ちょいマジ掲示板

この掲示板は、門真市及び守口市ネタを中心に各地の議会や自治体ネタなどを、「比較的穏やかに」意見・情報の交換をする所です。詳しくは「掲示板のルール1」「掲示板のルール2」を読んでそれに従って下さい。 この掲示板では戸田の命令が絶対であることをくれぐれもお忘れなく。
内容的に関連がある投稿の場合は(先の投稿への)「返信」の形を取って投稿して下さい。
●ただ、「Re:○○」形式の元タイトルの繰り返しタイトルは厳禁です。必ず「内容が伺える独自のタイトル」をつけて下さい。
◆約10年間完全自由投稿制を維持してきましたが、荒らし・妨害投稿頻発のため、やむなく投稿者登録制に移行しました。投稿される方はこちらにアクセスし、所定の手続きを行なってください。 ◆投稿者のメールアドレスは戸田が把握しますが、掲示板では非表示にできます。 ◆投稿者名・メールアドレス・パスワードは登録時のものを使わないと投稿できません。 登録・投稿についての分かりやすい説明はこちらです。うまくいかない場合の問い合わせは戸田事務所まで問い合わせてください。 (09年4/8改訂記)   これまでの管理者命一覧(必読)

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
1219 / 1598 ツリー ←次へ | 前へ→

★7/1朝10時から「07年日韓労働者大阪決起集会」、1時から反弾圧全関西集会! 戸田 07/6/28(木) 12:20

大阪府警公安三課の弾圧拡大を許すな! 反戦・福祉議員ネット 07/7/20(金) 17:08
続/「勾留状」から消えた「逮捕理由」 反戦・福祉議員ネット 07/7/20(金) 17:23

大阪府警公安三課の弾圧拡大を許すな!
←back ↑menu ↑top forward→
 反戦・福祉議員ネット E-MAIL  - 07/7/20(金) 17:08 -
  
 部落解放同盟全国連破壊を狙った弾圧を跳ね返された大阪府警公安三課は、凶暴さをいっそうむき出しにし、同じ[廃棄物処理法違反]なる容疑で、去る7月11日、高槻市にある富田町病院、うえだ下田部病院の職員2名を逮捕し、未だに勾留を続けています。(職員の一人は、難病患者でもあり、主治医の診断書が出されているのに!)

 さらにそれぞれの医療法人の理事長(医者でもある)二人に、執拗に「出頭せよ」と強要し続けています。絶対許せません。

 高槻医療・福祉労働組合が発行する「鼓動」(07年7月18日発行。No.477)に抗議声明が発表されましたので、転載します。

ーーーーーーーーーーーーー

抗議声明

高槻医療・福祉労働組合
執行委員長 井上 照明


 7月11日、大阪府警公安三課は、「廃棄物の処理および清掃に関する法(委託墓準違反 等)」なる「容疑」でもって、私たちの仲間2名(富田町病院職員1名及び、うえだ下田部病院職員1名)を不当逮捕しました。昨年12月来の両病院への家宅捜索から始まった、執拗な不当弾圧に対し、高槻医療・福祉労組は、そのあまりの卑劣・卑怯な政治弾圧に満腔の怒りをもって抗議するものです。

 私たち労組は、公安警察の暴挙を暴き、今回の不当弾圧を打ち破って、一刻も早く仲間を家族と私たちのもとへ取り戻すために、全力をかけてたたかいに立ち上がります。

 昨年12月、公安三課はいきなり両病院へ家宅捜索にはいり、廃棄物処理業務の関係書類をごっそり押収し業務妨害を続けてきました。あげく5月になって事情調書に応じろと、両病院理事長、ならびに今回不当逮捕された仲間2名への不当弾圧を繰り返してきました。

 そもそも府警公安三課が「容疑」の根拠としている、廃棄物取り扱い業務は本来、生活環境課の管轄です。また両病院は、高槻保健所の検査で、何ら間題は指摘されていません。

 にもかかわらず・反戦運動、労働運動、部落解放運動を取り締まるところの公安三課が乗りだし、執拗で不当な家宅捜索で診療と業務妨害を行ったあげく、仲間をいきなり逮捕する、この一連の異常なやり方そのものが、横暴な国家権力による政治弾圧でなくてなんといえるのか! 絶対に許すことはできません。

 地域医療運動の拠点に対する今回の不当弾圧は、「共謀罪」の新設をねらう国家権力のエスカレートであり、その先をいく弾圧として、全社会的に断罪しなければなりません。

 安倍政権は参議院選挙に突入し、いっそう追い詰められています。憲法の改悪を焦点にという意気込みは、年金問題でガタガタです。憲法を改悪して、戦争総動員と社会保障の柱である医療・福祉を、「カネ儲け」の道具にしようという国政にとって、私たちの地域に根ざした医療運動が「めざわり」なのです。

 公安三課は、そのことを無理にでもカモフラージュするために、自作白演の「廃棄物処理法違反」という「嫌疑」をつくり、地域医療運動の拠点である医療機関と、ともに働く私たち職員、労組への信頼を失墜させようとする不当な政治弾圧であり、絶対許せません。

 私たちは、地域住民患者さんからの信頼に応え、「差別を許さず、患者とともに創る医療」、「戦争反対」を掲げ、地域住民とともにたたかってきた医療運動が本物であることを、全社会に明かにしていく「絶好の試練」と受け止め、不当逮捕された仲間2名とともに、たたかいます。公安三課による自作自演の「嫌疑」の不当性を社会正義にかけて逆に暴き、仲間2名を取り戻し、地域医療を守りぬいていく決意を込めて抗議声明とします。
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)@p6251-ipbfp204osakakita.osaka.ocn.ne.jp>

続/「勾留状」から消えた「逮捕理由」
←back ↑menu ↑top forward→
 反戦・福祉議員ネット E-MAIL  - 07/7/20(金) 17:23 -
  
(同じく「鼓動」No.477からの転載です)

■ 公安三課の自作自演の「嫌疑」を暴く!

 すでに、公安三課が作った「業務委託基準違反」なるものは破産しました。
 7月11日の「逮捕令状」には、第一に、「無許可業者への委託基準違反」をあげ、第二に、「業者との共謀」、第三に、「業者との契約違反」を上げていました。(林田さんへの「逮捕状」読み上げ時のテープおこしレポートー後掲)

 しかし、13日の「勾留」決定の際に発行された、「勾留状」には、第一の「委託違反」は取り消されているそうです。西川さん、林田さんは、二人とも弁護士にそう伝えています。「勾留状」が弁護士に渡るのは、情報開示請求をしてそれからなので数日かかり、「勾留状」の文面を正確に確認することはまだできませんが、第一の「無許可業者への委託違反」の実証を検察も公安三課も行えていないということです。取り下げざるを得なかったのです。逆に無許可業者との契約ではなかったことを権力が白白したのです。

 あとの第二の「業者との共謀」についても、まったくそのような事実はなく、二人が「自白強要」に屈せず、完全黙秘を貫くかぎり、公安三課・検察は起訴して裁判に持ち込むことはできません。第三の公安三課がいうところの、「業者との契約違反」とは、中間処理(焼却)業者との契約のことですが、押収された契約書は、法人・運搬業者・中間業者との三社契約を結んでおり、個別に「法人と中間業者との二社契約を結ばなければならないのにしていない」という内容です。2005年に産業廃棄物の処理法が改められましたが、実際に高槻市が行政指導を始めたのは、今年2007年4月からです。また2社契約を結んだほうが望ましいという内容のものであって,そもそも逮捕され起訴されるような「嫌疑」ではまったくないということがよくわかります。

 「逮捕状」も「勾留状」も本人宛であるのに、本人に手渡さないこと事態おかしなことです。これ事態が権力のでっち上げを許す、逮捕して密室で取り調べ、「自白」を強要して、権力の都合のいいように事件をねつ造して、被疑者(容疑者)を陥れていく温床になっていると実感しました。被疑者にとって林田さんや西川さんが言うように、横暴な権力に対して完全黙秘以外、自分をまもり仲間をまもることはできないのだと確信しました。

 みなさん! 林田さんと西川さんの一刻も早い保釈と、不起訴にして、公安三課と地検公安部の一体となった不当弾圧を粉みじんに砕いてやりましょう。
二人とともに、たたかいましょう!

            ーーーーーーーーーーーー

【資料】林田さん逮捕理由議み上げ録音テープのおこし(7月11日富田町病院前)

 林田は、産業廃棄物・感染性廃棄物の処理を担当し、また同廃棄物排出に対しマニフェストの交付者であるが、処理委託に関し

 第一は、被疑者・林田は別表記載の通り、H15年11月13日頃からH16年2月18日頃までの間4回にわたり、富田町病院に於いて法定の除外理由ないのに、高槻市からの廃棄物収集の許可を受けず、高槻市内で感染性廃棄物の収集・運搬業を行うことの出来ない(株)メスジャパンに対し、庸愛会の事業により排出された持別管理感染性産業廃棄物合計1640リットルの収集運搬を委託した。

 第二は、被疑者・林田は、(株)メスジャパン近畿(責任者・中田、嵩原)と共謀の上、H16年4月19日頃から大阪狭山市近畿大学医学部付属病院敷地内の(株)メスジャパン作業所、または富田町病院に於いて、(株)メスジャパンに対し、(株)メスジャパン近畿が庸愛会より委託された感染性産業廃棄物合計約3360リットルの収集運搬を約70万円で委託した。

 第三は、庸愛会と中間産業・サンコウ(株)と特別産業廃棄物の処理委託の契約を交わさず、H16年10月8日頃からH18年○月の間29回に渡り、同被疑法人が排出し処理委託した廃棄物合計6000(不正確)リットルを委託した。
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)@p6251-ipbfp204osakakita.osaka.ocn.ne.jp>

1219 / 1598 ツリー ←次へ | 前へ→
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
ページ:  ┃  記事番号:   
1,351,866
(SS)C-BOARD v3.8(とほほ改ver2.1) is Free