ちょいマジ掲示板

この掲示板は、門真市及び守口市ネタを中心に各地の議会や自治体ネタなどを、「比較的穏やかに」意見・情報の交換をする所です。詳しくは「掲示板のルール1」「掲示板のルール2」を読んでそれに従って下さい。 この掲示板では戸田の命令が絶対であることをくれぐれもお忘れなく。
内容的に関連がある投稿の場合は(先の投稿への)「返信」の形を取って投稿して下さい。
●ただ、「Re:○○」形式の元タイトルの繰り返しタイトルは厳禁です。必ず「内容が伺える独自のタイトル」をつけて下さい。
◆約10年間完全自由投稿制を維持してきましたが、荒らし・妨害投稿頻発のため、やむなく投稿者登録制に移行しました。投稿される方はこちらにアクセスし、所定の手続きを行なってください。 ◆投稿者のメールアドレスは戸田が把握しますが、掲示板では非表示にできます。 ◆投稿者名・メールアドレス・パスワードは登録時のものを使わないと投稿できません。 登録・投稿についての分かりやすい説明はこちらです。うまくいかない場合の問い合わせは戸田事務所まで問い合わせてください。 (09年4/8改訂記)   これまでの管理者命一覧(必読)

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
4982 / 9658 ←次へ | 前へ→

京大原子炉実験所での「安全ゼミ」
←back ↑menu ↑top forward→
 なかやましげる E-MAIL  - 11/3/21(月) 0:20 -
  
中山です。
熊取のことなので大阪地元ということで御勘弁を。自由掲示板にはまだ登録して
いないので。
あるMLに投稿した文章です。

 18日の午後に大阪府熊取町の京大原子炉実験所事務棟会議室で「チェルノブ
イリ原発事故から25年」をテーマにした「第一一〇回原子力安全問題ゼミ」が
あり、私も参加しました。参加者は、研究者、市民、報道関係者など一〇〇人ほ
どで、主催は、原子力安全研究グループ(世話人・小出裕章)です。
 同ゼミは当初、旧ソ連の原子力開発に伴う調査研究のまとめの報告会だったの
ですが、福島第一原発で大事故が起こったので急遽、福島原発事故、スリーマイ
ル島原発二号炉事故(九六万kW、アメリカ。一九七九年三月二八日)、チェル
ノブイリ原発四号炉事故(一〇〇kW、旧ソ連ウクライナ共和国。一九八六年四
月二六日)の報告も冒頭に追加されました。

 小出裕章氏(京都大学原子炉実験所)が「福島原発事故の現状について」、海
老沢徹氏(原子力安全研究グループ。元京大原子炉実験所教員)が「スリーマイ
ル島原発二号事故の概要」、今中哲二氏(京都大学原子炉実験所)が「チェルノ
ブイリ原発事故の概要」についてそれぞれ報告しました。
 三氏はいずれも福島第一原発の事故がすでにスリーマイルを越え、チェルノブ
イリに近づいていること、ほとんどデータ―が公表されていないこと、被曝を受
けながら懸命な作業で放水が続けられているが、最悪の事態に進むのを少し遅ら
せることにしかならず根本的な解決になっていないと指摘し、それぞれの事故に
も言及し、資料を示しながら報告しました。

 小出氏は、東京都台東区で三月一五日に独自に採取した大気中にヨウ素131、
132、133、セシウム134、136、137などの放射性核種が検出され
たと報告し、燃料棒が破損した為に本来原子炉の中に閉じ込めなければならない
放射性物質が東京まで飛散していると指摘した。又、チェルノブイリ事故直後の
状況について、原発に隣接するプリチャチ市(人口四万五千人)の住民は事故翌
日にバスに乗せられ二、三日分の手荷物だけしか持たさずに避難させられたが二
度と戻れなかった。非常に広範囲に汚染され日本の法令に従えば放射線管理区域
に指定される面積が一五万キロuにもおよび、日本の国土が三七万キロuだから本州
の六割に匹敵する。しかし、ソ連邦崩壊で管理ができなくなり、ベラルーシ(旧
白ロシア)、ウクライナ、ロシアにまたがる地域に今も五六五万人が居住してい
るとのべた。最後に「パニックが起こるからと情報を公表しないが、正しい情報
が提供されたほうがパニックは起こらない」とのべた。

 海老沢氏は「一二日の昼、一号機の炉心に水がなくなった時点でスリーマイル
を越えたと思った」と前置きして、現時点ではもうとっくにスリーマイルをはる
かに越えているとのべ、スリーマイル島原発事故について詳しく報告した。福島
第一原発は沸騰水型でスリーマイルの加圧水型とは炉型が違い、炉心の熱流動は
異なっているが、冷却水が減少し燃料棒が露出すると燃料棒の破損が進むなど類
似性があるとの、事故当時の状況を「スリーマイル島事故調査報告書」(アメリ
カ政府。一九八九年)の資料を示しながら報告した。同報告書では、炉心の温度
が事故後一三〇分で八二七℃、一四五分後に二七二七℃に達し、その後のジルコ
ニウム(燃料棒外皮の材質)と水との反応により水素が発生し、その後の圧力の
上昇、炉心溶融の割合なども示し、燃料棒がボロボロになったこと、原子炉内の
燃料棒の多くが破損したと指摘した。

 今中氏は、プリチャチ市の住民は事故翌日の午後に避難したが、三〇キロ圏の住
民は五月三日から一〇日にかけて避難した。プリチャチ市も含めてウクライナ側
に九万一千人、白ロシア側に二万五千人の合計一一万六千人が避難した。しかし、
放射能の汚染は単純に距離では線引きできず、三〇〇kmはなれた地域でも高濃
度で汚染したとこもある。汚染は風や気象条件でも違い、遠く離れた地域でも高
濃度で汚染されたのは雨が降ったためだ。チェルノブイリの事故でほぼ北半球全
体を汚染した。8千キロ離れた熊取の実験所でも事故一週間後に検出された。今
も被害は続いている、まだ、チェルノブイリは終っていない、と報告を締めくく
った。

 チェルノブイリの現地報告をウクライナ科学アカデミーの研究者がおこない、
国際プロジェクトとして建設が準備されている「第二石棺」について幅二五七
メートル、高さ一〇五メートル、長さ一五〇メートルの巨大なドーム型の構造物
が計画されているが、建設費は大幅に増え千億円に達するがG8やEUの資金を
受けて建設が準備されているとのべた。

 会場から「三〇キロ圏でも一六〇や一七〇マイクロシーベルトある。六時間ほど
で年間基準を超えてしまう。三〇キロ圏の住民を早急に避難させるべきではない
か」「制御棒が完全には挿入されていないのではないか」などの意見がでた。
 海老沢氏が質問に答える形で「外部電源、冷却系の確立しかない。原子炉に大
量の水を入れなければ根本的な解決にはならない。再臨界の心配もしている。燃
料棒は二八〇〇度、制御棒は一五〇〇度でとける。今後もいたちごっごになると
思う」とのべた。

 今中氏が「現地ではたくさんの知り合いがサンプリングなどで懸命にデータ―
を集めている。しかし、全然公表されていない。すべての情報を公開すべきだ。
いったいどうなっているのか」と訴えた。

 最後に小出氏が、科学者として全力をあげて発信していきたいとのべた。  

以上です。
引用なし
3,241 hits
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; YTB730; GTB6.6...@softbank218130024007.bbtec.net>

原発大災害の分析をしながら、通信33号作成他の作業に焦ってます・・・・・ 戸田 11/3/18(金) 16:28
使用済み燃料プールへの送水。 ゆうすけ 11/3/19(土) 2:08
▲オモテ面は昨夜完成するも、ウラ面がまだ全然でこれから本気で奮闘するぞ〜! 戸田 11/3/19(土) 22:15
テレビをつけても、何もなかったように、危機感のない放送。 ゆうすけ 11/3/19(土) 23:13
■東京消防庁の隊長ら3人が会見。 ゆうすけ 11/3/20(日) 1:23
京大原子炉実験所での「安全ゼミ」 なかやましげる 11/3/21(月) 0:20

4982 / 9658 ←次へ | 前へ→
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
ページ:  ┃  記事番号:   
1,351,866
(SS)C-BOARD v3.8(とほほ改ver2.1) is Free