ちょいマジ掲示板

この掲示板は、門真市及び守口市ネタを中心に各地の議会や自治体ネタなどを、「比較的穏やかに」意見・情報の交換をする所です。詳しくは「掲示板のルール1」「掲示板のルール2」を読んでそれに従って下さい。 この掲示板では戸田の命令が絶対であることをくれぐれもお忘れなく。
内容的に関連がある投稿の場合は(先の投稿への)「返信」の形を取って投稿して下さい。
●ただ、「Re:○○」形式の元タイトルの繰り返しタイトルは厳禁です。必ず「内容が伺える独自のタイトル」をつけて下さい。
◆約10年間完全自由投稿制を維持してきましたが、荒らし・妨害投稿頻発のため、やむなく投稿者登録制に移行しました。投稿される方はこちらにアクセスし、所定の手続きを行なってください。 ◆投稿者のメールアドレスは戸田が把握しますが、掲示板では非表示にできます。 ◆投稿者名・メールアドレス・パスワードは登録時のものを使わないと投稿できません。 登録・投稿についての分かりやすい説明はこちらです。うまくいかない場合の問い合わせは戸田事務所まで問い合わせてください。 (09年4/8改訂記)   これまでの管理者命一覧(必読)

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
9016 / 9448 ←次へ | 前へ→

9/22文教委:涙の中西質問、9/21判決反発露骨な春田質問、戸田質問中断など・・
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 06/10/2(月) 3:25 -
  
 9/22の文教常任委員会について報告がなされていませんでした。遅れましたが少し報告
しておきます。10時開会で「暫時休憩」や昼休みを挟んで1:54まで。
  文教常任委員会委員 7人
   ◎委員長:村田文雄(公明党) ○副委員長:中西みよ子(共産党)
     委員:春田清子(公明党)、吉水丈晴・今田哲哉(緑風クラブ)
        佐藤親太(無所属)、・戸田久和(無所属)
          http://www.hige-toda.com/_mado06/meibo/2006iinkai.htm

◎議案審議:議案第72号  門真市立学校設置条例の一部改正について
               中央小学校及び浜町小学校の統合に伴うもの
   質疑したのは春田議員と中西議員。 全員賛成で可決。10:13
       
 議案第73号  平成18年度門真市一般会計補正予算(所管部分)
   質疑したのは春田議員と中西議員と戸田。 全員賛成で可決。10:39

◎所管事項質問
 1番手の中西議員は、「学校プールについて」、「学校給食について」、「いじめについ
て」の3項目に渡って質問。
  学校給食問題では、給食棟(調理室)が建築後年数が経って老朽化し、カビの発生や木
 の腐食が多くなっていて、保健所からも「早急な改善」を求められていること、自分で保
 健所に行ってその報告書を見てきたことを指摘し、強く追求。
  教委は「老朽化は否めない」としつつ「その時々の事情から今日に至った」と答弁し、
 中西議員が「なぜ危機的な意識がないのか」と憤った。

  いじめ問題では、高知県でいじめで自殺した生徒の遺言を涙ながらに読み上げていじめ
 問題についての教育長の見解を聞いたが、教育長は答弁に立たず。子供の命に関わる問題
 を名指しで聞かれても無反応で部下に答えさせる、という門真市議会での「習慣」は普通
 の神経の人達には非人間的としか映らない。
  場合によっては子供の命に関わるいじめへ問題の対処としても、きめ細かい対処ができ
 る「少人数学級」の設置を、文科省もその効果は認めている、と求める中西議員に対して、
 学校教育部の阪口次長や藤沢学校教育部長はのらりくらりと「少人数学級」を「少人数指
 導」とすり替えた答弁を繰り返す。

  大阪府が遺憾なことに未だに少人数学級のための予算措置をしないために、少人数学級
 をやろうとすれば市単独でカネがかかる、だからやらないし、少人数学級の絶対的な必要
 性も認めたくないというのが門真市当局の理由だが、市長が代わってもこの点は子供たち
 への思いやりが足りなすぎる。部分的導入などの工夫もしようとしない。
 
  もうひとつ戸田が立腹したのが、こういういじめ問題で中西議員が真剣に追求している
 時に与党の傍聴議員でニヤニヤしながら雑音発言を繰り返す輩がいたことだ。人間として
 どういう神経をしているのか。
  特に公明党の山本議員と改革クラブの田伏議員!(ほかにもいたようだが)
  あんまり腹が立ったので、山本や田伏を睨んで「何でニヤニヤ笑えるんだ?!真剣に考
 えてるのか!」と厳しく一喝した。
  議員の中でのこういう実態は、ぜひ市民に傍聴して見てもらいたいものだと思う。

 2番手の公明党・春田議員は、「通学路の安全確保について」というまっとうな質問の後
に、「国旗国歌について」として、前日9/21にあった東京地裁の日の丸・君が代押しつけ違
憲判決に産経新聞主張そのままの文句付けをして、教委に同調を求める反動質問を行なった。
 しかもその中で(これも産経新聞のデマ主張通りに)「広島県では学校長が日の丸・君が代
反対派の圧力に悩んで自殺したと聞いている」、とデマ吹聴をして教委をその線に誘導した。
 この校長は解放教育・人権教育を実践してきて日の丸・君が代押しつけに反対であったが
故に文科省・県教委の圧力と自己の良心との板挟みになってしまったのであり、何よりもそ
の圧力を巨大にしたのが産経新聞による教育現場への狙い打ち的で大々的な攻撃報道だった
のに、なんという話のすり替えだろうか!

 この春田反動質問と教委の追随答弁に対しては、戸田が自分の所管事項質問の中で反撃を
しておいた。質問・答弁の様子は近日中に議事テープ起こしをして公表したいとは思ってい
る。
 実は、9/21午後に所管質問通告を出した後で、9/21判決の事を知ってこれに関する質問を
追加するために、9/22の文教委当日の朝にそれを追加した通告書を出し直していたのだ。
 春田議員が「国旗国歌について」を質問することは文教委開催の時に初めて知ったのだが、
おかげで自分の所管質問の場でそれへの反撃ができた次第。

 さて、所管事項質問の最後、3番手が戸田。
 内容は、「児童クラブについて」、「学校給食の食器について」、「中学生の進路教育の中
での法や権利の教育について」、「日の丸・君が代問題での9/22東京地裁判決について」の4
項目。
 それぞれの詳しい内容は別記で紹介するが、最初の児童クラブについての質問の途中で吉
水議員(緑風クラブ)から教委の答弁姿勢についてクレームが付けられて休憩動議となり休
憩し、非公開で議事録に載せない「協議会」を開いてから再開するというハプニングが起こ
った。(11:35で休憩し、11:55まで協議会。そのご昼食休憩し1時再開)

 戸田が追求していたのは、仮に12月議会で民間委託を議決したとしても、昨年の砂子小
児童クラブの民間委託入札のような「超特急」時間ではするべきでないし、できないという
ことを教委に確認させることと、同じく昨年のような10月に民間委託を庁内決定したのに
議員には12月議会議運まで教えない、という秘密主義は議会軽視でもあり許されず、これ
からはそういうことはしないと教委に確認させることだったが、吉水議員の問題意識は「今
後の児童クラブの定員や料金など、議会で議決もしてないことを決まっているかのように答
弁するのは議会軽視だ」というもので、だいぶ問題意識が違っていた。

 吉水議員ら与党議員は「戸田議員の質問を潰すものじゃないから安心してくれ」とは言う
ものの、自分らに話がされていない事を戸田質問への答弁の形で議会でドンドン公表される
のは「議会で正式に決まっていない事を決まったも同然に公表するのは議会軽視だ」、とい
うことらしい。
 戸田からすると、「議会に議案として出されたり、議決されたりしていなくても、行政当
局内部でどういう方針を持っているか等を議会で言うのは何ら問題ない。それが許されない
と言うのなら、市民は市の方針の具体を知らされずに、最終段階たる『議会に出された・議
会で決まった』になってから初めて知らされるだけになってしまい、主権者・当事者として
尊重れないことになる」、と思う。

 教育長陳謝が冒頭になされた午後の再開文教委では、案の定、児童クラブの今後について
詳しい答弁が全然されなくなってしまった。まあ、動議以前にいろいろ答弁させた分が削除
されることはなく、戸田と与党議員が激しく対立する形でもなかったが、ちょっと煙にまか
れた感じもする。
引用なし
469 hits
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98)@NWTfb-02p1-110.ppp11.odn.ad.jp>

9/22文教委:涙の中西質問、9/21判決反発露骨な春田質問、戸田質問中断など・・ 戸田 06/10/2(月) 3:25
戸田の文教所管事項質問:教委へのFAX1 戸田 06/10/2(月) 4:00
戸田の文教所管事項質問:教委への伝達2 戸田 06/10/2(月) 4:12

9016 / 9448 ←次へ | 前へ→
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
ページ:  ┃  記事番号:   
1,303,892
(SS)C-BOARD v3.8(とほほ改ver2.1) is Free