ちょいマジ掲示板

この掲示板は、門真市及び守口市ネタを中心に各地の議会や自治体ネタなどを、「比較的穏やかに」意見・情報の交換をする所です。詳しくは「掲示板のルール1」「掲示板のルール2」を読んでそれに従って下さい。 この掲示板では戸田の命令が絶対であることをくれぐれもお忘れなく。
内容的に関連がある投稿の場合は(先の投稿への)「返信」の形を取って投稿して下さい。
●ただ、「Re:○○」形式の元タイトルの繰り返しタイトルは厳禁です。必ず「内容が伺える独自のタイトル」をつけて下さい。
◆約10年間完全自由投稿制を維持してきましたが、荒らし・妨害投稿頻発のため、やむなく投稿者登録制に移行しました。投稿される方はこちらにアクセスし、所定の手続きを行なってください。 ◆投稿者のメールアドレスは戸田が把握しますが、掲示板では非表示にできます。 ◆投稿者名・メールアドレス・パスワードは登録時のものを使わないと投稿できません。 登録・投稿についての分かりやすい説明はこちらです。うまくいかない場合の問い合わせは戸田事務所まで問い合わせてください。 (09年4/8改訂記)   これまでの管理者命一覧(必読)

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
294 / 1582 ツリー ←次へ | 前へ→

「門真市共産党4議員への名誉毀損賠償事件裁判」の第4スレッド。9/4第5回法廷へ! 戸田 15/8/26(水) 18:13

☆「8/28準備書面3」(2):成果捏造した亀井のダメ議員ぶりと議員団の自浄能力欠如 戸田 15/8/29(土) 5:29
◆「8/28準備書面3」(3):共産党の「見解報道」が違法性阻却事由とはならない理由 戸田 15/8/29(土) 5:51

☆「8/28準備書面3」(2):成果捏造した亀井のダメ議員ぶりと議員団の自浄能力欠如
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 15/8/29(土) 5:29 -
  
<3>成果捏造記事を書いた亀井被告〜古参なのに会派代表をさせてもらえないダメ
   議員

1:{甲第34号証}:共産党議員団の構成と代表者を示す門真市議会議員名簿:
          (1)〜(11)
          (最近の11年間の分)
          (1):2005(平成17)年度の議員名簿(代表者:中西みよ子)
          (2):2006(平成18)年度の議員名簿(代表者:中西みよ子)
          (3):2007(平成19)年度の議員名簿(代表者:福田英彦)
          (4):2008(平成20)年度の議員名簿(代表者:福田英彦)
          (5):2009(平成21)年度の議員名簿(代表者:福田英彦)
          (6):2010(平成22)年度の議員名簿(代表者:福田英彦)
          (7):2011(平成23)年度の議員名簿(代表者:福田英彦)
          (8):2012(平成24)年度の議員名簿(代表者:福田英彦)
          (9):2013(平成25)年度の議員名簿(代表者:福田英彦)
          (10):2014(平成26)年度の議員名簿(代表者:福田英彦)
          (11):2015(平成27)年度の議員名簿(代表者:福田英彦)
  を示す。
 亀井被告は1991(平成3)年初当選で現在7期目の共産党市議である。
 福田被告議員は1999(平成11)年初当選で現在5期目の共産党市議である。 
 中西議員は1995(平成7)年初当選で4期在任して2006(平成18)年度に引退した。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2:門真市議会において「2人以上の議員」で構成される「会派」の「代表者」は、その
 会派を代表して他会派との協議や調整に責任を持つ重要な役職である。
  そして門真市議会においては、その会派の古参と中堅が1年か2年間隔の持ち回りで 会派代表者を務めるのが普通である。
 
  しかし共産党議員団の場合は、最近11年間の門真市議会議員名簿({甲第34号証}
 の(1)〜(11))を見れば分かるとおり、
  1991(平成3)年初当選の亀井被告は、中堅から古参、そして2011(平成23)年度以
 降は最古参議員に上り詰めたにも拘わらず、1度も会派代表者をやらせてもらっていな
 い。(!)
  
  亀井被告より1期4年若い中西みよ子議員が代表者となっても、2期8年若い福田被
 告が代表者になっても、亀井被告は一度も会派代表者をやらせてもらっていない。
  この事実が何を意味するかと言えば、亀井被告は共産党議員団の中で大変評価が低
 く、「会派代表者は到底まかせられない議員」と見なされていた、という事である。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

3:また、原告が間近に見ていても、他の共産党議員は本会議質問する時は必ず支援傍聴
 者に渡せるように質問原稿を印刷製本して本会議に臨み、無所属議員の原告にも希望す
 れば渡してくれるのが常だったのに、亀井被告だけは支援傍聴者用の質問原稿を作ろう
 とせず平然としているのがとても奇異であった。
 
  「傍聴市民に分かり易い議会の実現」のために戸田や共産党議員がいろいろな配慮や
 工夫を重ねているにも拘わらず、亀井被告だけはそういう配慮や工夫はどこ吹く風で、
 原告が指摘しても全く改めようとしなかった。
  また、他の共産党議員達は亀井被告のそういった傍聴市民を軽んじる態度を注意する
 事が全く出来ない様子だった。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
4:2011(平成23)年4月の市議選で6期目当選を決めて、共産党議員団4人のうちの最
 古参議員となり、当時の門真市議22人全体を通じても3人程度の「長老議員」になる
 と、亀井被告の増長ぶりは一層酷くなっていった。
  その端的な現れが「2012年(平成24)の消防議会亀井事件」である。{甲第17号証}
 
  これは亀井被告が守口市門真市消防組合の副議長に就任したとたんに、原告が先端的
 に実行していて、消防議員達にも容認されていた「消防議会の自主的録音記録のネット
 公表」を止めさせるために副議長地位を使うという、暴挙であった。

  しかも自分以外にはせいぜい見ても日頃癒着している緑風クラブの吉水議員しかそれ
 に同意を示す議員はいないのに、「みんなが同意している」というウソをつき、自民党
 の土山議員から問い質されると「2人いたら『みんな』や」、と居直るなどの悪行を重
 ねて、緑風クラブ以外の自公民の与党3会派全てから大顰蹙(ひんしゅく)を買ってし
 まう次第だった。
  
  原告と同年齢の亀井被告は、自分より議員年数が少ない原告が自分より遙かに大きい
 実績を上げ、市民評価も高い(2003(平成15)年〜2011(平成23)年までの選挙では原
 告の得票の方が亀井被告を大きく上回っている)事に歪んだ嫉妬心を抱いているよう
 で、消防議会副議長の地位を得た事で、原告をギャフンと言わせてやって自分の優位性
 を見せつけてやろとしたのであろう。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

5:この亀井被告の暴挙は、他の共産党議員達の同意を得て行なった事とは到底考えられ
 ない。
  情報公開を推進し、議会情報を市民に積極的に提供していく姿勢を持っている共産党
 が消防議会の音声情報公開を突然に妨害する事を考える事はあり得ない話である。
 
  従って亀井被告の行動は、亀井被告個人が他の共産党議員達に相談する事もなく起こ
 したスタンドプレーだったと考える他ない。
 
  しかし亀井被告以外の共産党議員達は、共産党最古参議員の亀井被告がやってしまっ
 て原告や他会派議員と対立を起こしてしまった以上は、内心苦々しく思いながらも、
 共産党議員団として亀井被告の行動をかばって正当化せざるを得なくなったものと思わ
 れる。
 
  この騒動の最中で亀井被告以外の共産党議員達の表情や口振りを間近で見ていた議員
 達は、原告に限らず、ほとんどがそのように感じていたように思われる。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
7:亀井被告の無反省な傍若無人ぶりは、2012(平成24)年12月消防議会での「自発的」
 形式を取った副議長辞任と、この前代未聞の不祥事たる辞任について2013(平成25)年
 2月26日本会議冒頭での鳥谷議長からの報告とクギ刺しの言葉があったにも拘わら
 ず、  ↓↓↓
  {甲第35号証}:2013(平成25)年2月26日本会議冒頭での鳥谷議長からの報告
           とクギ刺しの言葉についての戸田の掲示板報告記事
 さっぱり改まる事が無かった。

  2013(平成25)年度になっても、「決算特別委員会の場での委員長に対する無礼な抗
 議発言」を重ねたり、「会派代表者会議の発言をめぐっての恫喝ととれる発言」をした
 りして反省の色を見せない事が続いた為に、とうとう2013(平成25)年12月議会で問責
 決議を受けるにまで至っている。{甲第21号証}{甲第22号証}
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー  
8:このように、亀井被告がしょっちゅう不祥事を起こして原告や自公民の3会派議員か
 ら強く批判される一方、福田被告を会派代表とする共産党議員団は亀井被告の暴走に内
 心ヘキエキとしているはずだが、組織的メンツのための亀井被告をかばったり正当化し
 たりして、共産党以外の批判派議員と対立を重ねる
 ・・・・、という構造が、2012(平成24)年から2013(平成25)年の門真市議会で発生
 していたのである。
  
  そうした「亀井被告の暴走」ー「他の共産党議員達がそれに引っかき回されつつも亀
 井被告を適切に指導改善出来なくて追随する」ー「議員団という組織として亀井被告の
 暴走言動を正当化して居直ってしまう」、という「共産党議員団の、組織としての自浄
 能力の無さ」が露呈し続けて改善されない中で、本件の「2014(平成26)年の名誉毀損
 事件」が起こったのである。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<4>成果捏造記事を書いた亀井被告〜原告に逆怨みと歪んだ対抗心を持つ議員

1:本件係争の契機を作った2014(平成26)年の「4/27門真民報記事(の自治会ハンドブ
 ック部分)」の文章を作成したのは亀井被告である事は、被告側弁護士も「そのよう
 だ」と認めており、また唯一亀井被告の議会質問に直結する記事なので、疑いの無いと
 ころである。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2:亀井被告は「共産党の最古参議員」である割には、一人の議員として挙げている成果
 はそれ程でもない。門真民報を眺めてみると、他の被告らの方が改善成果を多く挙げて
 いるように見受けられる。
  特に門真市行政のシステムや体質の改善を進めたような成果は、原告の記憶では皆無 に等しい。

  その事は、本件係争に関わる共産党議員団代表の福田被告に対する2014(平成26)年
 12月議会での福田被告問責決議に際しての亀井被告の「反対討論」の中で、亀井被告が
   「議員になって今年で24年目を迎えますが、議会でさまざまな問題を取り上げて
    きました。」
 と言いながらも、実際に挙げる事が出来た例は
  「門真レンコンに関する認識が広がって、議会質問で取り上げる議員が増えてき
   た」、
 という事だけだった事にも示されている。

  原告が{甲第24号証}:「ヒゲ-戸田通信」38号(2015(平成27)年3/10発行)で例
 を示しているように、極めて多彩多様で、行政のシステムや体質の改善にも直結する成
 果を多数挙げているのとは全く対照的である。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

3:そういう、「市民に誇れる実績に乏しい」亀井被告にとって、次の市議選の1年前に
 自治会ハンドブックが発行された事は、無理にこじつけてでも自分の議会質問の成果で
 あるかのような印象を与える記事を門真民報の載せる絶好のチャンスとして考えた事は
 想像に難くない。
 
  たとえその記事文章自体には自分の名前を載せずに「共産党議員団の活動の成果」と
 して書くとしても、他の共産党議員や共産党議員団周辺の人々に自分の質問によってこ
 の記事を作る事が出来たかのように説明して印象づけられる効果は少なくない。
  
  実際には亀井被告の議会質問は自治会HB(原告による自治会ハンドブックの略称)
 発行とは何の関係も無く、せいぜい言って「自治会HBの内容の一部に反映されたの
 み」であるにも拘わらず、
  2014(平成26)年12月議会での福田被告問責決議に対する亀井被告の反対討論{甲第
 27号証}:〜門真市議会第4回定例会会議録の該当部分 にあるように、自分の議会質
 問を指して、
 
  ・・・このような働きかけの中で、自治会ハンドブックにつながったものとして評価
     したものです。
 と述べ、
 「4/27門真民報記事」が自分の成果を捏造する意図を持って書いたものであり、
  議員団代表が問責決議を受ける程の大問題となってもなお、この成果偽造宣伝を正し
 いものであるかのように強弁しているのである。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

4:元々亀井被告が原告に対して強い怨みを持っていた事は(正確に言えば「逆怨み」だ
 が)容易に推定できる事である。

  なにせ「最古参議員」として増長していたところを、前記のように原告の主導によっ
 て「2012(平成24)年の消防議会亀井事件」から「2013(平成25)年12月議会での問責
 決議」に至るまでこてんぱんにやっつけられて面目を失ったのだから。

  そして自らの非を反省することが出来ない亀井被告は、本件係争においても自分が作
 った成果捏造宣伝記事を反省するのではなく、「またしても原告に攻撃された」という
 歪んだ被害者意識に取り憑かれて、共産党議員団全体を巻き込んで、原告を最大限誹謗
 中傷攻撃して「仕返し」をする方策に走ったのであろう。 
  
  その端的な現れが、口を極めて原告を名誉毀損する「門真民報7/13見解」であった。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

5:本年8月現在で59才の原告と年齢がほぼ同じの亀井被告(本年8月現在で58才)は、
 自分より2期8年も遅れて門真市議になった無所属議員の原告が、当選当初から次々に
 旧習を打破するめざましい成果を挙げてきた事について、歪んだ対抗心を持っているよ
 うである。
 
  その事は、2014(平成26)年12月議会での福田被告問責決議に対する亀井被告の反対
 討論{甲第27号証}:〜門真市議会第4回定例会会議録の該当部分
 でことさらに原告を当てこすって
   「私戸田が議員以外の何々の何々の何々とか、議会質問をした議員はいないという
    言葉を使われます。私はこの言葉を聞くたびに、反面教師にしています。
    人のふり 見て我がふり直せという言葉の意味につながるんですが・・・・・」
 とか、
   「何でもかんでも、私だけ、私だけ、こういうふうなやり方は、これからも私はと
    りません。」
 などと述べている事によく現れている。 
 
  また同時に、亀井被告は自身の「消防議会事件」や「問責決議事件」で大多数の議員
 達から嫌悪されてきた事実を省みずに、
   「質問の基本は、問題点を取り上げると同時に、どれだけたくさんの皆さんに理解
    してもらうんか、共感してもらうんか、ここに力を込めて力を込めて質問をして
    まいりました。」
 と自賛してみたり、門真レンコン問題に触れて、
   「1人ふえた、2人ふえたと、私以外の方が取り上げてもらうたびに非常に喜びま
    した。多くの皆さんの声が議会と共通する中で政治は動く、この信念のもとに仕
    事をしてまいりました。皆さん、それでええんやないですか。」

 と、思い入れたっぷりに自画自賛の「熱弁」をふるったりして、大多数の議員の失笑を
 買ったのだが、
  こういった発言はまた、亀井被告が論理的思考能力が低いにも拘わらず虚勢を張りた
 がる人物である事を如実に示すものでもある。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<5>亀井被告の暴走を放任し正当化してしまう共産党議員団は自浄能力欠如の組織

1:上記のように、亀井被告は2012(平成24)年の「消防議会事件」、2013(平成25)年
 の問責決議事件、2014(平成26)年の「成果捏造記事事件」といった、「本来ならば共
 産党議員としてあるまじき不祥事」を次々に引き起こしている。
  
  これはまた、2007(平成19)年以降、福田被告を長年代表としてきた共産党議員団の
 被告ら議員達が、「最古参議員」たる亀井被告の暴走を抑止する事も諫める事も出来
 ず、組織の対面を守ろうとして外部からの正当な批判を受け入れずに亀井被告の言動を
 無理に正当化してしまい、
  その結果、門真市議会共産党議員団という組織ごと、およそ革新政党たる共産党の議
 員団としてはあり得ないような腐敗堕落を示してしまっている。
  
  そうなった根本原因は、自分たちの仲間がやってしまった事は何でも正当化する、
 とりわけ最古参議員たる亀井被告については、会派代表に就ける事は決してしない一方
 で傍若無人な振る舞いにも大甘な対応を取って追随するという、「組織として持つべき
 自浄能力の欠如」にある。
 
  その結果、2012(平成24)年の「消防議会事件」においては「消防議会の音声記録公
 表を妨害する行為」=「市民に対する議会情報の提供への敵対行為」を共産党議員団と
 して正当化し、
  2014(平成26)年の「成果捏造記事事件」においては「公職者としての説明責任全面
 拒否宣言」(=「戸田議員からの公開質問に対しては無制限永久的に回答拒否する宣
 言」)を共産党議員団として行なうという、日本の議会史上前代未聞のハレンチ行為を
 敢行するに至ったのである。
  
  門真市共産党議員団をこれほどの腐敗堕落の途を転げ落ちてしまうにあたっては、
 過去8年間続けて代表を務めてきた福田被告の責任もまた大きい。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
2:原告と同期の1999(平成11)年初当選の福田被告は大阪市職員出身で、原告から見て
 も誠実な人柄の人物だったが、大先輩議員たる亀井被告に長年調子を合わせてきてしま
 ったせいなのか、
  本件事件では、原告をとんでもなく名誉毀損し、「公職者としての説明責任全面拒否
 宣言」という、日本の議会史上前代未聞のハレンチ行為を敢行した「門真民報7/13見解
 記事」{甲第5号証(1)}が公表される以前の「7/10」にわざわざ先走って自分のブログ
 でそれを大々的に宣伝するという暴挙に走ってしまっている。{甲第5号証(2)}

  そして福田被告はその後も一貫してこの暴挙を正当化し続けているのだが、自浄能力
 を欠く組織の代表を長年務めて、品性を欠く構成員が不祥事を起こしても組織としてか
 ばって正当化し続ける事が、本来は誠実な人間をもこれほど歪めてしまうのかと、
 「同期の議員」として福田被告を間近で見てきた原告としては、非常に残念な思いをせ
 ざるを得ない。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜(続く)〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.5; YTB730...@i222-150-201-193.s04.a027.ap.plala.or.jp>

◆「8/28準備書面3」(3):共産党の「見解報道」が違法性阻却事由とはならない理由
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 15/8/29(土) 5:51 -
  
【2:被告「見解報道」が名誉毀損の違法性阻却事由とはならない理由】

<1>「事の本質」と「個々の事実」および「論評・意見」との関係などの考察

1:例えば
  1)Bさんが道を歩いている時にCという男にカバンをひったくられた。 
  2)CがBさんのカバンを持って走って逃げていくので、Bさんは「ドロボーめ!
    待て!」と怒号を上げながらCを追いかけ、タックルしてCを倒して捕まえ、
    カバンを取り戻した。

 3)CがBさんにタックルされて倒される際に、Cが手に少しすりむき傷を負った。
 4)Cを問いつめてみると、実はCは少年スポーツの指導者である事が判明したので、
   BさんはCに対して
   「お前のような人間は少年スポーツの指導者をするべきでないから指導者を辞任し
    ろ。
    さもないとこちらからスポーツ団体に通報して辞職に追い込むぞ。警察にも通報
   するぞ」、と迫った。

 5)Cは「一身上の都合」と称して、少年スポーツの指導者を辞任した。

 という事例があったとする。

 この場合、「個々の事実」としては
  ア)Cが道路を通行している時に(実際には引ったくり逃走だが)Bさんが突如怒号
    を上げてCを追いかけ、タックルして道に倒した。

  イ)CはBさんによってケガをさせられた。

 という事が確かに存在するが、だからと言って、Cが
   「道を歩いていたらBに突然タックルされてケガをさせられた!」、
   「それは紛れもない事実だ!」
 と言いなしてBさんを非難するビラを配布したり、ネット宣伝をしたりする事が許され
 るだろうか?

  もちろんそんな非難宣伝は許されない。まさに「盗人猛々しい」居直り宣伝だ。
 「事の本質」は「CがBさんに対して引ったくり犯罪が起こしてBさんに捕まえられ
 た」という事である。
 
  さらに「実はCは少年スポーツの指導者でありながらそんな犯罪をした事が発覚した
 ので少年スポーツの指導者を辞任する事になった」、という事もまた重大な「本質」で
 ある。

  だから、「悪い事をしたC」が「正しい事をしたBさん」に対して非難宣伝をするな
 どは到底許されることではない。

  しかも自分が少年スポーツの指導者をしており、今回の犯罪発覚でBさんに迫られて
 それを辞任するに至った、という「もうひとつの重大な本質」にも触れずに、
  単に「道を歩いていたらBに突然タックルされてケガをさせられた!」
 という「個々の事実」(=個々の事象)のみをあげつらってBさんに非難宣伝をかける
 などは、2重3重に悪事を重ねる事に他ならない。

  そしてそういう非難宣伝は、いかに「個々の事実」(=個々の事象)を並べていよう
 とも、「事実を歪曲・隠蔽したデマ宣伝による名誉毀損行為」として弾劾されるべき事
 である。  

  またCが、そうした「『個々の事実』に基づく『論評・意見』だ」として、
   「Bは道路で突然怒号を上げるような人間だ」とか
   「Bは道路上で人にケガを負わせるような人間だから、Bが何を言っても相手にす
    べきではない。私もBが何を言ってきても相手にしない」
 などと宣伝する事は許される事だろうか?

  これも当然許される事ではない。
  Cが「事実」と称するものが、「事の本質を歪曲隠蔽するために個々の事象を恣意的
 に選したもの」に過ぎず、実態としては「事実を歪曲・隠蔽したデマ宣伝」に過ぎない
 からである。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2:被告らの「見解報道」の中の 
   「一昨年の公開質問状では、回答したことさえ公表せず」
 という見出しを付けての、
   「戸田議員のこのような「公開質問状」は、今回が初めてではありません。
    2012年9月7日に出した、消防議会の亀井あつし副議長(当時)に関する
    党議員団に対する「公開質問書」については、期限の9月14日に回答したにも
    かかわらず、そのことを全く公表せず、福田議員の指摘でやっと公表し、公表が
    遅れたことをあれこれの理由をつけ謝罪しましたが、
    「回答内容には不満も批判もある」としながら、その後全く反論などはありませ
    んでした。」

 との文章は、まさに先に挙げた引ったくり犯罪事例と本質を同じく善悪を逆転させ、
 事実に反して原告の社会的評価を低下させ、違法に名誉を毀損するものに他ならない。
 
  従って、被告の言う「仮にこれが、原告の社会的名誉を低下することがあっても、
 それは真実であり、違法性が阻却される。」という主張は失当である。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


<2>「原告が誤った事実認識を持って被告らに『成果捏造疑惑』非難をした」というの
   は「事実」ではない

1:被告「見解報道」{甲第5号証}の{記事}の、
    戸田ひさよし議員が、「少なくともここ数年、共産党が自治会問題を議会で取り
    上げた事は一度もない」との誤った認識で、「『門真民報のデマ記事疑惑』につ
    いての5/21公開質問状〜自治会問題での『共産党の議会活動の成果』捏造疑
    惑」とした公開質問状を党議員団宛に出しました。
 という部分は、

 原告が「被告らの議会質問は自治会HB発行と無関係なのに、議会質問のが自治会HB
 発行につながったかのように『成果捏造宣伝』をしたという疑いを濃厚に持っていた」
 ことと、
  その上で「被告らは自治会HB発行の契機になる質問をしているのか否か」という
  質問を発した
 という、重大かつ本質的な事実を隠蔽したものであり、「事実の表示」とは到底言えな
 い。

  それはちょうど先に挙げた「引ったくり事件」の例で言えば、
   「CがBさんのカバンを引ったくって逃走したから、BさんがCを追いかけた」
 という本質的な事実に触れずに、
 
 単に「Cが道を通行していたらBさんが突然追いかけてきた」と表示して、
 「これが事実だ」と宣伝してBさんを非難するに等しい行為である。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2:被告らは原告への「5/28回答」{甲第4号証}において、原告からの
    「共産党議員が自治会ハンドブック発行を推進した」と言うのであれば、どうい
    う証拠があるのか?
     質問文章や要請文書またはビラ類、HP文書などの証拠文書を具体的に示され
    たい。
 という質問に対して何ら具体的な関連証拠を示さず、単に亀井被告の質問と答弁内容を
 紹介した後に、
   このような働きかけの中で、自治会ハンドブックにつながったものと評価していま
   す。
 と抽象的に答えるのみだった。
  しかしこの「抽象的な回答」によって、
   「やはり被告らは自らの議会質問が自治会HB発行につながったかのような『成果
    捏造宣伝』を維持する姿勢である」
 事が明白となった。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

3:「ちゃんとした事実を書く」のであれば、この{記事}部分は、
    戸田ひさよし議員が、「自治会HB発行は共産党の議会活動と何ら関係の無い事
    なのに、共産党はあたかもは共産党の議会活動が自治会HB発行につながったか
    のような『成果捏造宣伝』を4/27門真民報で行なった」という疑惑を持って、
    「『門真民報のデマ記事疑惑』についての5/21公開質問状〜自治会問題での
     『共産党の議会活動の成果』捏造疑惑」とした公開質問状を党議員団宛に出し
    ました。
 と書かれなければならない。

  この原告が抱いていた「成果捏造疑惑」、公開質問状を出す理由になった「成果捏造
 疑惑」の存在という最も重要で本質的な事を書かずに、それを隠蔽して
     戸田ひさよし議員が、「少なくともここ数年、共産党が自治会問題を議会で取
     り上げた事は一度もない」との誤った認識で、
     「『門真民報のデマ記事疑惑』についての5/21公開質問状〜自治会問題で
      の『共産党の議会活動の成果』捏造疑惑」とした公開質問状を党議員団宛に
      出しました。
 と書いた被告の「見解報道」は、「事実を隠蔽歪曲したデマ宣伝」に他ならず、
 被告が摘示した「事実」は「真実」ではないし、「真実相当性」も有せず、従って名誉
 毀損の違法性阻却事由とはならない。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

4:「真実」は、
 1)原告は「自治会HB発行は被告らの議会活動と何ら関係の無い事なのに、被告らは
   あたかもは自分らの議会活動が自治会HB発行につながったかのような『成果捏造
   宣伝』を4/27門真民報で行なった」という疑惑を持って、被告らに「5/21公開質
   問状」を出した。

 2)それに対する被告らの「5/28回答」は、何ら具体的な関連証拠を示さず、単に亀井
   被告の質問と答弁内容を紹介した後に、
    「このような働きかけの中で、自治会ハンドブックにつながったものと評価して
     います。」
   と抽象的に答えるのみだったが、
    この「抽象的な回答」によって、「やはり被告らは自らの議会質問が自治会HB
   発行につながったかのような『成果捏造宣伝』を維持する姿勢である」事が明白と
   なった。

 3)原告は、「あとは市当局に詳しく問い合わせて、『自治会HB発行は被告らの質問
   を関連があるという事実や認識があるか否か』を綿密に調査して事実確定していく
   事 が必要だ」と考えて、その意向を表明した。
 
 というものである。

 しかし被告らが「報道した事」は、
 
 1)原告は、「少なくともここ数年、被告らが自治会問題を議会で取り上げた事は一度
   もない」との誤った認識を持って、被告らに「5/21公開質問状を出した。

 2)被それに対する被告らの「5/28回答」は、「亀井被告が自治会に関わる議会質問を
   しており、原告が事実関係を十分確認することなく、(誤った認識を持って)被告
   らに「捏造疑惑」とレッテルを貼った」事が明らかになった。

 3)原告は被告回答によって誤りを指摘されると、「『話のすり替え』感が強くて腑に
   落ちないのだが、とりあえずそのまま紹介し、原告の意見や分析は後で行なう事に
   する」とコメントしただけで、あとはずっと「ダンマリ」の状況だ。

 というものであり、「真実に全く反する記述」=「事実とは異なるデマ宣伝」だと言う
 ほか無い。
  従って名誉毀損の違法性阻却事由とはならない事は明白である。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

5:被告「見解報道」の
  <戸田ひさよし議員のあきれた「公開質問状」>
  <成果「捏造疑惑」と議員団にレッテル、回答で誤りを指摘されるとダンマリ!>
 という見出しも、

  <事実関係を十分確認することなく、「捏造疑惑」と議員団にレッテルを貼り、事実
   を示し誤りを指摘されるとダンマリを決め込むあきれた「公開質問状」と言わざる
   を得ません。>
  <このような経過についてお知らせするとともに、戸田議員からの公開質問に対して
  は、今後どのような内容であっても回答することは無いことを付言しておきます。>

 という記事文章も、
 いずれにこういった「真実に全く反する記述」=「事実とは異なるデマ宣」を土台とし
 て組み立てられたものであるから、「公正な意見や論評」ではあり得ず、
 「公正な論評の法理」によって名誉毀損の違法性阻却事由となるものではない。

  これはちょうど、先に「CがBさんのカバンを引ったくりして逃走したがBさんの追
 いかけられタックルされて捕まった。Cがタックルされて倒される際に手に少しすりむ
 き傷を負った」事例で、 

  「Bは道路で突然怒号を上げるような人間だ」とか
  「Bは道路上で人にケガを負わせるような人間だから、Bが何を言っても相手にすべ
   きではない。私もBが何を言ってきても相手にしない」

 などと宣伝する事が、「個々の事実」に基づく「論評・意見」だとして許されるもので
 ない以上に許されない事である。
 (なぜなら被告「見解報道」の場合は「個々の事実」の記載すらデマ宣伝でしかないか
  ら。)

  また、被告「見解報道」は「表現の自由が最大限保証されるべき議会活動においての
 意見や論評、論争」ではなく、「議会外で被告らによる意見や論評」だから、この点で
 も名誉毀損の違法性阻却事由となるものではない
                                    以上
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

事件番号 平成27年(ワ)第1680号 損害賠償等請求事件 

   証拠説明書 (甲第34号証〜甲第35号証まで)

       2015(平成27)年8月28日提出
                       原告 戸田久和(とだ ひさよし)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

{甲第34号証}:共産党議員団の構成と代表者を示す門真市議会議員名簿:(1)〜(11)
           (最近の11年間の分)
          (1):2005(平成17)年度の議員名簿(代表者:中西みよ子)
          (2):2006(平成18)年度の議員名簿(代表者:中西みよ子)
          (3):2007(平成19)年度の議員名簿(代表者:福田英彦)
          (4):2008(平成20)年度の議員名簿(代表者:福田英彦)
          (5):2009(平成21)年度の議員名簿(代表者:福田英彦)
          (6):2010(平成22)年度の議員名簿(代表者:福田英彦)
          (7):2011(平成23)年度の議員名簿(代表者:福田英彦)
          (8):2012(平成24)年度の議員名簿(代表者:福田英彦)
          (9):2013(平成25)年度の議員名簿(代表者:福田英彦)
          (10):2014(平成26)年度の議員名簿(代表者:福田英彦)
          (11):2015(平成27)年度の議員名簿(代表者:福田英彦)
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
{甲第35号証}:2013(平成25)年2月26日本会議冒頭での鳥谷議長からの報告と
         クギ刺しの言葉についての戸田の掲示板報告記事
        ◎アハハ、鳥谷議長が亀井の消防議会副議長辞任を報告しクギ差し!
         亀井作文は却下して  戸田 - 13/3/5
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――                                     以上。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.5; YTB730...@i222-150-201-193.s04.a027.ap.plala.or.jp>

294 / 1582 ツリー ←次へ | 前へ→
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
ページ:  ┃  記事番号:   
1,314,786
(SS)C-BOARD v3.8(とほほ改ver2.1) is Free