ちょいマジ掲示板

この掲示板は、門真市及び守口市ネタを中心に各地の議会や自治体ネタなどを、「比較的穏やかに」意見・情報の交換をする所です。詳しくは「掲示板のルール1」「掲示板のルール2」を読んでそれに従って下さい。 この掲示板では戸田の命令が絶対であることをくれぐれもお忘れなく。
内容的に関連がある投稿の場合は(先の投稿への)「返信」の形を取って投稿して下さい。
●ただ、「Re:○○」形式の元タイトルの繰り返しタイトルは厳禁です。必ず「内容が伺える独自のタイトル」をつけて下さい。
◆約10年間完全自由投稿制を維持してきましたが、荒らし・妨害投稿頻発のため、やむなく投稿者登録制に移行しました。投稿される方はこちらにアクセスし、所定の手続きを行なってください。 ◆投稿者のメールアドレスは戸田が把握しますが、掲示板では非表示にできます。 ◆投稿者名・メールアドレス・パスワードは登録時のものを使わないと投稿できません。 登録・投稿についての分かりやすい説明はこちらです。うまくいかない場合の問い合わせは戸田事務所まで問い合わせてください。 (09年4/8改訂記)   これまでの管理者命一覧(必読)

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
4649 / 9593 ←次へ | 前へ→

☆議会答弁と通知で脱原発姿勢と小出・広瀬本等の図書館購入と推奨をした市を高評価!
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 11/7/3(日) 11:11 -
  
 上記投稿では長文になってしまって目立ちにくくなった面があるので、改めて紹介する。
 こういう議会答弁と庁内通達をした門真市当局の姿勢は立派なものだと思う。
 門真市民はこういう門真市を誇りに思っていい。

 よりはっきりと書かれている「庁内通知」の方から先に再掲する。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【 7/1庁内通知 】

         事務連絡 平成23年7月1日
 各部局長 様
                      総合政策部長

   昨今の社会情勢に対する認識への職員啓発について(通知)
   このことにつきまして、下記のとおり通知します。
 記

 未曾有の被害をもたらした東日本大震災に対しては、義援金や職員派遣など本市からも広域支援を行ってきました。
 今回の震災は、地震に加え、津波による大きな被害をもたらしました。
 また、福島第一原子力発電所の被災は、多くの住民の方が避難を余儀なくされるのなど、被害は広範囲にわたっており、震災発生後3カ月が経過する現在も、現地の生活不安の解消の見通しがたたない状況にあります。

 この、原子力発電所の事故は、人の生命に直結する重大なことであり、節電問題やエネルギー問題など、門真市民にとっても大きな問題であります。
 イタリアの国民投票は、「原発不要」という結果であり、「原発安全神話」に対する認識など、昨今の社会情勢について、本市職員全員が適正な認識を持つことが、重要であります。

 常に適正な認識を持つためには、関連図書の読書は有効な手段であります。
 市立図書館には、原発関連図書が多数ありますので、各部局長におかれましては、図書館蔵書の読書をお願いいたします。(併せて部局内職員への読書奨励もお願いします。)

 なお、図書館蔵書につきましては、別紙のとおりですので、参考としてください。

<参考> 議会で議論・答弁した書籍一覧

 No.  著書      作者   出版社 価格
  1 原発のウソ 小出裕章  扶桑社新書 777円
  2 原子炉時限爆弾 広瀬隆  ダイヤモンド社 1,575円
  3 改訂版これから起こる原発事故 宝島社      980円

 なお、本市図書館の蔵書状況は、
No1は10冊となるように現在発注済。
    No2は蔵書数1冊。最終10冊となるように現在発注済。
    No3は2冊となるように現在発注済。

以下、図書館在庫の原発関連図書の一覧表
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【 6/24本会議答弁 】

 チェルノブイリ事故をはじめとして、放射線漏れなどによる危惧は常に認識をいたして
おりましたが、「原子力発電の安全神話」、「原発がなければ日本のエネルギーは不足す
る」と長年宣伝されてきた状況であり、そのような認識であったことは事実であります。

 しかしながら、この度の東日本大震災での原発事故の状況は、これまでの認識を改めさせるものであり、本市としても、安心・安全なまちづくりを推進する観点から、原子力発
電を前提とした発想から脱却し、原子力発電に頼らない自然エネルギーを活用したまちづくりへとシフトしなければならないと考えております。

 次に、放射線の測定についてであります。

 現在、大阪府におきまして、平成21年9月に策定されました「大阪府地域防災計画原子
力災害対策編」に沿い、放射性物資の予期しない放出による影響を把握できるモニタリン
グシステムを府内15か所に設置して、放射線水準を常時監視しており、また、大阪広域水
道事業団におきましても水道水の放射線測定を実施いたしております。

 府のホームページでこれらの測定結果は常時得られるようになっており、一定の情報把握はできるものと考えております。

 また、今回の事故を踏まえ、関西広域連合におきまして、今後の対応につきまして検討
が進められおり、その検討結果を受けて、大阪府においても新たな対応が検討されること
から、その動向を注視し、本市におきましても市民の皆様が安心・安全に生活できるよ
う、危機管理対策を講じてまいりたいと考えております。

 次に、原発関係の書籍の購入についてでありますが、特別職をはじめ、職員が原子力発
電に対する適正な知識・認識を持つことは大切なことであり、先ずは幹部職員の自己研鑚
による見識を深めることが重要であると認識をいたしております。

 ご提案の職員必読の件につきましては、広く市民の皆様にも読んでいただけることも加
味し、市立図書館に一定数の原子力関係の書籍を追加購入いたします。
 また、職員に対しましては、図書館の蔵書の読書を促していく通知を出し、周知に努め
てまいります。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

引用なし
1,967 hits
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6; .NET CLR...@i58-89-136-94.s04.a027.ap.plala.or.jp>

戸田質問の狙いと成果1:職員体質問題→庁内に激震、「後戻りしない改善」が具体化! 戸田 11/7/2(土) 6:17
公明議員はどう評価しているのか、議員の投稿を期待する。 ゆうすけ 11/7/2(土) 16:14
▲誤記訂正:大兼氏は「課長」ではなく「次長」です。お詫びして訂正します 戸田 11/7/3(日) 9:40
△これが当局が全職員向けに出した「行政事例集の周知徹底・活用についての7/1通知」 戸田 11/7/6(水) 7:22
☆2:原発問題→大啓発、市長らの認識変化、小出本・広瀬本各10冊等市購入の大成果! 戸田 11/7/3(日) 10:35
◆教訓:答弁で安心せず実施点検を!実施部署には質問答弁の原稿見せて詳しく説明せよ 戸田 11/7/3(日) 10:55
☆議会答弁と通知で脱原発姿勢と小出・広瀬本等の図書館購入と推奨をした市を高評価! 戸田 11/7/3(日) 11:11
★3:市存続問題:「大阪都構想は一方的な空中戦で手法に問題」と市が毅然と公言! 戸田 11/7/3(日) 21:09
◇狙いと成果4:市長の職員労組認識:「役割大きく行政チェックに一定の役割」と答弁 戸田 11/7/4(月) 8:21
▲市職労に反省継承してもらいたい2つの問題(不当命令服従と04年のセクト主義) 戸田 11/7/4(月) 8:30

4649 / 9593 ←次へ | 前へ→
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
ページ:  ┃  記事番号:   
1,325,798
(SS)C-BOARD v3.8(とほほ改ver2.1) is Free