ちょいマジ掲示板

この掲示板は、門真市及び守口市ネタを中心に各地の議会や自治体ネタなどを、「比較的穏やかに」意見・情報の交換をする所です。詳しくは「掲示板のルール1」「掲示板のルール2」を読んでそれに従って下さい。 この掲示板では戸田の命令が絶対であることをくれぐれもお忘れなく。
内容的に関連がある投稿の場合は(先の投稿への)「返信」の形を取って投稿して下さい。
●ただ、「Re:○○」形式の元タイトルの繰り返しタイトルは厳禁です。必ず「内容が伺える独自のタイトル」をつけて下さい。
◆約10年間完全自由投稿制を維持してきましたが、荒らし・妨害投稿頻発のため、やむなく投稿者登録制に移行しました。投稿される方はこちらにアクセスし、所定の手続きを行なってください。 ◆投稿者のメールアドレスは戸田が把握しますが、掲示板では非表示にできます。 ◆投稿者名・メールアドレス・パスワードは登録時のものを使わないと投稿できません。 登録・投稿についての分かりやすい説明はこちらです。うまくいかない場合の問い合わせは戸田事務所まで問い合わせてください。 (09年4/8改訂記)   これまでの管理者命一覧(必読)

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
324 / 1587 ツリー ←次へ | 前へ→

今朝出発、V-MAX山形秋田3泊4日ツアー!「反ヘイト山形県の謎」を探り母親見舞い 戸田 15/5/26(火) 2:39
◎山形県教育庁・県庁(文化財生涯学習課等)と生涯学習文化財団への協力要請文がこれ 戸田 15/5/26(火) 2:54
◆反原発「若狭の家」に初訪問カンパもする。福井県おおい町、JR小浜線本郷駅そば 戸田 15/5/26(火) 3:17
☆装備も充実、夜間大雨走行でもバッチリだ!鳥海山ブルーラインも2度走行で満喫 戸田 15/5/26(火) 3:33
◇関係HPなど紹介。女性知事2期めだが県議は44人中女性は2人だけ。 戸田 15/5/26(火) 5:06
◆5/30(土)朝5:10帰宅。今回も帰路は疲労困憊で休憩多く取り20時間かかった 戸田 15/5/30(土) 6:57
◎5/26:7:30出発ー若狭の家10:42着ー山形市20:10着。走行797km、12時間40分 戸田 15/6/9(火) 11:48

今朝出発、V-MAX山形秋田3泊4日ツアー!「反ヘイト山形県の謎」を探り母親見舞い
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 15/5/26(火) 2:39 -
  
 今5/26(火)の午前2時だが、午前6時出発予定で、V-MAXで山形秋田3泊4日ツアー
に出発する。帰阪は5/29(金)深夜になる。

 今回は2012年以来「毎年恒例のV-MAXでの母親見舞い」(=母親見舞いにかこつけた
V-MAXツアー?)の前段に「山形県の反ヘイトの謎」を探る視察調査を組み込んだ。

 ずっと気になって仕方なかったのだ。
 「2013年に山形県立生涯学習センターが、在特会山形支部の使用申請に不許可決定を出した」という、「反ヘイト先進施策」を日本で最初に敢行した「快挙」の件。

 反ザイトク反ヘイトで行政を突き上げる議員がいるわけじゃなく、反ヘイトの運動が活発にありそうにも思えず、「かねてから人権先進地として名高い行政」であったわけでもない山形県で、なぜ?・・・・という事が気になって仕方なかった。

 推測するに、生涯学習センター管理のトップクラスか県の所管部署のえらいさんに人権感覚に優れた実力者がいて的確に動いたからではないか?(そういう決断には消極的なはずの県の他の幹部や顧問弁護士を説得して)

 それならそれで、「たとえ議員や住民で反ヘイトで活発な動きが無くても、行政単独で反ヘイト施策が実行できた事例」として全国自治体の参照になる事例である。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 この件については2014年に「ザイトク川東に対するルミエールホール使用許可事件」
  (「ちょいマジ掲示板」2014年記事)
      ↓↓↓
汚辱!門真市がザイトク川東のおぞましい5/11差別集会に許可!許可取り消しにせよ!
    戸田 - 14/4/28
  http://www.hige-toda.com/x/c-board/c-board.cgi?cmd=one;no=8435;id=#8435
   から、
☆よしっ!5/2にルミエールが許可取り消し!教委の見解も見事!門真市の腰が据わった
    戸田 - 14/5/3
  http://www.hige-toda.com/x/c-board/c-board.cgi?cmd=one;no=8453;id=#8453
   ・・・など参照。

 ザイトク問題特集 http://www.hige-toda.com/zaitoku/zaitokukai_4.htm も参照
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 この事件の時は、「在特会の使用を拒否した立派な山形県、使用を許可してしまった(立派でない)門真市」という対比で、国会質問(参院の有田芳生議員)にまで取り上げられて、随分悔しい思いをしたものだ。

 そういういきさつもあっての今回の視察調査である。
 山形県のどこにどういう視察にいくのかは、次の投稿で紹介する。
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.5; YTB730...@i60-35-95-104.s04.a027.ap.plala.or.jp>

◎山形県教育庁・県庁(文化財生涯学習課等)と生涯学習文化財団への協力要請文がこれ
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 15/5/26(火) 2:54 -
  
 この「山形県の謎」については、昨年門真市から山形県に電話で聞き取り調査をしてもらっていたが、簡単な外形的事実しか分からなかった。
 戸田がやる「調査」はこんな内容だ、という事を以下に紹介する。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

<視察取材についての協力要請(ヘイト勢力への対応に関して)>
                 
山形県 教育庁 文化財・生涯学習課 課長 様
    県庁  人権政策担当部署の長   様
        職員研修担当部署の長   様 
                    2015年5月23日(土) 〜速達郵便で発送

                  大阪府門真(かどま)市議  戸田ひさよし
                   571-0048 門真市新橋町12ー18ー207
                   電話:06-6907-7727 FAX:06-6907-7730
                   携帯:・・・・・・・・・・
                  メール:toda-jimu1@hige-toda.com

 突然の要請申し入れ、まことに恐縮です。
 当職は秋田県潟上市出身で大阪府門真(かどま)市の市議であり、在特会などのヘイトスピーチ勢力と身を挺して闘い、自市行政に対して議会質問等を通じて「反ヘイトスピーチ勢力の先進施策」を採らせて来ている議員です。

 山形県の県立生涯学習部センターが2013年に、「在特会山形支部」からの施設使用申請を不許可にした事は、高い見識に立った優れた判断であり、全国の心ある人々やヘイトスピーチ暴力暴言に苦しめられている人々に勇気を与え、行政・公共施設のあり方の手本を示すものであり、国会質問においても高い評価を伴って取り上げられたところであります。
 貴県の判断は、2014年に門真市(市教委・指定管理者)が在特会メンバーの施設使用の許可を取り消すにあたっても参考にさせていただき、大いに助かりました。
 
 爾来、当職は貴県行政のヘイト勢力への規制対応に強い関心を持ち、秋田の母親を見舞いに行く毎年のバイクツアーの折りに貴県を訪れて、つぶさにお話を聞かせていただく事を願ってまりました。

 そして今般、4月市議選で5期目当選も果たして、やっと時間的余裕が取れるようになりましたので、念願の視察取材を実施するべく、みなさまに協力要請をさせていただく次第です。
 まことに恐縮でありますが、どうかご協力を切にお願いしいたします。

1:視察取材日程:5月27日(水) (5/26(火)早朝、大阪出発〜夜山形市着・宿泊)
         午前中〜県立生涯学習センターを訪問し取材。
             (5/23(土)に電話し、資料も発送)
         午後〜県教育庁と県庁を訪問し取材。県議会も表敬訪問
          ※現段階では「文化財・生涯学習課」と1時〜1時半に取材の約束。

2:取材内容(2013年当時の担当者から話していただく事を希望します)

 1)「県立生涯学習センターの指定管理者」(財団法人山形県生涯学習文化財団)が
   「不許可通知」を出すにあたっての詳しいいきさつ。
   ・指定管理者や教育庁職員の「ヘイト問題」への当時の認識
   ・山形県内での「在特会」らの動きや宣伝物、
   ・「6/30講演会」についての告知記事やビラ
   ・不許可判断の具体的契機、・情報収集の具体、
   ・指定管理者と教育庁との協議の実態、
   ・教育委員会会議との協議実態、
   ・知事部局や顧問弁護士との協議実態、
   ・知事や副知事の認識、
   ・当時の県内マスコミの報道、県内外からのマスコミの取材、
   ・県会議員からの反応、・議員や議会への報告や説明                                              など
 2)「6/12不許可通知」を出してから起こった事について
   ・「在特会山形支部」の反応(直後〜2013年・2014年・2015年)
   ・賛否それぞれの意見が寄せられた実態
   ・県内報道のされ方、・県外での報道、・県民のおおよその反応
   ・「在特会山形支部」以外の在特会や各種ヘイト勢力や右翼からの反応
   ・県会議員達の反応、・県議会での取り上げられ方、
   ・県内他自治体からの問い合わせや視察、
   ・県外他自治体からの問い合わせや視察、
   ・国会議員からの問い合わせや視察
   ・その後「類似の申請」が起こっているか?
                                   など
 3)山形県の人権政策において、「ヘイトスピーチ問題」はどのように認識され、取り
   上げられているか?
   ・それを所管する部署、・ヘイトスピーチ問題を特に詳しく扱う担当の職員体制、
   ・「ヘイトスピーチと人権」についての記述がある文書、啓発物、等
   ・「ヘイトスピーチ問題」についての情報収集や職員間での情報共有の実態
   ・県民や児童生徒への啓発
                                   など
 4)「人権問題としてのヘイトスピーチ問題」について、職員(施設管理の民間団体
   職員も含む)への研修はどのようにしているか?
   ・職員研修を所管する部署、
   ・職員研修の実態、・今後の計画、
                                   など
3:当方からの事前発送資料

 1)門真市の2014年度の職員研修で使われた資料
     (7/25前田先生、8/4市民生活部人権担当参事)
 2)門真市の反ザイトク(反ヘイト)施策の進展についての当職発行物                                   
4:取材設定の具体について

  現段階では、昨5/22(金)に「文化財・生涯学習課」にのみ電話して、1時〜1時半に
 取材の約束をいただいただけですが、当職としては、宛先の3部署合計で取材に2〜3
 時間程度は要するものと見込むに至っております。

  それぞれに業務多忙の事と思いますので、取材にあたっては、3部署が一同に会して
 長時間拘束されるよりも、「当職が宛先3部署それぞれを回って行ってお聞きする」形
 式が適切かと考えますが、いかがでしょうか?

  いずれにしろ、山形の県庁・教育庁の全くの部外者たる当職からの全く突然の要請で
 あり、失礼の段は平にお許し下さい。

  この手紙と資料は5/26(月)午前に受け取っていただけるのではないかと推察します
 が、受け取られた後、当職の携帯 ・・・・・・・に電話をいただいて、具体的な打ち
 合わせをしていただければ幸いです。
 どうかよろしくお願いいたします。

                大阪府門真(かどま)市議 戸田ひさよし 拝
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

     <視察取材についての協力要請>
                 
山形県立生涯学習部センター指定管理者 財団法人山形県生涯学習文化財団 様
                   2015年5月23日(土) 〜速達郵便で発送

                  大阪府門真(かどま)市議  戸田ひさよし
                   571-0048 門真市新橋町12ー18ー207
                   電話:06-6907-7727 FAX:06-6907-7730
                   メール:toda-jimu1@hige-toda.com

 突然の要請申し入れ、まことに恐縮です。
 当職は秋田県潟上市出身で大阪府門真(かどま)市の市議であり、在特会などのヘイトスピーチ勢力と身を挺して闘い、自市行政に対して議会質問等を通じて「反ヘイトスピーチ勢力の先進施策」を採らせて来ている議員です。

 貴生涯学習部センターが2013年に、「在特会山形支部」からの施設使用申請を不許可にした事は、高い見識に立った優れた判断であり、全国の心ある人々やヘイトスピーチ暴力暴言に苦しめられている人々に勇気を与え、行政・公共施設のあり方の手本を示すものであり、国会質問においても高い評価を伴って取り上げられたところであります。

 貴センターの判断は、2014年に門真市(市教委・指定管理者)が在特会メンバーの施設使用の許可を取り消すにあたっても参考にさせていただき、大いに助かりました。
 
 爾来、当職は貴センターおよび山形県行政のヘイト勢力への規制対応に強い関心を持ち、秋田の母親を見舞いに行く毎年のバイクツアーの折りに貴県を訪れて、つぶさにお話を聞かせていただく事を願ってまりました。

 そして今般、4月市議選で5期目当選も果たして、やっと時間的余裕が取れるようになりましたので、念願の視察取材を実施するべく、みなさまに協力要請をさせていただく次第です。
 まことに恐縮でありますが、どうかご協力を切にお願いしいたします。

1:視察取材日程:5月27日(水) 朝10時〜11時半(を希望)
                 (5/26(火)早朝、大阪出発〜夜山形市着・宿泊)
        午後は県教育庁と県庁を訪問し取材。県議会も表敬訪問する予定です。

2:取材内容(2013年当時の担当者から話していただく事を希望します)

 1)「県立生涯学習センターの指定管理者」(財団法人山形県生涯学習文化財団)が
  「不許可通知」を出すにあたっての詳しいいきさつ。
   ・指定管理者職員の「ヘイト問題」への当時の認識
   ・山形県内での「在特会」らの動きや宣伝物、
   ・「6/30講演会」についての告知記事やビラ
   ・不許可判断の具体的契機、・情報収集の具体、
   ・指定管理者と教育庁との協議の実態、・教育委員会会議との協議実態、
   ・当時の県内マスコミの報道、県内外からのマスコミの取材、                                           など
 2)「財団法人山形県生涯学習文化財団」について
  ・発足のいきさつ、・財団としてのポリシー、・財団の組織構成や職員構成など
  ・財団と県庁、県教育庁との関係、
  ・生涯学習センターの指定管理者となったいきさつとこれまでの実績
  ・施設管理部門の職員への人権研修                         など
                                        
 3)「6/12不許可通知」を出してから起こった事について
   ・「在特会山形支部」の反応(直後〜2013年・2014年・2015年)
   ・賛否それぞれの意見が寄せられた実態
   ・県内報道のされ方、・県外での報道、・県民のおおよその反応
   ・「在特会山形支部」以外の在特会や各種ヘイト勢力や右翼からの反応
   ・県内他自治体からの問い合わせや視察、
   ・県外他自治体からの問い合わせや視察、
   ・国会議員からの問い合わせや視察
                                   など

3:当方からの事前発送資料

 1)門真市の2014年度の職員研修で使われた資料
    (7/25前田先生、8/4市民生活部人権担当参事)
 2)門真市の反ザイトク(反ヘイト)施策の進展についての当職発行物  
 3)当職が「文化財・生涯学習課」など3部署あてに送った手紙のコピー         〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜   
 この手紙と資料は5/26(月)午前に受け取っていただけるのではないかと推察します。
 全く突然の要請で、まことに申し訳なく思いますが、どうかよろしくお願いいたします。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.5; YTB730...@i60-35-95-104.s04.a027.ap.plala.or.jp>

◆反原発「若狭の家」に初訪問カンパもする。福井県おおい町、JR小浜線本郷駅そば
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 15/5/26(火) 3:17 -
  
 戸田も会員になっているが、まだ行った事がなくて気になっていた福井県の大飯原発の地元に作られた「若狭の家」
  (おおい町本郷152ー2−1 マリンスカイ本郷B−105号、
   JR小浜線本郷駅そばの民間アパートの一室)
   http://saikadososhinet.sakura.ne.jp/ss/archives/7954
に、大阪を出たら立ち寄って、若干のカンパをしていく予定。

 若狭原発の再稼働阻止運動の事はずっと気になっていて、現地行動に行けていなくて申しわけなく思っているが、せめて「若狭の家」訪問カンパくらいはしておきたい。

 従って、往路は門真市→「若狭の家」→山形市、になる。
 12時間で行けるか、もう少しかかるか。

 天気は良さそうだ。
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.5; YTB730...@i60-35-95-104.s04.a027.ap.plala.or.jp>

☆装備も充実、夜間大雨走行でもバッチリだ!鳥海山ブルーラインも2度走行で満喫
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 15/5/26(火) 3:33 -
  
 昨年死ぬほど恐い目に遭った「夜の鳥海山、濃霧で真っ暗事件」
    http://www.hige-toda.com/x/c-board/c-board.cgi?cmd=one;no=8673;id=#8673
や、先が見えずに苦労した「夜間大雨の高速道路走行」への対策として、

・ヘッドライトを抜群に明るいLEDに変更
・ヘッドライトにかぶせる「簡易フォグランプ」
  制作動画→https://www.youtube.com/watch?v=kSsEikLzeKU
・豪雨での高速走行でもブーツカバーに雨が浸みてこないようにカバー補強

などを行なって、「万全の対策」を施している。

 その成果を実証してみたいが、大雨に遭わなければそれもラッキー。
 (戸田の今までのV-MAXツアーでは平均して「走路の7割が雨」だったが)

 また今回は、往路も復路も、余裕を持って鳥海山ブルーライン走行を楽しめる。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 これからメールの作成発信もして、もうすぐ出発だ!
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.5; YTB730...@i60-35-95-104.s04.a027.ap.plala.or.jp>

◇関係HPなど紹介。女性知事2期めだが県議は44人中女性は2人だけ。
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 15/5/26(火) 5:06 -
  
◎山形県庁HP http://www.pref.yamagata.jp/
  (戸田の感想としては、あまりいい出来ではない)

 県知事は吉村美栄子という女性で2009年当選以来、現在2期目半ばです。
 行政書士開業して「県総合政策審議会委員」や「県教育委員会委員」など歴任
  http://www.pref.yamagata.jp/governor/profile/

◎生涯学習部センターの指定管理者は「財団法人山形県生涯学習文化財団」
   http://www.gakushubunka.jp/yugakukan/
 で、大規模な財団という感じがする。

▲なお山形県議会 http://www.pref.yamagata.jp/assembly/
 は、定数44で、女性はたった2人だけ(自民党と共産党各1名)。
   http://yamagata-np.jp/election/2015_member_pref/

 会派構成は、
  自由民主党30人、県政クラブ9人、共産党2人、 公明党1人、無所属2人。
http://www.pref.yamagata.jp/ou/gikai/600006/introduction/giinshoukai_kaiha_H27.html

 県議会HPhttp://www.pref.yamagata.jp/assembly/ では、
   ・議員の顔写真が無い!
だけでなく、
   ・議員の連絡先すら書かれていない!

 しかし、立派な「議会基本条例」は昨年12月議会で成立している
 http://www.pref.yamagata.jp/ou/gikai/600006/gikaikihonjorei/kihonjoureiseitei.html
という、
 ちょっと不思議な状態だ。
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.5; YTB730...@i60-35-95-104.s04.a027.ap.plala.or.jp>

◆5/30(土)朝5:10帰宅。今回も帰路は疲労困憊で休憩多く取り20時間かかった
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 15/5/30(土) 6:57 -
  
 無事帰ってきました。
 5/29(金)朝9:20に母親のいる施設を出発してからほぼ20時間もかかった。
 (往路の山形市行きの距離は若干短いだけだが13時間で済んだのに)
 
 鳥海山ブルーラインを楽しみ、新潟県の新発田までは一般道を使った事もあるが、最大の要因は「疲労の蓄積」。
 V-MAXで走っていてすぐに「眠気」・「疲れ」・「手足のだるさ」が出てきて大変だった。
 「59歳」に入って疲労が取れにくくなった事もあるのだろう。

 「バイク歴41年で事故無し」の「ベテランの対処法」でそれらをなだめすかして持ちこたえ、休憩を多く取り、若干の仮眠も行なって無事に帰ってきた。
 
 総走行距離は2053kmだった。

 とにかく疲れたので、まずは寝ることにする。
 それでは。
(詳しい内容は近日中に報告します)
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.5; YTB730...@i60-35-93-156.s04.a027.ap.plala.or.jp>

◎5/26:7:30出発ー若狭の家10:42着ー山形市20:10着。走行797km、12時間40分
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 15/6/9(火) 11:48 -
  
 非常に遅れたが、順次報告を書いていく。
 まず初日5/26(火)
 朝7:30出発。距離メーター:35505M(マイル)

  ナビ表示が時たま変な順路を示す時があるが、この時もそうで、なぜか京都市南部からの一般道を長く走らされる。

 若狭湾沿いの「風光明媚な所」を走る。
 観光客にとっては「風光明媚」でも、地元に収入源が少ないから「原発による経済発展」を受け入れさせられてしまった悲しさを感じながら走る。
 「国道から原発とその先の集落につながるただ1本の橋」なんかの所も通る。
 
 JR小浜線本郷駅そばの民間アパートの一室にある「若狭の家」
 (福井県おおい町本郷152ー2−1 マリンスカイ本郷B−105号)
   http://saikadososhinet.sakura.ne.jp/ss/archives/7954
に着いたのが10:42。35598M (走行93M=148km)

 部屋には誰もいなかったので、カンパを入れた戸田事務所封筒にメモを書いてドアポケットに入れた。

 10:50に出発して北陸道に入り、新潟から山形市を目指す。
 山形県内の一般道に入ってからガソリンが大丈夫かかなりヒヤヒヤ。

 山形キャッスルホテルに着いたのが20:10。36003M
 出発から12時間40分、走行距離498M=797kmだった。
 全行程で雨無し。

 部屋の風呂に入って着替えしてから街歩きして、焼き肉屋に入ってたっぷり栄養とアルコールを補充。
 道中の食事は全て事務所で作った焼き肉おかず(タッパー入り)だったから、これがこの日始めての「まともな食事」だった。

 ホテルに帰って荷物の整理をし、ぐっすり睡眠。
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.5; YTB730...@i222-150-200-164.s04.a027.ap.plala.or.jp>

324 / 1587 ツリー ←次へ | 前へ→
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
ページ:  ┃  記事番号:   
1,319,959
(SS)C-BOARD v3.8(とほほ改ver2.1) is Free