ちょいマジ掲示板

この掲示板は、門真市及び守口市ネタを中心に各地の議会や自治体ネタなどを、「比較的穏やかに」意見・情報の交換をする所です。詳しくは「掲示板のルール1」「掲示板のルール2」を読んでそれに従って下さい。 この掲示板では戸田の命令が絶対であることをくれぐれもお忘れなく。
内容的に関連がある投稿の場合は(先の投稿への)「返信」の形を取って投稿して下さい。
●ただ、「Re:○○」形式の元タイトルの繰り返しタイトルは厳禁です。必ず「内容が伺える独自のタイトル」をつけて下さい。
◆約10年間完全自由投稿制を維持してきましたが、荒らし・妨害投稿頻発のため、やむなく投稿者登録制に移行しました。投稿される方はこちらにアクセスし、所定の手続きを行なってください。 ◆投稿者のメールアドレスは戸田が把握しますが、掲示板では非表示にできます。 ◆投稿者名・メールアドレス・パスワードは登録時のものを使わないと投稿できません。 登録・投稿についての分かりやすい説明はこちらです。うまくいかない場合の問い合わせは戸田事務所まで問い合わせてください。 (09年4/8改訂記)   これまでの管理者命一覧(必読)

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
535 / 1598 ツリー ←次へ | 前へ→

消防談合第3ツリー:「職員調査」の実態は1回ずつ、たった15分か20分だけだった! 戸田 12/8/30(木) 9:21
●これは消防当局と7業者結託の談合もみ消しだ!11/9(金)の消防幹部の訪問口頭報告! 戸田 12/11/12(月) 21:59
☆これが「赤尾社2/20談合FAX」文面だ!戸田が11/9に提供要求し、閲覧書き写した! 戸田 12/11/12(月) 22:50
▲正確には「FAX書き写し公表したのは戸田が初めて」。文言自体は6月末に議員に提示 戸田 12/11/13(火) 5:24
◎これが11/9夕方メール受信した「調査委員会の経過と内容報告」だ!戸田要求で入手 戸田 12/11/12(月) 23:25
↑※上投稿の中で「㊞ ㊞」とあるのは、マル印・マル印の文字化... 戸田 12/11/13(火) 4:55
▲「不審な当選辞退」をしたオカニワ社は調査せず!それは口頭説明に無かったぞ! 戸田 12/11/13(火) 5:02
▼12(月)昼になって送信してきた「消防当局の判断」=「各議員への報告内容」がこれ 戸田 12/11/13(火) 6:01
●「各社は防火服入札にのみ参加させず口頭注意だけでチャラ」!オカニワは無処分? 戸田 12/11/13(火) 6:32
◎11/12(月)には「赤尾社2/20FAX」の体裁再現の送信もあり。これはサービスかな? 戸田 12/11/13(火) 8:22
◆??12(月)夜でも真崎氏は話すら聞いてないと驚き怒る。土山氏は文書受けてないと、 戸田 12/11/13(火) 8:41
★「11/13緊急10項目質問」を送ります。1時までに回答願います(戸田より消防へ) 戸田 12/11/13(火) 9:30
▲とりあえずの電話回答:オカニワは当選辞退で1年停止の処分中。今の所は再調査せず 戸田 12/11/13(火) 9:46
☆12:49に回答あり!問題FAXは談合証拠じゃない、今度の防火服入札に参加可能って 戸田 12/11/13(火) 13:39

消防談合第3ツリー:「職員調査」の実態は1回ずつ、たった15分か20分だけだった!
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 12/8/30(木) 9:21 -
  
 新ツリーを立てる。
 内容としては第1位ツリーの
▼酷いぞ消防当局!防火服入札談合事件で7/5消防議会では質問に答えないと態度を
 急変!     戸田 - 12/7/3(火)
  http://www.hige-toda.com/x/c-board/c-board.cgi?cmd=one;no=7245;id=#7245
からの引き継ぎになる。

 消防当局が「精一杯やった」=「これ以上はできなかった」と称した業者に対する「調査」の超お粗末さは、前ツリーで紹介しておいたが、今度は「消防職員に対する内部調査」もまた、超お粗末だったという話である。
 この件は、戸田が8/28(火)に消防幹部と会った時に口頭で質問し、文書回答を求めていたもので、その日の夕方にメールで回答が来た。

 結果は、
  ・3部門計4人の職員をそれぞれ1回だけ「事情聴取」した。
  ・その「事情聴取」の長さは「15分間」が2部門、「20分」が1部門だった、
というもの。
 以下に8/28回答を紹介する。
   ↓↓↓
(消防職員への調査の実態)

1 総務課管財係長
(1)事情聴取日時 平成24年3月2日(金)11:00〜11:15
(2)事情聴取者:総務課参事・総務係長 
(3)事情聴取を受けた者:管財係長 
(4)事情聴取内容 
  ア 質問 今回の消防吏員用個人防火装備一式入札について、公正取引の確保に関
    する法律(昭和22年法律第54号)に抵触する事実がありましたか。
    答え 無いです。

  イ 質問 入札予定価格はどのように、いつ決めたか。 
    答え 部下担当者が3社の見積もりを持っていたので、警備課とのサンプルテ
       スト結果をふまえ、予定価格を決めました。
        入札日前日に総務課長・担当者・私と3人で決めました。
        他の者は、絶対知りません。

2 総務課管財係
(1)事情聴取日時 平成24年3月2日(金)11:15〜11:30
(2)事情聴取者:総務課参事・総務係長 
(3)事情聴取を受けた者:管財係 
(4)事情聴取内容 
  ア 質問 今回の入札について、公正取引の確保に関する法律(昭和22年法律第54
       号)に抵触する事実がありましたか。
    答え 無いです。

  イ 質問 入札予定価格はどのように、いつ決めたか。 
    答え 見積もりを2社(近商・イマジョウ)から取り、1社(赤尾)は事前に
       警備課が取っていたものを確認し、入札日前日に総務課長・管財係長・
       私で決めました。

3 警備課警防計画係
(1)事情聴取日時 平成24年3月2日(金)11:30〜11:50
(2)事情聴取者:総務課参事・総務係長 
(3)事情聴取を受けた者:警防計画係長・警防計画係担当者
(4)事情聴取内容 
  ア 質問 今回の防火衣入札について、入札予定価格を知っていましたか。
    答え 知りませんでした。

  イ 質問 仕様については、サンプルテストを行ったと思いますが、業者と打合せ
       は、どれぐらい行いましたか。 
    答え 昨年5月頃から、サンプルテストを実施しました。防火衣の経緯や業者
       との打ち合わせについては、一連でまとめているので再度業務日誌を確
       認し回答します。
        見積もりや金額については、数社から聴取し管財係に仕様書を含め引
       き継いだ。
        最終業者との打ち合わせは、2月半ばであった。
        業務日誌確認して報告します。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.4)@i60-35-5-79.s04.a027.ap.plala.or.jp>

●これは消防当局と7業者結託の談合もみ消しだ!11/9(金)の消防幹部の訪問口頭報告!
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 12/11/12(月) 21:59 -
  
 諸般の事情で投稿が遅れてしまったが、守口市門真市消防組合の「防火服入札談合事件」で非常に重大な展開(それも悪い方向への展開)があり、それへの追及を始めたので
報告する。
 とりあえず11/9(金)夜にHPの ◎守門消防の防火服入札談合事件特集
       http://www.hige-toda.com/_mado05/syoubou/dangou.htm

  守門消防の防火服入札談合事件で新たな展開が! 
   (詳しい情報は「ちょいマジ掲示板」に書いていきます!)
  ★赤尾社の談合ファックス文面はこれだ!  
    赤尾社ら7社は10月再調査で「談合でなく価格見積りだ」と大ウソ! 
    消防当局は7社に「入札1回外し、注意処分」だけで幕引きを図っている!

   こんな談合犯罪握りつぶしは戸田が許さない! 
   このままなら赤尾社ら7社と消防本部の刑事告発をするぞ!  12/11/09更新

と言葉を並べておいたが、これについてのツリー投稿を今から開始する。
 まずは11/9(金)午前の消防3幹部の戸田事務所訪問の事とそこで分かった事を紹介する。
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※消防議会亀井副議長のウソと情報隠ぺい問題は「消防第4ツリー」
 消防第4ツリー:8/30議員説明会で亀井がとんでもない居直り詭弁!その概要(1)
     戸田 - 12/9/6(木)
  http://www.hige-toda.com/x/c-board/c-board.cgi?cmd=one;no=7371;id=#7371
に今後随時追加していくが、談合事件そのものについては、この「消防談合第3ツリー」
に追加していく事にする。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
   <11/9(金)の消防3幹部による戸田事務所訪問の口頭説明>

1:11/9(金)の午前、消防本部総務課の益井参事が、電話で「報告したい事項があるので
 事務所を訪問させてもらいたい」との申し入れあり。戸田了承。

2:少しして(10時前後と記憶する)児玉消防本部次長・益井消防本部総務課参事・
 日比(ひび)消防本部司令課長の3幹部が戸田事務所を訪問。

3:「報告案件」というのは、「防火服談合疑惑事件の新たな進展」の事で、
 1)入札参加の7社全部への調査が終わった。
    10/20過ぎから調査開始して、10/31頃に調査終了した。

 2)オカニワ・真弓興業・キンパイ商事・近商・大興制服の5社は「談合したのではな
   く、発注の帝人仕様の生地を唯一取り扱っている赤尾社に価格見積もりを依頼した
   だけ」、「例の赤尾社からのFAXはその回答として返ってきたもの」と主張した。

 3)「イマジョー」社は「帝人に価格見積もりを依頼したら、なぜか赤尾社から価格を
   示したFAXが来た。談合はしていない」、と主張した。
 4)赤尾社は「各社からの価格見積もり依頼への回答として、あの2/20FAXを送った
   だけ。談合はしていない」、と主張した。
 
4:消防本部が設置した「調査会議」(調査委員会?)で検討した結果、消防本部とし
 て、
 ◆1)「談合があったとは認定しないが(!?)不適切な行為があったので、7社は
    「口頭での注意処分」とした。(既に「口頭での注意」を実施した)

 ◆2)近日中に行なう防火服の入札は、今度は「180着」(2月入札では130着)とし
    て、「7社をはずして」、一般競争入札で、帝人生地限定的な仕様ではなく機能
    中心に仕様書を改善して、行なう。 
  
  3)その入札結果を12月末の消防議会に報告する。

5:以上の内容を、各消防議員に報告しに回っている。
  (報告完了したのがどの議員かは言わなかった。戸田としては、議長・副議長はもち
   ろん、自公民議員の多くには既に報告に行っているものと思った)
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 参考:2/23の入札に参加したのは以下の7社↓
   1)オカニワ(株)・・・・・・・・・・・1898万0000円
          ※赤尾社と金額が同額だったので、くじ引きしてオカニワが当選。
           しかし、なぜかペナルティ承知で4日後に辞退した!
   2)(株)赤尾  ・・・・・・・・・・・1898万0000円  
          ※オカニワの辞退によって、赤尾社が落札した!
   3)真弓興業(株)  ・・・・・・・・・1950万0000円
   4)キンパイ商事株  ・・・・・・・・・1950万0000円
   5)(株)近商     ・・・・・・・・・1950万0000円 
   6)大興制服(株)  ・・・・・・・・・1950万0000円 
   7)(株)イマジョー ・・・・・・・・・・1955万2000円
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■これは「赤尾社FAX」文面と全く矛盾する「7社結託の大ウソ」と「それを容認した
 消防当局の恥ずべき談合隠蔽」だ!

 戸田が以下の追及をしたら、さらに驚くべき事を児玉次長は答えた。
 (誰が見ても大ウソである事が明らかな事を!)

Q1:もしも「各社が赤尾社(や帝人)に見積もり依頼してFAXで回答もらった」ので
  あれば、各社にはその依頼FAXやその前後の対応を示す文書やパソコンデータ、赤
  尾社や帝人にはその依頼FAXやそれへの対応を示す文書やパソコンデータが残って
  いるはずではないか?
   その点は確認したのか?

A1:◆各社とも「文書は全て廃棄したので残っていない」、とのことでした(!)
    (帝人には聞き取り調査を全くしていない模様)

Q2:入札参加各社が価格について連絡を取り合う事自体が「談合」ではないか!

A2:◆各社とも相手が防火服入札に参加している事を全く知らなかった(!!?)
   赤尾社に見積もり依頼した5社も、帝人に依頼して赤尾社から価格FAXを受けた
  イマジョー社も、赤尾社が入札参加している事を全く知らず、
   赤尾社は、「回答FAX」を送った先の6社が入札参加している事を全く知らなかっ
  た(!!?)
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 
■談合文面そのものの「2/20赤尾社FAX」が「談合ではなく価格見積もり回答FAX」だ
  って???
■6社は赤尾社の入札参加を知らず、赤尾社も6社が入札参加している事を知らなかった
  って????
■7社には価格依頼やその回答関係の文書が全く残っていないって???
★消防当局が「これは談合ではない、と認定する」だって???

 こんな馬鹿げた、摩訶不思議な口頭報告を受けて、戸田はどうしたか?
 「調査の経過と内容」、「消防当局の7社への処分対応」について、文書での報告を求め、また「赤尾社2/20FAX」のコピー提供を求めたのであるが、それについては、次の投稿で紹介する。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.4)@i220-221-36-207.s04.a027.ap.plala.or.jp>

☆これが「赤尾社2/20談合FAX」文面だ!戸田が11/9に提供要求し、閲覧書き写した!
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 12/11/12(月) 22:50 -
  
「11/9口頭報告」に対して、戸田は
  「赤尾社の2/20FAXの文面は、談合そのものじゃないか!」と追及し、「7月消防
   議会では回覧しただけで、コピーも書き写しもできなかったから、事をはっきりさ
   せるために、議員たる私にコピーを提供せよ」
と求めた。

 これに対して児玉次長は非常に当惑した様子で、「それはちょっと出来ません」という感じ。
 戸田は「もしも議員に見せずに談合ではないという認定を進めるなどとんでもない」
    「戸田に渡さないならば情報開示請求するし、それで開示拒否されたら裁判を起
     こす」 
と指摘した上で、

  「コピーを提供するかどうか、この場で決められないならば、署に帰って検討して、
   本日夕方までに、どうするか回答してくれ」
と言い渡した。
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 その後、「島頭のママさん」の所に下水の様子を見に行ったり、宣伝カーの件で三愛自動車に行ったりして帰宅して、3時半頃だったように思うが、消防本部の益井参事に電話したところ、
  「コピー提供も閲覧提供も出来ません」
との返事だった。

 戸田は「フーン、そう。」と応え、これは開示請求と裁判だな、と判断した。
 しかし4時過ぎに益井参事から電話があり、一転して
   「閲覧提供させてもらいます。今から事務所に持っていきます」

との回答があった。
 そして4:30頃に、児玉次長と益井参事が戸田事務所に来て、「赤尾社2/20FAX」のコピーを戸田に閲覧させたのだった。

◆こうした経緯があって、戸田が書き写したのが以下の文言だ。
 これは11/9(金)段階では、戸田以外のどの議員も入手してない重大情報である。
  (11/9(金)夜に掲示板アップすべきだったが、作業が遅れてしまった)

■談合文書以外の何者でもない「赤尾社2/20FAX」の文言!
      ↓↓↓
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
FAX(太い大文字斜体)

 送付先:各担当者様                            
 ご担当:〈記入なし〉                            
 用件:M市の件          電話番号:〈記入なし〉          
 送付枚数:この書面含め 枚    FAX番号:〈記入なし〉          

 □至急! □ご参考まで □ご確認ください □ご返信ください □ご回覧ください

  住所記載・TEL電話番号記載       (株)赤尾 
       FAXファックス番号記載      大阪営業部 第二営業部YM(実名)
       E-MAIL メールアドレス記載  
                     ※社名と担当部署・氏名は黒字に白文字で  

お世話になっております。
M市の入札の件ですが、

1回目 146,000円/1式×130セット
          =18,980,000円(税抜き)  ※この2行は大きな文字で 
                       
2回目 143,000円×130セット=18,590,000円(税抜き)
3回目 辞退   

上記価格より上でお願い致します。                12,2,20 
以上、よろしくお願い致します。            (小さなスタンプ数字で↑)  
                 宜しくお願い致します。    
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■いったいこれのどこが「単なる価格見積もりの回答FAX」か??!
 そもそも件名が「価格見積もりへの回答」ではなく、「M市の入札の件ですが」となっ
 ているではないか!

■赤尾社の入札金額が「1回目・2回目」と記載され、さらに他社に対して「上記価格よ
 り上でお願い致します。」と明示して要求しているではないか!
  これが2/23入札直前の2/20FAXの中味だ!

■そして実際に赤尾社は18,980,000円で入札し、オカニワ社以外の5社はそれより上で
 入札し、赤尾社と同額入札したオカニワ社は、抽選で当選したのに4日後に辞退して
 結局赤尾社が2/20FAX通りの価格で落札しているではないか!

◆赤尾社は「赤尾社2/20FAX」が偽物である、とは全く主張出来なかった!
 他6社は「赤尾社2/20FAX」を受け取っていない、とは全く主張出来なかった!

◆「赤尾社2/20FAX」が本物である、と認めざるを得ず、その上で談合罪を逃れるため
 に荒唐無稽でデタラメなウソをついているのが明らかだ!

■しかも消防当局が、これほど明白な談合証拠を見ても「これは談合ではない、と判定し
 た」というのだ!
  こんな馬鹿げた事が許されるはずがない!
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.4)@i220-221-36-207.s04.a027.ap.plala.or.jp>

◎これが11/9夕方メール受信した「調査委員会の経過と内容報告」だ!戸田要求で入手
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 12/11/12(月) 23:25 -
  
 以下に示すのが、消防本部が設置した「調査委員会」の経過と内容の報告、および
「事情聴取書(再調査用)」である。
 これは11/9(金)の午後5:08に「消防本部総務課・益井参事」より添付ファイルでメ
ール送信を受けたもの。

 こんな重大な問題の報告を口頭のみで行なうという事自体、おかしな事である。
 たぶん11/9夕方時点では、文書報告を入手していた議員は戸田だけだったと思う。
 (これも11/9(金)夜に掲示板アップすべきだったが、作業が遅れてしまった)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 
<公正入札調査会議等 開催経過>

平成24年
7月5日  消防組合議会

7月11日11:50〜12:30 第1回調査会議開催次長以下全所属長8名
7月17日14:05〜15:25 第2回調査会議 再調査実施の是非・入札方法等について検討

7月19日15:00〜16:30 守口市契約課にて一般競争入札実施方法等の実務確認
                                総務課長/管財
7月23日10:00〜10:40 大阪府警察本部捜査2課 一連の事件の現状・捜査状況確認
             現時点で書類送検はしておらず捜査継続中、時効は3年

7月27日13:15〜14:15 総務課内会議 再調査事項と今後の入札事務について

7月31日13:00〜14:10 門真市契約課にて一般競争入札実施方法等の実務確認
                                 管財係3名

8月20日15:00〜16:30 第3回調査会議 再調査質問内容等について審議

8月28日10:00〜11:00 大阪府警察本部捜査2課 再調査内容について意見聴取
     11:20〜12:00 公正取引委員会第1審査 再調査内容について意見聴取

10月2日10:00〜12:00  総務課内会議 入札事務のスケジュール確認、
         入札事務及び質問事項調整 次長、総務課長以下管理職員と管財担当

10月9日13:30〜15:00  第4回調査会議 再調査及びスケジュールの確認

10月22日10:30〜11:50 総務課内会議 再調査事項について

10月25日 再調査実施 
   25日 10:10〜11:15イマジョー、11:20〜12:00大興、15:00〜16:00近商
   26日 11:35〜12:20真弓、
   30日 10:00〜11:15赤尾
   31日 14:00〜15:30キンパイ

11月2日10:00〜11:00  第5回調査委員会開催 次長以下全所属長8名
            措置対策で答申決定
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  <事情聴取書(再調査用)>

件   名    :  消防吏員用個人防火装備一式
業 者 名    :
事情聴取を受けた者:
事情聴取者 : 
日時・場所 :平成 年 月 日( ) 時 分〜 時 分 消防本部 階会議室

【質問内容】
"Q1:防火衣の入札について3月に当方へおいでいただいて「入札価格の事前調整をし
   たことがありますか」などとお聞きしましたが、今後についても、物品購入のため
   契約をしていくうえで、指名業者の選定をはじめ入札事務の適正化を図るとともに
   業者の適正を見極めるため、再度調査を実施することになりました。
    再調査にご協力してもらえますか。"
A:

Q2:入札価格の事前調整をするような書類を作成し、他の業者にFAXを送付しました
   か。
A:

Q3:入札以前に、どの業者が参加するかを知っていましたか。事前に他の参加業者と連
   絡をとったことがありますか。
A:

Q4:消防組合議会で、この件について質問などがあり、議員が関心を持っていることを
   知っていますか。
A:

Q5:入札結果で他の業者と同価格になることなど、我々としては考えられないことです
  がよくある事なのですか。
A:

Q6:本件の入札金額の積算根拠を説明してください。
A:

Q7:あなたの会社では、入札額を積算し決定されるのは、誰ですか。
A:

Q8: 当消防組合での今後の入札に参加される意向ですか。
A:

上記のことにつきまして事実と相違ありません。     &#12958;
                           &#12958;                                                 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

※戸田指摘:
 ◆1:「調査委員会」のメンバーは、「契約部署以外」とはいえ、所詮は消防本部の幹
    部が中心のはず。(詳しい氏名・肩書きを聞いていく)
    本来は外部の人間中心に委員会を構成すべきではなかったか?

 ◆2:あの「談合FAX」を見ても「談合は無かった」として超軽い口頭注意だけで済
   ます答申をした、という事自体、この「調査委員会」がいかにボンクラで八百長か
   を示している!
    アホか!!

 ◆3:各社への面談調査時間は以下の通り。
   イマジョー:10:10〜11:15・・・65分間
   大興   :11:20〜12:00・・・40分間
   近商   :15:00〜16:00 ・・・60分間
   真弓   :11:35〜12:20・・・45分間
   赤尾   :10:00〜11:15 ・・・75分間
   キンパイ :14:00〜15:30・・・90分間
  
 ◆◆「不審な辞退」をしたオカニワ社には調査せず!!??
     そんな馬鹿な!!
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.4)@i220-221-36-207.s04.a027.ap.plala.or.jp>

↑※上投稿の中で「&#12958; &#12958;」とあるのは、マル印・マル印の文字化...
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 12/11/13(火) 4:55 -
  
 上の投稿の中段の「事情聴取書」最後に「&#12958; &#12958;」とあるのは、事情聴取を受けた会社の2名が署名した後に名前のハンコを押す所、という意味で丸印の中に「印」と書いたマル印・マル印が、文字化けしてしまったものです。

 消防当局からメール送信されたエクセル文書の「マル印」を貼り付けたところ、そうなってしまいました。
 この掲示板では丸印=○で囲んだ文字は全て文字化けしてしまうようです。
 そういえば「マル1」、「マル2」の表示も出来ませんし。(文字化けしてしまう)
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.4)@i220-221-36-207.s04.a027.ap.plala.or.jp>

▲「不審な当選辞退」をしたオカニワ社は調査せず!それは口頭説明に無かったぞ!
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 12/11/13(火) 5:02 -
  
 11/9(金)午前の口頭説明の時には、「不審な当選辞退」をしたオカニワ社については調査からはずしたなんて事は、児玉次長らは全く言っていない。
 「入札に参加した7社」、「赤尾以外の6社」という言い方をしていた。

 そもそも「疑惑の発端」はオカニワ社だった。
 2/23入札で赤尾社と同じ金額(1898万0000円)を入れ、赤尾社と抽選した結果、当選したのに、2/27になって突然、「入札書金額に誤記があった」として「契約辞退」を申し出たのだ。
 落札決定後の辞退はペナルティがかけられる決まりで、そのためにオカニワ社は「損害賠償金56万9400円」の支払いと「指名競争入札参加資格の1年間停止」という処分を受けるというのに!
 
 そしてオカニワの当選辞退と同じ2/27に、差出人不明の郵便封筒が消防本部に届いた。
その封筒の中には、赤尾社が2/20に他社に送ったFAXのコピーが1枚入っていた!

 こんな疑惑一杯のオカニワ社が調査対象からはずれるなど、全く想像も付かない事だ。
 2/27郵便通報直後の「3月調査」の時は入札参加7社全部を面談調査し、オカニワ
社は「3月5日(月)16時32分〜16時45分(13分間)」の調査を受けている。
  http://www.hige-toda.com/x/c-board/c-board.cgi?cmd=one;no=7269;id=#7269

 それなのに、今回の「再調査」にあたっては調査されないとは?
 11/9口頭説明の時、児玉次長らはこんな重大な変化を一言も言わなかったし、戸田には想像も付かない事だから、当然7社全部が調査を受けたものとして話を聞いた。

※実はこの「調査経過の報告」メールを受けた時には、そういう「思い込み」があったも
 のだから、オカニワ社が除外されている事を見落としてしまい、月曜夜に読み直してみ
 て、初めて気づいた次第。・・・・この点は戸田のミスでありお恥ずかしい。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.4)@i220-221-36-207.s04.a027.ap.plala.or.jp>

▲正確には「FAX書き写し公表したのは戸田が初めて」。文言自体は6月末に議員に提示
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 12/11/13(火) 5:24 -
  
 上の投稿で、
   こうした経緯があって、戸田が書き写したのが以下の文言だ。
   これは11/9(金)段階では、戸田以外のどの議員も入手してない重大情報である。

と書いたが、正確に言えば、
  「『赤尾社2/20FAX』コピーを手にして書き写して、文言と体裁を公表したのは戸田が
   初めて」

という事になる。

 「赤尾社2/20FAX」に書かれていた文言自体は、6月末に消防当局が消防議員に対して文書を渡して示している。
 その時の内容は、
―――――――――――――――――――――――――――――――――
  FAX    送付先:各担当者様  用件:M市の件
  送付者:(株)赤尾の住所、電話FAX番号、会社名、担当者氏名、メールアドレス  
   
  お世話になっております。M市の入札の件ですが、
  1回目  146.000円/1式×130セット=18.9880.000円(税抜き)
  2回目  143.000円×130セット=18.590.000円(税抜き)
  3回目    辞退   上記価格より上でお願い致します。

  以上、よろしくお願いします。 12、2、20
ーー―――――――――――――――――――――――――――――――――
というものだった。
 (※戸田掲示板や特集では「M市」を「守口市」を表示換えして紹介していた)
  http://www.hige-toda.com/x/c-board/c-board.cgi?cmd=one;no=7246;id=#7246
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.4)@i220-221-36-207.s04.a027.ap.plala.or.jp>

▼12(月)昼になって送信してきた「消防当局の判断」=「各議員への報告内容」がこれ
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 12/11/13(火) 6:01 -
  
 11/9(金)に午前の口頭報告の時も、夕方の「赤尾社2/20FAX閲覧」の時も、戸田は
  1)「再調査」の経過と内容
  2)7社に対する消防当局の判断と対処

について、文書報告をメールで、11/9(金)夕方までにする事を求め、児玉次長も益井参事
もそれに同意した。

 しかし、11/9(金)夕方にメール送信されたのは、<1)「再調査」の経過と内容>だけだった。
 それも、「内容」の実際は「調査の形式」を説明しただけのもので、業者がどう答え、消防(調査委員会)がどう追及したか、という本当の意味での「内容」は無かった。

 しかも<7社に対する消防当局の判断と対処>の方は送られて来ず、11/9(金)の夜6時過ぎに消防に電話して催促した時には「益井参事は既に帰宅」という事で、伝達出来なかった。
 週が明けて11/12(月)の朝になっても送信されて来ないので、11時頃に戸田から電話して催促して、昼の12:47に送信されてきたのが、以下の「各議員報告内容」だった。

 ただ、これはひと通りの事は書いているが、
   1:なぜオカニワ社は調査しなかったのか、の理由
   2:「赤尾社2/20FAX」が本物である事を各社が認めているのに、なぜこれを「談
     合ではない」と判断したのか、の理由。
   3:「談合ではないが、その内容から消防として放置することができない」、とは
     どういう意味か、の説明
がされていない。

 また、「イマジョーは『帝人に見積もり依頼したが、赤尾社から回答FAXがあった』、
と説明している」という、11/9口頭説明でなされた事が記載されていないし、要所要所
の日にちの記載も全くない、という点でかなり不十分なものである。

 まずは、「消防本部総務課・益井参事」からの添付送信文書をそのまま紹介する。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
各議員報告内容
○防火服入札の件について
本年2月に実施しました入札における再調査を、オカニワを除く赤尾社他5社について実施しました。
結果は各社ともに問題の書類の存在を認めました。
内容は、仕様書において帝人製の生地を規定していたため、赤尾社の製品を納入する必要があったことから、赤尾社に見積を依頼したところ、問題の書類が送付されたとのことであり、赤尾社にあっても見積として同書類を作成し、送付したとのことでありました。
見積であるとの説明でありますが、その内容から消防として放置することができないので、公正入札調査委員会で何らかの措置をとる必要があると決定され、各社に注意を与える措置をとることになりました。
また、調査しました結果、納入可能の業者が他にあることが判明いたしましたので、今年中に防火服の導入を一般競争入札で実施いたします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 行分けや「 」の補足などして、読みやすく分かりやすくすると以下のようになる。
    ↓↓↓
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
各議員報告内容
○防火服入札の件について

 本年2月に実施しました入札における再調査を、オカニワを除く赤尾社他5社について実施しました。
 結果は各社ともに問題の書類の存在を認めました。

 内容は、
   仕様書において帝人製の生地を規定していたため、赤尾社の製品を納入する必要が
   あったことから、赤尾社に見積を依頼したところ、問題の書類が送付された
とのことであり、
赤尾社にあっても
   見積として同書類を作成し、送付した
とのことでありました。

 「見積である」との説明でありますが、
   その内容から消防として放置することができないので、公正入札調査委員会で何ら
   かの措置をとる必要がある
と決定され、各社に注意を与える措置をとることになりました。

 また、調査しました結果、納入可能の業者が他にあることが判明いたしましたので、
今年中に防火服の導入を一般競争入札で実施いたします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.4)@i220-221-36-207.s04.a027.ap.plala.or.jp>

●「各社は防火服入札にのみ参加させず口頭注意だけでチャラ」!オカニワは無処分?
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 12/11/13(火) 6:32 -
  
 消防当局がわざわざ「調査委員会」を設置してまで再調査した結果というのは、
2/23防火服入札参加の7社は(11/9口頭説明の時にはたしかに「7社」と言った!)
  1:今度の防火服入札には参加させない
  2:各社を「注意処分」とした。
    ・・・既に各社を呼びつけて「口頭で注意処分」をした。

という「超甘々の限りなく軽い処分」でしかない!

●「今度の防火服入札には参加させない」、というのは、
 「それ以外の入札には自由に参加させる」、という事であろう。 

●「口頭で注意処分」なんて、談合ウソつきの各社にとっては痛くもかゆくもない事!
  多分今後の入札参加にあたって何の不利益にもならない措置だろう。

●「各議員報告内容」には「オカニワを除く赤尾社他5社について再調査を実施した」と
 して、「各社に注意を与える措置をとることになった」と書いている。
 ・・・という事は、「疑惑の当選辞退をしたオカニワ」は口頭注意すら受けない、とい
 うことか?!
  今度の防火服入札に参加出来るのか???

■何よりも問題なのは、「赤尾社2/20FAXが談合の証拠であり、7社が談合犯罪を犯し
 た」という明白な事実から目を背けて、
  ●7社が談合をやった事を認定しない(談合ではないと認定した!)
  ●今度の防火服入札から6社(7社?)をはずすのは、「処分」ではなく、
   「納入可能の業者が他にあることが判明したので」、という理由にしている
 という事だ。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 全くとんでもない「談合もみ消し判断」だ。
 これでは、「消防当局も最初からグルの官製談合だったのだろう」と思われても仕方がない。
 ここまでとんでもなく甘い対応をするのは、2月入札での「実質的に帝人生地仕様を義
務づける仕様=赤尾社絶対有利の発注仕様」にそもそもの問題が含まれていた、という説が浮かび上がってくる!
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.4)@i220-221-36-207.s04.a027.ap.plala.or.jp>

◎11/12(月)には「赤尾社2/20FAX」の体裁再現の送信もあり。これはサービスかな?
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 12/11/13(火) 8:22 -
  
 11/12(月)昼の益井参事から戸田へのメール送信の添付文書の2ページめには、「赤尾社2/20FAX」の文言と体裁を再現したものが記載されていた。
 それを掲示板で表現すると下記のようになる。

 これは戸田が要求したものではないが、11/9(金)に戸田が「赤尾社2/20FAX」を書き写した以上はHPで公表するだろうと予測した上で、他の議員にも示しておくべきだろうと思ったものではないかと、これを受信して見た時に戸田は推測した。

 益井参事が11/12メール資料に「サービス」で付けてくれた(?)
 「赤尾社2/20FAX」の文言と体裁を再現
    ↓↓↓
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ファックスの記載内容

FAX
  送付先:各担当者様                            
  ご担当:〈記入なし〉                            
  用件:M市の件          電話番号:〈記入なし〉          
  送付枚数:この書面含め 枚    FAX番号:〈記入なし〉          

 □至急! □ご参考まで □ご確認ください □ご返信ください □ご回覧ください

  住所記載        TEL電話番号記載       社名記載  
              FAXファックス番号記載      担当者記載
         E-MAIL メールアドレス記載
お世話になっております。
M市の入札の件ですが、

1回目 146,000円/1式×130セット
    =18,980,000円(税抜き)

2回目 143,000円×130セット=18,590,000円(税抜き)
3回目 辞退   
上記価格より上でお願い致します。
以上、よろしくお願い致します。         宜しくお願い致します12,2,20
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.4)@i220-221-36-207.s04.a027.ap.plala.or.jp>

◆??12(月)夜でも真崎氏は話すら聞いてないと驚き怒る。土山氏は文書受けてないと、
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 12/11/13(火) 8:41 -
  
 このツリーを書き始めた昨夜、11/12(月)の夜9時頃、2人の消防議員に電話して話したら、ものすごく意外な事が分かった。
  ↓↓↓
◎門真市の消防議員の土山議員(自民党新政クラブ):
 ・消防幹部からざっと話は聞いたけど、何も文書は受け取ってないよ。 

◎守口市の消防議員の真崎議員(共産党):
 ●そんな話、文書どころか口頭でも報告受けてないぞ。
 ●生嶋議長も報告受けてないはずや。(と思う)
   守口は決算委員会がやっと終わったところや。
 ●談合認定をせずに「口頭注意」と「防火服入札1回だけはずし」で済ますとは、とん
  もない!

 戸田としては、
 ・11/9(金)朝に戸田に口頭説明した段階で、生嶋議長・亀井副議長には当然説明をして
   了承を受け、他の消防議員の大半にも説明に回っている、と思っていた。

 ・11/12(月)夜段階では、門真と守口の消防15議員全てに説明し終わり、戸田に11/9
   (金)夕方と11/12(月)昼にメール送信した文書についても配布したものと思ってい
   た。

 だから、土山議員が「文書を全く受け取っていない」というのに驚いたし、守口の真崎議員が「話すら聞いていない」、「生嶋議長も聞いていないはずや」と言ったのにはもっと驚いた。
 いったいどうなっているのだろうか???
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.4)@i220-221-36-207.s04.a027.ap.plala.or.jp>

★「11/13緊急10項目質問」を送ります。1時までに回答願います(戸田より消防へ)
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 12/11/13(火) 9:30 -
  
 <戸田から消防本部総務課に11/13(火)9:26発信のメール>

件名:「11/13緊急10項目質問」を送ります。1時までに回答願います(戸田)

本文:
 消防本部総務課に「11/13緊急10項目質問」をします。
 いずれも簡単な事なので、本日の午後1時までに戸田宛にメールで回答される
事を求めます。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Q1:「赤尾社2/20FAX」という、「談合の動かぬ証拠」があるにも拘わらず、
  2/23防火服入札参加の7社について「談合はしていない」と認定した事は
  全く理解できない!
   赤尾社については
    M市の入札の件ですが、
    1回目 146,000円/1式×130セット
          =18,980,000円(税抜き) 
    2回目 143,000円×130セット=18,590,000円(税抜き)
    3回目 辞退   
     上記価格より上でお願い致します。
 
  との文面のFAXを他社に送った事を認めた時点で、どういう言い訳をしよう
  とも、談合したと認定するのが当然ではないか?
   そうではない、と言うのならばその理由を挙げよ。

Q2:赤尾以外の6社(オカニワ・真弓興業・キンパイ商事・近商・大興制服・
  イマジョー)については、「上記文面のFAXを受け取ったが、それを消防に
  通報しなかった」事を認めた時点で、どういう言い訳をしようとも、談合し
  たと認定するのが当然ではないか?

Q3:オカニワ社を再調査の対象から外した理由は何か?

Q4:オカニワ社は「口頭注意」の対象にならないのか?
   また、今度の防火服入札の対象外にはならないのか?

Q5:11/9(金)朝に戸田に対して口頭報告した時には、「オカニワは再調査の対
  象外にした」とは一言も言わず、逆に他社と同様であるように「入札7社は
  ・・」とか、「赤尾以外の6社は・・」とか言っていたのはなぜか?

Q6:「2月入札参加7社」は、「今度の防火服入札以外では自由に入札参加出
   来る」、ということか?

Q7:「談合ではなかったが、『その内容から消防として放置することができな
   い』」というのは、各社の行為のどこがどのように悪いと言うのか?
   
Q8:「口頭注意」の文言はどのようなものか?(原稿文を再現せよ)

Q9:「文書による注意」ではなく「口頭注意」にした理由は何か?

Q10:この「口頭注意」は、各社の「処分歴」として残るものか?
   各社にとって、門真市・守口市での入札や大阪府内、全国での入札資格に
  に何か影響があるものなのか?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 以上、いずれも簡単な事実や、消防当局として既に判断を下した事についての
質問なので、たやすく回答出来る事ばかりですので、本日午後1時までにメール
で回答して下さい。

  門真市の消防議員:戸田ひさよし 拝

********************************************************************
* 戸田ひさよし(門真市議・鮮烈左翼) toda-jimu1@hige-toda.com
*  ヒゲー戸田HP http://www.hige-toda.com/
* 事務所;大阪府門真市新橋町12-18 三松マンション207
*         TEL;06-6907-7727 FAX;06-6907-7730
********************************************************************
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.4)@i220-221-36-207.s04.a027.ap.plala.or.jp>

▲とりあえずの電話回答:オカニワは当選辞退で1年停止の処分中。今の所は再調査せず
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 12/11/13(火) 9:46 -
  
 今、「質問メールを送ったので回答求める」との電話を消防本部の益井参事にした折りに、オカニワ社の取り扱いを質問したところ、
  ・オカニワ社は、2/23入札で当選したのに2/27に当選辞退した事で
   「損害賠償金56万9400円」の支払いと「指名競争入札参加資格の1年間停止」
   というペナルティ処分を受けている。
  ・従って、オカニワ社は現在「指名競争入札参加資格停止中」であり、今度の防火服
   入札には当然参加出来ない

  ◆「今の所は再調査の対象から外した」が、「今後も再調査しない」と決まったわけ
   ではない。

との回答があった。
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.4)@i220-221-36-207.s04.a027.ap.plala.or.jp>

☆12:49に回答あり!問題FAXは談合証拠じゃない、今度の防火服入札に参加可能って
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 12/11/13(火) 13:39 -
  
 消防本部総務課・益井参事から、期限時間以内の12:49にきっちりと回答文が送信されて来ました。こういう点は大変良いと思います。ありがとうございました。
しかし、その内容たるや、ざっと見ただけでも呆れ返ってしまうものだった。

◆「談合の証拠たる赤尾社2/20FAX」に関して、6社側の言い分に寄り添って
 「不正行為と疑念を持たれる虞のある文書」と非常識な解釈を押し通している!

◆11/9口頭説明では、何度も「今度の防火服入札には2月入札参加7社は入れない。そ
 れ以外の社でやる」と言っていたのに、本日11/13の文書回答では、既に資格停止中
 のオカニワ以外の「赤尾ら6社は今度の防火服入札に参加可能」(!!)と断言した!

 それ以外にも問題だらけだが、もう外出する時間なので、以下にその回答文をQ&A形式で紹介しておく。残りのコメント・評論は今夜か文教視察後(11/14・15)にでも
   ↓↓↓
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Q1:「赤尾社2/20FAX」という、「談合の動かぬ証拠」があるにも拘わらず、
  2/23防火服入札参加の7社について「談合はしていない」と認定した事は
  全く理解できない!
   赤尾社については
    M市の入札の件ですが、
    1回目 146,000円/1式×130セット
          =18,980,000円(税抜き) 
    2回目 143,000円×130セット=18,590,000円(税抜き)
    3回目 辞退   
     上記価格より上でお願い致します。
 
  との文面のFAXを他社に送った事を認めた時点で、どういう言い訳をしよう
  とも、談合したと認定するのが当然ではないか?
   そうではない、と言うのならばその理由を挙げよ。

 A1:不正行為と疑念を持たれる虞のある文書を送付したと認定した。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Q2:赤尾以外の6社(オカニワ・真弓興業・キンパイ商事・近商・大興制服・
  イマジョー)については、「上記文面のFAXを受け取ったが、それを消防に
  通報しなかった」事を認めた時点で、どういう言い訳をしようとも、談合し
  たと認定するのが当然ではないか?

 A2:送付されてきたが、赤尾社とのやりとりがなかった旨の説明を受けた。
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Q3:オカニワ社を再調査の対象から外した理由は何か?

 A3:近々にオカニワ社に調査を実施いたします。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Q4:オカニワ社は「口頭注意」の対象にならないのか?
   また、今度の防火服入札の対象外にはならないのか?

 A4:2回目の調査の結果によっては、対象となります。
     オカニワ社は指名停止処分としております。
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Q5:11/9(金)朝に戸田に対して口頭報告した時には、「オカニワは再調査の対象外にし
  た」とは一言も言わず、逆に他社と同様であるように「入札7社は・・」とか、「赤
  尾以外の6社は・・」とか言っていたのはなぜか?

 A5:赤尾社以下6社と説明させていただきました。
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Q6:「2月入札参加7社」は、「今度の防火服入札以外では自由に入札参加出来る」、
  ということか?

 A6:オカニワ社以外は停止処分されていないため、参加可能です。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Q7:「談合ではなかったが、『その内容から消防として放置することができない』」と
いうのは、各社の行為のどこがどのように悪いと言うのか?

 A7:1回目の調査時に赤尾社については、不正行為と疑念を持たれる虞のある文書を
   送付したこと及び、その存在を言わなかったこと。
    他社については、文書の存在を言わなかったこと。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Q8:「口頭注意」の文言はどのようなものか?(原稿文を再現せよ)

 A8:さきに、当消防組合が実施した「消防吏員用個人防火装備一式」の入札におい
   て、入札参加業者による不正行為があったとの情報により、2回にわたり事情聴取
   を実施しました。
    貴社は入札前に株式会社 赤尾 又は その関係業者に対し品質証明書や 見積書
   の作成を依頼、若しくは そのような文書が送付されてきたにもかかわらず、第1
   回目の調査の際に その事実に関し何も言わず誠実な対応がなされなかったことに
   対し口頭で注意します。
    今後は、そのような事の無いようにして、適正な入札の実現にご協力ください。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Q9:「文書による注意」ではなく「口頭注意」にした理由は何か?

A9:調査委員会の決定です。
   赤尾社については文書による注意 以下参照
   措置内容:
     さる平成24年2月23日に当消防組合が実施した「消防吏員用個人防火装備
    一式」の入札において、入札参加業者による不正行為があったとの情報により、
    同年3月5日当消防本部において貴社の担当者に事情を聴いたところ、そのよう
    な行為は行っていないとの回答であったが、同年10月30日に再度事情を聴い
    たところ、不正行為と疑念を持たれる虞のある見積書を作成し他社に送付したと
    前回と違う回答をした。
   
     よって、このような文書を作成したこと及び1回目の調査の際にその事実に関
    し何も言わず、誠実な対応がなされなかったことに関し、今後このような事の無
    きよう書面をもって注意をします。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Q10:この「口頭注意」は、各社の「処分歴」として残るものか?
   各社にとって、門真市・守口市での入札や大阪府内、全国での入札資格に
  に何か影響があるものなのか?

 A10:消防組合では処分歴としては残るが、他機関には影響しないと思います。 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.4)@i220-221-36-207.s04.a027.ap.plala.or.jp>

535 / 1598 ツリー ←次へ | 前へ→
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
ページ:  ┃  記事番号:   
1,351,412
(SS)C-BOARD v3.8(とほほ改ver2.1) is Free