ちょいマジ掲示板

この掲示板は、門真市及び守口市ネタを中心に各地の議会や自治体ネタなどを、「比較的穏やかに」意見・情報の交換をする所です。詳しくは「掲示板のルール1」「掲示板のルール2」を読んでそれに従って下さい。 この掲示板では戸田の命令が絶対であることをくれぐれもお忘れなく。
内容的に関連がある投稿の場合は(先の投稿への)「返信」の形を取って投稿して下さい。
●ただ、「Re:○○」形式の元タイトルの繰り返しタイトルは厳禁です。必ず「内容が伺える独自のタイトル」をつけて下さい。
◆約10年間完全自由投稿制を維持してきましたが、荒らし・妨害投稿頻発のため、やむなく投稿者登録制に移行しました。投稿される方はこちらにアクセスし、所定の手続きを行なってください。 ◆投稿者のメールアドレスは戸田が把握しますが、掲示板では非表示にできます。 ◆投稿者名・メールアドレス・パスワードは登録時のものを使わないと投稿できません。 登録・投稿についての分かりやすい説明はこちらです。うまくいかない場合の問い合わせは戸田事務所まで問い合わせてください。 (09年4/8改訂記)   これまでの管理者命一覧(必読)

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
447 / 1585 ツリー ←次へ | 前へ→

11/1激報!毎日夕刊1面:門真市再開発「無価値」建物に移転補償、地元会社に29億円 戸田 13/11/2(土) 6:35

▲記事中の「地元不動産会社」とは、もちろん門真市の光亜興産のこと。 戸田 13/11/2(土) 6:57
◆11/1毎日夕刊9面:補償額妥当性、検討せず 元担当部長天下り、市長「まずい」 戸田 13/11/2(土) 7:20
★さすが!市職労委員長ブログと福田議員ブログでは11/1夜に記事写真付きで報道! 戸田 13/11/2(土) 7:49
●元部長・管理監で3月退職し7月光亜興産に天下りした人と戸田の2008年動画あり! 戸田 13/11/2(土) 9:08

▲記事中の「地元不動産会社」とは、もちろん門真市の光亜興産のこと。
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 13/11/2(土) 6:57 -
  
 タイトルの通りです。光亜興産と言えば、門真市の再開発において、40年ほども以前
のから、その時々の市長に協力して「門真市行政と二人三脚で」やってきた門真の老舗
企業です。

 なぜ記事の中で会社名を出さないのか?
 まあ、マスコミ報道ではよっぽど違法性が明白で逮捕者を出したりしない無い限りは
会社名を書かない場合が普通のようですが。
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.5; YTB730...@i220-221-36-19.s04.a027.ap.plala.or.jp>

◆11/1毎日夕刊9面:補償額妥当性、検討せず 元担当部長天下り、市長「まずい」
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 13/11/2(土) 7:20 -
  
 11/1毎日夕刊は、9面の4コマ漫画の横、という社会面の一番目立つ部分に、以下の記事をトポス跡地写真付きで掲載した。毎日として渾身のスクープ、という扱いである。
 以下に紹介する。
 (※〜〜※の部分は、新聞記事にはあるが、ネット記事にはない部分)
   ↓↓↓
◆門真市再開発:補償額妥当性、検討せず 元担当部長天下り、市長「まずい」
   毎日新聞 2013年11月01日 大阪夕刊 (トポス跡地写真あり)
    http://mainichi.jp/area/news/20131101ddf041010025000c.html 

※ 大阪府門真市が再開発事業で、公金支出を減らす努力をしないまま地元の不動産会社
 などに約29億円の移転補償を決めていた。
  移転補償に詳しい専門家は「額の妥当性を検討せずに補償するのは、公金を預かる者
 として問題だ」と指摘する。
  補償を決定後、事業を統括していた市の元部長が同社に再就職していたことも分か
 り、市議からも「事業の信頼性そのものが問われる」と批判が出ている。(1面参照)
 ※
 補償の対象となったのは、築40年以上のスーパー旧店舗や駐車場棟などで、不動産鑑定に詳しい複数の専門家は「実際の売買では、取引価値はなく、解体の必要から、むしろ減額要因になる」と指摘する。
 土地が広いことなどから、同社は国土利用計画法などに基づき、物件の取得価格などを市を通じて大阪府に報告しており、市は取引内容を知り得る立場にあった。

 国の「公共用地の取得に伴う損失補償基準」30条は、移転補償費が建物の実勢価格を上回る場合、行政が建物を買い取ることができると定め、補償の専門家によると、過去には大阪や奈良、長野などで30条を適用して自治体が建物などを取得した例がある。

 しかし、市は実勢価格を調べるなどして補償額が妥当かどうか検討することなく、
約29億円の補償を決めていた。
 この専門家は「通常は補償額の妥当性についてまず検討する。検討なしに補償するのは問題だ」と指摘する。

 この不動産会社に再就職した元部長は再開発事業に精通し、今年3月まで事業の責任者だった。
 元部長は取材に対し、30条を適用しなかった理由について、「建物の取得という方法はとっていない。買い取るという概念はなかった」と繰り返すのみだった。

 今後、スーパー跡地に体育館建設の予定があるなど事業は進行中で、園部一成市長は取材に「事業の関係先に再就職したことは知らなかったので驚いた。まずいのではないかと思った」と話す。
 市人事課は「国の再就職の規制の考え方からみて問題はないが、今後は職員の再就職の在り方を検討したい」としている。

 市議会で公費の無駄遣いを長年追及してきた吉水丈晴市議は「時価を大きく上回る巨額補償を決めた後に、責任者が相手先に天下れば、事業の信頼性を疑われても仕方がない。市民の誤解を招くようなことはしてはいけない」と指摘する。【田中謙吉、向畑泰司】
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー.

 この問題をずっと追及してきたのは共産党議員なのだが、記事では緑風クラブの吉水議員が追及の主役みたいに取り上げられている。
 たしかに維新府議の宮本一孝の門真市長選出馬表明(2013年2月。その後取り止め)以降、宮本支援・反園部市長の姿勢を明らかにして、最近の議会で「光亜興産」の名前も挙げ、職員の天下りも指摘して鋭く追及してきたのは吉水議員である。

 光亜興産問題追及の「最近の功績」は戸田も認めるけれども、東市長時代に「何でも賛成与党議員」であり、公費の超無駄遣いである「門真市消滅の門真守口合併」の旗振りもし、園部市政になっても税金浪費のコンビニ住民票事業初めとする全ての議案に賛成してきた(近年極々一部の例外はあるが)吉水議員が、「市議会で公費の無駄遣いを長年追及してきた議員」として新聞紹介されるとは、苦笑いせざるを得ない。

 この部分は、毎日の「スクープ」記事に反園部市長の吉水議員がかなり関わっている事
を推測させるものだ。
 追及議員の事を書くのなら、共産党の名前も書いてあげるべきと思う。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.5; YTB730...@i220-221-36-19.s04.a027.ap.plala.or.jp>

★さすが!市職労委員長ブログと福田議員ブログでは11/1夜に記事写真付きで報道!
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 13/11/2(土) 7:49 -
  
 11/1夜にネット検索してすぐに出てきたのが、「門真市職労委員長のブログ」
http://kadoroso.jugem.jp/ で、西本委員長が18:38アップの記事として、

◎門真市の再開発事業での旧ダイエーの建物補償問題

 門真市の再開発事業での旧ダイエーの建物補償問題が本日の「毎日新聞」夕方一面トップに掲載されました。真相究明が問われます。
 (11/1夕刊1面の写真)

 <大阪・門真市再開発:「無価値」建物に移転補償 地元会社に29億円>記事リンク

 (11/1夕刊9面の写真)
<大阪・門真市再開発:補償額妥当性、検討せず 元担当部長天下り、市長「まずい」>
  記事リンク

・・・・・という記事が出されました。
 夕刊記事がネットに載って早々のアップで、非常に素早く報道を伝えています。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 たぶんのその次だろうと思いますが、共産党の福田議員ブログ
                  http://hidehiko1962.blog31.fc2.com/
でも、福田議員が以下の記事で報道してます。
   ↓↓↓
◎門真市の再開発事業での旧ダイエーの建物補償問題
  http://hidehiko1962.blog31.fc2.com/blog-entry-762.html

 門真市の再開発事業での旧ダイエーの建物補償問題が本日の「毎日新聞」夕方一面トップに掲載されました。
 (11/1夕刊1面の写真)

 この問題については、これまで委員会や本会議、先月の決算特別委員会でも追及してきましたが、報道では元担当部長の開発会社への天下り問題についても触れられています。
 開発会社への建物補償費は、総額29億円で既に半分は支払われていますが、残る半分についての取り扱いについては今後慎重に検討する必要があります。

 閉会中の委員会審査を含め議会としてもしっかりと役割を果たすことが求められます!
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆これらのブログ報道の優れている点は、新聞記事の写真を載せていること。
  これによって、ネット記事では分からない「見出しや記事の大きさ」、「紙面に占め る位置」、要するに「ニュースとしての大きさの具合」が非常によく分かります。

※もしかしたら、市職労委員長よりも福田議員ブログ報道が早かったのかもしれません。
  というのは、福田議員ブログ記事ではネット記事へのリンクが無いですが、これは記
 事アップ時点では毎日新聞のネットへの記事アップがまだされていなかったせいだった
 とも考えられるからです。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.5; YTB730...@i220-221-36-19.s04.a027.ap.plala.or.jp>

●元部長・管理監で3月退職し7月光亜興産に天下りした人と戸田の2008年動画あり!
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 13/11/2(土) 9:08 -
  
 光亜興産への「あまりに素早い天下り」(3月末退職でわずか3ヶ月空けた後の7月に就職!)した市の元幹部は渡部俊幸氏で、密集市街地整備・再開発事業に携わって20年余の超ベテランで、2008年度は都市建設部で部長級の「管理監」を努め、2009年度に1年だけ都市建設部長を努めて定年退職し、2010年度からは再任用で都市建設部の「管
監」に返り咲いて2012年度まで続けた人。

 だから「中町・幸福町のまちづくり計画」策定の時には直接関わっていなかったとしても、「光亜興産と二人三脚でまちづくりを進めてきた門真市行政」の中で、職務として光亜興産と協力しあってきた人ではある。
 (こういう職歴について、記者会見では全然質問されていない)

 戸田の印象としては、大変気さくで、いろいろ丁寧に説明してくれる「生き字引みたいな職員」、という好印象を持っている。
 2008年2月に橋下が府知事に当選して、門真市に密集市街地整備事業が切られるかもしれないという危機に際して、戸田の動画取材という初めての試みに快く応じてくれた貴重な幹部でもある。

 しかし、「管理監」というのは「部長級」であり、しかも再任用後の「管理監」となれば現部長よりも年次が古い「かつて上司だった人」なのだから、行政に対する実際の影響力の大きさは否定できない。
 その人が退職して僅か3ヶ月空けたら光亜興産に就職、というのであれば、部長や管理監時代から光亜から粉がかけられていたのではないか、という疑惑が出ても当然だと思える。
 門真市職員全体の信用失墜にもつながる事だ。
 
 渡部さんには「李下に冠を正さず」を実践してもらいたかった。残念だ。
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 2008年4月に戸田が渡部管理監(当時)にインタビューした動画3本
    ↓↓↓
橋下問題特集:
  http://www.hige-toda.com/_mado04/oosakafutijisen/hasimototo-ru.htm
  (そのかなり下段) ↓↓↓

◎府問題4・25市取材、密集市街地1 .  アップロード日: 2008/04/26
   http://www.youtube.com/watch?hl=ja&gl=JP&v=4yclaBi6BMI

 説明:府と門真市が共同で進めてきて、今後も長期間かかる密集市街地整備事業につい
   て、府が&shy;補助金廃止のPT案を出した問題について、門真市のベテラン担当者・
   渡辺管理監に問題&shy;点を説明しても らう。事業概要。府の責任。今の危険性。
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◎府問題4・25市取材、密集市街地2 .  アップロード日: 2008/04/25
   http://www.youtube.com/watch?hl=ja&v=wh30fyo7qeg&gl=JP
 説明:PT案で勝手に府補助廃止が出された門真市の密集市街地整備について、門真市
   のベテラ&shy;ン担当者・渡辺管理監に問題点を説明してもらう。
   公の資金投入の意味や仕組み。対象4&shy;61ヘクタールで進捗6ヘクタール。
   府補助廃止=事業停止なら「元の木阿弥」

◎府問題4・25市取材、密集市街地3 .  アップロード日: 2008/04/26
   http://www.youtube.com/watch?gl=JP&v=W7Bb12JlnWQ&hl=ja
 説明:PT案で勝手に府補助廃止が出された門真市の密集市街地整備について、門真市
   のベテラ&shy;ン担当者・渡辺管理監と戸田が対談。
    橋下の無知の実態。何十年も要する事業。町づくり&shy;の目玉。府の今後の展開

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.5; YTB730...@i60-35-91-100.s04.a027.ap.plala.or.jp>

447 / 1585 ツリー ←次へ | 前へ→
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
ページ:  ┃  記事番号:   
1,319,903
(SS)C-BOARD v3.8(とほほ改ver2.1) is Free