◎ 最新情報は「
ちょいマジ掲示板
か「
自由論争掲示板」の方を覗いて見て下さい
3/11東日本震災・原発問題特集パート2
2014年7月以前情報の特集パート1はこちら
 
超危険な猛毒物製造発生機=原発
は全て停止させよ!
2014年8月開設

人間やめますか?
原発やめますか?

各行政への電力契約内容開示請求で電力会社の横暴を粉砕せよ!

☆自治体施設で脱関電=PPS電力購入を進めよう!
実はガレキは被災地で十分に処理できる!
放射能その他有害物質拡散と新利権のガレキ引受阻止!情報操作糾弾!
 
関連リンク
☆市民メディア「People's Press」
武田邦彦 (中部大学)
小出裕章 (京大助教) 非公式まとめ
阿修羅♪掲示板
避難情報掲示板
全国の放射能濃度一覧

広瀬隆 ニュースの深層3/17(木)

原発がどんなものか知ってほしい(全):平井憲夫
◎鹿児島市議小川みさ子の「魔女の掲示板」

ストップ・ザ・もんじゅ

経産省前テントひろば
脱原発の歌特集
反原発自治体議員・市民連盟ホームページ
★60年安保闘争以来、実に52年ぶりに10万を越す国会デモが実現した日本は新しい時代へ突入した!今、ようやくながら、日本は歴史の転換点にさしかかった。   


(上記写真は7/16脱原発東京17万人集会)
2012年6/22の1万5千人の「空前の大結集」はあっと言う間に乗り越えられた。「毎週金曜夜の首相官邸抗議行動」はさらに拡大するだろう。 1週間が10年の如きに激動する「疾風怒濤の時代」が、「歴史的大流動の時代」が、ズバリ言えば「21世紀日本の民衆革命の時代」がやって来たのだ。
脱原発で巨万の民衆決起が始まった! 今や日本は「原発依存ゼロ社会」!大飯の2基を止めても電気は余力十分! 原発ムラ費用を削れば電気料金値上げ不要! 原発動かせば猛毒物が増えるだけ!


結柴さん(杉並区議)と関西の会員の尽力で、「反原発自治体議員・市民連盟関西ブロック」がついに7/23に発足!
若狭湾原発再稼働阻止の陣形が強化!ぜひ参加を!戸田も参加するよ!

若狭湾原発が60`〜100`の「至近距離」にあるのに、これまで京阪神都市部の反原発議員と若狭現地の住民議員とのつながりは弱かった。
これはならじと、当ネット会員の結柴(けしば)さん(杉並区議)=「反原発自治体議員・市民連盟」事務局が当ネット2月大会で会員に働きかけ、その後何度も現地活動家も伴って京阪神を訪れて会議を重ね、「30`現地自治体への請願行動」も組織してきた。
それによって、当ネット会員だけでなく種々の傾向の反原発・脱原発議員や市民の共同がひろがり、
ついに7/23(日)に大阪の高槻市で<反原発自治体議員・市民連盟関西ブロック発足の集い>が持たれる事になった!
これは連帯ユニオン議員ネットを土台として「反原発自治体議員・市民連盟」の組織拡大強化が飛躍的に進んだという事を示している。
やがては「四国ブロックや九州ブロック発足の展望」も切り開かれていくだろう。
ぜひ多くの人が「7/23発足の集い」に足を運んでほしい。 ※詳しい内容は、下写真のビラをご覧下さい。 17/7/16更新

←↓写真クリックでPDF


「脱原発」は脱関電! 4月から電気の契約は大阪ガスなどに切り替えよう!
悪徳企業関電に経済的大打撃を与えよう!
 原発再稼動絶対反対! せっかく5年近く冷却してきた燃料棒を再加熱して放射能毒物を増やすことは言語道断だ!16/1/28更新

レイバーネットより
「原発の電気」とはさようなら〜「電力自由化」で広瀬隆さん講演
 >>動画→



 来年4月から電力自由化によって、私たち消費者が電力会社を選べるようになる。

11月28日、東京・水道橋の「スペースたんぽぽ」で広瀬隆さん(写真)が「電力自由化で原発と電力会社を葬る!!」と題した講演を行った。会場は80名完全予約制でぎっしり。

広瀬氏は、豊富なデータと資料をもとにマスコミでは知ることのできない電力をめぐる実態を明らかにした。

「安倍がホルムズ海峡問題で騒いでいるが、2014年度の火力電力の原料の90%は石炭と天然ガスで石油は10%にすぎない。石油エネルギー危機は大ウソだ」
「電力会社の経営が厳しいのは原材料のせいではなく、原発を抱えているから。原発は動かさなくても維持費だけで数兆円かかる」

とその具体的数字を示した。一方、安くて安定した電力を確保するため、企業は電力会社から購入せず、自社で発電機をもつようになり、その比率は年々増加している。大きく様変わりしている電力業界。そして来年4月から「電力自由化」である。

 広瀬さんの話によれば、現在、火力発電は天然ガスを使った「ガスコンバインドサイクル発電」に移行している。熱効率がいいからだ。「新電力」といわれるガス会社などがこれを使って、新規参入をはかっている。

2016年の自由化で、消費者は東電などをやめて「新電力」から電気を購入すれば「原発の電気」とさよなら、できるのである。
実際、東電の電気販売量の4割は家庭向けだが、利益は家庭向けから9割を上げている。つまり、家庭向けの電気料でボロもうけしている構図だ。
だから、家庭の多くが東電をやめてしまえば東電には大打撃である。

 では実際、「新電力」のどこを選べばいいのか。
広瀬さんは現在時点と断りながらも、原発の電気をつかっていないことがはっきりしているいくつかのメーカーを推奨した(写真下)。

「まだ業界内や官僚などの綱引きがあり状況は複雑だ。総原価方式、発送電分離問題など問題点も山積み。でもまちがないく一つのチャンスが到来している。私たちの数の力で“原発の電気を使っている電力会社はノー”の大運動を起こそう」と呼びかけた。

なおこの日の90分の講演DVDは、たんぽぽ舎(03-3238-9035)から発売される。(M) →ビデオプレスでも取扱中

ブログ「日々雑感」より

【広瀬隆】関東地方のみなさま、東京ガスと電力購入の契約をしました

関東地方のみなさま、広瀬隆です。

 みなさま、テレビコマーシャルでご存知の通り、東京ガスによる電力自由化の契約が、本日1月4日からスタートしました。

 そこで本日、私は、ベストな東京ガスと、4月1日からの家庭電力購入の契約をしました。電気料金とガス料金の合算契約です。(私たちにとって、電力自由化の闘いの目的は電気料金の問題ではありませんが)、電気料金をたくさん払ってきた人には、有利です。

 【注意】ただし、昨年7月に、東京ガスは東北電力と提携して、「大口電力需要家向けに電力を販売する会社を設立する」と発表しました。ガス輸入などでも協力するのでしょう。

 直接には、原発と関係のない提携ですが、まったく無関係でもありません。
 そこで、東京ガスと契約する人は、特記事項欄に下記のように記入することが必要です。

「東京ガスは東北電力と提携しているので、東北電力の女川原発または東通原発が稼働した場合は、本契約を破棄する」
 この一筆を必ず入れてください。この文句で、東北電力に圧力をかけましょう。

 何としても、91%の家庭から、電気料金の利益を得てきた東京電力を叩き、柏崎刈羽原発を廃炉に追いこむ必要があります。

 東京電力は、巻き返しを狙っていますから、携帯電話会などと提携して割安の電気料金値下げを発表するでしょうが、当然、東京ガスも、それに対抗して値下げを検討することになります。闘いが始まりました。 

 新電力の総元締めとなってきたエネットも、東京ガス+大阪ガス+NTTファシリティーズの出資会社なので推薦企業ですが、エネットは企業向けなので、家庭では契約できないそうです。




7/21・22に福島現地での全国シンポ・視察学習に行きました! 動画は8月中にアップします 14/8/06UP
「第2回福島を忘れない全国シンポジウム・現地訪問」資料(写真クリックで拡大)
   




…今年も開催します…  第2回
福島を忘れない・全国シンポジウム参加者・募集
福島原発事故の被害自治体首長・議員、現場から学びます

―『3.11その時 自治体は』―
  7月21・22日開催
★ 全国シンポジウム
 7月21日(月・休) 会場:福島グリーンパレス
 13:30 開会・シンポジウム   18:30 交流会・会食
 【発言予定者】
   菅野清一氏(川俣町議会議員) 井戸川克隆氏(前双葉町長)
   早川篤雄氏(楢葉町宝鏡寺住職) 鈴木堯博氏(福島原発被害弁弁団)
   真木実彦氏(福島大学名誉教授)
★ 現地学習会
 7月22日(火) 8:00福島発〜楢葉町〜富岡町〜小名浜〜新宿(福島)
★ バスツアー先着80名募集 ★
 申込 FAX 042-495-7739
     メールnomorenukes8@gmail.com
◆ 7月21日(月・休)7:30新宿発 −シンポジウムと交流会
◆ 7月22日(火) 8:00発 現地学習 20:00新宿着(予定)
◆ バスツアー参加料金 19.000円(市民)25.000円(議員)
 往復バス・シンポジウム・交流会・宿泊・18日の現地訪問を含む
 代金は前納/郵便振替 00110-7-449067「反原発自治体議員・市民連盟」
 生年月日をお知らせください(交通傷害保険に加入します)

反原発自治体議員・市民連盟ホームページ


2014年7月以前情報の特集パート1はこちら