ちょいマジ掲示板

この掲示板は、門真市及び守口市ネタを中心に各地の議会や自治体ネタなどを、「比較的穏やかに」意見・情報の交換をする所です。詳しくは「掲示板のルール1」「掲示板のルール2」を読んでそれに従って下さい。 この掲示板では戸田の命令が絶対であることをくれぐれもお忘れなく。
内容的に関連がある投稿の場合は(先の投稿への)「返信」の形を取って投稿して下さい。
●ただ、「Re:○○」形式の元タイトルの繰り返しタイトルは厳禁です。必ず「内容が伺える独自のタイトル」をつけて下さい。
◆約10年間完全自由投稿制を維持してきましたが、荒らし・妨害投稿頻発のため、やむなく投稿者登録制に移行しました。投稿される方はこちらにアクセスし、所定の手続きを行なってください。 ◆投稿者のメールアドレスは戸田が把握しますが、掲示板では非表示にできます。 ◆投稿者名・メールアドレス・パスワードは登録時のものを使わないと投稿できません。 登録・投稿についての分かりやすい説明はこちらです。うまくいかない場合の問い合わせは戸田事務所まで問い合わせてください。 (09年4/8改訂記)   これまでの管理者命一覧(必読)

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
442 / 1597 ツリー ←次へ | 前へ→

1/24近畿市民派学習交流会に向けて:情報公開へのコメント1:大東市と守口市の例 戸田 14/1/23(木) 9:57
★情報公開問題のコメント2:寝屋川市と門真市。■「先進門真」の重大問題! 戸田 14/1/23(木) 10:04

1/24近畿市民派学習交流会に向けて:情報公開へのコメント1:大東市と守口市の例
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 14/1/23(木) 9:57 -
  
 (近畿市民派学習交流会メーリングリストに出した戸田の1/22メール)

件名:1/24学習会不参加ですが、情報公開問題についてコメント1(戸田ひさよし)

 門真市議の戸田です。
 別件所用のため、1/24近畿市民派学習交流会に参加出来ないのが残念ですが
(近所の寝屋川での開催なのに)、情報公開問題もテーマになっているので、私
の思う所をちょっとコメントします。
 門真市とその近隣である寝屋川市、大東市、守口市での情報公開についてですが、

1:私が初当選した1999年(統一地方選)当時、大東市は「情報公開先進市」で
 した。条例制定が早かっただけでなく条文で「知る権利」を明記した点におい
 ても。
  これには「うるさい市民オンブズ」で、どんどん提訴して勝利する光城さん
 (2000年には落選したが2004年に市議当選)の影響も大きかったはず。

  ところが大東市は、光城さんのニュースを見る所では、段々に「情報公開の
 先進性」が消滅して、そのうちに後発の他市よりもずっと劣るような状態になっ
 ていったように思います。役所の体質が悪くなったような。
  光城さんが2004年から市議になって、情報公開を進めさせる影響力がさらに
 大きくなった(裁判にもさらに勝訴を続けた)にも拘わらず、なぜこんな逆行
 が起こったのか、不思議です。

  光城さん以外の議員達が情報公開推進に全然熱心でないため、というのも原
 因のひとつのように思いますが・・・・。
  (光城さんの分析はいかがでしょうか?)

2:守口市の場合、今回の講師である橋本さんの「守口市の情報公開を学ぶ会」
 は、1998年に寝屋川市で情報公開条例が施行されたのを契機に、守口市でも優
 れた情報公開条例を作ろうと考えて発足したようで、「守口の市民オンブズグ
 ループ」として有名な存在です。
  そういう市民グループが(未だに)存在しない門真市の状況に較べれば羨ま
 しい事でした。

  しかし橋本さん達の長年の活躍にも拘わらず、守口市の行政当局の姿勢はあ
 まり改善されず、職員の体質はずっと悪いまま、という感じがします。
  同会が行なう「出前講座」に職員を出席させていろんな問題を説明させたり、
 市民達が「情報公開請求体験ツアー」を行なったりするのは、他市にはあまり
 ない先進的取り組みなんですが、それにも拘わらず、隣の門真市が2006年とか
 2008年頃にクリアしたレベルが未だに全然達成されていないようです。

  橋本さん達のビラで訴えているような、情報隠しや職員の横柄な対応は門真
 市では起こり得ないような事です。

3:優秀な市民運動が長年あるのに情報公開が進まないのは、まず第1には議員
 達の追及姿勢が(社民党や共産党も含めて)弱いからだと思いますが、市民グ
 ループの方も「議員を動かす」、「議員や当事者運動と連携して当局を追及し
 て改善させる」力に不足している面もあるのかもしれません。

  2004年段階ではHPを持っていたのですが、その後やめてしまったようで、
    守口・情報公開を学ぶ会;http://mjm.hp.infoseek.co.jp/
http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cac【URL短縮沸:C-BOARD】w

  それも行政への改善圧力が不足する一因であるように思います。
 
4:検索していたら面白い過去記事が見つかりました。
 http://www.hige-toda.com/_mado04/joho-inpei/03/03.10.16kakikomi4.htm
   ↓↓↓
  ちなみに、「市長から諮問を受けた異議申立て事案の審査についての会議録
 やそれに類する公文書を一切作成していなかった守口市情報公開審査会。
  専門家から見ても、これはちょっと理解しがたいことのようです。」と言わ
 れた守口市の情報公開審査会。
  橋本さんの異議申立で、ようやく2002年度から作成して情報公開の対象にす
 ることになりました。
  (以上は最後部分の抜粋引用)

5:与党議員だけでなく、野党議員でさえ、「ああ、橋本さん達か。あれは趣味
 でやっている運動だから」、と冷めた目で見ている感があり、せっかく橋本さ
 ん達が指摘バクロした部分を議員がさらに追及して行政の体質や制度の改善に
 持っていく、という事がなされないような気がします。

 「野党議員に肩入れせず、中立の立場で」というのが基本スタンスのようで、
 だからこそ合併阻止運動さなかの2003年9月市長選で「候補者公開討論会」の
 司会を頼まれるほどの「中立的信頼性」を得ているのでしょう。
  合併阻止の唯一の戦術だった2004年の住民投票条例制定運動の中では、中立
 の立場で住民投票条例を求める」スタンスで一貫してました。

  そこらへんが、合併阻止・市の存続で奮闘した者からすれば物足りなく思う
 所です。
  ちなみに2002年に、門真市で「合併促進の諸団体要望」のデッチ上げ性を情
 報公開請求で戸田が追及し、門真市当局が「公益法人の役員氏名すら不開示に
 する」という「明白な違法行為」を行ない、それを戸田が国賠提訴した時に、
 守口でも全く同じに「合併促進の諸団体要望デッチ上げ」をしているという、
 恰好で重大な時事問題があるのに、橋本さん達はそういう開示請求・当局追及
 を全くしませんでした。
      http://www.hige-toda.com/_mado02/2001/gyouten/021007.htm
   http://www.hige-toda.com/_mado02/2002/tusin2002-13/tusin13.htm
     http://www.hige-toda.com/_mado02/2004/tuusin17.htm

 ◆4:で紹介したように、(2002年、2003年段階では)
   これほど破廉恥な情報隠しで愚劣な2枚舌文書を書いた上野富司弁護士は、
  な、なんと守口市の「情報公開審査会」委員と「個人情報保護審査会」委員
  を兼任しており、安田孝弁護士は守口市の顧問弁護士でもあるのです。

  という状態なのですから、橋本さん達が守口市でも開示請求で追及してくれ
 ていたら、「合併策動の両市とも違法な情報隠しをつつかれて大慌て!」とい
 う事に2002年段階でなったはずです。
  (戸田の国賠提訴2件は2003年、04年と市長に賠償命令が出るという大勝利
   を得て、門真市の合併推進勢力に大打撃を与えた。〜住民投票実施の2004
   年9月を前にして!)

 ◆「不正に市を消滅させようとする事に立ち向かわない情報公開運動なんて」、
  という思いを、2002年〜2004年の合併騒動当時に戸田は持ちました。
   合併推進運動なんてウソと情報隠し山盛りなんですから、それを突っ込ま
 ない「中立性」、情報隠しを土台とした合併推進運動に反対しない「中立性」
 に立った情報公開運動なんて誰の役に立つのか、と思いました。

・・・・長文になったので、寝屋川市と門真市の事は別立てにします。
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.5; YTB730...@i60-35-87-143.s04.a027.ap.plala.or.jp>

★情報公開問題のコメント2:寝屋川市と門真市。■「先進門真」の重大問題!
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 14/1/23(木) 10:04 -
  
件名:1/24にむけ、情報公開問題についてコメント2(寝屋川市と門真市)(戸田)

 1/24近畿市民派学習交流会での情報公開問題に向けた私のコメントの続きです。

6:寝屋川市について:
  吉本さんが議員をしていた時代に知った「廃プラスチック焼却炉建設問題」
 で、あまり良い行政ではないと思いましたが、数年前から木邨さん、松岡さん
 ら国守(くにもり)部落の同和住宅潰し・住民追い出し攻撃の実態を聞いて、
 これは行政の体質がかなり悪いなと確信しました。

  行政が地域ボス・利権屋と結託して、平気でウソを言う、情報隠しをする、
 住民に極めて横柄な対応を取る、という実例が重なっていると思います。

  極く小規模な部落で、地域の解放同盟本部派が利権屋に転化し、市役所の担
 当幹部にもなり、地元議員ともつながる。
  共産党は解放運動丸ごと嫌悪、社民党議員は引退、住民運動からはまだ市議
 を当選させていない、市民派議員が少し気にかけて議会質問してくれる程度。
  ・・・・という状況の中で、市全体では圧倒的少数派の住民運動に対して、
 行政当局は自由勝手にやれている、という感じです。


7:門真市について:
  情報公開条例は2000年制定、「知る権利」の文言は今も無し、録音テープや
 電子媒体などの開示規定がまだ無く、やっと検討中、という面では「後進的」
 ですが、開示の実態としてはかなり先進的です。

  これは戸田の2005年6月までの東市長時代の闘いを土台にして、それ以降の
 園部市長時代になって2006年、08年を節目にグングン改善されていったもので
 す。
  ざっと例を挙げると、

 1)各種の審査会、審議会、住民説明会、市民委員会は、全て、開催後2週間
   を目途に議事録作成して市HPにアップする。

 2)住民説明会では住民側の録音、写真動画撮影は自由。
 3)業者を選定する審査会・審議会では、必ず録音して、録音テープを保存す
   る。
 4)業者を選定する審査会・審議会では「プレゼンテーション」部分も議事録
   作成。(市HPでの公表はしないが)

 5)業者を選定する審査会・審議会では、業者は必ず「就業規則」と「金額の
   具体が分かる給与規定」を出さなければいけない。(それも開示対象)

 6)議案審議に関係するものは、議員は開示請求しなくても資料提供を受けら
   れる。(電磁媒体も含めて、「情報提供」として)

 他に、(これは2000年からだが)入札の予定(上限)価格と最低落札価格を事
   前に公表。
 とか、(これは今はどこでもやっているだろうが)入札予定と入札結果を市
 HPに掲載する。
 
8:◆しかし油断大敵!
  議会で答弁させて実施確約させ、「市の施策として確立」したはずの事でも
 しょっちゅう手抜きされ、実施されていない事が発覚し、それが判明するたび
 に議会で追及し、謝罪文も出させたり、倦まず弛まず「綱紀粛正」しています。

  「議会で答弁するはめになった部署以外の職員にとっては他人事」、
  「議会答弁した事は厳守するという意識の欠如」 
  「議会答弁を共有・継承する仕組みと意識の弱さ」等々
  がなかなか直りません。

  そのために「失敗事例集」を作らせて、毎年研修して蓄積継承する仕組みも
 作ったし、答弁違反をやった部署については部課長の氏名を議会でも戸田HP
 公開して批判する事も重ねていますが、それでも手抜きが絶えません。

9:私は2009年度と2010年度は権力弾圧・最高裁決定で「議員失職」してました
 が、それで「戸田のいぬ間の意識後退」がだいぶありました。

  2011年4月選挙で復活してまもなく、「議事録の2週間目途作成公表」・
 「金額の具体が分かる給与規定の提出」・「議員への資料提供」などで手抜き
 したり議会答弁を忘れていたりする事例を発見して激怒して議会追及しました。

  それでもう改善したと思っていたら、2013年12月議会での指定管理議案でま
 たしても「金額の具体が分かる給与規定の提出」の手抜きや「プレゼン部分の
 議事録の議員提供無し」があって、また怒りの追及をしました。

  さすがにもうこれで大丈夫と思っていたら、なんと今年1/14の産経新聞報道
 で「市の土地を無償貸与して老人ホーム運営をさせる」業者選定の審査会
 (2010年5月)について「議事録自体を作っていなかった」事が判明し、しか
 もそれを現在の担当課長が「作って無くても問題ない」と答えた事が判明しま
 した。
   (産経記事↓) 
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/140114/waf14011413230011-n1.htm

10:「議事録先進門真市」で「議事録自体を作らず、それを正当化した」という
 事実に怒りと衝撃を受けて(06年、07年、08年、11年、12年、13年と改善確約
 が議会答弁されていながら!)、私は

 1)2006年7月以降2013年12月までの、業者選定に関わる全ての審査審議会の
   年度ごとの実施一覧を作れ。
 2)それぞれの審査審議会ごとに、議事録作成の有無・録音の有無・録音記録
   の保管の有無を記せ。
 2)それぞれの審査審議会ごとに事務局メンバーの職名と氏名を記せ

 と要求して、その一覧を提出させました。

  それを見ると、危惧した通り、「録音してない」・「録音記録を保管してい
 ない」(=後日の正確な検証が不可能・議事録があってもその正しさが不明)
 な事例が沢山あり、「概要議事録のみ」も結構多く、「議事録自体を作らなか
 った」事例すらいくつもある、という有様でした!

  重ねて言いますが、06年、07年、08年、11年、12年、13年と改善確約と議会
 答弁遵守が確約されていながら、この有様でした。
  「失敗事例集」が毎年全部署で研修されているはずなのに、この有様でした。

  保健福祉部などは私に7年間に渡って議会追及され、その都度謝罪している
 のに、課長が1月にヌケヌケと「議事録自体を作らくても問題では無い」と新
 聞取材で答えていました。
  12月議会で追及されて謝罪したばかりなのに、お前の記憶力は鶏か?!と言
 いたくなります。

11:この一覧によって、「どの部署の誰が、いつ議会答弁違反をしたか」が明白
 になったので、今後ビシバシと追及して、2度とこんな手抜き三昧が起こらな
 いようにしていきます。

12:◆戸田以外の議員が、戸田が開発した情報公開・行政チェックのシステムを
 活用しようとしない、という門真市議達の姿勢もまた、行政の手抜き・答弁違
 反が止まない要因になってます。
  「議事録はどうなっているか」、「給与規定はちゃんと出されているか」な
 どを他の議員は全然気に掛けない。

  老人ホーム業者の選定がされた「戸田不在の2010年」には、共産党すら「議
 事録を見せてくれ」と求めてなかった!・・・だから議員は誰も「議事録を作っ
 ていない」事を知らないままだった!

  そして昨年12月議会での指定管理議案審議に至っては、戸田が議員用にと膨
 大な量の議事録、業者提出書類の副本を当局に出させたのに、共産党議員も含
 めて、戸田以外の議員はだれもそれを見ようとしなかったのです。
  この「議員側の手抜き」ぶりには心底驚きました。
 
◆私の2011年市議選のキャッチコピーのひとつが、
 「戸田は議会・行政の体質改善の鬼コーチ」、というものでしたが、倦まず弛
 まずやっていきます。
 
  行き過ぎた職員削減によって議事録作成等がより大変になっている、という
 事情も無くはないですが、それは議会答弁違反を正当化出来るものではありま
 せん。
  議事録作成等、情報公開に必要な労力金銭はしっかり工夫して保持する責任
 が行政にはありますから。

 議員側の劣化に対する反省も必要です。それは戸田がそういう事実を公然と指
摘していかないと、市民は誰も気づきません。

 ・・・・以上、長文になりましたが、終わります。
 「1/24近畿市民派議員学習・懇談会 in寝屋川」の盛況を祈念します。

 1/23、明日1/24の58才誕生日の前日に。 戸田ひさよし 拝
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.5; YTB730...@i60-35-87-143.s04.a027.ap.plala.or.jp>

442 / 1597 ツリー ←次へ | 前へ→
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
ページ:  ┃  記事番号:   
1,342,816
(SS)C-BOARD v3.8(とほほ改ver2.1) is Free