ちょいマジ掲示板

この掲示板は、門真市及び守口市ネタを中心に各地の議会や自治体ネタなどを、「比較的穏やかに」意見・情報の交換をする所です。詳しくは「掲示板のルール1」「掲示板のルール2」を読んでそれに従って下さい。 この掲示板では戸田の命令が絶対であることをくれぐれもお忘れなく。
内容的に関連がある投稿の場合は(先の投稿への)「返信」の形を取って投稿して下さい。
●ただ、「Re:○○」形式の元タイトルの繰り返しタイトルは厳禁です。必ず「内容が伺える独自のタイトル」をつけて下さい。
◆約10年間完全自由投稿制を維持してきましたが、荒らし・妨害投稿頻発のため、やむなく投稿者登録制に移行しました。投稿される方はこちらにアクセスし、所定の手続きを行なってください。 ◆投稿者のメールアドレスは戸田が把握しますが、掲示板では非表示にできます。 ◆投稿者名・メールアドレス・パスワードは登録時のものを使わないと投稿できません。 登録・投稿についての分かりやすい説明はこちらです。うまくいかない場合の問い合わせは戸田事務所まで問い合わせてください。 (09年4/8改訂記)   これまでの管理者命一覧(必読)

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
395 / 1588 ツリー ←次へ | 前へ→

子宮頸がんワクチン新スレ:12/16文教委で戸田が画期的な質問答弁!(原稿メモ紹介) 戸田 13/12/17(火) 1:11

フランスでも大騒ぎ A子 14/6/17(火) 18:45

フランスでも大騒ぎ
←back ↑menu ↑top forward→
 A子  - 14/6/17(火) 18:45 -
  
みかりんのささやきより転載します。

http://ameblo.jp/3fujiko/entry-11878406455.html

(転載開始)


子宮頸がんワクチン 「日本だけが騒いでいる!という輩に・・・」


2014-06-15 13:13:45
テーマ:ブログ


フランスでも大騒ぎ!(池田利恵議員から)

5月22日 フランス国民議会(日本の国会にあたる)
ワクチン補助剤材に関する会合
(5月26日記者発表記事抜粋)


http://sanevax.org/french-vaccine-debates-immediate-measures-required/

http://videos.assemblee-nationale.fr/video.5464


http://roumegas.fr/vaccins-aluminium-3713?fb_actio【URL短縮沸:C-BOARD】&[844192585595705]&action_type_map=[%22og.likes%22]&action_ref_map=[]


5月22日 『アルミニウムとワクチン:国際的な専門的意見は我々に行動を促している』とし、世界の様々な地域で活動する研究者たちが、ワクチンに含まれるアルミニウムの毒性問題について、研究の進展状態について報告した。

1.アルミニウムの脳内への蓄積の影響をより早く包括的に確認し、この研究を大規模に支援すること。2.保健相が大統領選のキャンペーンで約束したとおり、ア ルミニウムを含まないワクチンを供給すること3.この研究の結果が成果を挙げずに終わることがない限り、アルミニウムを含むワクチンの利用促進をしないこと

正常なマウスに特別なバックグラウンドなく、比較対照用の血清整理食塩水か、又はB型肝炎ワクチンを投与し、そしてことなる時期に認知と運動のテストを 行った。45日目までは、比較対照群とワクチン投与群との間にはなんの差異もなかった。これに対し135日目(4ヶ月半)以降は、3つのテストがワクチン 投与されtマウスにのみ優位に変化した。その3つのとは何か?それは、不安、活動の減少、持続力(特に運動性の持続)の減少を示すテスト結果であり、言い 換えれば、慢性のアルミニウム病ワクチンMacrophagic myofasciitisを患う患者の症状として報告されているものに非常によく似た症状の列挙である。

リー博士(USA)のガーダシルについての研究では『我々はそこにはなかったはずのウィルスDNA残留物の断片を再確認した。これはまさしく残留汚染 contaminationであり、恐らくは製造行程に関連する。ガーダシルのアンプルごとに200から400のDNA残留物の断片。これは異常なことで ある。DNA残留物とaluminum hydroxyphosphate の間の総合作用は、あらゆる点で異常なことであるある。』

I脳内(神経毒性のある)アルミニウムの存在の影響についての調査研究を、広範囲な手段でより迅速に行うべきである。これは満場一致の要望である。Macrophagic myofasciitisを体験したIzard博士の証言は、この緊急性を証明している。
IIこの研究の成果を予期して、警告の原則が適用されるべきである。
・多くの人がアルミニウムのを含まないワクチンをより早く利用できるようにすること
・パピローマウィルスに対するワクチン投与の一般計画は、直ちにモラトリアムの対照とすべきである。

最後に、我々は、上院議員でありOPECSTのこの討議の共同議長であるCorinne Bouchoux からだされた提案を真に評価しよう。その提案は、この疾患に対する必要な治療のための研究へ財政支援を約束するものである。

(転載終了)


以前とある子宮頸がんワクチンを推進する開業医(小児科医)のブログを偶然見つけ読んだことがあるのですが・・・

「世界100ヶ国以上で承認されている子宮頸がんワクチン、他の国では副反応のことなど騒いでおらず、ワクチンの影響ではないのに日本だけこんなに大騒ぎして・・・。接種推進を再開させない厚生労働省・・・理解に苦しむ。」

といったような内容が記載されていました。

このような医師には、本当に現実を受け止め冷静に考えて頂きたいです。
ご自身の子どもにこのワクチンを打てるのでしょうか?

この「世界100ヶ国以上で承認」という文言恐らく本当なのでしょうが、「お値段が高すぎて誰も買えないから途上国では基本フリーパス」ということも耳にしたことがあります。
確かに3回接種で5万円以上かかるようなワクチンを輸入出来る国が100ヶ国以上もあるのでしょうか?
「多くの国で使われているから大丈夫」という安心感を与えるための数字のトリックであるとしか思えないです。
引用なし
<Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 9.0; Windows NT 6.1; Trident/5.0)@FL1-119-241-85-215.osk.mesh.ad.jp>

395 / 1588 ツリー ←次へ | 前へ→
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
ページ:  ┃  記事番号:   
1,321,536
(SS)C-BOARD v3.8(とほほ改ver2.1) is Free