ちょいマジ掲示板

この掲示板は、門真市及び守口市ネタを中心に各地の議会や自治体ネタなどを、「比較的穏やかに」意見・情報の交換をする所です。詳しくは「掲示板のルール1」「掲示板のルール2」を読んでそれに従って下さい。 この掲示板では戸田の命令が絶対であることをくれぐれもお忘れなく。
内容的に関連がある投稿の場合は(先の投稿への)「返信」の形を取って投稿して下さい。
●ただ、「Re:○○」形式の元タイトルの繰り返しタイトルは厳禁です。必ず「内容が伺える独自のタイトル」をつけて下さい。
◆約10年間完全自由投稿制を維持してきましたが、荒らし・妨害投稿頻発のため、やむなく投稿者登録制に移行しました。投稿される方はこちらにアクセスし、所定の手続きを行なってください。 ◆投稿者のメールアドレスは戸田が把握しますが、掲示板では非表示にできます。 ◆投稿者名・メールアドレス・パスワードは登録時のものを使わないと投稿できません。 登録・投稿についての分かりやすい説明はこちらです。うまくいかない場合の問い合わせは戸田事務所まで問い合わせてください。 (09年4/8改訂記)   これまでの管理者命一覧(必読)

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
643 / 1588 ツリー ←次へ | 前へ→

教えて:自治体の電力購入例・手続きや基準・費用減効果など(脱関電・脱原発で!) 戸田 11/8/22(月) 15:07

●吹田市議の池渕・中本さん:関電が「長期契約割安・途中解約割高」の策!市が追従 戸田 11/8/26(金) 6:40
△高砂の前市議・井奥君:入札に際して電力会社優位の「環境配慮」への対抗策提起など 戸田 11/8/26(金) 6:57

●吹田市議の池渕・中本さん:関電が「長期契約割安・途中解約割高」の策!市が追従
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 11/8/26(金) 6:40 -
  
吹田市議:池渕佐知子 http://blog.goo.ne.jp/gogonet21/
吹田市議:中本みちこ http://www.nakapon-news.com/
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◎池渕さんメール抜粋:
 
 吹田市議会では7月議会にPPS活用について、私ではないですが他の議員が質問しました。
 まだ議事録ができていないので、私の記憶している範囲になりますが、答弁では、
   今、吹田市は関西電力と複数年契約(3年だったように思いますが、不確かです)を   しており、そのため、通常の契約単価より安くなっているので、現状ではPPSの活
   用は考えていない

ということでした。

 また、水道部と市民病院ではもし万一、電力低下が起こると事業運営(継続)に差しさわりがあるので、これまでどおり関西電力と契約していくというような回答だったと思います。
 とりいそぎ、吹田市の状況をお知らせします。 池渕佐知子
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
中本みちこさんメール抜粋:

 平成18年にPPS事業者からの電力購入ができるようになって、関電が一斉に長期契約という特約で料金体系を下げてきたようです。それで、料金はぐっと下がったと言ってました。
 これを途中でやめると長期特約が帳消しになるとも。帳消しになっても安いというPPS事業者がでてくればもちろん考えますとのことでした。
 下記の答弁、本庁、水道、下水、市民病院のものです。

<答弁>**********************************

<本庁>
 PPS事業者からの電力購入の実績及び検討状況についてでございますが、本庁舎におきましては、従来から安定的に電力が供給できる関西電力株式会社と電気需給契約を締結しており、PPS事業者から電力購入は行っておりません。

 なお、平成18年度(2006年度)に基本料金の計算基礎となる契約電力を精査し、長期特約契約を付加するなど契約方法を見直した結果、平成17年度(2005年度)と比べまして、使用電力量が約12,000kwh増加したにも関わらず、約500万円の経費の削減となりました。

 また、電気需給契約について、入札の結果、PPS事業者が落札した場合、事業者間による競争により、電気料金の引き下げが可能となることが考えられますが、その反面、
PPS事業者が供給できます電力量につきましては、年毎に一定ではなくバラつきが見られますため、大阪府の例を見ましても、関西電力株式会社しか入札に応じなかった年もあったと聞いております。

 その場合、先ほど申し上げました長期特約がないため、現在よりもさらに電気料金が高くなると考えております。

 以上のことを踏まえまして、PPS電力の導入につきましては、再生可能エネルギーなどの安全で安定的かつクリーンな発電体制が確立するなど、その動向を見据えながら、検討して参りたいと考えております。

<水道>
 現在、水道部において使用しております電力につきましては、全電力量を、一般電気事業者である関西電力(株)より受電しております。

 なかでも使用量の多い泉浄水所、片山浄水所につきましては、高圧(6,000V)契約電力500kw以上の「大口契約B」の契約を行っております。さらに平成23年(2011年)4月より3年間の「長期特約」を結び、年間4%の割引を受けることにより、それらを合わせまして年間約1,400万円の経費節減を見込んでおります。
 また、その他の配水場等におきましても、経費節減の見込める契約を選択しております。

 水道部では、平成12年(2000年)から段階的に実施されてきた電力の自由化に合わせて、PPSを交えた調達方法を検討してきておりますが、当初は特定規模電気事業者の発電総量が少なかったこと、既存電力会社の送電設備の託送料金が高いこと、既存電力会社の産業用電気料金が安く設定されていることなどもあり、現在のところPPSからの調達導入には至っておりません。

 今後の電力調達につきましては、安定して電力供給を得られることを第一義に、一般電気事業者、PPS(特定規模電気事業者)にこだわらず、廉価に調達できる方策を検討し、経費の節減を図ることにより、水道事業経営のなお一層の効率化に努めて参りたいと考えております。

<下水道>
 下水処理場におきましては、現在、関西電力株式会社との長期特約契約等により3処理場各々の規模の違いはございますが年間2〜4%、約500万円の割引を受け電力を購入しております。

 PPS電力の導入にかかるメリットにつきましては競争による電気料金の引下げなどが考えられますが下水処理場の場合、電力使用量に時間帯や曜日に伴う大きな変動がありませんことから、電気事業者が、このメリットを生かすことは難しいと考えております。

 今後とも安価で安定した電力購入につきまして、調査・研究してまいりますので、よろしく御理解賜りますようお願い申し上げます。

<市民病院>
 市民病院でのPPS事業者からの電力購入の検討状況についてでございますが、市民病院は安心安全な医療を提供するため、従来より電力の安定供給が可能な関西電力株式会社と電気需給契約をしており、平成18年度(2006年度)からは期間5年の長期特約契約を締結し、平成23年度(2011年度)には、引き続き期間3年での長期特約契約を更新いたしております。

 長期特約契約に基づく平成22年度(2010年度)の割引額は約200万円となっているところでございます

 PPS事業者との電気需給契約は、季節や時間帯によって電力消費量に大きな差がある工場などが、特に電気料金の削減を見込めるとのことでございます。

 市民病院といたしましては、関西電力株式会社及びPPS事業者の事業内容や料金体系など、その動向を注視いたしまして、市民病院の業務に支障が無く、かつ経営にメリットをもたらす最善の方向で検討して参りたいと考えているところでございます。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6; .NET CLR...@i58-89-137-177.s04.a027.ap.plala.or.jp>

△高砂の前市議・井奥君:入札に際して電力会社優位の「環境配慮」への対抗策提起など
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 11/8/26(金) 6:57 -
  
◎前高砂市議の井奥 雅樹(いおくまさき)君
   http://blog.livedoor.jp/ioku3/
   http://wiki.livedoor.jp/ioku3/d/FrontPage
 (09年の「東播2市議文書弾圧事件」で議員辞職し、現在はブログ更新をしていない)
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
井奥君メール抜粋:

(1)電力統制令はPPSも含めてになります

 関電エリアはいずれにしても「自粛」なので関係ありませんが、例えば東電エリアの「計画停電」や「電力統制令」は現状ではPPSも含めてになっています。
 もちろん、現行法の改正もにらんで将来的に「関電依存」から抜け出すという考え方はあるかと思います。
 それならば「市役所自らの自家発電、電力調達」議論も論点に入れるべきかもしれません。

(2)節電一般はともかく…ピーク時カットの振り返りと議論は重要

 私も節電一般の「脅し」「一億総自粛」は嫌いですが、ピーク時電力不足は原発だけでなく火力なども含めてのムダな投資の理由づけになっていますのでピーク時カットの議論は必要です。
 といいますか、そこに議論を集中させるべきなのに例えば兵庫県の県施設では全体節電は成功しているのに、ピーク時カットは失敗するという本末転倒なことになっています。

 この夏の節電の振り返りは「地域」が無理でも「市役所内」だけでも行うべきでしょう。また詳しくは述べませんが、「我慢、忍耐」によらない節電策は山ほどあります。

(3)入札に際しての環境配慮への対抗策

 以下のような対抗策があるかと思います。すでに導入されているところでも次回には議論ができるかもしれません。

1、グリーン電力証書購入などの手段でPPSも対抗できるようにする
  塩見さんの議論の発展です。
  環境負荷が多い分をグリーン電力証書購入でまかなうというものです。
  例えば、
   関電 1億円
   あるPPS 7000万円+グリーン電力証書購入2000万円
 というような形にするわけです。

  グリーン電力証書って何かというのは下のビデオをどうぞ。
   http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg2844.html

2、そもそも関電の係数を見直す
  関電の係数自体が廃棄物計算、原発事故などを考慮していないものになっています。  その数値を丸呑みしていいのか…
 という議論です。

参考になれば。
--------------------------------------------------
【みどりの未来】
http://www.greens.gr.jp/
【自治体議員政策情報センター】
http://www.greens.gr.jp/jouhou/

井奥 雅樹(いおくまさき)
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6; .NET CLR...@i58-89-137-177.s04.a027.ap.plala.or.jp>

643 / 1588 ツリー ←次へ | 前へ→
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
ページ:  ┃  記事番号:   
1,321,834
(SS)C-BOARD v3.8(とほほ改ver2.1) is Free