ちょいマジ掲示板

この掲示板は、門真市及び守口市ネタを中心に各地の議会や自治体ネタなどを、「比較的穏やかに」意見・情報の交換をする所です。詳しくは「掲示板のルール1」「掲示板のルール2」を読んでそれに従って下さい。 この掲示板では戸田の命令が絶対であることをくれぐれもお忘れなく。
内容的に関連がある投稿の場合は(先の投稿への)「返信」の形を取って投稿して下さい。
●ただ、「Re:○○」形式の元タイトルの繰り返しタイトルは厳禁です。必ず「内容が伺える独自のタイトル」をつけて下さい。
◆約10年間完全自由投稿制を維持してきましたが、荒らし・妨害投稿頻発のため、やむなく投稿者登録制に移行しました。投稿される方はこちらにアクセスし、所定の手続きを行なってください。 ◆投稿者のメールアドレスは戸田が把握しますが、掲示板では非表示にできます。 ◆投稿者名・メールアドレス・パスワードは登録時のものを使わないと投稿できません。 登録・投稿についての分かりやすい説明はこちらです。うまくいかない場合の問い合わせは戸田事務所まで問い合わせてください。 (09年4/8改訂記)   これまでの管理者命一覧(必読)

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
187 / 1572 ツリー ←次へ | 前へ→

宮本が3中・5中地域会議に暴政!議員にウソ説明!戸田の職員追及動画7本をアップ! 戸田 16/12/2(金) 10:10

△12/6本会議:緊迫の戸田質疑2本!音声動画アップ!後藤議員も質疑。番犬吉水醜態 戸田 16/12/6(火) 21:10
▲事業検証審議会設置議案への質疑・答弁の原稿+αを紹介:●虚偽答弁疑惑も浮上! 戸田 16/12/7(水) 6:43
■補正予算への質疑・答弁の原稿+α:●ウソ平気な詐欺行政に!番犬吉水とバトルも! 戸田 16/12/7(水) 9:17

△12/6本会議:緊迫の戸田質疑2本!音声動画アップ!後藤議員も質疑。番犬吉水醜態
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 16/12/6(火) 21:10 -
  
 12/6(火)本会議には3中校区会議役員2名を含めて数名の傍聴者あり。
 共産党と戸田の「決算認定への反対討論」の後は、本来は戸田質疑2本のみのはずだったが、
 「事業検証審議会設置の議案」への戸田の激しい質疑が済んだ後の補正予算のところで公明党の後藤議員も急遽質疑!
 
 それだけ「勝手に補助金辞退して市費負担を1553万円も増やし、何ら反省無し」の宮本暴政に対して、「議会人」としての危機感が強くなったのだと思う。

 それへの河合総合政策部長の答弁内容に疑問を持った公明党の武田議員が「暫時休憩の動議」を、これまた突然出して、理事者の補助金問題の答弁の整理を求めた。

 こうして昼休みに入って、午後一番の質疑が、補正予算に対する戸田質疑。

▲2本の戸田質疑のどれにおいても、宮本ベッタリの緑風クラブの吉水議員が、「宮本の
 番犬」よろしく戸田にケチ付けしたり、動議を出したりして、宮本の「ウソ説明」や
 「議会無視での補助金辞退と市費増額議案」の重大問題には全く関心を払わず、しょう
 もない「番犬行動」を取るという醜態を一人晒していた。
  ・・・・これからは吉水議員のことを「番犬吉水」と呼ぼう。
     もしくは(宮本への)「忠犬吉水」か。 

■本会議延期で空振りに終わった12/5に続いての傍聴、しかも本日は午前午後通しての
 傍聴に来て、自分らのこれまでの努力を侮辱するに等しいウソ答弁を聞かされた3中校
 区会議の2役員の方々は、どんなにか強い怒りの気持ちを持った事だろうか!

★市議会動画がアップされるのは12/16頃になってしまうので、取りあえず戸田が12/6
 本会議の「音声データ」を入手し、その中の「戸田の質疑・答弁・再質問指摘」部分の
 動画2本を、「戸田の門真市動画コーナー」
    http://www.youtube.com/user/todanokadomasidouga
 にアップしたので、ぜひ見て(聞いて)欲しい。
    ↓↓↓
◎12・6の戸田質疑(1)「検証審議会設置」のデタラメさと宮本の卑劣!16分14
    https://www.youtube.com/watch?v=-P7JAYyGB2o

◎12・6戸田質疑(2)勝手に補助金辞退で市負担増大の補正予算!18分
https://www.youtube.com/watch?v=P3egvtXZ2MQ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 あと、今晩中に「質疑と答弁・再質問や指摘」の「原稿のアップ」もしようと思うが、
かなり遅くなるので、まずはこの音声動画を見て欲しい。

 それと、至急に「12/9(金)文教委」での議案質疑と所管事項質問の準備メモも作って、
明日12/7(水)の総務建設委の後にはとりあえずの「答弁協議」が少しでも出来るようにしていかないといけない。

・・・・頭と体が疲れていて、なかなかしんどいが・・・・・。
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.5; YTB730...@i118-18-10-194.s42.a027.ap.plala.or.jp>

▲事業検証審議会設置議案への質疑・答弁の原稿+αを紹介:●虚偽答弁疑惑も浮上!
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 16/12/7(水) 6:43 -
  
 「事業検証審議会設置議案」への質疑の様子を双方の原稿+メモ書きで、ある程度再現する。
 最後の方では、宮本が「9月市議会や教育会議で『しゃべってもいない事をしゃべったかのように捏造した』虚偽答弁疑惑」が非常に濃厚になった。

 ここの文章で再現できていない部分については、ぜひ「音声動画」の
   ◎12・6の戸田質疑(1)「検証審議会設置」のデタラメさと宮本の卑劣!16分14
      https://www.youtube.com/watch?v=-P7JAYyGB2o
を見て補って欲しい。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

12/6本会議 戸田の議案質疑草稿

<議案第82号:門真市附属機関に関する条例の一部改正について>(戸田の質疑草稿)

 13番、無所属・「革命21」の戸田です。

 本日は12/6(火)で、本来この質疑をするはずであった12/5(月)本会議が1日遅くなった事をまず触れておく。

 私はこの議案を審議する総務建設委員会に所属していないので、この議案について
質疑する場はこの本会議しかありません。
 私がどうしても質疑しておきたい事、総務建設委員会の議員にみなさんに審議に当たって知っておいてもらいたい事を、質疑させてもらいます。
 答弁は全て西暦併記で願います。必ず宮本市長本人が答弁して下さい。

 この条例改正は園部市政における種々の事業の継続の可否を検証する「検証審議会」を新たに設置するためのものですが、
 約400もの事業があるのに、9月議会に出した時は「僅か2ヶ月半で結論を出す」、
という荒唐無稽の説明だったために、議会で否決されてしまい、
 今度は来年6月までの「6ヶ月かけて審議して結論を出す」、という設定で出された
ものです。

 しかしながら、園部市政での重要施策に位置づけられた、
   ・門真小敷地内に3中校区地域協働センターを建設する
   ・「子ども未来部」を教育委員会に設置する
という事については、「検証審議会」に全くかける事無く、宮本市長の独断で、

  ・門真小敷地内への3中校区地域協働センター建設は取りやめる。
   (5中校区への地域協働センター建設構想も取りやめる)
    その「新方針」を地域住民に押しつけ、また市費増大の補正予算案としても
    12月議会に出してくる。
  ・「子ども未来部」は、「機構改革」と称して「子ども部」と名称変更して市長部
   局に組み入れる、という「事務分掌条例改正案」を12月議会に出して来る。
 
という変更を行ない、

 また、門真市で何十年も続いてきたはずの、教育委員会では「学校教育の分野」と
「生涯学習の分野」をそれぞれ2つの「部」で所管する、という事を廃止して、
 「教育部」という「ひとつの部」に統合するという事を、「事務分掌条例改正案」と
 して12月議会に出して来ました。 

 こういう重大で大きな変更は、「事業検証審議会」にかけて審議するのが当然なのに、
なぜか宮本市長は、市長選の時も、市長当選直後も、9月議会においても、その後も、
こうした「変更」を「するべき」とか「したい」という事を全く公表せずに、この12月議会直前になって議案に入れ込む、という不透明な行動を取ってきた。
 
 そこで以下の質疑を一括して行ないます。
 宮本市長本人の考えを聞く質疑ですから、答弁は必ず宮本市長がすることを求めます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Q1:宮本市長が、これら3点を実現しようと考えたのはいつの時期なのか、
  庁内会議でその意向を示したのはいつか?
   それぞれについて明らかにされたい。

 A:門真小敷地内への3中校区地域協働センター建設は取りやめるべき、
   と考えたのはいつか?
    庁内会議でその意向を示したのはいつか?

 B:「子ども未来部」を「子ども部」と名称変更して市長部局に組み入れるべき、
   と考えたのはいつか?
    庁内会議でその意向を示したのはいつか?

 C:「学校教育の分野」と「生涯学習の分野」をひとつの部」に統合すべき、
   と考えたのはいつか?   
    庁内会議でその意向を示したのはいつか?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Q2:これら重要な3点について、7/24市長当選以降のこの4ヶ月以上もの間、
  変更したいという意志を公表することなく、また公開的に検証する事もなく、
  今議会で設置しようとする「検証審議会」の審議対象とする事もなく、
  実施しようとする理由は何か? 
==================================

■卑劣にも宮本は答弁を逃げて、河合部長に答弁させた!
 12/2段階の答弁協議の段階から、戸田は「これは宮本市長本人しか答弁できない事
 だ」と言い、市側は「市長は答弁しない」とは一言も言わなかったので、だまし討ちに
 等しい卑劣な対応だ!

 戸田が「市長に答弁させろ!」と叫ぶと、「番犬吉水」が「園部の時はどうやったんや」、「園部の時もそう言ったんか」、と頓珍漢なケチ付けを入れてきた。
  
<河合総合政策部長の答弁>原稿

 3点を実現しようと考えた時期についてでありますが、
まず、幼保を一元的に市長部局へ設置すること及び学校教育の分野と生涯学習の分野へ
統合することは、以前より効果的な組織のあり方として考えてきたところであり、

 第3中学校区の仮称地域協働センターについては、市長選挙期間中に、取りやめるべきものとの考えに至ったものであります。
 なお、第3中学校区の仮称地域協働センターの建設取りやめについて、庁内会議でその意向を示したのは10月28日の庁議においてであります。

 また、子ども部の設置及び教育部への統合につきましては、就任後より地域の連携強化、賑わいの創出、子どもの貧困対策や家庭支援の強化などに迅速かつ着実に実践できる体制を構築するべく、総合政策部企画課において検討するよう指示を行い、11月2日に部局長に機構図を示し、調整してまいったところであります。 

 次に検証審議会において、3点の検証をすることについてでありますが、仮称地域協働センターの建設事業も平成26年度に開始した事業であることから、審議対象には含まれるものと考えております。

 今回の検証は、前市政のおよそ10年間の事業に新たに開始した事業について、今後に引き継ぐべき事業と見直すべき事業を精査するため、事業開始時における公平性や中立性、また、事業手法や現状の進捗状況における法的リスク等について、外部有識者等で構成される門真市事務事業継続検証審議会を設置し、当該審議会に検証についての諮問を行うことにより、客観的な振り返り・検証を行うものであります。

 なお、市長就任以降においては、議会における議論や総合教育会議においても、それぞれ意思表明させていただいているものと考えております。
====================================

【答弁を受けての指摘と再質問】(原稿+走り書きメモ)
               (文字で再現しきれていない部分は音声動画で!)

 12/2段階の答弁協議の段階から、私は「これは宮本市長本人しか答弁できない事だ」
と言い、市側は「市長は答弁しない」とは一言も言わなかった。
 それなのに宮本市長が答弁から逃げるとは、まことに卑劣!

 当方が指摘した、
   A:3中校区地域協働センター建設は取りやめ
   B:「子ども未来部」を「子ども部」と名称変更して市長部局に組み入れる、
   C:「学校教育の分野」と「生涯学習の分野」をひとつの部」に統合する
という分類と少しずれた答え方をしている。

 「幼保を一元的に市長部局へ設置すること」と、「学校教育の分野と生涯学習の分野
  へ統合すること」
について、
 「以前より効果的な組織のあり方として考えてきた」、と述べ、

 「第3中学校区の仮称地域協働センターについて」は、
  「市長選挙期間中に、取りやめるべきものとの考えに至った」とし、
  「庁内会議でその意向を示したのは10月28日の庁議においてだ」と述べた。

 なお、
 「子ども部の設置及び教育部への統合につきましては、就任後より」ウンヌンの部分は、「子ども部の設置」という事と「生涯学習部の教育部への統合」という事を言いたかったのかと推測しますが、この場では聞き捨てる事にします。

 さて、「幼保を一元的に市長部局へ設置すること」と、「学校教育の分野と生涯学習の分野へ統合すること」について、
「以前より効果的な組織のあり方として考えてきた」、と述べ、

「第3中学校区の仮称地域協働センターについて」は、
  「市長選挙期間中に、取りやめるべきものとの考えに至った」とし、
  「庁内会議でその意向を示したのは10月28日の庁議においてだ」
と述べた。

 このことについては、9月議会で「事業検証審議会設置議案」について、私が「本当はやりたい事が5つや6つはあるはずだから、それを取り上げて検証したらいいじゃないか」、と指摘した時には何も言わなかったくせに、・・・・(走り書きメモ)

 また、「地域協働センターの建設事業も平成26年度に開始した事業であることから、
審議対象には含まれる」、と答弁したが、
 実際には、検証審議会設置設置の前から、「センター建設取りやめ」とか「子ども未来部を教育委員会から引き剥がす」とか、大きな方針変更を勝手に、秘密裏に行なっている。

 要するに、宮本市長がやるのは、全てに渡って「裏口入学の手口」なんですよ!
  (ここらもぜひ、音声動画で!)

【再質問】
 さて、ここから「再質問」に入りますが、
 「なお、市長就任以降においては、議会における議論や総合教育会議においても、
  それぞれ意思表明させていただいているものと考えております。」

と答弁したが、私の9月市議会の記憶では、
   A:3中校区地域協働センター建設は取りやめ
   B:「子ども未来部」を「子ども部」と名称変更して市長部局に組み入れる、
   C:「学校教育の分野」と「生涯学習の分野」をひとつの部」に統合する

の3点について、「議会や総合教育会議において」、そういう意思表明があったとは思えない。

 9月議会の時は、私の一般質問に対して、「7/13候補者討論会」で言ってもいない事を、「言った」と虚偽答弁を行ない、それを散々指摘されてやっと最後に「訂正」をしたので、今度もまた、「市長はウソをついているのではないか」、という疑問が生じる。

 これら3点について、いつの市議会や総合教育会議で、どういう言葉で意思表明がされたのか、その具体を回答されたい。
 
 質疑の前に、この再質問のメモを渡しておいたし、このような答弁をするからには、
その裏付けをちゃんと取っているはずで、すぐに答えられるはずです。
 ちゃんと答えて下さい。  (ここらもぜひ、音声動画で!)
===================================

<河合総合政策部長の再答弁>

 市長就任以降においては、議会における議論や総合教育会議においても、それぞれ意思表明させていただいているものと考えております。
 (※1回め答弁の原稿をそのまま読み上げただけ!!)
====================================

■何と、河合部長は「宮本市長が9月議会や総合教育会議において、3点についての意思
 表明した」事の裏付けを全く何も示さなかった!示せなかった!

■これつまり、宮本は「9月議会や総合教育会議で3点についての意思表明をしていなか
 ったから」としか思えない!
  つまり9月議会での「7/13候補者討論会発言の説明」に続いて、またしても「発言
 捏造」の「虚偽答弁」を議会で行なった、という事になる!

「平気でウソをつく」、「ウソをついても全く良心がとがめない」、サイコパスの宮本だ!
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.5; YTB730...@i118-18-10-194.s42.a027.ap.plala.or.jp>

■補正予算への質疑・答弁の原稿+α:●ウソ平気な詐欺行政に!番犬吉水とバトルも!
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 16/12/7(水) 9:17 -
  
 「補正予算案」への質疑の様子を双方の原稿+メモ書きで、ある程度再現する。
 最後の方で、戸田の辛辣な宮本批判と職員への批判啓発を聞いているのに堪えられなくなった「番犬吉水」が、「動議!」と叫んで戸田にケチ付けをし、それに戸田が怒って言い返し、

 「緑風クラブの吉水議員!議員としてこんなウソ説明をおかしいと思わないのか!」
等と、何度も吉水議員の名前を上げて叱りつける「戸田・吉水バトル」が発生した!
 (演壇マイクでは議席からのヤジの声はほとんど入らないので、演壇の戸田が名指しす
  る事が、議事録に残すためには大事だ。議員動画で示すためにも!)

 ここの文章で再現できていない部分については、ぜひ「音声動画」の
   ◎12・6戸田質疑(2)勝手に補助金辞退で市負担増大の補正予算!18分
     https://www.youtube.com/watch?v=P3egvtXZ2MQ
を見て補って欲しい。
====================================

<議案第84号:平成28年度門真市一般会計補正予算(第7号)への質疑>

 13番、無所属・「革命21」の戸田です。
 補正予算案の中の、
 「門真小敷地内への3中校区地域協働センターを建設せず、単純な建物除去だけを
  する」という大幅な方針変更によって、
 協働センター建設を条件に受ける国補助金1553万円を受け取る事が出来なくなるの
 で、その分の市費負担を増やす、
という部分について、以下の3項目に渡って、一括して質疑します。

 まさにこの部分は、12/5本会議が吹っ飛んで、全議員協議会が初めて開かれて事実確認が行なわれ、「地自法違反だ」とか「議会無視だ」とかの反発が出た部分です。
 答弁は全て西暦併記で願います。

Q1:この件について議員に説明する当たって、総合政策部の大矢次長や大倉公民協働
  課長らは、
 「3中校区住民に対して市長が出向いて説明会を行ない、住民の了解を得た」とか、
 「住民の理解を得た」とか言ったが、これは全くのウソであった。

   議事録を見れば明らかですが、出席した住民は「全く承服できない」と、強く反
  発したままでした。
   また、12/1(木)朝には、説明会出席の3中校区会議の役員が「私達は全く納得し
  ていない!」として、
  連名で宮本一孝市長に対して猛烈抗議の「意見書」を提出している。
 
   総合政策部が議員に対して、こういうあからさまなウソ説明をした事に対して、
  総合政策部長はこの場で謝罪するべきだと思うが、どうか?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Q2:補正予算のこの部分について、形式的には文教委の所管であり、文教委所属の私
 はもちろん文教委で質疑するが、
   こういう市費負担増大の予算補正が出てきた原因が、自治基本条例に定められた  
 「地域会議」の地域協働センター建物についての、年度途中での唐突な建設取りやめ
 にある以上、
   この部分は、総務建設委での補正予算案審議の対象ともなり、総務建設委で議員
  から質疑があれば、市当局は答弁しないといけないはずだが、どうか? 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Q3:ある筋からの情報で、「市は12月議会に議案をかける前に、既にその補助金の
  受け取りを辞退するという通告を国もしくは大阪府に行なっており、議会でこの補
  正予算案が否決されても、
   つまり、「門真小敷地内に3中校区地域協働センターを建設しない」という
  宮本市長の新政策を議会が否決しても、
  国から補助金を受け直すことは出来なくなっている、という話を聞いた。
  
   もしもそれが事実だとすれば、「議会による審議の結論を得る前に、補助金受け
  取り拒否・市支出増額という事を市長が勝手に決めた」、
  「議会に議案を出した実態は、議会に事後承認をさせるためだけ」、
  となり、「議会無視」として重大な問題となる。

 そこで聞くが、
 1)12月議会に議案をかける前に、既にこの部分の補助金について、そのの受け取
   りを辞退するという通告を国もしくは大阪府に行なった、という事実はあるか?
   もしあるのならば、その詳細を明らかにされたい。

 2)補正予算のこの部分を理由として、この12月議会で補正予算が否決された場合、
  あるいは、補正予算案のこの部分を除外したものが議会で可決された場合、
  当然にも、市は、議会で議決されている「2016年度予算」通りに、
  「門真小敷地内に3中校区地域協働センターを建設するという前提で、国の補助金
  を受け取り、現存の不要建築物を除去する」
  と、しないといけないはずだが、
   従来の「2016年度予算」通りに、国から補助金を受けて、除去工事が出来る
  か?

 以上、「3項目に渡る5つの質問」について、真摯な答弁を求めます。
==================================

<河合総合政策部長の答弁>原稿
A1
 (仮称)地域協働センター整備事業については、地域会議及び地域の団体等の活動拠点として、これまで整備を進めてきたものであり、これまで地域会議を始め地域の方々にも説明を行っておりました。

 しかしながら、全校区の整備には多額の費用と維持管理が必要となることから、
10月28日開催の庁議での審議において、
 市の喫緊の課題である子育て・教育分野等への効果的・効率的配分が必要であるとのことから、
(仮称)地域協働センター整備事業については、凍結の考えが確認されたものであります。

 その結果を受け、市長が、11月15日に第五中学校区地域会議、11月18日には第三中学校区地域会議のそれぞれの役員と懇談し、この考えを伝えたところであります。

 いずれの懇談においても、市の考えをお話ししたものであり、伝えた内容には一定の理解を得られたものと認識しておりますことから、虚偽の説明を行ったとは考えておりません。

A2 
 平成28年(2016年)度一般会計補正予算のうち、市立門真小学校南校舎撤去工事については、(仮称)地域協働センター整備事業に伴うものでありますが、学校施設の除却であるため、文教常任委員会に付託されたものであります。

A3(1)
(仮称)地域協働センター整備の凍結に伴う事前協議として、
 本市が今回、協働センター整備に伴う既設建物の除却費用の一部に交付される予定であった交付金を、

 大阪府で年度内の事業増減によって、流用手続きを行うための流用理由書を、公民協働課において作成し、
 まちづくり推進課を経て大阪府へ提出を行ったところであり、

 今後、大阪府を通じて国へ流用申請書を提出し、国より流用承認を受けたのち、交付決定の変更申請を行うなど、具体の手続きに入っていくものであります。

A3(2)
 補助金の交付につきましては、国及び大阪府との協議によるところでありますが、
議会での補正予算案が否決となった場合においても、(仮称)地域協働センターの建設を凍結している状況では、補助金は交付されないものと考えております。

 議員のご指摘を受けて、真摯にすすめていきたいと思います。
====================================

【答弁を受けての指摘】(走り書きメモ)
           (文字で再現しきれていない部分多し。音声動画で!)

 「真摯にすすめていきたい」といったが、全くの口先だけだ。
 まず質問の2項目目の答弁についてだが、「総務建設委で議員から質疑があれば、当局
は答弁しないといけないはずだが、どうか?」、と聞いたのに、それに全く答えていない。
答弁抜けだ。

 大倉課長らとの答弁協議の時には、「質疑が出たら答弁することになる」、と言っていたし、当初の答弁案では「答弁する」と書かれていたように思うが、今の答弁では総務建設委での答弁義務を認めていない。

 しかしまあ、実際に明日の総務建設委では議員から質疑が出て、それに答えないといけない事になるだろう。

 質問の3項目目の「補助金問題」についての答弁は、市が10月末に、勝手に補助金辞退をしてしまったのに、形式的な事をあれこれ言って、まるで「単なる手続きの途中」みたいな事を言っている。
 これは行政が議会議決を無視した大問題だ。
  (ここらへん、詳しくは音声動画で!)

 そういった行政の問題が一番ハッキリ現れているのが、質問の第1項目への答弁であり、議員に対してウソの説明をしたのに、謝罪しないという問題だ。

 門真市自身が作成した「3中校区説明会の議事録」の17ページに、地域校区会議の理事長の発言として、説明会の終わり近い部分で、
  「理解した、OKした、という意味ではありません。やはりセンターはほしい」
とはっきり書いてある!

 また12/1の朝に3中校区地域会議から出された「意見書」でも、「センター建設凍結」にはっきり「反対」と書かれている。
  「市長のお考えは拝聴しましたが、3中校区地域校区会議として承服できない」
と明記されている!

 だから、「住民の理解を得た」というのは、全くのウソ・デタラメなんですね。
 平気でウソを書いて、謝罪もしない。
 そして、「こんなに証拠があるじゃないか!」、と突きつけたら、

 公民協働課の大倉課長や澤井課長補佐はどういうふうに説明したかと言うと、
  「市の考えを伝えて、『何を言ったか』を理解してもらった」、
つまり、
  「英語でなくて日本語でしゃべったから、市が何をしゃべったかを、日本語として理
   解してもらった」、
これが、「理解してもらった」という意味なんですよ!

 これ、「詐欺師の言葉」でしょ! 宮本市長!

 府議を辞めたのに府議身分の看板を作っても「違法じゃない」とか、「府議を辞めたのは公知の事実だから関係ない」とか、
 まあ、そういう人が市長になってますからね。

 これは、これからは、議員のみなさんも市民のみなさんも、「住民に理解してもらった」とか「議員に理解してもらった」とか、市が、たとえ文書で書いたとしても、議会で答弁したとしても、
 それは、「日本語でしゃべった事を、日本語でどういう事をしゃべったかを理解してもらった」、という事に過ぎない可能性が極めて大です。

 もうウソだらけ!!
 そういう事を、維新の宮本市長が始まって4ヶ月で、もうそんな事になっている!

 しかもみなさん、ここにいる久木元教育長や中迫副市長は、宮本さんが好みで外部から連れてきた人ですけども、
 それ以外の幹部職員のみなさん、今から4ヶ月前まで、こんな行政をやる、こんなウソを書いて議会答弁していいなんて、夢にも思わなかったはずですよ。

 みんさんが、「新しい公民協働とつくろう」、「行政の新しいあり方をつくろう」として、自治基本条例をいっしょう懸命作って、いい行政をやとうろ、それぞれいっしょう懸命頑張ってきたでしょ!
 しかし「その結果がこれ」ですか?という事は考えてもらわなければいけない。

 私の指摘もこれで最後にしますけれども、こんな事に尻尾を振ってやっていたら、みなさんの目はどんより曇ってくるし、日々自分の顔を見てご覧なさい。
 「ウソをついてもヘイチャラな人間の顔」にどんどんなっていきますよ。
 
 その事に対して、どっかで自分に歯止めをかけないといけない。
 どうせ宮本さんの場合は、4年の任期をやれるとは到底思えないから、適当なところで、面従腹背で、「本来の市の職員としての正しいあり方」、
  「住民の意向に添って、最高規範たる自治基本条例にきっちりと合致したあり方」
として、行政をやっていくことを、日々心がけないといけない。

 「ウソをつく」、市長をかばってウソをついて、懲戒請求をされる次長や課長も出てきたよね。これからも出ますよ。
 お上の・・・ではとんでもない!

  ▲ここで「番犬吉水」議員が「動議!」と叫んで、戸田の弁論を妨害!   
   (演壇マイクには議席からの声は、大きな声であってもほとんど拾わない)

(「番犬吉水」の妨害に戸田が対抗して)◆「吉水・戸田バトル」が始まる!

 吉水さん!もう終わりるところだからね。
  (他にもいくつか言っているが、聞き取りづらい)

(吉水議員)ちょっと質問の範囲からはずれている。

 こんなウソを書かれて、議員として何とも思わないのか!

(吉水議員)「不穏当な発言」が続いている。

 戸田:激怒してあれこれ。 「番犬吉水」もあれこれ
・・・・・

 もう「指摘」はこれで終わりますけどね、・・・

土山議長:戸田議員、質疑では自己の意見を述べる事は出来ません。簡潔に行なって下さ
     い。

戸田:答弁に対する「指摘」を行なったんですよ。以上です!
===================================

▲それにしても、
  「宮本市長誕生後わずか4ヶ月」で、行政がここまで腐って、「自治基本条例全く無
 視」、「議会無視の独断専行」、「議員へのウソ説明・議会でのウソ答弁へいちゃら」
 等々堕落してしまうとは!

 「魚は頭から腐る」と言うが、「常識を隔絶したサイコパス」がトップになってしまっ
 たのが、7/24市長選以降の門真市だ。

★しかしこれは必ず跳ね返す事が出来る!
 宮本暴政は、議員、市民、職員の自覚や覚醒を呼び起こして、「行政に良識を取り戻す
 闘い」が必ず始まっていく。
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.5; YTB730...@i118-18-10-194.s42.a027.ap.plala.or.jp>

187 / 1572 ツリー ←次へ | 前へ→
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
ページ:  ┃  記事番号:   
1,307,851
(SS)C-BOARD v3.8(とほほ改ver2.1) is Free