ちょいマジ掲示板

この掲示板は、門真市及び守口市ネタを中心に各地の議会や自治体ネタなどを、「比較的穏やかに」意見・情報の交換をする所です。詳しくは「掲示板のルール1」「掲示板のルール2」を読んでそれに従って下さい。 この掲示板では戸田の命令が絶対であることをくれぐれもお忘れなく。
内容的に関連がある投稿の場合は(先の投稿への)「返信」の形を取って投稿して下さい。
●ただ、「Re:○○」形式の元タイトルの繰り返しタイトルは厳禁です。必ず「内容が伺える独自のタイトル」をつけて下さい。
◆約10年間完全自由投稿制を維持してきましたが、荒らし・妨害投稿頻発のため、やむなく投稿者登録制に移行しました。投稿される方はこちらにアクセスし、所定の手続きを行なってください。 ◆投稿者のメールアドレスは戸田が把握しますが、掲示板では非表示にできます。 ◆投稿者名・メールアドレス・パスワードは登録時のものを使わないと投稿できません。 登録・投稿についての分かりやすい説明はこちらです。うまくいかない場合の問い合わせは戸田事務所まで問い合わせてください。 (09年4/8改訂記)   これまでの管理者命一覧(必読)

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
382 / 1588 ツリー ←次へ | 前へ→

6月議会第2スレッド:沢山の重要な事が書けていないので順次投稿していきます 戸田 14/7/3(木) 23:48

◆6/19本会議冒頭:佐藤議員が「今田議員の6/10吉水問責反対討論のウソ」を指弾! 戸田 14/9/7(日) 2:15
●「本会議で実名出してウソ非難した」今田発言の問題性を考えない共産党・福田議員 戸田 14/9/7(日) 5:51
△6/19本会議:福田議員と戸田の「市税改悪」・「自衛隊の会議参加」議案への反対討論 戸田 14/9/7(日) 14:00

◆6/19本会議冒頭:佐藤議員が「今田議員の6/10吉水問責反対討論のウソ」を指弾!
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 14/9/7(日) 2:15 -
  
 6/19(木)本会議では、冒頭に、自民党の佐藤親太議員が特別に発言を求め、「6/10本会議での吉水議員問責決議に際しての、緑風クラブ今田議員の反対討論におけるウソや不当な部分」を具体的に指摘し、厳しく批判した。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

◆17番(佐藤親太君)(50ページ)
 議長に発言の精査を要望いたします。

 去る6月10日の本会議における吉水丈晴議員に対する問責決議に関し、今田哲哉議員の反対討論の中でまず第1に役選の話を出され、具体的に2名の議員名を挙げ、「この2名の議員が認めない限り委員長はさせない旨の話をされたそうですが」、というくだりがあります。

 まず、そのような発言はしていませんと申し上げておきます。
 また、このような権限は、私たち2名も含め全ての代表者にはありません。

 次に、「いじめ、パワーハラスメントに当たる行為そのものである」のくだりについては、緑風クラブの代表者が非公式な場における話し合いの内容を、個人名を出し、一方的に捉えて会派内で言っているだけです。

 そもそも役選のときの代表者協議会は、各派の利益を代表して出席した代表者が、自派の主張を他会派の代表の方々に理解をしていただく努力をして、了解を得る場所です。
 しかるに緑風クラブの代表は、その努力、説得力が不足しておったということです。

 委員長ポストに関しては、希望される議員の氏名を示された結果、複数の代表者から、その議員の言動に問題があるとの意見が出ました。
 その結果、くすのき広域連合の議長を緑風クラブの別の人が担当するということで了解され、全会派の意見がまとまったわけです。

 緑風クラブの会派に帰られてどのような説明をされたか知りませんが、今田議員の発言を聞く限り、少なくとも自分の代表者としての実力不足や説得力のなさを棚に上げて他会派の代表者にその責任を押しつけたということで、極めて無責任で看過できないことだと思います。

 また、今田議員については、その現場にいなかったのに、自派の代表者の言葉のみを信じ、その事実を我々当事者に聴取するなり、事実関係を確認した上で発言すべきであったと思います。
 しかしながら、自会派の代表者の言葉をうのみにしてのあのような発言であります。

 今回のこのような伝聞による不確かな発言を看過しますと、今後議会の議論が事実かどうかわからない風評をもとにした発言の応酬の場のようになるおそれがあります。

 また、議会改革の一環として、議会中継も視野に入れた検討が始まっていますが、このようなことを看過しますと、中継には賛成できなくなると思われます。
 今田議員に猛省を求めたいゆえんです。

 また、役選のための代表者協議会は、非公式な会議です。
 それに引きかえ吉水議員の問責決議は条例違反であり、条例に基づいた正式機関の審査会で決定されたことであり、全く次元の異なるものであります。
 したがいまして、この二つを同一レベルで扱い、論点のすりかえを行うという非常に悪質な発言であります。

 よって議長において、後刻速記録を調査の上、善処されるよう要望いたします。
 以上です。

○議長(田伏幹夫君)
 ただいまの要望につきましては、10日宣告のとおり、後刻速記録を調査の上、措置することにいたします。
 議事を続行いたします。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

※ちなみに、佐藤発言で言われている「会派代表者会議でくすのき広域連合の議長を決め
 る時の問題」というのは、門真市・守口市・四条畷市の議員で構成される「くすのき広
 域連合議会」について、2014年度は門真市議員が議長をやる年に当たっていて、緑風
 クラブが「大倉議員を議長にさせてくれ」と求めたところ、自公民3会派が、「大倉議
 員は(会合へ遅刻やウソ発言など)言動に問題があるからダメだ」、と拒否し、結局、
 緑風クラブの五味議員を「くすのき広域連合議会」の議長にする事になった、というい
 きさつのことである。

  「くすのき広域連合議会」への門真市選出議員
     ↓↓↓
    岡本 宗城(公明党)
    高橋 嘉子(公明党)
    大倉 基文(緑風クラブ)
    五味 聖二(緑風クラブ)
    豊北 裕子(日本共産党)
    福田 英彦(日本共産党)
  ──────────────────────────

【今田議員の6/10発言(吉水議員問責への反対討論)】
http://www.hige-toda.com/x/c-board/c-board.cgi?cmd=one;no=8679;id=#8679
    ↓↓↓
 (問題にされた部分)
 (前略)・・・話は多岐にわたりますが、5月の役選の話し合いの中でも、緑風クラブとして委員長をお願いいたしたときに、鳥谷議員、佐藤議員は、自分たちが認めない限り委員長はさせない旨の話をされたそうですが、これは俗に言ういじめ、パワーハラスメントに当たる行為そのものであるのではないでしょうか。
 (後略)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.5; YTB730...@i60-35-95-249.s04.a027.ap.plala.or.jp>

●「本会議で実名出してウソ非難した」今田発言の問題性を考えない共産党・福田議員
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 14/9/7(日) 5:51 -
  
 6/10本会議での今田議員発言は、「鳥谷議員、佐藤議員」という実名を出して、しかも
「その議員が言ってもいない事を言った(=「自分たちが認めない限り委員長はさせない旨の話をした」)とウソをついて」、それが「いじめ、パワーハラスメントに当たる行為そのものである」と非難するという、重大な暴言だった。

 名前を出してウソ非難された議員の側にすれば、「45人もの傍聴者がいる本会議の場で」、しかも「議事録が永久保存されるし、今は動画報道もされて市民が目にする本会議の場で」、誹謗された事を怒るのは当然だ。

 戸田も、今田暴言は本会議で厳しく批判されて、誹謗された議員やその会派の名誉回復がなされるべきだと思う。

 また、戸田は「非公開非公式の会派代表者会議で重要な事が全て決められている」という体制にはずっと反対してきたが、それはそれとして、
 共産党も含めた全会派が遵守してきた約束をあえて破って、「非公開だと確認されてきた会派代表者会議での協議の内容が本会議で公表された」(しかもウソ混じりで!)事を、3会派が怒る気持ちは理解出来る。

■しかし、「何が何でも緑風クラブと仲良くする門真共産党」は、今田暴言を何ら問題と
 思わず、ウソで誹謗された側の議員が本会議で今田発言のウソを糺す事の必要性や正当
 性を全く考えない。

  福田議員と話をした時、彼は「6/10本会議で、議長が『先ほどの今田議員の発言に
 ついては、後刻、速記録を調査の上、措置いたします』と言ったのだから、それで十分
 でしょ。」、と言っていたが、それはおかしいだろう。

▲「議長が、『先ほどの今田議員の発言については、後刻、速記録を調査の上、措置いた
 します』と言った」だけでは、「今田発言にどういう問題があったのか?」が全く不明
 のままではダメでしょうよ!
  名前を出された議員やその会派の名誉が傷つけられたまま、ウソが真実であるかのよ
 うに市民に広がってしまうではないか。

◆与党3会派自公民の数の力で言えば、6/10本会議で今田発言の直後に「動議!」とし
 て、今田発言の議事録削除や今田議員への懲罰請求も出来ただろう。
  6/19本会議の場で、いきなり「動議!」として、今田発言非難の発言をしたり、今
 田発言の議事録削除や今田議員への懲罰請求も出来ただろう。
 (10年ちょい前までは、与党議員達が数の力で戸田に対してそんな事をしたものだ)

  しかし今回、自公民3会派は冷静さを保ち、発言記録を入手して事実確認をやった上
 で、しっかり手続きを踏んで、6/19本会議での佐藤発言に臨んだ。
  これは議会運営の仕方として、肯定的に評価されて然るべき事だ。

■しかし福田議員は、今田発言の問題性に全く触れずに(つまり問題性を隠ぺいして!も
 しくは共産党としての判断を伏せて)、「6/19本会議佐藤発言に向けての、6/13議運で
 の手続き努力」を馬鹿にした発言をブログで行なった。
  
  それが福田議員ブログの
     ◎13人が一般質問通告、政治倫理条例一部「改正」提案、そして「珍事」
  という、6/13記事 http://hidehiko1962.blog31.fc2.com/blog-entry-912.html 
  なのだが、
   「本会議という、市民公開で、ネットで動画報道もされ、記録が永久保存される場
    で、実名を出されて、事実捏造されて非難された側が、せめてもの名誉回復の方
    策として、6/19本会議での発言を実現させるための、真剣な手続き努力」
  
  を、「珍事」と呼んで馬鹿にし、揶揄する感覚は酷いと思う。

  福田議員ブログの6/13記事ではこう書いている。
    ↓↓↓
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  また、今回の議運では「珍事」も発生しました。
  議運の委員長が、副委員長と交代し発言。

  19日の本会議において、10日の本会議で提出された問責決議案に対する反対討論の
 内容が問題だとして議長に会議録の精査を求める動議(?)を自民党の同僚議員が提出
 することを予告し、その内容を朗読するというものです。

  この件については、すでに議長が会議録を精査すると宣告されており、私は「議長に
 対しさらに精査せよという動議か」と問題提起しました。

  結局動議ではなく、要望するというもののようですが、極めて異例で議会運営委員長
 が委員長席を替わってまでこのような「珍事」を起こすことにどのような意味があった
 のか、聞いてみたいものです。

  いずれにしても、議会改革がすすめられる一方で、議会の後退も進行しています。
  この点についてもしっかりと正していきたいと思います。
    http://hidehiko1962.blog31.fc2.com/blog-entry-912.html
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●共産党は「今田発言への非難は不当だ」、とは一言も言わない!
 「今田発言にはウソは無く、全く正当な発言だ」とも、一言も言わない!

  つまり共産党は「今田発言には不当な部分がある」事を認知した上で、その問題には
 ダンマリしたまま(=市民に問題を伝えず)、自公民側が不当なケチ付けをしているか
 のような印象操作をしているのである。

  ウソで誹謗中傷された自公民側が、本会議でせめてもの名誉回復をしようとする事を
 何か馬鹿げた事をしているかのように、「珍事」という言葉を使って揶揄しているの
 だ。

●「肝心な事実を隠して相手を貶める」、という卑劣で不健全な言論が、最近の福田議員
 ブログにちょいちょい発生している。情けない話だ。
  (その他の事例も、今後いろいろ紹介していく)
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.5; YTB730...@i60-35-95-249.s04.a027.ap.plala.or.jp>

△6/19本会議:福田議員と戸田の「市税改悪」・「自衛隊の会議参加」議案への反対討論
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 14/9/7(日) 14:00 -
  
 共産党と戸田には、それぞれに討論の「色合いの違い」があるが、「2つ併せて聞くとよく分かる」という場合が多い。
 討論の申し込みはいつも共産党の方が早くて、共産党の討論が戸田に先行するので、戸田としては「共産党の討論で触れられなかった面」に主軸を置いて討論を行なう場合が多い。
 (「反対」は同じでも「反対する理由が違う」場合は、この限りではない)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【 福田議員の議案反対討論 】

◆21番(福田英彦君)
 21番福田英彦です。
 私は、日本共産党議員団を代表し、
 議案第32号、「門真市税条例等の一部改正」について、そして
 議案第33号、「門真市防災会議条例の一部改正」について、
反対の立場から討論を行います。

 まず、議案第32号、「門真市税条例等の一部改正については」、
「個人住民税均等割特例措置の廃止」について、
 本市は2004年の生計同一の妻の特例措置廃止後も市の独自施策として継続し、
 年収100万円から103万円の400人を超える方が適用を受けてきました。
同様の施策を実施していた11市中、現在も9市が継続をしており、本市も残すべきだと考えます。

「法人地方税の創設に伴う法人市民税の税率の引き下げ」については、
 本市にとって1億8400万円の減収となり、地方交付税算定時に基準財政収入額に算入されない留保財源分が4600万円減ることにより、一般財源のマイナスが危惧されます。
 税源の偏在性を是正することを目的としていますが、本来地方交付税で財源調整機能を確保すべきです。

「軽自動車税の税率引き上げ」については、
 消費税増税に合わせ二重課税となる自動車取得税は廃止をという自動車業界の要望には、税率引き下げで応える一方、多くの国民、とりわけ本市においても保有台数が増加傾向となっている軽自動車初め原付、オートバイなどに大幅な増税を行うことは、消費税増税とともに二重の負担増を市民に押しつけるものであり、容認はできません。

 次に、議案第33号、「門真市防災会議条例の一部改正」についてです。

 「陸上自衛隊の部隊または機関の長を防災会議委員に加えること」については、質疑を通じて、加えないことのデメリットがほとんどありませんでした。
 一方で、防災会議に出席した自衛官の警護が会議室の入り口に迷彩服で立ち、物々しい雰囲気となっている自治体があること、防災訓練への自衛隊の参加の強制、災害時の市施設の優先使用を初め危惧されることについては、質疑に対する答弁でも払拭されるものではありませんでした。

 災害時の自衛隊派遣は当然のことですが、防災会議に委員として加える条例改正は、認めることはできません。
 以上、討論とします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【 戸田の議案反対討論 】

◆14番(戸田久和君)
 14番無所属・革命21の戸田です。
 私も、「市税条例の一部改正」及び「防災会議の条例の改正」について反対をいたします。

 市税条例のほうは、いつもながらでありますけども、地方自治体で審議をするという形はとらされるけれども、ほとんどは「国が決めて、市はそれと違う結論を出すことができない」、という法律制度のもとで、ごく形式的に議会での審議という形になるわけですけれども、

 この中で今回は、1番目の「個人市民税均等割の税率の軽減措置の廃止」という、これだけは市の裁量でするかどうかが決められることなんですね。
 門真市は、これについて「廃止する」という「裁量」を行ったわけです。

 行政から見れば、たかだか対象者411人、金額60万円、そういうふうに軽く見て、「面倒くさい事務的ないろいろなことの手間を減らしたい」と、こういう感覚で考えたんだろうと思いますけれども、
 消費税が上がり、物価が上がり、ガソリンが上がり、軽自動車税が上がり、これから自民・公明の悪政によってさらに消費税がまた上げられると、こういう状況の中で、

 せめてごくごくわずかのささやかな金額であっても、今までごくわずかであっても軽減措置の恩恵にあずかっていた人についてはそっとしておくと、それぐらいの思いやりをするべきだと。

 ごくわずかな裁量でできるところですからね。
 今これを60万円市の税収をふやしたからといって、それが大事なことでもない。
 確かに事務的な手間は、全部一律にできるから楽でしょうけれども、そういう楽さよりも、表面的な画一性よりも、せめて少しでも、ごくごくわずかでも、ささやかでも、心優しい措置というのはできるだけ残しておくと、こういう判断をするべきだというふうに思います。

 そのほかの部分については、先ほど福田議員が言ったとおり、国の悪政、自民・公明政権の悪政、その前に道をつけた民主党の悪政によってこういうことになっているわけです。
 消費税を上げて、金持ち、大企業にはどさっと金を戻すと、この繰り返しでありますね。

 ちなみに軽自動車税でいきますと、私の場合は、趣味で中古のバイクを3台持ってますが、3台は多すぎますが、しかし私の場合、軽自動車と二輪で言って、軽で3600円値上げ、二輪で800円値上げ、4400円値上げになりますね。

 この門真に住んでいる方で、生活の必要上、軽自動車を持って、バイクを持っているという人は、決して少なくないと思うし、これはぜいたくでも何でもない。生活必需品だと思うんですね。
 こういうのが、ガソリンが上がる、消費税が上がる、物価が上がる、給料は上がらないという中で、年間4400円上がってしまうということは、非常に大きな痛手をこうむるものであります。

 こういうことを「市議会では実質反対できない」とはいえ、「反対の意思表示はする」ということは、しておきたい。
 そうでなかったら、「みんなが賛成だ」と。
 国政与党はいろんな立場があるでしょうけれども、反対するというのは、やっぱり市民の声、住民の声として議会において発言するべきだと思い、反対討論といたします。

 さて、次の「防災会議条例の改正」で、「自衛隊の参加」ということです。

 昨今、自衛隊は大活躍して、「自衛隊なくしては災害救助は考えられない」、「自衛隊の皆さんありがとう」ということが、非常に広がっております。
 これ自体は、事実であります。

 しかしながら、自衛隊というのは、一面恐ろしい面を持っている組織でもあります。
 例えば隊内でしごき、いじめで余りひどくて自殺者が出た。
 しかし、それについてアンケートをとったのにひた隠しにして、あるものを「ない」と裁判でも言い続け、そのことを、「実はその書類はあります」と言った現役の勇気ある自衛官に対して処分を加えようとした、ということもありました。

 イラクに派遣されて、米軍のトラックにはねられて大けがをして帰ってきた人の口封じをするに等しいような措置をしているというのも現実であります。

 また、開示請求した人の身元調査を全部していたということも、二、三年ほど前に明らかになりましたし、裁判の傍聴者や市民運動、労働運動、そういうふうな反権力運動も(※)、さまざまな運動にかかわる人の調査を特別部隊で行っているということも、これは赤旗なんかを見ればよく出てくる話であって、そういうことも何ら改めようとはしておりません。

 (※議事録では、ここが「反極左運動も」となっていたが、あまりにおかしい。
   文字起こしの間違いではないかと思うので、ここでは「反権力運動」とした。)

 そして、そういった裏の面を持った組織が、全国津々浦々の市町村に災害対策として入っていく。この災害対策として入っていく。「安全・安心のために」と言って。
 誰も反対する大義名分というのが立てられませんね。

 反対するというのは、「おまえ、市民の安全を考えてないのか」、こういう非難を浴びるようになるわけですけれども、振り返ってみれば、つい数年前まで全国津々浦々の市町村の防災会議に自衛隊が全部乗りつけるということは、考えられもしなかったことですが……

○議長(田伏幹夫君)
   戸田議員に申し上げます。討論は簡潔に行ってください。

◆14番(戸田久和君)
  はい。
 今はそれが当たり前になって、それに異を唱える人が非常におかしい者であるかのような風潮になっている。
 まさに「私たちが安全に暮らせるのも兵隊さんのおかげです」、そういうふうな時代に今なり、安倍政権のもとでの集団的自衛権発動、憲法破壊ということと、理屈の上では別々のことではありますけども、社会の雰囲気としては同じような中で進んでいることに、私は危惧を覚えます。

 そういう意味で反対をいたします。
 以上です。どうも。

○議長(田伏幹夫君)
  これをもって討論を終了いたします。
 これより日程第1の諸議案の採決に入ります。
 まず、議案第32号及び第33号、「門真市税条例等の一部改正について」外1件を起立により採決いたします。
 以上の2議案に対する委員長の報告は、いずれも原案のとおり可決であります。
 委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
           〔起 立 多 数〕

○議長(田伏幹夫君)
 起立多数であります。
 よって議案第32号及び第33号、「門真市税条例等の一部改正について」外1件は、原案のとおり可決されました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.5; YTB730...@i222-150-202-10.s04.a027.ap.plala.or.jp>

382 / 1588 ツリー ←次へ | 前へ→
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
ページ:  ┃  記事番号:   
1,322,895
(SS)C-BOARD v3.8(とほほ改ver2.1) is Free