「自由・論争」 掲示板

★この掲示板は戸田が「革命的独裁」をする所である。
この掲示板はジャンルを問わず、論争・口ゲンカ・おチャラけ・ボヤキ等、何でもOKだが、「掲示板のルール1」「掲示板のルール2」を読んで必ずそれに従うこと。
●ここのルールを守らない荒らし的文句付け屋に対しては、「何で稼いでいるのか、どんな仕事や社会的活動をしているのか」等を問い質し、悪質な者には断固たる処置を取り無慈悲にその個人責任を追及していく。
★戸田の回答書き込みは多忙な活動の中では優先度最下位である。戸田の考えを聞きたい人は電話して来る事。
●「Re:○○」形式の元タイトル繰り返しタイトルは厳禁!!必ず「内容が伺える独自のタイトル」をつけること。
◆約10年間完全自由投稿制を維持してきたが、荒らし・妨害投稿頻発のため、投稿者登録制に移行した。投稿する方はこちらにアクセスし、所定の手続きを行なうこと。
◆投稿者のメールアドレスは戸田が把握するが、掲示板では非表示にできる。
◆投稿者名・メールアドレス・パスワードは登録時のものを使わないと投稿できない。 登録・投稿についての分かりやすい説明はこちら。うまくいかない場合の問い合わせは戸田事務所まで。(冒頭記:2009年4/8改訂)   これまでの管理者命一覧(必読)

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
105 / 2538 ツリー ←次へ | 前へ→

メシうま!5/10ザイトクごろつきの西村・荒巻・ブレノら4人が企業に強要罪で逮捕! 戸田 12/5/10(木) 19:34

獄中の斉っさんへのお手紙だったみたい ピースくん 12/6/30(土) 14:45
ロート逮捕4人組保釈許可するも地検が異議申し立て 在特会研究所 12/8/11(土) 15:59
コート製薬強要事件被告三好恭弘有罪判決! 在特会研究所 12/11/3(土) 1:23
ロート製薬強要事件西村斉懲役1年6ヶ月の求刑 在特会研究所 12/11/19(月) 1:20
ロート製薬事件、西村斉に3年6ヶ月の実刑判決! 在特会研究所 12/12/18(火) 20:52
西村斉、実刑判決後控訴、保釈される 在特会研究所 12/12/21(金) 0:35
ブレノ=松本修一懲役1年執行猶予4年判決 在特会研究所 12/12/21(金) 18:38

獄中の斉っさんへのお手紙だったみたい
←back ↑menu ↑top forward→
 ピースくん  - 12/6/30(土) 14:45 -
  
よく読めば、先の手紙を「宅下げ」したと書いてあった。
西村斉への手紙を紹介したものだとわかった。
早とちりで、すみませんでした。
※宅下げとは、拘留中の者に来た手紙などを
家に持って帰ってもらう刑事手続。という事はまだ獄中?

「わしは魂が腐って病んでるから生きる価値がない」と自称する闘病中の人から
拘留中(?)の斉っさんに、「君だけは頑張ってくれ」という手紙?
「魂が腐って病んでる」人から「君はまとも、志を貫け」と
言われて喜んでるとしたら・・・

いや、やっぱり、
在特会的日本人だけが正しく、立派で、美しく、
それ以外の日本人、朝鮮人、中国人は
「魂が腐ってる」「病んでる」「生きる価値がない」
と思い込んでいるというのが正しい解釈ですね〜。
つける薬が見当たりません。先生!

現代のナチス突撃隊・KKKですわ
引用なし
<Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 9.0; Windows NT 6.1; Trident/5.0)@softbank126050090032.bbtec.net>

ロート逮捕4人組保釈許可するも地検が異議申し立て
←back ↑menu ↑top forward→
 在特会研究所  - 12/8/11(土) 15:59 -
  
どうやら大阪地裁はロート製薬強要4人組み(西村斉・荒巻・松本・三好)の保釈を認めたようだが地検が不服申し立てを行い、彼らは未だ釈放・自由の身には到っていない。
8月7日大阪地裁で裁判が行なわれたが、在特会は予定していた地裁前の抗議行動を急遽取りやめた。8月6日の広島行きの疲労を理由にしているが、要するに桜井誠など在特会の主流は厄介で面倒ばかりかける彼らを「切った」と言うことだろう。

逮捕直後は「チーム関西カレンダー」上で頻繁に書かれていた面会や差し入れも行なわれなくなり、そもそも在特会のホームページや桜井誠のブログに、彼らの擁護はもとより、言及すら見ることが出来なくなっている。

しかし考えれば、これらは在特会が直面する組織論的深刻さゆえと言うしかない。

彼らの逮捕を前後して桜井に急遽任命された大阪・兵庫・京都の各支部長が頼りなくて、どうしょうもなくお粗末と言え、4人が職場復帰?したら、そもそも組織維持が不可能になる。
それは水平社博物館差別街宣裁判で確定した150万円の賠償金すら支払えない前副会長の川東の惨状、別行動を取るに到ったおつるやクロエ、きな、成瀬などはっきりとした「離反」の深刻化を見れば明らかだ。

会長桜井誠はペーパー会員の肥大に根拠を置いて、組織的独裁権限を行使してきた。
「俺は右翼の大物だ」の自負心の上に生きてきた。4人が復帰したら一番困るのは桜井誠であり、キャラ足らずだがどうにか関西を引っ張ってきた、奈良の中野や滋賀の神功である。

4人が何時復帰するのか、その時在特会がどうなるのか、注目して行きたい。
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; YTB720; GTB7.3...@p1190-ipad302kobeminato.hyogo.ocn.ne.jp>

コート製薬強要事件被告三好恭弘有罪判決!
←back ↑menu ↑top forward→
 在特会研究所  - 12/11/3(土) 1:23 -
  
11月1日、大阪地裁で「ロート製薬強要」容疑で逮捕された4人組のうち、三好恭弘(大五郎)の判決があり、石井裁判長は三好に懲役1年、執行猶予3年の判決を下した。

4人は分離公判となっており、ロート製薬にほぼ列席しただけの三好にしては厳しい判決だろう。

西村斉、荒巻、また松本(ブレノ)の判決が待たれる。
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; YTB720; GTB7.4...@p2040-ipad207kobeminato.hyogo.ocn.ne.jp>

ロート製薬強要事件西村斉懲役1年6ヶ月の求刑
←back ↑menu ↑top forward→
 在特会研究所  - 12/11/19(月) 1:20 -
  
11月14日京都地裁で行なわれた京都朝鮮学校襲撃事件の民事裁判で被告人尋問を受けた西村斉が、翌々日の16日、大阪地裁での「ロート製薬強要事件」公判で求刑懲役1年6ヶ月の求刑を受けたと言う。
この刑事裁判事件でも是非、彼の罪状にふさわしい、適切で公平な司法の裁きを受けて身を処して欲しい。

かつて彼は街宣などで、あるときは「私は朝鮮人で朝鮮学校にも通っていた」などのカミングアウトを行なうと思えば、別の場所では「親父が同和・被差別部落民だと言われていた、同和を差別するのか」などとカミングアウトしていた。
現実に深刻な差別を受けている人々の苦しみや哀しみ、憤りをあざけり、面白おかしく利用、それを自分達の「愛国運動」に利用しているのだ。

彼は今回の尋問で、とりわけ原告側弁護士の問いに対する答弁で、これらのウソと虚言を自らの言葉で証言してしまった。
それは行政・京都市役所の職員だったり、朝鮮学校近隣の住民の話だったりするが、とても「確認」には値しない会話や、話のごく一部を利用し、拡大解釈し、都合よく彼らの行動の正当化に使っていたことである。

被告側、また原告側の尋問に対する彼の証言は、事前の「宣誓」にも拘らず、真摯さを欠き、終始言い逃れと自己弁明に費やされた。
傍聴席からも彼の答弁のあまりの酷さと強引さに失笑が漏れ、思わず我慢できない一部傍聴者からは笑い声すら上ったため、さすがの裁判長も笑顔を浮かべながらも傍聴席をたしなめるしかなかった。

結局西村斉は、これまでの何回もの逮捕、拘留、裁判、何回かの有罪判決にも拘らず、本質的には何にも変わっていないことを裁判所で証明したのだ。

だから、これからの判決でどんな判決が出ようと、彼は「解放」されればまたこれまでと同じことを繰り返すと言うことだろう。

一部の若い在特会メンバーのなかには、彼や荒巻を英雄視する傾向があるようだが、彼の惨めな法廷での姿を見て、自己の近未来の姿があんなものでいいのか、十分反省するして欲しいと思う。
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; YTB720; GTB7.4...@p2040-ipad207kobeminato.hyogo.ocn.ne.jp>

ロート製薬事件、西村斉に3年6ヶ月の実刑判決!
←back ↑menu ↑top forward→
 在特会研究所  - 12/12/18(火) 20:52 -
  
12月18日午前中、「ロート製薬強要事件」の刑事裁判で大阪地裁は、主犯格の西村斉に懲役1年の実刑判決を下した。
求刑は懲役1年6ヶ月だったが、この判決によって西村斉の徳島教組襲撃事件の執行猶予が取り消しとなり、合計3年6ヶ月の懲役刑が確定した。

正直、関西においての有象無象な在特会を筆頭とする「行動する保守運動」を影でコントロールしているのは、ほかでもない西村斉その人である。

在特会の会長桜井誠など、関西では、形だけの存在でしかない。
それは11月3日に開催した桜井誠の講演会「行動する保守運動関西総決起集会」にたった20人しか集まらずに破産し、恥をかかされ、あわてた桜井がその日のうちに東京にとんび帰りしたことでも証明済みである。

今、西村斉に許されていることは、3年余りの獄中でこの半生の「悪行」をじっくり反省することである。
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; YTB720; GTB7.4...@p2040-ipad207kobeminato.hyogo.ocn.ne.jp>

西村斉、実刑判決後控訴、保釈される
←back ↑menu ↑top forward→
 在特会研究所  - 12/12/21(金) 0:35 -
  
12月18日ロート製薬強要事件で懲役1年の実刑判決を受けた西村斉が控訴、一旦収監されたあと釈放されたとのこと。
「西村斉実刑判決」のニュースにすっかり仰天した桜井誠だったが、西村から控訴し釈放されたと電話を貰い安堵した様子。
在特会は12月25日から1月6日まで恒例の「年末年始のお休み」入るらしい。

大阪では12月23日のエル大阪での反天連集会とデモ妨害が今年の「御用納め」となりそうだ。
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; YTB720; GTB7.4...@p2040-ipad207kobeminato.hyogo.ocn.ne.jp>

ブレノ=松本修一懲役1年執行猶予4年判決
←back ↑menu ↑top forward→
 在特会研究所  - 12/12/21(金) 18:38 -
  
ロート製薬強要事件の裁判で21日午前中「在特会専任」カメラマン松本修一=ブレノに対し懲役1年執行猶予4年の判決が出された。

この刑事事件では三好、西村斉に続く有罪判決で、裁判の当初泣きながら無実を訴えた松本修一に対し、西村斉などとの綿密な連絡交換、チーム関西などからの資金援助などが明らかとなり、有罪判決となった。

これで年初め予想される荒巻の判決も含め、彼らの悪行に司法からの断が下されることとなる。
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; YTB720; GTB7.4...@p2040-ipad207kobeminato.hyogo.ocn.ne.jp>

105 / 2538 ツリー ←次へ | 前へ→
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
ページ:  ┃  記事番号:   
839,289
(SS)C-BOARD v3.8(とほほ改ver2.1) is Free