「自由・論争」 掲示板

★この掲示板は戸田が「革命的独裁」をする所である。
この掲示板はジャンルを問わず、論争・口ゲンカ・おチャラけ・ボヤキ等、何でもOKだが、「掲示板のルール1」「掲示板のルール2」を読んで必ずそれに従うこと。
●ここのルールを守らない荒らし的文句付け屋に対しては、「何で稼いでいるのか、どんな仕事や社会的活動をしているのか」等を問い質し、悪質な者には断固たる処置を取り無慈悲にその個人責任を追及していく。
★戸田の回答書き込みは多忙な活動の中では優先度最下位である。戸田の考えを聞きたい人は電話して来る事。
●「Re:○○」形式の元タイトル繰り返しタイトルは厳禁!!必ず「内容が伺える独自のタイトル」をつけること。
◆約10年間完全自由投稿制を維持してきたが、荒らし・妨害投稿頻発のため、投稿者登録制に移行した。投稿する方はこちらにアクセスし、所定の手続きを行なうこと。
◆投稿者のメールアドレスは戸田が把握するが、掲示板では非表示にできる。
◆投稿者名・メールアドレス・パスワードは登録時のものを使わないと投稿できない。 登録・投稿についての分かりやすい説明はこちら。うまくいかない場合の問い合わせは戸田事務所まで。(冒頭記:2009年4/8改訂)   これまでの管理者命一覧(必読)

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
1511 / 5531 ←次へ | 前へ→

ブログ旗旗の秀逸な在特会分析:思想云々以前にやっている「行為」が許せない。・・・
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 10/4/11(日) 13:42 -
  
ブログ旗旗の草加耕助さんが、戸田からの伝達メールを受けていち早くブログでそれを紹介してくれ、
 ⇒ 2010 年 4 月 8 日 投稿】4/7夜、在特会ら30名が警官目前で戸田を執拗に襲撃!
               ケガはないがメガネ失う被害に!
      http://bund.jp/md/wordpress/?p=5247
翌日に詳しい分析批判をしてくれました。
 いつもながら草加さんの論考は秀逸です。以下にそれを紹介します。
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ブログ旗旗:2010 年 4 月 9 日
「在特会」についての当面のまとめ
    http://bund.jp/md/wordpress/?p=5270
 ・・みなさんからのコメントなども読ませていただいて、現時点で思ったことを書いてまとめておきます。

 まず、思想云々ではなくて、それ以前にやっている「行為」が許せないと考えています。たとえ私が極右であって、「在特会」の主張を理解できたと仮定しても、本人ではなくその家族や子供を標的にするような行為は絶対に容認できないと思います。

 「在特会」の皆さんは、今後、自分の思想や活動を理由にして、自分の自宅・家族・子供などが、反対の思想を持つ人からの脅迫や攻撃の対象にされても、あるいはただ通常の言論活動をしているだけで暴行を受けても、今後いっさい文句は言えない立場に自分で自分を追い込んだわけですが、はたしてそれでよいのでしょうか?

 それとも自分だけがそういうことも許される特権階級だと考えているのでしょうか?
 あるいは「僕たちはこんなだけど、左翼はそんなことしないからきっと大丈夫だよね」と、左翼に甘えるだけ甘えきっているお子ちゃまなんでしょうか?

 右翼に「在特会」がいるのとまったく同じように、左翼にだって少数ながらおかしな人はいるんだから、それは文字通りちょっと甘い考えだと思いますよ。まあ自業自得の結果になっても、右翼も含めて「在特会」に同情する人なんて誰もいないでしょうが。

 今後、もし私が「在特会」なり、たとえ部分的にも「在特会」を支持しているような人と、その思想や主張について議論するようなことがあるとすれば、まずこういう行為を中止・謝罪してから後のことです。
 それなしには何を言ったところですべてむなしい絵空事だし、ただの奇麗事にしかすぎません。
 そういう口先だけの架空のお話につきあっても仕方がありません。

 はっきりと申しておきますが、なんの力も持たない一般民間人や個人の「生活そのもの」や、通常の「言論活動そのもの」を物理的な攻撃対象とする行為は、その方法のいかんを問わずにすべてテロ行為です。テロは「言論」ではありません。
 闘うなら強者や権力者と体をはって闘ってみろ。かつての新左翼のようにね。そうしたら「弱いものイジメ」などと言わずに根性だけは認めて、ちゃんと批判も議論もしてあげますよ。

 私は今でも「在特会」は、絶対安全圏からイジメを楽しむ卑怯でヘタレな「弱いものイジメ集団」で充分だと思います。
 「あ」さんみたいに「弱いもの」という表現が気になるなら「ヘタレなイジメっ子集団」とでも言えばいいと思います。

 今回の件(戸田さんへの襲撃)について他の右翼との比較で言っても、たとえば戸田さんが役員をつとめる関生労組の事務所にも、右翼が一人で押しかけてくるなんてことはいくらでもあるわけです。
 そういうのは確かに「恐いもの知らずのお子ちゃま」といってもいいかもしれない。
 また、中国大使館や法務省などへの行動で、警察ともめて逮捕者を出すなどという場合は、よしんばそれを批判するとしても「弱いものイジメ」というのは確かにそぐわない。

 しかし今回は、もし正しく職責をまっとうするなら彼らを制圧するに充分な数の警察官がいるのです。そして戸田さんはたった一人。彼らの安全は完全に保障されている。
 だからこそゾンビ集団のように戸田さんにまとわりついて、執拗に暴行を加えようとしているわけじゃないですか。

 「恐いもの知らず」ではなくて単なる「卑怯者」ですよ。
 これまでの経験からも、警官の肩越しに相手を殴りつけても、それを目撃した警察が「在特会」を逮捕することは決してない。
 ところがこちらが「在特会」の暴力に防衛的に反撃しようとしたら、逆にこちらが逮捕さえされてしまう。

 暴力をふるった「在特会」は、警官の壁の向こうでそれを見てニタニタ笑っていればいい。今回の動画みたいにね。
 こういう弱いものイジメをする人特有の、醜いニタニタ笑いを見ていると、本当に人間が嫌になりますね。

 なんでこんなことになるかと言えば、公安警察の右翼に対する活動が、いまだに前近代的な融和と宣撫が中心だからです。
 戸田さんの手記に「警察は約束を破った。話が違う」と謎の抗議をする「在特会」と、それをなだめる警察幹部の目撃談が書かれていますが、こういう関係を知っている者からしたら、少しも「謎」でも「不思議」でもなんでもありません。
 今は変わってきているのかもと思っていましたが、20年前と何も変わっていないのだとはっきりわかりましたよ。

 まあ、メンツを潰されるまではという注釈はつきますがね。
 たとえば要人を襲撃して怪我をおわせるとか、右翼が警察のメンツを潰した場合は、左翼以上に激しく弾圧することはある(左翼用語でこれを「回収」と呼ぶ)けれども、それまでは適当にガス抜きさせて、あとはナアナアの関係であり、左翼への弾圧の口実を作ったりとか、そのプレッシャーとして利用したり、今回のように一般市民運動に恐怖感を与えるための、体制補完要員として温存されているのです。
 発展途上国(特に軍事独裁国家)ではよくある関係ですがね。先進国ではどうでしょうね。日本くらいかもしれませんね。

 これは主に公安の発想であり、とりわけ右翼担当の公安というのは、すぐに「一緒に飯食いに行こう」とかなれなれしく言います。
 けれども、こういう関係は本当によくない。警察にとっても、また、「在特会」みたいなんではない普通に運動している右翼にとってもね。

 今回の例でも、本当なら2,3人逮捕して、その場で家族に連絡して迎えにこさせるくらいのお灸はすえるべきでしょう。
 それだけで絶対にこのヘタレどもはシュンとなって騒ぎは一発でおさまりますよ。
 警察の態度はこの弱虫どもを勢いづかせて騒ぎを煽る結果になっている。

 暴力団担当の刑事が、暴力団そっくりの見た目や言葉使いをしているうちに、暴力団員と懇意になって、そこから手入れなどの操作情報をもらして「取り引き」や「駆け引き」をするとか、あまつさえ飲食や金銭などの供与を受けたりしたことがたまに発覚して問題になりますが、右翼担当の公安の態度は、それとまったく同じ構造であり発想なのです。
 
 警察がこういう馴れ合いみたいな関係になっては絶対にいけないと思う。私たち一般市民が安心して生活することができないし、公安でなくても警察全般を信用することができなくなる。
 マル暴担当の刑事さんは、ちゃんと暴力団とははっきり違う、警官にふさわしい見た目と言葉使いで、暴力団にもまた「在特会」にも毅然と対応してほしい。

 賭けてもいいですが、「在特会」は自分が劣勢の場面では、逃げ回るばかりで絶対に襲ってきませんよ。イジメっ子の心理というのは例外なくそうなんです。

 みんなそういう卑怯なヘタレばかりで、根性なんて微塵もない。
 ただ勇ましいことを言って虚勢をはっているだけなのです。
 つまりヤクザといっしょ。もしそういう場面に遭遇したら、「命をかけて国を守る」と言っている彼らのやることは、「おまわりさ〜ん、たすけて〜、カゲキハにおそわれるぅ〜(涙目)」と別に何もされていないのに、ションベン垂らして叫ぶだけですよ。そして後から「テロられたぁ」と、事実とはまったく逆のウソを垂れ流すだけでしょうね。

 これは絶対です。100パー間違いねえです。そのうち私が書いた通りになるから、まあ、見てなさいよ。

 と、まとめちゃって申し訳ありませんが、みなさんのコメントなどを読みながら、そんなことを思いました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 上記文中で特に「激しく同意!」した部分を抜粋してみた。↓↓↓

◎それとも自分だけがそういうことも許される特権階級だと考えているのでしょうか?
 あるいは「僕たちはこんなだけど、左翼はそんなことしないからきっと大丈夫だよね」 と、左翼に甘えるだけ甘えきっているお子ちゃまなんでしょうか

◎まずこういう行為を中止・謝罪してから後のことです。それなしには何を言ったところ ですべてむなしい絵空事だし、ただの奇麗事にしかすぎません。そういう口先だけの架 空のお話につきあっても仕方がありません。

◎今回は、もし正しく職責をまっとうするなら彼らを制圧するに充分な数の警察官がいる のです。そして戸田さんはたった一人。彼らの安全は完全に保障されている。だからこ そゾンビ集団のように戸田さんにまとわりついて、執拗に暴行を加えようとしているわ けじゃないですか。「恐いもの知らず」ではなくて単なる「卑怯者」ですよ。

◎なんでこんなことになるかと言えば、公安警察の右翼に対する活動が、いまだに前近代 的な融和と宣撫が中心だからです。

◎今回の例でも、本当なら2,3人逮捕して、その場で家族に連絡して迎えにこさせるく らいのお灸はすえるべきでしょう。それだけで絶対にこのヘタレどもはシュンとなって 騒ぎは一発でおさまりますよ。警察の態度はこの弱虫どもを勢いづかせて騒ぎを煽る結 果になっている。

◎賭けてもいいですが、「在特会」は自分が劣勢の場面では、逃げ回るばかりで絶対に襲 ってきませんよ。イジメっ子の心理というのは例外なくそうなんです。
 みんなそういう卑怯なヘタレばかりで、根性なんて微塵もない。ただ勇ましいことを言 って虚勢をはっているだけなのです。つまりヤクザといっしょ。
  もしそういう場面に遭遇したら、「命をかけて国を守る」と言っている彼らのやるこ とは、「おまわりさ〜ん、たすけて〜、カゲキハにおそわれるぅ〜(涙目)」と別に何 もされていないのに、ションベン垂らして叫ぶだけですよ。
  そして後から「テロられたぁ」と、事実とはまったく逆のウソを垂れ流すだけでしょ うね。これは絶対です。

引用なし
1,746 hits
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; GTB6)@i58-94-98-95.s04.a027.ap.plala.or.jp>

反在特会3/28京都集会に900名大結集!在特会を圧倒する集会とデモを動画で見て! 戸田 10/4/1(木) 10:07
●朝日新聞が在特会主張を無批判で垂れ流し、「大阪水曜デモ場所変更」のデマまでも! 戸田 10/4/1(木) 10:10
☆戸田も初参戦!4/7(水)夜は大阪駅前歩道橋へ!「大阪水曜デモ」を防衛し抜こう! 戸田 10/4/6(火) 10:08
◎京田辺市のオンブズ・社民党京都府連の奥田さんからの支援要請も紹介します。 戸田 10/4/6(火) 10:19
4/7夜、在特会ら30名が警官目前で戸田を執拗に襲撃!ケガはないがメガネ失う被害に! 戸田 10/4/8(木) 0:28
在特会はなぜ戸田を憎悪するか?大打撃を与えた連帯議員ネット大会「在特会糾弾決議」 戸田 10/4/8(木) 7:40
●「興奮しまくった猿の大群」に襲われた感じ!実況動画に解説をつけてアップ中! 戸田 10/4/11(日) 13:15
ブログ旗旗の秀逸な在特会分析:思想云々以前にやっている「行為」が許せない。・・・ 戸田 10/4/11(日) 13:42

1511 / 5531 ←次へ | 前へ→
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
ページ:  ┃  記事番号:   
871,131
(SS)C-BOARD v3.8(とほほ改ver2.1) is Free