「自由・論争」 掲示板

★この掲示板は戸田が「革命的独裁」をする所である。
この掲示板はジャンルを問わず、論争・口ゲンカ・おチャラけ・ボヤキ等、何でもOKだが、「掲示板のルール1」「掲示板のルール2」を読んで必ずそれに従うこと。
●ここのルールを守らない荒らし的文句付け屋に対しては、「何で稼いでいるのか、どんな仕事や社会的活動をしているのか」等を問い質し、悪質な者には断固たる処置を取り無慈悲にその個人責任を追及していく。
★戸田の回答書き込みは多忙な活動の中では優先度最下位である。戸田の考えを聞きたい人は電話して来る事。
●「Re:○○」形式の元タイトル繰り返しタイトルは厳禁!!必ず「内容が伺える独自のタイトル」をつけること。
◆約10年間完全自由投稿制を維持してきたが、荒らし・妨害投稿頻発のため、投稿者登録制に移行した。投稿する方はこちらにアクセスし、所定の手続きを行なうこと。
◆投稿者のメールアドレスは戸田が把握するが、掲示板では非表示にできる。
◆投稿者名・メールアドレス・パスワードは登録時のものを使わないと投稿できない。 登録・投稿についての分かりやすい説明はこちら。うまくいかない場合の問い合わせは戸田事務所まで。(冒頭記:2009年4/8改訂)   これまでの管理者命一覧(必読)

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
48 / 2534 ツリー ←次へ | 前へ→

堺・生駒・高槻で、ザイトクの「従軍慰安婦は捏造だ展」に施設使用許可を出した問題 戸田 14/7/9(水) 9:30

◆「住民の尊厳を守る」が肝!議会で慰安婦問題決議した責任と「捏造!慰安婦展」 戸田 14/7/9(水) 9:36
▲7/7華青闘告発から44年、最低最悪なザイトク放任都市=尼崎市問題を斬る! 戸田 14/7/9(水) 9:44
△尼崎市の酒井市議や「ザイトクは相手せず」方針への批判に私も同感、と在日の人から 戸田 14/7/11(金) 2:17

◆「住民の尊厳を守る」が肝!議会で慰安婦問題決議した責任と「捏造!慰安婦展」
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 14/7/9(水) 9:36 -
  
 戸田の反ザイトク情報メールの7/7送信を紹介する。
   ↓↓↓
件名:
  ◆「住民の尊厳を守る」が肝!議会で慰安婦問題決議した責任と「捏造!慰安婦展」

本文:今回の配信内容は以下の通り。

【1】「住民の尊厳を守る」が反ザイトク施策のキーワードだ!
   新たな法律や条令も議会工作も不要な「住民の安全と尊厳を守る行政責務」
【2】議会で慰安婦問題決議をした責任と行政が「捏造!慰安婦展」を許可して
   しまった事の関係性
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
★7/26(土)「ザイトクに公共施設を使わせない論理と倫理〜7/26前田朗先生講演集会
      イン門真」
  にまだ日にちがあると思われているためか、まだ参加申込者10人程度で全然足りませ  ん。100人規模の会場を埋める事前申し込みを願います!
   ※7/16準備会(夜7時会場に集合)も4人だけで、あと数名欲しいです。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【1】「住民の尊厳を守る」が反ザイトク施策のキーワードだ!
   新たな法律や条令も議会工作も不要な「住民の安全と尊厳を守る行政責務」

 行政に反ザイトク施策(ヘイト抑止施策)を取らせていくにあたっては、それが「行政の責務」であることを行政側に承服させないといけない。
 しかも抽象的・お題目的な承服ではなく、「実効的措置」を取る事を「義務づける」論
理構成を持たないと意味がない。

 どういう概念を使うのがいいのか?
 それを戸田は2011年9月議会で門真市行政に反ザイトク施策を求めて以来ずっと模索し
てきた。(行政側の思考回路も聞いて協議しながら)
 「人権の尊重」だけでは抽象的過ぎてザイトクの差別罵倒・襲撃問題への対策には役立
たない。

 「平和的生存権」、「差別されない権利」、「差別罵倒・侮辱をされない権権利」、
等々・・・・
 端的な言葉で、ザイトク問題に直結して、分かりやすく、普遍性があって、行政が無条
件に承服出来る(絶対に否定できない)言葉で・・・・

 そうした模索の末に2013年3月議会から戸田が使い、門真市行政が承服したのが
「住民の安全と尊厳を守る行政責務」という概念である。
 (行政自身が自分の言葉として議会で明言したのは「川東騒動」でのブレを立て直した
  今年の6月議会からだが)

 この概念の素晴らしさのポイントは以下の通りだ。

1:「住民」という事で、国籍を問わず、その自治体に住んでいる人全てを網羅し、行政
  に対して「自分とこの住民への責任」を明示する。
   ▲「国、府県、近隣他市の動向の検討」は関係ない!
     そういう「行政お定まりの言い訳」は出来ない!

2:「安全」とは襲撃されず、襲撃の危険性の怯えず暮らせる住民の権利。
      (それを含んだ言葉)
  ※「安全安心」という言葉が「住民監視・国家統制」の諸措置を正当化する流れで使
   われまくっているが、それを人民のために換骨奪胎した!

3:「尊厳」とは差別されず、差別罵倒や侮辱をされない住民の権利
     (それを含んだ言葉)
   ◆ザイトク規制に最も適している!しかも普遍性がある!

4:それを守るのが「行政の責務」だという事。
  ◆「住民の安全と尊厳を守る事が行政の責務でしょ」と言われたら、行政は絶対にそ
   れを否定出来ない。どこの行政でも「その通りです」と言うしかない!
    (「国、府県、近隣他市の動向」に関わりなく)

5:「行政の責務と認める以上は、実効性ある措置を取らんといけないでしょ」、として
  行政に具体的措置を実施させる論理構造が作られる。

6:しかもこの概念の実施にあたっては、新たな法律も条令も不要だ。
   (それに何の予算措置も要らない)
  ◆議会内多数は不要だし、右翼議員がいても妨害されずに、行政だけの判断で承服で
   きる・承服しなければならない概念である!
  (現に自民党市長の門真市で、戸田1人だけの働きかけで反ザイトク施策が進んだ根
   拠はここにあると言える。)

  ※やる気のある議員が1人いれば出来る!
   一方、日本の現実では強い住民運動があったとしても「奮闘する議員ゼロ」では、
   ほぼ実現不可能だし、状況に即した展開が出来ない。
    鍵は「やる気のある議員」の存在だ。

 ■行政に反ザイトク施策を採らせたいと願っている人は、まずあなたの自治体行政に、
  「超一般的な質問」として、「住民の安全と尊厳を守る事は行政の責務であるはずだ
  が、どうですか?」、と聞いてみてほしい。
   まずは「超一般的な質問」をして「超一般的な回答」をさせること!
   スタートはそこからだ。

 ■ありきたりの言葉のように見えるが、ザイトク規制に絶大な効果をもたらす、
  「ついに発見された概念」!
  それが「住民の尊厳を守る」であり、「住民の安全と尊厳を守る行政責務」だ!
  ・・・・こういう事を「コロンブスの玉子」と言うのだろう。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【2】議会で慰安婦問題決議をした責任と行政が「捏造!慰安婦展」を許可してしまった
   事の関係性

 ザイトクが全国的に「捏造!慰安婦展」を企画し、それを堺市(7/26・27)、
生駒市(8/30・31)、高槻市(9/11〜16)が公共施設の使用許可する、という問題が心あ
る人々を憤激させ困惑させている。

◆今まさに「ザイトクに公共施設を使わせない論理と倫理」が問われている!
  (だから門真市での7/26前田先生講演会に結集して学ぶべきなのだ)

1:この3市の市議会はいずれも「従軍慰安婦問題の解決を求める意見書」を(多数決
  で)採択している。(右翼・ザイトクからの非難をはねのけて!)
  (以下では「従軍慰安婦問題決議をした」とも記す)

2:これはとりもなおさず、市議会が「歴史修正主義」勢力の主張、すなわち
    「従軍慰安婦は存在しなかった!単なる売春婦問題だ」
    「戦前日本にも戦後日本にも、この件で何ら咎められる事はない」 
  という主張を、正面切って否定批判した、という事だ。

3:それなのに市当局が公共施設を「歴史修正主義」(戸田は「歴史偽造主義」と言いた
  いが)勢力のデマ主張を宣伝する場として使わせるというのは、市議会決定に真っ向
  から反する行為であり、許される事ではない。

4:議員達もまた、自分らが決議において否定し批判した「歴史修正主義」勢力のデマ主
  張が、自分のまちの公共施設で垂れ流されようとしている事、「行政が議会決議に反
  して使用許可した」事について、猛然と怒って反対しないといけない。

5:今回の問題は、「ある事件について別の見解もあります」という類の問題ではない。
  例えば、ある不良社員集団が女性を拉致監禁・連続強姦した事件があって、
  裁判でもそういう事件があった事が認定されていて、その会社の役員がそういう事実
 が存在した事を認め、会社としてもそういう社員を生み出してしまった事についてお詫
 びの気持ちを表明したとして、

  不良社員集団になぜかシンパシーを抱く連中が、公共施設を使って「拉致監禁強姦な
 んてなかった。女どもは金目当ての売春婦どもだった」とデマ宣伝する事が許されると
 思うのか? 
  そんなデマ宣伝企画は被害者および問題をまじめに考える全ての人々を侮辱し誹謗中
 傷し、その「尊厳」を傷つけるものであり、絶対に許されるはずがない。

  被害女性が日本人でなく朝鮮人や中国人だったら許されるのか?
  最近の事ではなく昔の事だったら許されるのか? 今も被害者が生きていて、
 この事件への謝罪と補償を求めているというのに。
  到底許される事ではない。

6:少なくとも公共施設において(公衆の利用に供する空間でも)、このように被害者と
 通常の市民の尊厳を傷つける宣伝企画は絶対に許されるべきでない。

7:●ところで、3市でこのようなデマ宣伝企画を市当局が許可した事については、市議
  会議員達のこれまでの行動(不作為)に大いに責任がある事を、議員達は反省しなけ
  ればならないし、運動市民側も自覚しなければならない。

8:なるほど3市の議員達は従軍慰安婦決議を上げるに際して、一般右翼やザイトクの脅
 迫や脅迫的街宣をはねのけて決議を上げた。
  その行為は日本社会に流通している「歴史修正主義」勢力の主張を正面切って否定批
 判した、立派な行為である。
  
9:●しかし議員達は「立派な決議を上げる事」には勇気を奮ったが、「自分のまちで
 「歴史修正主義」勢力が市道を使ってデマ宣伝=「被害者と住民の尊厳を傷つける宣
  伝」を行なう事に対して、全く批判せず、放置したままだった!
  
  少なくとも議会で従軍慰安婦決議が決された以降は、こういう輩に市道を使わせない
 措置を行政に求めるべきだったし、こういう輩のデマ宣伝を議員の名において明確に批
 判すべきだった。

10:堺市、生駒市、高槻市のいずれにおいても、「市民派議員」等、戸田と同じメーリン
 グリストに入っている議員が何人もいる。  
  戸田はそれらの議員達に、2009年頃からザイトク問題の情報を発信してきたし、特に
 2011年9月議会で門真市の反ザイトク姿勢の答弁をさせて以降は、「議員として行政を
 追求して反ザイトク施策を採らせる」ノウハウと実践を頻繁に、それこそ山のように沢
 山、発信して来た。

 ●しかし、それでも3市の議員達は誰一人、動かなかった。
   だから、3市では行政当局の認識が全く進歩せず、ザイトクの差別罵倒宣伝、
  「住民の安全と尊厳」を脅かす差別宣伝に市道が使われてきたし、行政当局に「そう
  いう宣伝は深刻な人権侵害にあたって許されないものだ」という見解を出さねばなら
  ない、という発想すら浮かばなかったのだ。
  (30数年も「同和人権行政」を続け、「差別を許さないまちづくり」を掲げていて
   このザマだ!)

11:▲特に生駒市の議員達は、慰安婦決議への報復として2010年3月議会開催前週に、
 議会棟が約20人ものザイトクによる「殴り込み」攻撃を受けて怒号罵声で蹂躙されると
 いう、類を見ない凶悪事件があったにも拘わらず(現場動画がネットで公表された)、
 ザイトクに萎縮しまくって、ザイトクを批判するどころか事件があった事すら口外せ
 ず、事件を隠ぺいする有様だった!

  事件6日後に開催された3月議会で襲撃非難の議会決議を上げるのが当然なのに何も
 せず、議員メーリングリストでの発信も全くしなかった。
  戸田がこの事件を人づてに知ったのは、実に1年半後の2011年10月だった!
 http://www.hige-toda.com/x/c-board/c-board.cgi?cmd=one;no=6822;id=01#6822  

12:2009年12月の京都朝鮮学校襲撃に続いて、2010年3月に生駒市で「市議会殴り込みで
 お咎め無し」だった事は、ザイトクを大いに鼓舞し、「自分らは何をやっても許され
 る」、とばかりに同年の西宮駅前や大阪駅前での「従軍慰安婦宣伝への襲撃」を凶暴化
 させ、同年4/7の戸田への襲撃や4/14徳島県教組襲撃につながっていった。

  生駒市の議員達は、こういう「運動のメカニズム」に無頓着で、自分の身の安全だけ
 を優先し、ザイトクをつけ上がらせ被害を拡大させたた、との批判は免れない。

13:生駒市の議員達の保身主義は、さらに生駒市在住の在日コリアン女性がザイトクに自
 宅を襲撃街宣され、氏名・顔写真・住所・電話番号等までネットで晒されてネットで攻
 撃扇動をされるという、住民の「尊厳」どころか「身の安全」すら脅かされる事態を生
 み出した!
  2011年10月の事である。

  攻撃の口実は「外国籍住民も投票出来る住民投票規定を含んだ自治基本条令作定に
 市民委員として協力したから」だった。

 ■つまり、「生駒市行政に協力したためにコリアン住民がザイトクに襲撃される」、
  という事態が発生したのだ!  
 http://www.hige-toda.com/x/c-board/c-board.cgi?cmd=one;no=6823;id=01#6823

14:●ここまでザイトクがつけ上がった背景には、生駒市では3月の議会棟襲撃の前もそ
 の後も、駅前などでの差別宣伝や差別ビラ配布、住宅街にも差別ビラ配布、市道を使っ
 た差別街宣などがヤリ放題だった事がある。
  これほど「住民の安全と尊厳」が脅かされているのに、1人の議員も声を上げようと
 しなかったし、住民を守ろうとしなかった。

15:2010年10月の女性自宅襲撃街宣を契機に、「市民派議員出身」の生駒市長は、ザイト
 クに謝罪とネット公開情報・動画の削除を求める姿勢を取ったが、駅前や市道を使って
 の差別宣伝・差別ビラまきは相変わらず放置した。
  ▲これでは被害女性についても、外国籍住民にとっても、「安全と尊厳」を守られる
   事には全くならない!

16:生駒市のこういった状態はその後もずっと続いてきた。
  そうした状況の中で、今回、市がザイトクの「捏造!慰安婦展」に使用許可を出した
 のである。
  「生駒市芸術会館」という立派な市施設で、8/30・31(土・日)の2日にも渡って、
 ザイトクのデマ扇動企画に使用許可を出したのだ。
 
 ■生駒市の議員達は、2010年3月の議会棟襲撃事件で首をすくめて「住民の安全と尊厳
  を守る責務」を放置してきた無責任不作為の「決算」を今、問われているのだ。
   今度も知らんぷりするのか?
  今度は「住民の安全と尊厳を守る責務」に目覚めて起ち上がる事を期待する。

  「護憲・人権の市民派議員オンブズ出身の市長」=山下市長を抱き、かつて
  「勇気を持って従軍慰安婦決議を上げた」市議会のある生駒市ではないか! 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

★門真市は「ザイトク川東の差別集会への許可」でブザマにオタオタしたが、それを
 「雨降って地固まる」の精神で昇華し、6月議会答弁で総括と反ザイトク施策の一層の
 高度化を表明し、前田朗先生を招いて220人規模で「職員研修会」を実施する事を決めた
 例を、特に他市の議員と行政マンは参照して欲しい。

「敗北・困難を勝利の土台に!」 持つべきスローガンはこれである。

  2014年 7/7(月)盧溝橋事件77周年の昼前に。  戸田ひさよし 拝
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.5; YTB730...@i222-150-201-199.s04.a027.ap.plala.or.jp>

▲7/7華青闘告発から44年、最低最悪なザイトク放任都市=尼崎市問題を斬る!
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 14/7/9(水) 9:44 -
  
 戸田の反ザイトク情報メールの7/8送信を紹介する。
   ↓↓↓
件名:▲7/7華青闘告発から44年、最低最悪なザイトク放任都市=尼崎市問題を斬る!

本文:   7/7(月)23:30作成着手

【1】本日7/7は「七夕」でもあるが、1937年7/7盧溝橋事件発生から77年であり、
  そして日本の戦闘的左翼にも孕まれている抑圧民族としての傲慢さを強烈に批判して
  大衝撃を与えた1970年の「7/7華青闘告発」から44年の7/7でもある。
 
◆「7/7華青闘(華僑青年闘争委員会)告発」
 @「諸君は日帝のもとで抑圧民族として包摂されていることを自覚しなければならな
   い」。
 @「抑圧民族としての自己の立場を自覚し、そこから脱出しようとするのか、それとも
   無自覚のまま進むのか。
   日本帝国主義に対決するのか、それを擁護するのか。
   立場は2つにわかれている」。
  http://blog.goo.ne.jp/harumi-s_2005/e/285e91e155388bcf109711e72e742e9f

 これから述べる兵庫県尼崎市の問題は、「市民派女性市長」の行政と、「数多くの市民
派・社民・共産・民主を擁する市議会」が歩調を合わせて「無自覚に・沈黙を持って民族
差別・ザイトク暴力に加担する」保身的腐敗の典型を示すものであり、これを厳しく粉砕
する事が「住民の安全と尊厳を守る」ための必須課題となっている事を示す事例である。
   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【2】戸田は今年の「2/21門真市の反ザイトク施策研修会・戸田講演資料」扉で、

 【 最悪の尼崎市 】
  ◆ザイトクが市議会傍聴で在日女性を囲んで差別罵倒攻撃しても放置!
   「市民派女性市長」も職員も知らん顔!
  ◆「人権派」議員達(市民派・共産・社民・民主)は「ザイトク相手にせず」と称し
   て保身で反ザイトク闘争を抑止し、市民を攻撃にさらす!

 と書き、5ページにおいてその詳細分析を書いた。
   http://www.hige-toda.com/zaitoku/img4/2.21date.pdf

 これは2012年6月の尼崎市議会で起こった事件によるもので、その詳細は同年6月に掲
示板に
  ■目前の差別暴力被害を見捨てる「在特会を相手せず」方針の非人間性と無策無能に
   怒り   戸田 - 12/7/11
  http://www.hige-toda.com/x/c-board/c-board.cgi?cmd=one;no=7123;id=01#7123
と明示し、議員達にもメール送信している。(誰からも反論・応答無し)
   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【3】さて、そういう尼崎市から「市民派議員」の最古参で稲村市長与党である
  酒井一(はじめ)氏 http://shiminpower.net/index.html
   (1992年全会派カラ出張事件ー1993年議会解散・出直し市議選で初当選) 
  が「2/21研修会」に参加して来た。
   少しは尼崎市のあり方を反省して反ザイトク施策を学びに来たのかと思ったらさに
  あらず。
   酒井市議が研修会でやった事は、2年前からの戸田の公開批判には無言でいたくせ
  に、「こんな尼崎市への非難は許せない」、という居直り強弁で貴重な時間を10分近
  くも潰す事だった。

   酒井市議の議論の前提におけるデタラメさや詭弁性が余りに酷く、これを相手に時
  間を使う浪費は出来ないとの判断で、戸田は研修会の場では論議に応じる事を避けざ
  るを得なかった。
   酒井市議は好き勝手言った挙げ句に「これの動画はアップしないでくれ」とまで要
  求する始末。(だからこの部分の動画がアップされていない)
   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【4】酒井市議が「反ザイトク先進施策研修会」で述べた事の概要は以下の通り。
  (動画から文字起こしてもしているが、今は記憶に基づいて述べる)

1)尼崎市役所にザイトクが来て、朝鮮学校への補助をやめろと執拗に文句付けしている
 が、これに関して自分は(ザイトク批判を公表したり、市に反ザイトク対策を求めるの
 ではなく)職員が朝鮮学校補助のいきさつを知らないから自分が教えてやった。
  (と自慢。彼の「ザイトク対策」はこれだけ!)

2)「尼崎の議員達が『ザイトクは相手にせず』の方針を決めて、ザイトクに好き勝手さ
 せた」というのはウソだ!
  ▲自分ら議員は、6/23本会議当日の方針なんか何も決めていない!
   いったい誰からそんな情報を入手したのか?事実に反する誹謗だ。

3)●「ザイトクは相手にせず」の方針があったとすれば、それは(議場への日の丸掲揚
 に反対する)市民運動の人達が決めた事で、自分ら議員は全くあずかり知らない事だ。

4)ザイトクによる傍聴市民への暴力的罵声について、自分自身は見ていない。

5)「多くの傍聴市民・職員・議員の目前で行なわれた事だから市として厳正対処しろ」
 と求められても、
  ●「行政として事実認定する」というのには、高い壁があって簡単じゃない。
    (!?)
6)●事件について市に調査や謝罪を求める事は、自分は考えていない。
   
7)▲その後も尼崎市内でザイトクが少し宣伝しているみたいだが、大した事ではない。
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【5】こういう酒井尼崎市議の言い分に対して、戸田の感想は2つだ。

 ■1:馬鹿を言うのも大概にして欲しい。
 ■2:「かつて革命左翼の一員であった人間がこれほどまでに腐敗する」、という典型
    のひつとを見せてもらった。

 ※ 酒井市議は、昔は三里塚に「木の根団結小屋」を持つブント(共産主義者同盟)系
  小党派の活動家で、戸田ら阪大黒ヘルは1977年初頭に酒井氏らからオルグを受けて   「三里塚鉄塔決戦」以降の三里塚闘争に参加していったのだ。
   あの時の酒井さんが、今はこんな腐った事を言う議員になったとはねぇ!
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【6】詳しく反論すると以下の通りである。

1:戸田の公開的批判にダンマリ決め込んで「市民派ムラ政治」をやって来ておいて、
 2年近く経ったこういう研修会の場でデタラメ論議をするのは卑劣だし、主催者にも他
 の参加者にとっても迷惑な妨害行為だ。

2:■ザイトク集団が6/23本会議に押し寄せる事を知っていながら(予測出来なかったと
 したら、議員として犯罪的なアホウだ)、市民を守る対策を全く考えなかったと言うの
 だから、これは市民を無防備にザイトクに差し出したに等しい行為ではないか?!

3:■「ザイトクの差別罵声への対策や対処方針を全く持たなかった。市にも市民団体に
 も何も提起しなかった」、という事を何かしら「免罪符」のように語っているが、それ
 って自分ら議員の無能無責任の現れでしょ!

4:「議会という公共の場で、議員にとっては『自分の職場』で」、ザイトクが老人や在
 日住民に罵声怒号の「暴力」を振るっているのに、被害者を助けず、「知らん顔」をし
 続けた市議会の一員としての責任を全く感じない鉄面皮!
  それでも人間か! 人権を語ってきた者のやる事か!

5:●市民や議員・職員多数の面前でなされたザイトクの蛮行について、「その事実があ
 ったかどうか、行政として認定するには壁が高い」とは、何という言い草か!
  あんたは原子力ムラの役人か?

  目撃市民が市に抗議し、調査や処罰を文書で申し入れているのに、市民派市長も議員
 達も何もしなかった!
  そういう事実すら抜け抜けと知らぬ顔して、無責任役人のようにしゃべるとは、どこ
 まで性根が腐ったのか!

6:▲ザイトク襲来が分かっているのに、職員に録音機・カメラを持たせて記録するよう
 にさせようとはツユほども考えなかった無策無能ぶり!
  それを何ら恥と思わない鉄面皮!
  元左翼闘士で市長側近の、議員歴20年の古参ボス議員として、その無能無策さに恥を
 知るべきだろう。

7:◆実は、この「ザイトクが尼崎市に来る!」事件は、ザイトクを取り締まり、封じる
 絶好の機会だったのだ。
  戸田は酒井市議らにその事を何度も何度も情報提供し提起してきた。
  しかし彼ら彼女らはそれを全くやろうとしなかった!

  1月2月には尼崎市役所にザイトクがイチャモンつけに来ていたようだから、3月議
 会で取り上げればよかったのに、何もしなかった。
  日の丸問題でザイトクが押し掛ける事が分かりきった6月議会で取り上げる事を予定
 して、行政にザイトク対策・反差別人権擁護の対策を取らせていれば、こんな酷い事件
 は起こらなかった!

8:▲被害に遭った人達は、「市役所・議会という、最も安心できるはずの場所でいきな
 りあんな酷い罵声暴力を受けた」、「あんな酷い被害に遭っているのに誰も助けてくれ
 なかった!」、「市の職員も議員さん達も、みんな知らん顔だった!」事に酷く傷つけ
 られたはずだ。

  それを周りで見ていた一般市民達も職員達にも「日の丸掲揚に反対したらあんな怖い
 目にあってしまうんだ、誰も助けてくれないんだ」という恐怖感が強烈に刻み込まれて
 しまったのは間違いない。
  (酒井市議にはそういう事への反省のカケラも無い!)

9:■酒井市議らの本心は「自分はザイトクに目を付けられたくない!」、という事だと
 しか思えない。
  一貫して、ザイトクと向き合わず、ザイトク問題を行政の課題とせず(まさに人権施
 策への破壊攻撃なのに!)、ザイトクの差別暴力に反対する運動に賛同する事すら避け
 てきた、その言動を見ればそう考えるしかない。
  ▲つまりは「我が身可愛さの、口先だけでの人権派」である。

10:■ザイトクの差別罵声暴力への怒りも、それに怯え傷つく人々への想いも、「自分の
 まちの住民を守るのが自分の責務だ!」という気概も、酒井市議にはカケラも無い! 
  「ザイトクの動きが少し続いているが大した事はない」、とは何たる言い草か!

  1件でもザイトクの差別街宣がされたら、住民が傷つけられている事に痛みと怒りを
 感じて、「申し訳ない!」という気持ちを持てよ!
  この「悪質な差別事件発生への鈍感さ」には、本当に呆れてしまう。

 ▲「7/7華青闘告発」を受け止めた1970年の酒井青年の感性は、2/21研修会当時43年半
  を経て、ここまで腐っていたという事だ。
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【7】なるほど現象的には、「ザイトクを相手にせず」の現場方針は、それなりの部分を
  在日コリアンが占めている運動団体側が持ったものだ。
   ならば、それは運動団体側だけの責任なのか?

1:運動団体側は、現場議員の意向を無視した方針は立てられない。
  尼崎市の議員(市長ら当局も)の姿勢に「ザイトク許すまじ!の姿勢」が全く感じら
 れないから、このような誤った・屈従的な・ザイトクに好き勝手させて市民を脅かして
 しまう方針に流れてしまったのである。
  尼崎の議員らは、この事を自己批判的に捉え直すべきだ。

2:戸田は在日の活動家に対しても、「『ザイトクを相手にせず』の方針は、犯罪的に間
 違っている!」と批判し続けてきたが、
 ◆そもそも在日の活動家達が、このような屈従的な方針に流れてしまう根本原因は、
  日本人側にザイトクに激しく怒り、絶対に許さんぞ、と闘う姿勢や体制が余りに微弱
  な所にある!

3:●つまりは、尼崎市の議員らは「広義の押しつけ」という意味で、「ザイトクを相手
 にせずの方針」を市民達に押しつけていたのだ。
  物事を真摯に考えるならば、そのように考えなければいけない。

  戸田はそのように考えるから、酒井市議の「自分らは何も押しつけていない。戸田の
 主張は事実に反する」という抗議は、きっぱり拒否する!

3:■日本社会のイビツさが、在日をして屈従的な方針を取らざるを得ないように強制し
 ている事を見ずして、まるで在日側が自発的にそういう方針を決めたかのように考え
 て、日本人側の責任性に無自覚な愚かさよ!

  それって「7/7華青闘告発」で突き出された問題と同じではないか?!
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【8】▲補足的に言うと、「ザイトクの差別罵声が浴びせられる事は在日側も想定してい
  た事だから、傍聴者に差別罵声が浴びせられても重大問題じゃない」、という、
  「活動家の事しか念頭に無い」アホウな「正当化論」もある。
   酒井市議と尼崎で長く共闘してきた人民新聞古参のB氏が、戸田の酒井市議批判に
  対して、そういう事を返してきた。

■何と愚かな!
 「差別罵声を浴びせられた中には、全くの一般市民がいたではないか。議会傍聴に行っ
 て突然そのような被害に会った人の打撃や屈辱を君は考えないのか?」と問い質した
 ら、B氏の答えは、
  「あッ!そういう事は考えていなかった!」
 という、差別される側の痛みに全く無感覚な回答だった。

  これには戸田は、腰が抜けるほど驚いた。
  なるほどこんな感覚では、人民新聞が2/21研修会に取材で人を寄こしても、「行政に
 反ザイトク施策を採らせる事の重要性とそのノウハウ」という、肝心な事を全く記事に
 しないのも道理だ。
  左翼新聞人として何というセンスの無さか!

 「運動団体の在日の人が戦術的に受容しようとする事」と、「活動家でも何でもない
 (在日の)一般市民が受ける被害」は全く違うものだという事も、
 「あらん限りの力を振り絞って、差別罵声の発生を防がなくてはならない」という、
 人間として当然な事も、「活動ズレした人」には分からなくなっている、という事か。 
  「あんた、人としての感性がおかしくないか?!」、と言わねばならない。
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【9】これを最後の章とする。

1:▲尼崎市は既に「市はザイトクから住民を守らない」という事実を示してしまった。
  ■とりわけ、「市庁舎内や議場内ですら、市はザイトクから住民を守らない」という
   事実を示してしまった!・・・2012年6/23本会議で事件で!

2:その「事実」は在日住民に焼き付けられ、とりわけ2012年6/23本会議での被害者と
  市職員達の目に焼き付けられてしまった!

3:■こんな尼崎市であれば、ザイトクが公共施設の使用申請をしたら、右から左に次々
 と許可されていくだろう。
  そして「住民の安全と尊厳を守る行政責務」とは無縁の、「ザイトクやりたい放題の
 都市」になってしまうだろう。

  市民派県議上がりの「2代目女性市民派市長」を懐き、人権平和を口にする市民派・
 社民・共産(・民主)等々の議員を多数擁し、外国籍の住民や労働者が多数存在し、
 「多文化共生」を掲げる尼崎市だというのに! 

4:それを防いで「住民の安全と尊厳を守る」尼崎市にするためには、まずもって議員
 が、「他民族の痛みに思いを馳せる事無く、他民族を犠牲に差し出して自分の安泰を図
 る」という、無自覚な差別的保身主義を抱えている事を、自分でえぐり出して自己刷新
 を図るしか、手は無いはずだ。
  そこから市長や職員の刷新が始まり、「住民の安全と尊厳を守る行政」が開けていく
 だろう。

5:「過ちを直すに遅すぎる事はない」。
  その事を、戸田は酒井市議ら尼崎市の議員達に期待しておく。
  (一応、理論的には、)
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 以上、盧溝橋事件発生77年目、「7/7華青闘告発」44年目の7月7日を越えた2014年7/8
 午前8:10に作成終了。
                 戸田ひさよし 拝
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.5; YTB730...@i222-150-201-199.s04.a027.ap.plala.or.jp>

△尼崎市の酒井市議や「ザイトクは相手せず」方針への批判に私も同感、と在日の人から
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 14/7/11(金) 2:17 -
  
 上記の尼崎市の行政や議員達への批判について、「2/21門真市の反ザイトク施策研修会」に参加した在日コリアンで人権運動をしている人から、賛同するメールが届いているので、匿名化して紹介する。
   ↓↓↓
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 戸田さん
 昨日はご苦労様でした。京都地裁判決をそのまま踏襲するかに見えた大阪高裁ですが、
より深く踏み込んだ判決が出ました。実に爽快です。

 さて、尼崎市の酒井さんに対する批判です。
 研修会のとき、たまたま酒井さんは僕の隣にいましたので、よく覚えています。中身の
無い言い訳をしているな、といった感じでした。
 一体何を目的にこの研修会に来ているのか、理解に苦しみました。

 まあ、これは尼崎に限らず、○○でも同様です。考えれば考えるほど腹が立つので、
最近は考えないようにしています。

 さて、添付に記されていた在日の運動体の在特に対する方針(?)ですが、確かに初期
はそのような考えだったと思います。
 おそらくそれは、こちらが反応することがかえって在特の勢力を助長するとの判断だったと思います。

 しかし、それだけではないと思います。
 なぜなら、初期とは異なり、在特が組織力、影響力を増大させてもなお、積極的に戦お
うとはしていないからです。
 この点は、尼崎の酒井さんに通じるものがあるように思います。

 さらに付け加えると、在日は事業経営者が多く、ビジネスに支障をきたすことを恐れて
います。
 事実私の知り合いは、ある差別事件に抗議したところ、在特が介入したため、経営する
店に街宣をかけられることを恐れて、抗議をやめました。
 さらには○○○○への原稿をとりさげるという始末です。
 指紋押捺拒否闘争のときも、同様の論争がありました。

 要するに「持てる者たち」の運動の限界でしょう。
 行政の下請け機関と化した元運動家たちも同様でしょう。
                            2014年7月9日
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.5; YTB730...@i219-167-237-132.s04.a027.ap.plala.or.jp>

48 / 2534 ツリー ←次へ | 前へ→
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
ページ:  ┃  記事番号:   
834,144
(SS)C-BOARD v3.8(とほほ改ver2.1) is Free