「自由・論争」 掲示板

★この掲示板は戸田が「革命的独裁」をする所である。
この掲示板はジャンルを問わず、論争・口ゲンカ・おチャラけ・ボヤキ等、何でもOKだが、「掲示板のルール1」「掲示板のルール2」を読んで必ずそれに従うこと。
●ここのルールを守らない荒らし的文句付け屋に対しては、「何で稼いでいるのか、どんな仕事や社会的活動をしているのか」等を問い質し、悪質な者には断固たる処置を取り無慈悲にその個人責任を追及していく。
★戸田の回答書き込みは多忙な活動の中では優先度最下位である。戸田の考えを聞きたい人は電話して来る事。
●「Re:○○」形式の元タイトル繰り返しタイトルは厳禁!!必ず「内容が伺える独自のタイトル」をつけること。
◆約10年間完全自由投稿制を維持してきたが、荒らし・妨害投稿頻発のため、投稿者登録制に移行した。投稿する方はこちらにアクセスし、所定の手続きを行なうこと。
◆投稿者のメールアドレスは戸田が把握するが、掲示板では非表示にできる。
◆投稿者名・メールアドレス・パスワードは登録時のものを使わないと投稿できない。 登録・投稿についての分かりやすい説明はこちら。うまくいかない場合の問い合わせは戸田事務所まで。(冒頭記:2009年4/8改訂)   これまでの管理者命一覧(必読)

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
144 / 2575 ツリー ←次へ | 前へ→

衆院選の戸田方針:大阪6区で小選挙区は「生活」の村上さんに!比例区は社民党に! 戸田 12/11/26(月) 10:33

■当選見込みゼロの共産党北原さんへの投票は公明党伊佐当選の手助けになってしまう! 戸田 12/11/28(水) 0:50
●北原ブログは昨年3月で止まったまま!北原さんと共産党は市民を舐めてないか? 戸田 12/11/28(水) 1:52

■当選見込みゼロの共産党北原さんへの投票は公明党伊佐当選の手助けになってしまう!
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 12/11/28(水) 0:50 -
  
 衆院選大阪6区で戸田が共産党を支援しない理由を述べていく。

 たった3人3政党しか出ない門真守口の大阪6区の小選挙区。
 組織票で絶対優位で原発存続増税推進の公明党(+自民+維新)の伊佐進一候補を勝たせてしまうのか、原発ゼロ・消費増税撤回の候補を勝たせるのか、そこがポイント。

1:◆公明党(+自民+維新)の伊佐氏に勝てる見込みのあるのは「国民の生活が第一」
  改め「日本未来の党」の村上さんだけ!
   共産党の北原洋子さんは当選見込み全くゼロ!
   2011年の大阪市議選・東成区(定数:3)で2532票しかとれず最下位6位で落選
  しただけの人が衆議員に当選できるはずがないではないか。

   ちなみに前回2009年衆院選挙では、守口市議を長年やってきた矢野さんでさえ、
  2万6490票で、次点の公明党福島豊の10万7336票の1/4しか取れていない。
  (当選した村上さんは10万9143票)
       http://www.city.kadoma.osaka.jp/senkyo/pdf/senkyo210830.pdf
  ▲共産党候補の得票は、各市議選での共産党の得票総数より下回るのが通例で、当選
   見込みは「常に全くゼロ」だ!

2:北原さんは共産党が比例区で当選者と増やすために小選挙区に出た便宜候補に過ぎな
 い。
 (小選挙区での共産党候補得票の多少によって比例区での当選者数が変わってくるので)
  今やほとんど比例区で当選するしかない共産党にとっては、当選見込みゼロでも少し
 でも小選挙区で票稼ぎするのは、たしかに重大な事だ。
  だから共産党の党員や堅い支援者にとって、当選見込みゼロでも比例区当選のために
 小選挙区で共産党候補に投票するのは当然の責務ではあろう。

3:しかし共産党の堅い支持者以外の、公明党大嫌いの一般の人々にとっては、「消費増税
 実施と原発存続の公明党の議席復活を許すか否か」の重大局面で、村上さんと同じくを掲 げる候補が出る事は、票割れを出して、結果として公明党候補の当選を手助けしてしまう
 ものでしかない。
  ただでさえ、創価学会公明党と自民党+維新の会の3者結託で優位に立つ伊佐候補な
 のだから、それに勝つためには「原発ゼロ・消費増税撤回候補の一本化」が望まれる所
 だ。

4:共産党が「全小選挙区に候補者を立てて共産党の宣伝をする」という方式に固執する
 以上、一本化は望むべくもないので、戸田としては
  「当選可能性のある原発ゼロ・消費増税撤回候補の村上さんを勝たせて、公明党の議席
   復活を阻止しよう!」、
  「小選挙区で共産党候補に投票して死に票にするのはやめよう!」
 
 と訴える他ない。

5:もひとつ、共産党候補を推す気になれないのは、共産党が検察裏金追求など検察の抜
 本改善に切り込む気が実際には無く、小沢冤罪攻撃に加担して何ら反省していない事だ。
  もしも一人で4票くらい投票できる制度であれば、1票くらいは共産党に入れるだろ
 うが、小選挙区1票、比例区1票しか投票できない以上、大阪6区の状況では戸田が国
 勢選挙で共産党に投票する事はない。
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.4; .NET C...@i60-35-91-38.s04.a027.ap.plala.or.jp>

●北原ブログは昨年3月で止まったまま!北原さんと共産党は市民を舐めてないか?
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 12/11/28(水) 1:52 -
  
 「比例区嵩上げのための小選挙区便宜候補」でも、「門真守口とはなんのなじみのない
候補」でも、それはそれで共産党の事情としては仕方ないかもしれない。
 また今年6月ころからは門真守口にも本人が足を運んで宣伝しているから、門真守口に
もなじもうと努力してきた事も認める。

 しかし、<日本共産党 北原洋子のブログ>http://yaplog.jp/y-kitahara/ を見て絶句した。

●12/4公示の衆院選に出馬するというのに、ブログ記事は2011年3/31の大阪市議選公示
 日前日で止まったまま!!
   ↓↓↓
 ◎明日から大阪市会議員選挙です:March 31(3/31) [Thu], 2011, 20:52
    http://yaplog.jp/y-kitahara/archive/15

 少なくとも今年6月から「衆院選挙での共産党の6区候補予定者」として活動しているのに、ブログでの情報提供を全くやらず、2011年3/31状態で放ったらかし!

 驚いて北原ブログの過去記事を調べてみると、
  ・ブログの初記事が大阪市議選2ヶ月ちょい前の2011年1/28
    ◎東成区新春のつどい:January 28 [Fri] (1/28), 2011, 9:51
        http://yaplog.jp/y-kitahara/daily/201101/28/
   次が1/30 
    ◎今里駅で夕方宣伝:January 30(1/30) [Sun], 2011, 13:29 
         http://yaplog.jp/y-kitahara/monthly/201101/

 つまり、
1●:2011年4月の大阪市議選間に合わせで2011年1月にブログを作ってチョコチョコ
  書き込みをして、3/31の市議選公示前日記事でお終いにした。

2●:そして選挙で落選したけど、選挙結果の報告すらせずに放置した。
3●:その後もブログでの情報発信を何もせず、放置し続けた。

4●:1年過ぎて2012年5月頃から衆院選候補者として活動し始めたが、ブログでの情
   報発信を何もせず、放置し続けている。

ということだ。

 この事実から分かるのは、以下の事である。

1◆:北原洋子さん本人も共産党の選挙陣営も、「市民への説明責任、ネットでの情報発
  信責任」という事柄に関して非常にズボラで鈍感無責任!

2◆:今時の選挙で、少なくとも国政選挙の政党候補者が「HPやブログを持たない」と
  か、「HPやブログを更新しないで放置する」事が、どんなにマヌケで、有権者に対し
  て失礼な事か、「選挙を舐めてる」という印象を与えてしまうものか、そういう「常識
  感覚」を、北原洋子さん本人も共産党の選挙陣営も欠いている!

3◆:北原洋子さん本人も共産党の選挙陣営も、「ネットをも使って懸命に宣伝啓発をして
  いこう!」という熱意と能力に全く欠けている!
   だからこそ、2011年3/31記事で更新が止まって大阪市議選結果の報告すらせずに
  放置している事を、共産党の誰も気づかず、点検せず、放置していたのだ。

 以上の結論として、
■「こんな人達に国政の議席を求める資格は無い!有権者をバカにするな!」、と戸田は断
 言する。あまりにレベルが低すぎる。
  北原洋子さんと共産党の選挙陣営は真摯に反省して、ブログで反省の弁を述べよ。

 ※北原さん個人には戸田は何の縁も恨みも無いが、政治活動家がこういう無責任なブロ
  グ使用をする事については腹が立つ。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

<共産党の北原洋子さん> ブログ:http://yaplog.jp/y-kitahara/

 1958年2月生まれ。大阪市出身。私立帝国女子高校中退。
 都島民主商工会事務局、府職労衛生支部成人病センター分会書記を歴任。
 2007、11年大阪市議選(東成区)に立候補。
 現在、城北地区副委員長・女性児童部長。

  2011年4月の大阪市議選・東成区(定数:3)結果は、6候補中最下位で落選。
   (3位当選者5639票の半分以下の2532票)  
  (当選は、公明現職、維新新人、自民現職で、落選は民主現職、維新新人、共産。)

       共産党 HP:http://www.jcp.or.jp/
 共産党大阪府委員会 HP:http://www.jcp-osaka.jp/
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.4; .NET C...@i60-35-91-38.s04.a027.ap.plala.or.jp>

144 / 2575 ツリー ←次へ | 前へ→
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
ページ:  ┃  記事番号:   
867,255
(SS)C-BOARD v3.8(とほほ改ver2.1) is Free