「自由・論争」 掲示板

★この掲示板は戸田が「革命的独裁」をする所である。
この掲示板はジャンルを問わず、論争・口ゲンカ・おチャラけ・ボヤキ等、何でもOKだが、「掲示板のルール1」「掲示板のルール2」を読んで必ずそれに従うこと。
●ここのルールを守らない荒らし的文句付け屋に対しては、「何で稼いでいるのか、どんな仕事や社会的活動をしているのか」等を問い質し、悪質な者には断固たる処置を取り無慈悲にその個人責任を追及していく。
★戸田の回答書き込みは多忙な活動の中では優先度最下位である。戸田の考えを聞きたい人は電話して来る事。
●「Re:○○」形式の元タイトル繰り返しタイトルは厳禁!!必ず「内容が伺える独自のタイトル」をつけること。
◆約10年間完全自由投稿制を維持してきたが、荒らし・妨害投稿頻発のため、投稿者登録制に移行した。投稿する方はこちらにアクセスし、所定の手続きを行なうこと。
◆投稿者のメールアドレスは戸田が把握するが、掲示板では非表示にできる。
◆投稿者名・メールアドレス・パスワードは登録時のものを使わないと投稿できない。 登録・投稿についての分かりやすい説明はこちら。うまくいかない場合の問い合わせは戸田事務所まで。(冒頭記:2009年4/8改訂)   これまでの管理者命一覧(必読)

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
755 / 5518 ←次へ | 前へ→

在特会の正体・若手会員はこんな幹部とそれこそ「断絶」しろ!
←back ↑menu ↑top forward→
 在特会研究所  - 12/10/16(火) 2:13 -
  
在特会の若手のみなさんに心の底から訴えたい、「真実を知れ、もっと知識を深めろ、自己点検する勇気を持て!」とー。

「わざわざ新幹線のグリーン車に乗り、はるかに料金が高い高級ホテルや高級旅館に泊まり弁護士らと一緒にと京都の町に行って贅沢な食事を楽しみ、時には女の子のいる店に行ってチョメチョメし、高い葉巻を吸いながら高い酒を何杯も呑む・・・・」

「安倍首相の食べた3500円のカツカレーなるものが非難の的となっているようですが、そのホテルのメニューでは最も安い部類に入るだろうスハゲティ・ナポリタン2000円を食べて・・・」
この八木の真面目ったらしい報告のどうしょうもないあほらしさに、同情すら覚える方も多かろう。

これは在特会のホームページに、「筆頭副会長」八木康洋が長々と、さも自慢げに書きなぐっている、9月26日の京都朝鮮学校襲撃事件の民事裁判被告人証言に際する報告文書の一部である。
当日傍聴に参加した人々は、その証言のほぼ全部が、被告人としての自覚の欠如はもとより、例えようもないくらい得て勝手で、被告人としての真摯さもなく、八木康洋という人物の浅薄さ、薄汚さを満天下に晒したものと感じ取っただろう。
八木の発言のことごとくに、みんな、裁判官はもとより、傍聴者も思わず失笑を超えた、哀れみすら感じながら、腹を抱えて笑ったものだった。

正直、私も含め傍聴者の大半は、この日、証言台には主権回復代表の西村修平と在特会代表の桜井誠が立ち、「お互いが愚劣な言葉で罵りあい、次第に高潮化し暴言と鉄拳が飛び交い、やがて取っ組み合って法廷内で倒れこむ」そんなことを期待していただろう。
これらは傍聴者はもちろん、この裁判に携わって間もない裁判長すら、この二人の「過去の盟友」が現在、激しく意地汚く、お互いいがみ合い、ののしりあっていることを十分に知っているからである。

しかし、残念ながら、現実はそういかなかった。
なぜなら桜井誠(本名高田誠)が裁判からトンズらし、八木を身代わりとして法廷に「差し出した」からだ。
これにはおそらく西村修平も心底、残念がっていたに違いない。
西村のブログでの桜井に対する「嘆き」を読めばわかるが、彼にとってこの法廷は、かつての「愛弟子・桜井誠」が現在、ところかまわず「朝鮮人を殺せー」と絶叫し、論理性を欠き、「1000万円カンパ横領疑惑」など金に対する汚さを満天下に晒している今、かつての師匠として、京都地裁法廷ガ西村に与えた、桜井に対する絶好の「諭しの場」のチャンスだったからだ。

まあ結果として西村修平・桜井誠の劇的な?「師弟対決」の場は、当面奪われたこととなり、残念ではあるが、それを役不足といえ、八木が法廷でも、またホームページでも補ったとも言えよう。

さて日本政府が特別に23億円を予算計上したという、あの「シーシェパード問題」、日本の南極捕鯨問題と和歌山太地町のイルカ漁の件だが、この夏、桜井誠たちはシーシェパードのメンバーによる、現地でのイルカの霊を祭る独自礼拝行為を妨害し、嫌がらせのため東京から太地町に入った。
イルカを尊び、神聖性を持ったメンバーによる礼拝行動に対し、やはりというか、桜井たちの妨害行動は、下劣というか暴言だけでレベルが低く、恥ずかしく情けないものだった。
ところがである、この行動のために桜井誠や奈良支部長の中野は名湯「勝浦」のホテルで豪泊・豪遊しているのだ。

八木康洋は今回の弁明書で、普通なら書かなくてもいいレベルのこと(グリーン車やホテルニューオオタニの利用など)を書き連ねて自己弁護に努めている。
だが特別会員だとか、カンパ、また集会会費などを無理やり徴収され、そして何よりも貴重な青春の時間を無駄に費やしている若手の在特会会員のみなさん、(もちろんその中には21歳で兵庫支部長を名乗る北原白秋、いまや中野に全てをしゃぶり尽くされたかに見える大阪支部長獅子座なおー本名池本ーも含まれるがー)若手の会員の諸君、もう桜井や八木、また中野など幹部に騙されるな。

幹部連中が垂れ流す、ウソと、デタラメと、デッチ上げに、いい加減気づき、まず反省しろ!
病的な自己中のインターネット情報のマインドコントロールから脱出し、本当の事実・真実に近づき、もっと普遍的な知識の獲得と蓄積に勤め、そして自己に目覚めろ!

将来のある若手会員の人生の理想像が、桜井誠や八木康洋、また西村修平であっては残念だし、情けないではないか!

八木の報告
http://www.zaitokukai.info/modules/wordpress/

引用なし
3,017 hits
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; YTB720; GTB7.4...@p2040-ipad207kobeminato.hyogo.ocn.ne.jp>

在特会の正体・若手会員はこんな幹部とそれこそ「断絶」しろ! 在特会研究所 12/10/16(火) 2:13
在特会のみなさん「長いナイフの夜」って、知ってますか? 在特会研究所 12/10/18(木) 15:31

755 / 5518 ←次へ | 前へ→
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
ページ:  ┃  記事番号:   
859,849
(SS)C-BOARD v3.8(とほほ改ver2.1) is Free