「自由・論争」 掲示板

★この掲示板は戸田が「革命的独裁」をする所である。
この掲示板はジャンルを問わず、論争・口ゲンカ・おチャラけ・ボヤキ等、何でもOKだが、「掲示板のルール1」「掲示板のルール2」を読んで必ずそれに従うこと。
●ここのルールを守らない荒らし的文句付け屋に対しては、「何で稼いでいるのか、どんな仕事や社会的活動をしているのか」等を問い質し、悪質な者には断固たる処置を取り無慈悲にその個人責任を追及していく。
★戸田の回答書き込みは多忙な活動の中では優先度最下位である。戸田の考えを聞きたい人は電話して来る事。
●「Re:○○」形式の元タイトル繰り返しタイトルは厳禁!!必ず「内容が伺える独自のタイトル」をつけること。
◆約10年間完全自由投稿制を維持してきたが、荒らし・妨害投稿頻発のため、投稿者登録制に移行した。投稿する方はこちらにアクセスし、所定の手続きを行なうこと。
◆投稿者のメールアドレスは戸田が把握するが、掲示板では非表示にできる。
◆投稿者名・メールアドレス・パスワードは登録時のものを使わないと投稿できない。 登録・投稿についての分かりやすい説明はこちら。うまくいかない場合の問い合わせは戸田事務所まで。(冒頭記:2009年4/8改訂)   これまでの管理者命一覧(必読)

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
268 / 2575 ツリー ←次へ | 前へ→

スト新スレ:絶妙の7/30圧送第2波スト突入で竹中のスト破り作戦破産!竹中孤立化へ! 戸田 10/7/30(金) 21:54
■スト敵視の徳山生コン(大阪)が倒産!御用労組=建交労の拠点も崩壊!天罰だね 戸田 10/7/30(金) 22:23
☆能力ありすぎて20数年前に共産党から破壊攻撃受けて独立したのが連帯生コン支部! 戸田 10/8/1(日) 18:31
関西のスト情報第4弾 KU会スタッフ 10/8/2(月) 16:43
関西のスト情報第5弾 KU会スタッフ 10/8/3(火) 9:44
関西のスト情報第6弾〜戦術は水の如し。情勢は変化しつつある〜 KU会スタッフ 10/8/6(金) 17:59
★某ゼネコンも一部を除く物件に対して適正価格に応じることを決定! 戸田 10/8/9(月) 6:16
関西のスト情報第7弾〜戦況報告〜 KU会スタッフ 10/8/9(月) 21:34
関西のスト情報第8弾〜差別分断支配との闘い〜 KU会スタッフ 10/8/12(木) 17:15
関西のスト情報第9弾〜緊張感を解く訳にはいかない〜 KU会スタッフ 10/8/12(木) 23:11
■徳山倒産で大混乱の建交労。8/6赤旗記事で闘争カッコの内実は・・戸田のズバリ指摘 戸田 10/8/9(月) 19:38
ストライキを支援する「緊急共同アッピール」の呼びかけ人・賛同人になって下さい! KU会スタッフ 10/8/6(金) 10:25
★盆前に世論結集で勝負だ!「緊急共同アッピール」の電撃的拡大を! 戸田 10/8/9(月) 9:50
:ストライキ支援「緊急共同アッピール」大阪事務局連絡先の訂正 KU会スタッフ 10/8/9(月) 17:43
★ついに竹中も折れた!ストは勝利に近付く!スト支援アピール賛同も急速に拡大! 戸田 10/8/11(水) 11:58
☆スト渦中当事者の労組と業者が本日8/11東京に乗り込み3時に記者会見!報道要請を! 戸田 10/8/11(水) 12:12
●政府官庁に労使で訴え次に繋いだ事自体が成果。役人対応は酷く報道も無しだったが 戸田 10/8/19(木) 8:17

スト新スレ:絶妙の7/30圧送第2波スト突入で竹中のスト破り作戦破産!竹中孤立化へ!
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 10/7/30(金) 21:54 -
  
 関西の生コン関連ゼネスト闘争の第1ツリー
   http://www.hige-toda.com/x/c-board/c-board.cgi?cmd=one;no=6495;id=01#6495
が長くなったので、新スレッドを立てました。今後はこちらの方によろしく。
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 さて、本日7/30(金)は、価格叩きと労組敵視で強硬なスーパーゼネコン・竹中組が、様々な策を弄して「スト破り生コン出荷搬入大作戦」を強行する予定の日であった。
 大阪での竹中の大規模工事の目玉が、
   ・北区の中之島フェスティバルタワー(朝日新聞)・・通称「フェスティバル」
       http://www.asahi.com/festivaltower/
   ・大阪駅北側の「梅田ヤード」
       http://blogs.yahoo.co.jp/rentai0868/MYBLOG/yblog.html
   ・阿倍野再開発

の3つで、いずれもストで工事が停止してきたが、ある連帯メンバーからの電話では昨夜7/29は遅くまで「フェスティバル」の現場の明かりが灯って7/30工事再開の準備をしていたようだ、とのことだった。
 スト破り大作戦で「フェスティバル」で工事再開させ、その勢いで「梅田ヤード」工事や他も再開させていこう、という作戦じゃないか、と危惧していた。

 ところが!天の配剤と言うか、絶妙のタイミングというか、
  ◎生コン出荷輸送スト問題とは直接関係の無い生コン圧送部門(工事現場で搬入され
   た生コンをポンプ車圧送ホースで打設箇所に圧送する業種)で、
  ◎圧送労組の春闘課題の残り部分の早期解決を要求して、
  ★たまたま7/30に日にちが重なって(アハハ)、

第2波圧送ストをかまされたので(それも7/29午後のスト通告で!)、生コンを搬入して
も打設出来ずに廃棄するしかなくなるから、結局「スト破り搬入作戦が発動できなくて大破綻」する、という手痛いパンチを竹中は喰らってしまった。

 この土日はもちろん、来週も、圧送ストが続く限りは工事再開はほぼ出来ないことになった。
 しかも、竹中以外のゼネコンがどんどんと生コン値上げを了承し始めて(協組の当初要
求の満額には差があるものの)、強硬派仲間だった大林組までもが値上げ了承に歩み寄る、という状況に入る中、「竹中にだけは絶対に生コンを運ぶな」という「竹中包囲網」が着々と敷かれていっている!

 「他のゼネコンは労組・協組との協調でどんどん生コンを運んで工事が進むが、竹中だ
けは全然工事が出来ない」、という状態が今後強まっていくのだ。
 これは生コンゼネストの凄い前進ではないか!

※竹中が強硬なのは、ひとつには「値段叩きが企業体質として強硬」という事であるが、
 もうひとつは、「保証のある高品質生コン使用主義のため(これ自体は良いこと
だ)、 大阪の工事では大阪広域協組の生コンしか買わない」という事情があるのだと
いう。
  つまり竹中は広域協組以外の生コン会社を使わないため、広域協組の値上げや労組ス
 トによって代替できない損失を負うから、一番頑強に敵対するのだ、という事だ。
  (ある業界氏の話では) ある意味面白い話である。
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6; .NET CLR...@i58-94-97-212.s04.a027.ap.plala.or.jp>

■スト敵視の徳山生コン(大阪)が倒産!御用労組=建交労の拠点も崩壊!天罰だね
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 10/7/30(金) 22:23 -
  
 スト満4週間になった本日7/30(金)、凄まじいニュースが飛び込んで来た。
 セメント大手のトクヤマセメント直系の生コン会社=徳山生コン(大阪市)が倒産した
のだ!
    ↓↓↓
  徳山生コンクリート(株) | 倒産速報 | 最新記事 | 東京商工リサーチ
  http://www.tsr-net.co.jp/news/flash/1204000_1588.html
  徳山生コンクリート(株)(大阪市港区海岸通3−4−82、設立昭和40年4月、
   資本金1億円、藤崎厚二社長、従業員60名)は7月29日までに解散、特別清算
   申請の準備に入った。 負債総額は約28億円。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 徳山生コンと言えば、連帯敵視、スト敵視の急先鋒、しかも「スト破り宣伝」に邁進す
る御用労組=建交労の拠点職場のある工場だ。

 「すぐに生コン価格を上げないと大倒産になる!」という業界の主張の正しさを身をも
って証明したし、セメント資本言いなりになって生コン値上げに反対し、労組運動・協組運動に敵対して自らの経営を悪化させる、という無能経営の末路を示した倒産だった。

 これは同時に、共産党=建交労路線の破綻をも如実に示すものだ。拠点職場を潰れるに
任せ、労組員を路頭に迷わす事になったのだから。

 しかも観測によると、建交労幹部は事前に会社側と手打ちをして倒産を了承し、ほとん
どろくな補償もなしに労働者を放り出したらしい。実に冷酷な仕打ちであはないか。

 これに対して、連帯・関西地区生コン支部は、倒産工場の建交労労組員に対して、連帯
労組への加入オルグを行ない、雇用確保や金銭補償確保を求めて倒産労働者を救済していくことになるだろう。(まともな労組の組織拡大!)
 建交労とは月とすっぽんの違いである。

 そして徳山生コンが潰れれば、その分他の生コン工場に注文が回るので、他の生コン工
場は助かる。
 協同組合運動としても、労働組合運動としても、徳山生コンのような敵対企業は無くな
ってくれる方がみんなのためになる。
 
 生コンゼネストの嵐の中で、こういう悪質企業が潰れ、悪質御用労組の拠点が潰れた事
はストライキ闘争の成果でもある!
 連帯敵視の徳山生コンよ、共産党・建交労よ、ザマーみろ!
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6; .NET CLR...@i58-94-97-212.s04.a027.ap.plala.or.jp>

☆能力ありすぎて20数年前に共産党から破壊攻撃受けて独立したのが連帯生コン支部!
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 10/8/1(日) 18:31 -
  
 (阿修羅掲示板への7/30投稿を紹介する)
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
☆共産党直系労組だったが能力ありすぎて20数年前に共産党から破壊攻撃受けて独立
  したのが連帯生コン支部!
    投稿者 ヒゲ-戸田 日時 2010 年 7 月 30 日 14:14:11
    http://www.asyura2.com/10/senkyo91/msg/605.html

 7/28赤旗記事の批判をしたブログ記事
   :自分たちがやると正当、他の組織がやると悲鳴だとw 
     http://kinpy.livedoor.biz/archives/51849521.html
に対して、「ものを知らないにもほどがある」と言うほかない共産党員か支持者からの
コメントが書かれていた。
 いわく、「連帯労組・関西地区生コン支部は、殺人集団中核派の労組だ。だから支持しない」。
 全く呆れ果ててしまうが、連帯ユニオンがどういう毛色の労組であるか、知らない人も多いと思うので、成立のいきさつを、戸田HPの右側バナー、

   「やめろ!反戦労組潰し」
 http://www.hige-toda.com/____1/renntai_yunionn/2005_1_13/index05_01_13_b.htm
の最下段、
 ★戸田の補足:(注)共産党直系だった関生が弾圧対応で共産党と分岐、独自左派に                               05/01/27up
 http://www.hige-toda.com/____1/renntai_yunionn/kakikomi/1_22kakikomi_3htm.htm
から全文紹介しておく。

 かいつまんで言うと、関生(かんなま)労組は、かつては共産党バリバリ直系、役員は全て共産党党員の労組だったのだ!
 しかし、武委員長牽引の下、あまりに自立展開能力がありすぎ、大資本支配を脅かす闘いをバンバン展開するので、共産党の枠に収まりきれずにあつれきが生じていた所に82年権力大弾圧があり、それを奇貨として共産党が分裂組織破壊攻撃に乗り出したため、ほとんどの共産党員が共産党を脱退し、独立労組に移行したのである。

 その時の極少数の共産党追随分子が、今の建交労関西支部の長島委員長だ。
 詳しくは以下で。
    ↓↓↓ 
  ★戸田の補足:(注)共産党直系だった関生が弾圧対応で共産党と分岐、独自左派に                       05/01/27up
 http://www.hige-toda.com/____1/renntai_yunionn/kakikomi/1_22kakikomi_3htm.htm
               
1;関生(かんなま)は1965年に「全自運関西地区生コン支部」として出発した時から  (その前史も含めて)一貫して共産党員が委員長初めとする役員の大半を占める、共産
 党直系の労組でした。
  現場叩き上げの生コン労働者が共産党から教育を受けて労働運動や政治運動に邁進
 し、共産党党員になって、共産党の指導と指揮に従って労組活動をしてきました。  

  昨年10月の武委員長の講演の記録を見ると、共産党との分岐当時、関生には共産党員
 が500名くらいいたとあります。
  講演では「・・事実は関生党員みたいな性格が強かった。 共産党の攻撃の時には、
 その99%が共産党を脱退しました。」ともあります。

2;関生労組は出発時点から職場のヤクザ支配と熾烈に闘わざるを得ない状況があり、
 現実に会社が雇ったヤクザに2人が殺されているし、武委員長も拉致監禁されるなど少
 なくとも5回は殺されかけています。
  ヤクザに暴行・脅迫された例は数え切れません。  
  そういう闘いを経て、やがては「山口組も手を出さない」ほどの闘争力と力関係を
 作りあげていきましたが、それはまさに血と汗に色どられた苦闘の歴史です。

3;そういった修羅場を何度もくぐった労組ですから、公務員比率がどんどん高まった
 共産党労組の中では「最も頼りになる実力部隊」であると同時に「異色の存在」でもあ
 りました。  
  特に武委員長の卓越した指導力・構想力はありきたりの共産党指導の枠に収まり切ら
 ず、共産党と武委員長サイドとのあつれきが広がっていきました。

  武委員長のカリスマ的指導力とそこへの多数の労組員の心服を指して共産党は(外部
 の人も)「武一派」・「武一家」とも呼ぶほどでした。

4;生コンの労働運動の進め方では共産党とのあつれきが生じていたとは言え、イデオロ
 ギー的には「日本共産党」のイデオロギーが正しいものと、関生役員(共産党党員)
 は長らく考えてきたわけですから、60年代後半〜70年の世界的激動期にあっても、関生
 は「新左翼」や「全共闘」とは全く無縁で、「あんな奴らはトロツキストの跳ね上がり
 分子だ」的にしか考えなかったわけで、例えて言うならばその時代にソ連東欧圏での民
 主化運動弾圧に動員された「筋骨たくましい炭坑労働者」みたいな位置にあったでしょ
 う。

5;共産党との分岐が決定的になったのは、関生労組の「ヨーロッパ型の産別労組」とし
 ての運動と組織が大前進したことによって、中央財界にまで強烈な嫌悪と危機感を呼び
 起こしたことによる80年頃からの組織破壊的な連続弾圧を受けてのことでした。  

  当初「弾圧糾弾」の姿勢だった運輸一般や共産党が、82年11月には運輸一般中央本部
 にガサ入れされたことで、このままでは共産党本部にまでも弾圧が及び、共産党攻撃宣
 伝で総選挙対策上も非常にヤバイ!、と危機感を強めて、
  「弾圧される側にも問題がある」、
  「社会的良識に反する、とかくの風聞がある」という対応に変化して、
 「運輸一般中央本部12・17声明」なるものを当の運輸一般中央委員会で諮る前に
 「赤旗」紙上で発表する、というほどの支離滅裂な引き回し(共産党のお家芸!)
 を行ない、
 83年には共産党追随グループが関生の分裂デッチ上げ集会を強行し、
  双方の対立が猛烈に激化してこれに権力の介入弾圧も加わる(もちろん共産党の告訴
 告発戦術による武委員長らの関生への不当弾圧で)という修羅場になっていきまし
 た。   

  対立の中で武委員長らの500人以上の共産党員が共産党から離脱しています。
  また逆に共産党追随の分裂裏切り分子を関生労組から除名などもしています。  
  そうして84年3月の支部臨時大会で運輸一般と正式に決別し、組織名称を「関西地区
 生コン支部労働組合」とし、9月には総評へも加盟した。  
 
  そして新たな全国組織の結成を模索して、「総評全日本建設産業労組」と関生、
 そして東京の大有生コンの3者が合流して84年11月に「全日本建設運輸連帯労組」が
 結成され、翌85年1月(!)にはこの連帯労組の近畿地本が結成された。
  また3月には運輸一般東京地区生コン支部と静岡県セメント生コン支部も連帯労組に
 合流した。

6:労働戦線の右翼統一たる「連合」の誕生については、全民労協を経て民間連合が結成
 されたのが87年、官民を含めた連合が正式に発足したのが89年ですから、関生の共産党
 との分岐はそのはるか以前です。  
 
  また、千人を超える規模で(分裂時直前には3千人)労組が共産党から左分裂したの
 も異例だし、それがずっと「階級的労働運動」の旗を掲げる左翼でやっているのも、
 日本の歴史においては超異例なことです。

7:共産党系以外との交流を実質的には禁じられていた関生を総評・社会党ブロックとの
 仲介の労を執ったのは、共産党中国派を出自とする「日本労働党」
 http://www.jlp.net/ でした。  
  労働党と関生はずっと友好関係にあり、各種集会では「政党」として挨拶してもらう
 し、同党がお膳立てした「自主・平和・民主のための広範な国民連合」  
 http://www.kokuminrengo.net/ には設立当初から役員・会員を送り共同していま
 す。  (ちなみに戸田も「国民連合」設立当初の93年からの会員)

8;共産党との分裂、総評ブロックへの加入以来、新左翼業界、反・非共産党系市民運動
 業界等々との付き合いも始まった。
  反戦平和運動的には新左翼の反中核ブロックとの付き合いがずっと多い。  
  それというのは、83年三里塚闘争分裂で中核が「熱田派」へのゲバ襲撃をやって大衆
 運動的に嫌われ者になり、もともと中核系大衆運動が微弱な関西ではノンセクト系やイ
 ンター・プロ青年系、総評左派系大衆運動(労組含む)との付き合いが必然的に多くな
 るからである。

  だから中核系との付き合いは、関生・全金港合同・動労千葉のいわゆる「三労組共
 闘」と最近の反戦運動などで有る程度であって、関東圏の人が「三労組共闘」の宣伝を
 見て「関生・ 連帯は中核系か」と思った、と言う話は中核にとっては「嬉しい誤解」
 かもしれないが、我々にとっては苦笑するしかない。
  関生・連帯はあくまで独自の左翼勢力である。  

  全金港合同も大和田さんという卓越した指導力を持った独自左翼リーダーの下で発展
 してきた労組であり、中核の活動家が労組員の中にちょこっとはいるが、これ自体が中
 核系では全然ない。

9:政党との付き合いで言えば、共産党が敵対を続ける限りでは共産党と対決しつつ、  「反自民の共存外交」が基本。
  公明党も自民党との連立を組むまではずっと招待してきた。  
  社民党・新社会党を強く支援しつつ民主党にも「市民派」にも選挙支援を行なってい
 る。
  また例えば首長選挙で、連帯と長年友好関係の深い社民党の人から支援を頼まれ、
 一方共産 党候補側からは当然ながら支援要請などない、・・・そんな場合は自公民社
 候補を押す場合もある。
 
  戸田個人としては、自治体首長選挙で社民党が自民公明と共同することには大反対
 で、「革新共闘」を追及すべき、と思っていますが・・・・。
  これとは別に、守口市長選や門真守口合併反対運動の時などは、社民党・市民派・
 保守系・ 共産党とともに共闘したりもしています。
  これは地元の戸田や三浦さんからの提起を受けてです。

10;客観的に見れば、連帯近畿・関生は組織力闘争力・財政力のある左派大衆団体だか
 ら、左翼党派の絶好の加入相手であるはずだが、84年頃から関生・連帯を知っている
 戸田が見ていていも不思議なほど、党派活動家が全然入ってこない。

  たまにちょっと色つき的な人が入っても連帯労組員として変容していくか、連帯を
 去っていくかでしかない。
  きっと連帯・関生というそれ自体の独自性と磁場が強烈で、武委員長らの指導力も
 強いし、日々の活動・闘争の忙しさがハンパじゃなくて、左翼党派が内部に入ってどう
 こうすることができないのだろうと思う。  
  左翼党派の側もそれを認知しているから、外部団体として交流する方にメリットを
 見出しているのだろう。

11:武委員長らの共産党員体験のある古参幹部だけでなく、共産党体験のない中堅・若手
 幹部も新左翼業界のあれこれをほとんど知らないし興味も持っていない。
 
  みな「労働者民衆の生活向上のために左翼・革新・平和勢力は四の五の言わずに
 みんな協力共同したらいいじゃないか」、とシンプル素朴に思っているだけである。   反権力で一致すれば場合によっては右翼的と目される勢力とすら共闘する(暴対
 法・組対法・盗聴法などでの反対運動の例)  
  また、あまり付き合いのない団体からでも「右翼暴力団の襲撃がありそうなので
 支援して欲しい」と頼まれれば、「堅気の衆を守るために」体を張って出張ってい
 く。  

  「内ゲバはいかん」とは思うし、今の運動の中でそんなことをする輩は許さないが、
 だからといって「昔内ゲバをしたことを今全面謝罪しない限り共闘なんてしない!」
 というような話に引き回されるつもりはない。
  連帯・関生はそんな労組である。

12;近年、韓国の労働運動との共同共闘を重ねるにつけて、連帯・関生の中に韓国の民主
 労働党のような、戦闘的労働運動を土台とした「我々労働者の政治勢力」の結成を望む
 気運も出てきている。世間を見渡してみて、これという頼りになる所がないのなら自分
 らでまず始めてみようか、ということになるかもしれない。                   
 とりあえず、以上。      (05年1/27の記述)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【参考】:生コンゼネストに関する過去の戸田投稿(新しいものが上)

7/27★現着朝6時で炎天下終日阻止行動の日々、全て自腹、生コンスト労働者達の奮闘を
    知って!秀逸なテレビ報道も
      http://www.asyura2.com/10/senkyo91/msg/436.html
7/26◎「照準は敵対大手とその物件!」スト状況を劇的に変化させ主導的情報戦を
    活性化した生コン支部!HPでも   
     http://www.asyura2.com/10/senkyo91/msg/364.html
7/26・長期化し煮詰まる関西の生コンゼネスト。海外メデアやネットメデアにもよろし
    く! 権力弾圧抑止のためにも 
      http://www.asyura2.com/10/senkyo91/msg/367.html
7/25・スト労働者から:闘争カンパを!檄布やメッセージも嬉しい。
    トクヤマ筆頭の権力弾圧阻む世論形成のためにも
        http://www.asyura2.com/10/senkyo91/msg/324.html
7/19・歴史を知る経営者からは「中途半端にはしないでくれ」と労組ストに数多く期待!
    生コン支部HPの注目記事  
      http://www.asyura2.com/10/senkyo90/msg/866.html
7/19★勝利的に展開!大阪の工事の8割強が停止!大阪駅ビル工事も!竹中・大林が敵対
   継続      http://www.asyura2.com/10/senkyo90/msg/862.html
7/13・ありがとう!みなさんの反響のおかげで、テレビ東京が連帯労組に取材に来たと
    のこと   http://www.asyura2.com/10/senkyo90/msg/523.html
7/13・無期限スト突入の「近圧労」が実は日本で唯一の圧送労働者の労組です!
    関西生コン業界の先進性が見えてくる  
         http://www.asyura2.com/10/senkyo90/msg/520.html
7/13◎ついに12(月)から生コン圧送も無期限スト突入!空前の産業スト関西で拡大!
   損賠攻撃の大資本との決戦へ!  
        http://www.asyura2.com/10/senkyo90/msg/517.html
7/7・報道されぬ歴史的事件:「生コン関連業界危機突破!6/27総決起集会・デモ」
    に労使挙げて2300名が!
       http://www.asyura2.com/10/senkyo90/msg/121.html
7/7★マスコミひた隠し!関西の生コン関連産業で無期限ストが勃発拡大中!
   大企業支配を覆す高度な闘いに刮目せよ! 
       http://www.asyura2.com/10/senkyo90/msg/117.html
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6; .NET CLR...@i58-89-132-239.s04.a027.ap.plala.or.jp>

関西のスト情報第4弾
←back ↑menu ↑top forward→
 KU会スタッフ E-MAIL  - 10/8/2(月) 16:43 -
  
<労働者・中小企業は、今、何を求めているのか>

 日本経済における建設産業の位置付けの転換の説明は、ここでは省略する。ストとの関連で言えば、建設投資が激減している。公共工事が毎年減少していることと、金融恐慌で民需が激減したことに要因がある。09年度の投資額は42兆円、10年度見通しは37兆7千億円、ピーク時の44%に激減している。建設産業で働く者がピーク時685万人であったが09年末で500万人となった。同じく建設業者数は60万社から50万社に減少した。しかし、需要の減少に比して供給側の過剰感が強く、淘汰の嵐と政府の他産業移行への誘導政策等、大きな変化を強いられている。

 連動して、セメント国内販売は09年度が4,430万トン、2010年度見通しで3,800万トン、ピーク時の44%。生コン出荷は09年が8,950万 でピーク時の45%である。特に、リーマンショック以降の落ち込み方が激しい。

 そこで、ゼネコンは安値受注競争のため、建設資材の買い叩きや実施工する下請専門工事業への一律代金カットを強要している。セメントメーカー(数社で国内市場を占有)は一方的な値上げと拡販競争(安売り)という矛盾した営業政策を展開している。

 さて、生コン業界では事態打開のために2つの政策課題が焦点化されている。構造改善事業(生コン工場の廃棄・集約)と値上げである。

 全国生コンクリート工業組合・協同組合連合会が昨年5月、3900工場(昨年現在)の内、1200工場(全国の1/3)を5ヵ年で集約・廃棄する方針を議決した。劇的な需要減に対し、過剰となった供給能力を計画的に削減するということだ。しかし、内部調整と財政工面が至難の技となる。この実施第1号が大阪広域生コン協組の廃棄・集約事業である。協組が商工中金から融資を受けて、今年一気に26工場(1/4)を廃棄・集約した。自然淘汰に任せていれば、協組の生コン工場への出荷割り当ての不満から、必ず過当競争・安値競争に引き込まれ、協祖は瓦解していく。協組を去る社も残る社も、経営者も労働者も痛みを共有しながら、政策的に工場閉鎖に踏み切った。

 さらに、関西では、6月27日、「生コン関連業界危機突破!総決起集会・デモ」が経営21団体966名、労働9団体1,206名で開催された。近畿一円の生コン関連事業者が一同に会した。大阪・兵庫を先頭に、生コンの適正料金収受に取り組むこと、適正料金を支払わない場合は出荷拒否するとの決意を明らかにした。

 この決起集会の成功は、中小企業の前例のない危機意識の反映である。各地域の代表は、自らが製造する製品の価格は自らが決定すると訴えていた。原価計算や品質管理コストなどを度外視した安値強要を跳ね返さなければ、生き残れないとの決意であった。

 需要が激減し、その上買い叩かれるのなら、倒産しかない。生コンの適正価格の収受こそが、企業の存続と労働者の雇用確保、賃上げ、労働条件改善の原資となる。

 しかし、ゼネコン、商社は生コン価格の決定権は自分たちが持つものとし、協組が適正価格以外の生コンを出荷しないのであれば、従来価格で出荷するまで工事を延期する持久戦を構えた。

(ブログ・KU会通信より>>http://blogs.yahoo.co.jp/ku_kai2006/50638551.html
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; YTB730; .NET CLR 1.1.4...@ntoska020081.oska.nt.ngn2.ppp.infoweb.ne.jp>

関西のスト情報第5弾
←back ↑menu ↑top forward→
 KU会スタッフ E-MAIL  - 10/8/3(火) 9:44 -
  
<ゼネコンは独占禁止法に違反してまで、協組に分断介入をしかける>

 建設業協会の中に、資材研究会という機関が設けられている。日本を代表するゼネコン20社の資材の調達・購買部の責任者が月1回集まり協議する。現在の大阪の資材研委員長は、竹中工務店大阪本店調達部課長代理である。

 大阪府下の大きな建設工事は、竹中工務店、大林組という大阪を拠点とするスーパーゼネコンが過半を占めている。特に、竹中工務店と住商セメント(住友商事の100%子会社)のチームは、膨大な量の生コンを安く買い叩いている。今回の生コン値上げの特徴は、契約形態の変更を含む。生コンの販売契約の拘束期間は長期になる。建設工事が長期にわたるからだ。この過程で、原材料や燃料が高騰しても、契約した価格で出荷しなければならない。そこで、協組は周知期間を置いて、価格改正の時期を決め、それ以降の生コン価格は過去の契約価格に拘束されないとする「出荷ベース」という契約変更に取組んでいる。よって、影響を最も受けるのが竹中・住商といえる。この竹中が先頭に立って、ストライキと生コン価格の適正化に立ちはだかっている。最近も生コン協組の分断を図り、一本釣りで協組解体を画策し、ストライキ突破を図ってきた。労組側に、ものの見事にその意図を見抜かれ、策動を粉砕された。

 さて、事業協同組合は、中小企業等協同組合法で独占禁止法(私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律)適用を除外されている。だから統一的な価格表を打ち出すことができる。本来不利な大企業との取引関係を是正するものとしてある。

 ところが、これに対抗するべく、1社で1兆円の売上を誇る日本有数のゼネコンが協議・対策している場合は、明らかに独占禁止法違反である。不当な協組介入は第19条(不公正な取引方法の禁止)及び一般指定第14号(優越的地位の濫用)に抵触する。

 しかし、この長期ストライキの過程で、竹中の強引な手法と竹中の自社中心主義に疑問を持つ動きも出てきた。独禁法違反のおそれも配慮しているのだろう。すでに、スーパーゼネコンを含む資材研8社の工事現場では、適正価格に応じた生コンを購入している。

 8月2日現在、闘いは2ヶ月目を迎える。建設に携わる労働者・自営業者・中小零細企業の数は多い。生活費捻出や資金繰りに奔走しなければならない。しかし、この闘いが中小零細企業や労働者を踏み台にしてきたゼネコンの姿を暴き出していること、ゼネコンの産業支配の終わりの始まりと期待し、共感する人々も多いのではないだろうか。

(ブログ・KU会通信より>>http://blogs.yahoo.co.jp/ku_kai2006/50641724.html
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; YTB730; .NET CLR 1.1.4...@ntoska020081.oska.nt.ngn2.ppp.infoweb.ne.jp>

ストライキを支援する「緊急共同アッピール」の呼びかけ人・賛同人になって下さい!
←back ↑menu ↑top forward→
 KU会スタッフ E-MAIL  - 10/8/6(金) 10:25 -
  
関西生コン関連ストライキを支援する
              「緊急共同アッピール」への賛同のお願い

 関西の地で、中小企業と労働者が生き残りをかけたストライキに決起し、この8月で2ヶ月目に入りました。連帯ユニオン関西地区生コン支部をはじめ4労組は、7月2日以降、生コン、セメント輸送、生コン圧送の使用者側にスト通告しました。生コンの適正価格の収受こそが中小企業の存続を可能にし、労働者の雇用確保、賃上げ、労働条件改善の原資になるとの認識で一致し、業種の異なる300社以上の中小企業を網羅するストとなっています。大阪の多くの建設工事が滞る事態となっています。

 背景には、「需要減・価格下落による各社倒産の危機に直面し、『座して死を待つのか、立って闘うか』しかない状況」があります。6月27日「生コン関連業界危機突破!総決起集会・デモ」に近畿一円の生コン関連事業者が一同に会し、大阪・兵庫を先頭に、生コンの適正料金収受に取り組むこと、適正料金を支払わない場合は出荷を拒否するとの決意を明らかにしました。

 しかし、竹中工務店などゼネコン・商社は工期を遅らせてでも拒否する対決の姿勢を鮮明にしています。しかも、不公正な取引方法の禁止や優越的地位の濫用という独占禁止法違反の危険を冒してまで、足並みをそろえて長期にわたり拒否を続けています。ゼネコン・建設独占が、ストライキをする労働者、ストを受けている生コン工場やバラ輸送業者など関連300社をはじめ、ゼネコンが工事を止めているために影響を受ける建設関連の労働者・中小零細企業・自営業者など、万単位の膨大な数に上る人々を兵糧攻めにして、ストつぶしをめざしていることは明らかです。ゼネコンは、零細生コン工場や下請ごときは、仕事を干せば解決すると考えています。

 これほど大規模かつ長期のストライキは、関西生コン業界57年で初めてです。現在、闘争中も生活費捻出や資金繰りに奔走しなければならず、その身を切るような痛みを抱えつつ、ストライキは続いています。これはとりもなおさず、労働者と中小企業の生き残りをかけた頑張りであり、同時にゼネコンの結束した中小企業つぶし、労働運動つぶしとの闘いであることも明らかです。

 私たちは、関西のこのストライキを支援します。さらに、社会道徳に反する巨大企業の横暴に対し、法的及び社会的規制を強める世論の喚起に努めていくものです。

 事態の緊急性を考慮し、スト支援の「緊急共同アッピール」にご賛同いただけますように、心からお願い致します。    
 
 2010年8月3日 緊急アッピール発起人              
 本山美彦(「変革のアソシエ」共同代表) 矢山有作(元衆議院議員) 里見和夫(弁護士)
 尾形 憲(法政大学名誉教授) 田淵太一(同志社大学教授) 永嶋靖久(弁護士)
 大野和興(ジャーナリスト) 斎藤日出治(大阪産業大学経済学部教授) 安次富浩(名護・ヘリ基地反対協共同代表)
                                                      (8月3日現在、順不同)


連絡先
「スト支援 緊急アッピール」事務局
「変革のアソシエ」関西事務所気付(担当 細野)TEL 06-6382-5677 FAX 06-6328-4701


--------------------------------------------------------------------------------
 ◇上記呼びかけに賛同される方は、呼びかけ人・賛同人になってください◇ 
 呼びかけ人・賛同人になっていただける方(個人・団体)は、下記内容をご記入の上、メールもしくはFAXにて事務局までご送信下さい。
 
 [ご記入いただく内容]
 1.個人
 1.「呼びかけ人になる」あるいは「賛同人になる」
 2.氏名
 3.職業・肩書
 4.住所
 5.電話・メールアドレス
 6.氏名の公表の可否

 ●賛同署名用紙(個人用)>>http://www.geocities.jp/strike_shien/kojin.pdf
  (これを印刷してご記入の上、FAXにてご返信下さい)
 
 2.団体
 1.「呼びかけ団体になる」あるいは「賛同団体になる」
 2.団体名
 3.代表者名
 4.住所
 5.電話・メールアドレス
 6.団体名の公表の可否

 ●賛同署名用紙(団体用)>>http://www.geocities.jp/strike_shien/dantai.pdf
  (これを印刷してご記入の上、FAXにてご返信下さい)

 
 [返信先メールアドレス]strike_shien@yahoo.co.jp
 [返信先FAX番号](東京)03-3389-8573 (大阪)06-6328-4701
 
 ●ご記入戴いた情報は、この応募用紙の主旨以外の目的に使用することはありません。

 ●連絡先
  「スト支援 緊急アッピール」事務局
  (東京)                      (担当 高野)TEL03-3389-8572 FAX03-3389-8573
  (大阪)「変革のアソシエ」関西事務所気付(担当 細野)TEL06-6382-5677 FAX06-6328-4701

 
 ●スト支援・緊急アッピールのブログ>>http://blogs.yahoo.co.jp/strike_shien
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; YTB730; .NET CLR 1.1.4...@ntoska010248.oska.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp>

関西のスト情報第6弾〜戦術は水の如し。情勢は変化しつつある〜
←back ↑menu ↑top forward→
 KU会スタッフ E-MAIL  - 10/8/6(金) 17:59 -
  
<戦術は水の如し。情勢は変化しつつある>

 日本の労資関係は、戦後一時期の産別会議や総評時代を経て、労働戦線再編による連合結成を受け、きわめて「円満」となっている。ストライキによる労働損失日やストライキの継続日数も少ない。しかも、企業別事業所別のストライキである。関西の生コン関連業界におけるストライキは、規模の大きさ、期間の長さ、企業を越える横断性からいって、最近では珍しい事例となっている。

 さて、今回のストライキに至る背景や現状の攻防の焦点を報告してきた。本来なら、ストライキの具体的報告もすべきだろうが、現在進行形なので詳述はできない。ただ、一般論として言えば、労組の団体行動権の発動、闘い方は多種多様である。ストライキ戦術も臨機応変に展開できる。ストライキとは、労務の不提供(職場放棄、働かない)という形態もあれば、ピケッティング(平和的説得から実力行使まであるが)により、スト破りの防衛や原材料の搬入や製品の出荷を阻止するという闘いもある。さらに、企業別労組ではなく産業別職種別労組の場合は、各企業の直接的な労使関係の有無に関係なく、横断的な取り組みを展開する。

 しかし、日本の警察・検察・裁判所の判断は、ストライキとは労務の不提供以外の形態が無いかの様な判断を示している。特に、関生支部が行う団体行動権の行使に対する弾圧はまことに厳しい。
 
 今回ストの特徴は、情勢の変化を読み、波状的に各ストを連鎖させたり、スト拘束を緩めたり強めたりしており、さらに、資本の攻勢局面ごとに、その意図を挫く行動を対置してきた対応能力の高さにある。また、対権力において、誘いに乗らず、多様な闘い方で当初目的を果たしている。そして、何よりこのストライキの背景には、倒産の危機にある多くの中小零細企業の切実な要求(生コン価格の適正化、運賃の適正化など)があり、一方でゼネコンに独禁法の疑いが濃厚という不法状態にあって、公安(警備)警察・検察が介入しうるのかという問題もあろう。

 もちろん、公安(警備)警察・検察がセメントメーカー、ゼネコン、商社、一部中小企業との連携で、労組根こそぎや協組の役員を拘束する機会を窺っていることは明らかである。実力の警備体制の協力のみならず、情報交換も頻繁である。

 現在の攻防は、生コン価格の値上げが産業構造の民主化運動になっている。そして、値上げに2ヶ月にわたるストライキが必要なのである。産業民主化闘争はかくも困難なものである。しかし、この闘いをつぶそうとする日本を代表する独占資本・スーパーゼネコン達の側も、想定を越えた困難を強いられているというのが実情であろう。ゼネコンが結束しているにもかかわらず、「たかが」中小労組や協組を蹴散らせない。「あろうことか」兵糧攻めに屈しない。

 今回の事態を「ゼネコンのストライキ」と揶揄する向きもある。ゼネコンの狼狽が透けて見えてくる情勢になってきた。後、一踏ん張りの情勢にあるというのが、おそらく正しい情勢認識であると考える。この8月6日現在の認識が正しいのかどうかは時が証明する。

(ブログ・KU会通信より>>http://blogs.yahoo.co.jp/ku_kai2006
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; YTB730; .NET CLR 1.1.4...@ntoska010248.oska.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp>

★某ゼネコンも一部を除く物件に対して適正価格に応じることを決定!
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 10/8/9(月) 6:16 -
  
 阿修羅掲示板・政治板92への戸田投稿を紹介。
 ここで言う「某ゼネコン」、「O(オー)ゼネコン」とは、大林組のことで、「T社」
は竹中組のことだろうというのは、「戸田個人として推測に過ぎない」が。(笑)
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◎某ゼネコンも一部を除く物件に対して適正価格に応じることを決定!
 (3労組の生コンスト情報8月)
   http://www.asyura2.com/10/senkyo92/msg/145.html
 関西の生コン関連ストは、着実に「敵の壁」(「圧制の壁」)を破りつつある。
 強硬派ゼネコンの中で、生コン価格の値上げ適正化を受諾する所が出てきて「敵の分断孤立化」を進めている。

 7/23よりの選別出荷戦術で、値上げ適正化を受諾する現場に対してはストを解除してどんどん生コンを出荷する中で、強硬派ゼネコンにしても、施主から「なんでうちの建物は工事が止まったままなのか。早く工事を再開しろ」とつつかれて困るようになってきた!
 
 当初はデンと構えて、「値上げ拒否で工事停止が長期化しても、労組や協組の方が干上がって弱るだけ。そこを押し切ってやる」戦術だったものが、労組や協組が苦しいけれども崩れずに頑張るものだから、逆に自分の方が「施主からの突き上げ」という「一番怖い声」を受けることになってしまったのだ!

 そういったストの勝利的状況を、以下に紹介する「政策協議会ニュース8月1日号」
から読みとって欲しい。
 (「政策協議会」とは、連帯ユニオン関西地区生コン支部・生コン産労・全港湾の
   3労組による運動体)
 連帯生コン支部http://www.kannama.com/index-2.html からのネット情報発信も格段に進展してきた。
      ↓↓↓
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◎生コン産業政策協議会 10春闘共同ニュース ・ 速報NO.12 発行 2010年8月1日( 1 )

大見出し(上横):O(オー)ゼネコンも一部を除く物件に対して適正価格に応じること
          を決定!!
大見出し(縦左):ー選別出荷の成果ー
        残すは大型プロジェクトの3現場のみ!出荷の7割が適正価格を承諾。

中見出し:ストライキ継続中

 その説明文: いま、中小企業と労働者の生存をかけた闘いを展開しています。
       現在の価格では、生コン業界のほとんどの会社の倒産が確実です。
       大企業のためにあるような産業と経済の中で、中小企業で働く労働者は
       全力でストライキを行ない、大企業に適正な生コン価格を認めるように
       求めています。

本文:大阪広域生コンクリート協同組合関係各社へストライキ通告を発して、
   7月2日以降今日まで続いている。
   さらに、7月23日からは選別出荷を行なっている。
    7月16、20、22日には、ストライキの状況を報道するニュース番組が相次いで
   放送され、関西の労働運動が注目を集めると同時に、適正価格に対応する物件が
   23日以後、6割に達した。

    しかし残り3割の適正価格に対応しない物件の大半が大手ゼネコン2社
  (T社・O社)が抱える物件であることが判明した。
    そのうち1社は31日の時点で、ついに一部大型物件以外は適正価格に応じる
   ことを決定した。

    大企業から自立するには、闘うことが必要であり、団結して炎天下で闘う労働
   者の力が反映されている。
    残すところは大型物件3物件のみ!

    相手がどのような大資本家であろうとも、労働者の団結力と粘り強さで闘い
   抜き、1.大企業との対等取引、2.適正価格の収受 を勝ち取ろう。

裏面( 2 )

大見出し(上横):適正価格の収受で業界再建
中見出し(縦左):痛みを受けて自己犠牲のもと、大企業と闘う中小・労働者!

見出し:倒産か再建かの瀬戸際での闘い

 その説明文:7月2日からストライキに入っており、ついに1ヶ月がたとうとしてい        る。
        これほど大がかりなストライキはかつてなく、この地域はもちろんの
       こと中小企業の労働運動でも初めてであろう。
        生コン業者は、最低そこまで上げなければほとんどが倒産してしまう。       引くに引けない状況になっているのだ。 

        まずは過去をしっかりと総括しなければ失敗を繰り返す。
        過去の総括は、中小企業の経営が安定するには、労使が協力しなけれ
       ばならないということ。
       
        すると、大企業との対等取引をすることができるのである。
        大企業に対して、適正価格を収受する意外に倒産の危機は回避できない

見出し:大企業と対等な協同組合に向け
 その説明文:その為には、すり寄って値下げなどの過剰サービスの道を捨て去ること。
        自分さえよければという考えは捨て去り、団結の力で大企業の支配か
       ら自立をすることで適正価格の収受も業界再建も可能になる。

        北海道・中部・近畿・九州などの生コンの大口需要地は、必ずセメン
       トメーカーが支配している。
        協同組合に役員を送り出し、協同組合をセメントメーカーの販売手段
       として利用しようとしている。
        それから自立しなければならない。

        全国に数多くある協同組合の中で、大企業と対等に取引が行える協同
       組合の改革の先陣を切る。

  生コン産業政策協議会TEL.06(6583)5546 大阪市西区川口2−4−28
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ↑↑↑
 A4版のスペース、写真も数多く配した、短い文章の中で、なんと本質を突いた格調
高い文章が散りばめられていることか!   ↓↓↓ など。

        まずは過去をしっかりと総括しなければ失敗を繰り返す。
        過去の総括は、中小企業の経営が安定するには、労使が協力しなけれ
       ばならないということ。
        すると、大企業との対等取引をすることができるのである。
    ・・・・・
        自分さえよければという考えは捨て去り、団結の力で大企業の支配
       から自立をすることで適正価格の収受も業界再建も可能になる。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【参考】:生コンゼネストに関する過去の戸田投稿(新しいものが上)

8/2★絶妙の7/30圧送第2波スト突入で竹中のスト破り作戦破産!竹中孤立化へ!
    (「自由論争掲示板」より)
           http://www.asyura2.com/10/senkyo91/msg/724.html
8/2・関西の生コンスト情報第2弾<産業民主化闘争>と第3弾<労働協約賃金>
   :ブログ・KU会通信より -
           http://www.asyura2.com/10/senkyo91/msg/727.html
7/30★共産党が突如7/28赤旗で「生コンストは社会の迷惑!」、「事態打開は出荷再開
    で」とスト破壊宣伝の愚挙!                                 http://www.asyura2.com/10/senkyo91/msg/604.html
7/30・共産党直系労組だったが能力ありすぎて20数年前に共産党から破壊攻撃受けて独立
    したのが連帯生コン支部! ヒゲ-戸田
          http://www.asyura2.com/10/senkyo91/msg/605.html
  ・積年の横暴に対する業者・職人の積年の怒りが「ゼネコンざま見ろ・スト沈黙的支
    持」に?(業界氏談)
         http://www.asyura2.com/10/senkyo91/msg/608.html
7/27★現着朝6時で炎天下終日阻止行動の日々、全て自腹、生コンスト労働者達の奮闘を
    知って!秀逸なテレビ報道も                               http://www.asyura2.com/10/senkyo91/msg/436.html
7/26◎「照準は敵対大手とその物件!」スト状況を劇的に変化させ主導的情報戦を活性化
    した生コン支部!HPでも  
       http://www.asyura2.com/10/senkyo91/msg/364.html
7/26・長期化し煮詰まる関西の生コンゼネスト。海外メデアやネットメデアにもよろし
    く!権力弾圧抑止のためにも 
       http://www.asyura2.com/10/senkyo91/msg/367.html
7/25・スト労働者から:闘争カンパを!檄布やメッセージも嬉しい。
    トクヤマ筆頭の権力弾圧阻む世論形成のためにも
        http://www.asyura2.com/10/senkyo91/msg/324.html
7/19・歴史を知る経営者からは「中途半端にはしないでくれ」と労組ストに数多く期待!
    生コン支部HPの注目記事  
       http://www.asyura2.com/10/senkyo90/msg/866.html
7/19★勝利的に展開!大阪の工事の8割強が停止!大阪駅ビル工事も!
    竹中・大林が敵対継続
      http://www.asyura2.com/10/senkyo90/msg/862.html
7/13・ありがとう!みなさんの反響のおかげで、テレビ東京が連帯労組に取材に来た
    とのこと
       http://www.asyura2.com/10/senkyo90/msg/523.html
7/13・無期限スト突入の「近圧労」が実は日本で唯一の圧送労働者の労組です!
    関西生コン業界の先進性が見え
    てくる  http://www.asyura2.com/10/senkyo90/msg/520.html
7/13◎ついに12(月)から生コン圧送も無期限スト突入!空前の産業スト関西で拡大!
    損賠攻撃の大資本との決戦へ!  
        http://www.asyura2.com/10/senkyo90/msg/517.html
7/7・報道されぬ歴史的事件:「生コン関連業界危機突破!6/27総決起集会・デモ」
    に労使挙げて2300名が!
       http://www.asyura2.com/10/senkyo90/msg/121.html
7/7★マスコミひた隠し!関西の生コン関連産業で無期限ストが勃発拡大中!大企業支配
   を覆す高度な闘いに刮目せよ!                               http://www.asyura2.com/10/senkyo90/msg/117.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◎戸田ひさよしHP http://www.hige-toda.com/
  ・生コンスト記事を載せている「自由論争掲示板」
           http://www.hige-toda.com/x/c-board/c-board.cgi?cmd=tre;id=01
★連帯ユニオン関西地区生コン支部HP http://www.kannama.com/index-2.html
☆近畿コンクリート圧送労組HP   http://blogs.yahoo.co.jp/daiatsurou
■他では見れない動画が満載!「戸田のYUチューブコーナー」
          http://www.youtube.com/user/todajimusho
■「中小企業の砦」=協同会館アソシエに関連する「アソシエ動画」
          http://www.youtube.com/user/ASSOCIE0911#p/u
■在特会や三井さんほか動画各種はこちらでも
   「絶対面白い動画コーナー」 http://www.hige-toda.com/_mado05/movie/
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6; .NET CLR...@i58-94-100-189.s04.a027.ap.plala.or.jp>

★盆前に世論結集で勝負だ!「緊急共同アッピール」の電撃的拡大を!
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 10/8/9(月) 9:50 -
  
 戸田が阿修羅で「緊急共同アッピール」への賛同を呼びかけた8/8投稿文を紹介。

★盆前に世論結集で勝負だ!「関西生コン関連ストライキを支援する緊急共同アッピー
  ル」の電撃的拡大を!
            投稿者 ヒゲ-戸田 日時 2010 年 8 月 09 日
  http://www.asyura2.com/10/senkyo92/msg/140.html
 関西の生コン関連ゼネストに熱い注目を寄せてくれている全国のみなさん!
 日本で空前の産業ストライキは、この猛暑の中、延々と、そして様々に複雑な状況を
乗り越え捌き、機敏な戦術行使を行ない、体力と智力と財政力の限りを尽くした、現場
労働者と労組指導部の刻苦奮闘によって、段々に敵=強硬派ゼネコン勢力を分断し、
勝利の展望に近づいてきた!

 また、大企業圧力に耐え抜く自立的良識的な中小企業経営者達の奮闘努力とも併せて、
ついに生コン価格の適正化値上げを(当初要求ほどの価格にすぐには届かないにしろ)
ゼネコン全体に受諾させて業界労使救済を図れる展望が見えてきた!

 しかし、この「8合目・9合目」がある意味一番苦しい。ここで最後の詰めや大攻勢
をかける「体力」を見せないと、「盆を越しても断固闘って勝利できる」勢いを示せな
いと、勝利を逃してしまいかねない。
 だから今、全国のみなさんに緊急・電撃的に圧倒的な支援の声を具体化してくれる事
を訴える!

 この間、ストの第一報
  7/7★マスコミひた隠し!関西の生コン関連産業で無期限ストが勃発拡大中!
     大企業支配を覆す高度な闘いに刮目せよ!                         http://www.asyura2.com/10/senkyo90/msg/117.html
以来、全国のみなさんから熱い支援の声が寄せられ、ネットでの反響・共鳴が拡大した。

 そしてそれは、「支援したいけどどうすればいいのか?」、「差入れに行きたいけど
どこに行けばいいのか?」、「カンパを送りたいけどどこへ送ればいいのか?」等々の、
支援の具体を問う声に具体で答えきれないもどかしさにもつながった。

 しかしもう大丈夫!
 「関西の生コン関連産業という限定された土俵ではあっても、『総労働対総資本の闘い』、『新自由主義政治を打倒する明白で先進的な闘い』として浮上している、生コン
関連スト闘争を全国民衆の総力で勝利させよう!」、
という澎湃たる動きが、先週から東京と大阪を軸にして一挙に湧き起こり、「生コン
スト支援・緊急共同アッピール」運動として具体化したのだから!

 全国の心ある人々・団体は、直ちに、この「緊急共同アッピール」の「呼びかけ人」
なり「賛同人」なりに名前を連ねて欲しい。そして電撃的な勢いで知人友人、友好団体
にもそれを広げてもらいたい。

★今必要な事は「緊急共同アッピール」の電撃的爆発的な拡大だ!
 ・盆休み8/13(金)まであと4日しかない! 
 ・今週早々に「緊急共同アッピール」を全国に、電撃的爆発的に拡大させよう!
 ・8/11(水)には東京でこの「緊急共同アッピール」の記者会見が予定されているよう
  だ。

★8/11(水)東京記者会見までに電撃的・圧倒的に「呼びかけ人」・「賛同人」を集めま
 くって、その分厚い支持を持って、マスコミに示し、ゼネコンに突きつけ、政府に迫
 ってスト闘争の勝利確認をもぎ取ってやろうではないか!

  そういう「関西ー全国ー首都決戦」展開が出来るかどうかは、みなさんの支援に
 かかっている。

★いよいよ決戦だ!「ここがロドスだ!」。ここで跳ぼう!「緊急共同アッピール」
  に賛同を!
  この夏を「新自由主義政治を労働者の産業ストで打倒する最高に痛快な夏」にする
 ために!
    ↓↓↓
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
▼KU会スタッフさん:
>関西生コン関連ストライキを支援する
>              「緊急共同アッピール」への賛同のお願い
>
> 関西の地で、中小企業と労働者が生き残りをかけたストライキに決起し、この8月で2ヶ月目に入りました。
 連帯ユニオン関西地区生コン支部をはじめ4労組は、7月2日以降、生コン、セメント輸送、生コン圧送の使用者側にスト通告しました。

 生コンの適正価格の収受こそが中小企業の存続を可能にし、労働者の雇用確保、賃上げ、労働条件改善の原資になるとの認識で一致し、業種の異なる300社以上の中小企業を網羅するストとなっています。大阪の多くの建設工事が滞る事態となっています。
>
> 背景には、「需要減・価格下落による各社倒産の危機に直面し、『座して死を待つのか、立って闘うか』しかない状況」があります。
 6月27日「生コン関連業界危機突破!総決起集会・デモ」に近畿一円の生コン関連事業者が一同に会し、大阪・兵庫を先頭に、生コンの適正料金収受に取り組むこと、適正料金を支払わない場合は出荷を拒否するとの決意を明らかにしました。
>
> しかし、竹中工務店などゼネコン・商社は工期を遅らせてでも拒否する対決の姿勢を鮮明にしています。
 しかも、不公正な取引方法の禁止や優越的地位の濫用という独占禁止法違反の危険を冒してまで、足並みをそろえて長期にわたり拒否を続けています。

 ゼネコン・建設独占が、ストライキをする労働者、ストを受けている生コン工場やバラ輸送業者など関連300社をはじめ、ゼネコンが工事を止めているために影響を受ける建設関連の労働者・中小零細企業・自営業者など、万単位の膨大な数に上る人々を兵糧攻めにして、ストつぶしをめざしていることは明らかです。
 ゼネコンは、零細生コン工場や下請ごときは、仕事を干せば解決すると考えています。
>
> これほど大規模かつ長期のストライキは、関西生コン業界57年で初めてです。
 現在、闘争中も生活費捻出や資金繰りに奔走しなければならず、その身を切るような
痛みを抱えつつ、ストライキは続いています。
 これはとりもなおさず、労働者と中小企業の生き残りをかけた頑張りであり、同時にゼネコンの結束した中小企業つぶし、労働運動つぶしとの闘いであることも明らかです。
>
> 私たちは、関西のこのストライキを支援します。さらに、社会道徳に反する巨大企業の横暴に対し、法的及び社会的規制を強める世論の喚起に努めていくものです。
>
> 事態の緊急性を考慮し、スト支援の「緊急共同アッピール」にご賛同いただけますように、心からお願い致します。    
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 
> 2010年8月3日 緊急アッピール発起人              
>  本山美彦(「変革のアソシエ」共同代表) 矢山有作(元衆議院議員)
  里見和夫(弁護士)
> 尾形 憲(法政大学名誉教授) 田淵太一(同志社大学教授) 永嶋靖久(弁護士)
> 大野和興(ジャーナリスト) 斎藤日出治(大阪産業大学経済学部教授)
  安次富浩(名護・ヘリ基地反対協共同代表)
>                                                      (8月3日現在、順不同)
>ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
> 連絡先
>「スト支援 緊急アッピール」事務局
>「変革のアソシエ」関西事務所気付(担当 細野)
   TEL 06-6382-5677 FAX 06-6328-4701
>-------------------------------------------------------------------------------> ◇上記呼びかけに賛同される方は、呼びかけ人・賛同人になってください◇ 

> 呼びかけ人・賛同人になっていただける方(個人・団体)は、下記内容をご記入の上、メールもしくはFAXにて事務局までご送信下さい。
> 
> [ご記入いただく内容]
> 1.個人
> 1.「呼びかけ人になる」あるいは「賛同人になる」
> 2.氏名
> 3.職業・肩書
> 4.住所
> 5.電話・メールアドレス
> 6.氏名の公表の可否
>
> ●賛同署名用紙(個人用)>>http://www.geocities.jp/strike_shien/kojin.pdf
>  (これを印刷してご記入の上、FAXにてご返信下さい)
> 
> 2.団体
> 1.「呼びかけ団体になる」あるいは「賛同団体になる」
> 2.団体名
> 3.代表者名
> 4.住所
> 5.電話・メールアドレス
> 6.団体名の公表の可否
>
> ●賛同署名用紙(団体用)>>http://www.geocities.jp/strike_shien/dantai.pdf
>  (これを印刷してご記入の上、FAXにてご返信下さい)
> 
> [返信先メールアドレス]strike_shien@yahoo.co.jp
> [返信先FAX番号](東京)03-3389-8573 
            (大阪)06-6328-4701
> 
>●ご記入戴いた情報は、この応募用紙の主旨以外の目的に使用することはありません。
>
>●連絡先
>  「スト支援 緊急アッピール」事務局
>  (東京)(担当 高野)TEL03-3389-8572 FAX03-3389-8573
>  (大阪)「変革のアソシエ」関西事務所気付
      (担当 細野)TEL06-6382-5677 FAX06-6328-4701
> 
> ●スト支援・緊急アッピールのブログ>>http://blogs.yahoo.co.jp/strike_shien
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6; .NET CLR...@i58-94-100-189.s04.a027.ap.plala.or.jp>

:ストライキ支援「緊急共同アッピール」大阪事務局連絡先の訂正
←back ↑menu ↑top forward→
 KU会スタッフ E-MAIL  - 10/8/9(月) 17:43 -
  
 スト支援「緊急共同アッピール」に多数の方が続々とご賛同いただいております。本当にありがとうございます。
 
 ここで、大阪事務局の電話番号の間違いが分かりましたので、訂正し、お詫びいたします。
 
(誤)TEL06-6382-5677
(正)TEL06-6328-5677
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; YTB730; .NET CLR 1.1.4...@ntoska010248.oska.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp>

■徳山倒産で大混乱の建交労。8/6赤旗記事で闘争カッコの内実は・・戸田のズバリ指摘
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 10/8/9(月) 19:38 -
  
 7/28赤旗近畿版で「スト破壊宣伝」を派手にブチ上げた共産党が、今度は8/6(金)
赤旗近畿版で、「連帯労組主導の出荷停止のせいで徳山生コンが潰れた!」、「現場の
建交労は7/30倒産に断固反対し、工場占拠を続けて闘っている!支援を!」という大き
な記事を載せた。

 これがまた7/28赤旗に続いて、共産党を批判し茶化す「日本共産党・民青同盟悪魔の
辞典+キンピー問題」ブログ http://kinpy.livedoor.biz/ に掲載されて話題を呼んだ。
 この記事を見て戸田がコメントを出したので、これを紹介していく。
 連帯労組と建交労が、実は昨年まで約10年間も「5労組共闘」で共闘していた、
とかエッ?と驚く事実も出しているから、注目して欲しい。
 
参考:
●共産党が突如7/28赤旗で「ストは業者の迷惑!出荷再開を」とスト破壊宣伝の愚挙!
戸田 - 10/7/30(金) 14:31 -
   http://www.hige-toda.com/x/c-board/c-board.cgi?cmd=one;no=6548;id=01#6548
▲「日本共産党・民青同盟悪魔の辞典+キンピー問題」ブログの7/28記事:
   自分たちがやると正当、他の組織がやると悲鳴だとw 
     http://kinpy.livedoor.biz/archives/51849521.html
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 さて、「日本共産党・民青同盟悪魔の辞典+キンピー問題」ブログの8/6記事:
  ▲徳山生コン倒産・建交労値上げ要求に方針転換ということで今日の赤旗近畿面
    http://kinpy.livedoor.biz/archives/51852467.html#comments
   建交労は出荷再開とあわせて値上げ交渉すべきだと「見解」を発表したそうであ
   る。
   一週間前の「生コン価格などの精力的な協議」から一歩踏み込んだと言うか、連帯
   に寄り添ったと見るべきか? 
          クリックしたら拡大します。
  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   この記事を見て、戸田が出したコメント
     ↓↓↓
 管理人さん、8/6赤旗記事アップありがとう!戸田がこちらに気づいたのが8/7夜、連帯
生コン支部に電話したら役員も知らなかったでのFAXとメールで伝達。
 (スト中ゆえ土曜夜でも支部に人がいる)
 これから当分は、「連帯生コン支部でもキンピー問題ブログを毎日チェック」するよう進言しときます。
 お礼も兼ねて戸田の分析や情報を少し書きます。

1:徳山生コンの7/30倒産で建交労が本当にケシカラン!と怒って本気で「連日闘争」し
 てるんなら、なぜ赤旗は8/6(金)になってやっと報道するのか?
 なぜ建交労関西支部HP http://www.ctg-kansai.com/  に今8/7午後5時段階でもそ
 ニュースが全然なく、深夜になってやっと「●闘争宣言」がちょろっと載せられたの  か?
  ホントのところは、建交労幹部は事前に会社側と手打ちをして倒産を了承し、ほとん
 どろくな補償も取らずに(退職金も無し!)労働者を放り出したが、その冷酷さを各方
 面に宣伝され、連帯労組が積極的に労働者救済・連帯加盟オルグを進めたもんだから、
 慌てて「闘争形式」を取ったのだろうとしか思えない。

2:関西生コン業界ではもともと力の弱い建交労だが、ここ1年くらいは労働条件切り下
 げ容認とか組合員の苦境放置が酷くて連帯に組織移行する組合員が増えている。
  生活苦で自殺した組合員までいるのに、遺族のための補償どころか当然支払われるべ
 きに退職金すら取ってあげようとしない、という冷酷ぶりには連帯側も呆れている。
  (これらは全て事実に基づいて連帯側でビラも出している事)

3:実は、連帯労組は建交労に「大人の対応」を続け、約10年間も共闘体制(5労組共
 闘)を続けて来た。1984年に共産党と「骨肉の争い」を経て分離独立した連帯労組だけ
 ど、(共産党側労組は、当初は「運輸一般」で2000年頃に「建交労」に名称変更され     た)
 1999年あたりには「大資本・権力に対する大同団結」として「5労組共闘体制」を作っ
 て、2005年・06年の連帯連続弾圧の時も解体させずに(建交労も離れずに)その体制
 を維持してきた。

  共産党側は生コン支部の財政や会館乗っ取りが出来ず(裁判で継承否認判決)、産業 政策では連帯・武委員長側にとても太刀打ちできない弱体労組なので、赤旗等では連帯
 労組を不倶戴天の永遠の「民衆の敵」であるかのように描きつつも、生コン労働運動の
 現場では連帯生コン支部に牽引されて「平和共存」して実利を得てきたのが実態だっ  た。
  (05年連続弾圧の呼び水になるような誹謗宣伝を連帯に対してやったり、弾圧中は大
   企業ともども「これからは建交労の時代」と浮かれたりはしたが)

  ちなみに、例えばバラ(粉)セメント輸送をする業者組合である「近畿バラ協」の
 06年や07年の「労使セミナー」の記録を見たら、5労組で参加していて、連帯の武委員
 長も建交労の長島委員長も参加して挨拶を行ない、長島委員長がパーティでの乾杯の音
 頭を取っている。意見の違いは確かにあるが一応大同団結している。

  建交労のセメントメーカーべったり・ゼネコンべったりの姿勢があまりに酷くなり、
 運動破壊の弊害が大きすぎて(08年の関西宇部生コン事件では権力弾圧に加担)、連帯
 も公開批判に踏切り、5労組共闘が正式に崩壊したのは実に2009年になってからだっ
 た。
  赤旗・建交労ニュースを見ると、とてもつい昨年まで約10年間も共闘してきた仲と
 は誰も思わないだろうが・・・・・。

4:金銭疑惑で公開追及されているのは建交労の側で、セメント・生コンの労使で作るセ
 メント輸送問題の専門委員会(「バラ専」)について、「大阪広域協代表がバラ専を消 滅させるために建交労幹部に1000万円渡した」事が発覚し、連帯からビラでバシバシ追
 及されて窮地に陥っている。建交労は連帯労組を名誉毀損で訴える事も出来ず、苦しい
 言い訳と「連帯は金権集団だ!」というデマ宣伝で逃れようとあがいている。

5:連帯労組と中小企業主体の協同組合運動の前進を「自分らの居場所を失わせるもの」
 と嫌悪する建交労は、協組まで激しく誹謗中傷するデマ文書を配布しまくったので、と
 うとう協組のひとつの「近畿バラ協」(近畿バラセメント輸送協同組合)から「名誉毀 損で1000万円の損害賠償訴訟」起こされるに至っている。(5月か6月頃に)
  第1回の口頭弁論には建交労は誰も傍聴に来ずに弁護士任せ、という体たらくだっ  た。
  (建交労の敗訴に終わるだろうと、戸田は思っている。)

6:スト闘争は刻苦奮闘のかいあって、「生コン発注先の7割が適正(値上げ)価格を承  認」、「残る主敵は竹中組+住商コンビのみ」と、大きな前進を勝ち取っている。
  そして著名人・有識者を先頭にして<関西生コン関連ストライキを支援する「緊急共
 同アッピール」運動>が急速に始まった。近々記者会見などもされるだろう。

  詳しくは連帯生コン支部HP http://www.kannama.com/index-2.html
      KU会ブログ    http://blogs.yahoo.co.jp/ku_kai2006  などで。
 (記者会見などの動画をYUチューブ出来るかもしれない)

■最後に。「のんちゃん」については、当初「底意地の悪い反左翼主義者の中でケナゲに
 孤軍奮闘しているマジメな共産党支持者」と思っていましたが、それなりの年齢と社会
 体験があるにも拘わらず、ここまで無知・反動・不誠実な共産党への思考依存症とは思
 いませんでした。私の持てる余力ではこういう人を相手にする事は断念します。
  ネットウヨの共産党版を見る思いですな。  

■共産党ー建交労ー「のんちゃん」の窓から見ると、
  ・「生コン発注先の7割が適正(値上げ)価格を承認!」のスト戦術成果は、
    ⇒建交労の出荷再開要求と生コン価格是正要求の成果!となり、

  ・「竹中も含めた全体が適正(値上げ)価格を承認!(スト勝利)」となったら、
    ⇒建交労が進めた「社会的支持を得る運動」によって勝利できた! 
 となるんでしょうな・・・・・・。

  実際には「スト闘争にさんざん妨害敵対しておいて、勝利の分け前はちゃっかり得  る」ということなんだけど。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6; .NET CLR...@i58-89-132-210.s04.a027.ap.plala.or.jp>

関西のスト情報第7弾〜戦況報告〜
←back ↑menu ↑top forward→
 KU会スタッフ E-MAIL  - 10/8/9(月) 21:34 -
  
<戦況報告>
 
 関西の生コン関連ストライキを支援する緊急共同アピールへのご協力に感謝します。発起人(呼びかけ人)・賛同人になっていただいている皆様には本当に感謝の念にたえない。アピールの存在そのものが、ゼネコンには大きな脅威となっており、その上、多くの人々が賛同するということになれば、ますますゼネコンが窮地に立つのは必定だ。今、追い風が吹いている。一層のご賛同をお願いする。
 
 また、8月11日(水)東京にて、監督官庁である国交省・経産省への申し入れや記者会見も予定されている。焦点のスーパーゼネコンは、独禁法違反のリスクを負い続けて、対決し続けるのだろうか。しかし、後に詳述できる時期が来るだろうが、ある日を境に帰趨を決したと思われる。現時点で、大勢は生コン価格の値上げを容認したといえる。
 
 持久戦に持ち込んだゼネコンの中小労組・中小零細企業への兵糧攻めは、そのまま、発注者に約束した工期の遅延になっていく。当該ゼネコンは発注者の信用失墜、損賠提起のリスクに耐えられるのか。追い詰められているのは明らかにゼネコン・商社である。峠は越しつつあると思うが、この時期には何が起こるかわからない危険性がある。資本と権力の敗色濃い戦況の中、無理押しの暴発を防がなくてはならない。

 そのためにも、大きな支援の輪を広げて欲しい。資本と権力に対する大衆的包囲網こそが大きな抑止力となる。

(ブログ・KU会通信より>>http://blogs.yahoo.co.jp/ku_kai2006
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; YTB730; .NET CLR 1.1.4...@ntoska010248.oska.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp>

★ついに竹中も折れた!ストは勝利に近付く!スト支援アピール賛同も急速に拡大!
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 10/8/11(水) 11:58 -
  
 (阿修羅掲示板への投稿)

◎ついに竹中も折れた!関西生コンストは勝利に近付いたぞ!
   スト支援アピール賛同も急速に拡大!(戦況報告)
      投稿者 ヒゲ-戸田 日時 2010 年 8 月 11 日 10:01:54
     http://www.asyura2.com/10/senkyo92/msg/244.html

    ◎盆前に世論結集で勝負だ!「関西生コン関連ストライキを支援する
      緊急共同アッピール」の電撃的拡大を! ヒゲ-戸田 8 月 09 日
        http://www.asyura2.com/10/senkyo92/msg/140.html
    の続報です。

 タイトルで言う「竹中」は、関西で生コンスト・生コン価格適正化値上げに最も敵対
してきたスーパーゼネコン・竹中組のことですが、関西の生コンストが竹中組の姿勢を
うち破ったということは、同時に稀代の売国詐欺学者=竹中平蔵が敷いてきて今も続い
ている新自由主義経済路線をうち破った、という事でもあります。実に喜ばしい!

 これは、「竹中のようなスーパーゼネコンが安値価格強制を業界に強いるのは独禁法
違反ではないか?」という指摘をスト側が強く打ち出してスーパーゼネコンをたじろが
せた成果でもあるようです。(頭脳戦・宣伝戦)

 また、このストライキ闘争を支援する「関西生コン関連ストライキを支援する緊急共同アッピール」 全文⇒ http://blogs.yahoo.co.jp/strike_shien/folder/341958.html
も急速に拡大しており、国会議員では大阪の民主党の稲見哲男衆院議員、社民党の服部
良一衆院議員が「呼びかけ人」に早くから加わり、同じく大阪の民主党の辻恵衆院議員
が「賛同人」に加わっています。
 自治体議員も「連帯ユニオン議員ネット」を主として数多く加わっており、続々増加
の勢いです。

★そして、あの三井環(元大阪高検公安部長)も早くから「呼びかけ人」に加わっていま
 す!
  かつては労組ストを弾圧する指揮官の側にいた公安検事部長が、今はスト支援の側に
 はっきりと立つなんて、歴史の進展を如実に感じさせる出来事です。
 (みなさん自身もこのアピール賛同に加わって欲しいし、各方面著名人への呼びかけ伝
  達も広げて欲しい)

 その嬉しく含蓄のある報告をじっくりご覧下さい。
   (「油断大敵」をスト側は心得て頑張っています)
    ↓↓↓
◆関西のスト情報第7弾〜<戦況報告>
   ブログ・KU会通信より>>http://blogs.yahoo.co.jp/ku_kai2006
 関西の生コン関連ストライキを支援する緊急共同アピールへのご協力に感謝します。
発起人(呼びかけ人)・賛同人になっていただいている皆様には本当に感謝の念にたえ
ない。
 アピールの存在そのものが、ゼネコンには大きな脅威となっており、その上、多くの人々が賛同するということになれば、ますますゼネコンが窮地に立つのは必定だ。
 今、追い風が吹いている。一層のご賛同をお願いする。
 また、8月11日(水)東京にて、監督官庁である国交省・経産省への申し入れや記者会見も予定されている。

 焦点のスーパーゼネコンは、独禁法違反のリスクを負い続けて、対決し続けるのだろうか。
 しかし、後に詳述できる時期が来るだろうが、ある日を境に帰趨を決したと思われる。現時点で、大勢は生コン価格の値上げを容認したといえる。
 
 持久戦に持ち込んだゼネコンの中小労組・中小零細企業への兵糧攻めは、そのまま、
発注者に約束した工期の遅延になっていく。
 当該ゼネコンは発注者の信用失墜、損賠提起のリスクに耐えられるのか。
 追い詰められているのは明らかにゼネコン・商社である。

 峠は越しつつあると思うが、この時期には何が起こるかわからない危険性がある。
 資本と権力の敗色濃い戦況の中、無理押しの暴発を防がなくてはならない。
 そのためにも、大きな支援の輪を広げて欲しい。資本と権力に対する大衆的包囲網こそが大きな抑止力となる。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
   ☆ブログ 連帯で行こう!☆
◎最後の大詰め、生コンストライキ。昨日(8/9)のニュース
   (テレビニュースの動画はめ込みで有り!)
  梅田北ヤードの工事が再開  生コン業界労組の一斉ストで中断
    http://blogs.yahoo.co.jp/rentai0868/MYBLOG/yblog.html
 生コンクリート業界の労働組合が一斉にストを行い、1ヵ月にわたって工事が止まっていた大阪の梅田北ヤードで、9日から本格的に工事が再開しました。
 梅田北ヤードの建設現場には、約1ヵ月ぶりにミキサー車やポンプ車が戻り、コンクリートを流し込む工事が始まりました。

 大阪のほとんどの大規模工事現場では、先月初めから生コン業界の4つの労働組合が一斉にストを行ったため、工事がストップするという異例の事態となっていました。
 生コン業者によりますと、生コンの価格はゼネコンの買いたたきで、定価の3分の2に押さえられていて、倒産を回避するために業界をあげて値上げを求めてきました。

 そして現時点で、7割以上の工事現場でゼンコンが一定の値上げに応じたため、段階的に工事が再開されたもので、お盆明けには全面的にストが解除される見通しです。 ( 2010/08/09 14:17 更新)
 
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆「関西生コン関連ストライキを支援する緊急共同アッピール」
  その全文⇒ http://blogs.yahoo.co.jp/strike_shien/folder/341958.html
◇ 呼びかけ人・賛同人一覧 (8/5(木) 午後 7:17段階)
      http://blogs.yahoo.co.jp/strike_shien/folder/341964.html
【呼びかけ人】(順不同)
本山美彦(「変革のアソシエ」共同代表)
矢山有作(元衆議院議員)
里見和夫(弁護士)
尾形憲(法政大学名誉教授)
田淵太一(同志社大学教授)
永嶋靖久(弁護士)
大野和興(ジャーナリスト)
斉藤日出治(大阪産業大学経済学部教授)
安次富浩(名護・ヘリ基地反対協共同代表)
稲見哲男(民主党衆議院議員)
山下けいき(茨木市議会議員)
さとうしゅういち(生存ユニオン広島委員長・民主党員)
前田年昭(思想誌『悍』編集人)
木村真(豊中市議会議員、北大阪合同労働組合執行委員)
服部良一(社民党衆議院議員)
藤井幸之助(コリアン・マイノリティ研究会世話人)
三井環(元大阪高検公安部長)
橋野高明(同志社大学人文科学研究所・研究員、日本キリスト教団・牧師)
戸田ひさよし(前門真市議・連帯ユニオン議員ネット代表)
松平要(東大阪市議会議員)
三浦たけお(守口市議会議員)
吉川ひろし(千葉県議会議員)
砂川次郎(元志賀町議会議員)
堀之内洋一(NPO法人「かごしまホームレス生活者支えあう会」理事長)
堀田哲一郎(鹿児島国際大学福祉社会学部教授)
平岡誠(三次市議会議員、動労西日本特別執行委員)
近藤ゆり子
小川正哉(国鉄西日本動力車労働組合執行委員長)
金沢俊二(国鉄西日本動力車労働組合書記長)
要宏輝(元連合大阪副会長、元大阪府労働委員会労働者委員)
中村研(労働組合なにわユニオン書記次長)
渡部伸二(東温市議会議員)
田中丈悦(堺市議会議員)
木下武男(昭和女子大学教員)
吉岡力(パナソニックPDP偽装請負事件争議当該)
桑代俊博(なかまユニオン書記長)
--------------------------------------------------------------------------------

【賛同人】(順不同)
大洞俊之(立川自衛隊監視テント村・元反戦ビラ弾圧事件被告)
二関知美
桑野浩一(無職渡世)
加藤和博
高幣真公(自営・レイバーネット日本)
加藤裕明(会社員)
竹内彰一(自由業)
渡海優(会社経営)
本田直明(管理職ユニオン・関西執行委員長)
伊副達彦(管理職ユニオン・関西副執行委員長)
村上洋一(管理職ユニオン・関西副執行委員長)
仲村実(管理職ユニオン・関西副執行委員長)
大浜和明(管理職ユニオン・関西書記長)
平野克典(管理職ユニオン・関西執行委員)
久保雅司(管理職ユニオン・関西執行委員)
田中雅雄(管理職ユニオン・関西執行委員)
伊藤和良(管理職ユニオン・関西執行委員)
井出窪啓一(なかまユニオン執行委員長)
土屋典子(吉岡さんをパナソニックの職場に戻し、人権侵害・不当な雇い止めなくす会
       事務局長)
原田実(中京大学教授)
中沢浩二
蒲牟田宏(関西合同労働組合兵庫支部執行委員長)
長谷川正夫(被災地雇用と生活要求者組合)
石田勝啓(関西合同労働組合執行委員長)
乱鬼龍(清掃)
伊田広行(立命館大学大学院非常勤教員・ユニオンぼちぼち副委員長)
松尾哲郎(自営業)
松尾和子(縫製職人)
岡田昭治
西川雄二
松村紀之(非正規労働者)
けしば誠一(杉並区議会議員)
今井誠(国労北奥羽連合分会書記長)
古屋寛生(戦争・差別・貧困とたたかう学生グループ「あすじゃ」事務局員)
古川一夫(労働組合執行委員長)
国賀祥司(泉佐野市議会議員)
杉山隆保(毎日新聞労働組合元本部書記長)
渡辺学
平尾真吾(反貧困ネットワーク広島会員)
亀高照夫(大道代表)
山岸康男(管理職ユニオン・関西組合員)
車井忠司(管理職ユニオン・関西組合員)
小沢福子(大阪府議会議員)
稲垣浩(北大阪合同労働組合執行委員長)
出治米修(北大阪合同労働組合副執行委員長)
中川幹雄(北大阪合同労働組合副執行委員長)
津林邦夫(北大阪合同労働組合書記長)
一ノ瀬輝博(北大阪合同労働組合執行委員)
北岡和幸(北大阪合同労働組合執行委員)
新美孝(北大阪合同労働組合執行委員)
松岡功倫(北大阪合同労働組合執行委員)
綾目広治(大学教員)
竹井明博(管理職ユニオン・関西執行委員)
森博行(弁護士)
細川達美(安城運送乗務員、ユニオン分会書記長)
辻恵(民主党衆議院議員)
久野秀明(自衛隊イラク派兵差止訴訟の会事務局長)
金靖郎(生協職員)
大和田幸治(全国金属機械労働組合港合同事務局長)
酒井徹(名古屋ふれあいユニオン運営委員長)
小西誠(団体役員)
伊藤公雄(『インパクション』編集委員)
太田武二(組合役員)
矢野幸(なかまユニオン書記次長)
深江伊都子(なかまユニオン執行委員)
山田光一(なかまユニオン大阪府教職員支部支部長)
親家宣保(なかまユニオン)
黒土康隆(なかまユニオン執行委員)
永嶋里枝(弁護士)
中島光孝(弁護士)
養父知美(弁護士)
----------------------------------------------------------------------------

【呼びかけ団体】(順不同)
京都生協の働く仲間の会
愛知連帯ユニオン
管理職ユニオン・関西
国鉄西日本動力車労働組合
行動する会働き人
-----------------------------------------------------------------------------

【賛同団体】(順不同)
生存ユニオン広島
ビデオプレス
関西合同労働組合
関西合同労働組合兵庫支部
立川自衛隊監視テント村
三多摩合同労働組合
北大阪合同労働組合
名古屋ふれあいユニオン
日本人民委員会
なかまユニオン
             ※現在も続々と増えています!今後の報告にご期待下さい。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【参考】:生コンゼネストに関する過去の戸田投稿(新しいものが上)
    (以下略)
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6; .NET CLR...@i58-89-132-98.s04.a027.ap.plala.or.jp>

☆スト渦中当事者の労組と業者が本日8/11東京に乗り込み3時に記者会見!報道要請を!
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 10/8/11(水) 12:12 -
  
 (これも阿修羅投稿。転載大歓迎!)

◎スト渦中の当事者の労組と業者有志が本日8/11東京に乗り込み3時に記者会見!
  マスコミに報道要請を! ヒゲ-戸田 日時 2010 年 8 月 11 日                   http://www.asyura2.com/10/senkyo92/msg/250.html

 この歴史的な産業ストライキ闘争の渦中の当事者達が、本日8/11(水)に東京に乗り込
んで昼一番で国交省、経産省に訴えを行ない、その後3時から厚労省の記者クラブで記
者会見を開きます!
 この件について、スト労組もストを受けている協同組合も網羅している「社会資本政
策研究会」という団体がマスコミ各社に8/10夕方に送ったFAXがあるので、それをまず
紹介します。  ↓↓↓
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 報道機関 各位 様
           2010年8月10日 
                  社会資本政策研究会
             〒553-0032 大阪市東淀川区淡路3-6-31協同会館アソシエ内
                    電話;06−6326−5500
                    FAX;06−6326−5561 

  謹啓 FAX送信、失礼いたします。
  当会は近畿2府4県の生コン関連産業の経営者団体・中小企業5百余社と6つの労働
 組合、研究者、有識者、国会議員顧問、自治体議員相談役によって昨年12月に結成され
 た政策研究・提言団体です。
 
  この間、大阪府一円と阪神地区では、2010春闘と業界立て直し=生コン価格値上げ
 適正化を促す生コン関連産業ストライキが7月2日より展開されて40日にならんとして
 います。
  この日本史上前代未聞の事態にあたって、別紙に紹介していますように、一方で
 知識人、議員、社会運動家の人々を先頭として<関西生コン関連ストライキを支援する
 「緊急共同アッピール」>が急速に沸き起こり、一方で強固な抵抗勢力である大手ゼネ
 コンがようやく態度を軟化させ、中小企業中心の業界労使の要望に沿った事態収拾の灯
 かりがほの見えてきました。
   
  かかる状況におきまして、あす8月11日(水)、渦中の当事者たるストライキ実施の生
 コン関連4労組と生コン関連経営者有志10数名が上京し、経産省・国交省と話し合を行
 い(官庁としてはヒアリング)、その後午後3時から厚労省記者クラブで記者会見を行
 なう運びとなりました。
 
  報道機関各位におかれましては、この8/10記者会見とその報道、および関西の生コン
 ストの推移にご注目されますよう、ご紹介をさせていただきます。      敬白

           = 記 =
     8/11(水) 関西の生コン関連4労組・経営者有志の上京記者会見

      ◎時間と場所:午後3時から。厚労省内に記者クラブにて。
      
        主催:連帯ユニオン(全日本建設運輸連帯労働組合)中央本部
           〒101-0032 東京都千代田区岩本町3-6-5 木所ビル
           TEL 03-5820-0868 03-5820-0868  FAX 03-5820-0870   
           
      ※ 8/10記者会見に関するお問い合わせは、上記「連帯ユニオン中央本部」
        までお願いします。
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※ この官庁直訴、記者会見は連帯ユニオン中央本部が設定したもので、そこから厚労省
 記者クラブに取材要請が出されていると思うが、「記者クラブ」のことゆえ、クラブ加
 入社以外の取材は出来ないことになる。
  それでも、関西の生コン業界で大事件が起こっている事や、その当事者達が上京して
 記者会見を行なう、という事実自体をできるだけ広範なメディアに伝えて関心を喚起
 し、記者クラブ加入社にしても「厚労省記者クラブ」内だけの判断でなく東京本社や大
 阪本社に関心を持ってもらうために、このFAXは発信されている。

  首都圏の新聞テレビ通信社はもちろんのこと、関西の新聞テレビや業界紙、日刊ゲン
 ダイや夕刊フジ、週刊「金曜日」に雑誌「SPA!」なども送信先に含まれ、計50社超
 にのぼっている。
   
◆が、しかし。
  大阪であれほどの長期大ストが続いても報道は超極小という今のマスコミ体質で、
 東京の官庁記者クラブでの記者会見がしっかり報道されるかは、はなはだ心許ないのが
 現実です。

★そこで、戸田からみなさんへにお願いです。
  下に東京の新聞テレビ通信社の電話FAXの一覧を上げましたが、ぜひこれらの社
 に、おひとり1社でもいいですから、
  「今大阪で大問題になってる生コンのストライキについて、今日3時から、厚労省
   記者クラブで、当事者達が記者会見をする事が決まっているので(記者会見をした
   ので)、これをちゃんと報道して欲しい」

 旨の電話での要望やFAX送信をしてもらいたいのです。
  FAXの場合は、この投稿記事を印刷して、それに一言メモ書きで報道要望を書いて
 もらっても構いません。

▲今ネットでは、「生コンスト」と入力すれば関西の生コンストの記事がズラリと出てき ます。
  「トクヤマ」とか「竹中」とかの言葉で「ツイッター検索」しても同様です。
    (その大半が戸田発信の記事である事に戸田自身も驚いています)
  しかし、ご存じのようにマスコミは99%これを報道しようとせず、生活人の関心意
 識との乖離が甚だしいままです。

  それを是正していくのは普通の生活人からの「こんな重大事件をなぜ報道しないの
 か」という突き上げを重ねていく事が重要になります。(私達自身がテレビや新聞社を
 作れない状況では)
  どうかご協力よろしくお願いします。

 さあ、(せめて)東京の夜のテレビニュースで生コンストの記者会見が報道されるか?
 明日の朝刊各紙で8/11「大阪の生コンストで記者会見」の記事が掲載されるのか?
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【新聞・テレビの「ご意見・ご感想窓口」一覧】
↓    ↓    ↓
◆「朝日新聞東京本社」 〒104−8011 東京都中央区築地5−3ー2  
 代表電話: 03−3545−0131 社会部FAX: 03−3545−0285
- - - - - - - - - - - - - - -
◆「毎日新聞東京本社」 〒100−8051 東京都千代田区一ツ橋1−1−1 
  代表電話: 03−3212−0321  社会部FAX: 03−3212−0635
- - - - - - - - - - - - - - -
◆「読売新聞東京本社」 〒100−8055 東京都千代田区大手町1−7−1
  代表電話: 03−3242−1111  社会部FAX:03−3245−1277
- - - - - - - - - - - - - - -
◆「日本経済新聞社」 〒100−8066 東京都千代田区大手町1−9−5 
 代表電話: 03−3270−0251 社会部FAX: 03−5255−2633
- - - - - - - - - - - - - - -
◆「東京新聞」 〒108−8010 東京都港区港南2−3−13
 代表電話: 03−3471−2211  社会部FAX: 03−3474−9762
- - - - - - - - - - - - - - -
◆「産経新聞東京本社」 〒100−8077 東京都千代田区大手町1−7−2
 代表電話: 03−3231−7111 社会部FAX: 03−3275−8750
- - - - - - - - - - - - - - -
◆「ジャパンタイムズ」 〒108−8071 東京都港区芝浦4−5−4
  代表電話: 03−3453−5312  FAX:03−3543−5312
- - - - - - - - - - - - - - -
◆「共同通信社」 〒105−7201 東京都港区東新橋1−7−1 汐留メディアタワー
 代表電話: 03−6252−8000  社会部FAX: 03−6252−8761
- - - - - - - - - - - - - - -
◆「時事通信社」 〒104−8178 東京都中央区銀座5−15−8
 代表電話; 03−6800−1111 社会部FAX: 03−3543−2165
- - - - - - - - - - - - - - -
◆「NHK(日本放送協会)」 〒150−8001 東京都渋谷区神南2−2−1 NHK放送センター
 代表電話: 03−3465−1111 NHK視聴者コールセンター代表電話:0570−066−066
 コールセンターFAX: 03−5453−4000
- - - - - - - - - - - - - - -
◆「TBS(東京放送)」 〒107−8006 東京都港区赤坂5−3−6
  代表電話: 03−3746−1111 報道局FAX: 03−5571−2168
- - - - - - - - - - - - - - -
◆「日本テレビ放送網」 〒105−7444 東京都港区東新橋1−6−1
 代表電話: 03−6215−1111
 視聴者センター電話: 03−6215−4444
 報道局FAX: 03−3230−1271
- - - - - - - - - - - - - - -
◆「テレビ朝日」 〒106−8001 東京都港区六本木6−9−1
 代表電話: 03−6406−1111  報道局FAX:03−3405−3400
- - - - - - - - - - - - - - -
◆「フジテレビ」 〒137−8088 東京都港区台場2−4−8
 代表電話: 03−5500−8888  報道局FAX: 03−5500−7576
- - - - - - - - - - - - - - -
◆「東京メトロポリタンテレビジョン」 〒135−8070 東京都江東区青海2−38
 代表電話: 03−5500−1414  報道局FAX: 03−5500−1500
 お電話での受付 0570−00−1400

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【参考】:生コンゼネストに関する過去の戸田投稿(新しいものが上)
   (以下略)
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6; .NET CLR...@i58-89-132-98.s04.a027.ap.plala.or.jp>

関西のスト情報第8弾〜差別分断支配との闘い〜
←back ↑menu ↑top forward→
 KU会スタッフ E-MAIL  - 10/8/12(木) 17:15 -
  
<差別分断支配との闘い>

 業種・企業を超えた横断的で長期のストライキの困難さは誰もが想像できる。今回ストライキの大きな争点は、生コン価格の適正化にある。もちろん、10春闘に関わる政策要求としての統一理解はある。しかし、各業種・職種の労働者の利害やストライキで受ける不利益などに違いがある。また、同じ運転労働者であっても正規雇用と非正規雇用(日々雇用など)労働者の利害も大きく異なる。
 
 労働組合は闘争積立金を毎月積み立てている。しかし、その組合の歴史にも規定されて、闘積だけでは賄いきれない組合員も多くいる。生活費の工面も違う意味で闘いである。また、共闘する労組には労使協調型の旧同盟系の組合もある。長期ストライキどころか、要請行動にも慣れていない組合員が、音を上げずに頑張っている。
 
 正規雇用の生コン労働者だけが利益を享受する本工主義・生コン第1主義に基づくストではないと認識されている。労働者と中小企業との広義の共闘であることが実感されている。ストに参加するもの全員が、何のために闘うのか、何をしなければならないのかを理解し、実践する指導体制と組織体制があると理解するしかない。もちろん、内部には様々な人間模様がある。あるが、2ヶ月間整然と闘えるのだ。
 
 一方で、闘うふりをして、真に闘う者を後ろから攻撃することに専念する全日本建設交運一般労働組合関西支部(建交労関西支部)とUIゼンセン同盟関西セメント関連産業労働組合という労働組合がある。どこにも御用組合はあるので、ことさら言及する必要もないのだが、建交労関西支部は自分以外の闘う労組をつぶそうとする。
 
 旧来であれば、この勢力(特に、建交労関西支部)が連帯労組関生支部や生コン産労への権力弾圧に加担し、そのための下準備として、セメントメーカーやゼネコンの意向を忖度した一大キャンペーンを張る。
 
 しかし、今回はアリバイ程度にしか行動しないし、ビラの配布も少ない。1つには、適正価格の収受がない限り倒産するという危機にあって、さすがについてくる中小企業経営者や労働者が少ないということを肌で感じていること(職場の組合員に見放される)と、もう1つは、トクヤマというセメントメーカー直系の徳山生コンクリートが特別清算で閉鎖し、3工場の職場の組合員全員(40名と聞く)解雇されたことが大きい。
 
 建交労関西支部のショックは2点あると思われる。1点目は、長年付き添ってきたセメントメーカーに突き放されたことである。建交労関西支部の拠点職場であり、亡くなった前委員長の職場である。ここを潰された衝撃は大きい。建交労関西支部はセメントメーカーの代理人のごとく、メーカーと闘うものを攻撃してきたが、独占資本に肩入れしても、いざとなれば切り捨てられるということを実証して見せた。
 
 2点目は、徳山生コンクリートは1工場が神戸生コン協組に、2工場が大阪広域生コン協組(広域協)に加盟していた。メーカー直系といえども、出荷量の激減と生コン価格の下落で債務超過に耐えられなかったという「現実」である(もちろん、メーカーがまだ「24億円の年商で28億円の負債」に耐えることができたのかもしれない)。だが、トクヤマ以外にも、より大きいセメントメーカーの直系や準直系の工場が連続して整理されてきた。また、広域協では構造改善事業として、商工中金から融資を受けて、今年の3月末に26工場を廃棄・集約した。供給能力を削減するという労資共の痛みで需要減に対応した。さらに、協同組合が陥っている現状を抜本的に変えていく、より大きな中小企業運動、産業政策の闘いが不可欠であったのだ。従来は、連帯労組関生支部や生コン産労の中小企業運動を批判していればよかった。ストではなく話し合いで解決といっておけばよかった。今や、現局面の建設独占の必死さは、2ヶ月のストライキを構えることなしに、値上げなど認めない、ということがわかったのではないか。建交労関西支部指導部は、自らの路線の敗北を、徳山生コンクリート閉鎖と組合員の大量解雇という現実で証明されたことによって、より大きなショックを受けているといえる。

 だからといって、トクヤマというセメントメーカらしい、ストという時期を狙った一方的な工場閉鎖・解雇を断じて許すことはできない。解雇撤回を闘う職場の労働者にはエールを送りたい。本来、労働運動は組合員の要求に基づく団結を基礎におく。建交労関西支部批判だけではなく、労働運動という大衆運動の自発性自立性を拡大し共有できる力が必要だ。

 さて、労組と協組が連携する中小企業運動と言っても、スローガンだけでは進まない。生コン製造や輸送であれ、セメント輸送であれ、ポンプ圧送であれ、販売店や骨材業者であれ、その業態に沿った共同事業が成り立つための協議や共同の取り組み、あるいは、指導性や先見性が求められる。同時に、あらゆる妨害を撥ね退ける意志と行動力が不可欠となる。中小企業にとっての未曾有の危機という客観情勢と、主体的な長年の営みが、長期ストを支えているのではないだろうか。

 関西の生コン関連労働運動は、企業の枠にとらわれず、本工第1主義ではなく、日雇い(差別的ニュアンスを嫌い日々雇用労働者と呼んでいる)などの非正規雇用労働者の賃上げ、権利拡大を統一要求に掲げる。また、男性中心主義から性差別のない職場環境作りに取組んでいる。さらに、生コン工場の出入り業者、生コン輸送業者やセメント輸送業者のための適正運賃も要求するし、そのための行動でセメントメーカー系の生コン工場に「事件」を作られ、逮捕者まで出している。請負や自営業者の組織化も進めている。
 
 中小企業経営者は常に動揺する(と、客観的に規定される)。そして、300社の経営者が組織だってストライキに反旗を翻せば、ストライキは穴をあけられ、「事件」を作られる。2ヶ月といわず、1週間だって、ストをうてないのが日本の労働運動(中小企業運動)の実態であろう。
 
 今現在、ストライキは続き、しかも、大勢は値上げの容認という攻勢局面にある。最後を誤らなければ、また、資本と権力がとんでもない「事件」をでっち上げないならば(そのためにも大衆的包囲網をお願いしている)、ストライキは無事解除される。総括は残しながらも、典型として歴史的に意義を有する運動と評価されるだろう。
 
 さて、建設産業、資材産業には、学歴社会からはじかれた人々や在日や被差別部落大衆などが多く生活していると思われる。ここでの運動は、日本の差別構造と真正面から向き合うことなしにはありえない。あるいは、差別と被差別の関係を主体的に受け止める自己は、具体的に差別と闘うことを通して形成される。沖縄の闘いとの連帯もそうだ。
 
 関生支部の労働運動はこのことを明確に自覚している。経営者も労働者も、在日であったり部落大衆であったりする。あるいは、差別を許さない労働運動が、建設産業の中小企業運動を、人としての信頼を通して、背景で支えているのかもしれない。

(ブログ・KU会通信より>>http://blogs.yahoo.co.jp/ku_kai2006
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; YTB730; .NET CLR 1.1.4...@ntoska010248.oska.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp>

関西のスト情報第9弾〜緊張感を解く訳にはいかない〜
←back ↑menu ↑top forward→
 KU会スタッフ E-MAIL  - 10/8/12(木) 23:11 -
  
<緊張感を解く訳にはいかない> 

 昨日(8月11日)、長期ストライキが続く大阪の生コン関連業界と労組代表らが、業界正常化に向けたリーダーシップを行政がとることを求めて、参議院会館新館にて、生コン業の監督官庁である経済産業省住宅産業窯業建材課を呼んで、1時間30分交渉した。本来は国交省も呼ばれていたのだが、焦点であった竹中工務店などが価格交渉に応じたこともあって、役割は終わっただろうといわんばかりに交渉を直前に欠席した。

 確かに、独占禁止法に抵触していたであろう竹中などのゼネコンの動きを抑制したのかもしれない。竹中に、事態は拡大するばかりであり、監督官庁の責任問題や国民的関心事に発展する可能性を示し得たのかもしれない。ゼネコンの労働者・中小企業への兵糧攻めが、逆に自らの危機に転化し、いよいよ崖っぷちに追いこまれた時に、最後の一突きを受けたのかもしれない。

 あるいは、まったく関係なく力尽きた時期が重なっただけかもしれない。しかし、いずれでもよい。政治家や行政を活用するのは、闘いの1つの方法である。やるだけのことをすればよいのだから。

 同時に、マスメディアによる記者会見が1時間もたれた。東京の記者に、大阪のストライキの実態とストの背景、産業別労働運動、事業協同組合による中小企業運動が説明された。まったく放映もされず、記事にもされないのかもしれない。しかし、やるだけのことはする。闘いの間は、やれることは全部しよう。

 さて、生コン業界での夏季休暇は、8月13日(金)から8月17日(火)までとなっている。焦点の大阪広域生コンクリート協同組合の工場稼働も、明日13日に夏季休暇内ではあるが、一部ほんの少量稼働する。それ以外、17日まで工場はとまる。

 さて、労働組合では、組合結成した時に最も注意しなければならないのは、休日などを利用した、会社側の加盟組合員への組合脱退工作であると習う。闘いは、常に最悪の事態を想定し、対策できる用意が不可欠である。

 夏季休暇中にストライキ対策のための脱落工作がなされたり、休暇中に弾圧が開始され、一人ひとり逮捕されて実態が見えないまま各個撃破されていくかもしれない。または、勝利的展望を抱くストライキ側に大きな挫折感を与えるために、休暇明けの一斉弾圧が用意されているのかもしれない。公安(警備)警察・検察は、セメントメーカー、ゼネコン、商社、一部中小企業と連携し、一網打尽を画策しているかもしれない。国家権力に夏季休暇はない。

 ここに至ってそれはない。事態は生コン価格の値上げが容認されつつあり、ストライキへの弾圧はないだう、というのが大方の見解・感触である。そうあって欲しい。しかし、闘いの決着は下駄を履くまで分からない。夏季休暇で活動場所にいない方はともかく、何かあればすぐさま動ける精神状態にはしておこう。

(ブログ・KU会通信より>>http://blogs.yahoo.co.jp/ku_kai2006
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; YTB730; .NET CLR 1.1.4...@ntoska010248.oska.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp>

●政府官庁に労使で訴え次に繋いだ事自体が成果。役人対応は酷く報道も無しだったが
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 10/8/19(木) 8:17 -
  
 4労組と経営者有志が上京団を組んで政府官庁に訴え、次に繋(つない)いだ事自体
を成果だ、と思った方がよいようですが、役人の対応自体は、国交省からは出て来ない
し(竹中が新価格飲んだから、独禁法違反疑惑問題は考慮不要になった?)、経産省は「生コンの価格問題には介入できない」、「不満なら提訴すればいい。経産省は調査し
ない」等の「官庁として何もしない言い訳と居直り」に終始した、酷い内容だったよう
です。
 (後記の関西地区生コン支部HPや連帯ユニオン中央本部HP記事など参照)

 厚労省記者クラブでの記者会見も、記者からいろいろ質問があって1時間以上に渡っ
た事はいいとしても、内容的には「大阪だけなぜ生コン価格がそんなに高いんですか?」
に代表される価格競争的な価値観を土台としたもので、テレビカメラも来ていたものの、
結局何も報道されなかったようです。
 
 ま、厚労省記者クラブの記者のみならずマスコミ全般が、関西の生コン産業での産別
労働運動や協同組合運動の意義なんて何も知らないでしょうから、これも「次に繋ぐ」
ものとして考えるべきでしょう。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◎連帯ユニオン中央本部HP記事
 ◆生コンのストライキ事態をめぐり経産省に申し入れ(10.8.12)
    http://tu-rentai.jp/news/news100812.html
 8月11日、長期ストが続く大阪の生コン業界と労組代表らが、業界正常化にむけた
行政のリーダーシップ発揮を申し入れました。
 この日、ストが続く大阪から上京したのは、業者団体としては、大阪兵庫工組、大阪
広域生コン協組、阪神地区生コン協組、近畿バラセメント協組、近畿生コン輸送協組、
近畿生コン関連協組連合会の役員ら。
 労働組合は、連合交通労連生コン産労、全港湾大阪支部、全日建関西地区生コン支部、
近畿圧送労組の代表ら。
 全港湾、全日建から中央本部、関東支部の役員も参加しました。

 申し入れが行われたのは、新築されたばかりの参議院議員会館。
 経済産業省から、住宅産業窯業建材課の大川、鈴木、石井の3人の課長補佐が出席し
ました。
労組側から「要請書」(PDF)を手渡した後、1時間半にわたって業界正常化にむけた交渉が行われました。

 主なやりとりは以下の通りです。(Q=業界または労組代表、A=経産省)

Q:生コン価格の適正化を求めるストが1カ月半に及んだ。適正価格取引に応じたゼネ
コンの現場には7月下旬から出荷が再開されているが、大阪北ヤードなど超大型開発
 工事は休止状態が昨日まで続いた。
  ほぼ収束局面に入った段階にあることは事実だが、この事態がなぜおきたのかの認
 識が大事だ。
  大阪地域は、経産省も旗振り役の構造改善事業を全国に先駆けて実施している地域
 なのに、その大阪で、このままの価格では業界がまるごとつぶれる、ゼネコンは買い
 叩きを止めてほしいと労使が立ち上がったが、スーパーゼネコンがまともな価格改定
 交渉を拒否したために、これほどの事態に発展せざるをえなかった。経産省はどのよ
 うに認識しているか。

A:価格交渉は民民ベースのものなので行政はなかなか立ち入れない。構造改善が必要
 だとの認識に変わりはない。生コンが止まって工事が止まったことは認識している。

Q:大阪では大手ゼネコン(資材研究会)が歩調を揃えて価格改定に一切応じないとの
 態度を取った。これ自体、独禁法違反の疑いある。
  また、大手商社も、広域協組が再三の価格改定を申し入れたら、「そんなことを言
 うなら(既納分の)代金を支払わない」とまで発言した。
  協同組合が存在しているといっても、生コン業界とゼネコンでは力関係が圧倒的に
 ちがう。そのうえ、このような不公正な取引態度を取られたら、生コン業界は存続で
 きない。

A:独禁法違反の疑いがあるというなら、訴えればいい。

Q:暴言だ。裁判をやる余裕があるなら、ここにも来ていない。まず事態を調査してほ
 しい。

A:調べません。業界のあるべき取引携帯についてはガイドラインを作成中だ。

Q:大阪の現状は異常なできごとと認識していないのか?

A:生コンが止まって工事も止まっていることは知っている。

Q:関係者を呼んでヒアリングすることから始めてほしい。

A:7月初めに電話でいくつかの生コン業者から事情は聞いている。そのうえで、今回
 は価格交渉なので立ち入らないと決めた。

Q:そうすると、ふたたび今回のようなことがおきても仕方ないということか?

A:仕方ない。行政が動く法的根拠がない。

Q:採算割れ価格は品質不良につながるのは誰もが知っている。そんな商品特性をもっ
 ているから、70年代の異常な安値乱売に危機感を持った当時の通産省とセメントメ
 ーカーが公共建造物や消費者の安全を確保するために、「近代化6項目」を決め、
 協同組合の全国的な組織化をすすめた。
  今回もそれと匹敵する危機だと認識して、関係者のヒアリングから始めるべきでは
 ないか?

A:いまのところ考えていない。

*なお、この日は国交省にも申し入れを予定していましたが、直前になって省側から
  欠席するとの通告がありました。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◎関西地区生コン支部HPより 
    ●政策協議会と協組ら経産省に要請●
  http://www.kannama.com/news3/10.8.12/keisannsyouyousei.html

 生コン産業政策協議会を構成する労働組合代表らと関西のセメント・生コン産業各協
同組合・工業組合の代表らは8月11日、経済産業省を訪れ、生コンクリートの「適正価格
化に向けて関係者からヒアリングを行うなどして大阪府下の事態の円満な解決に資する
施策を講じるよう」要請を行った後、厚労省で記者会見を行った。

 生コン産業政策協議会と近畿コンクリート圧送労働組合の4労組は、生コン適正価格化を求めて7月2日からゼネストに突入しており、梅田北ヤードなど大阪府下の工事現場
は施工休止状態となっていた。
 23日より適正価格に応じる物件から施工が開始され、大阪広域協組の契約する物件の
7割以上で出荷が行われているが、協組が決定した適正価格に応じない大手ゼネコンが
存在するため、未だ労組のストライキは全面解除されていない。

 今回の要請行動は労働側と経営側が団結して事態の打開を図ろうと国に調査を要請す
るという形で、問題の背景には大企業(大手ゼネコン・セメントメーカー)と協同組合
(中小零細企業事業団体)との間に不平等な取引形態が存在することが、経済産業省と
の話し合いの中であらためて浮き彫りとなった。(詳細記事は後日)

  要請に赴いた団体
(経営側)
・大阪広域生コンクリート協同組合及び大阪兵庫生コンクリート工業組合
・阪神地区生コン協同組合
・近畿生コン輸送協同組合
・近畿生コンクリート圧送協同組合
・近畿バラセメント輸送協同組合
・近畿生コン関連協同組合連合会

(労働側・生コン産業政策協議会)
・連帯ユニオン関西地区生コン支部
・生コン産業労働組合
・全港湾大阪支部
・近畿コンクリート圧送労働組合
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
                                           2010年8月4日
経済産業大臣 直 嶋 正 行 様
                 全日本建設運輸連帯労働組合
                       中央執行委員長 長谷川 武久
       要  請  書

 拝啓 私たちはセメント生コン労働者で組織する産業別労働組合です。
 現在、私たちを含む関連労組は、大阪府下で、10春闘の解決を求めるストライキを実
施しています。
 7月2日に開始してからストライキはすでに2カ月目に入っており、大阪駅北地区先行開発プロジェクト、近鉄阿倍野駅前開発など、大阪府下の有数の大型プロジェクトの工事
も休止状態となっています。

 具体的な経緯は次の通りです。

 今年6月27日、大阪市内で「生コン産業危機突破総決起集会」(参加2,300人)が開か
れました。
 全国生コンクリート工業組合連合会近畿地方本部、大阪広域生コンクリート協同組合、近畿バラセメント輸送協同組合をはじめとする近畿地方の全ての関連事業者団体、及び
関連労働組合が共催したもので、
 1.生コンの適正価格18,000円の収受、
 2.契約ベースから出荷ベースへの契約形態変更、
 3.工場新増設反対などを決議しました。

 ご高承の通り、大阪府下の生コン業界は、大幅な需要減退(16年前は年間1,000万立米、現在は250万立米)、原材料費の相次ぐ高騰、ゼネコンの買い叩きによる採算割れ価格販売が続き、100社を超す生コン業者(90%以上が資本金1億円未満、従業員100人未
満の零細企業)が共倒れ寸前の事態に直面しています。

 この集会と決議は、危機打開のために労使が大同団結してたちあがったことを意味す
るものでした。
 今年4月から大阪広域協組は26工場の集約化事業を開始したところですが、適正価格が実現されなければ、逆に存続工場は集約化資金の返済負担が8月から増えて工場手取りがさらに滅ることになるので、集約化で構造改善どころか、集約化資金で経営悪化に見舞われた事業者の倒産が相次ぐという本末転倒な結果が生じかねません。

 7月2日、この決議の履行を求めて、「生コン産業政策協議会」(連合交通労連生コン
産労、全港湾大阪支部、全日建関西地区生コン支部の3労組で構成)と大阪圧送労働組合がストを開始しました。当初は、大阪府下では8割の建設現場がストップしました。

 7月下旬になって、適正価格に同意するゼネコンや販売店が相次ぐようになり、漸次出荷は再開され始めました。
 しかし、肝心の大手ゼネコン、とくに業界トップの竹中工務店などは優越的地位を利用して生コン業界の危機に理解を示さぬ姿勢を続けており、このためにストライキが長期化しているのが現状です。

 いうまでもなくセメントや生コンクリートは社会資本整備に欠かせぬ基礎資材です。
この業界の健全な再建を支援する観点で、下記の措置を講じてくださるよう要請します。

            記
 生コンクリートの適正価格に関して関係者からヒアリングを行うなど、大阪府下の
事態の円満な解決に資する施策を講じてください。  
                                                                           敬具
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6; .NET CLR...@i58-94-95-109.s04.a027.ap.plala.or.jp>

268 / 2575 ツリー ←次へ | 前へ→
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
ページ:  ┃  記事番号:   
870,890
(SS)C-BOARD v3.8(とほほ改ver2.1) is Free