ちょいマジ掲示板

この掲示板は、門真市及び守口市ネタを中心に各地の議会や自治体ネタなどを、「比較的穏やかに」意見・情報の交換をする所です。詳しくは「掲示板のルール1」「掲示板のルール2」を読んでそれに従って下さい。 この掲示板では戸田の命令が絶対であることをくれぐれもお忘れなく。
内容的に関連がある投稿の場合は(先の投稿への)「返信」の形を取って投稿して下さい。
●ただ、「Re:○○」形式の元タイトルの繰り返しタイトルは厳禁です。必ず「内容が伺える独自のタイトル」をつけて下さい。
◆約10年間完全自由投稿制を維持してきましたが、荒らし・妨害投稿頻発のため、やむなく投稿者登録制に移行しました。投稿される方はこちらにアクセスし、所定の手続きを行なってください。 ◆投稿者のメールアドレスは戸田が把握しますが、掲示板では非表示にできます。 ◆投稿者名・メールアドレス・パスワードは登録時のものを使わないと投稿できません。 登録・投稿についての分かりやすい説明はこちらです。うまくいかない場合の問い合わせは戸田事務所まで問い合わせてください。 (09年4/8改訂記)   これまでの管理者命一覧(必読)

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
896 / 1588 ツリー ←次へ | 前へ→

市は早く泉保育園で保育士補充して約束守るべし!保育課の不親切対応あり 戸田 07/7/24(火) 23:40

Re:市は早く泉保育園で保育士補充して約束守るべし!保育課の不親切対応あり ぷーさん 07/7/27(金) 22:23
ぷーさん、どうも。「保育所に入れないケース」について 戸田 07/7/28(土) 15:46
実際のところ・・ ぷーさん 07/7/29(日) 9:20
「新参者」は紹介せず補助金も出さない現状。紹介だけは確約させました。が、 戸田 07/8/17(金) 8:45
●市HPへの載せ方のデタラメさが判明!保育課も市HP担当も頭悪すぎ! 戸田 07/8/17(金) 9:45
◆市HP記述が改善されたけど、それにしても・・。ちびっこ共同保育園の件 戸田 07/8/17(金) 22:48
補足:ちびっこランドが載ってないのは「府に届出をしている施設」でないから 戸田 07/8/17(金) 23:07
↑これは市の大ウソだった!運営当事者から指摘あり。保育課のデタラメ糾弾! 戸田 07/8/28(火) 21:13
●速水園の事は質問即回答だが、去年まで市が立ち入りしてた施設 戸田 07/8/29(水) 2:49
↑◆これらの件に関する保育課からの報告や謝罪の文を紹介します。 戸田 07/9/16(日) 7:13

Re:市は早く泉保育園で保育士補充して約束守るべし!保育課の不親切対応あり
←back ↑menu ↑top forward→
 ぷーさん  - 07/7/27(金) 22:23 -
  
いつもHP拝見させて頂いてます。
今、会社で育児休業をもらえるところが増えてきている一方で、保育所に入れないケースが多いです。特に門真市は保育所の数が多いという事で引っ越して来られる方も私の周りにはいらっしゃいます。
しかしながら待ち状態が酷い!保育士の仕事は大変な割りに給料が安い!
働く女性の為にも改善していけばいいのですが・・・
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)@zaq7d04d63c.zaq.ne.jp>

ぷーさん、どうも。「保育所に入れないケース」について
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 07/7/28(土) 15:46 -
  
 ぷーさん、投稿ありがとうございます。
・会社で育児休業をもらえるところが増えてきている一方で、保育所に入れないケースが
 多いです。
・門真市は保育所の数が多いという事で引っ越して来られる方も私の周りにはいらっしゃ
 います。
・待ち状態が酷い!
   ・・・・・全く、期待を裏切る状況ですみません。
        保育園に入れないで苦労するなんて、およそ文明国にあってはならない
        事だと戸田は思っているのですが・・
・保育士の仕事は大変な割りに給料が安い!
・働く女性の為にも改善していけばいいのですが・・・
   ・・・・これも全くその通りです。

 ところで泉保育園の件で小倉課長と話をしていて、ひっかかった事がありました。
 たしか小倉課長は、「育児休業制度のある企業では、それを限界まで使い切ってからで
ないと法的な『待機児童』にはならない」と言ってました。

 しかしこれだと、「育児休業制度があるけれどもその間の給与保障が低すぎて、それで
は生活がやっていけない」場合に救済されないことになってしまいます。

 例えば「育児休業制度は生後1年あるけれども、その間の給与保障は2割だけ」だった
ら、子どもは首が座って生後4ヶ月から保育園預け可能状態なのに、あと8ヶ月間は法的
な「待機児童」でないから希望者満杯の保育園では預かってもらえず、職場復帰を8ヶ月
断念して生活苦状態を我慢するか、保育園条件の悪い無認可保育園に預けて職場復帰して
給料を得るかしないといけない、ということになってしまいます。

 定員を少ないままにしておくから、育児休業制度が無い会社>育児休業制度がある会社
の優先順位をつかなければならなくなる訳で、本来は育児休業制度がどうであろうが、
「親が働いている家庭の子どもは誰でも保育園に入れる」ようにするべきです。

 戸田の考えでは、もっと進めて、「親が働いていようがいまいが、幼児は誰でも保育園
などの幼児施設に入れる」ように、「幼児全入を基本とする」べきだと思います。
 子どもは幼児時代から(平日日中は)「子ども+大人(保育士や幼稚園教諭)集団」の中で育てるのが子どもにとって楽しく幸せな事です。
 それが同時に親にとっても良い事です。

 集団の中での子どもの育ち合いの何たるかを知ろうとしない無恥頑迷な大人、いわゆる
保守派の大人が、「子どもは3才まで母親の手元で育てるのがいいのだ」とか、「子どもを保育園に預けようとするのは親の手抜きだ」などというアホウな床屋談義をして子育て世代に迷惑を及ぼしているのです。
 働きながらの子育てに苦労した体験もなかったり、働きながら保育園に子どもを送り迎
えした体験もないくせに、こういうアホウな床屋談義レベルの考えで行政を牛耳っている
連中には、戸田は心底腹が立ちます。

 ぷーさん、今後も投稿お願いしますね。
 
参考:2007年3月議会、戸田の一般質問  
    4;「子ども力」を育成活用したまちづくりや教育改革について
   http://www.hige-toda.com/_mado05/2007/03/toda_tuukoku.htm
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98)@i222-150-202-94.s04.a027.ap.plala.or.jp>

実際のところ・・
←back ↑menu ↑top forward→
 ぷーさん  - 07/7/29(日) 9:20 -
  
母親として、子供を3歳まで手元で育てる・・という昔からの言い伝え、「三つ子の魂百まで」・・幼時の性質は一生変わらないものだということ。私自身は昔の人が言う事はやはり合っているのではないかと思う部分がたくさんあります。しかしながら、家でしてあげられる事は限られています。うちの子は一人っ子なので、保育所に預ければきっと楽しいはず!と思って預けています。実際は一緒にいてあげたいですが、女性も働く社会になりました。

市の保育所の待機児童の件で案なのですが、市の保育所は所得で保育料が計算されます。認可外だとほとんど一律です。そして認可外でも格安で預一つの所は月5万円、もう一つの所は月3万円。この3万円の所は広報にも出ておらず、あまり知られていないようです。

そこで、そういう保育所も広報に載せてはもらえないでしょうか?
保育所も児童が増えるともっと充実した環境になりますし、預けるお母さんサイドもこういう認可外もあるという事を知る事によって市のわけのわからない対応につきあわなくて済むのではないでしょうか?

実際、市の保育所はほとんどすぐには入れませんから。大きな問題です。
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)@zaq7d04d63c.zaq.ne.jp>

「新参者」は紹介せず補助金も出さない現状。紹介だけは確約させました。が、
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 07/8/17(金) 8:45 -
  
 「ぷーさん」投稿ありがとうございます。
 掲示板での公表が遅れてましたが、「無認可保育所が広報やHPにちゃんと全部紹介さ
れていないからその存在が知られていない、というぷーさんの情報について、8月に入っ
て保育課小倉課長に、「ちゃんとした保育施設であれば全部紹介すべき。市として紹介する基準は何か?」を問いただし、ついでに「市からの補助金はどうなっているか?出す出
さないの基準は何か?」も回答を求めました。

 小倉課長と話をした時には、「そういう施設から、広報等に載せて欲しいとの要望は来ていない」との事でした。が、これは課長の所まで上がっていなかったのかもしれません。
 施設側から保育課の要望した、という情報もありますが、どうなんでしょうか?

 で、8/7(火)に健康福祉部の長野部部長、北村子ども育成室室長と話をした時に
1:いわゆる「無認可保育所」=「簡易保育施設」で大阪府から認定を得ているものは市
 として当然紹介すべきもの。
  紹介する・しないで市として特段の基準は無い。

2:しかしいくつか紹介もれがあったので、これからは広報に載せ、窓口に置く一覧表に
 も載せる。市HPではすぐに載せるように手配する。

3:補助金については、従前からある所に出すだけで予算枠がいっぱいになってしまって
 いる。

との事でした。
 3:については、要するに「新参の施設には補助の条件を満たしていても補助金を出さ
ない」状態になっているということであり、それは不当だろうと指摘し、大きな金額では
ないはずだし、行政として不公平だから、補助基準を満たしている所には補助金を出すよ
うにすべきだ、出すための工夫をしてもらいたいと要求しておきました。

 これで少なくとも今まで不当に紹介されなかった簡易保育施設の、「市HPでの紹介」と「窓口に置く一覧表への掲載」はすぐに行なわれる事になったはずでしたが・・・・!
 (以下、別投稿に続く!)
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98)@i222-150-202-94.s04.a027.ap.plala.or.jp>

●市HPへの載せ方のデタラメさが判明!保育課も市HP担当も頭悪すぎ!
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 07/8/17(金) 9:45 -
  
 上記の確約があったので、戸田としては市HPへの掲載はもう実行されていて大丈夫と思っていた。
 ところが!
 昨日8/16に市HPを確認すると、保育園の事を載せている「児童・母子福祉」の中には
          市HP>各種サービス・手続きのご案内>児童・母子福祉
新しい紹介が全然載っていなかった!(施設の番号は戸田がふった)
 8/26段階 市HP>各種サービス・手続きのご案内>児童・母子福祉
  ■ 保育園一覧 (略)
  ■ 簡易保育施設・家庭保育施設
 簡易保育施設
  施 設 名  定員(人) 所 在 地   電 話 番 号
1麦の子共同保育園 18 沖町19−4   072(883)6006
2たんぽぽ保育園  29 元町18−15   06(6908)5120
3門真学園     29 古川町14−3   06(6908)5887
4末広保育所    29 末広町2−15   06(6909)1588
5愛児園保育部   24 常盤町25−29 072(882)3958
6あすなろ保育園  17 北島288    072(885)1711
7幸福保育園    29 幸福町26−11  06(6902)2220
8ファースト保育園 29 大池町22−24  072(881)0653

 家庭保育施設
 施設名   定員(人) 所在地      電 話 番 号
竹野 政子   3 大池町21−(以下略)
宮川 武子   3 千石西町3−(以下略)
北川 さと江  3 千石西町10−(以下略)
 ―――――――――――――――――――――――――――――――
 どういうこっちゃ!と保育課に電話すると課長不在で課長補佐が出て、「保健・福祉施
設」の部分に載せておきましたけど・・・」、といたって平然としている。
 どうやら「保健・福祉施設」の部分に載せたらそれで責任は果たした、と思っている模
様。
 
 しかしそれは大問題で、保育園に子どもを預けたいと思って市HPを探す人は「児童・
母子福祉」を見る人が多いはず。保育園について詳しいことを書いているのはこのコーナ
ーしかないのだから。
 少なくとも保育施設がどういうものがあるかについては、両方のコーナーに同じ事を書
くのが当然だ。

 ところが課長補佐の口振りでは、そのチグハグさを何とも思わず、切実に保育所を探し
ている市民に不便を与えている事自体に全く気づこうとしない様子がありあり。
 で、戸田は「あんたらどこまで頭が悪いんや!どっちのもちゃんと載せるのが当然や
ろ!」と激怒し、すぐに改善する事を求めた。
 補佐が「課長とも検討して・・・」と言うので、「そんなこといちいち検討するような事か!」とまた怒り。

 ついで、広報公聴課のHP担当に電話を入れて、「HP担当してなってない」と抗議し改善要求。
 HP担当は初め、「保育課から上がってきたものを載せるだけなので・・・」と良いわけしていたが、「基本はそうでも、市HPのどこに何が書いてあるか熟知しているあんたらが、こっちにも載せないとおかしいですよ、と気づくいて改善すべきやないか」と言うと、それはその通りですと納得した。

 8/26段階 市HP>施設ガイド>保健・福祉施設
 施設名    所在地・電話番号   情報 
 簡易保育所(民間)
1麦の子共同保育園 元町10−15 06(6908)0207  
2ちびっこ共同保育園 城垣町14−17 072(884)5876  
3たんぽぽ保育園 元町18−15   06(6908)5120  
4門真学園 古川町14−3     06(6908)5887  
5末広保育所 末広町2−15    06(6909)1588
6愛児園保育部 常盤町25−29  072(882)3958  
7あすなろ保育園 北島288    072(885)1711  
8幸福保育園 幸福町26−11   06(6902)2220  
9ファースト保育園 大池町22−24 072(881)0653  
10なごみ広場 栄町4−16     06(6905)0753  
11三育会 樹保育所バイリンガル園 上島頭518−45 072(881)3301
  ―――――――――――――――――――――――――――――――
 もひとつ気づいたのは、「児童・母子福祉」には載っている「家庭保育施設」3軒がこの「保健・福祉施設」には載っていないこと。
 これも合わせてHP担当に改善を求めた。

 で、8/16(木)の夕方にHP担当から電話があって「指摘の通りに改善しました」との事だったので、やれやれ、これで改善完了と思った。・・・のだが!

●本日8/17(金)朝に見てみると、「保健・福祉施設」に「家庭保育施設」3軒が載る点
が改善されただけで、「児童・母子福祉」の方には
  10なごみ広場 栄町4−16 
  11三育会 樹保育所バイリンガル園
 の「新参施設」は相変わらず載せられていない!!

 さらに点検すると、
市HP>各種サービス・手続きのご案内>児童・母子福祉>簡易保育施設・家庭保育施設

  保育園の補完的な施設として、簡易保育施設(8カ所)および家庭保育施設(3カ
  所)で保育に欠ける児童を保育しています。・・・
と記述してるのに、http://www.city.kadoma.osaka.jp/service/jidobosi.html
市HP>施設ガイド>保健・福祉施設>の中の「簡易保育所(民間)」では従前から
8カ所ではなくて9所を載せていた。
 
 どこが違うのかと調べてみたら、「2ちびっこ共同保育園」が抜けているのだ。
 つまり、従前から
●保健・福祉施設>の中の「簡易保育所(民間)」では「ちびっこ共同保育園」を含めて
 9ヶ所を載せていたのに、
 各種サービス・手続きのご案内>児童・母子福祉の中の「簡易保育所」では「ちびっこ
 共同保育園」を除外した8ヶ所だけを載せ、8ヶ所しかないですよ、と発表していたの
 だ。
  これもどういうこっちゃ!? 保育課やHP担当はどういう神経をしてるんだ??

 この二種類の問題は、今から保育課やHP担当に猛烈抗議して、その結果を掲示板で公
表します。 (忙しい時にこんな事で戸田の手間を取らすなよ!)
 それでは。
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98)@i222-150-202-94.s04.a027.ap.plala.or.jp>

◆市HP記述が改善されたけど、それにしても・・。ちびっこ共同保育園の件
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 07/8/17(金) 22:48 -
  
 戸田が強く抗議して改善要求したので、この件の記述がすぐに改善されました。
 それにしても、「保育課のダルな感覚」というものは・・・・

1:「保健・福祉施設」の「簡易保育所一覧」に載せている「なごみ広場」と「バイリン ガル園」を「児童・母子福祉」の「簡易保育所一覧」方にまだ載せなかったのは、「児
 童・母子福祉」での「簡易保育所の説明」表現を変更しようとしていて、「新しい文章
 ができていなかったから」という理由だった。

 「全部がちゃんとできないうちは、誤った記載漏れの訂正もしない」という全くアホウ
 な、市民の不便や迷惑の一刻も早い解消という事を全然考えない、「出来る事から素早
 く改善」と正反対の、「既に何ヶ月か何十ヶ月も記載漏れで迷惑をかけていることに無
 頓着無反省な」、お役所感覚である。

  戸田がこれを猛烈批判して「簡易保育所一覧」の改善をすぐにさせた。

  追ってすぐに「簡易保育所の説明記述の修正」もなされた。

  今朝までの説明では「保育園の補完的な施設として、簡易保育施設(8カ所)および
 家庭保育施設(3カ所)で保育に欠ける児童を保育しています。・・・」
 とあったのが、現在の説明では
 「保育園の補完的な施設として、府へ認可外保育施設の届出をしている施設です。」
 となっている。http://www.city.kadoma.osaka.jp/service/jidobosi.html

2:「保健・福祉施設」の中の「簡易保育所(民間)」では「ちびっこ共同保育園」を含 めて9ヶ所を載せているのに、「児童・母子福祉」の中の「簡易保育所」では「ちびっ
 こ共同保育園」を除外した8ヶ所だけを発表していた件は、なんと!

  「ちびっこ共同保育園」は昨年4月から休園状態で幼児の受け入れをしていないの
 に、府のHPには載ったままだったので、「保健・福祉施設」にそのまま載せていた、 つまり幼児受け入れを1年前から止めているのに、保育課も当然それを知っていたの
 に、平然と「保健・福祉施設」の中の「簡易保育所(民間)」一覧に載せていた!とい
 うことだ。

  要するに保育課は、HPで何をどのように載せているのか、それが正しい記述なの  か、誰も何も点検していなかった、という事だ。
  子どもを預かってもらう所を必死に探している市民に対して、なんと失礼で不誠実な
 事か!
  保育課のダルぶりは真剣に反省してもらわなければならない。

◆なお、泉保育園の補充保育士さんの件、早急に人を見つけて下さい。職場復帰をかけて
 今か今かと待っている家庭が少なくとも2つありますから。
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98)@i222-150-202-94.s04.a027.ap.plala.or.jp>

補足:ちびっこランドが載ってないのは「府に届出をしている施設」でないから
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 07/8/17(金) 23:07 -
  
 ルミエールホールの南側の速水町のY字交差点角のビル2階に「ちびっこランド門真園」
があって、結構知られているようですが、ここが市の広報やHPに載っていないのは、「府へ認可外保育施設の届出をしている施設」ではないから、とのこと。

 「府へ認可外保育施設の届出をしている施設」というのは、府と市の合同の立ち入り調
査があるし、いろんな検査や書類提出もして必要基準を満たさないといけないので手間も
費用もかかるとのこと。
 その分、行政に責任があるし、利用者としては安心度も高くなる。

 しかし一方、そうした施設だけでは保育の需要に追いついていないのも事実。
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98)@i222-150-202-94.s04.a027.ap.plala.or.jp>

↑これは市の大ウソだった!運営当事者から指摘あり。保育課のデタラメ糾弾!
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 07/8/28(火) 21:13 -
  
 上の説明は保育課の小倉課長か塚本課長補佐のどちらかから聞いたのですが、実はこ
れが全くウソだったことが、さっき運営当事者から電話があって判明しました。保育課幹
部の説明は以下のように全く酷いデタラメでした。
 運営当事者の名誉を傷つけてしまった事を深くお詫びするとともに、こんなデタラメ説
明をした保育課幹部を厳しく糾弾し、文書による謝罪を断固として要求します。

1:「ちびっこランド門真園」という名称は、6年ほど前に開設した当初だけで、フラン
  チャイズ内容に疑問を感じて、じきにフランチャイズを脱退して独立し、「ちびっこ
  ランド」の名前を止めて「速水園」という名前にした。

2:「ちびっこランド」時代も「速水園」時代も、一貫して「府へ認可外保育施設の届出
  をしている施設」であり、府と市の合同の立ち入り調査も受けてきた。

3:現在、府のHPに載っていないのは、今年3月末をもって閉鎖したためであって、市
 の説明は全く間違っている。

4:開設当初から市に対し、広報などに載せて紹介して欲しいと求めたが、市(保育課)
 は「市の補助金を受けていない施設だから載せられない・市として紹介できない」と拒
 否してきた。
  ※補助金を出せないのは「予算がないから」と言われた。  

5:「ちびっこランド」→「速水園」の開設運営者は誰あろう、議員になる前の井上さん  であり、議員になってからも府・市の立ち入り検査に立ち会ってきた。
   ※近年は娘さんに運営者を交代した。 

●つまり保育課幹部は、戸田から「ルミエールホールの南側の速水町のY字交差点角のビ
 ル2階にある、ちびっこランドとかいう施設はなぜ広報HP等に載ってないのか?」と
 特定されて質問された施設(正しい名称は「速水園」)に対して、共産党議員になった 井上さん立ち会いで何度も立ち入り調査している「府届け出施設」であるにも拘わら
 ず、そのことを全く忘れて(?)、「府への届け出施設でないから紹介していない」と
 いうデタラメを戸田に説明していた!

●小倉課長・北村子ども育成室室長は、「なぜ、一部の無認可保育施設を市として紹介し なかったのか?」という戸田の質問に対して、
 ・そういう施設から、広報等に載せて欲しいとの要望は来ていなかった。
 ・いわゆる「無認可保育所」=「簡易保育施設」で大阪府から認定を得ているものは市
  として当然紹介すべきもの。
 ・紹介する・しないで市として特段の基準は無い。
 ・しかしいくつか紹介もれがあった。
   http://www.hige-toda.com/x/c-board/c-board.cgi?cmd=one;no=2330;id=

 と答えていたが、これも全くのウソで、実際は最近まで「市の補助金を受けていない施
 設だから載せられない」、という全く不当な口実で市民への紹介拒否を続けていたのだ った!

●戸田がこの件で回答を得たのは質問してから数日以上の時間を置いた上でのことです。
 ちょっと調べればすぐ分かるこのなのに、このデタラメ回答!
 1:課長(又は課長補佐)が職員に何も調べずに思いつきでいい加減な回答をしたの    か?
 2:それとも職員がウソを答えて、幹部がそれを信じたのか?
 3:それにしても小倉氏が保育課長になってから3年ほどにはなっているはず。職務内
   容の把握があまりにも酷すぎないか?
 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ところで、この場を借りて井上議員(達)に敬意を表しておきたい。

 井上さんは議員になる前に障害者通所施設の「JSステージ」職員をやっていたが、保
育園不足に困っている市民を助けるために自ら「ちびっこランド門真園」を開設した。
 そして保育内容を上げるためにフランチャイズを脱退して独立し、「速水園」に切り替え
て多くの幼児家庭を助けてきた。娘さんも運営を引き継いで頑張ってきた。
 (このいきさつを戸田は初めて知りました。今まで知らないで申し訳ない。)
 経営難になって閉鎖のやむなきに至ったとはいえ、市民に対する貢献は非常に大きいも
のがある。
 本当にありがとうございました。
 
 電話での情報提供もありがとうございました。娘さんも含めてこれからもよろしくお願いします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
▼戸田さん:
> ルミエールホールの南側の速水町のY字交差点角のビル2階に「ちびっこランド門真園」
>があって、結構知られているようですが、ここが市の広報やHPに載っていないのは、「府へ認可外保育施設の届出をしている施設」ではないから、とのこと。
>
> 「府へ認可外保育施設の届出をしている施設」というのは、府と市の合同の立ち入り調
>査があるし、いろんな検査や書類提出もして必要基準を満たさないといけないので手間も
>費用もかかるとのこと。
> その分、行政に責任があるし、利用者としては安心度も高くなる。
>
> しかし一方、そうした施設だけでは保育の需要に追いついていないのも事実。
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98)@i222-150-202-94.s04.a027.ap.plala.or.jp>

●速水園の事は質問即回答だが、去年まで市が立ち入りしてた施設
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 07/8/29(水) 2:49 -
  
 速水園(ちびっ子ランド)の事自体は、質問してその場ですぐの回答でしたが、それに
してもつい去年までの数年間、市が府ととともに毎年立ち入り調査していた施設で、しか
も井上議員やその娘さんが運営者。
 それを即答で「ああ、あそこは府へ認可外保育施設の届出をしてない施設だから府の
HPに載っていなくて、それで市でも紹介してないんですよ」、と課長(課長補佐?)が答えていたのだ。

 しかもつい1年前までは「府のHPには載っている・府へ認可外保育施設の届出をして
いる施設だが、市が補助金を出していない施設だから市は紹介しない」という不当な対応
を続けていた事を戸田には隠して。
 もしくは自分らがそんな事をしてきた事をすっかり忘れて(?!)

 「無認可保育所が広報やHPにちゃんと全部紹介されていないからその存在が知られて
いない」、というぷーさんの投稿が7/29にあって、戸田が8月に入って保育課小倉課長に、「ちゃんとした保育施設であれば全部紹介すべき。市として紹介する基準は何か?」を問いただして、(事実隠蔽の)回答を得て、それから2週間ほど経ってから、という状況の中での「質問即回答」の結果が、この大ウソ回答だったのです。

 ホントに保育課の回答はあれもこれもウソや事実隠蔽・回答不実行ばっかりで、全て疑
ってかかり、いちいち実行確認をしないといけないのが実態です。
 議員の戸田が問い質してさえこの有様なのですから、一般市民からの質問や意見に対し
てはどんだけウソ・デタラメ・事実隠蔽・不実行の「回答」をして来たことか、推して知
るべしです。
 
 保育課のこの「ウソ・デタラメ・事実隠蔽・不実行」体質は、叩き直さなければいけま
せん。
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98)@i222-150-202-94.s04.a027.ap.plala.or.jp>

↑◆これらの件に関する保育課からの報告や謝罪の文を紹介します。
←back ↑menu ↑top forward→
 戸田 E-MAILWEB  - 07/9/16(日) 7:13 -
  
 詳しい分析や批判もありますが、今時間が無いのでとりあえず保育課からの文章をそ
のまま紹介します。 
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
戸田議員 様

1.無認可保育所の広報掲載基準及び理由について
  これまでの掲載基準については、市の簡易保育施設基準(家庭保育受託家庭基準)に
 適合し、かつ市長の指定を受けた施設であり、市が補助金を交付している認可外保育施
 設(簡易保育施設・家庭保育受託家庭)を基準としていた。

2.既存の無認可保育所を広報に掲載している理由
  上記認可外保育施設においては、長年にわたり認可保育所の補完的役割を果たし、
 児童福祉の増進を図ってきた施設として位置付けされ、市民に広く知らしめるために、
 広報活動として掲載してきた。

3.広報に掲載している無認可保育所以外で、新たに申し出があった場合どう対応してい
 るのか
  認可外保育施設の中には、安全性等が確認できない施設もある中で、大阪府へ認可外
 保育施設として設置届出している施設については、入所案内(パンフレット)とは別
 に、保育課の窓口にて「施設一覧表」等を設置し、HPや広報掲載も行っていく。
 (平成19年8月17日以降)

4.新しく運営費補助を出して欲しいと申請があった場合の対応について
  本事業については、市単独の補助金制度であり予算の範囲内において、市長が交付し
 ております。  
  現在、市の簡易保育施設基準に適合している施設であっても、市長が新たに簡易保育
 施設として指定するに際しては、本市の財政状況や施設の運営状況等、諸般の条件を勘
 案する中で、指定の可否を決定することとしておりますので、ご理解いただきますよう
 お願いします。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

          平成19年9月13日
戸田久和 様
                 健康福祉部保育課長 小倉敏男

ちびっこランド門真園に対するご意見について(報告)

 標記施設については、議員の質問の趣旨を間違えて認識し、質問当日の大阪府のホーム
ページ掲載状況と併せて、府届出施設についての一般的な必要条件を説明しようとしたも
のでした。
 しかしながら、このことが、井上様がご指摘のように誤った伝え方となり、標記施設が
廃止されているとはいえ、運営にあたっての従来から築いてこられた信頼や信用を否定す
るような結果となってしまいました。

 このことにつきまして、戸田議員、並びに井上様にご迷惑をお掛けしたことを深くお詫び申し上げます。
 今後は、このようなことが再発しないよう、十分な検討を加えてまいりますので、よろしくご理解いただきますようお願い申し上げます。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
引用なし
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98)@i222-150-202-94.s04.a027.ap.plala.or.jp>

896 / 1588 ツリー ←次へ | 前へ→
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
ページ:  ┃  記事番号:   
1,322,719
(SS)C-BOARD v3.8(とほほ改ver2.1) is Free