ちょいマジ掲示板

この掲示板は、門真市及び守口市ネタを中心に各地の議会や自治体ネタなどを、「比較的穏やかに」意見・情報の交換をする所です。詳しくは「掲示板のルール1」「掲示板のルール2」を読んでそれに従って下さい。 この掲示板では戸田の命令が絶対であることをくれぐれもお忘れなく。
内容的に関連がある投稿の場合は(先の投稿への)「返信」の形を取って投稿して下さい。
●ただ、「Re:○○」形式の元タイトルの繰り返しタイトルは厳禁です。必ず「内容が伺える独自のタイトル」をつけて下さい。
◆約10年間完全自由投稿制を維持してきましたが、荒らし・妨害投稿頻発のため、やむなく投稿者登録制に移行しました。投稿される方はこちらにアクセスし、所定の手続きを行なってください。 ◆投稿者のメールアドレスは戸田が把握しますが、掲示板では非表示にできます。 ◆投稿者名・メールアドレス・パスワードは登録時のものを使わないと投稿できません。 登録・投稿についての分かりやすい説明はこちらです。うまくいかない場合の問い合わせは戸田事務所まで問い合わせてください。 (09年4/8改訂記)   これまでの管理者命一覧(必読)

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
193 / 1582 ツリー ←次へ | 前へ→

12/26追及判明!府が「市議会で否決でも補助金は『門真市を除外して』流用協議する」 戸田 16/12/27(火) 8:17
▲こんな重要な事が「議会に報告無し」、「文書記録を作ってない」って、ヘン過ぎ! 戸田 16/12/27(火) 9:25
△さっき阪本課長から「少し違うんですが」と電話あり、じゃあメールで送ってと対応 戸田 16/12/27(火) 10:25
■阪本課長からの「説明メール」紹介:「補助金可能状態に復帰」と説明(11:51発信) 戸田 16/12/27(火) 12:36

12/26追及判明!府が「市議会で否決でも補助金は『門真市を除外して』流用協議する」
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 16/12/27(火) 8:17 -
  
 12/26(月)は、午前に守門消防議会を終えた後、昼前に市役所に行き、11:45頃から役所内の3箇所に次々と内線電話をかけて「事実調査」を行なった。
 この「3つの重要な事実調査」とは、

1:秘書広報課の青木課長へ:議会終了後の12/17(土)から12/25(日)に至るまでの、
              「市長の公務の一覧」を出してくれ

2:総合政策部の河合部長へ:議会終了後の12/17(土)から12/25(日)に至るまでの、
            公民協働課などが「何らかの形の住民説明」に出向いた記録を
            出してくれ。(日時・会合の内容・その出席者、など)

3:まちづくり部の中道部長へ:市議会で「補助金勝手に辞退と絡む補正予算案が否決さ
            れた」ことを大阪府に文書で伝えたか?
            12/16(金)に市議会終了した後の、(3中校区地域協働センター
            建設に向けた不要校舎撤去工事の)補助金についての市と府の
            やり取りを示す記録を出してくれ。

・・・・の3つだ。  
 そのうちの「補助金問題」についてだが、

1:昼前の電話で中道部長が「調べてから返答します」と回答したと記憶するが、昼休み
  を過ぎ、1:20を過ぎても連絡無しなので、怒りを覚えて電話したら、部長不在で、
  電話口に出た職員では要領を得ず。

2:やむなく「まちづくり部・まちづくり推進課」の阪本課長に電話して話をしたら、
  (1)議会終了した12/16(金)に大阪府に電話で「補正予算の原案が否決された」ことを
    伝えた。 (そのやり取り内容も説明)
  (2)この件で、府に出す文書というのは特には無く、府からも「電話での連絡だけで
    結構だ」、と言われている。
  (3)●「この件で府とのやり取りを記録した文書や報告書」は作っていない(!!)
 という事だった。

3:「この件で府とのやり取りを記録した文書や報告書は何も作っていない」という、
  「今の門真市の仕事の仕方・記録の残し方」に驚き呆れ、戸田は「府とのやり取りに
  ついてのメモ記録を作って、戸田にメール送信してくれ」、と要求。

4:阪本課長は、メモ記録作成と戸田への送信を了承した。(1:30頃と記憶する)
5:その「メモ記録」が戸田に送信されきたのが、なぜか結構遅くて4:09送信。
  そのメールが以下のもの
   ↓↓↓
==================================
戸田議員 様

本日、ご依頼のありました件名のことにつきまして、別添のとおり送付させていただきます。よろしくお願いいたします。
  まちづくり推進課 阪本(内線4010)
 ↓↓↓
○計画別流用理由書の手続きにかかる大阪府への報告について(添付文書)

 平成28年12月16日(金)午後5時
大阪府:都市計画室 公園課 松澤総括主査
門真市:まちづくり推進課 阪本

門真市:12月15日本会議において、議員修正議案提出により、国費減額補正予算が除か
    れた形で上程されました。
     結果としては、同予算は否決されたので、10月28日提出の流用理由書を取り
    下げたいが、手続きは必要ですか?

大阪府:国との下協議中のため、特に書面は必要なく、この電話をもって受け付けます。
     国費の流用については、現在、国と協議中なので、
     今後、門真市を除き、流用協議を進めます。
==================================

■宮本市政が「議会にも地域会議にも秘密にして、10/28庁議で勝手に『受け取り辞退』
 を決めて、その旨大阪府に伝えた補助金」は、
   (門真市では不要になったので、府内の他の所に流用して下さい、という「補助金
     の流用申請」という形式で)
 「議会での議決を得る前に、勝手に補助金辞退という前提で組み立てた補正予算案が、
  市議会で猛反発を受けて否決されても、『復活』する事はない」、という事が判明し
た。

 府の「今後、門真市を除き、流用協議を進めます。」という回答は、
  「補助金辞退という門真市行政の10/28庁議決定方針が、市議会で否決されても、
   この補助金が門真市に対して復活する事はもうありませんよ」、
 という事であり、

  「この補助金は、門真市を除外した府内の他の市町村で使用するようにします」、
 という事だ!
    (この補助金は、国からの補助金で、府が市町村への分配を行なうもの)
  
■もともと、10/28に「その補助金はうちでは不要になったので、よそで使って下さい」
 と正式な連絡を受けた大阪府が、その2ヶ月近くも後の12/16になって
 「あの補助金辞退で組んだ補正予算案が議会で否決されちゃいました」、と門真市から
 言われたからといって、補助金を復活させてくれるわけがない。

  しかし宮本当局は、12月議会でいくら追及されても、この点を誤魔化す答弁をし続
 けた。
  いわく、「現在も『協議中』という状態ですので・・・」
  いわく、「議会で否決された場合は、それを踏まえて府と協議を続けるということ
      でありまして・・・・」

■しかし実際には、大阪府は12/16(金)夕方の電話で、
 「今後、門真市を除き、流用協議を進めます。」、と即答している!
 
 「覆水盆に返らず」、
 「いったん受け取り辞退した補助金は、もう復活しないのは常識!」

 ・・・「その場しのぎのウソ」を次々に続ける宮本市長とその部下達に鉄槌を!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.5; YTB730...@i121-118-7-216.s42.a027.ap.plala.or.jp>

▲こんな重要な事が「議会に報告無し」、「文書記録を作ってない」って、ヘン過ぎ!
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 16/12/27(火) 9:25 -
  
 この問題=「当初予算に組み込まれている事業を、新市長が議会に秘密に独断で中止を
決め、議会で議決を得るはるか以前に独断で補助金辞退を府に伝え、それ前提の補正予算案を組んで12月議会に出してくる」、という問題は、

 12月議会で(緑風クラブの4議員以外の)全ての議員から猛反発を受けて、
「12月議会最大の論点・紛糾点」となり、その結果、

 ▲補正予算案(市長提出案)の圧倒的多数での否決! (議員による修正案可決)
   ・・・しかも9月議会での否決に引き続いて!
 ▲「市長に注意を促す決議」の圧倒的多数での可決!

・・・という、「門真市52年の歴史で初めての事件」が起こったのだ!

 それほど重要な事なのに、宮本当局は、

1:12月議会終了直後の12/16(金)夕方に府に電話して判った事を、議会議員に伝達する
  事を全くしなかった!
    12/26(月)に戸田が追及しなかったら、何も報告せずに越年するところだった。

2:「府との電話でのやり取りを全く記録に残していません」、「担当者が記憶している
  だけです」って、おかし過ぎるだろ!!
   
   宮本市長に変わってからの門真市行政では、「大事な事はちゃんと文書記録に残し
  おく」という「行政として当然の業務」をしなくなったのか?!
   こんな事では、「事実」が正しく共有継承される保証が全く無い!
   宮本市長にとって都合が良い方向にどんどん歪んでいく危険性ありまくり!

3:▲阪本課長が戸田に言われて作成した、この「メモ記録」はホントに正しいのか?
  「大事な事を隠している」とか、「もっと突っ込んだやり取りがあったのに書いてい
  ない」、とかの可能性は無いか??
  ・・・「府との電話の音声記録」が無い以上、この「メモ記録」の信憑性は、
     「阪本課長の職業良心に期待して信じる」か否か、しか無い。

4:■そもそも、こういう重大事案について、「いっさい文書記録を作っていない」って
  本当なんだろうか???
   「庁内での情報共有」とか「上司や宮本市長に事実を伝達する」ための報告書の
  類を全く作らない、という事があり得るのだろうか??

5:■もしも、この「補助金問題での市議会後の府とのやり取り」について、本当に
  「文書記録を全く作らず」で済ませてきたとするならば、
   それは、「文書記録を作って庁内共有や市長への報告に使う必要性が全く無い程
  に、最初から結果が分かりきった事だと庁内で認識が共有されていた事だから」、
  ではないだろうか??

  ・・・・これつまり、12月議会での答弁は「意図的なウソ答弁」であって、
  「議会で否決されたって、議会前に市から府に『その補助金要りません』と伝えてあ
   る補助金が復活されるなんてあり得ない、府がどういう対応をするかは分かり切っ
   ている」、
  と宮本当局は認識していた、という事である。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

■「サイコパス宮本」が市長になってしまった門真市は、市制52年の歴史でかつてなか
 った「暗黒行政」、「ウソつき行政」、「議会無視行政」に入り込んでいる!

■12/16本会議で「宮本市長に注意を促す決議」を受けてもなお、何の反省もせずに、
 平気でこういう事を続けておきながら、
 12月議会で否決された部分をそっくりそのまま通す事を狙って、超異例の「1月臨時
 議会」の召集を、1/23開催の日程で議会に通告してくる鉄面皮さも許し難い。

 (「1/23臨時議会」については、後日に詳しく述べていく)
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.5; YTB730...@i121-118-7-216.s42.a027.ap.plala.or.jp>

△さっき阪本課長から「少し違うんですが」と電話あり、じゃあメールで送ってと対応
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 16/12/27(火) 10:25 -
  
 さっき、10時頃、「まちづくり部・まちづくり推進課」の阪本課長から戸田に電話が
あって、この件での戸田投稿記事に関して、
  「『門真市を除外して・・・』は、『門真市にはもう補助金を復活させずに他市町村
   への分配を府が考える』という事ではなく、『10/28申し出以前の状態に戻った』と
   いうことでありまして、・・・・」

というような説明があって、戸田の記述や理解に誤解があるかもしれないのでちゃんと
説明したい、という事のようだった。

 これに対して戸田は、電話であれこれ言われても分かりにくいし、それを戸田が理解して掲示板に書く時間も無いので、

 ・市が言いたいことがあれば、それを文章にしてメールで送信してくれ。
 ・戸田はそれをそのまま掲示板に載せる。

 ・そうすれば、市の言い分がそのまま公表されるし、それについて議員や市民が、戸田
  の記述を見比べて、客観的に判断出来る。

という事を提起した。

 この戸田提起に対して、阪本課長は「上司と相談して対応します」という事だった。

 阪本課長が「では文章作成してメールします」と即答出来ないのは、仕方ない事なので、戸田としては、市の対応を待つ事にする。

 この掲示板を見ているみなさんも、市がどういう説明をするのか、期待して待っていて欲しい。

◆この新スレッドは、8:17開設ご1時間半程度で50アクセスにもなるという、「異様に
 多くの人の注目」を受けているので、今後の展開が楽しみだ。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.5; YTB730...@i121-118-7-216.s42.a027.ap.plala.or.jp>

■阪本課長からの「説明メール」紹介:「補助金可能状態に復帰」と説明(11:51発信)
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 16/12/27(火) 12:36 -
  
 11:15発信の市メールは以下の通りです。(読みやすいよう、改行整理だけをした)
  ↓↓↓
==================================
件名:計画別流用理由書の手続きにかかる大阪府への報告について(補足説明)
本文:

 戸田議員 様
 まちづくり推進課の阪本です。
本日(12/27)に戸田議員掲示板に掲載中の下記内容に対しまして、次のとおり補足説明いたします。

> 府の「今後、門真市を除き、流用協議を進めます。」という回答は、「補助金
>辞退という門真市行政の10/28庁議決定方針が、市議会で否決されても、この
>補助金が門真市に対して復活する事はもうありませんよ」、という事であり、
>「この補助金は、門真市を除外した府内の他の市町村で使用するようにします」、
>という事だ!(この補助金は、国からの補助金で、府が市町村への分配を行なうもの)

 この記載にあります、大阪府の回答である
   「今後、門真市を除き、流用協議を進めます。」
の意味につきましては、

  今後、流用協議については、門真市以外の他地区において国費増額を希望する市と
  国費減額を希望する市との間で、流用協議を進めるということであります。

 従いまして、12月16日に門真市から大阪府への電話報告をもって、
  10月28日に提出した流用理由書は取り下げられ、
  当初の補助金を申請している状態となり、
  府内の事業を行う市町村間での流用協議から門真市は除かれることとなりました。

 よって、門真市は当初の補助金を受けることができる状態に戻っておりますので、
その部分が誤解されているようですので、補足説明させていただきます。

   まちづくり推進課 阪本(内線4010)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.5; YTB730...@i121-118-7-216.s42.a027.ap.plala.or.jp>

193 / 1582 ツリー ←次へ | 前へ→
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
ページ:  ┃  記事番号:   
1,315,032
(SS)C-BOARD v3.8(とほほ改ver2.1) is Free