「自由・論争」 掲示板

★この掲示板は戸田が「革命的独裁」をする所である。
この掲示板はジャンルを問わず、論争・口ゲンカ・おチャラけ・ボヤキ等、何でもOKだが、「掲示板のルール1」「掲示板のルール2」を読んで必ずそれに従うこと。
●ここのルールを守らない荒らし的文句付け屋に対しては、「何で稼いでいるのか、どんな仕事や社会的活動をしているのか」等を問い質し、悪質な者には断固たる処置を取り無慈悲にその個人責任を追及していく。
★戸田の回答書き込みは多忙な活動の中では優先度最下位である。戸田の考えを聞きたい人は電話して来る事。
●「Re:○○」形式の元タイトル繰り返しタイトルは厳禁!!必ず「内容が伺える独自のタイトル」をつけること。
◆約10年間完全自由投稿制を維持してきたが、荒らし・妨害投稿頻発のため、投稿者登録制に移行した。投稿する方はこちらにアクセスし、所定の手続きを行なうこと。
◆投稿者のメールアドレスは戸田が把握するが、掲示板では非表示にできる。
◆投稿者名・メールアドレス・パスワードは登録時のものを使わないと投稿できない。 登録・投稿についての分かりやすい説明はこちら。うまくいかない場合の問い合わせは戸田事務所まで。(冒頭記:2009年4/8改訂)   これまでの管理者命一覧(必読)

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
29 / 5531 ←次へ | 前へ→

【11】前振り後<4>でやっと戸田質問への回答に!▲中身はヘイト加担者擁護の珍論!
←back ↑menu ↑top forward→
 掲示板管理人  - 19/11/11(月) 16:45 -
  
【11】前振り後<4>でやっと戸田質問への回答に!▲中身はヘイト加担者擁護の珍論!

4 戸田さんからの具体的質問項目についてお答えします

 これまでの記述で、私の回答の概略なり骨格はお分かりになるか、と思います。
以下、戸田さんからの個々の具体的質問項目について申し述べます。

Q1.異論はありません。
  ただ、N氏が職場に居ずらくなるような、勤務先の児童相談所を訪れ、
  この所長宛に「申し入れ書」を渡し面談を要求する行為は賛成できません。
   ≪批判!23:≫
  また、戸田さんが仰られるような人に該当する者とは誰がどんな基準で判断するので
 しょうか。
   ≪批判!24:≫

(▲戸田注:戸田の質問を紹介しておくと)
    ↓↓↓↓
 Q1:「2014年5/26申し入れ書」冒頭部分の、
    私は、「公務員であっても、個人として右でも左でも思想の自由を持ち、
   勤務時間外の行動は自由である」との信条を人一倍持っている者でもありま
   す。
    しかしながら、個人としての思想信条の自由や行動の自由があるとはいえ、
   一定の研修を経てもなお差別意識を持つ者や差別・人権侵害問題に対して
   酷薄な感情しか持たない者、子どもや社会的弱者に寄り添う気持ちが持てない
   者については、
    子どもや障がい者、生活弱者に接する職務に就ける事は避けるべきと考え
   ざるを得ません。
    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 との私の主張に、貴殿は異論があるか?
   異論があるとしたら、その理由を述べられたい。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Q2.これも異論はありませんが、
  ここでも、誰がどんな基準で、戸田さんが否定される人物だと判断するのでしょ
  うか。
   ≪批判!24:≫
  先の静岡地裁判決では、
  「原告(注:N氏)が人間らしい暖かい感情や人間としての良心を持ち合わ
   せていない冷酷な人物であるという印象を閲覧者に与えるから、
   原告の外部的名誉、すなわち社会的評価を低下させることが認められる」
  と判示されていますが、
  この判示は戸田さんのサイトの文章の少なからずの箇所に及んでいます。
   ≪批判!25:≫

(▲戸田注:戸田の質問を紹介しておくと)
    ↓↓↓↓
 Q2:「2014年5/26申し入れ書」中段以下の
   N氏は、数年以上前、「ネットウヨク」が発生したあたりから「凪論」
   (なぎろん)というブログを開設し、
   ・・・そこでは、自分が法律問題の専門家であるかのような高見に立って、
   在特会などのヘイト勢力が引き起こす騒動や襲撃事件、それへの反対闘争など
   を論評したり「現場報告」などを行なって来ました。
    ・・・(中略)・・・
    しかしそれら記事から判明するのは、夜郎自大な法律論を振りかざしながら
   ヘイト暴力の被害者を揶揄する姿勢であり、
   いたいけな小学生達が学校のフェンス越しに暴漢達によって朝鮮人差別の
   怒号罵声を浴びせられた「京都朝鮮学校襲撃事件」についてさえ、児童達が
   受けた恐怖や屈辱、保護者教員達が受けた恐怖や屈辱に思いを馳せたり
   気の毒に思ったりという、まともな人間なら当然持つはずの思いを、
    N氏は全く持たない、極めて酷薄な人格の人間であるという事です。

    徳島県教組事務所襲撃事件での裁判傍聴では、事務所にいて突然暴漢に乱入
   されて罵声や吊し上げを喰らった女性書記の証言を「いささか芝居がかってい
   る気がする」と突き放すような冷血ぶりです。

    私自身は暴力襲撃の加害者に賠償請求提訴をした事を「議員の地位を使った
   スラップ訴訟だ」と中傷されました。
    N氏の記述には、「他人の恐怖や苦しみを感じ取れない」人格障害さえ感じ
   ざるを得ません。

    その上N氏は、別紙資料にもある通り、京都朝鮮学校裁判に関わって、
  「韓国人は、日本を憎むことでしかアイデンティティを保つことができない
   気質だ」と、ブログで民族差別暴言をも書いています。

    こういう民族差別感情や「他人の恐怖や苦しみを感じ取れない」酷薄な性向
   を持つN氏が、よりによって、か弱き子ども達や立場の弱い女性達を親身に
   なって救済援助すべき児童相談所の管理的職員になっているとは、
    まさに「背筋が寒くなる」ような話です。
    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 との私の主張に、貴殿は異論があるか?
   異論があるとしたら、その理由を述べられたい。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Q3.これには異論があります。
  当事者の静岡市の市議なら、申し入れたり改善を求めるのは理解できますが、
  戸田さんは大阪門真市の市議でいらしたのですから、他県他市の公務員の
  人事にまで口を出すのはいかがなものでしょうか。
   ≪批判!26:≫・・・こりゃ驚いた!!

   N氏の言動をすべて支持するわけではありませんが、遠隔地から勤務先に
  まで来られて抗議されるほど悪質であったとは思えません。
  仮に悪質であったにしろ筋違いでしょう。
   ≪批判!26:≫・・・こりゃ驚いた!!

(▲戸田注:戸田の質問を紹介しておくと)
    ↓↓↓↓
 Q3:「2014年5/26申し入れ書」の最後の部分に、
   児童相談所に駆け込んで来る人達、児童相談所に世話にならざるを得ない
  人達が、N氏のブログ言動を知ったらどう思うか、社会的弱者が抱える様々な
  問題にN氏が人権をしっかり守る立場で対処していけるのか、
  答えは自ずから明らかだろうと思います。
   静岡市長や児童相談所所長におかれましてはどうか以上の事に基づいて、
  N氏の人事配置について適切な検討をしていただきますよう、伏してお願い
  申し上げます。
    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 との私の主張や要請に、貴殿は異論があるか?
  異論があるとしたら、その理由を述べられたい。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Q4.戸田さんがN氏の勤務先を訪れ所長に面談したこと自体が迷惑行為ですし、
  N氏はおそらく数日仕事が手につかなかったんじゃないでしょうか。
  気が小さな方のようですし尚更です。
   ≪批判!27:≫
  戸田さんには、N氏が嫌がるということは分かった上での来所―所長
  面談だったのではないんですか?
  立派な「業務妨害」です。
   ≪批判!28:≫

(▲戸田注:戸田の質問を紹介しておくと)
    ↓↓↓↓
 Q4:私は静岡市児相で一度もN氏と顔も会わせず、児相の所長ら幹部とだけ
   面談して「N氏が児相時保護施設の一時保護担当副主幹として不適切である」
   事を事実に即して説明して「適切な人事配置の検討」を求めただけである。
    いったこれのどこが「戸田がN氏の業務を妨害した」事になるのか?
   事実に即して答えてみよ!
 
   貴殿は「不適切言動を行なう公務員について、その事実を上司に通報して人事
  配置の検討を求める事がその公務員に対する業務妨害になる」と考えている事に
   なるが、それが正しいと思っているのか?!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Q5.N氏とは市民や子どもらに「恐怖」を与えるような人物なのでしょうか。
   ≪批判!29:≫
  先の静岡地裁の判示で、
   「原告が人間らしい暖かい感情や人間としての良心を持ち合わせて
    いない冷酷な人物であるという印象を閲覧者に与えるから、
    原告の外部的名誉、すなわち社会的評価を低下させることが
    認められる」
  とし、
    「本件各戸田記述の記載内容について、違法性は阻却されず、
     原告に対する名誉毀損が成立する」とされています。
  私はこの判決を支持します。
   ≪批判!30:≫
   戸田さんの訪問や数多くの電凸攻撃などあれば、普通の企業なら解雇か、
  これに近い処分を受けるでしょう。
   N氏が、あれだけの攻撃を受けながらもいまだに勤務できているのは、
  「人間らしい暖かい感情や人間としての良心を持ち合わせて」いるから
   ではないでしょうか。
     ≪批判!31:≫・・・この記述には呆れかえってしまう!!

(▲戸田注:戸田の質問を紹介しておくと)
    ↓↓↓↓
 Q5:貴殿は、民族差別感情や「他人の恐怖や苦しみを感じ取れない」酷薄な性向を
   持つ事がその言動から明らかなN氏が、「か弱き子ども達や立場の弱い女性達
   を親身になって救済援助すべき児童相談所・宿泊保護の「一時保護施設」の
   管理的職員になっている」状態が続く事を是とし、

   逆にN氏がその言動実態を通報されて、その部署に「いずらくなる」事や
  「配置転換される」事を非と考えているとしか思えないが、
  それで良いのか?
  保護施設を頼りにする市民や子どもの恐怖感をどう思うのか?
  良心が痛まないか?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Q6.2014年にはしばき隊/カウンター問題にはさほど関心がなく、
 「ああ、戸田さんがマズイことやったな」ぐらいにしか考えていませんでした。
  そして、「もうこういう人とは付き合わないでおこう」と思い、連絡など
 やめました。
  また、事実関係について戸田さんのサイトでの記述には間違いないだろう
 と思っていました。
  なので、戸田さんには特段確認する必要もないと考えていました。
    ≪批判!32:≫・・・戸田サイトの記述確認せずに戸田誹謗した!

  逆に事実関係を確認すべきなのはN氏に対してだと思います。
    ≪批判!33:≫

(▲戸田注:戸田の質問を紹介しておくと)
    ↓↓↓↓
 Q6:「静岡市児相のN事件」(「凪論」事件)については、2014年に私のHPで
   詳細に報告しており、貴殿がその具体を知らないはずがない。
   それなのになぜ、貴殿は今回2019年5/23になって初めて、私への何の取材
  もせずに、私の実名を挙げて、これほどデタラメだらけの誹謗中傷記事を書いた
   のか?
   「社会正義を語る者」として恥ずかしくないか? 
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(2)静岡市児童相談所には取材していません。
  N氏の立場を顧みると、平穏に戻っているところで、再び「寝た子を起こす」
  ようなことはしたくありませんから。
    ≪批判!34:≫

(▲戸田注:戸田の質問を紹介しておくと)
    ↓↓↓↓
 Q6:(2)貴殿は静岡市児相に対して取材や調査をしたのか?
    したとすれば、静岡市児相は何と言っていたのか?
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(3)N氏本人には、取材班メンバーの協力を得て長時間取材し疑問点を
  幾つかたずねましたが、
  戸田さんの訪問や野間氏らによるネット攻撃には非常に迷惑し精神的に
  参ったということを繰り返しておられました。
  私がN氏の立場だったら同様だと思います。
    ≪批判!35:≫

(▲戸田注:戸田の質問を紹介しておくと)
    ↓↓↓↓
 Q6:(3)また、N氏本人に対して取材や調査をしたのか?
   したとすれば、N氏は何と言っていたのか?
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(4)N氏は、戸田さんらによる攻撃には精神的も参り、戸田さんの勤務先来所
  を機にサイトを閉じたということです。
  「逃亡」でもなんでも構いませんが、人ひとりの言論を封じる結果になりました。
    ≪批判!36:≫
  N氏はたかが地方の一下級公務員ですよ、果たしてここまでやる必要があった
  のか疑問です。
    ≪批判!37:≫
   N氏には確かに右翼的言辞も散見されますし、逆に在特会やネトウヨに対
  する批判的コメントもあります。
   私は、平たく言って、N氏の言動をかなりの部分で評価できません。
  支持できる部分は、むしろ少ないです。
  組織をバックにしているわけでもありませんし、これぐらいは言うに任せた
  らいいんじゃないでしょうか。
    ≪批判!38:≫

  戸田さんともあろう方が、こんな地方の下級公務員をイジメてどうするんで
 すか。弱い者いじめとしか映りませんよ。
  せっかく直撃するのなら、もっと大きな相手、強者、権力になすべきでしょう。
    ≪批判!39:≫

(▲戸田注:戸田の質問を紹介しておくと)
    ↓↓↓↓
  Q6:(4)そもそも、N氏の配置転換があったとしたら、
    それは静岡市が公機関として適切な事実認定・本人聴取等の手続きを
    経て行なったものであり、
     N氏自身それに何の異議申し立てもしていないし、早々に「凪論」を
    閉鎖してネット逃亡し、その後もネットで何の反論も表明していない。
   この事を貴殿はどう考えているか?
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    
 今回、戸田さんによる「凪論」主宰者・N氏攻撃について、N氏本人への
長時間の電話取材や前出の判決文の解読など徹底的に調べました。
 知らないことがずいぶんと判りました。
    ≪批判!40:≫
 「デマ中傷」どころではなく、戸田さんがサイトに記述されている以上に、
凄まじい事実が出てきました。もうこんなことはやめるべきです。
    ≪批判!41:≫
 いくら「反差別」「反ヘイト」を旗印にしても、その頃から今に至るまで続く、
暴言や電凸攻撃を一斉に行うようなネットリンチ(私刑)、
ましてや職場訪問などはやめるべきだと思います。
 私の言っていることは間違っているでしょうか?
    ≪批判!42:≫

 非礼を顧みず忌憚なく申し述べさせていただきましたので不快な点があれば何卒ご容赦ください。
 以上、戸田さんの「弾劾質問状」への回答とさせていただきます。

《付 記》

【前田朗教授―鹿砦社・松岡利康の公開書簡】

◎松岡利康 前田朗教授の豹変(=コペルニクス的転換)に苦言を呈す!(2019年5月23日付けデジタル鹿砦社通信)http://www.rokusaisha.com/wp/?p=30689

◎前田朗氏 鹿砦社・松岡利康さんへの返信(2019年5月26日付け前田朗氏ブログ)

http://maeda-akira.blogspot.com/2019/05/blog-post_56.html

◎松岡利康 前田朗教授の誤解に応え、再度私見を申し述べます (2019年5月28日付けデジタル鹿砦社通信)

http://www.rokusaisha.com/wp/?m=20190528

◎前田朗氏 鹿砦社・松岡利康さんへの返信(2)(2019年6月1日付け前田朗氏ブログ)

http://maeda-akira.blogspot.com/2019/06/blog-post.html

◎松岡利康 「唾棄すべき低劣」な人間がリーダーの運動はやがて社会的に「唾棄」される! 前田朗教授からの再「返信」について再反論とご質問(2019年6月4日付けデジタル鹿砦社通信)

http://www.rokusaisha.com/wp/?p=30796

◎前田朗氏 鹿砦社・松岡利康さんへの返信(3)(2019年6月9日付け前田朗氏ブログ)

https://maeda-akira.blogspot.com/2019/06/blog-post_22.html

◎松岡利康 前田朗先生、私の質問に真正面からお答えください!
 このリンチ事件をどう本質的に解決、止揚するかが社会運動の未来のために必須です(2019年6月13日付けデジタル鹿砦社通信)
http://www.rokusaisha.com/wp/?m=20190613

◎前田朗氏 鹿砦社・松岡利康さんへのお詫び(2019年6月13日付け前田朗氏ブログ)
https://maeda-akira.blogspot.com/2019/06/blog-post_13.html

◎松岡利康 前田朗教授が「お詫び」ブログを公開! 私との公開書簡も、私の質問に答えず一方的に「終了」宣言。はたしてこれでいいのでしょうか?
(2019年6月17日付けデジタル鹿砦社通信)
http://www.rokusaisha.com/wp/?p=31064

【その他の関連記事】

◎特別取材班 カウンター/しばき隊の理論的支柱・師岡康子弁護士による犯罪的言動を批判する!
 前田朗教授に良心があるのなら、師岡のような輩と一緒に行動してはいけない!(2019年5月27日付けデジタル鹿砦社通信)
http://www.rokusaisha.com/wp/?m=20190527

◎特別取材班 リンチ被害者M君勝訴! 加害者に約115万円の賠償金支払いが確定! 直ちに賠償金を支払え!
 「M君敗訴」などという「誹謗中傷は許さない!」(神原弁護士の言)(2019年6月14日付けデジタル鹿砦社通信) 
http://www.rokusaisha.com/wp/?m=20190615

◎横山茂彦 しばき隊リンチ事件をめぐる松岡利康氏と前田朗氏の相論
── 論点の整理、および事件の解決・和解のために
 (2019年6月18日付けデジタル鹿砦社通信)
http://www.rokusaisha.com/wp/?p=31121
===================================

引用なし
402 hits
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Geck...@kd114019062036.ppp-bb.dion.ne.jp>

【管理人による再投稿】<戸田vs鹿砦社・松岡代表のヘイト問題論争> 掲示板管理人 19/11/11(月) 16:21
<戸田Vs鹿砦社・松岡代表のヘイト問題論争>【1】松岡氏が6/7講演会に誹謗中傷! 掲示板管理人 19/11/11(月) 16:24
【2】☆前田先生が松岡イチャモンを優しく丁寧に説諭し完全論破!その(1)の全文 掲示板管理人 19/11/11(月) 16:25
【3】前田先生が松岡イチャモンを優しく丁寧に説諭する<松岡さんへの返信(2)>全文 掲示板管理人 19/11/11(月) 16:30
【4】鹿砦社松岡による誹謗攻撃糾弾!前田先生らへの戸田の6/1緊急メールを紹介 掲示板管理人 19/11/11(月) 16:34
!前田先生らへの戸田の6/1緊急メールを紹介 掲示板管理人 19/11/11(月) 16:34
【5】ヘイト加担公務員を「一般市民・公務員」と描くから松岡氏のデマ体質がバレた! 掲示板管理人 19/11/11(月) 16:36
【6】★≪愚劣なデマで戸田を誹謗した鹿砦社・松岡代表に対する6/9弾劾質問状≫ 掲示板管理人 19/11/11(月) 16:38
【7】2019年6/9〜7/1の間の戸田と松岡氏のやり取りメール14本を紹介 掲示板管理人 19/11/11(月) 16:40
【8】▲ああ冗長!「松岡氏6/30回答」。その「はじめに」の部分をまず紹介 掲示板管理人 19/11/11(月) 16:42
【9】「6/30回答の前振り」の<1〜パギ氏・仲岡氏非難><2〜前田先生批判>の部分 掲示板管理人 19/11/11(月) 16:43
【10】「6/30回答の前振り」の<3>は▲ヘイト加担公務員「凪」=N擁護の珍論暴論! 掲示板管理人 19/11/11(月) 16:44
【11】前振り後<4>でやっと戸田質問への回答に!▲中身はヘイト加担者擁護の珍論! 掲示板管理人 19/11/11(月) 16:45
▲戸田の事実指摘に詭弁を対置し「デマ誹謗記述の撤回と謝罪要求」全面拒否とは! 掲示板管理人 19/11/11(月) 16:47
【12】6/30回答の中での「戸田への逆質問」。「こじれ左翼ぶり満開」としか思えないが 掲示板管理人 19/11/11(月) 16:50
【13】戸田が作業遅れで松岡回答への対応表明が遅れる伝達をした7〜9月のメール 掲示板管理人 19/11/11(月) 16:52
△参考:前田先生の考え:鹿砦社・松岡利康さんへの返信 (2)を紹介 掲示板管理人 19/11/11(月) 16:54
△参考:前田先生の考え:鹿砦社・松岡利康さんへの返信 (3)を紹介 掲示板管理人 19/11/11(月) 16:56
△【8】【9】での≪批判!1〜6:≫「3人の裏切り者」への怨嗟等と戸田反論メモ 掲示板管理人 19/11/11(月) 16:59
△【10】での≪批判!7〜22≫ヘイト加担児相幹部Nべったり擁護等と戸田反論メモ 掲示板管理人 19/11/11(月) 17:02
△参考:前田先生:松岡利康さんへの返信(1)松岡氏の我執、戸田活動を高く評価など 掲示板管理人 19/11/11(月) 17:05
△【11】の「戸田質問への回答全項目」への≪批判!23〜42≫と戸田の反論メモ 掲示板管理人 19/11/11(月) 17:08
▲15日、16日、17日昼までと約束し、結局17日深夜完成送信の恥ずかしいメール2通 掲示板管理人 19/11/11(月) 17:11
【14】(中)先に作った「9/17戸田見解の付属資料(全15P)」〜≪批判!25≫まで 掲示板管理人 19/11/11(月) 17:14
【14】(下)先に作った「9/17戸田見解の付属資料(全15P)」〜≪批判!42≫まで 掲示板管理人 19/11/11(月) 17:17
【15】☆「9/17戸田見解」完成!〜ネトウヨ並のイチャモンで敵対する松岡氏弾劾! 掲示板管理人 19/11/11(月) 17:20

29 / 5531 ←次へ | 前へ→
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
ページ:  ┃  記事番号:   
866,395
(SS)C-BOARD v3.8(とほほ改ver2.1) is Free