ちょいマジ掲示板

この掲示板は、門真市及び守口市ネタを中心に各地の議会や自治体ネタなどを、「比較的穏やかに」意見・情報の交換をする所です。詳しくは「掲示板のルール1」「掲示板のルール2」を読んでそれに従って下さい。 この掲示板では戸田の命令が絶対であることをくれぐれもお忘れなく。
内容的に関連がある投稿の場合は(先の投稿への)「返信」の形を取って投稿して下さい。
●ただ、「Re:○○」形式の元タイトルの繰り返しタイトルは厳禁です。必ず「内容が伺える独自のタイトル」をつけて下さい。
◆約10年間完全自由投稿制を維持してきましたが、荒らし・妨害投稿頻発のため、やむなく投稿者登録制に移行しました。投稿される方はこちらにアクセスし、所定の手続きを行なってください。 ◆投稿者のメールアドレスは戸田が把握しますが、掲示板では非表示にできます。 ◆投稿者名・メールアドレス・パスワードは登録時のものを使わないと投稿できません。 登録・投稿についての分かりやすい説明はこちらです。うまくいかない場合の問い合わせは戸田事務所まで問い合わせてください。 (09年4/8改訂記)   これまでの管理者命一覧(必読)

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
715 / 1585 ツリー ←次へ | 前へ→

11/28戸田の秋田講演(仮題「議会って何や?!」)で配る資料の一覧を紹介 戸田 10/11/25(木) 9:49

☆議員こそ実績主義成果主義で淘汰すべき!給料泥棒議員を作り続ける一部有権者の責任 戸田 10/12/13(月) 0:51

☆議員こそ実績主義成果主義で淘汰すべき!給料泥棒議員を作り続ける一部有権者の責任
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 10/12/13(月) 0:51 -
  
 市職員に対して「公務員にも成果主義を導入して勤務評定すべし」などと偉そうにのたまう与党議員達がいる。
 質問もしない、行政チェックもしない、議員としての仕事をロクにやってないあんたらがどの面下げてそんな事言えるのか、とその鉄面皮ぶりに呆れてしまう。

数字や効率で計り難い・計るべきでもない職員の業務よりも、議員に対してこそ実績主義・成果主義を導入して「雇い主」たる有権者市民から勤務評価してもらう仕組みを整えるべきだろうよ。

 やり方は極く簡単でさしたる経費もかからない。たいそうな「システム構築」も要らない。次のようにして市民に情報を不断に提供して評価を仰ぐようにすればいい。

1:「議会だより」に質疑や質問をした議員、「討論」を行なった議員の氏名を載せる。
  これは本会議についても、常任委員会・特別委員会(決算や行革)についても行な   う。
 ・本会議一般質問については、質問の項目と各概要を載せる。(答弁概要も)
 ・委員会については、質疑の概要と答弁概要、所管事項質問のタイトルと答弁概要を載
   せる。
 ・紙の「議会だより」は誌面限界があるので簡単にせざるを得ないが、HP「議会だよ
   り」ではもう少し詳しく載せる。

2:これだけだと「質問回数はしてない(少ない)が他の面で活躍している」と不満がる
 議員もいるだろうから、毎年1回、「議会だより」か何かで(紙とHP)、全議員に  「この1年の自分の活動や成果の報告」を自己申告で書かせて公表する。
  紙で600字以内、HPで1000字以内とかの字数制限をつけて、各議員に提出してもら
 う。
  提出は任意でよいが、出さない議員は出さないなりの評価を受けることになる。
  また、各議員の報告文に批判や異論がある他の議員や市民は、自分のビラなどで批判
 を公表したりすればいいから、鉄面皮議員でも余りデタラメな事は書けないはずだ。

◆以上の事を1任期4年間続ければ、「給料泥棒議員」はかなり淘汰されるはずである。

■「市民目線」とか「市民感覚で」というならば、こういう所にこそ目を付けるべきであ
 り、こういう事を全く考えずに単に報酬が高いとか人数が多いとかの批判だけしている
 「市民感覚」など全く浅薄なものでしかない。なぜこういう事に目を向けないのか?

◎戸田は(近日中に画像アップするが)講演レジュメ1ページめに
 クイズ1:「人口20万人の都市には警官が50人必要」と法律で決まっていると仮定     します。住民の安全と財産を守るため、市民もそれに納得しているとします。
      ところが、が調べてみると50人の警官の8割くらいは警官の資質に欠け、
     しょっちゅうさぼっている事が判明しました。
      さて、どうすればいいと思いますか?

    1. 資質に欠ける警官をクビにして、街の警官の定数を大幅に削減する。
    2. 資質に欠ける警官をクビにして、今度からは警官の勤務実態を公開的に点検      し、質の悪い警官をクビにできるようにする。
    3. 「警官も身を削る改革」を宣伝して、警官の定数を1割削減する。
       (問題発覚警官の大多数は留任させて)

 とクイズを出した。↓↓↓
 ◎11・28秋田講集会6:戸田講演5、の開始7:30秒あたりから.
   http://www.youtube.com/user/todajimusho#p/u/4/L441bKdWzwU

  もちろん誰が考えても妥当な答えは2.だ。「住民の安全と財産」のために「20万都 市には警官が50人必要」との規定が法で定められ、住民も納得しているのだから、
 警官定数を削減して安全を脅かす選択を誰もするはずがない。
  問題になるのは警官の資質をいかに高めるかの方策のみ。

 戸田が言いたいのは、じゃあなぜ議員の場合は「資質を高める」・「ダメ議員を淘汰す
る」方策論議にいかずに、「定数削減」ばかりに話がいっちゃうの? と言うこと。
 それは「議員とは何をするべきものか」を知ろうとせず、「議員なんて飾り物さ」という意識の方がはるかに強いからだ。
 「飾りもの」なら人数が少なく人件費がやすい方がいいだろう、という考えにはまってしまっている。

 「議員は少なくていいのなら、5人でいいだろ、3人でもいいだろ。じゃあ3人にしたらどんな連中が議員になるんだ?門真なら公明党が2人、自民党が1人。そんな議会構成でまともな行政チェック=税金の使い道チェックや市民の声の反映が出来るとでも言うのかい?!」
 ・・・と、戸田は「議員定数削減論者」に問いかける事にしている。

◆そしてぜひ考えてもらいたいのが、質問しない・行政チェックもしない「給料泥棒議  員」に対して多くの有権者が「そんなの排除せよ!」と怒っても、こういう議員に投票
 して当選させ続ける有権者達がいる、という問題である。

 「給料泥棒議員」の典型が自民党門真支部長の大本郁夫議員だ。
 1979年当選以来連続8期32年目の大本議員は、この32年間、常任委員会での質疑質問
ゼロ!
 本会議質問は2000年3月議会での「会派代表質問」をやったのが実に6年ぶりの本会議質問で、 ←「ヒゲ-戸田通信15号」(2003年3/3)
      http://www.hige-toda.com/_mado02/2003/tusin2003-15/tusin15.htm
なんとそれ以降、本会議質問ゼロ!委員会での質疑質問ゼロ! というものすごさだ。
 (おまけに議長として戸田への発言禁止命令などの攻撃、門真市破壊の合併策動推進な
   ど、他にもマイナス査定すべきことがテンコ盛り!)

 こういった大本議員の給料泥棒実態を、戸田は2007年市議選でさんざん訴えた。
 「役員手当も含めて大本議員は年間報酬平均1200万円は下らない。4年間で4800万円
だ。大本議員をまた当選させるという事は、今後4年の任期で4800万円からの税金浪費をする事だ。そんな事をしていいんですか?!」、と盛んに訴えた。

 しかし選挙結果は、必死になった大本議員が「今度で最後だから何とか当選させてくれ」と走り回り、人気の高い奥さんが頭を下げまくって同情を引き、過去最高の「4位当選」という大勝利を得たのだった。
 こんな給料泥棒議員に2390人もの有権者が投票して8期連続当選させたのだ!
 (得票数は正確には2398票。本人と家族等をのけて2390と表現した)

 で、当選した大本議員は、戸田が予測したように、2007年4月当選以来、本会議でも委員会でも今まで一度も質疑質問をしていない!(07年度・08年度とも議長になった時は本会議質問はできないが、それ以外の本会議や4年間の各所属委員会では質問しようと思えば質問できるのに)
 議会質問以外の面でも、戸田が議員であった09年3月までの間には議会や行政にマイナスのことしかしていないし(戸田の評価としては)、それ以降も同じだろうと思う。

 この2390人の有権者の行動が、人口13万5000人門真市で4年間で約4800万円の税金浪費を生んだ事になる。
 2003年市議選までの定数28時代は1500票前後で中間あたりで当選していた大本議員に
約800人も投票する有権者が増えたのだ。「質問しない議員」として勇名になっているにも拘わらず!

 800人増えるのでなく500人減っていたならば、それが民主党推薦新人の石谷さんに回っていたならば、石谷さん初当選・大本議員落選となり、少なくとも大本議員当選よりは税金が有効に使われたであろうに・・・・。
 参考:2003年選挙結果
    http://www.hige-toda.com/_mado02/2003/tusin2003-4tokubetu/2003-5-9.htm
    2007年選挙結果
    http://www.hige-toda.com/_mado02/2007/tsuushin_tokubetsu2.PDF
 
 大本氏を議員につける事によって何か得する人々、これは「利益共同体」として行政チェックとか議会質問など全く関係無しの「確信犯」達だが、そうではない有権者達、「奥さんがいい人だから」、「本人や奥さんに頭を下げられたから」、「ご近所だから」、「所属団体
が同じだから」、「今までずっと大本支持できたから」、「何となく」・・・・などのモヤ〜っとした支持で(税金浪費になる事など考えずに)投票した人たちが数多くいる事が、より問題だと思う。
 
 他の多くの有権者がいくら「こんな人物を議員に雇ってはダメだ」と憤慨しても、これらの「モヤ〜っとした支持」の有権者が「税金から高額な報酬を払う専門家として大本氏がふさわしいかどうか」をしっかり考えてくれるようにならないと、低レベル議員が議会を牛耳って低レベル=税金浪費議会が続く事になってしまう。

 これらの有権者の責任は大きいが、すぐにそれを改善する特効薬はない。
 全議員の仕事ぶりを公開しながら啓発宣伝を続けて「議員という専門家を選ぶ鑑識眼」を養ってもらうようにする他ないだろう。

 大本議員の例は、その最も分かりやすい端的な例として挙げたが、他にも似た例はいくつも門真市議会では転がっている。

 そして議員定数を減らせば確実にこういう低レベル議員の比率が増え、それを打破しようとする正義派新人はますます当選不可能になっていく。
 それでいいのか?! いいはずないでしょ。
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6; .NET CLR...@i58-89-135-218.s04.a027.ap.plala.or.jp>

715 / 1585 ツリー ←次へ | 前へ→
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
ページ:  ┃  記事番号:   
1,318,302
(SS)C-BOARD v3.8(とほほ改ver2.1) is Free