わせは戸田事務所まで問い合わせてください。 (09年4/8改訂記)   これまでの管理者命一覧(必読)

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
82 / 1562 ツリー ←次へ | 前へ→

「1中跡地利用問題」を今後は分かり易く「宮本の1中跡地ころがし策謀」と呼びます! 戸田 18/6/3(日) 13:09

△6/14文教:「生涯学習複合施設建設計画変更」問題の質問答弁の全文メモを紹介! 戸田 18/7/4(水) 12:51

△6/14文教:「生涯学習複合施設建設計画変更」問題の質問答弁の全文メモを紹介!
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 18/7/4(水) 12:51 -
  
 上記投稿で、PDF文書で紹介されている
★★配布用:6月議会◆1中跡地問題:戸田の文教質問と答弁:解説も(PDF文書)
  (6/14文教こども委:所管事項質問:件名1)
    http://www.hige-toda.com/_mado05/2018/6img/haifuyou_1tyuuatoti.pdf

のテキスト文書の部分を全文紹介する
    ↓↓↓
==================================

≪所管事項質問1:「生涯学習複合施設建設計画」の不当突然の「変更」問題について≫

Q1: まちづくり部は、戸田への6/8個別説明の中で、
   「『幸福町・垣内町地区のまちづくり計画』について、
    『2月に企業アンケートを実施して計画見直しの参考にする』事を考え、
    かつ実施したことについては、議会の場ではいっさい紹介しなかった」

  と戸田に説明している(録音動画あり)が、
  教委は、市長部局が『幸福町・垣内町地区のまちづくり計画』について、

   (1) 市が2月に企業アンケートを実施して計画見直しの参考にする事を決定した
     こと
   (2)実際に2月企業アンケートを実施したこと
   (3)このアンケートの結果がどうだったか

  の各項目それぞれについて、
   ・いつ知ったのか?
   ・市のどの部署から知らされたのか?
   どのような文書で知らされたのか?

教委A1:市が2月に企業アンケートを実施して計画見直しの参考にする事を決定した
   こと、実際に2月企業アンケートを実施したこと、このアンケートの結果がどうだ
   ったかの各項目に関しましては、

    2018(平成30)年3月16日の庁内会議において、
    地域整備課より「企業アンケートの集計概要(速報)」をもとに説明を聞き、
    同年4月19日の同会議において、
    「企業アンケート及びヒアリングの現在の状況」について説明を受けました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Q2:議員が市長局から「2月企業アンケート」や「計画変更の意向」を知らされたの
  は、6月議会前の5月末〜6月冒頭にかけてだが、
  この時期以前に教委が市当局から情報を得ていたとすると、
  生涯学習複合施設を所管する文教こども常任委員会の議員に、それを伝達しなかった
  のはなぜか?

教委A2:2018(平成30)年5月28日の庁議を経て、市の案として決定されたものであ
   り、その後、速やかに全議員へご説明すべく、同日に正副議長へ報告を行っており
   ます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Q3:生涯学習複合施設建設について、非常に重要な論議が、この6月議会の常任委員会
  の質疑質問や本会議質問で取り扱われる。

  教育委員会事務局も教育委員会委員の方々も、
  「8月教育委員会会議前の唯一の市議会」であるこの6月議会で、
   ・市の「計画変更方針」に対してどういう疑問や批判が出されたか、
   ・市はそれにどういう答弁をしたか
   ・市の答弁にどの程度妥当性があるか

  を、「出来るだけ早急に」「正確に」把握する必要があるはずだが、違うか? 

教委A3:市議会での議論の内容を把握していただくことは重要であります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Q4:教育委員会事務局は、教育委員会委員の方々に対して、6月議会での生涯学習複合施設建設に関する審
  議内容を「出来るだけ早急に」「正確に」伝達する義務があるはずだが、違うか?

教委A4:教育委員にも、適宜、情報提供していきます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Q5:教育委員会事務局がその義務を果たすためには、
  「6月議会議事録の正式な完成を待つ」(7月末か8月冒頭になってしまう)という
  悠長な姿勢を取っていてはならず、

  事の特別な重大性に鑑みて、「特例的措置」として、
   ・各常任委員会が終わるごとに、生涯学習複合施設に関連する質疑・質問・答弁・
     説明の部分に関しては、音声記録から早急に文字起こしした仮議事録を
    1週間以内に作成して教育委員に届ける。

   ・6/21と22の本会議一般質問や討論での生涯学習複合施設に関連する質疑・質問・
     答弁・説明の部分に関しては、
     本会議終了後1週間以内に、音声記録から早急に文字起こしした仮議事録を
     作成して教育委員に届ける。

  事をするべきと思うが、どうか?

教委A5:6月議会の議事の音声記録から仮議事録を1週間以内に作成することは困難で
   ありますが、
    理事者からの答弁内容や質問議員からの質問要旨や原稿等を収集するなどして、
   できる限り速やかに各教育委員へ情報提供してまいりたいと考えております。


 Q5−2:「会議終了後1週間以内に音声記録から早急に文字起こし」が無理だとして
     も、文書収集の方法で議会記録を届ける事はすぐ出来るのだから、
     1中跡地問題の質問が出た6/12総務建設委の記録は今週末の6/15(金)に届けら
     れるはずだし、
      本日6/14文教こども委の分は来週6/18(月)に届けられるはずだ。

     また、6/22(金)午後に「6月の教育委員会会議」があるわけだが、6/21本会議
    質問・6/22本会議質問の分は、質問答弁の原稿は事前に出来ているのだから、
    6/22教育委員会会議の場に届けられるはずである。
     そうする事を約束して欲しい。

教委A5ー2:できるだけ早く各教育委員に情報提供してまいりたいと考えております。

戸田指摘:教委はきっとそうしてくれると信じる。
     教育委員の人達には情報が非常に不足している。市長側から都合のいい情報が
     出されているだけだ。
      今回の本会議質問・答弁の文書などは、すぐに読むことが出来なくても、
    そういうものがドサッと手元に届くだけでも問題の重大さが伝わるはずだ。※

※〜※の部分は、当日のアドリブ発言を記憶で書いたもの。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Q6:「幸福町・垣内町地区のまちづくり計画」の中で、「市が作る事が確定している
  施設」(=市が作ると公言してきた施設)は、
   「生涯学習複合施設」と、そこに至る「交流広場」の2つだけ
  のはずだがどうか?

教委A6:市が作る施設といたしましては、道
   路や小規模な公園などの公共施設を除けば、
    生涯学習複合施設と交流広場、
   となっております。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Q7:「幸福町・垣内町地区のまちづくり計画」によって
    「市の顔となる魅力的で質の高い『賑わい交流ゾーン』を作る」、
    ここを「門真市のシンボルゾーンにする」
   にあたっては、
    「生涯学習複合施設」と「交流広場」の2つが「人寄せの魅力発信の核心施設」
   として決まっており、

    この「2つそれぞれの施設の機能の魅力」と「2つの施設が組み合わされた景
   観・空間の魅力」が「人寄せの魅力発信の核心」となる事について、

   生涯学習複合施設を所管する教育委員会は、主体的に、責任感を持って考えるべき
  と思うが、どうか?

教委A7:建築物を建設する際には、その立地条件は重要な要素となることから、
    主体的に責任感をもって考えるものであります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Q8:別の言い方をすると、生涯学習複合施設を所管する教育委員会は、
  単に生涯学習複合施設それ自体をどのようなものとして作るか、という事のみなら
  ず、
    生涯学習複合施設が『賑わい交流ゾーン』を牽引するとか、
   「人寄せの魅力発信の核心施設となる」、「門真市のシンボルゾーンを形成する」
  に当たっては、
  
   「どの場所に設置されるのが最も効果的か」、
   「交流広場との組み合わせはどうするのが最も効果的か」
  についても、様々に検討して責任感を持って主体的に見識を持つべきと思うが、
  どうか?

教委A8:今後、社会教育委員会議、公民館運営審議会などでの意見も踏まえつつ、
   教育委員会において、様々な議論がなされ検討を深めることを通じて、
   主体的に考えてまいります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Q9:市が新たに出してきた計画変更案は、要点をまとめると

   (1) 生涯学習複合施設は建設するが、その機能を少し縮小する。

   (2)生涯学習複合施設の位置を、全域の「中央部北側」から、「東側で駅近く」
      に変更する。

   (3)これによって「交流広場」は面積が6300平方から3700平方に2600平方も減少
      し、南北の長さがぐっと短くなる。
     ▲「バスタクシー乗り場に使う分も含んで」160mのものが、わずか80mに!

   (4)一方で「商業・サービス等ゾーン」が、東西の分割が無くなって統合されて、
     全域の「中央部北側」まで伸びて面積が従来計画の7000平方から8600平方へと
     1600平方も増大し、
       名称が「高層共同住宅・商業・サービス等ゾーン」に変更する
  というものである。

  この変更に従うと、
  A:古川橋駅北口から生涯学習複合施設への距離自体は短くなって、「便利」にはな
    る。

  B:しかしその分、「生涯学習複合施設に用事のある人は、
     東西の商業・サービス等ゾーンを目にしながら交流広場を進んで行かざるを
     得ない事による周辺店舗への関心増大や、
      生涯学習複合施設直近西側に位置する『商業・居住等ゾーン』にある商店に
     も関心を持ちやすい」、
    という「賑わい誘因」は無くなる。

  C:また逆に、
   「商業・サービス等ゾーン」や「商業・居住等ゾーン」に来た人や、
    そこの住民が、
     従来計画では直近に見えていた生涯学習複合施設に関心を持つ誘因
    も薄くなる。
 
  ・・・つまり、
    「生涯学習複合施設」と「交流広場」の2つが、
    「2つそれぞれの施設の機能の魅力」と「2つの施設が組み合わされた景観・
     空間の魅力」
  が「人寄せの魅力発信の核心」となるという、
     従来計画の核心部分が阻害されてしまうという、
  「重大な欠陥」を市の「変更案」は持っていると私は考えるが、
 
   教委はこの私の指摘に対して同意出来る部分が多いはずだが、どうか。

教委A9:施設配置イメージ案の変更により、
   古川橋駅前から生涯学習複合施設に来られる方には、駅からの距離が近づき来館し
   やすくなると考えられます。

    一方で、議員ご指摘のご意見もあろうかと思いますが、
   生涯学習複合施設の敷地面積は、賑わいの持てる規模及び配置とすることを前提
   に施設配置イメージ案が作成されており、

   「賑わいの阻害誘因とならないという考え」もあろうかと思います。

    商業・サービス等ゾーンに来られる方は、アプローチ広場で生涯学習複合施設を
    囲むことにより、一体化した歩行者動線が確保されており、
    生涯学習複合施設に関心を持つことは可能である、
 という論も成り立つと考えます。

  いずれにいたしましても、幸福町・垣内町地区における適正な施設配置イメージ案の
 変更及び市有地活用の方向性に係る資料につきましては、
  6月の教育委員会第6回定例会において配布を予定しておりますことから、
 今後、様々な議論がなされていくものと考えております。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Q10:市の「変更案」では、従来計画にある
     「古川橋駅北側から『門真市では他に無い』広々とした駅前景観で生涯学習
      複合施設が見える」
   という、素晴らしい利点が無くなり、
     「駅そばのちょこっとした広場越しに生涯学習複合施設、その他は商業ビル
      や高層マンション、というありきたりな景観」
   に劣化してしまう。

   また、10年近く前から市が建設構想を出し、それゆえに地元住民も1中関係者も
  同意して協力してきた
    「生涯学習複合施設と交流広場の2つの適切な組み合わせで、門真市内の駅そば
      にかつてない素敵な景観を作り、シンボルゾーンとして賑わいと交流を生み
     出す」

  というポリシーを投げ捨てて、
  これによる「賑わい交流産出」の努力をせずに、
    「いつ、何が出来るかさっぱり不明で、何か出来たとしてもいつでも撤退自由
     な『高層共同住宅・商業・サービス等ゾーン』
     を幸福町・垣内町地区のまちづくり計画の主役に祭り上げてしまう」、
  という本末転倒」をしている。

   この事について、教育委員会は市長や市長部局の先走りを諫めて、主体的な立場
  を持つべきと思うが、どうか。

教委A10:先ほどもご答弁申し上げましたとおり、今後、社会教育委員会議、公民館
   運営審議会などでの意見も踏まえつつ、教育委員会において、様々な議論がなされ
   るものと考えております。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 
★この質問答弁の所用時間は25分間。

  「宮本変更」の主要な問題点を浮き彫りにした事と、
  「教育委員の人達に市議会での論議の記録を早急に届ける具体策」をはっきりさせた
 事の意義は大きい!

 「理事者や議員のメモや原稿収集による方策」は、実は教委との事前協議の中で戸田
  が発案して教委の同意を取り付けて、答弁に載せてもらったもの。
==============================
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.5; YTB730...@i121-115-185-222.s42.a027.ap.plala.or.jp>

82 / 1562 ツリー ←次へ | 前へ→
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
ページ:  ┃  記事番号:   
1,298,408
(SS)C-BOARD v3.8(とほほ改ver2.1) is Free