ちょいマジ掲示板

この掲示板は、門真市及び守口市ネタを中心に各地の議会や自治体ネタなどを、「比較的穏やかに」意見・情報の交換をする所です。詳しくは「掲示板のルール1」「掲示板のルール2」を読んでそれに従って下さい。 この掲示板では戸田の命令が絶対であることをくれぐれもお忘れなく。
内容的に関連がある投稿の場合は(先の投稿への)「返信」の形を取って投稿して下さい。
●ただ、「Re:○○」形式の元タイトルの繰り返しタイトルは厳禁です。必ず「内容が伺える独自のタイトル」をつけて下さい。
◆約10年間完全自由投稿制を維持してきましたが、荒らし・妨害投稿頻発のため、やむなく投稿者登録制に移行しました。投稿される方はこちらにアクセスし、所定の手続きを行なってください。 ◆投稿者のメールアドレスは戸田が把握しますが、掲示板では非表示にできます。 ◆投稿者名・メールアドレス・パスワードは登録時のものを使わないと投稿できません。 登録・投稿についての分かりやすい説明はこちらです。うまくいかない場合の問い合わせは戸田事務所まで問い合わせてください。 (09年4/8改訂記)   これまでの管理者命一覧(必読)

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
286 / 1588 ツリー ←次へ | 前へ→

「門真市共産党4議員ハレンチ事件」第6スレッド。2時間もの山場の12/4法廷へ! 戸田 15/12/3(木) 13:10

福田議員法廷2時間尋問堪能させていただきました ピースくん 15/12/5(土) 2:54
☆12/4法廷:白熱2時間超尋問結審!初の共産党大量傍聴+右翼2の盛況、3/11判決! 戸田 15/12/5(土) 17:35
痛快な裁判だった! なかやましげる 15/12/6(日) 0:26
◆戸田の白熱法廷!福田議員は致命的証言多数で「正義感無き詭弁屋」の本質出したね! 戸田 15/12/6(日) 13:15
☆福田議員への戸田尋問の原稿を紹介!(上)【1】〜【3】の部分。回答拒否体質暴く 戸田 15/12/7(月) 3:01
★戸田の尋問原稿(下)【4】〜【7】★共産党説明のウソ構造を鋭く暴いた【4】に注目! 戸田 15/12/7(月) 3:31
△もっと長文だった「尋問想定草案」も紹介しておく(上)【1】〜【3】上部組織責任も 戸田 15/12/7(月) 10:10
▲「尋問想定草案」【4】4/27民報記事と5/28回答:共産党のウソ説明をこれで暴いた 戸田 15/12/7(月) 10:31
◇「草案」【5】裁判でのウソ文書【6】裁判情報封鎖【7】亀井の情報隠し不祥事辞任 戸田 15/12/7(月) 10:45

福田議員法廷2時間尋問堪能させていただきました
←back ↑menu ↑top forward→
 ピースくん  - 15/12/5(土) 2:54 -
  
> 福田英彦議員+共産党系の愛須勝也弁護士と戸田の「ガチンコ尋問対決」になる!
>  この裁判最大の山場で、こんな場面は2度と無い見せ場だ!

ほんとに見せ場が随所にありました。途中から戸田さんの福田尋問が
熱血弁護士の法廷ドラマみたいに.! 
昨日は、亀井さんも来たし、本人はブツブツと言ってて、証言あるいは被告席に座りたそうだったのに、裁判長が採用せず残念でしたね、亀井さん。
「撤回」のところではたくさんの失笑が傍聴席から聞こえてました。
何じゃそれは、ですよ。
戸田さん勝利の原動力になる「優秀な」愛須弁護士はまた、文書出すんですね。
また撤回するのか、屁理屈の上塗りを出すのか・・・

門真の共産党の応援をしに(?)街宣右翼堂村さんが来たのには驚きでしたね。
こんな輩に応援してもらって門真の共産党は恥ずかしくないのでしょうか?
まさか、傍聴に来るように門真の共産党が声かけしたのではないでしょうね。
実際に声と風体を見て、とても「いやらしい」不快感満載の人です。
被告席に座る練習をしに来たのだと思います。又は食い詰めて、ムショ入り志願かな!?

>  「長文力作」の「6/19準備書面(1)」については、事実経過の重要部分のデマ主張を
> 撤回訂正するという、実にみっともない事をしたし、
>  10/9(金)期限の書面を夜9時過ぎになってFAXするという「期限遅れ」をやらかすわ
> で、裁判官達から見た「信用性」もだいぶ落ちているだろう。
>●重要部分で虚偽主張し、さらに二転三転させる被告らは司法を侮辱しており、弾劾!
>http://www.hige-toda.com/x/c-board/c-board.cgi?cmd=one;no=9352;id=#9352 

デタラメ書面で労力を無駄に使わせた福田・愛須両氏は裁判官さんたちに謝りなさい!
引用なし
<Mozilla/5.0 (Windows NT 6.2; WOW64; rv:42.0) Gecko/20100101 Firefox/42.0@180-145-164-92f1.shg1.eonet.ne.jp>

☆12/4法廷:白熱2時間超尋問結審!初の共産党大量傍聴+右翼2の盛況、3/11判決!
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 15/12/5(土) 17:35 -
  
 人生2度目の尋問攻勢(相手は福田議員)と3〜4度目くらいの被尋問で予定の2時間を超過し、(若干の不足感はあるが)「思いっきりやりきった!」という充実感を持った法廷だった。
 非常に疲れたので報告投稿が遅くなったが、とりあえず第1信を投稿する。
    ↓↓↓
   <12/4(金)法廷の報告1号)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
1:■一番のサプライズは、門真市共産党が初めて傍聴動員をした事だ。
   それも約20人も! (今までは被告4人の出廷すらしなかった)
    現職議員全員に元議員、共産党系運動団体の人、議員後援会の人など大動員で!
    
    戸田は「今度も来ないだろう」、「もし来たとしても議員くらいだろう」、と
予測していたので驚いた。

    推測するに、戸田側傍聴者が増えるだろうし、前日に「マスコミ向け宣伝12/3
   FAX」を流し、それを全議員の文書ボックスにも入れたので、「尋問を受ける福田
   議員を傍聴席から応援せねば!」、という判断をしたのだろう。

    そして傍聴者には「法廷で戸田の弁論を聞いても動揺しない『共産党信者』」を
   選別動員したのだろう。
    
2:■もひとつ意外だったのが、東大阪右翼の堂村と門真市右翼の足立も初めて傍聴に来
   た事だ。
    単に野次馬として来たとも思えない。意図は分からないが、2人揃ってまたぞろ
   門真市の行政や議会に口出しや街宣を始めていこうとしているのかもしれない。

  ※戸田が堂村(と糸)を名誉毀損で刑事告訴し、堂村は厚顔にも戸田を名誉毀損で刑
   事告訴している「間柄」である。↓↓
    右翼問題特集  http://www.hige-toda.com/_mado04/uyuku/index.htm

3;戸田支援傍聴者は5人ほど、
  総計27〜28人くらいの傍聴者となり、非常に盛況だった。
   (こういう盛況は、この裁判で初)

 ◆戸田に敵対的立場の傍聴者が大半だったが、それでも「戸田の生の声」を聞いてもら
  う機会として大いに活用しよう」、とはりきって頑張った!
   

4:12/4法廷の結果としては、
  ◆2:00〜4:09までの尋問の上で、裁判官の合議で、「亀井の尋問請求は却下」とな
   り、「これにて審理終了=結審」となった。
  ◆次回は2016年の3/11(金)午後1時から「判決言い渡し」、となった。
   (尋問記録の完成が1月中旬までかかるので、それを検討しての3/11)

5:裁判進行は以下の通り。
    ↓↓↓
 1)「戸田の10/15準備書面4」の「陳述」(=提出の認定)

 2)★原告戸田への本人尋問(2:02〜2:49。47分)
     裁判長左席の八木あゆみ裁判官から、「主尋問」約20分、
     共産党側の愛須弁護士から「反対尋問」約20分

  3)★被告福田議員への尋問(2:49〜4:01。72分間)
     共産党側の愛須弁護士から「主尋問」。2:49〜3:13。
     戸田から「反対尋問」。3:13〜4:01。

  4)愛須弁護士が福田議員に「最終質問」
    戸田も福田議員に「最終質問」
    裁判長も福田議員に「最終質問」
       裁判長:福田議員に「4/27民法記事の執筆者は誰か?」と聞く
       福田議員:「私です」、と回答 
    
  5)4:09,裁判長が「審理終了」を宣言。   
    戸田が「亀井尋問実施」を要求。愛須弁護士は尋問実施「不要」を表明
  
  6)4:10〜4:13 裁判官3人が「合議」
    裁判長:▲「亀井尋問は実施せず」、と決定。改めて「審理終了」を宣言。

     愛須弁護士、「追加書面を出したい」と表明
     戸田は「もう特段にはない」と表明。

  7)4:15 裁判長が、「審議自体は終結した。法律意見の文書を出すのは構わない」
    と発言し、
    ●「これで結審し、尋問記録の完成とそれを読むのに時間がかかるので、
      判決は来年の3/11(金)、午後1時から、この809号法廷で」、と宣告。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜     

 (大阪市内での沖縄集会に行くため、これから門真を離れる。夜遅く、追加投稿する
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.5; YTB730...@i60-35-88-140.s04.a027.ap.plala.or.jp>

痛快な裁判だった!
←back ↑menu ↑top forward→
 なかやましげる E-MAIL  - 15/12/6(日) 0:26 -
  
不謹慎だと思うが、正直楽しかった。
傍聴者、あれだけ動員したので、今後どうなのでしょう。
しかも、私たちと同じ時間ほど「総括」会議をし、東口からの帰りが一緒でした。流石に福田議員と弁護士は顔が引き攣っていました。
嘘の上塗り。このことの典型的な事例です。早い時期に「ごめん。うちの議員が自慢したいだけやった」と謝罪したら済んだ話です。
引用なし
<Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/46....@softbank220042082180.bbtec.net>

◆戸田の白熱法廷!福田議員は致命的証言多数で「正義感無き詭弁屋」の本質出したね!
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 15/12/6(日) 13:15 -
  
 中山さん、傍聴と投稿に感謝します。

 12/4法廷は、戸田が裁判官や愛須弁護士から尋問された時の熱弁回答や、戸田が福田議員を尋問した時の鋭い追及などで、「白熱教室」ならぬ「白熱法廷」になったものと自負してます。

 トポス裁判では「正義の追及」だと思い込んで意気高く傍聴してきた共産党信者達は、「共産党議員の不正義が追及される裁判」というこの事件を初めて傍聴しに来た訳で、「それでも共産党が正しい!戸田が悪い!」と自分に何度も言い聞かせながら戸田の弁舌を聞いていたでしょうが、それでも少なくとも何人かは共産党議員側の実態に疑問を少しは持つようになったのではないか、と思います。

・・・・「信者」なので、疑問のモヤモヤを持っても、それを言語化しないで飲み込んだでしょうが、そういうモヤモヤはやがては言語化されて「気づき」となるでしょう。

 彼ら彼女らも「戸田らと同じくらいの時間の総括会議」を持ったようですが、それはどんな内容で、どんな雰囲気だったのでしょうね?
  ▲もしかして右翼の堂村や足立もそれに参加したのかな?!  
   まあ、「被告関係者だけでの話だから」として、参加を断ったとは思いますが・・
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

▲愛須弁護士は、全然迫力が無かったですね。薄っぺらな形式論を言うだけ。
 門真市内の講演や街頭演説で安倍政治を鋭く批判する愛須弁護士の姿を見てきた共産党
 信者達にとっては、「あれ、いつもの迫力が無いね」と感じたかも。
  まあ、不正義を言いつくろおうとするから、迫力も出せないわけですよ。

▲福田議員は、「致命的な証言」を数々行なって、「正義感の無い詭弁屋」に過ぎない、
 という人間の本質を露呈させてしまったね。
  正確に言うと、「一通りの正義感は持っているんだが、大事な部分の正義感が欠如し
 ていて、不都合な部分を一見冷静なしゃべり方の詭弁で誤魔化して恥じない詭弁屋」、
 という事になると思う。
  
  「普通の場面では、個人としてはまじめでいい人」なのだが、「自分らの組織を守る
 ためにはとんでもないウソやトンデモな論理を『本気で』述べて正当化を図る」、とい
 うタイプの「悪しき組織人間」だ、という事がよく分かった。
  
  1999年市議選の同期当選の議員で、戸田としては人間的にも活動家的にも信頼して
 来た人物だが、こういう実態を裁判証言でも見せられると、戸田としても今後は「割り
 切ったおつきあい」をしていく他ない。(「一致する課題での共同」の限定として)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【福田議員が行なった「致命的な証言の数々」】をざっと挙げると以下の通り
【1:門真市共産党議員団がウソ主張をしてきた事の自白】

1:「議員の働きかけの中で、自治会HBの策定につながった」、という言葉と、
  「議員の働きかけの中で、自治会HBの中の一覧表につながった」、という言葉は、
  同じ意味ですか?」、
  と問われて、
   「違う意味です」、と明言したこと。

  「自治会HBの『策定』につながった」という文言は、2014年11/23門真民報での
 見解文言で、この当時は「4/27民報記事の内容意図の説明」として述べていた。

  しかし2015年に提訴されて以降は、「4/27民報記事は、『自治会HBの中の一覧表
 に共産党議員の活動が実った』という報道をしたに過ぎない」、とウソ主張をしてきた
 し、今回尋問の他の部分でもそう述べたのだが、
  
 「自治会HBの策定につながった」、という言葉と「自治会HBの中の一覧表につなが
 った」、という言葉は「違う意味だ」と明言せざるを得なくなった!
  (これを「同じ意味だ」と言うなら「頭がおかしい人間だ」との自認になるが!)

 つまり、
 ■「4/27民報記事」は、「共産党議員の活動が自治会HBの策定につながった」という
  ウソの認識に基づいてウソを報道をしたものだった事が明白になった!
   それがウソ報道だったからこそ、提訴されると、今までと全然違う説明をし出して
  裁判所を誤魔化そうとした事が、明白になった!
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2:2012年3月議会の亀井質問の成果として作られた「自治会関係窓口一覧表」につい
 て、「その後亀井がさらに改善要求してきた」
   「それによって、自治会HB内の一覧表が改良された」
 という共産党側主張について、 

 ■戸田が「亀井が改善要求した、という裏付けはとったのか?!それは虚偽だろ!」
  と切り込み、福田議員は「裏付けは取ってない。亀井から話を聞いただけ」と答えざ
  るを得ず、
   何の裏付けも無い、▲しかも市側が全く要求されていないと戸田に証言しているウ
  ソ話を、さも存在したかのように裁判で主張してきた悪質さが露呈した!

 ■戸田が「2つの表」の現物を示して、「何も改良されていない。自治会HB内の表の
  方が、表としてのレベルが低下してるだろ!」、と切り込むと、
  「改良点を何も言う事が出来なかった」!

 ■これつまり、「共産党の議員活動は自治会HB内の一覧表に実ったものですらない」
  =「自治会HBと共産党の議員活動は何の関係も無い」=「4/27民報記事は全くの
  ウソ報道だった」=「それを捏造疑惑と批判した戸田への共産党の7/13非難は全く
  不当なものだった」、という事が明らかになった、という事だ!
  
3:他にも若干あると思うが、時間が無いので省略する。

【2:門真市共産党議員団には市民的正義感が欠如している事の自白】

1:●「特定議員への永久絶対の回答拒否宣言実施」について、「こんな事をしたら自民
  党が共産党議員に対して同じ事をしても良いのか?!」
  「公職者の説明責任否定だし、日本社会にもの凄く悪い例を作ってしまうぞ!」
  という戸田尋問への福田回答が、

  「我々は他の議員に公開質問状を出さないので関係ないです」、という趣旨の驚くべ
  き恥知らずな回答だった!

  ●「議員としての説明責任」の考えを問われているのに、肝心な点に全く触れず、
   「僕らはほかの議員に公開質問状を出さないので関係ない」、と平然と答えるハレ
   ンチさは、まさに菅官房長官の「菅話法」と同じである!
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2:戸田からの2005年12月の公開質問状にも2007年4月の公開質問状にも共産党議員
 団が全く無回答無反応を決めたことについて、「そう決めた理由は記憶に無い」って!

  2005年公開質問状は、議員団としても福田議員としても「他の議員から初めて受け
 公開質問状」で、しかも「説明責任を果たしていない!」と自分らが非難した相手から
 受けた公開質問状なのに!
  2007年公開質問状は市議選の全候補者に議会改革等の考えを党もので、保守系5人
 はちゃんと回答しているのに!
 ●当時の対応理由を覚えていないはずがないのだが、「記憶にございません」とは! 
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

3:■「戸田議員に対する永久絶対の回答拒否」について、
  「取りやめる考えは全く無い」、
  「戸田議員が態度を変えたら取りやめる、という条件付けも全く考えていない」
  と断言する鉄面皮!

   「戸田に投票した有権者の負託を踏みにじるものだとは思わないか?」の質問に
  「そうは全く思わない」、と断言。
    「戸田の方が有権者の期待を踏みにじっている」とまで断言!  
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

4:2012年7月に亀井が消防議会副議長の立場を使って、戸田が合法的にHPアップし
 た議会音声動画を削除しろと強要した事件(だからこそ亀井は追及されて副議長辞任に
 追い込まれた、共産党の大不祥事なのに!)について、

  「亀井の方針は自分も相談受けて同意した」
  「議会の録音や音声動画アップは正当な行為ではなかった思う」趣旨の、議会情報隠
  蔽工作を正当化する暴言を平然と吐く!

5:他にも多々あるが、時間が無いので省略する。

【3:共産党の大阪府委員会も中央も「特定議員への永久絶対の回答拒否宣言実行」を容
   認しているという、「驚くべき事実」の自白】

1:■「特定議員への永久絶対の回答拒否宣言実施」について、
  「共産党の大阪府委員会も中央も知っていて、容認している」、と認めた!!
 
  つまり、
 ■「日本共産党は、所属議員が他の議員を特定して、その議員からの公開質問状に対し
  て、永久絶対的な回答拒否宣言をして実行する事を容認する政党だ」、
  と認めたという事だ!

2:他にもいくつかあるが、出発時間なので省略する。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

▼なかやましげるさん:
>不謹慎だと思うが、正直楽しかった。
>傍聴者、あれだけ動員したので、今後どうなのでしょう。
>しかも、私たちと同じ時間ほど「総括」会議をし、東口からの帰りが一緒でした。流石に福田議員と弁護士は顔が引き攣っていました。
>嘘の上塗り。このことの典型的な事例です。早い時期に「ごめん。うちの議員が自慢したいだけやった」と謝罪したら済んだ話です。
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.5; YTB730...@i220-221-36-130.s04.a027.ap.plala.or.jp>

☆福田議員への戸田尋問の原稿を紹介!(上)【1】〜【3】の部分。回答拒否体質暴く
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 15/12/7(月) 3:01 -
  
 ※以下の原稿の中で、実際には尋問に使わなかった部分もある。戸田からの福田尋問以
  前の流れで証言された事や時間の制約で省いた部分だ。
   そういう部分は<実際の尋問には使用せず>と区分した。

   逆に、この原稿にない尋問を行なう事もいくつかあったが、それは音声記録が無い
  ので紹介出来ない。
   裁判所から完全な尋問記録を入手するのは1月末頃になる。)

 ▲支援傍聴者に配布した「問答想定」では「福:はい、そうです」とか「福:ムニャム
  ニャ」など書いた福田想定部分があるが、この投稿では誤解を避けるために戸田の尋
  問原稿のみを書いた。
   実際の福田回答については、戸田がメモ書きしていたり記憶している部分だけでも
  書きたいのだが、その作業時間が無いので後日回しにする) 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

〜12/4法廷 福田議員尋問の原稿メモ(問答想定)本番原稿〜)
                          原告 戸田ひさよし 2015年

※これを読む傍聴支援等の人達への注意※
 1:「尋問40分」とは質問と回答併せての時間なので、実質的質問時間は17分程度
   であろう。
 2:非常に沢山の質問項目を並べているが、戸田尋問に先行する福田議員への「主尋
   問」(共産党弁護士による)への福田議員の回答の内容や、戸田の反対尋問への回
   答の仕方によって、この原稿に書かれた質問を取りやめて次に進む事は多々あり得
   る。
     ・・・・そういう事を想定して、この原稿には沢山の質問項目を挙げている。

 3:法廷における尋問では「相手を論破するように追及し議論をする」のではなく
    〜そんな事をすればたちまち時間が無くなってしまう〜、
  「『おかしな回答をしたな、まともな回答になっていないな』、と裁判官に印象づけ
  る」事が目的なので、
  「おかしさな回答を引き出したら、さっさと次の質問に移る」ようにする。
  ・・・そういう意味でも、この原稿でも質問項目のかなりの部分が省略されていく。

 4:「福:」の部分は福田議員の想定回答で、「戸:」はそれへの戸田の対応。
    いろんな回答・対応パターンを想定してある。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

<前振り> 尋問でウソを答えると「偽証罪」になりますから、くれぐれもウソをつかな
     いようにして下さいね。いいですね。

【1】「日本共産党門真市委員会」に関して

Q1: 私が門真市に住んで23年、門真市議になって16年ですが、「共産党門真市委員会」
 の委員長の名前だけは今回の裁判で初めて知りましたが、それ以外の役員や構成員の名
 前はまだ示してもらってません。
   せめて構成員の人数と役員の氏名くらいは明らかにしてくれませんか?

・・・戸:せめて構成人数だけでも答えて欲しいが、どうですか?
   戸:「役員氏名も構成人数も答えられない」という事であれば、「非公然組織」と
     言えるのではないですか?

<尋問では以下省略↓>
Q2:福田議員は当然、市委員会のメンバーだと思いますが、どうですか?
  また役職は何ですか?

Q3:現職の共産党市議はみな市委員会のメンバーだと思いますが、どうですか?
<尋問では以上省略↑>
                                       

【2】「門真民報」発行と福田議員ブログに関して

Q1:門真民報の発行部数は本当に「毎週約2000部」発行ですか? 
   また、「赤旗日曜版」の門真市内の購読件数は何件ですか?

Q2:議員団4人が配布したり赤旗日曜版に挟み込む以外にも、別ルートで配布する分も
  あると思うのですが、それは何部くらいですか?

Q3:門真民報が駅頭などで一般市民に配布されるのは金曜朝のはずなので、
  「木曜日に配達される」のは、一般市民ではない、限られた支持者達に配布されるだ
  けではないですか?

Q4:「議員団のHPには金曜日に門真民報の全内容が掲載される」、という事ですが、
  アップされる時間帯はいつですか?

Q5:あなたのブログでは、これまで門真民報の中の重要記事全文について、金曜日以前
  にアップした事は、本件の「7/13門真民報での戸田議員非難の見解記事」を7/10木曜
  日にブログアップした以外にはないはずですが、どうですか?

Q6:なぜあなたは、こういった異例な木曜日アップをしたのか、理由を端的に答えて下
  さい。

戸:「とにかく早急にネットで宣伝したい」、という気持ちに駆り立てられたからだ、
  ということで理解しておきます。
              
                     
【3】公開質問状への対応に関して

Q1:2005(平成17)年に私が連帯労組仲間からの寄付にからんで、12月議会開始直前
  に議員控え室で逮捕され、あなたを含んだ共産党議員団は、与党4会派と共同して、
  私に対して「説明責任を果たしていない」等の理由を付けて、初日本会議に私に対し
  て議員辞職勧告決議を出して可決しました。

   この件について、私が極めて不自由な獄中から、全議員に対して公開質問状を出し
  ましたが、あなたを含んだ共産党議員団は、与党4会派と全く同様に、何の回答も対
  応を示しませんでした。
   いったいどういう理由で私からの公開質問状への無対応を決めたのですか?
    端的に答えて下さい。

Q2:へんな回答ですね。
   ところであなたが門真市議になって以降、他の議員から公開質問状を受けたのは、
  この2005年12月に私から受けたのが最初ではないですか?

Q3:その後、2007(平成19)年4月に、市議選を控えた候補予定者全員に「議会改革」
  についての公開質問状を送った時も、あなたを含んだ共産党議員団は何の回答も対応
  を示しませんでした。

   この時は保守系の現職や候補者5人は回答しており、革新政党たる共産党の無回答
  無対応の異様さが際だったものですが、いったいどういう理由でそういう対応をする
  事を決めたのですか?
   この時点で議員団代表は故中西議員でしたが、端的に答えて下さい。

Q4:へんな回答ですね。
   しかしその後、2012(平成24)年になると、すでにあなたが共産党議員団代表にな
  って6年目に入っていたためか、消防議会亀井副議長問題に絡んで、
   私が「共産党議員団への9/7公開質問書」を出して、

  (1)議会公開原則と市民の知る権利の重さの認識等について
   Q1:貴議員団は、所属議員の公職者としての言動に関して質問があった場合は
      ちゃんと回答しますか?
  と質問したところ、あなたがた議員団は、「9/14回答書」を寄せて、
    A1:回答します。
  と明確に回答しています。

   これは、あなたが主導して、共産党議員団の中で、「いつまでも公開質問状に無回
  答無対応ではまずい」という認識が生まれるようになったからではないかと思います
  が、どうですか?

Q5:それでは、2014年にあなた方が私に対して、「5/28回答書」を出した段階ではどう
 でしたか?
  「戸田議員がけしからん事をした場合は、絶対永久的な回答拒否宣言をしても良いの
   だ」、
 という事を考えていたのか、いなかったのか、端的に答えて下さい。

Q6:次に行きましょう。
  「議員が他の議員からの公開質問状に対して、その都度無視するとか回答拒否する」
  とかは、ままある事ですが、

  「ある議員や議員集団が」、「特定の議員を指定して」、
  「その議員がどんな内容の質問をしようとも、絶対に回答を拒否する事をあらかじめ
   宣言する」、
 という事例は、日本の議会史上今まで無かったはずですが、
 あなたはこのような例を他に知っていますか?
  
Q7:例えば、門真市の自民党議員があなたがた共産党議員に対して、同じ措置を取った
  場合、あなた方はそれを容認しますか?
   容認するか、しないか、端的に答えて下さい。

<尋問では以下省略↓>
Q8:「自民党や他の議員がやるのはだめだか、自分らがやるのは良い、」、という認識
  ですか?
   (自民党議員側が「しかるべき理由」なるものを主張した場合、・・・・)
<尋問では以上省略↑>

Q9:あなた方がやった「特定議員への永久絶対的な回答拒否宣言」は、日本議会史上初
  めての悪い実例であり、これが容認されたら大変悪い事になっていく、という認識
  を、あなたは持っていますか?
   持っているか、いないか、端的に答えて下さい。

Q10:あなた方が7/13見解を作成するあたって、共産党門真市委員会の了承は取り付けま
  したか?
   また、それより上部の「北河内委員会」とか「大阪府委員会」とかの了承は取り付
  けましたか?

Q11:事前了承が無かったとしても、門真市共産党議員団が7/13見解を公表実践し、
  私が大反発してネットで大々的に批判し、また裁判も起こした以上、
  「北河内委員会」も「大阪府委員会」も、あるいは共産党中央も、門真市共産党議員
  団が「特定議員への永久絶対的な回答拒否宣言」を発して実行している事は事後に知
  っているはずですが、どうですか?

Q12:共産党門真市議員団以外の共産党の組織、とりわけ上部組織が、「特定議員への永
  久絶対的な回答拒否宣言」について全く異を唱えていない以上、共産党という組織
  が、それを容認しているのだ、と考えるほかないと思うが、どうか?
   端的に答えて下さい。
  
Q13:門真市共産党議員団や共産党門真市委員会は、本件紛争裁判の事を「北河内委員
  会」や「大阪府委員会」などの上部組織に報告しているはずだが、どうか?
   報告しているのか、いないのか、端的に答えて下さい。

Q14:自分らが正しいという体裁を取るならば、一応は形だけでも「戸田議員がこれこれ
  の事を謝罪撤回するまでは質問には回答しない」、という条件を付けるのが普通だと
  思うんですが、

   あなたがたはそういう解除条件をいっさい付けず、全面的永久的な回答拒否宣言を
  行なっているが、これはなぜですか?
   (そういう解除条件を付ける事自体が、論議を呼んで却って自分らに不利だと思っ
    たからですか?)

Q15:私に対する「全面的永久的な回答拒否宣言」は、今からでも取り消すべきだと思い
  ますが、あなたはそういう考えを持っていますか、いませんか?
   端的に答えて下さい。

Q16:私は単なる個人ではなく、2000人、3000人規模の有権者の負託を受けた議員であ
  り、その数は2003年市議選でも2007年、2011年市議選でも共産党議員の誰よりも多く
  の得票数を得て、2014年段階に至ってますから、

   私という議員に対する「全面的永久的な回答拒否宣言」は、そういった有権者の負
  託を踏みにじるものだと思いませんか?
   そのように思っているのか、いないのか、端的に答えて下さい。

Q17:なるほど、つまり、日本共産党という組織は門真市共産党議員団が、他の議員から
  の公開質問状に対して「全面的永久的な回答拒否宣言」を実行する事を容認する政党
  である、という事ですね。
    そうであるのか、そうでないのか、端的に答えて下さい。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.5; YTB730...@i60-35-87-115.s04.a027.ap.plala.or.jp>

★戸田の尋問原稿(下)【4】〜【7】★共産党説明のウソ構造を鋭く暴いた【4】に注目!
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 15/12/7(月) 3:31 -
  
【4】「4/27門真民報記事」と「5/28回答」などに関して

Q1:あなたは、同じ本会議場で私の質問を聞いてきたのだから、
  門真市の「自治会HB」は他市のような単なる自治会便利帳ではなく、民主化・適正
 化や規約の整備を促すところに特色がある事を知っていると思うが、
  門真市の自治会HBの特色について、どのようなものだと認識していますか?

<尋問では以下省略↓>
戸:今の答えだと、門真市当局も説明している門真市の自治会HBの特色を、あなた方は
  認識しておらず、単なる「自治会便利帳」的に良いものが出来た、としか認識してい
  ない事になりますね。結構です。

<尋問では以上省略↑>

Q2:福田被告に{甲第2号証}「4/27門真民報記事」を示します。
   見て下さい。
  3段記事の左上に自治会HBの表紙画像をドンと載せ、右側縦に「自治会活動サポー
  ト」、「自治会ハンドブック作成される」と大きな見出しを書いた上で、

  上段中段に「自治会HBが発行されたという事実」と「発行された自治会HBの内容
  と印象」を書き、
  
  下段の文末近くに
   「地域によっては、自治会長が毎年変わることになっていたり、2年ごとであった
    りとバラバラですが、誰がなっても困らないようにできないのか等、相談を受
    け、議会で取り上げていたことが実ったものです。」、
  と書いていますね。

  このレイアウトと文章を見れば、誰しも
  「自治会HBの発行は共産党議員の活動が実ったものだ」、或いは
  「自治会HBの発行には共産党議員の活動が大きく寄与している」、
 と認識すると思うのですが、

   福田議員は、これをあくまでも「自治会HB内の担当部署一覧表について、共産党
  議員の議会活動が実ったものだという意味の記事だし、そのようにしか読めない」、
  と主張するわけですか? 端的に答えて下さい。

Q3:今の答えでは、あなた方の日本語感覚はまともじゃないと言う他ありませんが、
  仮に、もしそういう意図であったならば、
  ■なぜ
    「相談を受け、議会で取り上げていたことが、この一覧表に反映されました」、

  というような書き方をしなかったのですか?
   紙面スペース的にもそれは十分可能なのに、なぜそうしなかったのですか?

Q4:全然答えになってませんね。では、
 ▲「議員の働きかけの中で、自治会HBにつながった」、という言葉と、
  「議員の働きかけの中で、自治会HBの発行につながった」、という言葉は、
  意味が違う言葉でしょうか?

   私は同じ意味だと考えますが、あなたはどう考えるのか、端的に答えて下さい。

Q5:次に、
 ▲「議員の働きかけの中で、自治会HBの発行につながった」、という言葉と、
  「議員の働きかけの中で自治会HBの策定につながった」、という言葉は、
  
  同じ意味だと私は考えますが、あなたはどう考えるのか、端的に答えて下さい。

Q6:では、
 ■「議員の働きかけの中で、自治会HBの策定につながった」、という言葉と、
  「議員の働きかけの中で、自治会HBの中の一覧表につながった」、という言葉は、
  同じ意味ですか?

   誰が見ても意味範囲が全然違う言葉だと思いますが、あなたはどう考えるのか、
  端的に答えて下さい。

Q7:福田被告に{甲第4号証}被告らの「5/28回答書」を示します。

  この2ページの「A3:」の回答の下段に、
    以上のように、わが党は、立場の違いを超えて、自治会の自主的な活動を支援し
   ていく方策について求めてきました。
    このような働きかけの中で、自治会ハンドブックにつながったものと評価してい
   ます。
  と、書かれていますね。
   書かれているという事実を確認して下さい。

Q8:次に{甲第11号証}2014(平成26)年の「11/23門真民報」を示します。

   1ページめ左下段に
   <「自治会ハンドブック」 発行に関する経過について 党市会議員団の見解>
  との見出しと文章があって、
   2ページめ右下に2段に渡ってその続きの文章があり、

   その下段右側に
   「党議員団としてこのような働きかけの中で、自治会ハンドブックの策定につなが
    ったものと評価し、4月27日付の門真民報記事の掲載に至ったもので、」
  と書かれていますね。

Q9:こういう事実を見ると、共産党議員団は、
 ■事件が発生したがまだ提訴されていない2014(平成26)年段階においては、
    「自分らの議会活動が自治会ハンドブックの策定につながった」ものと評価、
  すなわち事実認定しており、

 ■4/27門真民報記事はそのような認識に立って書いたものだった、と認定する他ない
  はずですが、、あなたはこの認定に同意しますか、しませんか?
   端的に答えて下さい。

戸:「評価した事」、と「事実経過の認識」は別物だ、という話は成り立ちませんよ。
  デタラメもたいがいにして下さいね。

Q10:さてあなた方は、
 ■今年2月に私から提訴され、4月に答弁書を出した時に初めて、

  1:「自治会HD発行の契機を作ったのは原告・戸田議員だ」と認め、同時に、
  2:「4/27門真民報報道は、自治会HBの発行自体が共産党議員団の活動成果だなど
    と宣伝しているものではなく、
     HBの中の問い合わせ窓口一覧表について、亀井議員の質問が実ったものだ
     という評価を述べたに過ぎない。」

 という「2つの説明」を、初めて言い出しましたね。

 ■今年4月の答弁書以前は、あなた方はこの「2つの説明」を全く行なっていません
  ね。その事をまず確認します。
  ウソをつくと偽証罪になりますから、注意して答えて下さい。 

Q11:■訴されて4月答弁書を出す以前になぜこの「2つの説明」を言わなかったのです
  か?
   言わなかった理由を、ウソはつかず、端的に述べて下さい。
   
Q12:私の5/21公開質問状に対する5/28回答書で、そういう「2つの説明」をしておけ
  ば、単に「誤解を招きかねない書き方だった。今後は注意する」的なレベルの話で
  1件落着した事なのに、

   また、その後の紛争過程でも、こういう説明をしていれば私を激怒させる事もなか
  ったし、
   12月議会であなたが問責決議される事もなかったはずですが、なぜそういう説明を
  しなかったのですか?

Q13:■「自治会問題についての議会質問をしたか否か」と、
    「自治会HB発行につながる議会質問をしたか否か」、そして
    「自治会HBの一部内容につながる議会質問をしたか否か」、

   この3つは、全然意味範囲が違うはずですが、あなたはどう考えますか?
   端的に答えて下さい。

Q14:昨年7/13見解での私への非難に関してですが、
  
   あなたは、私が「『共産党は自治会問題を議会で取り上げた事は一度もない』から
   『成果捏造疑惑』だ」と、いつ、どういう文書で主張したと言うのか、示す事が出
   来ますか?
   
Q15:全然示せない、という事を確認して次の質問に移ります。
         (福田回答があまりに酷いものなら、反論提示もありかも)

  {乙第2号証}門真市が2012(平成24)年4月に作成し、5月6月に自治会に配布し
  た「自治会活動関連問い合わせ窓口一覧表」を示します。

   これが2012(平成24)年3月議会での亀井議員質問の成果として作成されたもので
  すね。
   そしてまた、これが作成されてから自治会HBが発行されるまでは、2年の歳月が
  ありますね。

Q16:あなた方は、
   「しかしこの一覧表の内容はまだ不十分だったので、亀井議員は地域活動課に一層
    の充実を求めていった」、
  と提訴以前も提訴後も、これは終始一貫述べていますね。

Q18:■しかし、亀井議員の「庁内連絡先一覧表の充実要求活動」が、いつといつ、どの
  ような形式(口頭か、電話か、文書か等)で、どういう点の改善を求め、その都度の
  市の回答はどうだったのか、

  という事の裏付け記録が全く出されていないんですが、なぜ出さないのですか?
   あなたは裏付けを取りましたか? ウソをつかず、端的に答えて下さい。

Q18:■歴代の担当課長は、「亀井議員からそういう働きかけは全く受けていない」、と
  私に証言している事実を、
   あなたはどう考えますか?

Q19:「亀井議員の充実要求活動」は実は存在しなかった、としか思えませんが、次に、
  {甲第1号証}自治会HBの8ページと9ページを示します。
   ここに「自治会活動関連問い合わせ窓口」の一覧表が載ってますね。

Q20:あなた方は、
    亀井議員質問によって作成された一覧表が、亀井議員の充実要求活動によって改
    善されて、
     それが、この自治会HB内の一覧表になった、

  と終始一貫説明していますが、
   そもそも亀井議員由来の一覧表がなかったとしても、自治会HB発行を企画するの
  であれば、こういう一覧表は必ず掲載される性質のものだ、とは考えませんか?

Q21:「亀井議員の充実要求活動」の存在自体が疑わしいですが、それはそれとして、
  ■この2つの一覧表を比べると、
   自治会HB内の一覧表の方が
   「担当窓口の所在地の記載が無くなった」、
   「見開き状態でなくウラオモテ2ページに分断されてしまった」、
 という点で、
   「一覧表のレベル」としては「低下した」、としか思えないのですが、
 「自治会HB内の一覧表の方が改良された」という点は何かありますか?

戸:それは「改良された」とは言えないでしょう。
  ■「亀井議員の充実要求活動」なるものは存在しなかったし、一覧表の改良も存在し
   ない、となれば、
   「自治会HBの内容への反映」についてすら、共産党の議会活動は無関係だった、
  という事になります。
                                       
次に、
【5】裁判文書作成の段取りや実務に関して

<尋問では以下省略↓>
Q1:裁判提出文書は愛須弁護士が作成していると思いますが、福田議員やその他の被告
  はどういう形で裁判文書作成に関わっていますか? 
   全体での協議、弁護士への説明、原案の作成やその点検と了承、などに渡って説明
  して下さい。
<尋問では以上省略↑>

Q2:被告側の4月答弁書も、「6/19準備書面(1)」も「10/9準備書面(2)」も、全てあな
  たがその内容に同意した上で提出されたものですね。

Q3:裁判に出す文書については、事実についてウソを書いてはならない、と私は考えま
  すが、あなたの考えはどうですか?
   被告側文書で、「事実についてウソを書いた」事はありませんか?

Q4:■被告は「6/19準備書面(1)」で、
   「自治会HBは元々門真市が企画していたもので、戸田議員の質問はHB発行の契
    機になったのではなく、亀井議員質問と同様にHB内容の一部への反映を作った
    に過ぎない」
  という主張を突如として打ち出し、

  ■次の「10/9準備書面(2)」ではこの主張を取り下げる、という事をしていますが、
   これは「6/19準備書面(1)」で「事実についてウソを書いた」という事ではないです
   か?

Q5:■弁護士に十分に資料を見せて説明しているはずなのに、なぜ、「6/19準備書面
  (1)」のように、その前後とは全く違うデタラメな事実認定が出てくるのですか?

   また、なぜあなたは「6/19準備書面(1)」の内容に同意したのですか?
      
戸:今までの答えで、門真市共産党議員団の知的モラルや認識能力が非常に低い事がよく
  分かりました。
  さて、次、

<尋問では以下省略↓>                                      
【6】被告らの今までの出廷拒否や裁判情報の封鎖などについて

Q1:あなたは、私から名誉毀損で賠償と謝罪広告を出せ、と提訴された事について、
  不当な提訴でけしからん、共産党議員団の言論の自由を圧迫する重大問題だ、と考え
  ていると思いますが、どうですか?
  
Q2:不当だと考えているのなら、「こういう不当な提訴は許せない!」と報道して支援
 を呼びかけるのが普通だと思いますが、門真民報でも、あなたのブログでも、他の共産
 党議員のブログでも、提訴された事自体の報道すらしていないのは、なぜですか?

  そして被告4人が今まで全く出廷しなかったのも、非常に異様ですが、なぜですか?
  どこでの意志決定として、そうなったのですか?

Q3:この裁判の内容を知られると、自分らの過ちを支援者からも一般市民からも、検証
  されてしまう事になるから、それを嫌ってあなた側のメディアではいっさい報道しな
  いのではないですか?
<尋問では以上省略↑>

戸:最後に、
【7】亀井議員の消防議会不祥事について、

Q1:2012(平成24)年の7月の守口市門真市消防組合議会で副議長になったばかりの
  亀井被告が、私の家にやって来て、私がHPアップした7月消防議会音声を削除し
  ろ、という不当な要求をしたわけですが、

   この亀井被告の行動は、事前に共産党議員団もしくはあなたが同意した上での行動
  ですか?


Q2:■「情報公開や『開かれた議会』を積極的に進める政党」として社会的に認知され
  ている共産党の議員が、
  消防議会規則で禁止規定も無い、しかも消防服談合疑惑という重大問題を審議した議
  会音声のネット公表をやめさせようとしたのは、大問題だと思いますが、どうです
  か?

Q3:この5ヶ月後の12月消防議会で、亀井副議長は突如として、「一身上の都合で副議
  長辞職」を申し出て副議長を辞職したわけですが、この辞職申し出は、亀井議員が単
  独で決めた事ですか?
   あなたや議員団の事前協議があったのですか?

Q4:この時の「一身上の都合」とは何の事か、説明して下さい。

Q5:消防議会の副議長が、門真市の消防議員の過半から強い批判を受ける中で、就任僅
  か5ヶ月の任期途中で辞職するのは、門真市議会にとっても、門真市共産党議員団に
  とっても、前代未聞の不祥事だと思いますが、あなたはこれを「不祥事」だと考え、
  反省していますか?
   また、市民に対して消防議会副議長の理由をちゃんと報道しましたか?

<尋問では以下省略↓>
Q6:私は、今回の事件は、知性も見識も低くて、間違った思い込みでおかしな行動に走
  りがちな亀井議員が、門真市の自治会HBの本当の意義を理解せずに、

   単に自分がかつて言っていた「自治会ガイドブック」という便利帳的なものと混同
  して、自分の活動成果だと思い込んで4/27門真民報記事を書き、
   その後もあれこれ引き回したために発生したものだろう、被告の裁判文書の混乱も
  そのせいだろう、と推測していますが、
  これについて、あなたはどう考えていますか?

<尋問では以上省略↑>
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.5; YTB730...@i60-35-4-1.s04.a027.ap.plala.or.jp>

△もっと長文だった「尋問想定草案」も紹介しておく(上)【1】〜【3】上部組織責任も
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 15/12/7(月) 10:10 -
  
12/4法廷 福田議員尋問の原稿メモ(問答想定)草案
                         原告 戸田ひさよし 2015年
※注意※
 「福:」の部分は福田議員の想定回答で、「戸:」はそれへの戸田の対応。
    いろんな回答・対応パターンを想定しようと思ったが、十分な作成時間が取れな
    くて「ムニャムニャ」とだけ書いて済ませた部分がほとんどになった。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

<前振り> 尋問でウソを答えると「偽証罪」になりますから、くれぐれもウソをつかないようにして下さいね。
     いいですね。
【1】「日本共産党門真市委員会」に関して

Q1:「日本共産党門真市委員会」というのは、国会政党たる日本共産党の正規の下部組
  織だと思いますが、 それは公然たる組織ですか? それとも非公然の組織ですか?

福:正式な公然たる組織です。
福:それはどういう意味ですか? 意味が分かりません。

Q2: 私が門真市に住んで23年、門真市議になって16年ですが、「共産党門真市委員会」
  の委員長の名前だけは今回の裁判で初めて知りましたが、それ以外の役員や構成員の
  名前はまだ示してもらってません。
   せめて構成員の人数と役員の氏名くらいは明らかにしてくれませんか?

福:公表する必要は無いと考える。

 ・・・・戸:せめて構成人数だけでも答えて欲しいが、どうですか?
     戸:「役員氏名も構成人数も答えられない」という事であれば、「非公然組
       織」と言えるのではないですか?
     福:・・・・・

福:人数は○○人で、委員長以外の役員は○○、○○・・・・

Q3:福田議員は当然、市委員会のメンバーだと思いますが、どうですか?
  また役職は何ですか?

福:回答する必要無し
福:私はメンバーです。役職は・・・・

Q4:現職の共産党市議はみな市委員会のメンバーだと思いますが、どうですか?

福:回答する必要無し
福:みなメンバーです。

Q5:共産党門真市委員会の会議は、定例会的なものとしては、どれくらいの頻度で、
 どこで開くんですか?
  毎週1回とか、月に1回とかですか?

福:回答する必要無し
福:○○○○、○○○○
                      【1 】・・(質問部分)1分30秒


【2】「門真民報」発行と福田議員ブログに関して

Q1:あなたの陳述によれば、門真民報の発行部数は「毎週約2000部」という事です
  が、これだと4人の議員団で議員ひとりあたり500部に過ぎず、少なすぎるように思い
  ますが、
   私も取っている「赤旗日曜版に挟み込むもの」も含めて、本当に「毎週約2000
  部」発行ですか? 
   また、「赤旗日曜版」の門真市内の購読件数は何件ですか?
福:

Q2:議員団4人が配布したり赤旗日曜版に挟み込む以外にも、別ルートで配布する分も
  あると思うのですが、それは何部くらいですか?
福:

Q3:あなたの陳述では、「毎週木曜日から配達が開始される」という事ですが、駅頭な
  どで一般市民に配布されるのは金曜朝のはずなので、「木曜日に配達される」のは、
  一般市民ではない、限られた支持者達に配布されるだけではないですか?
   それはどういう人達に、どれくらい配布されるのですか?
福:

Q4:あなたの陳述では、「議員団のHPには金曜日に門真民報の全内容が掲載され
  る」、という事ですが、
   HPにアップするのは金曜日の朝ですか?昼前後ですか?
   それとも夕方くらいとか夜ですか?
福:

Q5:あなたのブログでは、これまで門真民報の中の重要記事全文について、
  発行日の日曜日や駅頭配布およびHP公表の金曜日以前にアップした事は、本件の
  「7/13門真民報での戸田議員非難の見解記事」を7/10木曜日にブログアップした以外
  にはないはずですが、どうですか?

   あるか、ないか、もしもあるとすれば、いつどのような記事だったのか、端的に答
  えて下さい。
福:

Q6:つまり、門真民報の中の重要記事全文を木曜日に自分のブログにアップしたのは、
  極めて異例だったという事ですね。異例だったか否か、端的に答えて下さい。

福:

Q7:なぜあなたは、こういった異例な木曜日アップをしたのか、理由を端的に答えて下
  さい。
福:

戸:「とにかく早急にネットで宣伝したい」、という気持ちに駆り立てられたからだ、
  ということで理解しておきます。
                      【2 】・・(質問部分)2分15秒


【3】公開質問状への対応に関して

Q1:2005(平成17)年私が連帯労組仲間からの寄付にからんで、12月議会開始直前に
  議員控え室で逮捕されるという事件があり、その際あなたを含んだ共産党議員団は、
  与党4会派と共同して、私に対して
   「説明責任を果たしていない」等の理由を付けて、初日本会議に私に対して議員辞
  職勧告決議を出して可決するという、非常に理不尽な事をしました。

   この件について、私が極めて不自由な獄中から、全議員に対して公開質問状を出し
  ましたが、あなたを含んだ共産党議員団は、与党4会派と全く同様に、何の回答も対
  応を示しませんでした。

   私には説明責任という言葉を盾にして辞職勧告しながら、自分らは自らの議会行動
  に対する説明責任を全く果たそうとしなかったわけですが、
   いったいどういう理由で私からの公開質問状への無対応を決めたのですか?
    この時の議員団代表は故中西議員でしたが、端的に答えて下さい。

福:・・・・・・

Q2:へんな回答ですね。
   ところであなたが門真市議になって以降、他の議員から公開質問状を受けたのは、
  この2015年12月に私から受けたのが最初ではないですか?

福:

Q3:その後、2007(平成19)年4月に、市議選を控えた候補予定者全員に「議会改革」
  についての公開質問状を送った時も、
   あなたを含んだ共産党議員団は何の回答も対応を示しませんでした。

   この時は保守系の現職や候補者5人は回答しており、革新政党たる共産党の無回答
  無対応の異様さが際だったものですが、いったいどういう理由でそういう対応をする
  事を決めたのですか?
   この時点でも議員団代表は故中西議員でしたが、端的に答えて下さい。
福:

Q4:へんな回答ですね。
   しかしその後、2012(平成24)年になると、すでにあなたが共産党議員団代表にな
  って6年目に入っていたためか、
   消防議会亀井副議長問題に絡んで、私が「共産党議員団への9/7公開質問書」を出
  して、
   (1)議会公開原則と市民の知る権利の重さの認識等について
    Q1:貴議員団は、所属議員の公職者としての言動に関して質問があった場合は
      ちゃんと回答しますか?

  と質問したところ、あなたがた議員団は、「9/14回答書」を寄せて、
    A1:回答します。

  と明確に回答しています。

   これは、あなたが主導して、共産党議員団の中で、「いつまでも公開質問状に無回
  答無対応ではまずい」という認識が生まれるようになったからではないかと思います
  が、どうですか?
福:

Q5:この2012(平成24)年の「9/14回答書」の段階では、
   「もしも戸田議員がけしからん事をした場合は、絶対永久的な回答拒否宣言をして
    も良いのだ」、
  という事はおよそ考えていなかったはずですが、どうですか?
   そういう例外措置を考えていたのか、いなかったのか、端的に答えて下さい。

福:

Q6:それでは、2014(平成26)にあなた方が私から、「5/21公開質問状」を出受け取っ
  た時点では、
   「もしも戸田議員がけしからん事をした場合は、絶対永久的な回答拒否宣言をして
    も良いのだ」、
  という事を考えていたのか、いなかったのか、端的に答えて下さい。
福:

Q7:それでは、
   同年にあなた方が私に対して、「5/28回答書」を出した段階ではどうでしたか?
   「戸田議員がけしからん事をした場合は、絶対永久的な回答拒否宣言をしても良い
    のだ」、
   という事を考えていたのか、いなかったのか、端的に答えて下さい。
福:

Q8:あなたは議員になる前は大阪市の職員をしていましたが、その時代には、
  「自分がけしからんと思う大阪市議からの公開質問には回答拒否しても良いのだ」、
 という事は、
  公務員の公務についての説明責任からして絶対に許されない事だと認識していたはず
 ですが、どうですか?
   そういう認識をしていたか、いなかったか、端的に答えて下さい。 
福:

Q9:「特定の議員を指定して、その議員からの公開質問状には全て回答拒否する」とい
  う事が、
   市の職員には許されないが、門真市共産党の議員には許される、とあなた方が判断
  している理由は何ですか?
   端的に答えて下さい。

福:・・・・・・

Q10:全然答えになってませんね。次に行きましょう。
  「議員が他の議員からの公開質問状に対して、その都度無視するとか回答拒否する」
  とかは、ままある事ですが、

  「ある議員や議員集団が」、「特定の議員を指定して」、
  「その議員がどんな内容の質問をしようとも、絶対に回答を拒否する事をあらかじめ
   宣言する」、
 
 という事例は、日本の議会史上今まで無かったはずですが、
  あなたはこのような例を他に知っていますか?
  
福:・・・・・・

Q11:例えば、門真市の自民党議員があなたがた共産党議員に対して、同じ措置を取った
  場合、あなた方はそれを容認しますか?
   容認するか、しないか、端的に答えて下さい。

福:仮定の話には答えられない。
  答えたくない。  ・・・・・・・・

Q12:「自民党や他の議員がやるのはだめだか、自分らがやるのは良い、」、という認識
  ですか?
   (自民党議員側が「しかるべき理由」なるものを主張した場合、・・・・)
福:

Q13:あなた方がやった
  「特定議員への永久絶対的な回答拒否宣言」は、日本議会史上初めての悪い実例であ
  り、
   これが容認されたら大変悪い事になっていく、という認識を、あなたは持っていま
  すか?
   持っているか、いないか、端的に答えて下さい。

福:そういう問題ではありません(?)

Q14:あなた方が2014(平成26)年7/13見解でやった「特定議員への永久絶対的な回答拒
  否宣言」は、とてつもなく大変な事ですが、
   7/13見解を作成するあたって、共産党門真市委員会の了承は取り付けましたか?

   また、それより上部の「北河内委員会」とか「大阪府委員会」とかの了承は取り付
  けましたか?

福:そういう了承は得ていません。単独で決めました(?)

Q15:事前了承が無かったとしても、門真市共産党議員団が7/13見解を公表実践し、
  私が大反発してネットで大々的に批判し、また裁判も起こした以上、

  「北河内委員会」も「大阪府委員会」も、あるいは共産党中央も、
  門真市共産党議員団が「特定議員への永久絶対的な回答拒否宣言」を発して実行して
  いる事は事後に知っているはずですが、どうですか?

福:ほかの機関はしらないと思う(?)

Q16:共産党門真市議員団以外の共産党の組織、とりわけ上部組織が、
  「特定議員への永久絶対的な回答拒否宣言」について全く異を唱えていない以上、
  共産党という組織が、

  「特定の議員を指定して」、
  「その議員がどんな内容の質問をしようとも、絶対に回答を拒否する事をあらかじめ
   宣言し実行する」

 事を容認しているのだ、と考えるほかないと思うが、どうか? 端的に答えて下さい。
  
福:ムニャムニャ

Q17:門真市共産党議員団や共産党門真市委員会は、本件紛争裁判の事を「北河内委員
  会」や「大阪府委員会」などの上部組織に報告しているはずだが、どうか?
   報告しているのか、いないのか、端的に答えて下さい。

福:ムニャムニャ

Q18:自分らが正しいという体裁を取るならば、一応は形だけでも
  「戸田議員がこれこれの事を謝罪撤回するまでは質問には回答しない」、という条件
 を付けるのが普通だと思うんですが、

  あなたがたはそういう解除条件をいっさい付けず、全面的永久的な回答拒否宣言を行
 なっているが、これはなぜですか?
  (そういう解除条件を付ける事自体が、論議を呼んで却って自分らに不利だと思った
   からですか?)

福:ムニャムニャ

Q19:私に対する「全面的永久的な回答拒否宣言」は、今からでも取り消すべきだと思い
  ますが、あなたはそういう考えを持っていますか、いませんか?
  端的に答えて下さい。

福:ムニャムニャ

Q20:私は単なる個人ではなく、2000人、3000人規模の有権者の負託を受けた議員であ
  り、その数は2003年市議選でも2007年、2011年市議選でも共産党議員の誰よりも多く
  の得票数を得て、2014年段階に至ってますから、

  私という議員に対する「全面的永久的な回答拒否宣言」は、そういった有権者の負託
 を踏みにじるものだと思いませんか?
  そのように思っているのか、いないのか、端的に答えて下さい。

福:ムニャムニャ

Q21:なるほど、つまり、日本共産党という組織は、
  門真市共産党議員団が、他の議員からの公開質問状に対して「全面的永久的な回答拒
  否宣言」を実行する事を容認する政党である、という事ですね。
   そうであるのか、そうでないのか、端的に答えて下さい。

                            【3 】・・9分10秒
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.5; YTB730...@i60-35-95-74.s04.a027.ap.plala.or.jp>

▲「尋問想定草案」【4】4/27民報記事と5/28回答:共産党のウソ説明をこれで暴いた
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 15/12/7(月) 10:31 -
  
 ※注意※
 「福:」の部分は福田議員の想定回答で、「戸:」はそれへの戸田の対応。
    いろんな回答・対応パターンを想定しようと思ったが、十分な作成時間が取れな
    くて「ムニャムニャ」とだけ書いて済ませた部分がほとんどになった。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【4】「4/27門真民報記事」と「5/28回答」などに関して

Q1:あなたは、私が長年自治会の民主化・適正化や規約の整備を求める本会議質問をし
  てきた事を同じ議場で聞いてきたのだから、
   門真市の「自治会HB」は他市のような単なる自治会便利帳ではなく、民主化・適
  正化や規約の整備を促すところに特色がある事を知っていると思うが、
   門真市の自治会HBの特色について、どのようなものだと認識していますか?

福:ムニャムニャ

戸:今の答えだと、門真市当局も説明している門真市の自治会HBの特色を、あなた方は
  認識しておらず、単なる「自治会便利帳」的に良いものが出来た、としか認識してい
  ない事になりますね。結構です。

Q2:福田被告に{甲第2号証}「4/27門真民報記事」を示します。
   見て下さい。
   3段記事の左上に自治会HBの表紙画像をドンと載せ、
   右側縦に「自治会活動サポート」、「自治会ハンドブック作成される」と大きな見
    出しを書いた上で、

   上段中段に「自治会HBが発行されたという事実」と「発行された自治会HBの内
    容と印象」を書き、
   下段の文末近くに
   「地域によっては、自治会長が毎年変わることになっていたり、2年ごとであった
    りとバラバラですが、誰がなっても困らないようにできないのか等、相談を受
    け、議会で取り上げていたことが実ったものです。」、

 と書いていますね。

  このレイアウトと文章を見れば、誰しも
  「自治会HBの発行は共産党議員の活動が実ったものだ」、或いは
  「自治会HBの発行には共産党議員の活動が大きく寄与している」、
 と認識すると思うのですが、

  実際、私が聞いてみたところ、自民党の議員も、公明党や民主党系の議員もそのよう
 に理解して、それゆえ、「共産党がウソを書いている」と判断したわけですが、

  福田議員は、これをあくまでも
   「自治会HB内の担当部署一覧表について、共産党議員の議会活動が実ったものだ
    という意味の記事だし、そのようにしか読めない」、
  と主張するわけですか?
   端的に答えて下さい。

福:そのようにしか読めない。

Q3:今の答えでは、あなた方の日本語感覚はまともじゃないと言う他ありませんが、
  仮に、もしそういう意図であったならば、なぜ
   「相談を受け、議会で取り上げていたことが、この一覧表に反映されました」、
  というような書き方をしなかったのですか?
   紙面スペース的にもそれは十分可能なのに、なぜそうしなかったのですか?

福:ムニャムニャ

Q4:全然答えになってませんね。
   では、「議員の働きかけの中で、自治会HBにつながった」、という言葉と、
  「議員の働きかけの中で、自治会HBの発行につながった」、という言葉は、
  意味が違う言葉でしょうか?
   私は同じ意味だと考えますが、あなたはどう考えるのか、端的に答えて下さい。

福:ムニャムニャ

Q5:次に、
  「議員の働きかけの中で、自治会HBの発行につながった」、という言葉と、
  「議員の働きかけの中で自治会HBの策定につながった」、という言葉は、
  同じ意味だと私は考えますが、あなたはどう考えるのか、
   端的に答えて下さい。

福:ムニャムニャ

Q6:では、
  「議員の働きかけの中で、自治会HBの策定につながった」、という言葉と、
  「議員の働きかけの中で、自治会HBの中の一覧表につながった」、という言葉は、
 同じ意味ですか?
 
  誰が見ても意味範囲が全然違う言葉だと思いますが、あなたはどう考えるのか、
 端的に答えて下さい。

福:ムニャムニャ

Q7:福田被告に{甲第4号証}被告らの「5/28回答書」を示します。
  この2ページの「A3:」の回答の下段に、
    以上のように、わが党は、立場の違いを超えて、自治会の自主的な活動を支援し
   ていく方策について求 めてきました。
    このような働きかけの中で、自治会ハンドブックにつながったものと評価してい
   ます。
 と、書かれていますね。
  書かれているという事実を確認して下さい。

福:はい、書かれています。

Q8:次に{甲第11号証}2014(平成26)年の「11/23門真民報」を示します。

   1ページめ左下段に
   <「自治会ハンドブック」 発行に関する経過について 党市会議員団の見解>
  との見出しと文章があって、
  2ページめ右下に2段に渡ってその続きの文章があり、その下段右側に

   「党議員団としてこのような働きかけの中で、自治会ハンドブックの策定につなが
    ったものと評価し、4月27日付の門真民報記事の掲載に至ったもので、」
  と書かれていますね。
   書かれているという事実を確認して下さい。

福:はい、書かれています。

Q9:こういう事実を見ると、共産党議員団は、
  事件が発生したがまだ提訴されていない2014(平成26)年段階においては、
   「自分らの議会活動が自治会ハンドブックの策定につながった」ものと評価、
  すなわち事実認定しており、

   4/27門真民報記事はそのような認識に立って書いたものだった、と認定する他ない
  はずですが、、
   あなたはこの認定に同意しますか、しませんか? 端的に答えて下さい。

福:「評価」しているだけで、評価は人それぞれです。・・・

戸:「評価した事」、と「事実経過の認識」は別物だ、という話は成り立ちませんよ。
  デタラメもたいがいにして下さいね。

Q10:さて、あなた方は、今年2月に私から提訴され、4月に答弁書を出した時に初め
  て、
   1:「自治会HD発行の契機を作ったのは原告・戸田議員だ」と認め、同時に、
   2:「4/27門真民報報道は、自治会HBの発行自体が共産党議員団の活動成果だな
      どと宣伝しているものではなく、
      HBの中の問い合わせ窓口一覧表について、亀井議員の質問が実ったものだ
      という評価を述べたに過ぎない。」

 という「2つの説明」を、初めて言い出しましたね。

  今年4月の答弁書以前は、あなた方はこの「2つの説明」を全く行なっていません
 ね。
  その事をまず確認します。
  4月答弁書以前に行なっていたか、いなかったか、端的に答えて下さい。
   ウソをつくと偽証罪になりますから、注意して答えて下さい。 

福:4月答弁書以前には行なっていなかった。

Q11:提訴されて4月答弁書を出す以前になぜこの「2つの説明」を言わなかったのです
  か?
   言わなかった理由を、ウソはつかず、端的に述べて下さい。
   
福:ムニャムニャ   

Q12:私の5/21公開質問状に対する5/28回答書で、そういう「2つの説明」をしておけ
  ば、単に「誤解を招きかねない書き方だった。今後は注意する」的なレベルの話で
  1件落着した事なのに、
   また、その後の紛争過程でも、こういう説明をしていれば私を激怒させる事もなか
  ったし、
   12月議会であなたが問責決議される事もなかったはずですが、
 
  なぜそういう説明をしなかったのですか?

福:ムニャムニャ   

Q13:全然答えになってませんね。
   さて、今年4月答弁書以降のあなた方の主張に沿って、もしも私を非難するとすれ
  ば、
  「我々は自治会HBの中の一覧表に我々の活動の成果が反映された、と説明している
   のに、戸田議員は『共産党は、自治会HB発行は自分らの活動成果だ、と成果捏造
   をしてる』、という事実に反する非難宣伝をしているからケシカラン!」、

  というものになるはずです。
   しかし昨年7/13見解での私への非難は、そうではなかった。
   それはなぜですか?端的に答えて下さい。

福:ムニャムニャ   

Q14:「自治会問題についての議会質問をしたか否か」と、
   「自治会HB発行につながる議会質問をしたか否か」、そして
   「自治会HBの一部内容につながる議会質問をしたか否か」、

  この3つは、全然意味範囲が違うはずですが、あなたはどう考えますか?
  端的に答えて下さい。

福:ムニャムニャ   

Q15:昨年7/13見解での私への非難は、
   「戸田は、『共産党は自治会問題を議会で取り上げた事は一度もない』、という
    事実に反する誤った認識に基づいて、
    共産党議員団に『捏造疑惑』という不当なレッテルを貼って非難している」、
  という認識に立ったものですが、

   私は、
    「自治会HB発行につながる質問をしていないのに、それにつながる質問したか
     のように書いたから『成果捏造疑惑』だ」、
  と言ってきただけです。
  
   あなたは、私が
    「『共産党は自治会問題を議会で取り上げた事は一度もない』から『成果捏造疑
     惑』だ」
  と、いつ、どういう文書で主張したと言うのか、示して下さい。
   
福:ムニャムニャ   

Q16:全然示せない、という事を確認して次の質問に移ります。
        (福田回答があまりに酷いものなら、反論提示もありかも)

  {乙第2号証}門真市が2012(平成24)年4月に作成し、5月6月に自治会に配布し
   た「自治会活動関連問い合わせ窓口一覧表」を示します。

   これが2012(平成24)年3月議会での亀井議員質問の成果として作成されたもので
  すね。
   そしてまた、これが作成されてから自治会HBが発行されるまでは、2年の歳月が
  ありますね。

福:はい。

Q17:あなた方は、
   「しかしこの一覧表の内容はまだ不十分だったので、亀井議員は地域活動課に一層
    の充実を求めていった」、
  と提訴以前も提訴後も、これは終始一貫述べていますね。

福:はい。

Q18:しかし、亀井議員の「庁内連絡先一覧表の充実要求活動」が、
    いつといつ、
    どのような形式(口頭か、電話か、文書か等)で、
    どういう点の改善を求め、
    その都度の市の回答はどうだったのか、

 という事の裏付け記録が全く出されていないんですが、なぜ出さないのですか?
  あなたは裏付けを取りましたか? ウソをつかず、端的に答えて下さい。

福:ムニャムニャ   

Q19:歴代の担当課長は、「亀井議員からそういう働きかけは全く受けていない」、
  と私に証言している事実を、あなたはどう考えますか?

福:ムニャムニャ   

Q20:「亀井議員の充実要求活動」は実は存在しなかった、としか思えませんが、次に、
  {甲第1号証}自治会HBの8ページと9ページを示します。
   ここに「自治会活動関連問い合わせ窓口」の一覧表が載ってますね。

福:はい。

Q21:あなた方は、
   「亀井議員質問によって作成された一覧表が、亀井議員の充実要求活動によって
    改善されて、それが、この自治会HB内の一覧表になった」、
 と終始一貫説明していますが、

  そもそも亀井議員由来の一覧表がなかったとしても、自治会HB発行を企画するので
 あれば、こういう一覧表は必ず掲載される性質のものだ、とは考えませんか?

福:ムニャムニャ   

Q22:「亀井議員の充実要求活動」の存在自体が疑わしいですが、それはそれとして、
  この2つの一覧表を比べると、
  自治会HB内の一覧表の方が
   「担当窓口の所在地の記載が無くなった」、
   「見開き状態でなくウラオモテ2ページに分断されてしまった」、
 という点で、
   「一覧表のレベル」としては「低下した」、としか思えないのですが、
 「自治会HB内の一覧表の方が改良された」という点は何かありますか?

福:レイアウトが・・・ムニャムニャ   

戸:それは「改良された」とは言えないでしょう。
  「亀井議員の充実要求活動」なるものは存在しなかったし、一覧表の改良も存在しな
  い、となれば、
  「自治会HBの内容への反映」についてすら、共産党の議会活動は無関係だった、
 という事になります。
                                                                    【4 】・・11分0秒
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.5; YTB730...@i60-35-95-74.s04.a027.ap.plala.or.jp>

◇「草案」【5】裁判でのウソ文書【6】裁判情報封鎖【7】亀井の情報隠し不祥事辞任
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 15/12/7(月) 10:45 -
  
 ※注意※
 「福:」の部分は福田議員の想定回答で、「戸:」はそれへの戸田の対応。
    いろんな回答・対応パターンを想定しようと思ったが、十分な作成時間が取れな
    くて「ムニャムニャ」とだけ書いて済ませた部分がほとんどになった。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
次に、
【5】裁判文書作成の段取りや実務に関して

Q1:裁判提出文書は愛須弁護士が作成していると思いますが、福田議員やその他の被告
  はどういう形で裁判文書作成に関わっていますか? 
   全体での協議、弁護士への説明、原案の作成やその点検と了承、などに渡って説明
  して下さい。

福:あれこれ (短時間で終わらせるよう)
    
Q2:被告側の4月答弁書も、「6/19準備書面(1)」も「10/9準備書面(2)」も、
  全てあなたがその内容に同意した上で提出されたものですね。
   そうであるのか、そうでないのか、端的に答えて下さい。

福:私が同意した上で出されたものです。

Q3:裁判に出す文書については、事実についてウソを書いてはならない、と私は考えま
  すが、あなたの考えはどうですか?
   被告側文書で、「事実についてウソを書いた」事はありませんか?

福:あれこれ

Q4:被告は「6/19準備書面(1)」で、
   「自治会HBは元々門真市が企画していたもので、戸田議員の質問はHB発行の契
    機になったのではなく、亀井議員質問と同様にHB内容の一部への反映を作った
    に過ぎない」
  という主張を突如として打ち出し、

   次の「10/9準備書面(2)」ではこの主張を取り下げる、という事をしていますが、
  これは「6/19準備書面(1)」で「事実についてウソを書いた」という事ではないです
  か?

福:あれこれ

Q5:弁護士に十分に資料を見せて説明しているはずなのに、
   なぜ、「6/19準備書面(1)」のように、その前後とは全く違うデタラメな事実認定が
  出てくるのですか?
   また、なぜあなたは「6/19準備書面(1)」の内容に同意したのですか?
      
福:あれこれ

Q6:長文の文書で突如として新たなデタラメを主張し、それを約4ヶ月も経ってから
  取り下げる、という事によって、文書を精読吟味しなければいけない私にも裁判官に
  も、不当な労力をかけた事について、

   あなたは文書作成に関わった一員として、私や裁判官に謝罪の意を表すべきです
  が、どうですか? 

福:あれこれ

戸:今までの答えで、門真市共産党議員団の知的モラルや認識能力が非常に低い事がよく
 分かりました。
  さて、次、                  【5】・・2分07秒


【6】被告らの今までの出廷拒否や裁判情報の封鎖などについて

Q1:あなたは、私から名誉毀損で賠償と謝罪広告を出せ、と提訴された事について、
  「不当な提訴でけしからん、共産党議員団の言論の自由を圧迫する重大問題だ」、
 と考えていると思いますが、どうですか?
  
福:不当提訴だと考えている。

Q2:不当だと考えているのなら、「こういう不当な提訴は許せない!」と報道して支援
  を呼びかけるのが普通だと思いますが、

   門真民報でも、あなたのブログでも、他の共産党議員のブログでも、
  提訴された事自体の報道すらしていないのは、なぜですか?

  そして被告4人が今まで全く出廷しなかったのも、非常に異様ですが、なぜですか?
  どこでの意志決定として、そうなったのですか?

福:ムニャムニャ

Q3:この裁判の内容を知られると、自分らの過ちを支援者からも一般市民からも、検証
  されてしまう事になるから、それを嫌ってあなた側のメディアではいっさい報道しな
  いのではないですか?
   門真民報の発行元になっている「共産党門真市委員会」の判断はどうなのですか?

福:ムニャムニャ

Q4:この裁判の内容は、共産党「門真市委員会」の中では当然共有しているはずです
  が、どうですか?
  「北河内委員会」や「大阪府委員会」などにも報告しているものと思いますが、
  どうですか?

福:ムニャムニャ
                            【6】・・1分17秒
戸:最後に、

【7】亀井議員の消防議会不祥事について、

Q1:2012(平成24)年の7月の守口市門真市消防組合議会で副議長になったばかりの
  亀井被告が、消防議会副議長の肩書において、私の家にやって来て、
  私がHPアップした7月消防議会音声を削除しろ、という不当な要求をしたわけです
  が、
   この亀井被告の行動は、事前に共産党議員団もしくはあなたが同意した上での
  行動ですか?

福:事後に報告を受けて了承しました。
  事前に提起を受けて了承していました。

Q2:「情報公開や『開かれた議会』を積極的に進める政党」として社会的に認知されて
  いる共産党の議員が、
   消防議会規則で禁止規定も無い、しかも消防服談合疑惑という重大問題を審議した
  議会音声のネット公表をやめさせようとしたのは、大問題だと思いますが、
  どうですか?

福:ムニャムニャ

Q3:この5ヶ月後の12月消防議会で、亀井副議長は突如として、
  「一身上の都合で副議長辞職」を申し出て副議長を辞職したわけですが、
 この辞職申し出は、亀井議員が単独で決めた事ですか?
  あなたや議員団の事前協議があったのですか?

福:ムニャムニャ

Q4:この時の「一身上の都合」とは何の事か、説明して下さい。
 
  門真市議会の総意として消防議会副議長に推挙決定された人が、辞職する理由を門真
  市の議員達に明らかにしないのは、「説明責任」の上から許されない事だと思います
  が、共産党の議員だけ真相を知っていればいい」、という考えですか?

福:ムニャムニャ

Q5:消防議会の副議長が、門真市の消防議員の過半から強い批判を受ける中で、
  就任僅か5ヶ月の任期途中で辞職するのは、門真市議会にとっても、門真市共産党議
  員団にとっても、前代未聞の不祥事だと思いますが、

  あなたはこれを「不祥事」だと考え、反省していますか?
  また、市民に対して消防議会副議長の理由をちゃんと報道しましたか?

福:ムニャムニャ

Q6:私は、今回の事件は、知性も見識も低くて、間違った思い込みでおかしな行動に
  走りがちな亀井議員が、
   門真市の自治会HBの本当の意義を理解せずに、
   単に自分がかつて言っていた「自治会ガイドブック」という便利帳的なものと混同
   して、
   自分の活動成果だと思い込んで
  4/27門真民報記事を書き、

   その後もあれこれ引き回したために発生したものだろう、被告の裁判文書の混乱も
  そのせいだろう、と推測していますが、
   これについて、あなたはどう考えていますか?

                【7】・・2分38秒
                総計・・・・29分   あと12分削減を!!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.5; YTB730...@i60-35-95-74.s04.a027.ap.plala.or.jp>

286 / 1588 ツリー ←次へ | 前へ→
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
ページ:  ┃  記事番号:   
1,323,918
(SS)C-BOARD v3.8(とほほ改ver2.1) is Free