「自由・論争」 掲示板

★この掲示板は戸田が「革命的独裁」をする所である。
この掲示板はジャンルを問わず、論争・口ゲンカ・おチャラけ・ボヤキ等、何でもOKだが、「掲示板のルール1」「掲示板のルール2」を読んで必ずそれに従うこと。
●ここのルールを守らない荒らし的文句付け屋に対しては、「何で稼いでいるのか、どんな仕事や社会的活動をしているのか」等を問い質し、悪質な者には断固たる処置を取り無慈悲にその個人責任を追及していく。
★戸田の回答書き込みは多忙な活動の中では優先度最下位である。戸田の考えを聞きたい人は電話して来る事。
●「Re:○○」形式の元タイトル繰り返しタイトルは厳禁!!必ず「内容が伺える独自のタイトル」をつけること。
◆約10年間完全自由投稿制を維持してきたが、荒らし・妨害投稿頻発のため、投稿者登録制に移行した。投稿する方はこちらにアクセスし、所定の手続きを行なうこと。
◆投稿者のメールアドレスは戸田が把握するが、掲示板では非表示にできる。
◆投稿者名・メールアドレス・パスワードは登録時のものを使わないと投稿できない。 登録・投稿についての分かりやすい説明はこちら。うまくいかない場合の問い合わせは戸田事務所まで。(冒頭記:2009年4/8改訂)   これまでの管理者命一覧(必読)

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
254 / 2575 ツリー ←次へ | 前へ→

ついに不正な検察とマスコミを批判する11/20大阪デモ!発案企画は心ある市民達! 戸田 10/11/11(木) 9:30
☆ありがとう11/20大阪デモ! 戸田からの賛同と呼びかけのメッセージ 戸田 10/11/11(木) 9:48
◆「ある転向者の決意」:私は勤続27年目になる50歳の会社員です・・・・・ 戸田 10/11/11(木) 9:56

ついに不正な検察とマスコミを批判する11/20大阪デモ!発案企画は心ある市民達!
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 10/11/11(木) 9:30 -
  
 (この話題は「ちょいマジ」と「自由論争」の両方に最初の2〜3本を投稿し、そ
  の後の追加情報は基本的には「自由論争」で続けていきます)

 「村木冤罪事件・証拠捏造を起こした大阪地検のある大阪で検察批判のデモが起こらないのはおかしいやないか。戸田さんや連帯労組が動いてデモを起こしてよ」、という三井元検事からの至極まっとうな提起を受けながらも実現できずに悶々としていたのですが、ついに大阪でも不正検察と情報操縦マスコミを批判する市民デモが開催されることになりました!

 検察批判の主要点は、
   ・1/13石川秘書ら逮捕の「政権交代=平和革命」に対する検察クーデター
・09年の大久保秘書逮捕から執拗に続けられている小沢潰し攻撃
       「真っ白小沢」への冤罪攻撃
・取り調べでのウソ自白強要・数々の人権侵害・ウソ情報吹き込み
   ・証拠捏造
   ・マスコミへの情報リークを使った不正な世論操縦
   ・取り調べ可視化への頑迷な抵抗

 マスコミ批判の主要点は、
   ・マスコミ利権(記者クラブほか多数)を固守し、正しい報道をしない
   ・官僚、検察、アメリカ、ネオコン勢力への異様なまでの追随報道。
     それを使って国民洗脳をしている。
   ・「政治と金の問題」と称しての小沢氏への執拗な冤罪攻撃
   ・自民党政権時代からの「政府から金をもらっての報道やコメント」問題を今
     も隠ぺいし続けて反省無し。「マスコミと金の問題」
   
 「小沢問題」については、
   ・小沢氏を強制起訴した「検察審査会」こそ不正だ!
     強制起訴の理由が不当違法、議事録もない、審査員の選び方も疑問だらけ
     唯一公表された「平均年齢」さえ疑問だらけ、等々
----------------------------------------------------------------
 以下に「11/20大阪デモ」のことを紹介します。
    ↓↓↓
◎市民が訴える「大阪宣言」の会、公式ウエブサイト <糾弾!日本の政治改革>
   http://www.kyudan.com/index.htm
  このたび東京デモに続く大阪での市民運動を展開するために、有志があつまり会
  を結成し「大阪御堂筋デモ」を企画しました。

<大阪での11/20御堂筋デモ>

日時:11月20日(土) 集合:10時45分〜11時45分
場所:靱公園(うつぼこうえん) 東側の端中央。
デモコース:靱公園11:45出発→東に御堂筋まで進む→本町駅→御堂筋を南下
      →難波高島屋前を通過し元町2→北上→ナンバプラサビルのところの交
       差点を西へ250m→湊町南出路西交差点南下して浪速公園まで
         (約1時間20分)。

[14] 市民が訴える「大阪宣言」 主催者の御挨拶及びスタッフより
日時: 2010/11/07 17:11   http://www.kyudan.com/cgi-bin/koe/read.cgi?no=14
名前: 石原宏三

「大阪御堂筋デモを行うに当たって」

 10月24日の東京デモを受けて、私達が置かれている現状に愕然とし「大阪御堂筋デモ」を行うことを決意した次第です。
 デモの主旨ですが、特に多くのことを語る言葉を持ってはいません。

 我が国の底辺に目を向けず、自分の責任を人のせいにする政治家、自分の利益のみを考える高級官僚、捏造までして犯人を仕立て上げる検察など、大いなる不審を持っています。
 さらに、それらを監視すべきマスコミが、逆に擁護する偏向報道を繰り返すのには毎日呆れかえっています。
 小沢さんをめぐる検察の横暴についても、マスコミが加担し、このまま見過ごして良いのかと疑問に思っています。

 日本の国は何か間違っている方向で進んでいるのではないでしょうか。
 そういう事に目を向ける運動を起こさねばならないと思いました。

最初は一人だけの決意でしたが、幸いにも多くの方の支援を受けて“ 市民が訴える
「大阪宣言の」会 ”を作ることが出来ました。
 下記のような内容でデモを決行したいと思います。
 体制不十分で皆様に十分な納得を得られないかも知れませんが、どうか沢山の方の参集を御願い致します。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
『市民が訴える 大阪宣言』

(我が国のマスコミの偏向報道、政治の閉塞、司法の腐敗を打ち破るために、我々は以下の宣言を行う)

・ マスコミの使命は市民を守るためにある。
・ 真実を隠し検察の手先となるのをやめろ。
・ マスコミは偏向報道はやめろ。

・ 司法は我が国、市民の正義である。
・ 本当に正義に基づいているか反省せよ。
・ 検察の横暴と裁判との癒着を許さない。

・ 政治は政党の為にあるのではない。
・ 国民のための政治家による
・ 国民のための政治を取り戻そう。

・ 新しい国のかたちを作ろう。
・ これ以上の社会の格差は許さない。
・ みんなで自殺者を減らそう。
・ それが政治の使命ではないか。

(平成22年11月20日  市民が訴える「大阪宣言」の会)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「大阪御堂筋デモ実行委員会」

(実行委員長)石原宏三:市民が訴える「大阪宣言」の会代表
(発起人)
      有田寿賀子 大滝竜治 河嶋義彰 岸田京子 田中俊雄 田口幸弘
      戸田ひさよし 東郷時元 中村昭宏 松尾俊武 山岡博久
(支援・協力)
      檀公善  :「小沢真っ白」 代表
      矢野健一郎:「権力とマスコミの横暴に抵抗する国民の会 」代表
      田中例
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「エール」

 グローバル化が進むと共に社会の片隅に追いやられて行った多くの人たちが困窮している。
 困窮している多くの人たちは大きな声を発する力なく、政治は抗争に明け暮れている。

 市民の味方になるべきマスコミは、中央の代弁者として栄華を貪り使命を忘れはて、市民の声は何処にも届かない。

 さらに荒れ狂うグローバル化の波のなか、政治は頼りにならず、我々はなす術もなく行き着くところへ行き着くのみ。
 こうした世を糾す英雄は現れず、社会の2極化が強まり、無気力が横行するようになる。

 ここに止むに止まれず立ち上がる市民がいた、彼らは英雄でも何でもない。同じ仲間の為に大声を上げようとているのだ。

 政治を糾し マスコミの腐敗を糾弾し 我々の正義を取り戻すために
 彼等を助け、唱和し、中央まで届く大声を張り上げよう。
 どうか皆様、絶大なる御支援を賜りますよう御願い申し上げます。

(天橋立の愚痴人間)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「デモ当日の注意事項」

 一般市民や通行中の方々に、広範な理解を求めるアピールを行うことが、当デモの主な目的です。
 デモ参加者全体、ひいては、われわれが守ろうとしている人々にまで及ぶ印象に留意し、良識と節度あるふるまいを保って下さい。
 ヤジを投げられたり、からまれるなど、挑発を受ける場合があるかもしれません。
決して相手にならず、平静を保ってください。

 一般人と、または参加者同士で、トラブルになりそうな状況を見たら、
警備の警官もしくはスタッフを呼んで、対応を委ねてください。
 当事者でなくてもかまいません。早急にお知らせ下さい。

 なお、「ぶっ潰せ!」「叩き出せ」のような扇動的・暴力的表現は、かたく慎んでいただけますよう、幾重にもお願い申し上げます。
 正当な主張であることを、ご通行中の一般の方々にアピールするために、街頭行動に当たりましては、皆様の理性と良識にもとづいた、健全なご判断をたまわりたく存じます。 なにとぞご協力ください。

 シュプレヒコールの文面は一応用意してチラシで配布しますが、プラカード類もふくめ、皆様さまざまにご創案ください。

◇撮影が行われる予定ですので、顔を写されたくない方は、帽子やマスクなどを御準備く  ださい。
◇コスプレ可です。
◇なるべく歩きやすい靴にてお越しください。
◇威圧感・不快感を与えるおそれのある服装は避けてください。
◇手作りプラカードの語句に、特定の個人や団体を誹謗・中傷する表現をお使いになるこ  とは、お止めください。

2.当日、集合場所で

◇腕章をしたスタッフが、説明・ご案内いたします。なにとぞ御協力のほどお願いいたし ます。

◇公園の使用許可は取得していますが、敷地内では、通り道を譲るなど、一般の公園利用
 者のご迷惑にならないよう、ご配慮を御願い致します。
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6; .NET CLR...@i58-89-130-236.s04.a027.ap.plala.or.jp>

☆ありがとう11/20大阪デモ! 戸田からの賛同と呼びかけのメッセージ
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 10/11/11(木) 9:48 -
  
 以下は、11/20大阪デモを発案企画した人達への賛同と、人々への参加呼びかけのために戸田が発信したメール文章です。
 極く一部が省略されて、
    [14] 市民が訴える「大阪宣言」 主催者の御挨拶及びスタッフより
     http://www.kyudan.com/cgi-bin/koe/read.cgi?no=14
に全文が載ってますが、ここでは原文を載せておきます。
 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
【戸田からのメッセージ 】

<ありがとう11/20大阪デモ!「たとえ10人でもやるぞ!」の気構えが大きな渦を作り出した!>

 不正検察批判・洗脳報道マスコミ批判の11/20大阪デモを発案・企画した方々に心から敬意と感謝を表します。

 大阪・関西には数多くの社会運動団体が存在し、反弾圧・人権擁護・警察検察批判をテーマに入れている団体も少なくありません。

 生涯通算逮捕歴5回、05年連帯労組連続弾圧での政治資金規正法違反デッチ上げ逮捕(完全黙秘で3ヶ月も接見禁止勾留!)・09年最高裁決定で「市議10年目・連続トップ当選2年後に議員資格剥奪(失職)・2011年3/23まで公民権停止」の前門真市議の私自身もそういう運動陣営の一員あり、権力弾圧にはひときわ怒りを燃やす者です。

 しかし種々の課題や業務を抱えて新しい課題で機敏に動く事がなかなかできません。11/28投票の沖縄知事選支援があり、さまざまな集会や活動があります。
 (私も業務課題山積の中で、自分の通信を門真市内に私1人では3万枚まく作業等の途上です。)

 同時に、「小沢バッシング=平和革命(政権交代)に対する戦後支配勢力によるクーデター」と正しく認識して怒る人が既存の運動陣営では少ない、という残念な状況もあります。(小沢=金権政治家」の固定観念などで)

 1/18静岡刑務所からの出所出迎え(1/15石川秘書ら逮捕の検察クーデターの3日後!)を機に懇意にしてもらっている検察裏金告発(元)検事の三井さんから再三、「大阪で
なぜ検察庁批判のデモが無いのか。ぜひ検察批判のデモを起こすべし」と指摘されてモン
モンとしていた中でもありました。

 そうした既存運動陣営の機能不全状態を突き抜けて現れたのが、11/20大阪デモを発案企画した「ふつうの市民」のみなさんです。
 (この「ふつうの市民」という言葉、近年はザイトク会等の極右差別暴力勢力が自分
らの実態を誤魔化すために多用していますが、それとは違って日本語の普通の意味での
「ふつうの市民」です。)

 この市民のみなさんが、「待っていても誰も企画しないなら自分がやるしかない」、「たとえ10人のデモでも絶対にやるぞ!」、という気構えで日常生活の中から立ち上がったのが、この11/20大阪デモであり、その尊い気概が多くの人々の共感共鳴を呼び、大きな渦を作り出します。現に作り出しています。

 この11/20大阪デモは大地を震撼させる雷鳴であり、どんより空を覆う雲を吹き飛ばして明るい日差しを取り戻す疾風であり、涼やかで凛とした「秋の嵐」であります。

 11/20(土)は別の集会日程で参加無理だと思っていた私も、「土曜午前の集会とデモ出発」という、普通はあり得ない設定(笑)のおかげで30分くらいはデモ参加出来る事が分
かって喜んでいます。
 (私以外にもこの時間設定のおかげで参加可能になる人が結構いそうです。)

 私は会議や作業への参加は無理ですが、これからメールや自分のHP
http://www.hige-toda.com/ で11/20大阪デモの周知や参加呼びかけの宣伝を積極的に
行なっていきます。
 このサイトを見たみなさんも、ぜひ友人知人に11/20デモへの参加を呼びかけて下さい。
 
 今まで日本では「ネット情報・ネット呼びかけを契機にしたデモ」というと、ザイトク連中の差別暴力行動などロクでもないものが跋扈していましたが、東京・大阪と続く検察マスコミ批判のデモでようやくまともな「ネット言論の現実の社会運動化」が始まったように思います。

 一部の扇動屋に操られた下劣デモではなく、日常に埋没している「ふつうの市民」より少しだけ物事を掘り下げて考えてる「ふつうの市民」が寄り集まって民
主的に協議を重ね役割分担をして、自発的な市民デモを行なう・・・。

 私(1956年生・54才)以前の世代の事になりますが、これはかつての「べ平連」のデモと本質でつながっているようにも思えてきました。
 当時の言葉で「書を捨てよ、町に出よう」という言葉がありましたが、それに倣えば、「ネットを活かして、町に出よう」とでも言えましょうか。

 「町」に出て人と触れあい情景と触れあわなければ社会を変える事は出来ないし、自分自身も他人も変える事ができません。
 人々への洗脳報道を恣(ほしいまま)にしているマスゴミ報道を打破して多くの人々を目覚めさせるためにも、「ネット」と「町」を往還する活動が必要でしょう。

 そういった活動の積み重ねの上に私達は語り得るでしょう。
 「ようこそ、現実の世界へ」と。

 それでは11/20(土)午前10:45,靱(うつぼ)公園でお会いしましょう!

(戸田ひさよし)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6; .NET CLR...@i58-89-130-236.s04.a027.ap.plala.or.jp>

◆「ある転向者の決意」:私は勤続27年目になる50歳の会社員です・・・・・
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 10/11/11(木) 9:56 -
  
  [14] 市民が訴える「大阪宣言」 主催者の御挨拶及びスタッフより
     http://www.kyudan.com/cgi-bin/koe/read.cgi?no=14
の中に、ほとんどの市民にとって参考になると思われる「他人事ではない」文章があったので、紹介しておきます。ぜひ読んでみて下さい。
↓↓↓
「ある転向者の決意」

 私は勤続27年目になる50歳の会社員です。勤務先の業種は土木・建築用資材の製造・
販売業です。
 植草一秀がいう“政・官・業・外・電の悪徳ペンタゴン”の“業”に属しております。

 職歴は7年間が営業部門で3年間が製造部門、残り17年が管理部門です。直近十数年間
は管理者としては勤務しております。

 会社は公共土木用及び建築用資材を製造している関係から、景気とともに国の“予算”
が会社の業績に間接的に影響を及ぼしてきました。
 つまり、政治=国家予算=会社の業績=個人所得がリンクしているわけです。
 現時点でも民主党政権による“事業仕分け”が会社の業績に影響を及ぼしております。

 かつての私は会社の業績が右肩上がりでそれに比例して自分の所得が上昇することを担保してくれる政府・政権を支持してきました。つまり自民党です。
 また、営業部門に勤務していた頃、経世会の全盛時代ですが鈴木宗男や小沢一郎の
“実力”を思い知らされたこともありました。

 マスコミが作り上げたダーティ・イメージとしてではなく、実体験として彼らの役所や大手ゼネコンに対する強大な影響力(個人的には非常に嫌な体験)を目の当たりにしてきたからです。
 従って、マスコミが報道する彼らに対するダーティ・イメージをそのまま信じてきたと言えます。

 そのような“鈴木宗男&小沢一郎”=“悪”といった盲信から目覚めるきっかけとなったのが2005年に出版された佐藤優の著書「国家の罠」でした。

 以来、佐藤優の著書、鈴木宗男、佐藤支持者の副島隆彦の著書及びネット記事を読むようになりました。
 また、去年の衆院総選挙前後からは植草一秀のブログ「知られざる真実」もモニターするようになり、小沢一郎に対する悪意的な偏見が溶け出しはしたのですが、20代の若い時に被ったトラウマのせいで小沢支持者には中々成れませんでした。

 ファンである佐藤、副島、植草らが小沢を支持しているのに小沢支持に踏み切れない自分の気持ちを整理するため、9月5日の大阪ヨドバシカメラ前での民主党代表選・立会演説会に行き、初めて小沢一郎の生の演説を聞くことにしました。

 生まれて初めて自分から積極的に政治家の演説を聞きに行ったのです。

 小沢一郎の演説は圧倒的でした。すべてに渡って菅を圧倒しておりました。

 “小沢コール”はサクラだという人がいますが、最初に発声したのは私の隣にいた60代
のおばあちゃん二人組でおばあちゃんの頼り無い発声がすぐに自然発生的な大人数による唱和・合唱になりました。本当にサクラを投入するのであれば、60代のおばあちゃん二人組に任せたりはしません。

 なお、菅は歓声も少なく、野次も多かったと記憶しております。
 
 9月5日の演説を契機に私は完全に小沢支持者に転向しました。

 以来、小沢支持者の各種ブログをチェックしていたら、壇公善氏の阿修羅・掲示板に
出会い、これまた圧倒されてしまいました。
 その壇さんが全国7000kmの旅に出、11月6日、大阪に立ち寄るというので会いにいった次第です。

 なぜ、壇さんに会いに行ったのか。
ネット記事を読むだけでは日本は何も変わらないと気付きました。
大手マスコミと検察の野合(こっそり関係を結ぶことの意)に何とか風穴を開けるには行動するしかないことに気付きました。

私のような40代、50代の幹部会社員は皆、仕事と生活に追われ、“政治”に関心を持つ余裕がありません。
“政治”よりも会社で与えられた任務を達成すること、家族を満足させる所得を確保することで精一杯であるからです。

毎日垂れ流される新聞、テレビの大手メディアの決まり文句を聞いているだけで頭が洗脳されてしまいます。
かつての私がそうでしたから。

十数年後、政治に無関心なまま、定年退職したら、日本の国家・社会が途方も無く酷い状態になっていること、それを嘆いても後の祭りであることに気付きました。

はっきり言って何が真実なのかよくわかりません。
ただ言えるのは小沢一郎をこのまま死なせては絶対にいけない。
何とか小沢復権に貢献したいと思い、今回のデモ参加を決意した次第です。
                      
(田口幸弘)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6; .NET CLR...@i58-89-130-236.s04.a027.ap.plala.or.jp>

254 / 2575 ツリー ←次へ | 前へ→
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
ページ:  ┃  記事番号:   
871,150
(SS)C-BOARD v3.8(とほほ改ver2.1) is Free