ちょいマジ掲示板

この掲示板は、門真市及び守口市ネタを中心に各地の議会や自治体ネタなどを、「比較的穏やかに」意見・情報の交換をする所です。詳しくは「掲示板のルール1」「掲示板のルール2」を読んでそれに従って下さい。 この掲示板では戸田の命令が絶対であることをくれぐれもお忘れなく。
内容的に関連がある投稿の場合は(先の投稿への)「返信」の形を取って投稿して下さい。
●ただ、「Re:○○」形式の元タイトルの繰り返しタイトルは厳禁です。必ず「内容が伺える独自のタイトル」をつけて下さい。
◆約10年間完全自由投稿制を維持してきましたが、荒らし・妨害投稿頻発のため、やむなく投稿者登録制に移行しました。投稿される方はこちらにアクセスし、所定の手続きを行なってください。 ◆投稿者のメールアドレスは戸田が把握しますが、掲示板では非表示にできます。 ◆投稿者名・メールアドレス・パスワードは登録時のものを使わないと投稿できません。 登録・投稿についての分かりやすい説明はこちらです。うまくいかない場合の問い合わせは戸田事務所まで問い合わせてください。 (09年4/8改訂記)   これまでの管理者命一覧(必読)

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
1168 / 1597 ツリー ←次へ | 前へ→

[管理人削除]
Re:10月23日波国との話し合い内容(2) 下島頭のりゅうくんのママ 07/10/29(月) 20:16
Re:10月23日波国との話し合い内容(1) 下島頭のりゅうくんのママ 07/10/29(月) 20:44
市に環境対策課の事業者擁護発言問題への私の意見メールしました。 下島頭のりゅうくんのママ 07/11/1(木) 19:12

[管理人削除]
←back ↑menu ↑top forward→
   - -
  
この書き込みは管理人によって削除されました。(07/10/29(月) 20:27)
引用なし
<@>

Re:10月23日波国との話し合い内容(2)
←back ↑menu ↑top forward→
 下島頭のりゅうくんのママ  - 07/10/29(月) 20:16 -
  
事業地内での振動・騒音の測定はいつから測定されていますか?
振動の測定は7月18日に頂いた回答を見て6月20日に計測を開始されているのを確認しておりますが、なぜ振動・騒音の高い6月15日〜21日までは計測していないのか
騒音に関しては、回答を頂いておりませんので、いつからの設置計測かお答えください。

波国・西田回答
振動騒音計の設置時期についてお答えします。振動計の設置は6月20日に設置、1週間程度の調整期間がありデータ的にはとれている時ととれていない時がありますので、騒音計はその時期には設置していないのですが7月30日に設置しております。

戸田意見
今だされている疑問は振動6月20日、騒音7月30日になっていますが、なぜこの時期以前に設置をしていないのか。
波国・西田回答できず黙り込む・・・
私意見
「設置以前の振動・騒音はかなり酷くどれ位の数値かとても気になり知りたいのですが。
戸田
騒音は初めて7月30日に設置されたと、なんでこれだけ遅らせたのか?振動騒音の計測もちゃんとしますと文書もあるし説明もあったと、実際工事が始まって大変な時にやっていないとこれだと基準を超える・超えないも何もデータがないと分かりっこないですね、これはなぜなんですか?
波国・西田説明
私らが第2京阪の工事として6月15日前後ぐらいの日と思います、当然何もない状態で入っていきますので、整地なりをして万能塀の設置ヤードの整備をしないといけないという状況の整備の中で設置自体実際の重機の作業が乗り込んでいるところからより遅れているのは事実です。
戸田「苦情を入れているのはいつから」
私 「 5月22・23・24の家屋解体工事で連棟間の埋設物を掘り起こす作業の時にすごく揺れたので、西日本高速道路の担当者に連絡をしてそれ以来すごく揺れるから振動を測ってほしいと波国荒木さんに伝えてくれと言いましたが、担当者は今メールで送りましたからとかメールで連絡していますからというだけでした。」
戸田
市のほうとして、住民のちゃんと安全とか健康・環境をちゃんと補償する工事についての状況をチェックするとうのはどうなのですか?

市  無言

戸田
ちょっと考えといてもらって、過去に起こった不十分なことおかしかった事はちゃんとお詫びをして次に進んで行くしかないんですけど、あなたがたは工事のプロとして第2京阪をやって節目節目の時はどうする、節目って何が振動が大きくなるかとい分かっている人が初めて入ったときが6月20日とかっていったらその時一番うるさい解体とか行っている訳なんだから、その時の事を測るという体制を持っていかなければ、測定してちゃんと環境基準を維持しますなんてことえないじゃないですか、実際は20日から設置してしかもいろんな苦情がずっとされているにもかかわらず、騒音のほうは7月30日からになってから1ヶ月半以上遅らせているんですねこれについてはほとんどお詫びするべきではないですか?

波国荒木説明
まず第2京阪の関連事業としてご迷惑をおかけしておわびします。で、言い訳になってしまうんですけど、うちの指揮命令が伝わる請負業者の施工は先ほど言いました5月15日からの施工にいや6月になっているんですけどそれ以来の5月の家屋解体は用地担当のネクスコが契約した業者で施工しているものですから波国から直接指揮命令が届かないということなのでそのメールでというのは記憶にないんですけど西日本の方にこういう苦情がありますよと丁寧にやってくださいという話はさせてただきました。
戸田「苦情うんぬんの他にその時に数値を測る段取りをなぜしないのですか?」
波国荒木「それは施工業者としてその準備がですね1日2日ではできませんので、そこまではできませんでした」。
戸田「要するに騒音は出るのに施工業者は、騒音をはかる準備も出来ていない状況で工事をさせているということですね」
波国荒木「工事じゃないです。」
戸田「解体も工事なんですよね」
波国荒木「関連なんですけど、それはもういいわけです。」
戸田「言い訳なんでしょ。」
波国荒木「いい訳です。お詫びします。」
戸田「あなた方の方もこちらには地域ではなしをどうのこうのというくせにあなたがたの連携が全くバラバラではないかということですね、だからねいろんなところで不審を生むとちゃんと解決出来る話もね、出来にくくなって色んな邪推が出てきてしまうから今までの事はピシッとお詫びして下さい。」
波国荒木 「はい」
戸田 「なぜかと言えば、音が出るのを分かっていながらね自分の第2京阪を作る為の工事のもとで、騒音を西日本の傘下の業者が、騒音を測る段取りも出来ない、しないものを放置していたということ、それからあなた方のところに引き継いだ大林になってからでも振動は6月20日しかもすぐに数値が出ない、騒音に至っては7月30日末になってからやっと設置するということはとんでもない話ですよ、それこそ最もうるさい時期に数値を出さずに意図的にやっていますね、あなた方天下の浪国がですよ、騒音の設定が出来ませんなんて許されますか?許されないでしょう。これについては騒音については文書で謝罪して下さい。そうでないとだめです。ということは個々にちゃんとやるということ、赤福の問題でもそうでしょう、小出しにせんと間違ったことはまちがった、あるいは迷惑かけたらかけたでちゃんとけじめをつけてそれを色んなこれからの工事があるんでしょどんどん進んでいきますよね一杯そういうときの教訓にするということですよ、それは中間の業者もいいかげんなことが出来なくなる、上のほうがバシッとやれば中間も下のほうもいいかげんな事はできなくなりますからね。それは荒木さんの責任でもって指導するで、今までの荒木さんがだめだったんでしょ。それはメールで送りましたも色々忙しかったんで記憶にないだろうけども。
波国荒木 「じゃなくて直接私の指揮命令が届かない段階お作業だったと」
戸田 「でも被害は直接こちらにいくわけでしょ。」
波国荒木 「はいはい」
戸田 「しかもこんだけの工事をやって騒音の測定も出来ない業者、何をしとるんですかということですよね」
波国荒木 「今となってはそういう結果しかないので、データもないですから」
戸田 「データもないわけでおかげでね、市のほうで波国の方が騒音の設定をしていない騒音の測定をしていないということをこの前の協議で、それは知っていますとでも聞いたら機械がありましたとやっていますと昨日お電話で聞いたんですけど実態がそうだったと6月20日にこうした騒音は7月30日からだったということは承知していましたか・
市  「えーとそれはちょっと日程でみなそのあわしてませんでした」??????
戸田 「市のほうも突込みがないんですよこっちが言えばあーそうですかっとそこだけ
    ところでこういう苦情とかある訳だから日々お宅ら僕のホームページを見てしっているのだからいつからどうしたのとなんで疑問をもたないのですか?しかもこれ市のほうとしても住民の立場に立ってちゃんとした工事の環境・安全・安心をちゃんとやりますやらせますということに責任を果たしてないじゃないですかこちらがどういう訳か測定をやらない、こちらが苦情がいろいろあると言う風な時に市の方でちょっとどうなっているんですか、約束が違うじゃないですか、だって基準を守りますといっても測定もしていなかったら違反も何も分からないんですからしかも1番大きな音がする時にやってないんでしょ、そりゃこちらは謝った誤りの文書を出すと市の方もこんなこと見逃してですよ、モヤーとしてるんでは、第2京阪担当だの環境担当のバッチ付けている意味がないですよその事を指摘しておきます。

という内容です。波国の意図的に振動・騒音の遅らせは明らかで、市の無反応さは言葉も出ない。戸田さん、市への追及をよろしくお願いします。
なんとかして基準を超えていたという証明はできないものでしょうか。
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)@zaq7d04e7e3.zaq.ne.jp>

Re:10月23日波国との話し合い内容(1)
←back ↑menu ↑top forward→
 下島頭のりゅうくんのママ  - 07/10/29(月) 20:44 -
  
戸田さんミスで消えちゃったようなのでまた書き込みまーす。               
    
苦情の窓口は7月12日より、班長になっておりますが、苦情を入れるのは私だけのようなので、今後の個々の苦情は、荒木さんが3月4日の2B班との説明会で言っていたように個人が直接に苦情を入れるように戻して頂きたいと思います。
このことについては、班長・副班長の了解を得ておりますので。
理由は私は班の意見をまとめてもらい事業者との話し合いを希望しましたが、未だに話し合いができておりません。
なぜ班長を窓口と決めさせておいてコンクリート打設の説明は個々にまわられたのですか?
波国荒木説明
事業者といたしましては、沿線の個々の方の意見を聞いてもどれが正しいのか、Aの方が
こうしてくれ、Bの方がいやそうじゃないとなるので、それに上下島自治会は機敏に動いてくれないということもありまして、7月12日班長に、班として個々の要望が利害にならないように、それから私どものほうは組織として対応していますので、地元としても組織として対応して頂きたいとお願いしました。その後班長から自治会長の了解を得たといいております。7月24日に班で始めて回覧が開設されそれ以降班長を窓口に私どものほうの意見とか要望・改善案とかを頂いてそれぞれ課題ごとに現場あるいは、請負業者さんと相談しながら出来ることをしてきた。従って個人個人で苦情を申しいれるようにして頂きたいというのは、個人からの苦情・要望はいくらでも聞く体制はとっているつもり、やはり対応策については、そこに責任のある班にこれでよろしいかということで、確認をしなければAさんが言いました、Bさんが言いましたゆうことで個々バラバラの対応をしていたのでは、沿道の自治会としては事業者としては、せっかくやったことも逆に裏目に出るということありますので、班で窓口にして進めていきたいという風に思う

戸田さん意見
個々の意見を聞いているとどれが正しいかうんぬん、数値をどうの盛り土をどうの遮蔽版を設けてくれなど全般のかかわる事、沿線にかかわることは確かに自治会で集約してくれというのは分かりますよ、個人の家が被害を受けてひびが入った音がうるさいなどの直接個人が受けていることを自治会・班でやることも1つのてだが、此処では機能していないし被害を受けていない人10人と被害を受けている人1人とで話し合いをして公約数をとってこうしましょうというのは、被害を受けている人をふみにじることになるのは当たり前のことなんですよ、いま言ったようなやり方をやってきたけれど結果は上手くいかない、現に被害を受けているのにそれなのにちゃんと対応して貰えない、班が自治会がと言われても困ると、当たり前の話ですよ今までのことは今までのことでいいですけど、振動の被害を受けていない人感じていない人が、振動の為に話し合いの場をもってわざわざ集まって話し合って、どうしてこうしてということはなかなかしんどい余り関わりたくないと思うのは当たり前のことです。それは仕方のないことです。ですから、地域全般に関わることは自治体で班で対応すればいいし、個人の振動が酷いと思うことは個人で対応していかないと行くしかないでしょう。全般的には妥当な線でやってきてもご近所で軋轢が起こってきている、ご近所で仲良く暮らしているのにどうも違うようになってきている、班で縛ったり口出しはしない個別の被害のことは個別で対処して下さいとそれはそれで結構ですと確認を取っているわけですから。
荒木
同じ並びでですね構造が違うにしても多分感じ方は違うは別にして家に対しては同じ影響を与えていると思います。個人で説明する場合はですね今は感じてなくても事後の調査の時になんで一緒に話をしてくれなかったのかと言う風なお叱りをうけるのは恐縮です。
戸田「各自のことは、班のほうで個別で対処して下さいと確認をとっている訳ですから」
荒木「私のほうは直接聞いていません。」
戸田「電話でもかけて聞いたらいいですよ。」
荒木「後で相談させていただきます。」
戸田(激怒)
個人の家や健康被害が出るということがあるのですからそれは個別に対応するのは当たり前でしょう。

というようにどうしても家の被害や健康被害について班でまとめたいと波国荒木は主張する個々の意見を聞き1軒1軒まわり説明すればいいと何度いっても、班が班にとなぜまとめたがるのか?それは事業者は1軒1軒まわるのをめんどくさく思い事業者が受けるお叱りをすべて班長に向けさせるためである、家の補償がして貰えないとなると住民は取りまとめ役の班長に怒りをぶつけることになるでしょう。そのことを分かっていて波国荒木は班長にまとめ役を頼みにきたのだ。最悪我が班すべての家庭が同じような家の不具合を主張すると事業者がわのおもうつぼ、家の建て方に問題があるといいなにもしないつもりである。
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)@zaq7d04e7e3.zaq.ne.jp>

市に環境対策課の事業者擁護発言問題への私の意見メールしました。
←back ↑menu ↑top forward→
 下島頭のりゅうくんのママ  - 07/11/1(木) 19:12 -
  
市にこの文でメールしたかったのですが、上手く出来ず会話内容ははずして送りました。
みなさんはどう感じられますか?
6月27日初めて環境対策課の人が計測に来た時の説明の内容
幸田課長「一応市としても振動・騒音は測定させて頂きますがいつの段階でやるのか、そ振動の酷いときが分かれば前もって連絡していただいたら、あいてたら、いそがしいんでね。」
すぐさま割って入ってきて
若い人 「今来て言われてもそういう人がいてないときは」
幸田課長「ごかんべんを」
私   「だったら設置とかはしてもらえないんですか?」
若い人 「工場とか近くにあればいいんですけど、個人宅では管理の問題があるので」
幸田課長「とくに振動とか」
私   「騒音もやはりうるさいですね」
幸田課長「基準はちゅうものがあってね」」
私   「分かっています」
幸田課長「騒音85dB.振動75」
私   「でもね浪速国道事務所の管理目標値が67dBとこの班での説明会の時はこの数値を目標値にして工事を進める、境界線で測定しながら作業するとお約束を貰っているんですけど、どうもそれはしてくれていなくって私がヤイヤイ言ってからやっとつけてくれたみたいな状態なんですよ」
幸田課長「今置いてるんですか」
私   「今は置いてて、昨日また言ったら線つないではったみたいで、やから1回付けて切ってはったみたいでね、そのね家が揺れるのはいったいどれぐらいの数値なのか基準値内であればねー」
とまだ私が話しているのに割って入り
若い人 「あのー基準ゆうのがね地べたの基準なんですよだから2階3階と言われてもやっぱり1階3階その家の構造によるものが大きいんで地面で測る基準なんですよ。」
幸田課長「私ら公害関係をやっているんですよ、せやから工場とか商売されてるとこの基準はまた別にあるんです。こういう建設工事はまた別でというのは期間が何年とか長い面もあるけども1カ月とか1週間とかその間の作業のやり方を規制するというスタンスというか立場で測ってますんでこういったら、んーと止められないんです私らの立場でいうとね相手に基準を超えているという場合であれば工法を変えるとか機械の種類を小さくするとか」
若い人「基準内に収めるようにゆえるんですけど、その今いっている基準が67ではなく75なんですよ、あっちが勝手に決めた事なんで」
幸田課長「事業者と住民の話し合いやからそれはそれで生きてると思うんですけど、私らの立場で言うと法律の基準でしか動けない」
私   「管理目標値が67やゆうてもいつも70くらいの音が出てても市としては何も」
幸田課長「気を付けて下さいということはいえますけど、もうちょっと落とせよ的な事はお願いの世界なんですよこれはね、相手が努力しますと言われればそれを信用せなしゃないし、工事止める事は当然できないですし」
私   「うちらも工事止めてくれというのんじゃないんですけど」
幸田課長「あとー振動でね家が被害とかこうひび割れ入ったりとかねそんな場合は補償とか話はできてるか」
私   「騒音とか振動の精神的なものにかんしては市としてはどんなんかなーと」
幸田課長「そのへんは診断書とかいう話になってくるから精神的に変調をきたしたとか医者の診断書を提出」
私   「診断書の提出ですね」
幸田課長「一般的に個人差もあるやろうし私は音とか振動に弱いんです言う話になってもなかなかそいうのは裁判とか話になってくるとおもうんですが、難しい問題ですわ」
私   「難しい問題なのは分かるんですけどね、ゆうてもね一番家が揺れている時の振動値を測ってくれとゆうても測りに来たら重機の動いていない時の工事の時しか測ってくれなかったりね、振動を抑えるようにむこうにゆってから測りにきたりということがあったからそれでは誠意がないんじゃないかなーと思って、自分で調べるといってもなかなか難しいから市のほうに監視していただきたいなーと思って」
幸田課長「先ほどもいいましたように測れんことはないんですけど、この今の状態でしたら超えてることはないでしょう」
若い人 「今機械持ってきてるんで、ちょっとでよかったら、10分ほどでよかったら測りますけどもあの参考までにということで、この状態でどの位かということをこの状態でどの位なのかを調べるのもええかもしれませんね」
計測してくれることになるが
若い人 「まーあのこれは多分にこくの人がいてはるとおもうんですけども家屋の被害とかした場合にねまだむきなときに写真撮っといて」
私   「それはもう家屋調査のほうは早くに前の古い家解体する前にして貰ってますんで」
紙の上なのでどう思われるかはわかりませんが、その若い人は幸田課長と私の会話のなかに割り込み幸田課長が言われる事とおなじことをくりかえし計測するのは人手が足らず忙しいといったり基準値内に収める事しかいえない法律の基準はこうなんだなどと言われ測定を頼むのは迷惑なのかと思いますし、測っても無駄だといわれているように感じましたが、今まで6回計測にこられてますが、挨拶は交わさないし問題になった後も挨拶も交わさず、すぐに計測を始めたりと態度、ものの言い方で印象が悪いと市民に感じさせるのだからそのために測ってくれた数値に市民が疑いをもつことにもつながるのですから、もっと問題にしてもらい振動・騒音を住民の立場で考えていただきたいです。事業者が事業地内での振動・騒音がいつから測っているかも分からず、数値さえも確認できていないのに超えていれば、抑えるように言うとか市民の生活環境を守れているのでしょうか?
今後の市は事業者側にもっと厳しい態度で対応してくれる事を望みます。
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)@zaq7d04e37b.zaq.ne.jp>

1168 / 1597 ツリー ←次へ | 前へ→
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
ページ:  ┃  記事番号:   
1,344,124
(SS)C-BOARD v3.8(とほほ改ver2.1) is Free