「自由・論争」 掲示板

★この掲示板は戸田が「革命的独裁」をする所である。
この掲示板はジャンルを問わず、論争・口ゲンカ・おチャラけ・ボヤキ等、何でもOKだが、「掲示板のルール1」「掲示板のルール2」を読んで必ずそれに従うこと。
●ここのルールを守らない荒らし的文句付け屋に対しては、「何で稼いでいるのか、どんな仕事や社会的活動をしているのか」等を問い質し、悪質な者には断固たる処置を取り無慈悲にその個人責任を追及していく。
★戸田の回答書き込みは多忙な活動の中では優先度最下位である。戸田の考えを聞きたい人は電話して来る事。
●「Re:○○」形式の元タイトル繰り返しタイトルは厳禁!!必ず「内容が伺える独自のタイトル」をつけること。
◆約10年間完全自由投稿制を維持してきたが、荒らし・妨害投稿頻発のため、投稿者登録制に移行した。投稿する方はこちらにアクセスし、所定の手続きを行なうこと。
◆投稿者のメールアドレスは戸田が把握するが、掲示板では非表示にできる。
◆投稿者名・メールアドレス・パスワードは登録時のものを使わないと投稿できない。 登録・投稿についての分かりやすい説明はこちら。うまくいかない場合の問い合わせは戸田事務所まで。(冒頭記:2009年4/8改訂)   これまでの管理者命一覧(必読)

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
40 / 5306 ←次へ | 前へ→

■戸田通信■緊急!第2号:ヘイト法・・(その2)★この手で自治体突き上げを!5/31
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 16/5/31(火) 10:27 -
  
■戸田通信■緊急!第2号:「ヘイトスピーチ解消法・・・(その2)」
             ★この手で自治体突き上げを!   2016年5/31(火)発信

 <大阪府門真(かどま)市の革命左翼市議=戸田ひさよしの個人的不定期通信>

■活動・論評あれこれ、たまに雑談■ 第2号:2016年5/31(火)(1行約40字にて)
                 「革命21」http://www.com21.jp/ 所属
           (拡散・引用は無断でご自由に!重複の節はご容赦を)    
*****************************************************************************
     <第2号の内容>
【1】なぜ「緊急」か?6月議会を逃すと9月議会まで行政改善させにくいよ!
    「鉄は熱いうちに打て!」「ヘイトスピーチ解消法」施行の今を逃すな!
【2】「法」成立後、激改善の愛知県・福岡市・川崎市、微改善で市長無知の名古屋市
     最低最悪の大阪府市
【3】「ヘイトスピーチ解消法成立」を見つめて(その2)(長文です)
   ★すぐに6月議会!自治体に反ヘイト前進させる重大ポイントを伝授
   ★まず「住民の安全と尊厳を守るのは行政の責務だ」を認めさせるべし!
   ▲大阪市ヘイト条例〜2つの当初功績と絶対的欠陥。まねしちゃいけない!
   ◆「真に実効ある反ヘイト条例」をつくるためには。
   ★門真市で「8/26ヘイトスピーチ解消法と自治体の責務を考える講演研修会」
【4】反ヘイトのリンク紹介追加。その他
*****************************************************************************

【1】なぜ「緊急」か?6月議会を逃すと9月議会まで行政改善させにくいよ!
    「鉄は熱いうちに打て!」「ヘイトスピーチ解消法」施行の今を逃すな!

1:全国1788の地方議会(都道府県・市町村・特別区)の定例議会は基本的に「年4回」
  今年度初の「6月議会」はもうすぐ開催され、これを逃すと「議会質問で行政を質問
 、改善させる機会」は9月議会までない。
  「ヘイトスピーチ解消法」の成立・施行がマスコミ報道された直後の6月議会こそ、
 ヘイト問題に無知無関心、対応回避してきた自治体行政に対して啓発し、「附帯決議
 で規定された自治体の責務の実行」(への真摯な検討と庁内体制整備)を迫る絶好の
 チャンスである!

2:これを読んでいる議員は自ら、議員でない人は自分のまちの議員に、「6月議会での
 ヘイト対策検討・実行の指摘・追及」をする・させる事が必須と考えるべきだ。

3:現実問題として、行政が施策改善するに当たって「市民からの要求」と「議会質問を
 通じての要求」とではその効果が格段に違う。(「両者一体での要求」が最強だが)

 ★「議会質問」に対しては、行政は「絶対的な回答義務」があるし「全庁的な検討」を
  するし(=それを通じての全庁的啓発効果も)、「議会答弁=行政の正式な約束」
  であり、質問答弁のやり取りは議事録として「永久保存の公開記録」になる。

4:★「議員は民衆から行政に派遣された駐留軍」である!
  行政の場に常駐して「答弁の誠実実行」や「答弁実行の体制作り」などを監視監督し
 、その進捗状況や結果検証を厳しくやれるのは議員をおいて他に無い。
=======================================
  
【2】「法」成立後、激改善の愛知県・福岡市・川崎市、微改善で市長無知の名古屋市
    最低最悪の大阪府市

1:「ヘイトスピーチ解消法」成立後すぐの5/29(日)に、福岡市、名古屋市、大阪市の
 3市でヘイトデモが強行実施され、また川崎市では「6/5(日)のヘイトデモ」を巡って
 「許可するな!実施させないぞ!」の声が急激に高まった。
  それぞれの自治体行政(+警察)の対応には以下のような大きな違いが現れた。
      ↓↓↓
 (1)福岡市:警察自ら周知活動、警察がヘイトスピーチを確認の上、予定時間より早く
      中止させる(!)
 (2)名古屋市:警察はヘイト側に向くも、ヘイトデモは止めず
        (共産党の女性名古屋市議がカウンターで参加)
 (3)大阪市:警察はヘイトスピーチ・ヘイトデモを護り放置。
      しかもカウンター側を撮影、威嚇、暴力。「法」成立前と全く変わらず!

 ▲名古屋市の河村市長はヘイト問題にも「ヘイトスピーチ解消法」にも無知無関心を
  さらけ出したのみならず、「朝鮮学校への補助金停止」について「(ヘイト側に)
  誉められた。ありがたい事だ」とヘイト称賛のトンデモ発言までも!

 ◆一方、名古屋市を有する愛知県の大村知事は5/30(月)会見で「ヘイト団体には県施
  設を使わせない」と明言!! これ、都道府県として初の表明だ!
  (「朝鮮学校への補助継続」を表明している大村知事はウヨ右翼から執拗な街宣攻撃
    を受け続けている「ヘイト被害者」でもある)
  (「市民減税運動」で「同志」だった河村とは全く逆姿勢になった)

 ★川崎市では、市議会全60議員賛同で「ヘイトデモに公園使用許可を出さない要望」
  を市長に提出! 市長はヘイト側に「公園利用許可の取り消し」を通知した!
  (「公園利用許可取り消し」は全国自治体で初!) 

・・・詳しくは◎有田議員ツイッター https://twitter.com/aritayoshifu?lang=ja 等
  「戸田通信1」で紹介したネット情報を見て欲しい)
   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2:「大阪市・大阪府警」の対応の酷さは、
   1)「おおさか維新」の松井知事・吉村市長が反ヘイトに全く熱意が無い
   2)大阪市の職員には(議員にも)反ヘイトを真剣に実施する熱意が全く無い
     「ヘイト現場を見ておかねば」という意識が皆無だから職員が現場に来ない
       議員も誰一人来ない。
   3)大阪市の反ヘイト条例は全く役に立たない!
 ・・・・という事の反映である。
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

3:「法」成立以前では「全国1788の地方自治体」の中で「反ヘイト姿勢・施策」を打
 ち出したのは、こんな大阪市を含めて「たった6つ」だけ!(戸田知見では)
  うち、「ヘイト側に対して実際に申し込みがあって、それを施設使用不許可」にし
 たのは「たった2つ」だけ!
  以下にざっと紹介しておく。
    ↓↓↓
 2011年:大阪の門真市が9月議会で(ザイトクらの)ヘイト行動について「悪質な差
     別為で許されない」、「長年の人権教育行政を破壊」、「住民を傷つけ恐怖を
     与え、子どもに悪影響」等と厳しく批判。
     「市内でヘイト行動あれば批判見解出す」、「役所への業務妨害には厳しく
      対処する」事も表明。
     (ザイトクが反発して10月〜12月に戸田と門真市に攻撃あったが撃退!) 

 2012年:門真市は12月議会で「ザイトクに施設使わせない」、「職員にザイトク問題
     研修を行なう」と答弁。

 2013年:門真市は、3月議会で★「住民の安全と尊厳を守る行政責務」の概念確立!
      9月議会で「ザイトク問題の主管部署決定=人権政策課」「戸田制作動画で
      ザイトク問題の(施設管理の民間団体も含めた)全部署研修」を答弁

     6月、山形県が「県立生涯学習センター」の「在特会山形支部」への使用許可
     を取り消した。(★全国初の使用取り消し!)
      (県職員OBの指定管理団体幹部による賢明な独自判断) 
    
2014年:大阪府茨木市が3月議会で「ヘイトスピーチは許されない。ヘイト団体には人
    権マニュアルに基づいて施設貸し出しを対処する」と答弁。

    門真市が2月の戸田主催研修会で「ヘイト団体には施設を貸さない施策」を表
    明したのに、4月にザイトク川東からの使用申請にブレて施設使用許可してし
    まうという醜態!(顧問弁護士と法務役人の低レベルが元凶)

   →★戸田らが猛烈に巻き返して5月に使用許可取り消し。(全国で2例目)
   ・・・この反省から、7月に前田朗先生を呼んで「ヘイト問題全部署職員研修」
      を実施!(★前田朗先生呼んでの職員研修は全国で空前絶後)
   ・・・9月議会で「4月のブレ」を徹底追及して謝罪させ、「住民の安全と尊厳
      を守る行政責務」を再確立させた。
        ・・・・2016年3月議会で市長の「施政方針」に盛り込み。
       
    愛知県安城市が6月議会で「ヘイトスピーチは許されない。ヘイト団体には施設
   を貸さない」と答弁。
    
    大阪府豊中市が12月議会で「ヘイトスピーチは許されない。ヘイト団体には施
   設を貸さない。知らずに使用許可出した場合は取り消す」と答弁。

2016年:大阪市で1月、「ヘイトスピーチ対処条例」が成立。(条例制定は全国初)
     5月に「審査会委員」決定。
    (源流は2014年以来の条例制定の反ヘイト住民運動、それを橋下市長が利用)
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆「反ヘイトの議会質問をした議員」は、いずれも戸田が代表を務める
 「反ヘイト議員・候補者ネット」http://www.hige-toda.com/hanheito/index.htm
 「連帯ユニオン議員ネット」
           http://www.hige-toda.com/____1/09giinnettaikai/index 
  の会員。

■戸田と門真市の反ザイトク・ヘイトの取り組みについては、戸田HPの
「ザイトクページ」パート5:http://www.hige-toda.com/zaitoku/zaitokukai_5.htm
「ザイトクページ」パート4:http://www.hige-toda.com/zaitoku/zaitokukai_4.htm
「ザイトクページ」パート3:http://www.hige-toda.com/zaitoku/zaitokukai_3.html
「ザイトクページ」パート2:http://www.hige-toda.com/zaitoku/zaitokukai_2.html
「ザイトクページ」パート1:http://www.hige-toda.com/zaitoku/zaitokukai.html
  (2009年開設)

◆6・22[ザイトク川東の朝鮮人差別集会への許可」事件で揺さぶられた門真市を戸田が
 鍛えなおし、6月議会の追及質問で反省総括を表明させ、より前進させた!
・・・その議会記録のパンフ(2014年)
   http://www.hige-toda.com/zaitoku/2014.6.22panfu.htm

◎2014年「2/21門真市の反ザイトク施策研修会」戸田提出資料(10ページ)
http://www.hige-toda.com/zaitoku/img4/2.21date.pdf
=======================================

【3】「ヘイトスピーチ解消法成立」を見つめて(その2)(長文です)

1:★【すぐに6月議会!自治体に反ヘイト前進させる重大ポイントを伝授 】

 1)ヘイト云々以前にまずは「住民の安全と尊厳を守るのは行政の責務だ」と、当局
  に答弁させるべし!
   「イエスとしか答えられない質問の仕方で」、「具体的な事を当局の答弁で語ら
    せる」ように! ・・・当局答弁のみで宣伝資料に使えるように!

   「議員ご指摘の通りです」という答弁ではなくて、「市としても住民の安全と尊
   厳を守る事は行政の重要な責務であると認識しております」と答弁させるように!

 2)それから先の具体的な質問事項としては、以下の通り。
  (今先走って「大阪市のようなヘイト対処条例を制定すべきでないか?」と問うよ
   りも、「反ヘイト施策を行なう土台の認識や体制の形成」を図るべし) 

 Q:「ヘイトスピーチ解消法」が成立施行されているが、
  ・この法律が出来たのはどういう社会事情によるものか? いつ成立したのか?
  ・この法律の目的は何かなど、法律の概要を説明されたい。
  ・この法律で、「ヘイトスピーチ」とはどのように定義されているか?
  ◆非常に厳格な附帯事項がついていると聞くが、附帯事項それぞれの文言を上げ、
    それぞれの意味する所を述べられたい。
  ◆附帯事項に「自治体の責務」も記載されているはずだが、それはどのようなもの
    か? 本市とはどのように関わるのか?
 
  ・ちなみに国会での成立過程はどのようなものだったのか?反対した会派政党はど
   ことどこだったのか?(該当政党の地方議員がいる場合に、それへの当てつけで)

  ◆教育委員会も含めて一元的に情報収集、全庁への情報提供、職員研修、市民対応、
   警察対応などを行うヘイトスピーチ問題での主管部署を定めないと、「自治体の
   責務」を機能させられないはずだが、どうか? 主管部署はどこにするか?
    (いつまでに主管部署を決定するのか?)

  ★この法律と附帯事項については、その解説文も含めて、全部署の職員に研修して
   周知徹底させるべきだが、どうか?
    それはいつまでに、どのように、どこが主導して行なうのか?

  ■顧問弁護士にも、この法律と附帯事項や市の責務について周知すべきだが、具体的
   にはどのように、いつまでに行なうのか?
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

3:▲【大阪市ヘイト条例〜2つの当初功績と絶対的欠陥。まねしちゃいけない!】

 1)「2つの当初功績」とは、
   「反ヘイトの住民が反ヘイト条例制定を求める署名活動をした事によって出来た」
   「ヘイトスピーチという問題の存在」をマスコミが大きく取り上げ社会啓発した
  こと。
   それを橋下市長が人気取りに利用して、議員達もほぼ異議無しで制定した。

 2)しかしこの条例自体は致命的欠陥を持つダメ条例である。

  ア:■「ヘイトか否か」を判定するのは「審議会」であって、行政は「審議会丸投
    げ」となり、行政職員自身は「何がヘイトか」の判断も出来ず、ヘイトへの怒
    りも感じず、今でさえ無きに等しくなっている「人権行政の気概」がさらに消
    滅するだけ!・・・条例制定後の大阪市行政の実態を見よ!

  イ:その「審議会の先生方」と言えば、反ヘイトで頑張った人間など誰もおらず、
   「口先だけ有識者」がなるだけ。
    それにさえ右派議員が「この人物は別の場所で外国人参政権に賛同的な発言を
   したから不的確だ」と文句を付け、事務局が「いえ、その会合では何も発言して
   ませんから問題ありません」と「かばう」始末!
    
  ウ:そもそも「反ヘイトにしっかりした知見を持つ有識者」など全国で十数名程度
   しかいない現状で、全国の自治体でそういう有識者を確保出来るはずがない。
    ・・・・結果、反ヘイトを回避してきた「専門家」に頼むしかなくなる。

  エ:■「ヘイト行動に好きなだけ施設を使用させた後、『被害の訴え』があれば、
    それを審査会にかけて判定する」という仕組みで、「ヘイト行動の抑止」には
    全くならない!!
    ■「被害者」が実名住所を出し、「記録証拠」も自分で収集して出して訴えな
     いといけない。行政は何もせず、「被害者」に立証責任負わすもの!

  オ:「ヘイト加害者が受ける罰」は、「団体名・個人名を公表される」事だけ!!
    これ、川東ら「自己顕示欲ヘイト」にとっては「痛くも痒くも無く」、逆に
    「名誉な宣伝」になって大喜びするだけ!!
                       ・・・ヘイト抑止効果無し!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

4:◆【真に実効ある反ヘイト条例」をつくるためには】

 1)■条例の根本に「住民の安全と尊厳を守る事が行政の責務である」という認識宣言
  を置くこと。全てはこの責務認識から始めないといけない。

 2)使用申し込みがされた段階で、ヘイトの団体個人であるか否か、使用不許可にす
  べきかどうかを行政自身が判断する仕組みにする。
   「審議会方式」は採らないこと!「ヘイト行為をさせない」仕組みにすること!

 3)「ヘイトの団体個人の実態」や「ヘイト行動の実態」について、行政が情報収集や
   調査を行なう事を=判断能力を身につける事を行政に義務づける規定を作る。

 4)市民からの通報があったら速やかに調査し判断する事を義務づける。

 5)「ヘイト行動をさせないために」、「警察ほか関係機関への報告や協力要請、
   情報交換をする」事を行政に義務づける規定を作る。
 
 6)全ての対応において「記録をしっかり作る」事を行政に義務づける。

 7)施設管理の民間団体職員も含めてた全ての職員に(施設管理職員や窓口職員だけ
  でなく学校教育や生涯学習、保育幼稚園関係職員も、人事、企画、議会職員も)
  ヘイト問題での知見向上の職員研修の「最低年1回の実施」を義務づける。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

引用なし
70 hits
<Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/49....@i60-35-93-95.s04.a027.ap.plala.or.jp>

戸田通信■第1号:「ヘイトスピーチ解消法成立を見つめて(1)」(上)戸田の反省ほか 戸田 16/5/29(日) 13:35
◆「ヘイトスピーチ解消法成立を見つめて(1)」(中)有田さんの功績と誹謗、共産党など 戸田 16/5/29(日) 13:40
■5/28発信(下)【3】戸田近況【4】「世界一便利なV-MAX」が有名動画で紹介された 戸田 16/5/29(日) 13:43
■戸田通信■緊急!第2号:ヘイト法・・(その2)★この手で自治体突き上げを!5/31 戸田 16/5/31(火) 10:27
第2号(下)★門真市で「8/26ヘイトスピーチ解消法と自治体の責務を考える講演研修会」 戸田 16/5/31(火) 10:31
☆よしっ!川崎市が「住民の安全と尊厳を守るため」ヘイトの公園使用不許可を発表! 戸田 16/5/31(火) 15:41
★有田議員はじめ反ヘイトの人達が戸田通信の内容を共感を持って取り上げているよ! 戸田 16/5/31(火) 15:43
☆前田朗先生も戸田にメール。ブログで川崎市の不許可決定の正当性をバシッと解説! 戸田 16/6/2(木) 22:45
●既視感に苦笑:「ヘイトスピーチ解消法は公明党が推進主導して成立」の公明党宣伝! 戸田 16/6/2(木) 22:48
☆「戸田通信メール版」コーナーをHP扉右上段に新設したよ!戸田似顔絵すぐ下に! 戸田 16/6/2(木) 22:55
★感涙!6/5川崎ヘイトデモ、数百人の抗議と警察の「法」規制で10mで中止!画期的 戸田 16/6/6(月) 8:03
☆法務省人権擁護局が凄い!霞ヶ関や川崎駅で反ヘイトポスター大看板、宣伝トラック! 戸田 16/6/6(月) 8:42
●相変わらずカウンターを圧迫しヘイトを守る警視庁、最低!6/5渋谷ヘイトデモで 戸田 16/6/6(月) 8:50

40 / 5306 ←次へ | 前へ→
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
ページ:  ┃  記事番号:   
833,045
(SS)C-BOARD v3.8(とほほ改ver2.1) is Free