ちょいマジ掲示板

この掲示板は、門真市及び守口市ネタを中心に各地の議会や自治体ネタなどを、「比較的穏やかに」意見・情報の交換をする所です。詳しくは「掲示板のルール1」「掲示板のルール2」を読んでそれに従って下さい。 この掲示板では戸田の命令が絶対であることをくれぐれもお忘れなく。
内容的に関連がある投稿の場合は(先の投稿への)「返信」の形を取って投稿して下さい。
●ただ、「Re:○○」形式の元タイトルの繰り返しタイトルは厳禁です。必ず「内容が伺える独自のタイトル」をつけて下さい。
◆約10年間完全自由投稿制を維持してきましたが、荒らし・妨害投稿頻発のため、やむなく投稿者登録制に移行しました。投稿される方はこちらにアクセスし、所定の手続きを行なってください。 ◆投稿者のメールアドレスは戸田が把握しますが、掲示板では非表示にできます。 ◆投稿者名・メールアドレス・パスワードは登録時のものを使わないと投稿できません。 登録・投稿についての分かりやすい説明はこちらです。うまくいかない場合の問い合わせは戸田事務所まで問い合わせてください。 (09年4/8改訂記)   これまでの管理者命一覧(必読)

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
362 / 1582 ツリー ←次へ | 前へ→

戸田議員、誤った書込みは困ります! 門真市議 福田 14/9/28(日) 14:47

●福田詭弁を暴く!(3) アハハ、「議会で取り上げた事が実った」の詭弁的超拡大解釈! 戸田 14/9/30(火) 16:14
△福田詭弁を暴く!(4) 5/28詭弁回答を見てじっくり対応方針にしただけだが、悪いか? 戸田 14/9/30(火) 16:22
▲福田詭弁を暴く!(5) 恥ずべき亀井不祥事を戸田非難に使うイカレ具合に呆れ果てる! 戸田 14/9/30(火) 18:47
☆福田詭弁を暴く!(6) 「質問があれば回答する」と2012年に明言していた共産党が! 戸田 14/10/1(水) 5:40
■福田詭弁を暴く!(7) 回答受けて「次の準備」してる者を「ダンマリ」と歪曲して非難 戸田 14/10/1(水) 7:01
▲亀井がやった「不祥事」の実態がこれだ!〜2013年12月の亀井問責での戸田討論! 戸田 14/10/2(木) 4:52

●福田詭弁を暴く!(3) アハハ、「議会で取り上げた事が実った」の詭弁的超拡大解釈!
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 14/9/30(火) 16:14 -
  
 世の中には「風が吹けば桶屋が儲かる」的な詭弁珍論もあるし、「消防署の方から来ました」的な詐欺詭弁もある。

 ふつう、「議会で取り上げた事が実った」と言えば、誰しも
    「議会で質問や要望して取り上げた事が実現した」
と考えるものだが、
 親維新勢力と協調し、議員政治倫理条例の条文に明々白々反する事でも「条令違反ではない」と強弁するほど特異な感覚をお持ちの門真共市産党議員団にあっては、
 
 「議会で取り上げた事が実った」とは、
   「共産党が議会で質問や要望して取り上げた事ではない事が実現」しても、
それは
   「共産党が議会で取り上げた事が実った!」   
となるようだ。

 具体的に言おう。戸田のQ3:と共産党のA3:を読んで欲しい。
    ↓↓↓
Q3:民報記事は、自治会運営に関する市民相談として
  「地域によって自治会長が毎年変わることになっていたり、2年ごとであったりとバ
   ラバラですが、誰がなっても困らないようにできないか等、相談を受け、議会で取
   り上げていた」
 と記述しているが、
  「地域によって自治会長が毎年交代だったり2年交代だったりする事」が、いったい
 市民にとってどういう不便を与えるのか?自治体ハンドブック発行とどういう関係する
 のか?
  まったく理解できないので、これを説明していただきたい。
  また、「こういう相談を受けて議会で取り上げていた」とは、いつ、どのように行な
 ったものなのか?

A3:党議員団は、2011年3月11日に発生した東日本大震災の教訓から、これまで
 以上に自治会活動の重要性を痛感し、自治会活動を充実・応援する立場から提案をして
 きました。
  わが党の開催した市政報告懇談会にて、参加者から「新しく選出された自治会長をサ
 ポートするものが欲しい」と要望されました。

  2011年10月初旬、地域活動課に対し、新しく選出された自治会長に自治会員か
 ら福祉、環境、防犯、防災などの相談を受けた場合、市役所のどこに連絡をすればいい
 のか、制度はどのようなものがあるのか適切に対応してもらえるようにして欲しいと要
 望し先に回答したように3月議会でも取り上げました。

  その中で、地域活動課は、2012年2月に庁内各課に照会をかけ、対応してもらう
 ように要望し、こうした中で、地域活動課が2012年5月から6月の自治連合に、
 「自治会活動関連の庁内連絡先一覧表」を配布することになりました。

  しかし、その内容については、自治会活動事例や市役所への問い合わせ事例別の連絡
 窓口を詳しく紹介することなどが十分に反映されたものではありませんでした。その点
 について一層の充実を求めました。
 
  以上のように、わが党は、立場の違いを超えて、自治会の自主的な活動を支援してい
 く方策について求めてきました。
  このような働きかけの中で、自治会ハンドブックにつながったものと評価していま
 す。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 共産党の回答を分かり易く整理すると、こういう主張だ。

【事実経過】
1)議会外活動1
  2011年10月初旬、地域活動課に対し、「新任自治会長をサポートするものとし
  て、福祉、環境、防犯、防災などの相談を受けた場合の連絡部署や制度について、分
  かり易くして欲しい」旨の要望をした。

2)議会活動1
  2012年3月民生委で亀井質問が、「地域によっては、自治会長が毎年変わることにな
  っていたり、2年ごとであったりとバラバラだが、誰がなっても困らないようにでき
  ないのか等」を質問し要望もした。

3)議会外活動2
   共産党の10月要望や3月議会質問を受けて、地域活動課が2012年5月から6
  月の自治連合に、「自治会活動関連の庁内連絡先一覧表」を配布することになった
  が、その内容が共産党が求めたものと比べて不十分だったので、一層の充実を求め
  た。
   (▲ただし、共産党の回答では、どこをどのように充実させたかは書いていない)

4)結論:共産党のこのような働きかけが、自治会ハンドブックにつながったものと、
      共産党は自己評価する。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 この共産党の「回答」のおかしさについて、整理すると以下のようになる。

1:■バカも休み休み言え!事実としてハッキリしているのは、

  ▲共産党の「議会活動1」では、「自治会ハンドブック」は求めていないし、答弁さ
    れてもいない!
  ▲「議会外活動2」でも、「自治会ハンドブック」は求めていないし、回答されても
    いない!
 ということだ。

2:◆今の内容での「自治会ハンドブック」が構想されたのが、2012年6月議会での戸田
 質問によってであり、その後何回かの戸田の議会質問や議会外協議によって作成が促進
 されて、2014年4月発行にいたったものであり、共産党の2012年の活動ともそれ以降の
 活動とも全く関係ない!

3:▲共産党は5/28回答において、あれこれ書き連ねて、なにか自分らが「自治会ハン
 ドブック」作成に貢献したかのようなイメージを振りまいて誤魔化そうとしたが、実際
 には、共産党は
   「議会活動」では全く完璧に、「自治会ハンドブック」作成と無関係だったし、
   「議会活動で出された答弁の実行が不十分だったと考えて行なった」、つまり
   「議会活動の延長と考えてあげてもよい議会外活動」においてさえ、
 「自治会ハンドブック」作成と無関係だった、という事実が、共産党の回答からも明ら
 かになった、というだけの事ではないか!

4:■共産党の最大の弱点は、「門真市の自治会ハンドブックの発行趣旨や特色」、
 について全く答えられない事だ。

  「成果捏造」を書いた「門真民報」4/27号http://kadoma.jcp-web.net/?p=2983
 では、ハンドブックの内容をざっと紹介しただけで、あとは無理矢理共産党の活動と結
 びつけているだけだし、
  戸田の5/21質問Q3で
   「地域によって自治会長が毎交代だったり2年交代だったりする事」が、いったい
   市民にどういう不便を与えるのか? 市行政とどう関係するのか? 
    自治会ハンドブック発行とどう関係するのか?
    全く理解出来ないので、これを説明していただきたい。

  と聞かれても、5/28回答では、それには全く答えていない。
  
   それはそうだろう。
   共産党が市に求めてきたのは「自治会への援助やサービスの拡充」のみであり
  (要するに、自治会関係市民の人気を博するもののみ)、戸田が求めてきたような
    「自治会運営の適正化、民主化、公明正大化を促進するような条件づくり」
    「自治会を地域の主軸的住民組織として健全に育成するための環境設定」

  という事は全く求めず、考えもしてこなかったのだから!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
自治会問題特集
  〜やっぱり捏造だった「共産党の議会活動の成果」!
    門真市の9/2回答が動かぬ証拠!
  http://www.hige-toda.com/_mado08/kakikomi/20120908.htm

(掲示板)
◎自治会問題で共産党が「議会活動の成果」捏造の疑惑!戸田が共産党に5/21質問状!
     戸田 - 14/5/24
  http://www.hige-toda.com/x/c-board/c-board.cgi?cmd=one;no=8478;id=#8478
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.5; YTB730...@i220-221-36-203.s04.a027.ap.plala.or.jp>

△福田詭弁を暴く!(4) 5/28詭弁回答を見てじっくり対応方針にしただけだが、悪いか?
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 14/9/30(火) 16:22 -
  
共産党は、「戸田の公開質問にはどんな内容でも回答しません!7/13宣言」
 (タイトル:戸田ひさよし議員のあきれた「公開質問状」
    成果「捏造疑惑」と議員団にレッテル、回答で誤りを指摘されるとダンマリ!)
  門真民報7/13記事   http://kadoma.jcp-web.net/?p=3180
  福田議員ブログはこれより早く7/10記事
            http://hidehiko1962.blog31.fc2.com/blog-entry-928.html
で、 
 1)共産党が5/28回答を出したのに、自らのHPで公表したのは6月2日で、
   「『話のすり替え』感が強くて腑に落ちないのだが、とりあえずそのまま紹介し、
   戸田の意見や分析は後で行なう事にする」とコメントしただけで、今日(7月7日
   現在)まで「ダンマリ」状況だ。

 2)事実関係を十分確認することなく、「捏造疑惑」と議員団にレッテルを貼り、事実
   を示し誤りを指摘されるとダンマリを決め込むあきれた「公開質問状」と言わざる
   を得ない。

と非難して、それを「もうどんな内容でも回答しません!宣言」の理由の1番目に挙げている。

福田議員9/29「回答」も、

  これに対し「戸田の意見や分析は後で行なう事にする」としながら、1ヶ月余り経過
  した7月7月時点でも新たな書き込みが無かったことから、
  「門真民報のデマ記事疑惑」とのレッテルを貼った公開質問書に対する回答への取り
  扱いの問題点として指摘し、
   ・・・・・・・・・・・・・
  「今後どのような内容であっても回答することは無い」との考えも合わせて7月13日
  付の「門真民報」に掲載した・・
 
と書いている。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 
 これの馬鹿さ加減は以下の通りである。

1:そもそも「質問とそれへの回答」という事で、事案としては集結している。
 ▲「回答」を受けた側が新たに何か表明しなかった事それ自体を、責められるいわれは
  ない。
  
2:▲回答した側が、回答を受けた側の「その後の反応無し」とか、「疑問提示したまま
 詳しい事を言わずに放置」という対応に不満があるならば、
  「オレの回答で満足しないんなら、その理由をちゃんと説明しろ」
 とまずは求めるべきであって、
  そういう事を全くせずに、ずっと鳴りをひそめておいて、50日も経ってからいきな
 り「回答で誤りを指摘されるとダンマリ!」というウソのレッテルを戸田に貼った上
 に、
 「もうどんな内容でも回答しません!宣言」もして、ブログ、HP、ビラで大規模に
 戸田への誹謗中傷宣伝をするとは、言語道断だ!

3:■そもそも戸田は5/21質問書で「誤り」など全くしていない。

  戸田は「自分の記憶では、市の回答では、」と断った上で、
  「少なくとも2008年度以降、本会議でも常任委員会でも共産党が自治会問題を質疑
  質問した事は無い」はずだが、と切り出してから
   「共産党が自治会問題を議会で取り上げていたというのは、いつの議会か?」
  と質問しただけだ。

   「記憶の誤り」や「市回答の誤り」はあったが、「ここ数年、共産党は議会で自治
  会問題を質問していない」と決めつけて質問したのではない。
   
   そして共産党の回答によって、「2012年に共産党が自治会問題で質問した」という
  事実が明らかになって、「戸田の記憶の誤り」や「市回答の誤り」は正されて、この
  件自体は決着した。

4:■しかし、その唯一の「2012年3月議会での共産党の自治会問題質問」は、共産党
 の回答によって、「自治会ハンドブック作成と共産党質問は無関係」という疑惑
 (=成果の捏造疑惑)は、より明確になったなった。
  
  共産党の「成果」である「自治会活動関連の庁内連絡先一覧表の作成」(2012年)
 は、「自治会ハンドブック」の作成契機とは全く関係が無い話でしかない。
  (3月議会質問も、その前後の議会外活動も)
   そして、それ以外では、「要請文書、ビラ類、HPでは取り上げていない」、と
 回答しているのだから、

 ■「いよいよやっぱり成果捏造だったか」とほぼ断定して間違いない、と判断出来た。
  だから、「門真民報のデマ記事疑惑」というHP表現を変える事をしなかったのだ。
  これのどこがおかしいのか?! 
  「盗人猛々しい」とは、門真共産党の7/13宣言のような物言いを言うのだ。

5:一方、5/28回答によって、「ここ数年の共産党の議会での自治会問題の取り上げ」に
 関しては、戸田の記憶や市の回答に誤りがあった事が判明した事と、共産党の「あくま
 で居直る態度」がはっきりしたので、戸田としては、「事実を詳しく調査して固めてか
 ら再度の攻勢に臨む」戦術を採ることにした。

  また、ザイトク施策、右翼対策、等々の6月議会対策で非常に多忙になり、6月議会
 終了後はそのまとめや、他市でのザイトク企画への助言、門真市での「7/26前田先生
 講演集会」の準備等々で多忙だったので、「事実の基本は揺るがない自治会ハンドブッ
 ク問題」については、後回しにすることにした。
  これに文句を付けられるいわれはない。

6:■共産党のホンネは、
  ・戸田は次には事実を詳細に調べて反撃してくるだろうし、他にも共産党の議会対応
   でかねて文句を付けていた事や、右翼と一線を画した対応をしていない事、体育協
   会との癒着の事など、いろんな事で共産党に質問状を出してくるだろう。
 
  ・来年4月市議選を控えて、そんな戸田質問に対応するのはイヤだ!
  ●ええい、この際、理由をデッチ上げてでも、「戸田からの質問は全て回答拒否」に
   してしまえ!

  ・ああ、これで楽になる! もうどんな事をしても言っても、戸田からの質問を気に
   する必要が無くなった! 

 ・・・・、というようなものでないかと、戸田は「推測」する。
  
  本当に「戸田HPで「捏造疑惑」と共産党議員団にレッテル貼りしているのはケシカ
 ラン、削除させ謝罪させたい」、と真剣に考えていたのならば、そして「自治会ハンド
 ブック作成は自分らの活動の成果だ」と自信を持っていたならば、戸田に抗議や削除要
 求を出してきたはずだ。

  それを全くせずに、突然、「もうどんな内容でも回答しません!宣言」をするという
 事は、「事実を基にして議論する」事からの逃避を図った、という事なのだろう。
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.5; YTB730...@i220-221-36-203.s04.a027.ap.plala.or.jp>

▲福田詭弁を暴く!(5) 恥ずべき亀井不祥事を戸田非難に使うイカレ具合に呆れ果てる!
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 14/9/30(火) 18:47 -
  
 「貧すれば鈍す」という言葉があるが、門真共産党に思考パターンがまさにそれだ。

 共産党は、「戸田の公開質問にはどんな内容でも回答しません!7/13宣言」を出すに当たって、「自治会ハンドブック問題」だけでは心細く感じて、「もう少し何か追加しなくちゃ」、と考えたのだろう。

 そこでくっつけたのが、「2012年の公開質問状問題」だった。
  ・福田議員「9/29回答」では、
     これまでの公開質問書に対する回答への取り扱いと合わせて、・・・
  ・「戸田の公開質問にはどんな内容でも回答しません!7/13宣言」では、
 
    一昨年の公開質問状では、回答したことさえ公表せず
     戸田議員のこのような「公開質問状」は、今回が初めてではありません。
     2012年9月7日に出した、消防議会の亀井あつし副議長(当時)に関する
    党議員団に対する「公開質問書」については、期限の 9月 14日に回答したに
    もかかわらず、
     そのことを全く公表せず、福田議員の指摘でやっと公表し、
     公表が遅れたことをあれこれの理由をつけ謝罪しましたが、
     「回答内容には不満や批判もある」としながら、その後全く反論などはありま
     せんでした。
      ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
と書いている。
 しかし、これは門真共産党の「恥の上塗り」、「イカレ具合の更なる露呈」であって、大失敗だった!

◆「2012年の公開質問状問題」とは何か??
 それは、
  ▲消防議会副議長だった共産党市議の亀井が、戸田に7月消防議会音声動画の削除=
   市民の知る権利つぶしを強要した事ではないか!
  ▲しかも「議員みんなが削除求めている」とウソをつき、自公の議員にまで強い怒り
   を買って、12月消防議会で前代未聞の「亀井の副議長辞任」にまで発展した事件
   ではないか!

  ▲さらに、2013年3月議会冒頭(2/26)で亀井作文が却下され、鳥谷議長が亀井の
   消防議会副議長辞任を報告しクギ差しした事件
     http://www.hige-toda.com/x/c-board/c-board.cgi?cmd=one;no=7643#7643
   につながり、
  ●2013年12月議会での亀井問責決議の端緒になっていく事件ではないか!

 (この事件について詳しくは文末にリンクを出した)

■共産党ともあろうものが、消防議会の音声記録を不当に非公開にしようと図り、それを
 ウソまでついて居直り、余りの正当性の無さに消防議会副議長の辞任にまで追い込まれ
 る、という全体未聞の不祥事が起こったわけだが、

  同じ共産党議員団として深く恥じ入るべきこの事件での、議会情報公開を貫き亀井糾
 弾を貫いた戸田の回答書対応を捉えて、「どんな内容でも回答しません!7/13宣言」の
 正当化に使うとは、何という恥知らず、何というハレンチか!
  
  こういうハレンチ行為が世間に通ると考えて、、「どんな内容でも回答しません!
 7/13宣言」を作文した共産党議員、それを検討して同意したほかの共産党議員達につ
 いては、その品性と頭の悪さに言葉を失ってしまう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 で、共産党が問題にしている、「2012年の亀井議員についての質問書と回答対応問題」
というのは、掲示板記録としては、以下である。
     ↓↓↓  
★戸田が共産党に「9/7公開質問書」(1) 「市民の知る権利の重さの認識等」を出し
  た!   戸田 - 12/9/7
  http://www.hige-toda.com/x/c-board/c-board.cgi?cmd=one;no=7374;id=#7374
☆共産党への「9/7公開質問書」(2)は「亀井消防議会副議長の言動への認識について」
      戸田 - 12/9/7
  http://www.hige-toda.com/x/c-board/c-board.cgi?cmd=one;no=7375;id=#7375

・9/7公開質問書の回答   門真市議 福田 - 12/9/21
  http://www.hige-toda.com/x/c-board/c-board.cgi?cmd=one;no=7381;id=#7381
★福田さん、共産党9/14回答の投稿紹介に感謝。戸田の投稿遅れを全面的に謝罪します
    戸田 - 12/9/22
  http://www.hige-toda.com/x/c-board/c-board.cgi?cmd=one;no=7382;id=#7382
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 それで、共産党回答文に対する戸田対応のどこがまずかったか、と整理すると、

1:戸田の「9/7公開質問書」に対しての、共産党の「9/14回答書」を受け取ったのに、
  受け取った事をHPで公表しなかった。
 
2:福田議員が痺れを切らして9/21夜に「ちょいマジ」に投稿して、それで初めて共産
  党が9/7に回答書を出していた事と、その内容が社会に公開された。

3:▲つまり、戸田の怠慢によって、「9/7回答書」の存在が7日間世間に隠された。
   戸田は「9/7回答」から8日めの9/22投稿によって、初めて「9/7回答」の存在
  を認め、公表遅れを謝罪した。

4:福田議員の9/21投稿が無かったら、戸田による受け取り・内容公表はもっと遅れて
  いただろうと容易に推測できる。
  
・・・・という4点である。
 7日間、或いは8日間、回答が公表されなかった。・・・それは良くない事だ。
 それは戸田が作業過大で投稿する余裕が無くなってしまっていたためだが、公表遅れの
ミスについては、掲示板で丁寧に謝罪した。

 共産党も、戸田謝罪を受けて、「公表遅れ問題」については、それ以来何も言わなかった。
 ・・・・・それが1年10ヶ月近くも経ってから、「戸田の公開質問にはどんな内容でも回答しません!7/13宣言」の正当化理由に使うとは、余りにも常軌を逸しているだろ!

■おまけに、「その後全く反論などはありませんでした。」とは、アホか!!

■「9/7回答」を読んで、共産党議員団が亀井の「議会情報隠し強要とウソ」について、
 亀井に反省させようとせず、逆に亀井をかばって正当化しようとしている事が分かっ
 たので、
  「これ以上、共産党にあれこれ言っても詭弁対応されるだけだから、後は消防議会副
   議長の座を追い落とすための不信任動議等の作戦で行こう!」
 と腹を固めて、作戦を練っていっただけの話である。

▲ここでも、「質問」に対して「回答」が出され、事案としては終了している。

  共産党側から「回答を受けてどう考えるか?」などの逆質問を受けたわけでもないか
 ら、戸田が共産党に何かを表明する義務はない。
  「今に見とけよ」、と怒りを抱いて黙って次の工程を進めるだけだ。
 それを
   「回答内容には不満や批判もある」としながら、その後全く反論などはありませ
    んでした。」
 と評して、戸田非難の材料にするとは、どんだけ馬鹿なんだよ。

■「巨大な反論」が12/27消防議会に焦点を当てて、マスコミにも情報を流して、次々
 と始まっていったではないか!(2012年消防議会特集を見よ!)
      http://www.hige-toda.com/_mado05/syoubou/index.htm
  その結果、亀井が副議長辞任に追い込まれているのに、それでも「その後全く反論な
 どはありませんでした。」、と言っていいのか?!
  お前ら共産党にはこれ以上何を言ってもダメだ判断したから、
 「体に思い知らせてやる」方策に出たまでだ!
  そしてそれは見事に成功した!
  
■「何の反論もできなかった」のは、共産党の方だろ!

  お前ら共産党議員団は、戸田が「悪質共産党亀井糾弾!消防副議長を辞めろ!」と街
 頭宣伝し、ビラをまき、HPで宣伝し、マスコミにも宣伝した事に対して、一言でもビ
 ラやHP、福田議員ブログで反論したか?!

一言も戸田に反論してないじゃないか。
  亀井が戸田に攻撃されているのを黙って見ていただけではないか。

 よくもまあ、2012年の亀井不祥事事件を引っぱり出し、それを自分らの正当化のために使うったもんだ。頭のイカレ具合も極まれり、と言う他ない。 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
      <2012年「亀井不祥事」の事実を知れ!> 
    ↓↓↓
◎特集:2012年消防議会・亀井の議会情報潰し策動問題
   (あまりの酷さに自公議員も怒って、亀井を副議長辞任に追い込む!)
  http://www.hige-toda.com/_mado05/syoubou/index.htm

・動画:悪質共産党の亀井に戸田がブチ切れ!消防談合事件短縮版6分40.mpg
    http://www.youtube.com/watch?v=wAvdsfNj9jc&feature=plcp
・動画:談合追求潰し?消防議会動画削除圧力事件19分
  http://www.youtube.com/watch?v=lKj5A34CGNs&feature=plcp
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・ビラ各種
  http://www.hige-toda.com/_mado05/syoubou/120715kokugi.pdf
  http://www.hige-toda.com/_mado05/syoubou/syoubou.img/kameijisyoku1.pdf
http://www.hige-toda.com/_mado05/syoubou/syoubou.img/teisyutu1.pdf
http://www.hige-toda.com/_mado05/syoubou/syoubou.img/830setumei.pdf
http://www.hige-toda.com/_mado05/syoubou/syoubou.img/houdoukikan1228.pdf
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
掲示板:
■糾弾!消防議会の議長副議長が戸田に議会動画削除を要求!共産党の亀井が特に悪質!
      戸田 - 12/7/13
   http://www.hige-toda.com/x/c-board/c-board.cgi?cmd=one;no=7297;id=#7297
●「みんなが問題にしている」という亀井の説明はウソだった!副議長がウソをつくと
  は   戸田 - 12/7/13
   http://www.hige-toda.com/x/c-board/c-board.cgi?cmd=one;no=7299;id=#7299
■ああ不誠実無責任!亀井ら正副議長は7/24期限になっても説明要求に全く対応せず!
      戸田 - 12/7/25
   http://www.hige-toda.com/x/c-board/c-board.cgi?cmd=one;no=7323;id=#7323
▲「みんなとは2人の事や」と亀井が居直り!バクロ糾弾する8/11FAXを守門全議員
  に!    戸田 - 12/8/12
  http://www.hige-toda.com/x/c-board/c-board.cgi?cmd=one;no=7336;id=#7336

消防第4ツリー:8/30議員説明会で亀井がとんでもない居直り詭弁!その概要(1)
       戸田 - 12/9/6
  http://www.hige-toda.com/x/c-board/c-board.cgi?cmd=one;no=7371;id=#7371
・8/30議員説明会で亀井がとんでもない居直り詭弁!土山議員もこれには激怒!
     概要(2) 戸田 - 12/9/6(
  http://www.hige-toda.com/x/c-board/c-board.cgi?cmd=one;no=7372;id=#7372

★戸田が共産党に「9/7公開質問書」(1) 「市民の知る権利の重さの認識等」を出し
  た!    戸田 - 12/9/7
  http://www.hige-toda.com/x/c-board/c-board.cgi?cmd=one;no=7374;id=#7374
☆共産党への「9/7公開質問書」(2)は「亀井消防議会副議長の言動への認識について」
      戸田 - 12/9/7
  http://www.hige-toda.com/x/c-board/c-board.cgi?cmd=one;no=7375;id=#7375
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.5; YTB730...@i220-221-36-203.s04.a027.ap.plala.or.jp>

☆福田詭弁を暴く!(6) 「質問があれば回答する」と2012年に明言していた共産党が!
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 14/10/1(水) 5:40 -
  
 共産党が2012年の問題まで持ち出して戸田非難と「どんな質問にも回答しません!宣言」を出したので、2012年の問題=亀井不祥事問題を詳しく調べ直してみたら、面白い事実が出てきた。

 こういうのを「ヤブヘビになった」とか、「雉も鳴かずば撃たれまいに」と言う。

★共産党は、2012年の戸田の9/7質問に対する9/14回答の中で、「共産党議員の公的言
 動に関して質問があった場合、質問に回答する」と明言しているのだ!
      ↓↓↓

 <9/7公開質問書の回答   門真市議 福田 - 12/9/21>
  http://www.hige-toda.com/x/c-board/c-board.cgi?cmd=one;no=7381;id=#7381

2012年9月14日
日本共産党門真市議会議員団

 9月7日付「共産党議員団への9/7公開質問書(1)議会公開原則と市民の知る権利の重さの認識等について」、「共産党議員団への9/7公開質問書(2)亀井議員の消防議会副議長としての言動について」について、以下の通り回答します。

共産党議員団への9/7公開質問書(1)
  議会公開原則と市民の知る権利の重さの認識等について

Q1:貴議員団は、所属議員の公職者としての言動に関して質問があった場合はちゃんと
   回答しますか?
   
A1:回答します。
            (後略)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

▲「所属議員の公的言動(公職者としての言動)に関して質問があった場合は、ちゃんと
 回答する」のは、当たり前の事であるが、2012年9月の共産党議員団は、こうした当
 たり前の事を公開文書で回答していた。

■実は共産党は、それ以前には「公的問題に質問されても無言のまま回答しない」という
 「恥ずかしい説明責任拒否行為」をした事がある!
 
 ▲1度目は、2005年12月の戸田不当逮捕の直後(4日後)の12月議会初日本会議に
  「戸田への議員辞職勧告決議」を他会派と共同で提出し、賛成可決した事に対して、
  戸田が獄中(拘置所)から血のにじむ思いで出した「公開質問状」への回答をしなか
  った事だ。

   自分らは戸田に「説明責任を果たしていない」として辞職勧告の理由に挙げておい
  て、その当事者から質問されたら回答しないと言うデタラメさ!!
   (それらを何も反省しないで「国民救援会門真市支部」をやっていていいのか?)
               ↓↓↓
   参考:戸田弾圧事件(扉ページ左下段)
       http://www.hige-toda.com/____1/toda_danatu/index.html

   ●正義感はあるのか?「沈黙による加担」を続ける共産党議員達
                 戸田 - 06/6/24
      http://www.hige-toda.com/x/c-board/c-board.cgi?cmd=one;no=136#136

  (※「ちょいマジ掲示板」も「自由論争掲示板」も、作業ミスで2005年9/20から
     2006年3/6の間のデータを失ったのでその間の投稿が紹介出来ない)
     http://www.hige-toda.com/x/c-board/c-board.cgi?cmd=one;no=1;id=01#1 
     ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ▲2度目は、2007年市議選の前に全候補予定者に政務調査費に関する公開質問状を出
  した時に、自民党の佐藤議員や中道さん、土山さん(新人)他何人かの新人は回答し
  たのに、共産党議員は誰1人回答しなかったという、驚くべき事件である。
               ↓↓↓
   特集:戸田が市議選全候補者に「4/7公開質問状」!! (07年市議選特集内)
  http://www.hige-toda.com/_mado05/sigisen/sigisen07/koukaisitumonjou4_7.htm

 ・共産党ら5会派結託で「公開質問状に回答拒否」の醜悪さ!(4/18で確定)再投稿
           戸田 - 07/4/19
     http://www.hige-toda.com/x/c-board/c-board.cgi?cmd=one;no=1540#1540
   ●「回答せず」の事実を「ええかげんな話」と公然とウソ言う亀井議員に呆れた
          戸田 - 07/4/20
   http://www.hige-toda.com/x/c-board/c-board.cgi?cmd=one;no=1553;id=#1553
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆こういう「恥ずかしい回答拒否」を反省して(戸田も議会でもしょっちゅうこの事例
 を持ち出して共産党を批判してきたし)、共産党は戸田の質問にちゃんと回答するよう
 になり、公開文書で「質問には回答する」と言明するようになったのだ。

▲「やっと正道に戻っていた共産党」が、2015年市議選を9ヶ月後に控えた2014年7月
 に、馬鹿げた理由をこじつけて、「戸田からの質問にはどんな内容であっても回答しな
 い!宣言」を出したという事は、「過去最悪の後退」だし、全国の共産党議員の中でも
 (どんな政党の議員であっても)「およそあり得ないほど社会倫理に反する態度」だ!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
自治会問題特集
  〜やっぱり捏造だった「共産党の議会活動の成果」!
    門真市の9/2回答が動かぬ証拠!
  http://www.hige-toda.com/_mado08/kakikomi/20120908.htm

(掲示板)
◎自治会問題で共産党が「議会活動の成果」捏造の疑惑!戸田が共産党に5/21質問状!
     戸田 - 14/5/24
  http://www.hige-toda.com/x/c-board/c-board.cgi?cmd=one;no=8478;id=#8478
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.5; YTB730...@i220-221-36-203.s04.a027.ap.plala.or.jp>

■福田詭弁を暴く!(7) 回答受けて「次の準備」してる者を「ダンマリ」と歪曲して非難
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 14/10/1(水) 7:01 -
  
 門真共産党の「戸田非難の論理」は、全国で例を見ない「ヘンテコ」なものだ。
 自分らはそれを得意がってるようだが、それは「回答受けたのにダンマリ」、という非難方式だ。

▲ふつう、「質問者に回答を出したら、それ以上何も言って来なくなりました」なら、
 「一件落着」、となるだろ。少なくともとりあえずは。

▲ところが、門真共産党の論理では、
   「質問者が回答を受け取った後、新たな言動を公表しないのはケシカラン!」 
 となっているらしい。

  質問者は共産党から回答を受け取ったら、「恐れ入りました。ありがたい回答で
 す」、と共産党に感謝を述べるか、もしくは回答の納得しない場合は、「回答のこれこ
 れの部分が不当だ!」とすぐに反論したりしないと、
   「回答受けたのにダンマリ」、
 でケシカラン、と門真共産党は思うのだろう。

◆しかし、受け取った回答に不満を持つ場合に、質問者が
  「まずは第1段階終了。次はこれを証拠資料として別の責め方をしよう」
 と考えたり、
  「こちらで事実調査をもっと精密にやってから再度攻めていこう」
 と考えたり、
  「こんな詭弁回答するとは呆れ果てた。こいつらにまともな文書出しても無駄や」
 と考えたり、
  いろんな考えを持って、「回答を受けた後、ダンマリする」事は当然あるし、それを
 道義的に悪いかのように責められるいわれは全くない。

▲共産党が「ダンマリ」に不満があるのなら、「恐れ入りました、と言え!」とか、 
 「『捏造疑惑』という宣伝を削除しろ!」とか、「回答に対する見解を表明しろ!」、
 とかを要求すべきなのであって、
  それを全くしないで、「回答を受けてダンマリ」と言いなして、いかにも「自分の質
 問のデタラメさを指摘されて恐れ入って縮こまってしまった」的なイメージを振りまい
 て質問者に非難宣伝をかますなどは卑劣そのものだ。

  ましてや、「回答を受けてダンマリ」を口実に上げて、公職者のくせに(4人で年間
 4360万円の公費!)「戸田議員からの質問にはどんな内容であれ回答しません!宣言」
 を出すとは! 
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

★実際には、戸田は「恐れ入ってダンマリ」とは全く逆に、
 2014年の「自治会ハンドブック」問題については、5/28回答を受けて、
  ・「共産党は自治会問題について質問していなかったのではなく、2012年3月議会で
    質問していた」という事実を新たに認識すると同時に、
  ・その唯一の議会質問が、「自治会ハンドブック」作成とは全く無関係であり、従っ
    て「共産党が成果捏造したのは間違いない」と確信を深めた上で、

  ・「市に詳細な事実提供をさせ、市に公式回答をさせる事によって、共産党のウソを
    公開的に粉砕する戦術」を取っていく方針を決めて、「当分沈黙して、他の山積
    課題を片づけていく」選択をしただけである。

  ◆戸田は「ダンマリ」どころか、HPで「共産党の疑惑記事」を継続する事でハッキ
   リした発言=表現を7月段階でも継続していたではないか!
    「ダンマリ」していたのは、その戸田表現に対して何も文句を言えなかった共産
   党の方だろ!
   
    しかも戸田は、「8/28市への質問書ー9/2市回答」、「9/26本会議質問ー答弁」と
   いう形で、着々と決定的反撃を構築してきた。
    福田議員が、9/29段階に至ってもなお、「質問に回答しない!7/13宣言」と全
   く内容でしゃべっているのは、余りに「知的怠慢・不誠実」というものだろう。
      ーーーーーーーーーーーーーーーーーー  
 2012年の「亀井不祥事」問題については、9/14回答を受けて、
  ・共産党は、亀井に問題があった事は内心理解しつつ、議員団としてはあくまで亀井
    をかばって、亀井の消防議会情報公開潰し強要にも、ウソつき事件にも反省を示
    さない方針を取っている事の証拠として確認し、

  ・「亀井も共産党議員団も、このように反省を示さない以上、亀井不祥事批判をさら
    に継続拡大し、消防議会副議長の座からの追放攻撃をやっていく!」との戦術行
    使を決断し、それを実行して成功させたのである。

  ◆戸田は「ダンマリ」どころか、HPやビラや街頭宣伝で亀井をバシバシ批判し続け
   たではないか!
    そして12/27消防議会にはついに亀井を副議長辞任に追い込んだ!
   「ダンマリ」していたのは、その戸田に対して何も文句を言えなかった共産党の方
  だろ!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 門真共産党の「イメージ操作戦術」の卑劣さ、品性の無さには、呆れ返る。

 門真共産党から回答書を受け取ったら、「素晴らしい回答でした!」と賞賛の言葉を公表するなり、「この回答では満足しない。この点がおかしい」と批判文を公表するなりをしないと、「回答を受けてもダンマリ」として、何か変人みたいに扱われてしまうようだ。
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.5; YTB730...@i220-221-36-203.s04.a027.ap.plala.or.jp>

▲亀井がやった「不祥事」の実態がこれだ!〜2013年12月の亀井問責での戸田討論!
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 14/10/2(木) 4:52 -
  
 「悪質共産党の亀井」がどんな悪いことをやったか、
 「2012年の亀井不祥事」での戸田の行動を「戸田のあらゆる質問に回答しない!宣言」の口実にする事がどんなに馬鹿げた本末転倒か、
 それを議会議事録での戸田弁論で示しておく。

 それが、2013年12月議会初日本会議での、「亀井への問責決議」における戸田の「賛成討論」だ。
 動画としては、
  ◎亀井問責:バトル!共産党福田VS戸田:14分21
 http://www.youtube.com/watch?v=1KV2a2YBdTs&list=UU0RnUnirf8GJ3cYdIul6UQQ
の「戸田討論」部分だ。

 他に、
  ◎悪質共産党亀井に問責決議!全過程(亀井弁明・福田と戸田討論など):29分52 .
 http://www.youtube.com/watch?v=VwNiZhozYsk&list=UU0RnUnirf8GJ3cYdIul6UQQ
もある。

 それでは、議事録を行整理して紹介する。「 」や?、!(笑)は、戸田が追加したも
の。○○○○という「伏せ字」にされてしまった部分があるが、何を言ったのかは上の動画を見れば分かる。
    ↓↓↓
 <2013年12/10本会議:亀井問責決議への戸田の「断固たる賛成討論」>

◆14番(戸田久和君)

 14番無所属・革命21の戸田です。亀井議員に対する問責決議に断固として賛成する立場から討論を行います。

 まずもって、この問責が「問責に値しない」、あるいは「何のことなのか具体性がわからない」ということを亀井氏も福田氏も言われましたが、そうであればなぜ質疑しないんでしょうか?
 私らは、質疑することを非常に期待して、大いに論じようと思っていたのにがっかりでしたね。

 ちなみに1999年及び2001年に私に対して当時の4会派23議員が懲罰・問責・辞職勧告決議をしたときは、当時の共産党は、これに反対する立場からちゃんと質疑しましたよ。
 ということは、当時の私をかばう気持ち以上には、亀井議員をかばう、あるいは真相を究明する気が全く起こらない、というのが今回の問責決議案だということを共産党みずからが認めているに等しいわけです。(笑)

 今回の問題の本質は、決して自公民その他が共産党議員を圧迫しているということでもなければ、あるいはトポス、光亜興産問題を追及しているから攻撃しているということでも全くなければ、
 純粋に亀井という共産党の議員が、まあいわば共産党にあるまじく余りにも劣悪、低劣なことを重ねてきて、これはひど過ぎるのではないかということが起こってきた、
 門真市議会の中での左右を問わず議員の良識ある者が、緑風は賛同しませんでしたが、その総意によるものであります。

 その主たる原因は、亀井議員がもう門真22議員の中で数人ぐらいしかいない古参議員の1人、もうほとんどの議員よりも当選回数が古い、共産党の中では最も古い、「ボス議員」としてなっていること。
 このことに基づいたおごり、これが一番の問題であります。

 私も本来は、議員の言動について問責や辞職勧告等を発動することには慎重であるべきと思うし、私が最も被害に遭ってきましたから、この点については強く感じるところであります。

 しかしながら、亀井議員に対しては、もう余りにもひどい。
 それが一つや二つでなくて三つも重なるということによって、私が最も亀井議員を厳しく攻撃してきましたが、自民党や公明党の議員も、これはちょっとなあと、門真市民クラブもそう思わざるを得なくなった。

 このことをまず共産党も亀井議員も反省するべきであります。
 もっとも、ボス議員だから、正面きってキツイことを言いにくいかもわかりませんが、共産党の中での自浄効果ということをしっかりとやっていただきたいと思うんですね。

 さて、先ほどの弁明や反対討論においては、
 「決算特別委員会の場での委員長に対する抗議発言は、余りふさわしくなかった。
  ただ、問責するほどじゃない」、
 「会派代表者会議の発言をめぐっての恫喝ととれる発言については、具体性がよくわか
  らん」
 「でも、問責するほどじゃない」
と言いながら、

 亀井議員が最も重点を置いて弁明、釈明していたのは、消防議会の副議長を辞任する羽目になった件でありました。
 彼が言っていることは、全く得手勝手な話です。共産党の議員もようく御存じですね。

 きっかけは何だったのか?

 去年の7月、消防議会において、当時まさに消防防火服の業者の談合疑惑が報道され、そのことが消防議会で私を先頭に長時間にわたって追及された。
 まさにこの消防議会での談合疑惑の追及、これを一刻でも早く一般の市民に知らせ、啓発し、かつ情報を求めて問題解決を図っていこう、これが議事録の音声を公開した理由であります。しかも、規則で全く禁止されていない。

 法治主義の根本は、規則で禁止されていないことは自由であると。
 これが共産党の皆さん、日ごろずっと言っていることでしょう。
 それをあの亀井副議長、何をしたのか?!

 談合問題を広く市民に、消防議会というのは誰1人市民は傍聴に来ませんからね。だからこそ広めなくちゃいけない。

 私が手間暇かけて、消防議会の音声を禁止もされていない、しかも、机の真上に置い
て、みんなが、全部の議員がそれを操作しているところを全部見れるようにして、そこで録音した。
 正々堂々と録音した私の議員としての業務データですね、これ。
 これをホームページで公開して談合疑惑事件のことを市民に訴える。
 一体どこが悪いんですか? これ。

 これに対して、亀井議員=副議長は何を考えたのか、私の家に突然やって来て、池嶋議
長と語らって、「あれを削除してくれ」、こういうことを言う。

 「それは亀井さん、筋が通らん、おかしいだろう」ということを言いましたね。

 しかも、私は「今消防の談合疑惑を大きく報道しなくちゃいけない」、そういうことを言いました。
 「今ちゃんとやっておかないと、実際警察が動こうとしない、消防も実質店じまいしようとしているんだ、だから今報道しなくちゃいけないんだ」、ということを何度も何度も何度も説明しようとした。

 そのたびに亀井議員は、「いや、みんなで決めるのが民主主義だから」、「民主主義というのは何のかんの」、人がしゃべっていることを、それにかぶせて大きな声で何度も何度もやる。
 これ、「嫌がらせ」以外の何物でもないですよ!

 さすがに私もそら怒りますよ。
 「こら亀井!いいかげんにしろ!」と。
 首筋つかもうとするのは、僕は別に悪いことでないと思っている。

 市民に伝えるべき情報をちゃんと伝えるために闘うということは、何ら悪いことでない。悪いことをしているのは亀井でしょ。

 しかも、そのとき亀井議員は、副議長は、「みんなが同意している、みんなが同意している」。
 「じゃ、みんなて誰だ?!誰と誰だ?!」。一切答えない。

 実は後でわかったのは、門真市の議員の誰もその時点では同意をとっていないんですよ!
 門真市選出の副議長でありながら、後で日ごろ仲よしな緑風クラブの吉水さんはそれに同調することになったみたいですけども、それ以外の公明党も門真市民クラブも自民党も、選出議員5人、7人のうち亀井氏と吉水氏以外の5人は誰も賛同してませんし、もともと相談すら受けてない!
 それを「みんなの同意を得た」とか。

 そのうち門真市議会で、土山議員が亀井議員と家が近くだということもあるし、ちょっと話をした。
 「みんなというのは誰や?」
 亀井副議長が何と言ったのか?
 「2人おったらみんなや、みんなが2人おったらええねん」。

 こんなことをぬけぬけと言うような男が、消防議会の副議長であっていいのか?
 共産党の議員であっていいのか?
 疑惑追及どうするんだ?!
 怒るのは当たり前でしょう。

 私だけじゃない。私はあのときに、この亀井という議員については、共産党にあるまじき議員、〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇。

 このことは正直にはっきりと言いますよ。
 でも、ほかの会派の方々は別にそう思っているわけでない。
 しかしながら、うそ、居直り、余りにもひどい。
 「人をばかにするのもいいかげんにしろ」、と。

 こういうことが重なったので、緑風、吉水さん以外の門真市選出の消防議員は、亀井氏が何の反省もしない、居直る一方、そういうことに腹に据えかねて、
 「消防議会12月議会で不信任動議を出す!」と、こういうことを全部準備するまでに至った。
 これはよっぽどのことなんですね。門真市始まって以来ですよ。

 そういう動きを水面下で察知して、「自発的に辞める」形にして、消防議会の議事録で自分の悪行について議事録に残らないように、自分のおかしなことについて議事録に残って公表されないように、それをやったのが「自発的な辞任」という手でありますよ。

 それによって、その場は一応円満にはまとまった。余計な時間を使うこともなかった。それはそれでよかったでありましょう。

 しかしながら、真相は私が述べたとおりであります。

 それであれば、門真市議会始まって以来、派遣議員で門真市の議員がみんな推挙しているからこそ副議長になっている。
 それがこのような情報隠しをごり押ししてうそを言って、平気の平左で「みんなというのは2人のことや」、とぬけぬけと言い続けて、反発を食らってやめざるを得なくなった。

 もう門真市議会始まって以来の不祥事ですよ!
 これも「おごり高ぶり」しているからです。

 そうであれば、普通であれば、そのようなことを反省して、以後は身を慎んでおくのが、私はずっと敵対するとしても、ほかの議員とは友好な関係を回復するのが当然の責務でしょう。

 ところが、決算特別委員会、この前の会派代表者の、協議会が終わってから、そこでの発言を伝え聞いて、つまり共産党の代表の人から伝え聞いて、それでおどしに等しいようなことを言った。
 全く反省のかけらもないですね。

 こういう議員に対して、問責決議というのはもう当然の話であります。
 再三、また言いますけども、「疑問だ」、「疑問だ」、と言うんだったら、共産党、
亀井氏、なぜそのときに質疑しないんだ?!
 亀井氏は当事者で質疑できないけども、共産党が質疑しないんですか?!

 私はあなた方、質疑することを、もう本当に待ち望んで論戦をやろうと思ってたんですがね。(笑)
 
 そして、ついでに言いますと、議会での議員に対する攻撃、そうそうめったやたらあっていいものではない。けども、私はたびたび受けた。

 その中で、2005年12月の権力弾圧による不当逮捕について、逮捕されたら即に共産党も含めて私に辞職勧告決議した。
 「説明責任が足りない」。

 じゃ、私は獄中から血の吐く思いであなた方に公開質問状を出して、福田議員、井上議員、亀井議員も一切答えなかった!
 こんな卑劣なことはない。
 でも、私は許してますよ、忘れてないだけで。

 門真市の議会を健全にまともにやっていくためには、まず共産党の議員団の中で自浄作用をちゃんと持っていただきたい。
 亀井議員のような、古参・ボス議員であることを鼻にかけて、踏ん反り返るようなこと、「情報隠し」を率先してみずからやる。
 どこに気を遣ってやったか知らないけども、そういうことはいさめていただきたい。

 今回、議会での問責決議、強制力はありません。
 これは道義的責任を問うだけであります。
 辞職勧告云々ということは、当然するべきことではありません。

 ただし、私個人で言うと、亀井という議員については、共産党にあるまじき、議員としてあるまじき人間だと確信してますから、〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇。

 共産党や共産党支持者も、みずからの自浄作用としてそのことをしっかり胸に入れていただきたい。
 そのことを言いまして、私の賛成討論といたします。
 御清聴ありがとうございました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.5; YTB730...@i60-35-5-11.s04.a027.ap.plala.or.jp>

362 / 1582 ツリー ←次へ | 前へ→
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
ページ:  ┃  記事番号:   
1,315,159
(SS)C-BOARD v3.8(とほほ改ver2.1) is Free