ちょいマジ掲示板

この掲示板は、門真市及び守口市ネタを中心に各地の議会や自治体ネタなどを、「比較的穏やかに」意見・情報の交換をする所です。詳しくは「掲示板のルール1」「掲示板のルール2」を読んでそれに従って下さい。 この掲示板では戸田の命令が絶対であることをくれぐれもお忘れなく。
内容的に関連がある投稿の場合は(先の投稿への)「返信」の形を取って投稿して下さい。
●ただ、「Re:○○」形式の元タイトルの繰り返しタイトルは厳禁です。必ず「内容が伺える独自のタイトル」をつけて下さい。
◆約10年間完全自由投稿制を維持してきましたが、荒らし・妨害投稿頻発のため、やむなく投稿者登録制に移行しました。投稿される方はこちらにアクセスし、所定の手続きを行なってください。 ◆投稿者のメールアドレスは戸田が把握しますが、掲示板では非表示にできます。 ◆投稿者名・メールアドレス・パスワードは登録時のものを使わないと投稿できません。 登録・投稿についての分かりやすい説明はこちらです。うまくいかない場合の問い合わせは戸田事務所まで問い合わせてください。 (09年4/8改訂記)   これまでの管理者命一覧(必読)

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
864 / 9435 ←次へ | 前へ→

▲捏造やウソやら筋痛症問題への無知無関心やら保護課の不当7点を列挙!市は答えよ!
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 17/7/7(金) 9:58 -
  
 上記の「7/3事実確認」で判明した保護課の不当対応7点を列挙する。
 市はこの指摘にちゃんと答えねばならない。
  (本日7/7午後1時に、市の「事実調査結果」の回答をもらうことになっている)
  ↓↓↓
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1:「タニグチ医師と金山クリニック(片山さん主治医)の2医師が、鍼灸治療は不要と
 合意した」、とした、「生活保護課第4グループ ケースワーカーのB氏の主張」は、
 全くの捏造だった!
  B職員も保護課の誰も、金山クリニック医師の言い分を聞いていないし確認していな
 かった!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2:保護課も保護総務課も、線維筋痛症についての研修を全くしていなかった!
  あれほど重大な「2013年10/22の患者と市と全会派議員との3者協議」をしたにも
 拘わらず!
  保護課の課長も課長補佐も、その時の重要記録である議事録を読んでいなかった!

  片山氏のケースワークをするのに線維筋痛症問題の理解が不可欠である事が明白であ
 るにも拘わらず、肝心な事を何も知らず・知ろうとせずに片山さんに対応していた!

  「あべのハルカスの金山クリニック」以外には門真周辺で線維筋痛症を扱う医院が無
 い、という根本事実すら知らずに、そういう根本事実を知ろうとすらせずに、
 「もっと近くの医院に変わって下さいよ」と片山さんに4月に要求したのだ!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3:「市の嘱託医になったタニグチ医師が線維筋痛症に詳しい医師かどうか」を全く確認
 しなかった!
  実は、片山さんが「三ツ島のたにぐちクリニック」でかつて診察を受けた経験では、
 「線維筋痛症に全く無知かほどんど知らない医師」であるのに!
  片山さんとまじめに話をすればすぐに判る事なのに!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
4:B職員は「2015年から(片山さんや戸田の意見を受け容れて)、それまでの方針を変
 更して、金山クリニックが勧める鍼灸治療を承認した」、という超重要ないきさつにつ
 いて、全く記憶していなかった!

  B職員も保護課も保護総務課も、「市が鍼灸治療を承認した理由・従来方針を変更し
 た理由」について、全く関心を持たず、全く記憶に留めておらず、ちょっと調べてみる
 事さえしなかった!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
5:B職員は門真市の嘱託医のタニザワ医師」という「権威」を振りかざして、片山さ
 んに「鍼灸の停止は正当だ」と言う一方で、
  片山さんがいくら問い質しても、「嘱託医のタニザワ医師」について、連絡先もどこ
 の病院の医師なのかも、頑として教えなかったが、

  なぜこんなとんでもない情報隠ぺいをやったのか?誰と相談したのか?誰の指示を受
 けたのか?
  B職員も、居並ぶ保護課と保護総務課の課長や課長補佐も、誰も答えようとしなかっ
 た!
  ・・・・これつまり、保護課と保護総務課が組織ぐるみで片山さんへの非礼不当な情
 報隠ぺいを行なったという事だ!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
6:保護課と保護総務課も片山さんにいろいろウソをついていた!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
7:B職員もその生活保護課第4グループも、「線維筋痛症で苦しんでいる片山さんの実
 情に寄り添った対応」を全くしようとしなかった!
  4月から片山さん担当になったB職員は、「一般的な生活調査としての抜き打ち訪
 問」を一回行なっただけで(片山さん不在で面談出来ず)、片山さんの病状や鍼灸の必
 要性などを知るための面談は、全く考えてもいなかった! 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■B職員(KC=ケースワーカー)の対応にかなり問題があったが、若手のB職員がそう
 いう対応を取った背後にあるのは、「生活保護課第4グループ」のリーダーや構成員の
 考えだし、
 保護課と保護総務課の課長も課長補佐も「そういう対応で良し」、としてきたからこ
そ、今回の紛糾が発生した。
  保護課と保護総務課の「組織責任」は非常に大きい。

■さらに言うと、不当対応を受けた被害者が、片山さんのように「パソコン文書で、理路
 整然と事実経過や市の対応の不当さを説明出来る人」であったからこそ、問題点が明ら
 かになったのであって、被害当事者にそこまでの能力が無ければ、ウヤムヤに誤魔化さ
 れて終わってしまう事も十分にあり得る事だ。

▲保護課と保護総務課は、この投稿で戸田が指摘した事柄について、ちゃんとした回答な
 り謝罪なり、「再発防止策」なりを、本日1時からの対応で示せ。
  調査結果は当然、文書化で示せ。

 7/7(金)09:57 戸田ひさよし 拝
引用なし
280 hits
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.5; YTB730...@i223-216-95-4.s42.a027.ap.plala.or.jp>

門真市が主治医同意捏造・嘱託医隠ぺいで線維筋痛症患者を圧迫!片山さんの訴えメール 戸田 17/7/4(火) 8:39
7/3(月)に関係3課を集めてみっちり事実確認した。その4動画を見てもらいたい! 戸田 17/7/4(火) 9:37
▲捏造やウソやら筋痛症問題への無知無関心やら保護課の不当7点を列挙!市は答えよ! 戸田 17/7/7(金) 9:58
◆戸田が7/3(月)に行なった5項目要求。★市は急転直下7/4(火)から針灸復活を決定! 戸田 17/7/7(金) 23:11
戸田様の眼差しに感銘 枚方市民 17/7/8(土) 6:00
注目に感謝。線維筋痛症の重さを片山さん達から学ぶ。好評価してきた門真市の保護課が 戸田 17/7/8(土) 13:52
自治体による違い 枚方市民 17/7/10(月) 22:25
★7(金)に生保2課の問題点えぐり反省さす。驚愕の事実が出てきた!この3動画見て! 戸田 17/7/8(土) 14:13

864 / 9435 ←次へ | 前へ→
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
ページ:  ┃  記事番号:   
1,298,332
(SS)C-BOARD v3.8(とほほ改ver2.1) is Free